中原以外の異民族

ここでは、「中原以外の異民族」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            【北匈奴】             ll!
                               ll!
            【南匈奴】             lll 【鮮卑】    
←【西域】                         lll       【夫余、貊、濊】    
 lll,,                            lll             /`ー´
  lll,,      .,,!!!liil!,,               .,,.,,lll,【烏桓】       /
lll  .゙!!liil,,    iil  !!!liil!,,     .,,liil!!!liil!lii!!!liil゙゙   .゙!liil!!!liil!liil!li゙゙    (,
 lll,,   !!!liil  ,!l     .゙iil!!!liil!liil              遼東●ll   /´ ←【高句麗】      
  lll,,    l!! .,,ii                        、--、  _ ゙゙゙゙゙゙(´
   lll,,    lll!!                【後漢】    ノ  / /  ̄|○楽浪
    lll,,              、´ `~ ̄`)       ,,_ノ   `′  (_,、 ヽ
     lll,,            ノ  洛陽○      (_  ,‐-っ,      ぐ゙゙゙゙゙ `|
 【西羌】 ll            ノ    く        /`‐´ /´     )  /←【 弁韓、辰韓】    
       lll         く´~     (      /    /        レ´
      ,,lll    ,ッ-、__ノ~´       )   _,,ノ´    く,,_
―-、__-‐lll、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~            \
      lll`ヽ,  ´‐‐―` 【五渓蛮、南郡蛮、澧中蛮、廩君蛮、盤瓠蛮】
      lll `ヽ,                        ノ~~~ ̄>
      lll   |            _,,-―、,       ,ノ´      し、_
     lll 【西南夷】        _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        |
     lll    |,       _/~                       ノ´
    lll      |,    ,,ノ~                      ノ

                    ↓【南蛮】 

後漢初頭のおもな周辺勢力図。


管理註釈:ヤフー知恵袋より引用
[騎馬民族の思考]

歴史書などでは匈奴など北方騎馬民族に対して、
・不利と見るとさっさと逃げる卑怯者
・利益優先で義を知らない
・弱肉強食で仁愛を知らない野蛮人

などと散々に貶めています。
しかし、これを塞外民族から言わせれば

・退却すれば助かるのに、固守して無意味に死ぬのはおろかだ
・少ないチャンスは確実に生かす
・厳しい環境で一族を護るには強さが必要なのだ

となり、考え方がまったく変わってしまうのです。
そして、これらの塞外民族を漢民族は「禽獣」とさげすんでいました。



○新末後漢初の匈奴(きょうど)の動向まとめ。

 来 い 奪 こ |    |  今 恐 冒
 る つ い の 了从从  よ 怖 頓
 が で た 命 (ヽ)))|  り. の
 い .も く   /'')) "〈  始 伝
 い  ば  (,,,(从ノ|  ま 説
  /     (;;  {;;;;;;;;t る は
 ・  _,,,,r''{{;; ソ;;;;;;;从;;;ー、___/
ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::
,,,,,,,,,, ~'' - 、:::::" ::::::::: ::::::: ,/:::/ /:
 ̄ ̄~~'''''''ー~''ー    ー'" ::/ /:::

歴史:春秋戦国時代から中原と抗争を続けてきた、最もメジャーな騎馬民族。
   
   前漢王朝の創始、劉邦が匈奴の単于(ぜんう・首領)冒頓に敗れてから、中原側は匈奴を兄とする
   屈辱外交を結ばされる事になる。第7代皇帝・武帝の時に、前漢がこれまでの治世で蓄えた国力をもとに
   大反撃を行い。当時の匈奴単于を討ち。匈奴の本営、単于庭(ぜんうてい)を制圧するものの、
   匈奴を滅ぼすには至らず。また、漢王朝もこの戦いで多くの人材を失い。国費も底を尽いた。

   結局、痛み分けで双方和解。末端同士の小競り合いはあったものの、前漢末までは大戦もなく
   友好が続いていたが、前漢を簒奪した王莽の対外政策により、その関係は混乱の迷宮に突き進んでいく。


概要:中原との関わりが深く、漢人でも優秀な者は幹部に取り立ててきたため、異民族の中でもかなり
   教養が高く、階級制度も細かく制定されてる。

   反面、一枚岩の民族とは言いがたく。方針が常に中原との友好と抗争の間で揺れ動いている。


362 :名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 18:15:08 ID:x2jqGH66
*)武帝没後。匈奴は東西に分裂していたのを漢の力を借りて再び統一した。その義理から前漢末は穏健外交中。
                             
●年/皇帝(又は当時の中心人物)/単于(匈奴の首長。その下に左賢王・右賢王、骨都侯がいる)/出来事

建平元年(前6)哀帝/烏珠留(本編AA、高町なのは)/光武帝(やる夫)生まれる。

元寿2年(前1)烏珠留、漢に入朝する。哀帝のホモの相手、董賢。尻一つで大司馬に。

後1頃/帝/烏珠留/烏珠留、二名の禁に従い名を知と改める。

元始2年(後2)烏珠留、亡命してきた車師後王を漢に送る。漢、烏桓に匈奴への納税を禁じる。ハルヒ禹、生まれる。

始建国元年(後9)王莽/烏珠留/王莽。烏珠留に「章」の印を与える。待遇降格。

始建国2年(10)
烏珠留、王莽の待遇を怒って西域諸国と反乱を起こす。王莽、呼韓邪の子孫十五人を傀儡単于に擁立。
王莽、孫建に12人の将軍を率いさせ、五路から匈奴を攻撃。

始建国3年(11)
王莽。烏珠留の弟・咸を単于に立て匈奴の分断を図る。咸、子の登を新に入侍させる。
ハブられた烏珠留、雲中に侵入する。
王莽、匈奴討伐の動員令を発す。黄河が絶賛氾濫中だけど放置。 

始建国5年(13)烏珠留死す。だいたいこの頃、やる夫、陰麗華に会う。

天鳳1年(14)
王莽/烏累/烏珠留の弟・烏累(咸)が単于となる。王莽、用済みになった烏累の子の登を殺す。
子供の死を知らない烏累、新と和を結ぶ。のちに殺された事を知った烏累、新の北辺を侵す。
やる夫、禹、朱祐が長安留学中。

