漢代のオゲレツ大百科

ここでは、「漢代のオゲレツ大百科」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 /     `y ´                      |
                  /        , '                       |
              /  _____/ _  -―――――==== 、__  :!
     _____ ,_.′_'" ̄      / _           ヾ>' ̄ ̄ ̄`ヾ、 |
    !r、――.、〉∠´  _    ̄`,'"          /      /7ヘに)、
     \\ イ/1「二 ̄ _   ___             /       | ./ .//./「`\
     _」>`7 {「 フ ̄,. -   ;´:i ̄:: : .: . . .   /           |∧// .| |_〉_〉
.    / 1「フ/  ∨ /    :::::i::::::::::::::::::: : :./            >ァ'  ヽヽ ̄
  / ′/イ′  ∨=__     ::::i!::::::::::::::: :: ,."           //     |\\
. / /  / /.′    ヽ⌒ .: :. .. ::::i!:::::::::::::::〃          / /       !  〉 〉
〈._」   ! :! !      \:: .: .:: :: :::ヽ::::::::::〃          / ./       |//
     |_」 !           ヽ:. :: ::.,:::::::\::イ′          `ー′       i/
.      i            \'"::::::ヽ:\{                    |
      !            `.<':;:::::::ヘ       ,...               !
.        ',                ヽ::ヾ:::ヽ , '´                l
.        '             , '´` ー→                 !
        ' ,               y′                    l
            ' ,                  /                  l
            \           ,′                   l
             ヽ          ,                   !
                \          ,′                    |

347 :名無しのやる夫だお:2010/04/24(土) 12:38:38 ID:XSyVio8.
下品ついでに○漢代の下着

庶民・・・ノーパン、ノーブラ。

貴族階級・・・[男]特鼻褌(トクビコン)という越中ふんどし風の下着。長さ70cm、幅24・5cm。

z-12363.jpg

[女]衵服(yì fú)=現在の着物の下に着る薄い着物・襦袢のようなもの。

生理時のみ褌型の生理帯をつけるようです。ショーツは明王朝から。
ブラはキャミソールに似た主腰児(チューヤオル)というのがあり、時代によって名称が変わり。
前漢代は抱腹、後漢代は心衣。色は桃色(タオスー)、粉紅(フェイホン・うす紅)、大紅(深紅)の赤系統が人気。

つまり、パンツを履くこと…それが貴族階級の誇り。
本編中、やる夫や萬脩はパンツをかぶったりしてましたが、あれは生理用ナプキンをかぶっていたということに。
z-12365.jpg


管理註釈:衵服は「春秋左氏伝」の宣九年と、晋書の良吏伝の王宏のところにあり、
宮城谷先生の小説「夏姫春秋」にも載ってた記憶が。
ほかには「衷衣」ってのもあるそうな。
現物は2004年ごろに上海に建設された古代の女性用下着を展示する中国初の博物館で見れるかも。

衣服の資料文献としては「漢代の文物」林 巳奈夫先生/編(1976年、京都大學人文科學研究所)が
詳しいそうです。……作者死亡のため、入手困難ですが。

348 :名無しのやる夫だお:2010/04/24(土) 12:43:50 ID:P1JihZOI
平民はぱんつはけないと聞いて
こんなエロゲー思い出したw





                                ぱ
                    __      ぱ  l  ♪
      ぱ              , ィ'" : : : : : : `丶、   ん. │
  け  ん.    r-、   /.::///:/:∧.:.:j| .:.:.:.:.:ヽ  つ  ん
   ん   つ   /て )  ///.:l//:/://∨| .:j.:.:.:.:.ハ     つ
.   こ      ( _ノ  フ /:;'::|l>ト' l/ 「じ丁!/:|:::::::::!:|
    |     ゝ、 〈 レ!:j::「|じ|   ゝー''│::|:::::::::!:|
   ほ    / ハ Ⅵ:|::|:! ゙ー'    xx |::::l:::::l::j::|
 ♪  l    /〃 ヘ ヽ|:八xx.   l>  ,': /:::/:/:;'
    |   i !   \ !:!:::|>:‐ -┐ r:/::/:::/:/:/
        丶丶   _ >'´ ̄`ー'  `'ー<:_:/
            ゝ'´- 、_  y-、       \
          〈      ̄  う   ゚ y-、  ヽ
              `ー― ¬、__ノ     /  >  /
                 /      r'^ヽ'´ _/
                 ,′ ::   `く__ノ´
               f^i^^i^^i^^i^^iヘ
               {   -=彡  _}
               ト 、_  __/⌒l
               |   丁 l    l
               |   │ │   |
                   l    |  .l   l
                !  │  !   :|
                |  │ │  :|
                |  │  .l    |
                !   l  │  :|
               /  ,′  .l    !
            rzー'´   {    ,′   }
             ゞと..-ー‐'   /   _j
                      ‘ '‐ー'

管理註釈:某画像板より引用
[呂后死姦一考]

>「後漢書」に赤眉の軍勢が漢王家の陵墓を荒らして安置されてた呂后の遺体を汚したって記述がある
およそ200年前の遺体とやるとか大河ロマンだな

本当にやったのか
BUKKAKEだけで済ませたのか

>およそ200年前の遺体とやるとか大河ロマンだな
屍蝋化してたんじゃね?

