東(後)漢時代の雑学

ここでは、「東(後)漢時代の雑学」 に関する記事を紹介しています。
◎ TOPフリーエリア

■この部分に好きな内容を記入してください

■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、エントリー記事部分以外に表示されます。
 ※広告を掲載したりブログの紹介など、ご自由にどうぞ!
 ※すべてのページに表示させたい場合には、
  <!--not_permanent_area-->~<!--/not_permanent_area--> の部分を削除して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                                       | `ヽ、
                                               ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.                          \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.                           \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
                               \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
                                \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
                                 \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
          資料とか予備知識はこちらです     \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                                      r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                                      {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
                                   y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                                      >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                                      \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{


[時代区分]
春秋戦国(前771年~前221年)
統一秦~前漢(前221年~前8年)始皇帝の統一。項羽と劉邦の時代。
新・後漢(前8年~220年)←本編はこの辺のお話☆。
三国~両晋(220年~439年)三国志の時代
南北朝(439年~589年)
隋・唐(589年~907年)西遊記の時代
五代~北宋・遼(907年~1127年)水滸伝の時代。
南宋・金~元(1127年~1368年)
明(1368年~1644年)
清(1636年~1912年)ラストエンペラーの時代。


漢代ころの食事

中原以外の異民族

おおよその地図

雲台二十八将+あるふぁ。詳細

この時代を生きた方々

漢代のオゲレツ大百科

軍事・武器

当時の諸子百家

各勢力の秘密兵器

漢代の庶民生活

やる夫光武帝、関連部分のみ簡易年表

司法とか重箱の隅

史実基準 画像

<二次創作>

動ガガガ

二次小説(希少種)

パラメーター厨の評価




スポンサーサイト

339 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 03:39:41 ID:El4JQC8Y0
儒教がなければ野生動物のような暮らしをしてたわけじゃないぞw
今ある知的な暮らしは全部儒教が作りました!ってのは
この世の全ては唯一神が作られたのです!ってのと同じだから気をつけろよw


340 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 05:42:17 ID:x6Yvj8Nc0
屑なのは権力を持ちすぎた学閥サロンであって儒教ではないと思う。現実的なバランス感覚をもった儒者も沢山いたんだし。
徒党を組んで権力を与えればどうしたって腐っていくよ。近代までの中国に於けるそれが儒教サロンだったというだけだ。

孔子も朱子もいい迷惑だろう。本人の志は兎も角、資質はただの(偏屈な)学者でしかない人間がこうまで(ねじ曲げられながら)尊崇されて。
逆をいうとそういう本人の性格や生涯が、色々なこじつけのパターンを生み出しているとも言えるけど。
自分を良く知ってて、順風満帆な人生送ったこのレベルの大儒家っていうと……荀況先生ぐらいか。隙がないから変に利用されたりされてないよね。
そもそも注目されてない感も……。「先生になるのに知識はいらないよ」とか「蟻塚は小さくても少しでも高くなろうとしてる、かくありたいね」とか
割と光武帝やる夫の理想っぽいテキストだけど。あ、だから地味なのか。縁側でお茶飲んでそうな二人だもんなぁ


341 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 10:34:07 ID:WWzvSFsI0
>>332
やる夫の血筋って遡れば薄姫に繋がって、呂后には繋がらないから
自分の血統の称揚と皇位の正統性の箔付けだと思う


342 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 14:36:27 ID:D8vMKdlY0
>>399
儒教が全部品性を造りましたよって信じてるって話じゃなくて
駄目な部分だけ世の中みてたら何も信じられなくなって進歩がなくなるって話じゃないの?
愚儒を取り上げて儒教を否定するなら、生臭坊主を見て仏教・道教を否定し
暴力を見て侠・墨家を否定し、インチキ占い師をみて占星術を否定し……etcでなにも残らないよっていう

>>340
孔子でさえ不遇だったんだ。俺が不遇なのは仕方ない
孔子を用いなかった王ば愚かだな。俺を用いない皇帝も愚かだ

高慢中国人メンタルと、お勉強だけできる学者メンタルが合体事故起こすしてるやつはこんなん
「齢三十にして立つ」は世の中の駄目人間に勇気与えすぎ。本人は違う意味で言ったんだろうけど


343 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 18:24:47 ID:IjfLyeBA0
儒教が害悪なのは政治を語ってるのに
宗教のように扱われてるところじゃないの?
災害は皇帝の不徳のせいだとか中華思想だとか、
政治思想なのに、「孔子様が言ってるんだから間違いない」って後世まで言われてるのがタチ悪い


344 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 21:43:17 ID:jIHms2fw0
むしろ、宗教なのに政治思想のように語るから問題なんじゃないの?


