中国の東漢時代をメインに光武帝、劉秀の事跡を研究するサイトです。
◎ TOPフリーエリア

■この部分に好きな内容を記入してください

■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、エントリー記事部分以外に表示されます。
 ※広告を掲載したりブログの紹介など、ご自由にどうぞ!
 ※すべてのページに表示させたい場合には、
  <!--not_permanent_area-->~<!--/not_permanent_area--> の部分を削除して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

339 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 03:39:41 ID:El4JQC8Y0
儒教がなければ野生動物のような暮らしをしてたわけじゃないぞw
今ある知的な暮らしは全部儒教が作りました!ってのは
この世の全ては唯一神が作られたのです!ってのと同じだから気をつけろよw


340 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 05:42:17 ID:x6Yvj8Nc0
屑なのは権力を持ちすぎた学閥サロンであって儒教ではないと思う。現実的なバランス感覚をもった儒者も沢山いたんだし。
徒党を組んで権力を与えればどうしたって腐っていくよ。近代までの中国に於けるそれが儒教サロンだったというだけだ。

孔子も朱子もいい迷惑だろう。本人の志は兎も角、資質はただの(偏屈な)学者でしかない人間がこうまで(ねじ曲げられながら)尊崇されて。
逆をいうとそういう本人の性格や生涯が、色々なこじつけのパターンを生み出しているとも言えるけど。
自分を良く知ってて、順風満帆な人生送ったこのレベルの大儒家っていうと……荀況先生ぐらいか。隙がないから変に利用されたりされてないよね。
そもそも注目されてない感も……。「先生になるのに知識はいらないよ」とか「蟻塚は小さくても少しでも高くなろうとしてる、かくありたいね」とか
割と光武帝やる夫の理想っぽいテキストだけど。あ、だから地味なのか。縁側でお茶飲んでそうな二人だもんなぁ


341 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 10:34:07 ID:WWzvSFsI0
>>332
やる夫の血筋って遡れば薄姫に繋がって、呂后には繋がらないから
自分の血統の称揚と皇位の正統性の箔付けだと思う


342 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 14:36:27 ID:D8vMKdlY0
>>399
儒教が全部品性を造りましたよって信じてるって話じゃなくて
駄目な部分だけ世の中みてたら何も信じられなくなって進歩がなくなるって話じゃないの?
愚儒を取り上げて儒教を否定するなら、生臭坊主を見て仏教・道教を否定し
暴力を見て侠・墨家を否定し、インチキ占い師をみて占星術を否定し……etcでなにも残らないよっていう

>>340
孔子でさえ不遇だったんだ。俺が不遇なのは仕方ない
孔子を用いなかった王ば愚かだな。俺を用いない皇帝も愚かだ

高慢中国人メンタルと、お勉強だけできる学者メンタルが合体事故起こすしてるやつはこんなん
「齢三十にして立つ」は世の中の駄目人間に勇気与えすぎ。本人は違う意味で言ったんだろうけど


343 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 18:24:47 ID:IjfLyeBA0
儒教が害悪なのは政治を語ってるのに
宗教のように扱われてるところじゃないの?
災害は皇帝の不徳のせいだとか中華思想だとか、
政治思想なのに、「孔子様が言ってるんだから間違いない」って後世まで言われてるのがタチ悪い


344 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 21:43:17 ID:jIHms2fw0
むしろ、宗教なのに政治思想のように語るから問題なんじゃないの?


345 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/15(木) 22:15:47 ID:8HbYAUIY0


     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二イ|
       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、      儒教についてフォローしとくと
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7       創始といえる孔子が提唱した「儒学」と。
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /        災異説など、後付け設定てんこもりになった
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、     後漢の「儒教」は、もう別物というぐらい
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/     変貌してしまっておる。
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

            【劉徹】

      前漢の第7代皇帝・諡は武帝。
.