*リアルの屍蝋は結構形が崩れてるので、画像検索の際は注意。

>あの時代でそんな保存できるとは思えないが
ロザリア・ロンバルドたんみたいなロストテクノロジーがあったのかも


[赤眉の呂后の屍陵辱は劉章の無念を晴らす儀式?]
管理註釈:【曹操覇業の功臣】荀について語る板から引用

城陽景王(劉章)信仰は新末の反乱集団の赤眉軍に利用されたこともあるし、
政府の側としては厳しく取り締まろうとするのも当然だろうね。
*『三国志』武帝紀注引『魏書』にある逸話。

城陽景王の最期は呂氏誅滅の功労者で大国に封じられることが確実視さりながら、
文帝と帝位を争った斉王の弟だったことから冷遇され、小国の王に追いやられて
不遇の死を遂げたんだが。

う~ん確かに劉章の死は悲劇的な最期とはまでは言えないかも…不満を抱いた
ままの死であったのは確かだと思うけど。


     / : : : : : : : : : : :/: : :| : : : : : : :/.::   | :| |: :|::         |: : : : : : : : : : : :l
.     / : : : : : : : : : : :/: : : :| : : l : : :/.::  │:| |: :|::        |: : :| : : : : : : : : l
    /: : :/ : : : : : : : /: : : : :| : : i : :/.::     ! :| |: :|::       |: : :| : : : : : : : : l
.    /: : ,イ : : : : : : : / : : :/: :| :._⊥/-─‐   ! :l .|: :| ──- ..   |:|: :l!: : :l : : : : : |
   /: :/ │: : : : l : : !: : : :|:,.イ´.: l/.::::::::::  /:/  |: :|:::::::::::::... `メ |: :|!: : :l : : : : : |
  ,' : ,′ | : : : : l : : |: : :.イ:/|: : :/-─<  /:/  |: :| >─‐--、`下y'| : : l: : : : : :|
  │: |  | : : : : | : : |: : : :|:.:_,.ィ≠≦三ミ /'"   |: :l  彡三≧ェx |/ ヽ: : :l : : : : :|!
  │: |  | : : : : | : :│: : :l,イィ'::l|li|l|li|!:|      | /   |::l|il||i|li:ヾ;、 | : : :| : : : : i:!
  │: l  l: :/: : :| : : l : : 〃 {:::::l|l|l|l|l|::|        j,′   |::l|l|l|l|l|::::}ヽゝ : : :l : : : :,ハ
  |: :,′ ∨: : : :l : : l : : : l: .∨:!!|l|ll!!::|             |:::!l!|l|l!!::/ /} : : /: : : :/ : :l
  |: ′  ∧ : : : |∨ l: : : :|: :',∨:::::::::::j_           {::::::::::::::/ // : :/| : : :/ :| : l
  i,′  / ヽ : : | ∨ : : : |!.:ハ>=≦三三       三≧==<. //: : /: | : :/ : :| : |
    /   | \| : ∨ : : ハ : :{三三三三    三:.  三三三三ムイ: : :| :/ : : :| : |
         | : |: : : :|\: {\乂三三三    i!三三三三三三三/ :| : : :|/ : : : :| : |
         | : |: : : :| : :ヽ\  ̄        _Ξ三三三三三,/| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :|` |lヽ、        ´ ̄` 三三三三:,イ: :| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :| : |l |: |li:..、      三三三三才il| :l : :| : |: : : : | : : : :| : |


「劉秀の祖先。景帝の血族には変態が多い]

武帝の時代に娘を烏孫王に差し出した江都王、劉建
悲劇の父ちゃんかと思いきやその前に近親相姦、サディズム、獣姦、
黒呪術と何でもありで謀反して死亡。

劉秀のロリコン趣味ぐらいまだマトモに思える。

三国志の劉備の祖先、劉勝も同じ血族で、孫も含めて120人以上の子孫を
儲けるほど好色。墓から現存する最古の角先生も出土されてる。

356 :名無しのやる夫だお:2010/04/26(月) 18:43:25 ID:iAkpfL2Y
○スラング
『大漢和』『臨御』『九法』『玄女経』『医心法』『洞玄子』
『天地陰陽交歓大楽賦』『痴婆子』より。
言葉の発祥年代は不明。

接吻・・・呂
性交・・・中
3P・・・串
肉体関係・・・性伴侶、有男女関係、超友誼関係
男性器・・・宝貝、鶏巴、老二、小弟弟
勃起したあそこ(硬起来了)・・・十二点半「十二時半」の意味
なえたあそこ(硬不起来)・・・六点半「六時半」の意味
自慰・・・打飛机、打炮
お尻・・・明月、花枝、玉樹
*)女性との肛門性交も儒教ではタブーに非ず。口内射精のみ描写が
少ないのでタブーっぽい。規準がよく分からない)
女性器・・・玉門(ギョクモン)、小妹妹
割れ目・・・深谷(シンコク)、幽谷(ユウコク)
膣粘滑液・・・幽泉(ユウセン)
生理・・・丹砂(ダンシャ)、月事、好朋友
クリトリス・・・赤珠(セキシュ)
膣・・・辟雍(ヘキヨウ)
*)周時代の天子の大学の名前、辟廱(ヘキヨウ)におなじで、
廱(ヨウ)が沢を意味し、学校の周囲を
水沢のたまのように円くとりかこむから名づけている。