天鳳2年(15)王莽、匈奴単于を当て字の「恭奴善于」に改め挑発。新の立国将軍・孫建が亡くなる。

天鳳3年(16)新の強弩将軍・王駿。匈奴に襲われ殺される。

天鳳5年(18)烏累死す。弟の輿が単于となる。
王莽、王昭君の娘婿、骨都侯・当を勝手に須朴単于とする。

天鳳6年(19)
王莽/輿/輿、兄の路線を引き継ぎ侵攻。 王莽、匈奴の右骨都侯・須朴当を長安に連行して善于とする。
王莽、再度匈奴遠征を行う。拉致した須朴当は病死してしまった。
やる夫、就職をあきらめ南陽に帰郷。

363 :名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 18:17:53 ID:x2jqGH66

地皇4年→更始元年(23)
輿、烏丸とともに北方に侵入する。九月末頃、更始帝軍に破れ王莽死す。新王朝滅亡。

更始2年(24)
更始帝/輿/輿、更始帝への臣従を拒む。やる夫、ボンバーマン劉子興軍と交戦中。
こなた馮異、盗賊の鉄脛軍を北平で破りつつ、侵攻してきた匈奴王の一人を降伏させる。

建武3年(27)光武帝/輿/匈奴と誠[ピー]彭寵が同盟。

建武4年(28)アカギ耿弇、一族総出で彭寵と同盟していた2人の匈奴王を撃破。

建武5年(29)并州北部に、匈奴を後ろ盾とする西平王・盧芳政権が出現。

建武6年(30)
輿、光武帝に使いを送って和を結ぶ。その一方で盧芳と供に漢の北辺を侵す。
やる夫、よつば隗囂軍と交戦中。

建武7年(31) 盧芳、支援者の一人を殺害。雲中太守と朔方太守が郡ごとやる夫に降伏を表明。

建武9年(33)呉漢、盧芳&匈奴軍と戦闘。賈覧に敗走。続いて賈覧と戦った杜茂も敗走。

建武10年(34)呉漢、王覇などを率いて盧芳&匈奴軍と再戦。去年とは反対に、呉漢が勝利を得る。

建武13年(37)輿、河東に侵入する。弟の左賢王・知牙師を殺す。やる夫、国内統一。

建武21年(45)輿、上党・扶風・天水・上谷・中山に侵攻。
魚陽を攻めなかったのは、彭寵と同盟してた頃の義理?

建武22年(46)輿死す。子の烏達が単于となる。烏達死す。弟の蒲奴が単于となる。

建武24年(48)
光武帝/比/匈奴の首長、協議して烏珠留の子比を単于に立てる。比、呼韓邪単于を称す。
比の単于就任に納得できない蒲奴が反発し、匈奴は南北に分裂。

建武25年(49)光武帝/呼韓邪/呼韓邪、北匈奴を破る。後漢に朝貢し、穏健路線を復活させる。

建武26年(50)北匈奴の左賢王が単于を自称するも呼韓邪が討ち取る。呼韓邪、子を後漢に入朝させる。

建武中元年(56)呼韓邪死す。弟の莫が単于となる。やる夫、封禅の儀式を実施。

建武中2年(57)光武帝/莫/莫死す。弟の汗が単于となる。やる夫、死す。

以後、北匈奴はしばしば侵攻を繰り返すも後漢と南匈奴の連合に討たれて衰退し、
西走してフン族になったともいわれる。
南匈奴は後漢との和平を保ったが、2世紀半ば頃から内乱が頻発して勢力を弱めた。


            ∧
             |__|
              ||
            ∧∧ ||
          (゚Д゚,,)')  ∧_
          |  つ| / ・_)
        γ⌒!"(,, ノ"!´   /
     彡   、_|___ヽ_)_,l   ノ
       〉 ,〉〈   〉 〉〈
       (__/ヽ_)   (_/ヽ_)


管理註釈:ヤフー知恵袋から引用。「独狐氏」情報

起源の一説として漢の光武帝、劉秀の子孫が名乗っていたらしい。そのため、起源は「劉」です。
劉秀の子である劉輔の孫が匈奴と戦いに負けて、捕虜になったそうです。
その後、ずっと「独山」という現在の遼寧省海城近辺に軟禁されていたようなので、その「独山」
に故郷から離れて「孤独」に監禁されていたから、「独孤」を名乗ったのでしょう。
この人の子孫はそのまま匈奴として生活していたようです。

364 :名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 22:51:02 ID:K.pen4/M
>>363
そういや独狐部のリーダーはやる夫の子孫を称していたな。
そして拓抜部の竇氏は竇融の息子とやる夫の孫娘?との子供の子孫を称していた。
皆が亡命先から帰ってきて、独狐氏が李淵を生み、
李淵の妻の竇太后が李世民を生んだ事を思うと胸が熱くなるな。

まぁ、ありえないだろうけど。
つーか血筋コンプにも程があるぞ北朝貴族。

372 :名無しのやる夫だお:2010/04/29(木) 20:48:04 ID:w/7ykj/c
>>364
血筋コンプってか、門閥の全盛期だからしゃーない気もする。
山東四姓とかは北魏時代に完成してたし、鮮卑系の家だと
血筋を飾る必要は相当だったんじゃね?


      .//:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ./:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:ト、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     /:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:| \\:.:.:.:.:.: |    
     l:.イ:.!:.:.:.:.:.:./|:.:.|:.:.:.:./!:./l:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.l:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:∧  | |:.:.:.:.:.:.|   
     l/|:.:|:.:.:.:.:/.:.|:.:.|:.:.:/‐l/-|:.:ハ:.:.:ハ:.:. |:.:.:.|: |:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/ |   | l:.:.:.:.:.:.:,    
       V',:.: /:.:.:.|:.:.l:.:.:.|<圷示 ∨|ー-|:./」_:|:.:.|:.:./:.:.:/  :|   | |:.:.:.:.:.:.:',   
       !:∨:.:.:.:.:|:.:.|、.:|l ゞ='   ヘ| 'イ圷示/|: /:/'^レ   ∨  |:.:.:.:.:.:.:.:',   
        |:.:.:.:.:.:.:. |ヽ| ヽ|    ,    ゞ=' ′|/:/|r;/      \. |:.:.:.:.:.:.:.:.:',  
        |:.:.: / ̄ ̄\ヘ.    ′       /イ:.:.|/、   ___ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',   少し、頭を冷やそうか……
        |:/      /|:.:\  ` `     / |:.:/  「|Y´     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.', 
      /       //|:.:.| \__ .. イ |,|/  l|:| |      ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:',
     ./       /〈. Vリ   | \_>'′  l      |:| |         ∧:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ./       / \\  l| !ニニ}   /    ,./ |           \:.:.:.:.:.:.:',
  /.        ;' //  | |::|    /'     \ |           \:.:.:.:.|
 「 \         /  \\   .|/⌒ニニニ/      〉〉 |        /  〉:.:.:|