346 :名無しのやる夫だお:2012/11/15(木) 22:17:37 ID:mKzgkeLc0
個人的には、宗教は、あくまで、自身の考え方・思想のヒントであるべきと思う。
自分で考えもせずに、テキストを鵜呑みにする教条主義がダメかと。
王安石の考え方はいい例だと思う。
北宋は当然儒教国家で、官僚は皆儒教徒。
そして、科挙官僚であった王安石も当然儒者だけど、同時に彼は仏教信者だった。
儒教は現世での利益のみを説く。
一方で仏教は過去世や来世の因果関係を説く。
だからこそ、儒教的倫理と仏教的倫理が組み合わさって、
王安石独自の改革案「新法」が誕生したと、考えるけど。
問題点があるとすれば、新法が複雑すぎて、王安石以外には実行できそうになかったこと。
あと、呂恵卿のような、権力の亡者がすりよってきたこととか。
(司馬光の新法批判も、主に呂恵卿が批判対象だったと言うし)


347 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/15(木) 22:17:55 ID:8HbYAUIY0


           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
         イ二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二イ|
                /         \
                 //         ヽ',           孔子と弟子たちは裸一貫で、世間の美徳
              _/ {           } |_
             /  /            |  ',          (原始儒教)に哲学を加えた物を諸国を遊説して回り。
             __/    { ィ==z  ,ー==-、 }   ',
          / /     }:| '-zェx ー' xェァ-'  !!  l
        /   | ィ―、| |  ー´ i   ー     }|   }__        政治的に必要なら、自ら荒事にも訴える
         /  :i|/    } i{ /' ー'`ヽ   /,ィー 、  ' ,
      r-|   ',    ノ| {ヘ _ィ===z、__, / {      l      アグレッシブな連中こそ、起源の儒者だ。
    x--/ |  ___ {`ー ' \ヽァ_7lーハ  ,/ /',    /   }ニ=、
.   /  /  i!{´   ',::::::::::::::::::ヽ   ー' ¨ /  ー‐ '   \::ヽ
  /  /   廴___ノ:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ヽ/:::::::::::::::/⌒ヽ   }:::|    宮廷だけに籠って、あーだこーだ騒いでる
  .′ ィ‐― v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::弋   /  ├x
  |  {    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー ':    !  ,    だけの後世の腐儒とは全くの別物だな。



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |          あいにく、やる夫界隈で彼の人生を
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }         詳しく描いた作品は無いが。
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.        小説や漫画で人生を知る事が出来よう。
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \   ちなみにノリノリな時の格言と
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ    しょんぼり気味の時の格言の落差が
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : :     >>1 的には面白かったりする。
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ


348 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/15(木) 22:19:16 ID:8HbYAUIY0



                      では漢王朝と関わる前から儒教を語り出すと
   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二∞∞∞∞∞∞二二イ|    長すぎるので
        __,r'´ ̄乙ヽ.
::\  _,r-f´ヾ\:. ./ヘ ,}        漢王朝とのファーストコンタクトまで話を飛ばすぞ。
:::::::::`ヽ、`ヽ.\`ヽ  ,亥、
:::::::::::::::::ヾ、:::_ヽ{ イrー'                                〈〈〈 ,  
:::::::::::::::::::::::彡ヾ、 ̄`ヘ、                                 | | レノ
:::::::::::::::::::::::::::彡テテテ==テ>-,,、______                    /  /7  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡'´..../. . . .. .. . .. . .. . .. .....´`ー――''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ミトー'  /'´
:::::::::::::::::::::::::::::::, ' ´/::/: : : : : : : : : : :: : : : : :: : : : : : : : :: : : : : :: : : : : :: : : : ||..._ノ    焚書坑儒あたりは
:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::,ー---------------、____,,r―-------------''
: : : : :: : : ,::ノ´ ̄ ̄ ――――――   ――――――――― ―――         学校の授業で
ー---一''´ ―――――― ―――――――――――― ――――――
―――――――  ―――――― ―――――――――――― ――        散々教えてるだろうしな。
 =_─ ̄_二 _─ ─三- ̄二 二─_ _ ̄三─  二= ̄  ̄-_─
_ ̄ - ̄─= ̄_三 _─  ̄二-≡ ≡ ̄─-__ - ̄= 二─三_ - ̄

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[儒教について&古代中国の武器の推移・殷~後漢]の続きを読む
スポンサーサイト
41 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/12(月) 20:02:23 ID:pBvYCsyc0


投下します。

このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした長・中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第49話 ―班超伝、和帝紀―

