番外編7 「悼騒ノ賦」 -梁竦伝ー

ここでは、「番外編7 「悼騒ノ賦」 -梁竦伝ー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
995 : ◆FVgnd.HyPc:2011/04/26(火) 00:52:43 ID:r6DHYGuU


        穴埋め番外編 「悼騒ノ賦」 -梁竦伝ー



   梁貴人の父、梁竦は古き時代の書生を思わせる変人である。

   それは兄の梁松の罪に連座して、交州に流される途中の旅だった。



  (((梁))
  ( ´∀`)
 ( O Oi
~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"
~ ~    ~~   ~~   ~~  ~~~  ~~
 ~  ~ ~ ~   ~ ~  ~ ~~  ~~
 ~  ~ ~ ~   ~ ~  ~ ~~  ~~
 ~ ~   ~~   ~ ~   ~  ~  ~ ~~  ~~
 ~~   ~~   ~~  ~~~  ~
~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"


               |::;ィ:彡:::::::::::::::::/::/://:/ / /: : : : ::..:i: i: : i:::::\`\           ,: ,. ;,、
              __r'::::::::::::::,:ィ彡:::/::/ ::::::/::: :/: : : : : : :リ:リ: : i: ヾ:ハ  \           ,: ,,:゙, ,
            , イ彡{:ミ=-=彡::イ:::/::::i::::::::::::::::/: : : /: :.:./:/ : ;小 : : :ハ   ,        ,: '.´'  ゙ : ゙;
            ,.イ彡'  ト=-:-:-:彡:::/:::::::::::::: : : /: : /: / : /: : :./:.:i : ハ: : ハ   |  ,: ,. ,,.:.:,: .::'.:'゙
.        //´    .|`:ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/ /: /: :./: : :./从レイ:ハ:i : :i  ,! ',: ;',´
.        /:::,:′    /:::::::::::::/⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::/:::/:/ : : :/     リ!:.ハ: : |     ゙ :゙ ,. ,..
.     /::::::/    /´!:::::::::::| i´::ィ! }::::::::::::::::::::/:::/: : : : ::メ、  /小::::i! リ       ゙:..,: ,.゙;:.: : 、   ほほう、これが童貞…
.      / ::::/    ー=彡: :::::::::| i: :i  Ⅵ :::::i::::::/:::/:/::/-.    イ:::::::::|!/          ,:;' ':,
     /i::::/  ,ィ‐ァイ⌒/ :;:ィァ :ト、Y   |:::::/|::::::::::;:ィ<!ア/⌒} ,ィァ,-、::::|!           ',:  ',   もとい洞庭湖か。
.    {_,!斗イ⌒ 〈: iイ// /:::/.八    !::/. ! :::::i´ \/   ∠_'/  リ/.|!            ',:  ';,
 ィi⌒〈 ( ::{ !    ',| (  |:::/ . . i   |:!. l:::::/    (_ /  i{_/ ノ         ,: ,. ,,,: ',.  ;,
  ヘ   V  V   ',|     Ⅳ  . . .i   l|  |::/         |/:::/ ,へ、     ,: ,.;'   ,,: ,. ゙   ',  呉子胥や屈原がこの辺を
. //ヘ   V  V.  |       . . . .',  i!. l/   , ,, ,, ‐┬┘:/ 〈  }\,へ、,.'  ,: ,.' ,  ゙ :,: ,., '
. ///ヘ   V  V |      . . . . ヽ. !  !   `ー、―ァ┬ ' / :/,:'.' Yっ)::::{  }´⌒ヽ、 :,: ,        無罪で流されて
 ///∧   V.  V !         . . . . . .\.        ̄_,ノ ,//'.'. (二エ二二二邇; :,: ,´ ̄ヽ
 ////∧  i::ヽ.  \\   .i . . .´ . . . . . >、,  ,,  / \/,: ,. ,.;'   (、 `ヽ|   |    :i   ハ      行ったんだろうなあ。
 /////∧ i:::. ヽ  Yハ  . i. . . . . . .,イ:::i .i>x'__ノヽ//::\、      \   ト、 ヘ.   |   ト}
 //////ハ i::::::::..\ i ハヽ .ヽ . .イ´ ∧::i. i::::::::. |  .}////:::\     |   ! \.:ヘ. . 〈 . . .!ハ
  ://////| i:::::::::: . i   i \. . . /. .//∧i i::::::::: | ∧/////::ハ   |  . . .ゞ弋__}、__リ. ハ    俺、聖地巡礼中?スゲー。