烏珠留若提 単于(うしゅりゅうじゃくていぜんう)



○新末後漢初の鮮卑の動向まとめ。

                  l  ,'
                 , -┤ 厂 ̄ ` '‐- 、
                /:.\|. l:. . . . . . . .:.:.:.\
              /: . . .> ト、 . . . . \.ヽ,..:.ヽ  __
          /:. //ハ lヽヽヽ\. . . ヽ,ヽ.:.:∨ |
           ///. / ./i l ,ヽ ヽ ヘ :ト, . . .:ト、.',..:.l  |
          ,'//. ///       | | X . .:|.:',.',. ト、_L_____
         lイl: .j/.,へ、      レl' | .:├ 、.l.lr--――‐― フ /     高句麗の動きが
          /ハl: lイ l ‐'ヘ、_  、/r'忙Tヽl) }.}V    _,、-‐' /
.           |: lハ ハ'乂_ノ.    ヒ__ノl /_'ノリ, _ニニ-―'  ̄       変なので斥候に監視させてましたが、
..,へ_          l | ',.l.lヘ. ̄ 、   __ ̄///l/レ'∠\|
.l/ /¨ニ,=、.      |:| >r-ト.、ヽニ´-ヘ.ムイ'∠二ミヽ,\             民を盾にする戦法など
/ / /./ム‐-、___.V_//,イハ/.>.ニ '/ ∠, -―、 \\\
¨'‐-、__        |.V ハヽ {  / ',.イ /   .\/¨レ            卑怯極まりないです! 大人どの!
        ̄`' ‐- 、,_l | {::ヽ:', V-'/:/     /   // ̄,癶,_
             \`'>┴<__;/  ____/  _, へ /.:.:/\
            __ )<__  / .l /     ∠Lノ. }__;,;/.:.:,、へ
     ,、-‐ ' ´ ̄ ̄<__ノ_ノ`厂! レ  l       、i_,ノー-―'´ _,>、
   <;;;:::::::::::::::::::::: ̄>':::r_/::|/    l        `'ー--=ニ二___>、
       厂 ̄ ̄ ̄フ:::::::::::::::::;ノ  ,  \ 、_   `'‐ 、____    __ノ   \
    < ̄ ̄ ̄.:./::::::::::;、‐'´   ノ    >、\  ヽ   \ ̄ ̄-=ニ二二 ̄\
     廴二ニ∠、.-テ'   _, 、 イ`ー‐<__>、_l,__  \、  `'-、       ̄7'´
     _〉-‐' _, -‐'>‐'´/. //./,i l  | ',. ヽ  \  \`'‐、__) ̄ ̄ ̄¨l´
      〉-‐'´; 、-‐'´ ./  ./ //l  l  l ', ヽ ヽヽ\  \   ̄ ̄ ̄7
    ,、' ̄`\   /  / //. l  .|  l  ',  ', ヽヽ \  〉 `'ー---〈

                     偏何(へんか)


歴史:匈奴の単于、冒頓の出現前は勢いがあったが、冒頓に敗れてから匈奴に服属。
   後漢初頭まで、大きな動きは無し。本拠は鮮卑山(正確な位置は不明)


概要:匈奴と違い、中原との戦いの歴史が浅いため。のちにすんなり後漢との友好を保てた。


378 :名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 18:20:56 ID:bIAw3eGQ

北方遊牧民族の一派。トルコ系またはモンゴル系といわれ、東胡の別種とも説がある。
言語・習俗は烏桓と同じ。前漢時代、匈奴に服属していたが1世紀に南匈奴の漢への服属を機に自立。
49年に大人(たいじん・部族長)の於仇賁(おきゅうほん)は光武帝に服属して王に封じられた。

●年/皇帝(又は当時の中心人物)/王・族長/出来事

建武21年(45)
光武帝/(大物不在)/鮮卑、匈奴と遼東に侵入して遼東太守・祭肜(さいゆう
・祭遵きゅんの従弟)に大敗。

建武25年(49) 鮮卑、初めて漢に使者を送る。匈奴と同時期なのは打ち合わせしてたものか。

鮮卑の大都護・偏何が招撫(罪を許して投降させ官軍のために利用する)
に応じ、匈奴討伐の有力な兵団となった。
偏何を厚遇したことで多くの鮮卑・烏桓が朝貢するようになった。

建武30年(54)光武帝/於仇賁/於仇賁、漢に入朝して光武帝から鮮卑王に封じられる。

その後は服属離反を繰り返し、度々漢の北辺を侵し、魏晋南北朝時代には南下して北魏などの国を建てた。




○新末後漢初の西羌の動向まとめ。


                 _,,. -‐ '' ー ‐- 、.,_
              _,.イ~           `ー、
             /                   \
            /                   \
.             /                        ヽ
.          /      !     |  |   |        'i,       ……烏桓族は信用ならないと
          |       |ヘ     :|  |__ム、_/  i     |
            {    ヽ |_ハ    :ノて~レ' レ'   :/      !      思ってたけど、
           | 人  ''て丁ヽ :/ ,-=テ云示`ヽ/ / .. :: : }
         |  \ ,ィテ示 ∨    辷 少 | / /  :: :: ::/       こういうこともあるのね。
         ∨ \〈 K_;ソ r-‐く、  ~  _,イ / :: :: /
          ヽ \ \  _ノ、   `ー─''"/// :: ::∨
            ヘヽ < ̄         / ,.イj :: //
             \, 〉、   ー       //  :/|/
               ∨> 、.      ,.イ |  ::/ /
                 ヽ__>‐ '" _,,.ィ<ー‐ゝ、
                /:::/`T ̄ _,. <:::: ::: ::::ヘ
            _,.イ⌒:::: ://^ヽ /:::: ::: :: :: :: '":: ヘ
           /::: ::: :: : 〃   /::: ::: ::,,/::: :: :: :: :: ヘ
          /:::〈: : :: :: :: :| /::: ,,,;:: ::: ::: :: :: :::: ::: :::: :::\