                                     ,、、
                          _∠^ヽ、    _/;:;:;:;ヽ-、
        _,、_                  _,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ="´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、_
      _,-<;;;;;¨`~\._       ,-、.,ィ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、
;   ,-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-、へ/;:;:;:;:;:;:;:;:,:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、 _
  _-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_==""´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゛゙

                          |  ヽY〃"'<   大秦へ向けて出発だ!
                          |  《゙´〉)"彡,
                          |  、- ゚ P<   奇妙な冒険の始まりだぜ。
                             .⊂ニ^⌒夊〈'ヽ                         〇
   Q~~~v~~r_,        .O    |     7ヲノ~)_           o          o
   ||  導軍    <_ `           |   . /ッ' ;_|       +        ミ_
   ||  (ガイド)   !、、    ゚     ゝ´ ̄`ll´ ̄ ̄`ll´ ̄`゙i  .              〇
   ||~''~~~''~'⌒'r,~          (    ||     ||    (,                        .
   ||          ,.-====- ,    (    ||  .(,  || !、   )。.、-====-.,-====- ,-====- ,-====- ,
   ||. ,r'導\.  /,_i_j__j__j_n\ __|___||,,,,_.___,||.___i_/,__j__j__j_n゙i_j__j__j_n゙ij__j__j_n゙ii_j__j__j_n゙i
   || (Д`  )    (Д` ; )   ||_.、‐──,____|___| (Д` ; ) (Д` ; ) (Д` ; ) (Д` ; )
   ||と:ゾミミリr   〇====ミr===|| // ̄\\ __|___|と:ゾミミリrとソリミミリrとソリミミリrとソリミミリr
   || 〉   リソ    >   リソ  ||_| |  O  | |_____|___| . 〉  ''シソ 〉  ''リソ〉  'リソ 〉  ''リソ
   '' (,__,7,,_,lり   (_てr__り    \\_//  \ // ̄ (,__,7,,_,lり(,__,7,,_,lり(,__,7,,_,lり(,__,7,,_,lり
 ̄⌒~ ̄ ̄ ̄⌒~~ ̄⌒~ ̄ ̄ ̄⌒~ ̄ ̄ ̄⌒~~ ̄⌒~ ̄ ̄ ̄⌒~ ̄ ̄ ̄⌒~~ ̄⌒~ ̄ ̄ ̄⌒~ ̄ ̄ ̄⌒~


42 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/12(月) 20:03:00 ID:pBvYCsyc0


・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
   ■時間軸上『やる夫光武帝』スレさまから多く引用させていただいてます。

参考資料は

  おおすじ:『やる夫光武帝』スレ 様
    やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

  人物のキャラ付け:『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』

  細部・時間軸:『後漢書』『三国史記』『太左順 班超』『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』
           『資治通鑑』『宮城谷昌光 三国志』『華陽国志』『漢書』『伴野朗 大遠征』
           『中国英雄伝3 班超』『宦官 側近政治の構造』『中国悪女伝』『彩雲国物語』

  マップ:『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』
       中国東アジア歴史地図 ttp://www.geocities.jp/mapqin/

  軍事全般:『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』
         『武器甲冑図鑑』『呉子』『M・v・クレフェルト 補給戦』
         『グラフィック戦史シリーズ 古代中国編』

  文化・食生活:『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』『風水の本』『儒教の本』『礼記』『笑府』などです。

展開上、フィクションで補ったり。省略してる箇所がありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

  漢代の市 様
   ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

  ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
   「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
   「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
   「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

  やる夫の図書館 α版 様
   ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7
  やる夫之書 様
   ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

1の他のスレ【やる実が、後宮の女史になったようでス。】は
以下のサイトでまとめていただいてます。

  やる夫春画之書 様
   ttp://yaruobookoferos.blog.fc2.com/blog-category-7.html
・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━


43 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/12(月) 20:04:49 ID:pBvYCsyc0