345 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/15(木) 22:15:47 ID:8HbYAUIY0


     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二イ|
       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、      儒教についてフォローしとくと
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7       創始といえる孔子が提唱した「儒学」と。
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /        災異説など、後付け設定てんこもりになった
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、     後漢の「儒教」は、もう別物というぐらい
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/     変貌してしまっておる。
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

            【劉徹】

      前漢の第7代皇帝・諡は武帝。
.


346 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 22:17:37 ID:mKzgkeLc0
個人的には、宗教は、あくまで、自身の考え方・思想のヒントであるべきと思う。
自分で考えもせずに、テキストを鵜呑みにする教条主義がダメかと。
王安石の考え方はいい例だと思う。
北宋は当然儒教国家で、官僚は皆儒教徒。
そして、科挙官僚であった王安石も当然儒者だけど、同時に彼は仏教信者だった。
儒教は現世での利益のみを説く。
一方で仏教は過去世や来世の因果関係を説く。
だからこそ、儒教的倫理と仏教的倫理が組み合わさって、
王安石独自の改革案「新法」が誕生したと、考えるけど。
問題点があるとすれば、新法が複雑すぎて、王安石以外には実行できそうになかったこと。
あと、呂恵卿のような、権力の亡者がすりよってきたこととか。
(司馬光の新法批判も、主に呂恵卿が批判対象だったと言うし)


347 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/15(木) 22:17:55 ID:8HbYAUIY0


           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
         イ二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二イ|
                /         \
                 //         ヽ',           孔子と弟子たちは裸一貫で、世間の美徳
              _/ {           } |_
             /  /            |  ',          (原始儒教)に哲学を加えた物を諸国を遊説して回り。
             __/    { ィ==z  ,ー==-、 }   ',
          / /     }:| '-zェx ー' xェァ-'  !!  l
        /   | ィ―、| |  ー´ i   ー     }|   }__        政治的に必要なら、自ら荒事にも訴える
         /  :i|/    } i{ /' ー'`ヽ   /,ィー 、  ' ,
      r-|   ',    ノ| {ヘ _ィ===z、__, / {      l      アグレッシブな連中こそ、起源の儒者だ。
    x--/ |  ___ {`ー ' \ヽァ_7lーハ  ,/ /',    /   }ニ=、
.   /  /  i!{´   ',::::::::::::::::::ヽ   ー' ¨ /  ー‐ '   \::ヽ
  /  /   廴___ノ:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ヽ/:::::::::::::::/⌒ヽ   }:::|    宮廷だけに籠って、あーだこーだ騒いでる
  .′ ィ‐― v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::弋   /  ├x
  |  {    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー ':    !  ,    だけの後世の腐儒とは全くの別物だな。



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |          あいにく、やる夫界隈で彼の人生を
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }         詳しく描いた作品は無いが。
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.        小説や漫画で人生を知る事が出来よう。
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \   ちなみにノリノリな時の格言と
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ    しょんぼり気味の時の格言の落差が
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : :     >>1 的には面白かったりする。
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ


348 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/15(木) 22:19:16 ID:8HbYAUIY0



                      では漢王朝と関わる前から儒教を語り出すと
   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二∞∞∞∞∞∞二二イ|    長すぎるので
        __,r'´ ̄乙ヽ.
::\  _,r-f´ヾ\:. ./ヘ ,}        漢王朝とのファーストコンタクトまで話を飛ばすぞ。
:::::::::`ヽ、`ヽ.\`ヽ  ,亥、
:::::::::::::::::ヾ、:::_ヽ{ イrー'                                〈〈〈 ,  
:::::::::::::::::::::::彡ヾ、 ̄`ヘ、                                 | | レノ
:::::::::::::::::::::::::::彡テテテ==テ>-,,、______                    /  /7  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡'´..../. . . .. .. . .. . .. . .. .....´`ー――''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ミトー'  /'´
:::::::::::::::::::::::::::::::, ' ´/::/: : : : : : : : : : :: : : : : :: : : : : : : : :: : : : : :: : : : : :: : : : ||..._ノ    焚書坑儒あたりは
:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::,ー---------------、____,,r―-------------''
: : : : :: : : ,::ノ´ ̄ ̄ ――――――   ――――――――― ―――         学校の授業で
ー---一''´ ―――――― ―――――――――――― ――――――
―――――――  ―――――― ―――――――――――― ――        散々教えてるだろうしな。
 =_─ ̄_二 _─ ─三- ̄二 二─_ _ ̄三─  二= ̄  ̄-_─
_ ̄ - ̄─= ̄_三 _─  ̄二-≡ ≡ ̄─-__ - ̄= 二─三_ - ̄