             滇吾(てんご)、西羌族の豪(首領・ごう)。



歴史:匈奴より古くの周王朝時代から存在する歴史ある部族。しかし、前漢まで中原との関わりは
薄くなっていた。本拠は派生部族が多すぎるため、ばらばら。


概要:中原周辺の異民族では最も人口が多い。そのせいか、纏め上げられるリーダーがなかなか出現せず。
   戦においてはあまり強くない。しかし、滇(てん)一族の台頭から、脅威の大軍へと変貌していく。


379 :名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 18:22:11 ID:bIAw3eGQ
「羌」の字は、牧羊する人を指しているという。チベット系の遊牧民族。起源が三苗の子孫、舜の子孫、
周代の犬戎、太公望の出身部族など諸説ある。言語は羌語、文字を持たない。

漢代に西羌と呼ばれ、匈奴の冒頓単于に服属した。武帝の時代に討伐が行われ、護羌校尉が置かれた。
たまに出る「羌豪」が姓なのか、役職名なのかよく分からない。

●年/皇帝(又は当時の中心人物)/王・族長/出来事

元始4年(後4)平帝/(大物不在)/王莽、羌豪良願に西海を献じさせ、西海郡を置く。 陰麗華、生まれる。 

居摂元年(6)羌豪<广龍>恬・傅幡ら、西海を取り返す。
王莽、仮皇帝と号す。劉隆の親族が挙兵したものの敗北。

居摂2年(7)竇況(竇融の親族?)、西羌を撃ち破る。翟義と劉信が挙兵したものの王莽軍に敗北。

(時期不明)/更始帝/(大物不在)/先零種の封何、金城太守を殺して金城に拠る。

建武6年(30)光武帝/(大物不在)/竇融、隗囂と結んだ封何を破る。
やる夫、よつば隗囂軍と交戦中。

建武9年(33)光武帝/[シ眞]良/光武帝、班彪の上言により護羌校尉の官を置き。
元よつば隗囂軍の牛邯を任命。

建武10年(34)来歙、金城・隴西に侵入した先零種を破る。よつば隗囂戦ほぼ決着。

建武11年(35)
馬援、馬成が臨[シ兆]に侵入した先零種の大軍を破る。やる夫、できる夫公孫述と交戦中。
光武帝、馬援の献言により降伏させた諸羌を天水・隴西・扶風に移す。

建武12年(36)馬援、武都の参狼羌を破り、平定する。できる夫公孫述戦ほぼ決着。

建武13年(37)
広漢塞外の白馬羌の楼登ら侵攻するも馬援に破れ、漢に内属する。
やる夫、国内統一。

(時期不明)焼当種の[シ眞]良、先零・卑[シ南]種から大楡を奪い強盛となる。

建武中元年(56)
光武帝/ [シ眞]吾(代替わり)/隴西太守の劉盱、武都の参狼種を平定する。
やる夫、封禅の儀式を実施。

馬援のターン、でも交戦中のままやる夫達の寿命がターンエンド。大物の名前が表記できない字ばかりで困る。

前一世紀半ば頃より匈奴の衰退を受け、先零・焼当種が強盛となり、度々漢に侵入。
後漢の中期に入ると漢への侵入・反乱が激化。馬賢・段熲らの征討で諸羌は大きく勢力を削られたが、
漢はその掃討の為に国費を著しく消耗することになる。

387 :名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 15:06:09 ID:/9YPVvPc
羌と氐(テイ)の違いが分からない。
金文における氐の字義は「木の根(特に、山肌に露出してるモノ)」なので、
「『低』地に住んだ羌族だから『氐』と呼ばれた」
説は間違いだと思うんだけど。
白馬羌が白馬氐とか、史書でもごっちゃになってるよね……。



○新末後漢初の烏桓の動向まとめ。


  シギャー!         烏桓突騎 
                       ↓       

                    ` 、'';;;;;,,,,,`'''――― 、
 ____               ` 、'''';;;;;;;;;;;;;;;:::,,,,,,,,...` 、
 ‐-、;;;;;;;;;;;;;;`,,,、               l ;;;;;;;;;;::''''''―-`、、 ヽ
   `''‐、;;;;;;;;;;;;;` 、             .l .;;;;;;;    ヽ ヽ :::::ヽ
  , -‐,, '''',=-,=‐―- 、          .ヽ ;;;;;;;.. ヽ;;  ヽ ;;ヽ'':::ヽ
  lィ‐vvv、` ´‐=‐-、 /            l..;;;; ;;i: .ヽ;;;  ヽ; ;;;;;ヽ ;ヽ
  ヽii、;;;;;;´Wv、 ヽ`‐'"´‐=、  ,、       〉  ;;i::  );;;;,, ヽ;;;;;;;;;ヽ .;ヽ
   `'ii、,;;;;;;;;;;;´v>‐, ̄ニフフ  l ヽ      /; ;;;;;;;;i:: l''"ヽ;;i;;;; ト;;;;;;;;;ヽ ;l
    ,,‐ナ、;;;,‐ナ`''‐-、‐=トニ=-ト''ヽヽ_, 、 ノ' ;;;;;/l;i::/   ヽ; ;. |ヽ;;;;;;;;;;;i ;l
    `''‐Til! / ト'  ;;lヽ、ヽl |‐‐, / / Yヽ;;;;/ レ    ヽ'' |  ヽ ;;;;;;i ;l
       Hi i:タ /‐、| ト-'l`ヽニフ ! l イ /l ノ/        ヽl   ヽ;;;;i ;l
       トli タ ∧;;;;lヽ;;ヽク、ニ=llll/.|./{ ./ | /l´              ヽ;i l
       ヽ_/ l;;;;| ヽ;ヽ‐クTl/ V .V レ トヽ               ヽ l
           ヽ;l  ` lウ`''Y ノ´ lヽノ トy'                ヽ |
                |};;l`ヽl/ / `v'                  l |
               /-l ト、 | / / ノY ヽ               !./
              ノ`)ノヽ `l  ./ ./ | i;;;ト               '
             /┐j´/ ヽヽ' / ./|´`l |
           /ソ/l |' .( /ヽヽ' .//lヽノ/
          ノ/'Y Yノ ヽl/ | ヽ‐''" /ヽノ)
         .|/l /.| /´    |,、r、| lミl/l |、,、,l
        ,、 l{|/t-l.ト    .lト |i |/lヽl,ノ l .l l |
       /,-‐'''''‐- 、`''‐、  ヽlヽl ヽノ  vvv
      レ"      ヽ/ ̄フ´l,,ノ‐''"
               `'''-‐''