管理註釈:この辺の情報はやや眉唾な気がしなくもない。
野合=野外プレイ    
女徳=女の魅力
魄=生命力
魂=精神力

       /  /  / , /! , li     !l !  ll l l   `!  `、`i:::::::/
       ,'.   ,'  l! l.l l l l|       |l l.  |l l |   |    l. l::::,'
! -┼   .l   l   !l | ! | l _」.    -l-lL._,!l | !   .!    ! |:::!
l ,-┼-   !   !   l」.H T「 l !    .,'!Hl. /「 7‐ト、 ,'    l  !:;!
ヽ`ー' _⊥-.l   `、´l l ,l,-H‐トヽ   /,'ナ/ ̄i..7.V.l  /     |  「
    (_|フ`)   ヘ !∧l  ,!::ヽ、ヽ/〃'l _..ノ::::::l 〉、/!  .   ト  `、
       l l   トヽ|{ ト-:':;;;:::| `  ´  「::::::::;;;:::|/j |  ,!  i `、、.!
        `!   li`、  ゝ''"。ノ  、   ゝ'''"o.ノ   ! ,' l/  !!. |
! -┼     ヽ. ! N i ::::  ̄   ,-─-、   ̄ :::::: ,' / /. l!  |l l
l ,-┼-   ∧`、`、 ゝ、    {    l      ..イ / /⊥|!  !| !
ヽ`ー' _⊥-  ! lヽ ヽヽN`>- ..__ゝ_..ノ.. -‐ 7´ / , ' / _  \〃 ,'
    (_|フ`). ヽヽ.\ヽくヽ、 ,'     ゝ~'"´/, '/ ゝ-、`.  `、/


管理註釈:以下ヤフー知恵袋などから引用。

■後宮の官位

后妃制度は周王朝より始まり、後の王朝も基本的に周制を倣ったとされます。
これに沿って、妃集めをした王莽が普通。なのに淫蕩扱い。
ほぼ三人に収めた劉秀が有る意味特殊。

皇帝の親族である
・大長公主(皇帝の父の姉妹)
・長公主(皇帝の姉妹)
・普通の公主(皇帝の娘)
は女官の位について家庭の序列を重んじる中国では、
皇帝の妃よりも基本的には上。

[周制](王莽が行なったと思われる)


三夫人
九嬪(ひん)
二十七世婦
八十一御妻


[西漢時]

皇后
昭儀
婕
ケイ娥
傛華
美人
八子
充依
七子
良人
長使
少使
五官
順常
無涓

[東漢時](劉秀が行なったと思われる)

皇后
貴人
美人
宮人
采女
 
*女史
性の書記。周の時代には王后の礼事を司ったとされています。
漢代以後は、後宮の記録を司りました。

俸禄などの詳細については不夜城帝国さまの地方官制・その他を参照に。(リンク先ページ一番下)

           ∧_∧
            ( ´∀` ) ~♪
      パンパン /  _ノ⌒⌒⌒`~、_
       ε( ̄⊂人 //⌒   ノ  ヽ)
       ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃


[夜伽の作法]

周では、女性たちを公平に扱う制度も整えられたとされます。
当時は何をするにも、天体や陰陽、暦数などを当てはめるのが常でしたので、
王が后たちと寝所を共にするのも、月の満ち欠けで決められていたそうです。

月は15日で満ちて、15日で欠けるところから、
1月を前半15日、後半15日に分け、
前半は低位から高位、後半はその逆の高位から低位へ、
という順番が決められたといいます。

しかし、后の下に120人いるわけで、
具体的にいうと、
1~9日は御妻9人ずつ。
10~12日は世婦9人ずつ。
13日は9嬪、14日は3夫人、15日は后。
16日からは、后から始まって、22~30日の御妻9人ずつに戻りました。

1ヶ月に、后、3夫人、9嬪が2夜、
世婦が6夜、御妻が18夜という計算になります。
月の内26日間は、一晩で9人の相手をすることになりますから、
いくら世継ぎを得るためとはいえ、これでは王の身体が持ちません。
今夜はこれで打ち止め、というのもあったでしょう。
その激務が、短命な王が多い原因の一つかと思われます。

例えば、病気であったり、生理など体調の悪い者も出てくるでしょう。
恐らく、回数の多い御妻や世婦の同じ序列同士の融通はあったとは思いますが、
世継ぎでなくとも、男子を産めば地位の逆転は確実でしょう。
そういう面では、女性は王より何倍も必死だったのです。

そういう順番の管理や、記録をするために「女史」が生まれました。
彼女たちは、その順番を管理して、
金銀銅の指輪をはめさせて、
今晩の夜伽は「A氏」、明日は「B氏」と、一目瞭然にしたそうです。
寝所での毎晩の言動をも記録して、その後の順序の参考にしたといわれます。