―――永元九年(西暦97年)、3月。


        車師王・涿鞮の反乱に朝廷は、将兵長史の王林の部隊・2万余人を派遣し。

部隊は西域で班超と合流した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   【 西域 全体地図 】
                                             ←───┐<天山北路
                 ∧∧∧∧烏孫∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧   ←西域   |
         ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧    |
    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  |∧∧∧∧ 漢土→
             ∧∧∧             北山         ∧★車師∧天山/ ∧∧∧∧∧∧∧
康 居     ∧∧∧∧∧∧∧∧   尉頭───亀茲───焉耆──────伊吾
           ∧∧∧       /       北  道      \      蒲類海
     大 宛   ∧∧     /                     \         \
          ──葱嶺──疏勒                      鄯善         \
             ∧∧∧   \                     /  \_____敦煌___酒泉
大月氏         ∧∧∧∧  莎車     南  道       /          玉門関
             ∧∧∧∧∧∧  于闃─────────且末       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧   南山        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  クシャーナ  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                          タクラマカン砂漠側


44 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/12(月) 20:05:37 ID:pBvYCsyc0


   [ 伊吾 本拠、伊吾屯城 ]


           _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,
        ,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,
       <~ -==^~~~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,
        ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,,..ノ
         ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、
        r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,
       l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,
     /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩| .| l-,       ノ  ̄ノ ̄ ヽ __
  ,,,,,='~| | |' |,,=i~~i==========|~~|^^|~ ~'i----i==i,, | 'i     r/   /  ///∧/∧
  | l ,==,-'''^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、   {!   _// {!,//∧/∧
,=i^~~.| ___r―ァ―┐__   _ , , , , , , ,   _, , , , , , ,_ , , , , }! ミ 三(ミ {!/////∧/∧
, _, r‐へ人 /ー=lー┐   ̄ == 三三rへ  ー       / > ― 三ヽ厂 二 ヽ//ヽ
  r┤ミTフ ⌒ く Χミ コ  ___    ̄ ̄    :.:.:.:.:.: _ _ /     。 o   〈_∠〉  ̄ ̄>┐
   """" rァ ⌒  ̄ ̄         …       :.:.    |ト    V   """    _ ∠Ζ//,L


45 : ◆FVgnd.HyPc:2012/11/12(月) 20:06:14 ID:pBvYCsyc0

.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. : :: . _:_ . ;;:. :: . : .  . . .. .::.. . .:.::..:..::..::..::..::. :゛'''゙⌒'~、.,,_ .: .:.:::.:.:.:.::..:.:.::
.:.:.:.::.:.:.:. :. ,,. r‐'''"~'⌒゙'''" .:: . . . .: :. :: :. ::.:.:.:.:..:.:: .__,,..、 -─- .,_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.`^゙~ ̄"゙''ー
.、 -─- ;:_;;::,,,_`^゙~ ̄`. . .: :. ::-__,,.....,,,_.._,..r-'''" .   ... ...:: ..: ..: .::. ::.::.:..:.:.:.:.: .. . -='、⌒゙'''
  . . .::..:.:.::.:___,,..、二 =-─- . . .::. . .:;:.,.. .._,,,.....,,____,,..、 -─- .,_~`"゙''ー- 、 .: .:.:.:.::.:.:.:.
___,,、,r'''´─-~'_,,.....,,,_,,. r‐'''"~_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.  .....:..:. . ...`゛'''- 、..,_::_,,,.....::::... .゛'''゙⌒'~
:.:..:.:.:.:.:.:.::.:`゙'_,ニ=- ... __... .                 ......   ...  ... . _,,._:.,...:;:;:,,..,,,_ .
、 -ー''゙゛´~  ...  ... .                          .... ...... . ...  ... .  ... ...