概要:中原と匈奴に従っていた歴史から、教養は高いが人口は少ない。
   謀を好み、強い騎馬隊を有する。
   

管理註釈

北方遊牧民族の一派。テュルク系またはモンゴル系といわれ、東胡の別種説がある。
鮮卑と同族で言語・習俗は同じ。
烏桓山に割拠したことからこの呼び名が付いたという。

前漢の初めは匈奴に服属していたが、匈奴が前漢との戦いに駆られてる合間に
強勢になり自立。
昭帝の時代に、匈奴支配時代の恨みから単于の墓を暴いたが、匈奴に報復され、
その機会に乗じて出撃した漢の范明友将軍に散々に打ち破られる。

宣帝の時代から、勢力維持のため漢に従っていた。
大司馬・呉漢の率いる烏桓突騎との関係は、彼らの戦法を真似たものか、
実際彼らの一部を率いていたかは不明。
「三国志」では烏丸と表記する。


●年/皇帝(又は当時の中心人物)/王・族長/出来事

年代不明(前漢)/(大物不在)/
王莽、烏桓族に命じて匈奴に皮や布を納税させるのを止めさせる。
匈奴は烏桓から人や家畜を強奪した。

王莽、匈奴を攻撃するため十二部隊を編成し、荘尤将軍に烏桓族の妻子を人質にさせ
協力を迫った。

拒んだ烏桓は強盗をしながら故郷に逃走。王莽は人質を処刑。
匈奴は烏桓の恨みにつけこみ取り込んだ。本末転倒。


建武3年(27年)光武帝/(大物不在)/
烏桓と匈奴は兵を連ねて侵略。幽州代郡から東が最も被害を受ける。
幽州上谷郡に駐屯した白山という者が、最も強力だった。

やる夫、赤眉軍を撃破。しかし奉、彭寵が反乱。劉永、張歩、延岑、秦豊とも交戦中。


建武21年(45年)光武帝/(大物不在)/
やる夫、馬援将軍に三千騎を率いさせ幽州代郡の烏桓を奇襲。百級の斬首を挙げるが、
馬を千余匹失った。物的損失では馬援の敗北だった。

漢の動向としては前々年、徴姉妹の反乱平定。前年、呉漢が死去してる。


建武22年(46年)勢いに乗った烏桓。後継者争いで揺れる匈奴に略奪や攻撃を仕掛け、
千里の彼方へ追い払う。漠南の地(内モンゴル)は空になった。

やる夫、烏桓に貨幣や絹織物を授け懐柔を図る。


建武25年(49) 光武帝/郝旦(かくたん)/
鮮卑の大都護・偏何への招撫(罪を許して投降させ官軍のために利用する)と厚遇により
懐柔の効果が現れる。

烏桓の大人・郝旦、漢に朝貢し、奴婢、牛馬、弓、虎、豹、貂の毛皮を献上した。
光武帝から供の者ともども王、爵位を貰う。希望者に長城の内側に居住させた。

班彪の進言により、光武帝は武帝時代の護烏桓校尉の官を復活させ彼らの統治と保護にあたらせた。

南匈奴も後漢に朝貢し、穏健路線を復活させる。


永平元年(58)/明帝/欽志賁(きんしほん)/
漁陽(赤山烏桓ともいう)烏桓の大人・欽志賁が部族を糾合して反旗を翻したが
遼東太守・祭肜(さいゆう・祭遵きゅんの従弟)が暗殺。その混乱に乗じて勢力を平らげた。


その後、明帝、章帝、和帝の時代は無事に友好を保った。

後漢の衰えに乗じて反旗を翻し始める。三国時代が近づくと強攻策の公孫瓚、懐柔策の劉虞、
公孫瓚に敵対する袁紹、の三者に部族が振り回される。

最終的に袁紹を倒した曹操がその遺児に止めを刺すため、遺児を保護した鳥桓に大打撃を与え。
以後も遼東太守・公孫康が追い討ちをかけ、衰退。
後に次第に各地の漢族や、その他の民族と融合した。



                    __,r一v勹vーz, __
               ,r~┐ /   /       /´   \
           く⌒V i r'゙/    ,>'⌒'⌒'<,     !
            )   乙,_「'ー‐'_〈し'´ ̄ ̄`ヽ,_)  _   し'⌒ヽ、
            )  />--ー└' <二二> / \/ \―z,.  jl
             >::´:::::::::::::::::::::::::::::::::`':< ∧ __、  | ̄´  l|
        , - く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`' < ̄ ̄〉 ^|┬'⌒L」!
         /⌒(_,. !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::   \ 〈_//___
      〈、_ ノ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::   ...     i.  ̄/ 、  \
       冫― ':::::::::::::/:::::::i::::::::::::::::::::::|:::::l:::::::::::. i:::::!〉 〈 _,, n.  \
       ' .::::::/:::::::::::/::::::::::l:::l|::i::::::::::::::|:::::|::::::::::::.. !::::!  `¬|_|」〉 r‐|l    あの遼東太守から
      i::i :::i :::::l|:::l:::i::::::/|::l|l:::l:::::::::::::|:::::|::::::::::::::.!:::j く´ ̄\、/  l//
      l::i .::::l :::::l:|/l:::l:::::! |::|! l::l、::::::::::|:::::|::::::::::::::i:::ハ `7  // _, //     貰うものは貰ったが、
      |∧::::|.:::::_l|‐l、ll:::|-|/_‐|‐l:i:::::::::l::::|::::::::::::::!:::トl__/ ,_ ,ニ / //
      |! ヽ:l ̄ハ'代:i ヽ! ´{i:::`卞、::::::::!:::l::::::::::::::i:::|/\ // |//
        'i::::{:::}`フ   `' ‐''゙!::!\:::i:/::::::l:::::::l:::|__//「 ̄//         漢王朝が高句麗に敗れれば
           i:ヽ!:ヽ.\      i::j:::/ヾ:!::::::::|::::::l::::| ̄ 〈 ! //
          |::l|:::::::\`¨゙´   l/:::'::::/}!::::::::!:::::l::i::!   }_/´          我ら烏桓も攻め込もうぞ!
          l::l|::::::::::l|i\_ ,.ィ'´/:/::::/|:l::::::::::l:::::|::l::l
.            リ|:::::::::lハ!::::l:::::| /:/::::/,_j:|::::::::::l:::::l:::l::l
       , - 、 !:::::::::! i!:::::l:::「Y:/::::/「i |:|::l:::::::l:::::!:::i::l   __
     /'⌒ヽ \::::::| l:ト、Vl//:::/ 。 ゚ |:!::l:::::::!::::!::::i::D /, -r ヽ
    /      j/⌒i:::::| ヾ、 Y:/:::/-   |: ::!::::::i::::i::::::!::i l'   `1
    !         /::: |   //'"´ ̄   !i:::! :::::!:::!::::::!i::!\ _ ,ノノ