ちなみに、
当時、生理になってお勤めができない女性は、
そのしるしとして、頬に紅で丸をつけたそうですが、
この赤い印は「的」と呼ばれ、女史はそれを見て順番から外したそうです。
しかし、これが美しいということもあり、また、
他の后に体調を知られて、自分の立場が不利になるとの理由により、
後に生理に関係なく付けるようになり、
これが現在の頬紅のルーツになったとされます。


            ,.   '  ̄ ̄ `  、          / ー-、 ,-ァ-、
.          ,  ´           ` .、       /  ヽ__ V  ノ
.         /                ト、 ry^yvヘ_ !
     /                   <, へ{ }/ヽノ .|  | ̄ ̄| |  |  ̄ ̄| ー  |
.     /             )      _{::〃::Y:ヾ::) |  |__|   ノ .__| __ノ
    /     ☆⌒ヽ  ,人_ / ̄   \_;;ノ::/   |
.   /   ./ {::::::::::(;;;;)(;;;;) _, -‐┬―-Yノ   |  ヽノヽヽ 土   .Xナヽ     //
  〈   .{  ヽ:::::::::} ,.イ : .:.:.|    |.:.:.:.:.:.ハ    \ (_,  !__ノ V ノ え ~・・
  /⌒Y ヽ⌒ `┬-'.:.:.:.:.i:.:.:.:.|  ⌒レ!.:.}:.:.}リ       \__   ________/
  (  r'入__入__.ノ.:.:.:.,:イ木.:.:.:!   ,.z_|./ :.ノ'   / )      //
  \   ノ/i.ハ .:..イi.i.|' リ \!   fュ:トリi爪     / .ム_   /'
    `ー ' |.:.:.:!.:.ハ:.:.{:トト!   ._   巡} !.i:.:\r、 i { /^ヽ
         |.:.:.:!.:.Y'ヾゝ /⌒  __' ::: }.:ヽ.:.:ハ \.` |_/_ノ}     __/\_
        |.:./:.:.:乂マ  :::::::  { :ノ /!.\:.:.:.ハ      ノ!       \    /
       !/.:.:.:.:../`爪^>‐ュ-`,-イ.:.:ィ\.:.\:.:.\  / 〉      |, へ、|
.        /:/.:.:.::ハ:.:.:.:.:\:` 、ヘ:┴┴' \. \.:.:\~○'___, イ
       /:/.:.:.:.:.{:/⌒>\.:.:.ヘ___o_≫. \ ))):.:}  |   |
.     ,' ,':.:.:..:.:.:.{   \^ )ハ.:.ハ=======、\ 川/|   |       ∧_
.      ! i.:.:.:.:.:.:.:/       Y リリjハ (::゚::)  》 V /!   |     <  <
     乂 .:..:.:.:/       んハ⌒《     /⌒)  {    |       V ̄
.         ` ミ〈 ト、.       〉( ̄ `ヽヘ^V  〈\____ ノ
            `メ、○´ ̄ ` i' . \ (冫} }`  )、
          ○ }イ´  ̄ i_ノイ´   〉  ,ノ⌒`ヽ'  \ ___


[秦末期からのミイラ馬王堆(まおうたい)から発掘された合陰陽]
男女の性生活を詳細に研究した専門書で、その内容は性交前から性交
の終わりまでの全過程に於ける、男女の表情・反映・姿式・動作の
協調と配合などの諸方面にまで及んでいる。

愛撫=戯道(ぎどう)
性交前に女性が示す数々の興奮の兆候を五征(ごせい)。
性交中に女性が発する喘ぎを五音
性交中の各種動作を十動。
各種の体位(虎・蝉・兎などを模倣した形態)を十節。
男性の陰茎を女性の膣内に出入する時の快慢・深浅・疏密・方位などを十修
男性は相手の女性の挙動を観察し、その状態によって随時調節する訓練課程を八動。
最後に、性交の終わりの時を高潮(エクスタシー)という。

五欲(色欲、声欲、味欲、香欲、触欲)の徴兆
:女の顔が火照ったら口づけ、乳頭が堅くなり鼻が汗ばんだらゆっくり抱く。
女の舌が軽やかでなめらかになったら身体をすりあわせる。
股が湿ってきたら始める。
喉が渇き唾を飲み込むようになったらゆっくりと女の体を揺する。

中国最古の「性交大全」

第五十四章「性欲」の回で語られた、張衡(地震計の人)の
同声歌に図を枕元に並べ~というのはこのような内容だったのでは。
(接して漏らさずの)留保性交のルーツはインド方面とか。