               ,ィ iyイ_,.ィ
              / ̄::≦:V{::/ミ::::>、_,
          7::/r=Y::ヘトレ 、:::::ハ
          {_:{∨{:i:トミ=-_z≦_:::{    
             _フ:::::::ト{チtッ {、-`´ト;
         r'::::::::::>'ハ    'iy  | }
         ト、::::ト、八.',  ,- ニ丶从              被害を最小に留めるためというのは分かるが
              Y:(  }:::ト .  _/_L
           ゝ=' /::::::'r≦:::::Tニ}'、__,.....--z__,、_     敵のルールに乗せられるのは良く無いッ。
            _,、_ルⅥr >三于<_:ヘ:\: :.:::{: : : ,'∧
          r≦:{ {: : /ニ..._-- ミ_y^: :}: : :Y::,':.:::::,' : ∧
        __「:=ミ: :>'´ , --tz、__Y: : : : : : : :}::{:i:::::{: :,::.. :,    むしろ本物を探す必要はないッ!
      >:': >'ハ  _∠____,.-- '´: : : : : : :/::ト==: __-': : }
   _/:<r Yゝ': ∧≦}::::/O: : : : : : : : : ,.::':::::::L:.....__: : : : `Y
  i´: : : : : : :/: : : : :ヘ._j: ヘ:.::::r--- ::::::___::::::::::::::::ト、<:..__: :ー}:、  敵を、こちらのルールに引き込み、
 7: : : : : : : : : : :./ ̄:_,.-:〈: :--<::::...: : : : :.:.._: :::::∧:\ヽ: :
 {: : : : : : : : : /⌒}:'´: : : ::}r=y: : : : : : :r::'´:::{ヾ::::::7∨ハ: : :   この乱を片づけてご覧にいれようッ!
  ー=─ <    ト、: : : : iゞ': : : : : : : : : : : : : 〃7  ∨: : : :
               lヘ: :ゝ、ハ: : : : : : : : : : : : :..::::_/   }: : : :
             }: :.>、_: :}__: : : : : : : : :ー≦: 〉    ヽ、:

              【王林】

           車師国方面軍の司令官。

         官位は、将兵長史(従軍事務の長)
.

[『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第49話 ―班超伝、和帝紀―]の続きを読む
743 : ◆FVgnd.HyPc:2012/10/29(月) 20:10:43 ID:RrV2MFLc0


投下します。
時間ギリギリまで粘ったけど、予告の和帝の実母エピまで届かなかったよ……orz


このスレは、漢王朝を再興させた光武帝と同時代に生きた、
変り種の人々を題材にした長・中・短編物語集です。

       『虎穴に入らずんば虎子を得ず』 第48話 ―班超伝、和帝紀―


           /. :: :: ::: :: :: :: : :: ::\
         /. :: :: :∠二二二二ヽ:::ヽ
          /:::::/:::/:::::/:/::l:::::i: :: : i :::ハ               陛下、私とも
        i: :: :i:::::!: :/:/:::i:|:::::l: :: ::ハ: :::i
        |:i:::::|::::|::`Xj/ル|ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ    子作り し ま し ょ★
         从:: !:: | 〒〒イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ|
            Ⅵ:: | ..⊥イ /´ ̄. : : : : : : :` マ: <⌒
          N从""_「ト/. : : : : : : : ト、:.ヽ. : : \: :\
          | 厂 / !ム: : : : : ∧: :.i \ハ: : :「 ヽ: :ハ
           レ  /: : : {: : : : :./  Ⅵ ー-XjN: :|: : :: :八     鄭衆、ムリムリ!
           〈  /: : : 从:.斗'/ __    x==っN: : :Nハ{
          ∧/: : : /: 人 : {U ̄      xxx |:リ: 从       私にもできる事と出来ない事が
           /::::j: : : /ル': 入:.| xxx /⌒⌒i  .ィ|∧ ハ_
        /:::::人: :/ ノ:X /7:j>-'⌒マニフ⌒へ i/升ヽ ヽ    あるよぅ~…。
         /::::/斗j´.仁ニⅤ !     フ /   } ムニハハ
      /::::「   ムニニ V .j> --く/斗 <´ /二二ニi. ∧
.     /:::::∧   i二二二 Ⅵ{:: ::::/介\::: / i二二二.! __∧
     /::::::/ ∧  マ二二二i  ⌒/::/ l|:::i Y  l|二二二|'´ ̄ハ
     .'::::::/::/::∧  マ二二 |  〈::/  i!::j.   リ二二二|   ハ
     i:::::/::/::/ ∧/´ マ二 jヽ.         /j 二二 .リ_. 斗.イ
.    从⌒i::::{ i.〈     Xニ.!  ヽ.         ∧i!二二 /し⌒} !
 (´ ̄ __.斗N´ ̄ヘ  /Y 〉l|          '  〉二ニ7    (_ノ
   ̄ `\   / Y i :{二 !  \ __  _ / Xレ升トへ
        `ーァ'/ //しヘ人ニ.!       斗< 〉 ´く  \
        く / //// 厂二N≧≠ ==彡⌒マイ{ __ _}><´ ̄ Y
          ` ー─ /´ ̄  }´ ̄ ̄          \ _ ___ ノ
            〈 .__ __ ノ!                ̄ ̄
               `=≠ '