                  郝旦(かくたん)




○新末後漢初の高句麗の動向まとめ。

                                              ノ
  烏桓                夫余  _,,.-‐''"\             /
         ΠΠΠΠΠΠΠΠΠ  _,,-''´     ヽ             〈
ΠΠΠΠΠΠΠ             Y          \         `フ
     `r  望平○     ○候城 | 玄菟○        \           i
      |                 ゙i  尉那巌城    ∧  ヽ       /
 【幽州】 |      遼東●       !、   ●     ∧   \   /´
     _| _                 `r        ∧      r'´
    /    `ヽ  ○安市          |        ∧     _,.-''´
   /       )        西安平○  |,      ∧   _ノ
  _ノ       /          ∧_    |      ∧    `i
r'´         ノ○平郭  _,,.-‐''"~  `'ー-、_       夫租○'
        丿    _,,-''´           `i  ○増地    `ー-、
       {_   /                  丿                 `ー、
           く  丿              ,ゝ ★楽浪   【高句麗】 ' ,
      r´~ゝ `´                 丿朝鮮○             ヽ
         ̄´                 {      ○長岑          \
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ            \
                          `ー´       `ゝ               ヽ
    _,-‐、                             |○海冥          ∧',
    i´   `ヽ__,,.-‐''‐-〆                     冫、,       ,ノ´''"~   Y
  r'´ 青州       丿                   く~  `ヽ、ノ~~`‐´       〉
-'´         ,r‐、_}                    `i     `ー、  辰韓  `i_
        ,,.-‐''"                        | 馬韓    ' ,        /
       r'´                            `フ     / ヽ      _}
   r-、_|                             冫     /     \    〉
    i                               i´    ノ 弁韓 \-、丿
  r'                                     }    丿  r‐-‐ヽ冫
. r'´                                   {_,-, / ,r‐' 、〉
丿                                    久_{


歴史:幽州の玄菟郡・高句麗県が、漢からの支配権が遠い事。ここらの海産資源があまり中原で
   需要が無く、重要視されなかった事もあり、周辺部族が制圧・独立し建てられた国。

   その後も、中原とは奪還と独立を繰り返してる間柄。本拠は尉那巌城(いながんじょう)。


概要:騎馬隊と水軍に力を入れ、中原では不利とされる山の上にあえて城を作る(山城)独特の
   スタイルを持つ。

   韓流ドラマでは美化されてるが、女性を平然と寝取る倫理観を持ち。好戦的。あと位置的に
   現代の韓国の祖というより、北朝鮮の方が正しそう。


《高句麗vs中華国家抗争史》

王莽 後9 瑠璃明王 王莽、高句麗王を降格して侯とする。

王莽 12 瑠璃明王 王莽、高句麗を討伐し、国号を下句麗とする。
○高句麗:新●新の王莽、遼西太守田譚に高句麗討たせるが、逆襲され敗死

14年 ○高句麗:新●高句麗、梁貊国、玄菟群高句麗県を制圧

王莽 18 大武神王 瑠璃王死す、子大武神王(無恤)が後を継ぐ。
王莽 21 大武神王 大武神王、夫余を討つ。

28年 秋7月、 ○高句麗:後漢●後漢の遼東太守、高句麗の尉那巌城攻撃するが撃退される

32年、高句麗が後漢に朝貢した。
後漢の光武帝は、新の王莽が『侯』に格下げした高句麗の位を『王』に戻した。

37年 ○高句麗:後漢●高句麗、楽浪郡制圧
44年 秋9月、 ●高句麗:後漢○後漢の光武帝、渡海し楽浪郡奪回
冬10月、王が薨去した。大獣村原(地名)に埋葬し、諡号を大武神王とした。

47年 冬十月、蠶支落部の大家「戴升」らが一万余家を連れて楽浪郡に詣でて漢に投降
(後漢書が言うには、大加の戴升ら万余口)

光武帝 48 閔中王 閔中王死す、甥慕本王(解憂)が後を継ぐ。

49年 △高句麗:後漢△高句麗、後漢の北平・漁陽・上谷・太原各郡攻撃、遼東太
守と和議

光武帝 53 慕本王 慕本王死す、従弟太祖大王(宮)が後を継ぐ。



              __ _ _
           ,r'"´        \
          /     〈±〉     ヽ 
            |   , -──‐‐- 、  |     ふん……まあいい。
             ! ,r'´.:.::::::::::::::::::.::.:.:.:\ !
          レ'.:.::::r'"´ ̄ ̄ ̄`ヾ、:::.:.!
          |;r'"´-‐`ヽ  ,/´-ー-、`^i      へりくだったフリで、
          !jィ〔´(◯)`二´(◯)`ト、|
         ハレ' ゙ー='゙´.:;! ' `゙=‐'゙^レj、    楽浪陥落から7年は時間を稼いだからな。
         l ト、'..,   / .::;j,_  `ヽ ノイ !
         ! リj i    ^"^    l^iイソ 
         ヾU ',  ''ー==‐''´ ,! |ノi
       _ _」^i  ',  `ニ二"´ ,' ,! ト、_ _          偽りの服従は、
   ,r'"´.:.:.:.:.::::::| ゙、  Y´     `) /  |:::::::::.:.:.``ヽ
   ,!.:.:.:.:::::::::::::::::j  \,ゝ‐---‐ '゙,イ  」::::::::::.:.:.:.:.:.:!      高句麗の基本外交よ!
   |/\.:.:.:.:::::::::| ̄ ̄`¨`ヾ`二´イ"´ ̄ i:::::::::::::::::/|
   |.:.::::::\.:::::::::|       `゙Yi"´     |:::::::::::::/::.:.:.|
   |::::::::::::::i:::::::::| 「***j」  !l | 「***j」/:::::::::::/:::.:.:.:.:|