                _.....-......._
       , -‐- 、 ,.-.:'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ヽ、
     /   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ r‐t_, -─- 、
    /    /:.:.:.:.:/:.;.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:y /   ,r‐-、 ヽ
   . i    /:.:i:.:.:/.:.:l:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.ヽ:.:.:7 〉  !:::r‐_'  i
   i   /:.:.:!:.:.i:.:.:ハェ!:.:.:.:.i:.i::-=-:、i:.:.:.:.:ヽ:.ヽ k  ヽ:::V.iiフ .!
   ヽ  l:.:.:.l:.:.:l:,彳 i:.i!:.:.:.:.i:.:i:.:.:.:.:.:.iヽ、:.:.:i:.:,オ !   ヽ/  ./
     \i:.:.:i!:.:.:i:.:.i ィ=ミi:.:.:.:i:.:i..,r==z、:.:.:.:.l:.ヽ ヽ     ノ
      l:.:ハ:.:.:.:! i| f:::::::i  ̄ ` i::::::::::iヽ_:.:.i:__.Lにr-‐ ´
       / i. ーt- ! ゞ:ソ ,   .ゞ:::;ソ ' 〉´ i/ l   i
      / i   ヽ_.i 〃  r‐‐、 〃    ‐' 丿 l  i
    /  i  「 ヽ ヽ   ヽ__ノ   , ャー-‐.´  .l  .i
   /  i   .|  l r 、`  、 ___ -‐f_´ヾi       l   i
  /\ i_ ,!_ .l_! l   r<゙r‐'"´ : |        l   i
 <.<>/ /n./K _ `i  Lr‐'"´i!i _,. :- '´\       iヽ、  |゙、
  ヽ/ / /{ -、〉' .ノ: :_,Θ=': : : : : ,r==ヽ     / ,、 i ! ゙!
    ´ ̄ .ヽー'  /rΘ´: : : : : : : 〃   〉   / '‐' | l  !
       /  ,イ/: : : : : : : : : :f/   ./     `ヽ/  ヽ|
       /  / |: : : : : : : : : : /    /


[美の基準]

中国の美の基準は、年代によって変化しています。
細くスレンダーな趙飛燕(前漢)グラマラスな合徳(超飛燕の妹)、
福よかな楊貴妃(唐)などが有名です。

そういう美女に共通してあった条件は、

①髪は漆のように黒く、量はは雲のように多いこと。
長くて光沢があり、よい香りがすること。
鬢(びん)は蝉の羽のように薄い鬢が良い。
この髪型は魏の文帝の時代の宮女が発明し、後世に伝わったといわれます。

②髷は雲や霧のように高く結い上げるのが良い。
楊貴妃を詠んだ「長恨歌」に、雲鬢(ふんわりした鬢の毛)とあります。
新興まげ、馬から落ちて傾いた形とされる堕馬まげ、
蛇の化身がトグロをまいて教えたとされる霊蛇まげ、
など時代によって流行があったとされます。

③眉はそり落として眉墨で描く。
蛾の触角のように細長く「蛾眉」、繊細に曲げて「愁眉」描く。

④目は大きくて黒いこと。流し目は最大の武器で、
「美女は眉目の間にあり」といわれました。

⑤唇は血のように赤く、歯は陶器のように白い。

⑥指は白魚のように美しく、尖っていて細くて長いのが理想。
「玉指」「繊指」とも言われました。
腕は白く滑らかで凝脂のよう。柔らかく肉付きが良いこと。
楊貴妃の「温泉水滑らかにして凝脂にそそぐ」は有名です。

⑦腰は細くてしなやか、肌は雪のように白いこと。
楊貴妃は牡丹や桜にたとえられ、趙飛燕は楊柳にたとえられました。

⑧足は纏足した小さな足で、それに合わせた小さな靴下を履く。
纏足の流行は南唐以降。漢代にはなし。

⑨白粉をつけ、紅を差していますが、目の下の白粉だけ薄く拭って、
泣いた跡のような化粧法(テイジョ)が流行りました。

⑩星のような笑窪と、鴉黄(あき)という化粧粉を、
眉間から額にかけて黄色に塗る。

⑪肌は香気があって、薫りが自然に発生していること。
西施は肌が薫りに満ちていて、
彼女が沐浴した後の水は、香水泉と呼ばれて、
人々は争ってその水をもらい、部屋に撒いたといいます。