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[儒教について&古代中国の武器の推移・殷~後漢]の続きを読む
WWiiレ'Www;;;;;::::::き  :::::::;;;;;......  ::ろ::::  :::::::wwii;;;;;:  :::WwwwW:: イ
|lii:: i|/リリW-'`"^" ;;;;iiiiiiiiWWww;;;;;::..ゝ:::::;≦::: :::iiiii:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
|lii:: i|  、....   `^'-WWlii:ノノリリk'`"^;:ミ::::::`Ww、iiii\`WWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
|lii:: i| ろ::::::....  ..:::k |lii: i|;;;;:::::::;;;;;;;:;;iiWwiiiiiiWwili: l :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;ゝ|lii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ |i: :iiレ' .|i: l川|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;ゞlii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ.|i: :ii|  |i: l川| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
|lii:: i| ミ;;;;,,ゝ;;;レ/;;;::::k |lii: i!WリリWii-''"`" .|i: :ii|  |i: l川|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
|lii:: i|  `w:!iiii!wWk'ゝ |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|    |i:|  ,,iiゞ~
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|
       ∧_∧
       (・∀・ ) 今より生活が楽になれば
       ヽ , U 〉    皇帝は誰でもいいんだよ                 
       (_(____ノ
~""'''ー一‐- ..,,__          /■\           ,ハ,,ハ          ________
      ( A :::"'''- .._    (´∀` ∩    (○)   i,;;゚Д゚ミ 。      ヘ、-=--
 ー--;;;  V  ̄V:::    "'''ー- |    l ..,,,,_,,,,,,l〃  彳;;;;;;;;;i!        l  \ 二三 二
                (( とと  ,,,ノ      `(⌒),'(..  ノ ゚ー-- 、  /;_/\ \ー----
     __  ,..        ''   ~^...::: ノノ        ~^^      ~"''l:::::: : \ \
      ;;:: :::         `ー;;;::::.::.                     ~~.::.:::::: \ \
  _______                                         :.:::::::::: \
     `ー----、               ∧ ∧                    :::: :::
            ̄  ,____...._ (;゚Д゚)      ∩ 人  ゚ o
               :::::::::::::...    ::..つ,,ノ    (ヽ I∧__∧∩  っ
                           ( ((  c  (´∀` ,ノ l   つ
                                ゜ 。ヽ   人_从   ))))
                                 从人


[漢代の庶民生活]の続きを読む
   r ‐、 
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧   良い子の諸君!
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /| と言うが 
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |  「君子危うきに近寄らず」
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  とも言う
|  irー-、 ー ,} |    /     i    昔の人も信用できないな!
| /   `X´ ヽ    /   入  |



[司法とか重箱の隅]の続きを読む
           ,, -──- 、._  
         -"´         \  オギャーだお
        /              ヽ
         /             ヽ   
       |      _ノ    ヽ、_  .|   
        l     o゚⌒   ⌒゚o  l   
       ` 、      (__人__)   /
         `ー 、_.   ` ⌒´   /
            /`''ー─‐┬''´
            /  丶. i  |
           ./ 丶、_)|_ノ|_
           .|  ̄ヽ._  ´  ヽ  
           ヽ、 _/´`ヽ   /