744 : ◆FVgnd.HyPc:2012/10/29(月) 20:12:46 ID:RrV2MFLc0


・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
   ■時間軸上『やる夫光武帝』スレさまから多く引用させていただいてます。

参考資料は

  おおすじ:『やる夫光武帝』スレ 様
    やる夫観察日記 様 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-383.html

  人物のキャラ付け:『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』

  細部・時間軸:『後漢書』『三国史記』『太左順 班超』『異域の人・幽鬼』『匈奴「帝国」』
           『資治通鑑』『宮城谷昌光 三国志』『華陽国志』『漢書』『伴野朗 大遠征』
           『中国英雄伝3 班超』『宦官 側近政治の構造』『中国悪女伝』『彩雲国物語』

  マップ:『中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期』
       中国東アジア歴史地図 ttp://www.geocities.jp/mapqin/

  軍事全般:『武器と防具 中国編』『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』
         『武器甲冑図鑑』『呉子』『M・v・クレフェルト 補給戦』
         『グラフィック戦史シリーズ 古代中国編』

  文化・食生活:『西域をゆく』『燭怪』『世界風俗じてん』『風水の本』『儒教の本』『礼記』『笑府』などです。

展開上、フィクションで補ったり。省略してる箇所がありますが寛大な目で見ていただければ幸いです。

以下のサイトでまとめていただいてます。

  漢代の市 様
   ttp://kutugen.blog57.fc2.com/

  ドリームやる夫短編集 阿修羅編 様
   「客星 帝座を犯す」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-1588.html
   「蜀の知られざる、まあ知ると困る歴史」 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2063.html
   「保身のための、上手い?方法」ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2110.html

  やる夫の図書館 α版 様
   ttp://yaruo-library.net/thread/1297432700/7
  やる夫之書 様
   ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/

1の他のスレ【やる実が、後宮の女史になったようでス。】は
以下のサイトでまとめていただいてます。

  やる夫春画之書 様
   ttp://yaruobookoferos.blog.fc2.com/blog-category-7.html
・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━


745 :名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 20:12:53 ID:PK/G/Lro0
よッ! 待ってました♪


746 : ◆FVgnd.HyPc:2012/10/29(月) 20:13:27 ID:RrV2MFLc0


   前回、逢侯の反乱のオチまで一気に進んだので

   少し時間を巻き戻しての

―――永元六年(西暦94年)、年末。

   。 ο     ,.。 ο     。 ο     ,.。 ο    ,.。 ο     。 
ο               ο                       ο
  ,.  ゚   ο    o     ,.  ゚   ο    o  ο    o     ,. 
  。   o             。   o       彡            。 
ο     。    ゚  ο ο     。    ゚     ο  ゚  ο ο    
         。 ο     ,.。 ο  彡  。  ο   。 ο     ,.。 ο

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 洛陽だお   ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三 ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ∥
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ


747 : ◆FVgnd.HyPc:2012/10/29(月) 20:14:19 ID:RrV2MFLc0


   反乱鎮圧は大勝利を収め、

   逢侯一味が逃げ去った地が鮮卑族の居住区ということもあり。

   朝廷は、追い打ちの必要は無いと判断した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         /::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;::`ヽ、
      /:::::::::::::::j彡====ミx;\
       /::::::::::::::::::::l:::::::/l:::::::::::::::::::ヽ::、
      ,'::::::::::::::::::::::l/::/ j::/l:::::/l:::::l:::Y:`、
     j:::::::::::l:::::l::::::l/`''ト、}::/ l::::l:::::l::::`、
     {:::::::::rヘ:::l::::::l斧℡ j/  l:::j、:::l:::::::゙,
    人:::::{ l:::l::::::lゞタ     ミリ`l::l::::l::::l   _
      ∨:::ヽl::::::::::!       〈シ /l::!:::::l::::! //⌒`ヽ、            結局、漢王朝の領土を北に
        }::::::::Ⅳ::::::l     `  /ーリ--rl:::ト.i ト○‐-、\
        j::::::::代:::::::l   ~'   ノ     //l::}::{ {:::{ >-、トミヽ、         移動したに過ぎないものね。
        /::::::::ノ-V::::::ト __.....<::{ rッ-‐{ {:;}::l:::V∨ 代::::::ヽ:::ヘ
     /:::::::::/:;:;:;:\:::l;:;ll;斗-┐l`''"ー-弋:jノ:::::゙、 ゙、ト、\:::::}Yハ
     /:::::/\;:;:;:r‐ヾ!不'" ̄:;:;l: : : : :l`へ`ー-/゙、`、 `ミ`ァ゙ ハ !`ヽ、     反乱軍というより
    // :`ミ;:;:\ヽ/:;:l;:;:ヾミ=zxl;,__ : l    ̄ \>、\  (.○.}}::::::::\
    // : : : : :  ̄~\;:;:;l;:;:;:;:\\}: ゙"ミlx、     弋\`ミ、__.ノj::\::::::`、   流民に等しい戦力しかないなら
   //: : : : : : : : : : : \j`''ーK \ : : : l ヾ、 ____ >‐--"::::`、\::::`、
   //: : : : : : : : : : : : : : : : :/ ゙i `、 : jl/::ヾ\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 \゙、
  /:`"ト __ : : : : : : : : : : : /  ヽ ll∨l::::::::::゙、: 〉:::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、  ヾ、 後は鮮卑族に監視させて、
  /:::::::::l   ̄ lー- __: : : :/    ゙; !l l:::::::::::::V:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::゙;  )〉
  ::::::::::::l   ヽ l     ̄      ゙; l:j l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::l    生かすも殺すも自由にできるわ。

                  【鄭衆】

                劉肇の腹心。

            宦官。 大長秋(宦官の最高位)。
.


748 : ◆FVgnd.HyPc:2012/10/29(月) 20:15:06 ID:RrV2MFLc0

           >゜, : : : /: :|: : :/:,!: : : :∧: : : :|゙i,: : : :ヾi,ゝ、__,,..
         /;:/:/: : : ::/|::_」∟∟!: : :/:.:/∟L」_|: :U: :|: l, '.,.\\: :
       /,.ィ'゙:,!/|: : : :/''|´ |: /|ヘ: :∧::ハ::|: : ハ: `丶、,!: l゙i,. ', \\
      ///: :,!,!::|: : ::,!: ::lヾ,斗ェz.|::,! ∨ _zェz_}:,|: : : :,!: ::!:゙i  '、 \    できれば……みんな助けたいな
     ./:/ /: : : !!|::',: : ,!: : |/ .r'!f|` ゙i{  ゙'´.んf|心,|: : :∧: :L::l
     {::{ /: : : : |!ヾ.゙i,: {、: λ {以|     .{廾以,オ: :/: l: ハ∨!        ……。
  {゙、.,_,.斗/: : : ::/|,! |.゙ヾ、\:l, ゚ー.’      L_:::ツ .リ:/: : |l/ .}::|  
  乂__,.斗: /: : :,! ,! .|  ! ,!|ヾ〃〃 '     〃〃,!/!: : :,!_,.イ: : l
     /: :,!: : ::{ヾ!  !  |.八            ゙ /: : /二¨¨7: ゙i,  ∧   杜崇たちを派遣してしまったのは、
     {: ::l!: : : ゙i, |  |  /: : :/> .,  ´`'   ,..:/: : /  ``ヽ,: :|\!:
      ゙i,:゙i,\: i,ヾ  l_,.!: : :/ /_/≧ 。、 :: ´ _/:/: /      |: :l: :    私の責任だから……。
       ゞ、, ,ゝヽ乂.∨: :/ /  、_ ヤ゙ィ个''''/'",!:/       ト=ニヽ
       // `` ,ゝ!{!: {/   、.\ノζ``彡ヲ/,      ,. ト、_
     /::/__,,..∠=┴-'゙    、 \)乙, _γ/'  ,!    x/} __

                      【劉肇】

                 後漢王朝、4代目皇帝。

                    章帝の4子。
.

[『虎穴に入らずんば虎子を得ず』第48話  ―班超伝、和帝紀― ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。