⑫身体の重みに堪えかねて、
腰をくねらせて歩く「折腰歩(せつようほ)」

⑬虫歯の痛みに堪えられないといった風情で、
引き攣った笑い方「ウ歯笑(うししょう)」

あくまで理想ではありますが、
このような条件を満たした美女を、
時の権力者は求めたようですね。

__人_)     (     /:::::j./:::::::::::i:::| \:::::::::::::::::::::::::::::::\ .|  ノ
         い  (.    ,'::::/:::/:::::::;>.、!:::!  ヽ::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ!、  `ヽ.. 粗  そ
 す  . 誰  っ  (.    i:::,'::::,':::::::,'iイ::|!\|! u |∨.::.:.:.:|i:.:.:!::::::::〉、::ヘ  ノ  末  ん
 る  . が  た  (   |::i:::::i::::::::i:::|∨ィ≠ミ、  ! .〉、:::::!i::::|::::::/:::::::>ヘ ヽ  な  .な
. っ  満  い  (   |::i:::::i::::::::i:::|〃r=ァ。 .ヾ' ノ ノ }xィ'}´i:l::〃:::/:::::::〉 .}  も
 て  . 足     (.  ヽ !::!::::i::::::::i:::i{ 、i!::!::j!      ´,,.。`V从:::/::::::::::/ ノ  の
 言            \` i::i.:.::i.:.:::::i.:从  ̄:::::::::  ,  {::i:j! }}彡'≦三彡'  ). で
. う     { ̄ ̄`i、´ ノ`ヽ:.!:.:.:::i:::i| ヽ  ,'⌒ー==ァ::`ヾ"∧:::::.:ヽ     )
 ん   __   )、   ヘ .ニ!   {:.i:.:.::::!:::!   {::::::/⌒ヽ. u /::∧::::::.:.:.、   /
 で   / `,:'ー‐ー‐:'´:::::::`ヽト-ィi:.:|:::|、r'⌒`/,   | .イ::::::::∧::ハ::::}    ̄)/´`ヽ
 す  .i  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽハ:j〃´!   ! ゝ 、)ノイ:::l::::::::::::i:リ、i::ノ  
 か   `)!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>´i   .|  .jゝ--''´{::!::::!i:::>''´ ̄ ̄ ̄ ̄`>
. !!  ノ }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i  ヽ  !  ハ   ヽ<´           (ヽ.
   く ー!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! \ ヽミ、_,.-―‐‐'  }´ ̄(`ヽー‐--   }く
    ヽ i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ヾミ二(___,     ./ `ヽ、〉 .|      /K´
⌒⌒´ ノ-}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  fj }r――''´>―'     ヽ. jト、.   /   .\
     \ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::!./-‐‐-.、___ノ           ヾト、二>      ヽ
      〈  `≠‐‐、:::::::::::::::::::::::::::::::/ : ; : .              丶          )
         ヽ._ノ´)ノ ヽ::::::::::::::::::::::::( ∨/ : : : .              }   /     ,'
           `ー‐ヾ:::::::::::::::/ `` ヾ : : : : :            ノ'´ /      .人
               `ー∨     ヽ: : : :/ /  ==‐-イイ/:: : : : .: ::/::::::\

[当時の精力剤]

「慎恤膠(しんじゅつこう)」・・・性小説『朝陽趣史』に登場する
精力剤。
成分不明。漢の成帝が趙飛燕と趙合徳という姉妹と3P
する時使用。後継ぎ問題の焦りから、薬を使いすぎた趙合徳
によって漢の成帝は精液が止まらなくなり腹上死しましたとさ。

「西施受寵丹(せいしじゅちょうたん)」・・・成分は丁香、附子、
良姜、宮桂、蛤虫介、白礬、山朱油、硫黄。硫黄が体に悪そう
です。同名の精力剤が現代もあるようですが。

「五味子(ごみし・チョウセンゴミシの実)」・・・酸味・甘味・塩味・辛味・苦味、
その全ての味を持ち合わせていることから五味子と言われ、副作用なく
滋養強壮に役立ちます。

「茱萸(しゅゆ・ヤマグミの実)」・・・強精薬、止血、解熱作用があります。

「蛇床子(じゃしょうし・オガセリの実)」・・・補陽・止痒・殺虫の効能があり、
陰部湿疹・外陰部ソウ痒症・湿疹・インポテンツ・不妊症などに用いられています。

「海馬(タツノオトシゴ)」・・・タンパク質、脂肪、多種のアミノ酸を含んでおり、
男性ホルモン作用があるといわれ、シモ関係の病気の治療にも用いられることが
あります。



           , , -=-、、
        〃fj '´ ̄ `ヽ
.       ; i  ノノ))ノ))ヽ〉      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       く. l | l (l_[ l]. ||         |
          ` ' リゝ" lフ/リ     <結婚相手、年収500万円以上が妥協点
       ,'    /´ ヽ. j       |
        ん~'^r'~^jヘj〉         \_____
        __   /^/ 〉 l
     ,r'⌒ヽ)、/ /.卯f='!ヽ.__
   く(  ノ ))フノく/l_j ノ|ヽ. (
   ∠ゝ-'ノゝ //!| / l|i ``゙
         / ./ | ,' l.l
           /    l   l l
.         /   i  i   | |
        / ,  l  | | | |
       ヽ /  .|  ! l | |
         〈   l l| .|_」 !
.        `ー-L.リ‐' '´


[婚姻]

冠婚葬祭に関してはおおよそ「礼記」の内容に添ったものと思います。
周時代から漢時代にかけての風習を、隋時代にまとめたという
のが「礼記」の成り立ちですので、厳密に守られてた
かは微妙なところですが。

よって庶民に関してはかなり簡略されてたと思われます。概要は以下に。

婚姻には六種類の儀式(六礼)がある。

「納采」
媒酌酌人が結婚の意志を女性の家に伝え、その承諾を得る儀式。
女性に鳥の雁を贈る(地方によっては不用)。

「問名」
男の家が書を備え、使者を遣わして生母の姓名を問う儀式。

「納吉」
男性側が祖先を祭る廟で占いをして、吉となれば、使いの者が
女性の家に知らせ、結婚を決める礼。戒指(ゆびわ)、首飾、
彩綢(さいちゅう・飾りのれん)、禮餅、禮香、禮燭、また羊や豚を贈る。

「納徴」‥男の家から女の家への結納の贈り物(お金、絹)を送り、
婚約成立の証しとする儀礼。

「請期」‥男の家の者が女の家へ行って求婚の期日を乞うこと
「親迎」‥婿がみずから花嫁の家へ行って嫁を迎えてくること

納采は省略することはできない。15~6歳で輿入れするのが
一般的で、20歳では遅かった。

漢代の婚姻は本人の意思を重んじる。
「呂思勉」より

管理註釈:
現代ほど自由恋愛だったとは思えませんが、儒教的な
縛りがどれだけの効果があったか分からないので、
現代よりやや厳しい程度に考えた方がいいのかな?