未登場異民族・文官たちの事跡まで入れると行数足りない上に、
中原攻略戦がややこしくなるので、略します。

創作に使えそうな怪奇現象は載せときます。

[やる夫光武帝、関連部分のみ簡易年表]の続きを読む
┌────┐:::::::::                 :::::::::::::::::;;;;;;;;
│        │ ::::::::::,,,,,,,,,,:::::::::::::::        ;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
│  ┓ 魔 │  ::::::::::::::::::   ::::::::: :::::::::::::::   ;;;;;;;;:::::::::::;;;;
│ ガ    │        |    ;;;;;;;;;  :::::::::::::
│  ッ .城 │        .|          :::::::::::::   
│ デ    │        ||  . . |     ;;;;;;;;;;::::::: 
│ ム     │    |   _| |__   ||          
│┗      │   .|;|  /。 。ヽ  |,;|         
│        │   |.;;|  ヾi||i;;,,,ノ ,-'。'-,       
└────┘   ノ ヽ  .|,l.|iii|/。。。。ヽ      
       ..||   <。。。`)イ。ヽ|ヾiiii;;;''""ノ     
  .    .|;;|    |ii;;;"''(。。。。);;|ii;; ;:|     .  
       .| ;;,|  /'~~~';;; ヾii;;:iノ. . |;; ;|       
  .    .ノ ;;ヽ_ ヾミlli;;∧;|i;;;i.|   ||;∧.||    ||    
    /。。。。\|ミ,-' '-,i;;;| ll  いノヽ   |.|        
   /o o o o o o .Y。。。。ヽ,, ll  .|i; |。。\,-'-',_  :::::::::::::  
   ヾミi;U;;o""''∧'~ヾii;;;;:''/ii ll ..|i; .|;;;;:::::''ノ______ヽ:::::::
    |iii;;;:∧::ヾ(,,,,,,,,,)ii|.ii;;'' |ii  ll  |ii; |;;;丿iii;;;/   ;;;;;;;;
     |iii;;;| |::ヾ`|ii..|´ ii|. ヾ|ii  _,ノii;; ヽ_ii;;::/   
  /'~'\ノ::ヽ  .|i;.|  iiii .ヾii,-'~。。。。。。 `\    .|

諸子百家の学派名は前漢末の七略より。
当時からあったのは儒・墨・兵の3つのみ。道家も前漢初期。

……って、コレ。創作で忠実に再現すると不便なだけだよね。

[当時の諸子百家]の続きを読む
                           i,,..........  ..,,_
                      _,,,,/  `゙''''ー-、,,.....,゙,゙'''ー ..,,_、
               / ッ、._,, / '"__,|    ノ'"゙゙゙'''''ー-二ニ- .._ `゙'''ー ..,,_
        ./゙´`'''ー 、  ゙''レl゙il -'''"´  /`少ー-|、           `'''-゙'.l'''―- ....,,,゙゙゙ニニッi、
        !、    ヽ  !│    ./ / .l゙   l゙゙'''ー- ..,,,_,     //      .l    ト 、
         'ミ_   -,,.ヽ l .!   ./ . /   ,!   |       `'''''l"''!.l ..,,,,,_,  │   _|.、 `'、
            !、l''''''"`'-、`ヘl、 / /  ./'|   .|            l. ..l .ヽ./´フr'"゙゙゙!  ヽ .|
            |'!|     .`t、.`从ii__,,,,ii_!   .|          l  .l,ノ゛ ./ . |  .|   .!.,l_
          l┤     リ,,;;ヒ)tー!lニー/≒゙゙゙リrミl二コ二二リ二リ匸;;匸'リニニ|ニ'.l二Zニコニ;;i;;┴クく
  ,,、       |♭    /  /   ゙\. ゙'! ,.l゙   .|-‐''''二 -‐''''"゙l\,./  /  il.!  l、    ̄゛`゛
 .ヽ,ヽ     __! |   ./ /  ,┴''''`;;-、゙ゝiiilll广゙´      │/ /   ./ │, f〃
   `' !、  r'" . !/|;;i -ヽ,/_,,.. -''!''''"´   , \ `'-,゙'ー ,,、   ._,/゛  '"  ,ノ/ .,i",メ'゛l`'ニv--、、
  ...--゙' !!/'",゙,゙,,|'r!;;ー''<、         l ,_ \ `''┐`''< / /  / . l,,i"i./   l´ ,.. -'"゛|
 / ..../ ''''" \  l. li `'-..,,`''ー-,,_    . _,,.. ┴ ,゙'=i二'"  ./ .../   .,i,゙..v/,i|凵.,, '勹`-ア'、 .l
./ .′  .i'' ヾ|゙'|、|,    .`''-、、 ゙''<"゛     `'''ミ;;ミ / /  /.,/|.,iiゝ'"゛  ./ /  ,,, 'l′
...l l    .l,ヘ、 |.,}`'';;_,,   `''-、, .`''ー..、     .フ゛ . /   .,.ノri l l./       l l  ゙''!'゙/
  ゙''ヘ..,,,.. -┴-,゙'|'〔 .il,,i!/リ八、    `''ー ..、`'';;.. ‐''"~''';;>''''" .J゙l/"     ._..-''゙´...''.liii../
             `く巛、l゙,,.   `''-、, .,,,.,,,. ー'“゛ _,, -''フ¬;;;;i,,.,ィ' /    ,,, ‐'"
            "'T 、`'‐、, _,ilミ'''、`'`''ッ'''"゛  ./ . /   ゙'ミ゙ _..-‐'″
                  `'-../´ ._..-'.l    .!    l  /  ,, ..、 !゛
                 l゙ /   .!  、,!|    | .|  ゙'イノ /
                 ! .!   ,! .!,! l |_.. -'"´'-,,ヽ   . /
                    \ヽ、  ! |.,゙ !″     .`'¬ー'゛
                   ` `゛