              梁竦(りょうしょう)、字は叔敬。

               梁貴人の父、『七序』の作者


996 : ◆FVgnd.HyPc:2011/04/26(火) 00:55:03 ID:r6DHYGuU


   自分も、まあその一員なのだが、のん気なこの男。


   過去の偉人たちのために『悼騒ノ賦』をポエムり。
   石に刻んで水面に投げ込んだ。

   権力欲にまみれた兄と違い、なんかもう別次元の人間だったようだ。



          俺の想い……2人にとどけー。 ウフフフ。

    (((梁)) て     ~●
   (  ´゚∀゚)て   彡
   /   o ⊃彡
   しー-J
~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"
~ ~    ~~   ~~   ~~  ~~~  ~~
 ~  ~ ~ ~   ~ ~  ~ ~~  ~~
 ~  ~ ~ ~   ~ ~  ~ ~~  ~~
 ~ ~   ~~   ~ ~   ~  ~  ~ ~~  ~~
 ~~   ~~   ~~  ~~~  ~
~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"~""`''"゙''~""'''゙~~”""^゙'''~""`''"




997 : ◆FVgnd.HyPc:2011/04/26(火) 00:56:16 ID:r6DHYGuU


   恨み事を言う事も無く。流罪先で大好きなポエム作りに熱を上げる
   梁竦を見て。

   劉荘は梁家との因縁を、もう忘れようと思ったのか……


           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|        涼州 安定郡に戻って良い。
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
            |::ゝi: i│       /:::i:::|        今後も一族郎党、権力に惑う事なく。
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::| 
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|        心正しく生きるがよい。
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::| 
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |

                 劉荘

             後漢王朝、2代目皇帝


998 : ◆FVgnd.HyPc:2011/04/26(火) 00:58:13 ID:r6DHYGuU


   皇帝に言われるまでもなく。梁竦はポエム作りにしか興味が無いので、

   その後も引き籠って、自宅警備員のような生活を送り続けた。

               |::;ィ:彡:::::::::::::::::/::/://:/ / /: : : : ::..:i: i: : i:::::\`\           ,: ,. ;,、
              __r'::::::::::::::,:ィ彡:::/::/ ::::::/::: :/: : : : : : :リ:リ: : i: ヾ:ハ  \           ,: ,,:゙, ,
            , イ彡{:ミ=-=彡::イ:::/::::i::::::::::::::::/: : : /: :.:./:/ : ;小 : : :ハ   ,        ,: '.´'  ゙ : ゙;
            ,.イ彡'  ト=-:-:-:彡:::/:::::::::::::: : : /: : /: / : /: : :./:.:i : ハ: : ハ   |  ,: ,. ,,.:.:,: .::'.:'゙
.        //´    .|`:ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/ /: /: :./: : :./从レイ:ハ:i : :i  ,! ',: ;',´
.        /:::,:′    /:::::::::::::/⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::/:::/:/ : : :/     リ!:.ハ: : |     ゙ :゙ ,. ,..
.     /::::::/    /´!:::::::::::| i´::ィ! }::::::::::::::::::::/:::/: : : : ::メ、  /小::::i! リ       ゙:..,: ,.゙;:.: : 、   心正しく生きる…
.      / ::::/    ー=彡: :::::::::| i: :i  Ⅵ :::::i::::::/:::/:/::/-.    イ:::::::::|!/          ,:;' ':,
     /i::::/  ,ィ‐ァイ⌒/ :;:ィァ :ト、Y   |:::::/|::::::::::;:ィ<!ア/⌒} ,ィァ,-、::::|!           ',:  ',   よし、次はこれをテーマに
.    {_,!斗イ⌒ 〈: iイ// /:::/.八    !::/. ! :::::i´ \/   ∠_'/  リ/.|!            ',:  ';,
 ィi⌒〈 ( ::{ !    ',| (  |:::/ . . i   |:!. l:::::/    (_/  i{_/ ノ         ,: ,. ,,,: ',.  ;,   ポエムろうじゃないか!
  ヘ   V  V   ',|     Ⅳ  . . .i   l|  |::/         |/:::/ ,へ、     ,: ,.;'   ,,: ,. ゙   ',
. //ヘ   V  V.  |       . . . .',  i!. l/   , ,, ,, ‐┬┘:/ 〈  }\,へ、,.'  ,: ,.' ,  ゙ :,: ,., '
. ///ヘ   V  V |      . . . . ヽ. !  !   `ー、―ァ┬ ' / :/,:'.' Yっ)::::{  }´⌒ヽ、 :,: ,        タイトルは七序に
 ///∧   V.  V !         . . . . . .\.        ̄_,ノ ,//'.'. (二エ二二二邇; :,: ,´ ̄ヽ
 ////∧  i::ヽ.  \\   .i . . .´ . . . . . >、,  ,,  / \/,: ,. ,.;'   (、 `ヽ|   |    :i   ハ      しとこう!
 /////∧ i:::. ヽ  Yハ  . i. . . . . . .,イ:::i .i>x'__ノヽ//::\、      \   ト、 ヘ.   |   ト}
 //////ハ i::::::::..\ i ハヽ .ヽ . .イ´ ∧::i. i::::::::. |  .}////:::\     |   ! \.:ヘ. . 〈 . . .!ハ
  ://////| i:::::::::: . i   i \. . . /. .//∧i i::::::::: | ∧/////::ハ   |  . . .ゞ弋__}、__リ. ハ