・夫婦別姓。結婚しても姓は変わらず。
・同姓での結婚は、禁忌。同姓=遠縁と考えられていたため。

[庶民風俗]
春秋戦国時代から存在
女閭(にょりょ・管仲が設置した国営売春宿。売り上げは国庫に当てる)
妓院(ぎいん・民間の売春宿)

前漢時代から存在
角先生(かくせんせい・張り型、ディオルド)



   r、―― -、  ´ ̄ ̄ `丶 -――ァ
  { \:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::\:.:./}
   ヽ Z∨:::/::::::::::/::::::::::::ヽ:::::::::∨Z/    
 ::   >、Z| :::|:::|:i:::::{::::::::: }::::i:| :::::: |Z/
 :   /::::::/| :::|:┼V八:::::::ナV┼::|::::|::\  
   /:::::/ |:: 八|T::::T\/T::::T|:/:::ハ:::::::ヽ
  /::::: ′ ∨{:::i代cリ  弋cリイ:::/ハ ::::::'.  
  i::::::::|:   ヽ:人っ   、  っ'::::/   i ::::: |
  | ::::::|     \{>zr-rz<}/ :  |::::::::|
  | ::::::|     〈 ((ィ介)) 〉     :|::::::::|
  | ::::::|:      ト、 l」∨} /      |::::::::|
  ';::::八       |∧ ∨ /|    /:::::::/
  \:::::ヽ     j___ヽ⊥厶}、   /イ::::/
    \{ \  /rイ⌒)(⌒ト、\  //
         `‐┴ '´ ` ┴'‐┘

■民間伝承

「娘娘祭(にゃんにゃんまつり)」
正確には「娘娘廟会(にゃんにゃんびょうえ)」といい。
幽州、遼東郡の大石橋(だいせっきょう)の南一里ばかりの所に、
迷鎮山(めいちんざん)という山がある。
樹の一本も生えていない岩山ではあるが、この山の中腹に福寿・治眼・授児をつかさどる
三女神(眼光娘娘、子孫娘娘、他)が祀られ。毎年旧暦の4月16・17・17の3日間に
祭りが行われます。
由来は人間の姿をした三女神の旅を助けた若者が迷鎮山に向かって昇天していった
彼女たちを見たという伝承(年代不詳)から。
(高等日本語読本より)


、_    
  ~) ヽ       __
  / / ト 、 ト、__  ~゙゙ソ
 ( i、_ノノ`  | i"~ ー=、 `ニ= 
  `ー'" ( =_ハ`>   )ノ
            ゝ'
      ,、,,..._
     ノ ・ ヽ 
    / :::::   i 
   / :::::   ゙、
   ,i ::::::     `ー-、
   | ::::          i
   ! :::::..        ノ
   `ー――――― '"

西域の勒卒国から武帝に、男女の想いを繋げる鳥(細鳥)が献上された。「洞冥記」


             _/ :: :: :: ,、:: :: :: :: へ :: :: :: \
              / :: :: :: :::/:: :: :: :: :: :: ::ヽ:: :: :: .. ヽ
           / :: :: :: :: :: :: :: :: :l:: :l: :: :l:: ::l.. ..l:: :.. ヘ
          l :: :: :: i.. .lミ、, ヘ:....:|.. .!.. ...l.. .. !.. .l.. .. ..:l
           l l.. .. ...! l    l |l |  | | .l .|::   !
            l !l   | |     !..|_!_|l_ ! .| ! |::l   !
            |l !.. .. l_⊥    l´| ! |!. .`ハj ノ.. .|、|.. .. :|
     / `ヽ ⊥,-nn´l::|_    リr┴-rト |   | }!:: :: :!
  ___∠ --、/f ノ ノ,ノ_jーく{::::l!     l:::::::j!_ |.. .. ..|´|:: :: :|
' ´.. .. .. ../:. :`'⌒´ : :. : `゙ヽ、,   ` ̄´ .!.. :: ::|へ:: :: |
.. .. .. /:. : :. :. : :. :. : :. :. :ヽ __,  _ イ:: :: :::!  ',::::|
.. .. ::/ . ::. : :. :. : :. : : . :l l . : ヘ ァ´ /!:: :: :::l   ヽ|、
..:: .: .l . :. . l : ::. : ::| . : : . .!l l. . : } '__//:/:: :: l ===ヽ
',:: :.:.l  . . :| . : .|.. |. :l! . . : :. | !l l. : ノ=≠l::l!:: :: :l- ―   ̄ヽ}
::ヽ:. !  . .:|.|:.: |!..:|l.. l' , . . :. :l l!_/ |  /´l::!|:: :: :l /´ ̄   :l
:. :.`|  .: . : !|! |l.. !,l-l‐ヽ: . :ノ'´j!l :| ./ l:::!|:: :: :!/       !
\/!. . . : !. . l!.l: | X! ヽ! . `' 、_ノ |  |/  l::! !:: :/        }
  リ乂 |ヽ : :. ! -ー‐'  , ./   ̄l   |:| |_/          l
    乂 !´ヽ、: :.ト __ ー イ l   l , -ァ´フア           ,イ
     /ヽ  >、 \ 「「| | l  :|f ´ /          /:::|
     / _ --、__==,__l_!_!_j____L__/            /:::::|
   / / -‐    ̄ l             ̄~`ヽ      /:: :::|
   i /, - '´    .|                      /:: :: :|
  l'/-r‐ '´     !                     ,イ:: :: :: !
  l/ {  ̄ ̄´ ー ァ'                    / |:: :: :: :|