[各勢力の秘密兵器]の続きを読む
                  /.         ,,/         /        /
                 ./       _,,/  ,、        /,i      ,/
                  ./  ; ii、/   / : :\_     /::,i     /
             /. ,,/ i::i、   ,,/: :∧: : `^ヘ、 /:: ,i      ,|   _,, = ~ -- ./ヽ /ヽ /\
             ./.  ,,i  i: :i、 ,i =__/ i,_=~/ ::`/|::,i      / ,,/´      .i--ヽ ┴ 亠 イ--i
         、__./  i    ヘ 」. : : \   《七:: :ノ::i.    /,,/         .|__|~=====~|__|
           ̄ ̄.   《    \、: : 生:| ,ヘ、i ,,=、/::ヽ  / ,,i               | ======= |
                 (     `^~\ i \__i=..、 .i /゚ )ヽ::,|/ ,,/                | ======= |
   ____i ̄i___ `ヽ、_     ヘ:: (ミ|ゝ-ツ`´´¨~i》/::ノ __ ,---v--、---、     __.L__  __  ___」 ___
  | _______  | .、、  ` ~、  \ヾ-ミ  i  ./_ゝ-v´: : :|: : ::|: : :|ヾ、/ヽ= ̄  ,___ノ ノ | └-┘ |
  |__|i----------i|__.| . \~ヽ、,__/~ ̄ヽニ|/ソヽ= ′(: : :ヘ ;_,| ,,=|y=ゝ ): : i   /\_/  \____/
  _,二二二二二,____    \ /: : : : : ヽ-´ 《,,  -   ヘ / ~)(_)ヽ-个イ| ,,iヽ: :\/
 └---┐ TT ┌---┘..   .《: : : : : : : : /~-ミ  彡~∧ > ´ Y ̄~Y: : ::|ノ  ヽ=_/ .     「~| i ̄ ̄ ̄ ̄~|
.      ノ ノ .| |  __    ..i: : :__: : :/ `ゞ___ ~//~¨\[: : :|: : : ::|: : ::|: : : : : : : :|  .┌┘└vニコ Eニニ、
   / /  | └-┘ ノ    ..ヘ (__) / E匚コニΠ ヘヘ__/ ゞ,,_==-----=\: : : : : |   | || ∧》-┐ ┌┐ |
    ̄     ̄ ̄ ̄      /: : ::/       Ц ヽ- ´ /: ::\==/: : ,|  ,---、  Lノ| |┌-┘ └┘└i
  ┌-----------\       .|: :,/ヽE匚コニ□   /´`ヘ.ヽ、: : : : :_: : : ヘ i /~ |    | | ~ニニニニニ~
   --------フ /  ._  _   |____ヘ___i        ヽ__ ノ\ ヽ: : :/ X .i: : : | i ヽ;/、.   | |  | ┌-┐ |
       |^´/   /ヽ Y \/  \\__  _==-/~~: : : : : :ヽi: : ヽ=´: : ::||: :ヽ= |,,   L_」 .| └-┘ |
       | |    ./ /´`i__、\   \::~Y~: : : : :|: : : : :_/: : : :|: : : : : : : : : :\: : :: |        ̄ ̄ ̄ ̄
       | |    //ヽ/ヽフ`i i   ,, 》: : i: : : :__人; ;/ヘ; ;==-,,|: : : : : : : : : : : :ヽ: : ,|
       | |    \ノ´ヽ/ヽノヽi--=~ | ~: ,i_ /: : :.i: : : : :\ / .| ,,=、: : : : : : : : :| <.
      「二ノ    \_ノ ヽ/ /  _/ i、: ::|: : : ::/《: : : : :/   (X ): : : ::__、: :/: : :|