999 : ◆FVgnd.HyPc:2011/04/26(火) 00:59:16 ID:r6DHYGuU


   ニートが他人を説教する詩を作るというのも大変な皮肉だが、
   これが宮廷お抱えの歴史家となっていた班固に大ウケし。

   一躍、当時の大物詩人の一人に名を連ねることとなった。


    .   _, -' ´___\
   . ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',      パネェwwwwwニダー。
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    l | l | r==、 / / r==、」 |
   l | l !     '     .! /       この詩は孔子さまと同レベルの神詩ニダー。
   l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
   ! | |ヽ|    |liliiliii|  リ
   ! | lゝ、./⌒)⌒)⌒)  /| /⌒)⌒)⌒)  ん?作者はニート?
   ! | |:::::/ / / /X}< }|(⌒) / / / /
   ! | l:::/ :::::::::::(⌒)ト、 |ゝ  :::::::::::/   ……んなはずねーニダーww ギャグか?
   ! | l {        ノ'ヽ 〉|/  )  /

        班固

    班超の兄、漢書の作者の一人


1000 : ◆FVgnd.HyPc:2011/04/26(火) 01:00:59 ID:r6DHYGuU

   一流の文人になったと言っても、本人には全く商売気が無く、贅沢にも興味が無い。
  他所に売り込む事もしないため。一族は貧乏になる一方だった。


  梁貴人が後宮入りする前までは、兄嫁(梁松の妻、光武帝の娘)に食わせてもらってたという始末。

  一族に日の目はあるのか? または破滅かは、おいおい語っていくとしませう。

               _,,.,,,..
           .,0 '""   )
         ,. '"     ,. "⌒"'ヽ
        .r     , '"  λ   ';
        (_,,.... -,.''"'''''''''"" ""'''''''''!
         !  .i U '⌒  ⌒   i
         i   し.,   ・  ・    .!,ノ!     お父ちゃん……私が後宮入りしないと
         !    ノ    (⌒)   'i i
         ヽ.,,,,,,../.      ̄     |ノ     みんな餓死しちゃうから行くね……。
          "┐    - ..,,_ノ   ノ
        ,. - 'i'"i;;.,         ノヽ., 
      /   .'! 'i-;; - ..,,___,,.. - ' /.!. !.\
     /     i i \_ ,.- ^ヽ., _ノ i i  ヽ    女中ぐらいにはなれると思うんだ……
     !'      i !  '"       | | ヽ '!
    .i      / ! .i          i i .! 'i    勉強を頑張れば。
    i      ! 'i .!          ! ! .i  i

      おわり


276 : ◆FVgnd.HyPc:2011/04/26(火) 01:14:37 ID:r6DHYGuU

本来の穴埋め話が削れなかったので、即興で梁貴人のパパさんの半生
-梁竦伝ー作りました。

なかなか面白いキャラしてますよ。のん気で。
兄弟で性格逆だったら違った展開も…いや、劉荘時代は良くても。
劉炟時代が泥沼化しちゃうかな?


275 :名無しのやる夫だお:2011/04/26(火) 01:06:39 ID:iBmfdSMo
たまにこーゆー人いるよね、一族が政治的にものすごいことやらかしたとばっちり受ける芸術家w


282 :名無しのやる夫だお:2011/04/26(火) 17:28:30 ID:sp05t.Go
なんかこのスレのジャイ子は応援したくなる子だ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/150-f75bb86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。