「盲妹(マンメイ)」とは女性の両目をつぶし、何も見えなくして娼婦として働かす。見えなければ
客の選り好みもせず。綺麗な宝飾品や服を欲しがらない・・・使う側からは
良い事ずくめ・・・(年代不詳)


       (  _,, -''"      ',             __.__       ____
   わ   ( l         ',____,、     (:::} l l l ,}       /      \
   は   ( .',         ト───‐'     l::l ̄ ̄l      l        │
   │   (  .',         |             l::|二二l      |  わ こ  .|
       ( /ィ         h        _,;'┴─-┴ニヽ.、   |  は や │
⌒⌒⌒ヽ(⌒ヽ/ ',         l.l       /レ'´       `ヽ、  |  │ つ │
        ̄   ',       fllJ.      //● / , ,、 ヽ ヽヽ ト、 |   ! め │
            ヾ     ル'ノ |ll     /7O j_ノ_/ハHl、_j l lN l       |
             〉vw'レハノ   l.lll    〈7イ ´|/l/   `ヘノ} jrく)jヽ  ____/
             l_,,, =====、_ !'lll   r‐ヶハl  c⌒r─ォ⌒c,ハヽ〉   )ノ
          _,,ノ※※※※※`ー,,,   Y//,ハ>、j>l、_ノ.イレ1l レ′
       -‐'"´ ヽ※※※※※_,, -''"`''ー-、\l l//` ` ̄´ j l レ'
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       `''ー-、′r。~。ヽ レ'´


「桃娘(タオニャン)」
秦の時代から伝わる、とある方面で珍重されてきた女の子の名称。

まず生まれたての女の赤ちゃんを桃しか食べさせずに育てます。するとその肌から
この世のものとは思えないほど甘い香りが漂い、その尿は不老長寿の妙薬ともいえる、
芳醇なスープと化します。

妙薬の精製には彼女たちの処女性も大切のため、部屋から出さないように管理し。
出る汗や尿などを舐めたり、飲用します。

彼女たちは当然ですが長生きなどできるわけがなく、8才頃には糖尿病により
体に不調をきたしはじめ、最後は合併症で失明し
身体も動かなくなり、10才にもなると多臓器不全で死んでしまいます。

そこで桃娘が8つになると「二脚羊」つまり食用人間とします。この肉もまた
至極の美味だそうです・・。

出荷の際に味をチェックされ、甲、乙、丙の焼印まで押されるらしい。
価格は6千~6万銭(日本円にして100~1000万円)

陰門陣
数十、百人の女が陣頭に立ち下半身を露出させて攻撃を抑える中国の珍戦術。
女性器は男性の戦いの霊的エネルギーを吸収する呪力を持つと考えられていた。
実際使用されたのは明、清。とはいえ考え自体は陰陽思想のあれだよなあ…。
「三岡識略」著:董含撰


                     __
           |\ ∧ ∧ /   `i
         /|ノ  `´ `´ `vi     |       ___
        l     __    ヽ    |      /    \
       </ ̄ ̄ l水l ̄ ̄\/    |     / お そ  |
        | , --、    ,--、 |   ヽ |    /  い れ  |
        | lへ ヽ  / .へl .|    ヽ|  <   な. は  |
        | |  \|  |/   | .|     |   |   .り.    |
        | |ヽ二>|廾|<二ノ.| .|     |   |    さ .私  |
        ヽヽ.  '|   |   / ∧    |   |    ん の /
         \`ー'  ::::`ー''/ ヽ   |    \  だ  /
    ,, -‐'' ̄''▽\   ::  /||::  ヽ  |l     \_/
 ,, -‐''., ― 、  ヾ, `ー― '  ||:   |::::::〈::l
. r‐厂(~.二.~)、  ヾ \ /.  ||:   |:::::::::V
「| |  |`ーイ  ヽ   ||      ||    |::   |
| | |  ヽ  X   〉::.. ||  ::: ||    |::    |
ヽヽヽ  ン   /::: :::||  : ||  .....ii::   /
   ̄(()_|/!!:  :::||.  ||   ..::::::  /

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/17-790a6487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。