[軍事・武器]の続きを読む
                 /     `y ´                      |
                  /        , '                       |
              /  _____/ _  -―――――==== 、__  :!
     _____ ,_.′_'" ̄      / _           ヾ>' ̄ ̄ ̄`ヾ、 |
    !r、――.、〉∠´  _    ̄`,'"          /      /7ヘに)、
     \\ イ/1「二 ̄ _   ___             /       | ./ .//./「`\
     _」>`7 {「 フ ̄,. -   ;´:i ̄:: : .: . . .   /           |∧// .| |_〉_〉
.    / 1「フ/  ∨ /    :::::i::::::::::::::::::: : :./            >ァ'  ヽヽ ̄
  / ′/イ′  ∨=__     ::::i!::::::::::::::: :: ,."           //     |\\
. / /  / /.′    ヽ⌒ .: :. .. ::::i!:::::::::::::::〃          / /       !  〉 〉
〈._」   ! :! !      \:: .: .:: :: :::ヽ::::::::::〃          / ./       |//
     |_」 !           ヽ:. :: ::.,:::::::\::イ′          `ー′       i/
.      i            \'"::::::ヽ:\{                    |
      !            `.<':;:::::::ヘ       ,...               !
.        ',                ヽ::ヾ:::ヽ , '´                l
.        '             , '´` ー→                 !
        ' ,               y′                    l
            ' ,                  /                  l
            \           ,′                   l
             ヽ          ,                   !
                \          ,′                    |

[漢代のオゲレツ大百科]の続きを読む
                  .:::::::;'                                    ';:::::::.
                 :::::::::i                                      l::::::::.
              ::::::::::!                                     i::::::::
                ::::::::::l                                      ';::::::::
 ̄ ´  '  ― ―‐ --  」                                     L_:::::
                                                            ̄ ̄ ̄ ̄
                __,. -┐
    _ ,. -‐ '' ´   :::::::::',                                r::-  _
‐ ´               :::::::::'、                                  /::::::::   ´` ' ‐-
                    ::::::::':、                           ,.:':::::::
                     ::::::::ヽ                        /:::::::
                    ::::::::丶                        ,.::'::::::::::
                     ::::/ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ:::::
                      /  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ:::::
                 /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
                  /    ,.∩     / (●)  (●)\.`、  \∩
              /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
          /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
           /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
       /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
      ./       , '           \              /   `、    \



人物まとめ様と、掲示板書き込み投稿者様、管理人のまとめを統合
 *=やる夫光武帝内では未登場。
 ▲=やる夫光武帝内では名前のみ登場。
[この時代を生きた方々]の続きを読む
        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     ただの人間には興味ありません。
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     この中に樗里疾、楽毅、韓信クラスの
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |     能力者がいたらこの禹のところに来なさい。
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/              |ヽ |     |_    「 〉
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                 ⊥ 人_  _|_    |/
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                            O
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、
[雲台二十八将+あるふぁ。詳細]の続きを読む
:                                                    ]          
:                                                    く、         
:                                                     `i、   <エン州>    
                                         洛陽            ゙l、       
                                                      │       
                                         ○               |        
                                                  w====i、、       
                 <司隷>                      」''゚`ヘ-----″    `\      
                                         y-i、  │            ゙l、     
●長安                                ,-''''° │ l゙             ヽ     ,r
                                    ,i´    ヽ,,i´                 '!,  ,/ 
                                    │     ´ ゙l、              ヽィ〃 
                                   l゙        l       <予州>            
                                   ゙'k、      \、                 
         ,,,,,,,,,,,,,_                           ト        ゙l                 
━━マ"゙"゙゙゙゙"゛    ゙゚'=,、                     ,l゙           \i、              
    ‘''-、,、       `-,,_     武関           ,/           i、             
       `゙l         `゙゙''‐、、 ■     .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,r‐″                |             
         ヽ,,,_、         `゙ ―¬'''''"′                    ゙l、            
           ~゙゙゙''i、                         宛◎       ‘' 、           
              ゙'ー-、/ヽ,,、                               ゙l           
                    `゙"'┐                             ゙--         
      <益州>               \,、        <荊州>                │         
                        ゙'i、                           {、     