       無恤 (ムヒュル)、高句麗の大武神王




○新末後漢初の少数民族の動向まとめ。

五渓蛮(ごけいばん)


               _. -‐…~ー-‐- 、
           _..-‐'".::.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.: : : .`^‐ 、
         .-'".:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.: : : : :.__`-、 
         ノ´.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : __`、     こりゃ楽だ♪
       r'.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:: : : : : ._〈 
.       {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:..: : : : : j 
       ゝ、.:.:.:.:.:.:_. -‐'´`',ニ=-、__.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: : :}
         )、.:.:.:}二`=、 '⌒..ニ二^~`ミ.:.::.:r,ニ,'i:;:;:;:;:;:;ソ     俺たちが攻め込まなくても、
         `L_;;| r,r…〉  !'」......!  ミ.:.:|「`l l:;:;:;:;:;メ
             } '┴/         リノレ‐'ノ:;:;;r'′      いずれ同士討ちで自滅することになりそうだ。
            /l  (__ -         r<~'
.           /;:;:l   、_--‐・       |:;:;:;`'‐- 、
           /.;:;:;:;`ヽ  ゙゙゙゙   .-'   ト、:;:, -‐-、`-、
      _,,.. -/.;:;:;:;:;:;:;:;:`_=、…''' ´    / lli{..:...:...:...``゙'ー-、
  _r'"´..:...:...:.∠ -‐…''゙¨´..:..:.ヽ、      (_../^}...:...:...:...:...:...:..:...`、
 ノ、_...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:..`|l…---‐''´ /.:...:...:...:...:...:....:..:..:.`

歴史:神話時代の、中原人の祖先・黄帝と戦った武神・蚩尤(しゆう)の末裔。苗(ミャオ)族の当時の名称。
   荊州南部の密林地帯・桃源郷(とうげんきょう)に隠れ住み。開発を行なう各時代の王朝と戦った。

概要:天下取りの野心は無く、自分達の居住区を守るために戦う。ゲリラ戦に優れ、現代にまで
   滅ぼされずに生き残っている。


西南夷(なんせいい)

歴史:蜀の南に住む少数民族。春秋戦国時代から存在が確認されている。
   ことわざの「夜郎自大」がここ。

概要:中原とは馬の交易をしたり、官職もらったり、対立したりと不安定な間柄。


南郡蛮(なんぐんばん)

歴史:荊州南部の密林地帯に住む古代巴人の末裔。現代の土家族(トゥチャ族)の祖先。

概要:織物、布団製作に長けている。自分達の居住区を守るために戦うが、五渓蛮ほどの
   意欲は無い。


澧中蛮(ほうちゅうばん)

概要:荊州南部の密林地帯に住む部族。長沙郡・零陵郡の先住民にも顔が効く、独立心強い部族。


廩君蛮(りんくんばん)

概要:荊州南部の密林地帯に住む部族。白虎を崇拝してる部族。布団製作に長けてるトゥチャ族の分派だが、
   こっちは水戦に長けている戦闘民族。


盤瓠蛮(ばんこばん)

概要:荊州南部の密林地帯に住む部族。伝説の五色の毛なみを持つ霊犬・盤瓠(ばんこ)の末裔。
   人口が当時の武陵の部族では最多らしいが、基本おとなしい農耕部族。


夫余(ふよ)、(はく)、(わい)

概要:高句麗の北に住む部族。中原とは友好的で、高句麗とは対立。


弁韓(べんかん)、辰韓(たつかん)

概要:辰韓、弁韓は一国の名称というわけでなく各12の小国連合の総称。

   ともに秦の始皇帝時代に亡命してきた、秦人と現地人の混血が国民の大半。
   そのため中原と文化や言語が近い。





管理註釈新末後漢初の西域の動向

          ヽ二_彡'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.<_
          ,x<´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ': :、: : : :.:ヽ
        ./: : ;: :': : : : ; : : : : : : : ,': : : :;': : :.;. :、: : : : : : : : : : : : : : : :.:.卞、: : :.ヽ
        ./::;ィメ: : : : ;/: :.; ': : : : :.;': : :.,ィ: : : :i: : ヘ: : : : :.:.' ,: : : :.:' ;. : : : :.`ヾヘ: :' ,       バッカじゃないの?
      /::/ /: : : : ;' : : ,イ: : : . ::,': : :.,'_l: : :.:ム_: :∧_、: : : :.:ヽ: : : :.:ヽ.: : : : :.ハ ヽ:.:i
      //  〈: : : : : i':.:.//: ::  ./l: : :.;' |: : :.l ヽ: :ハ \: : :.ハ: : : : :.ヘ: : : : :.〉  ヾ
      ソ   ヽ: : : l /: i: : : :/_.|ヘ,'_',: : :.l__ヽ ヘ_zチ\: : ',: : : : :.ハ: : :./: :`ー`-、       西域の戦場に
     , -‐二 ̄}: : : ソ: :.l: : : :/  ヽ ,i ||.ヽヽ: :|   ,,不ミ⌒ヽ\リ: :\: : :.i: : :{: : : : : : :.:.:.`ヽ、
   //: ´: : :/: : : /: : :ハ: : :.|ヘミ沙''二b!辷ミヽ|  ''~l (:)  ゞ彡ー、ヽ: :|: : :.i ,::-―、: : : : :.ヽ    そんな着膨れした
.  / /: : : : : ../: : : ;' : : / ヘ: : |ハ `Y ̄|| ̄,〕     ',    ノ .l ム ノ_ム_!__ル.|ーく  ヽ.: : : : :.ヽ
_ム/___」___ハソ   ヽ: lヽム ゙ー'''゙゙        ゙''ー-'゙  |-‐く、>x, ;;リ;;;;;;゙ヽ.  ヽ.: : : : :    重騎兵で歯向かおうなんてね!
`ヽ. ヽ.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     γヾ!¨`i       、   __ ァ   ,ノ   Y   >x;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.: : : : 
7`、ヽ. ヽ.;;;;;;;;;;;;; ヽ.      i    ヽ、_  、__ィァ-‐¬'^メ   ,.イ      .i     `ヽ;;;;;;゙ヘ  ヘ: : ::
ミミ゙, ゙,  ',;;;;;;;;;;;;;;;; \   ゝ.    丿j> 、 `ー-一'´,ィ'´  ゝ,、_..._yノ        ヽ;;;;;;゙i  i`ヽ
fミミハi   ゙,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー―ミユー'´(  -、,,` ヽ _ イ ,,ノ   ./             ヽ;;; l  l  ヽ
fミミミ∥   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙`ヽ  `i、    マ^ー'T´  ノ      __,、‐-、_____ヽム-、|_
ヽミミ||,..._  |;;;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;、/\;; ヘ   ヽ   ヘ  〉  _j     ,x≦L;;;;;;;;;;;_;;;::: -‐'''"´l|   j

                  賢(けん)、西域、莎車国の王



          ∧∧            ∧∧    
        (*゚∋゚)/ヽ        (*゚∋゚)/ヽ    ラクダ騎兵こそが砂漠じゃ最強なんだヨ!
       (  つ≫─l>       (  つ≫─l> 
     ~(,, ミ ゚__\/      ~(,, ミ ゚__\/ 
   彡(`U"" ノ       彡(`U"" ノ       さっさと失せロ!
      > ̄>^>          > ̄>^>     
                            
          西域兵



西域は敦煌以西の地域を指し、広義ではペルシア・メソポタミア・ローマも範囲に含まれる。
宣帝の時代から西域都護(西域の統括官)、元帝の時代から戊己校尉(ぼきこうい・対西域の武官?)が置かれた。


●年/皇帝(又は当時の中心人物)/西域の大物/出来事

元始2年(後2)平帝/(大物不在)/車師後王・去胡来王、漢に背いて匈奴に亡命する。
王莽、匈奴を利用し車師後王・去胡来王を誅殺する。

始建国2年(10)
王莽/(大物不在)/車師後王・須置離、匈奴に投降を図り、新の西域都護・但欽に斬られる。
須置離の弟・狐蘭支、匈奴とともに戊己校尉を襲う。
陳良、戊己校尉・チョウ護を殺して匈奴に降伏する。
匈奴、西域に侵入して新との関係を断ち切る。莎車王・延、匈奴への服属を拒む。
王莽、「六管政策」制定。西域諸国王の位を侯に降格。 

始建国5年(13)焉耆国、匈奴の呼びかけに応じて新の西域都護・但欽を殺す。やる夫、陰麗華に会う。

天鳳3年(16)
焉耆国、但欽の敵討ちに来た新の王駿軍を姑墨国・尉犁国・危須国と共に殲滅。
王駿の別働隊だった郭欽、腹いせに焉耆本国を襲撃して民間人を虐殺し、帰国する。
王莽、西域諸国と断絶する。南郊に行き、まじないの道具・威斗を鋳造。

建武5年(29)
光武帝/莎車王・康/竇融、莎車王・康を西域大都尉として五十五国を統率させる。
やる夫、張歩政権と交戦中。

建武9年(33)莎車王・康死す。弟の賢が後を継ぐ。 やる夫、よつば隗囂政権をほぼ撃退。

建武11年(35頃)/光武帝/莎車王・賢/賢、拘弥・西夜王を殺して制圧。やる夫、公孫述政権と交戦中。

建武14年(38)莎車国・鄯善国が漢に朝貢する。みくる王梁が没す。

建武17年(41)光武帝、莎車王・賢を漢大将軍とする。
賢、西域都護を自称する。郭聖通、降格。陰麗華が皇后に昇格。

建武21年(45)
賢の被害国・18国は、同盟の証として後漢に子を人質に差し出し、西域都護の設置を求める。
やる夫、国内が定まったばかりなので、国外まで余裕無し、と要求を退け、子を帰国させる。

建武22年(46)賢、鄯善王・安を破る。賢、亀茲国を併合。荊州を中心とした地震が起きる。

建武23年(47)鄯善王・安、漢の不干渉に失望し、匈奴に服属する。

建武26年(50頃)
亀茲、莎車王・賢の支配を拒み、匈奴に服属する。賢、大宛を制圧。
大月氏の丘就卻が王を称し、高附国・濮達・ケイ賓を制圧。

建武31年(55頃) 賢、拘弥・姑墨・子合王を殺す。賈復、没す。

漢の不干渉に乗じて莎車(さしゃ)王・賢の無双ターン。
竇融の任命だから、光武帝政権では非公認だった大都護をそのまま継承し、勝手に西域各国を制圧し、
勢力拡大。ちなみに賢は永平3年(60年)に于闐国に破れて戦死。弱体化した莎車国は于闐国ともども
北匈奴に吸収された。

漁夫の利を得た北匈奴はさらに西域に勢力を伸ばしたが竇固、班超が北匈奴、大月氏を撃退、亀茲を服属。
漢の威信を回復した。しかし、安帝の頃には維持できず、都護を廃止し、西域は再び断絶する。



. ━━━━O∧,, ∧━━━━ロニニ>. ━━━━O∧,, ∧━━━━ロニニ>
     ∧,,∧(・ω・` )              ∧,,∧ (゚Д゚,, )
    /ο ・ )Oニ)<;;> レイプOK!     /ο ・ )Oニ)<;;> 残虐行為手当て出たー
    /   ノ lミliii|(ヾゝ             /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡       (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡 
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ            ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_         / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_| 人人(_/  ヽノ 人人    ヽニフ|_|  人(_/  ヽノ 人人
 人人人   (_ヽ   人人人   人人人人   (_ヽ   人人人
人人    人人人人    人人人人    人人人人     人人


[戦での投降数。たまに調査されてる戸数から判断]
匈奴の人口約140~100万人
羌族の人口約215万
鮮卑の人口約50万
烏桓の人口約20万
西域、国数が多すぎて判別不能。



     ,,          ,,,,,            匈奴         鮮卑
 ,-‐/''"  " ';,   、´‐~‐´;烏"',                   烏桓
./_,_ゝ康居 ,,,;,  ~ ,; '" 孫,,;"""''' ;,,,,,,,,,,,
.;,,      ';大宛'' ;'",, '' ; '" ○亀茲    ";,       , '' ;,,,;''''''''''''''''''''''', ´`ヽ
  ";,    ,"; '''" ;""○疏勒      敦煌○""○';,,,,,,;'" ○朔方 、-‐´   ヽ/
   ";,,,,;''"大月氏";,      ○且末''"'' ; ,,,,,,酒泉          ~ヽ, _
   ,,;"         "';,,○于闃'""        "';     洛陽○   ~´/
    ""'''';,,,,,       ;            羌  "; 長安○       {
        """" "';.,;"                ;            }
                            テイ ;  ○蜀       ノ
                                          }



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/12-4dd48199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。