「聚」とは小集落のことを意味する。「郷」はそれよりも大きめの集落。
「春陵郷」を例にとると、少なくとも四百戸、二千人程度の規模。

聚<郷<県<郡<州


[おおよその地図]の続きを読む
            【北匈奴】             ll!
                               ll!
            【南匈奴】             lll 【鮮卑】    
←【西域】                         lll       【夫余、貊、濊】    
 lll,,                            lll             /`ー´
  lll,,      .,,!!!liil!,,               .,,.,,lll,【烏桓】       /
lll  .゙!!liil,,    iil  !!!liil!,,     .,,liil!!!liil!lii!!!liil゙゙   .゙!liil!!!liil!liil!li゙゙    (,
 lll,,   !!!liil  ,!l     .゙iil!!!liil!liil              遼東●ll   /´ ←【高句麗】      
  lll,,    l!! .,,ii                        、--、  _ ゙゙゙゙゙゙(´
   lll,,    lll!!                【後漢】    ノ  / /  ̄|○楽浪
    lll,,              、´ `~ ̄`)       ,,_ノ   `′  (_,、 ヽ
     lll,,            ノ  洛陽○      (_  ,‐-っ,      ぐ゙゙゙゙゙ `|
 【西羌】 ll            ノ    く        /`‐´ /´     )  /←【 弁韓、辰韓】    
       lll         く´~     (      /    /        レ´
      ,,lll    ,ッ-、__ノ~´       )   _,,ノ´    く,,_
―-、__-‐lll、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~            \
      lll`ヽ,  ´‐‐―` 【五渓蛮、南郡蛮、澧中蛮、廩君蛮、盤瓠蛮】
      lll `ヽ,                        ノ~~~ ̄>
      lll   |            _,,-―、,       ,ノ´      し、_
     lll 【西南夷】        _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        |
     lll    |,       _/~                       ノ´
    lll      |,    ,,ノ~                      ノ

                    ↓【南蛮】 

後漢初頭のおもな周辺勢力図。


[中原以外の異民族]の続きを読む
      /三二三三三三三三ミ彡ニ\   /
     {三二三三二三三三三ミ彡三}  |
      {三ニ三ニィ==ニ三三二ミ辷三}   |  決  ナ  こ
      {三二ニ彡{  //      |ニ〉  |  め  メ   こ
     }三ニニ/  / /         |/    |    よ  コ  は
.      V⌒V  ,r====   ィ==|、   |   う  汁
     { (勺    イ〒云 ` 〈云テ | }    |      で
.       \_        ̄    | ̄ |ノ   |
        |          |   /   ノへ、
        |{        〔___〉 /         \_____/
.       _八     ヽニニフ /
        /八 \      ー‐  /
        l/=/\ 丶、     人     〔三三三三三三〕
       }=/=/∧   ` ー┬く ∨\__   | ⊂⊃ [巳]   |
        |/=/=/∧    ∧_∧ |/=/=/=\| ㌍㌘  ___|
        |=/=/=/∧_人o| 人_|=/=/=/=/| :::: (__/)
        |/=/=/=/.ハ \| ̄|/|/=/=/=/| 王王 ヽ/ 人
        |=/=/=/=/∧  |_|  |=/=/=/  L丕丕 / / ノ
        V=/=/=/=/∧ /  \ |/=/=/      ´ / / )

新発見があり次第、項目追加中。



[漢代ころの食事]の続きを読む
管理人の史実を元に描いた絵。

「官につくなら執金吾、妻を娶らば陰麗華」で有名な執金吾こと、現代で言う警視総監の制服。
…資料が1個しか見当たらなかったから断言するのもアレですが、歌にするほどカッコイイか?と
思うのは現代人の感覚だからだろーか。冠から出てる突起が、道歩いてると人にぶつかりそう。

z-12364.jpg



[史実基準 画像]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。