制作秘話?

ここでは、「制作秘話?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
73 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 20:05:42 ID:Joo0Vd8E0

最初の資料は、史書と『続・中国任侠伝』『小説 十八史略 3』からで
馬援、祭肜、班超その他をスレで扱うというのが始まりでしたが、
話の進行の上で徐々に資料が増えていきましたね。

馬援までは、中央のやる夫の行動は光武帝スレ様で語られてたので、ほぼ本人を
追うだけで済みましたが



                            z‐====‐-
                          彡=-‐ミミヽ:::::::::::::   それでも長く漢王朝に関わる
                           / /⌒ヽ::::::::::::::
                           , ミ:.、`ヽ   ヽ::::::::::   事になる異民族の視点を加え
                          ノ 、\   /.::::::::::::
                         _   ´ く::ハ ヽ  ヽ:::::::::::::::   彼らの事情や日常を
                     (  、    `       }::::::::::::::
                   _ヽ ソ        〈:::::::::::::::   出したりしたけどな。
                ::ニニ7' }L             ゙゙二ヽ::::
                 / x仁..`           )  }:::
                _≠-‐┴‐っ             、_  イ::::   そうすると向うが何故攻めて来るか、
                / -‐‐、て¨´       _ノ    _」:::::
              /  -‐ヘ. \≧=-、:::::     -‐ . :'^ヽ   なぜ友好を望んでいるかを説明し易いし。
.              l   ノ  `T   _」ニ=‐   . . : ´: /: : :
           |    }  / /;:|    /: : : :/: : : /
         _  /      /´/:;:;:;:;|   /: : : :/: : : /: : :
        /V/`〈   _ ,ノ/>ゝ;:;:;:;l /: : : : :/ : : : :/: : : : :


74 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 20:10:35 ID:Joo0Vd8E0


祭肜からは、やる夫の死後になり、明帝の動きは大まかにしか扱われてなかったので
そこから中央も補完していきました。




    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ ∵
  ∵ ::|二二二二二二二二二二二二二二|  ∵∵
 ∵∵ / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}   ∵    中央と全く無縁な武将なら
. ∵ :: /`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ   ∵
     i:::::::.i:::://      [...-}::::i-ー:::::|::::::::::|        本人だけ追えばいいが
      i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}
     {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i         祭肜は晩年から確実に関わってくるからな。
     i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}
.     {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
     i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}         また戦史ではほぼ語られない
     .{:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{
.      {:::::::::`>-ー、  _. イ::|:::::::i::::|:::::::|         治世時代の朝廷の話を >>1が
.      i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
.       i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{         やってみたかったこともある。
       i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{




  __ __ (○)   , ィニ三三ニヽ.       / / /
 / / | |     _.r' 彡,彡三三三 ミヽ     / / /
./_/  |_|     .///r ー-ー一一--vハ      / / /        ガハハハハ。
.   __.     i=彡|   - ~ー   iミ|     / / /
.   | |      |=彡|  ,、⌒´` ,~´,、!ミ|       / /
.   |_|     >v:シ__r=~=┼┼ ~Yハ     / /
          (n_|' ̄lシ".. ソl ド `゙ノ:レ       ./          他の戦線の武将も取りあげときゃあ
┌‐┐ , ヘ   .いi !  ` ー,ィ  _ ̄ :|
  ̄//   .人_!ヽ  / ^ヽ- ヘ   l         /       主役の奴がどんくらい強いバキバキチンポ野郎かの
  く/   ._λ ∧   i `ニ二ニ' !  リ入         /
       _/へヽ::::\           / r rーv 、           比較もできるしな!
     /⌒ヽ-\ヽ:: _>  ____ イ r ´ 々 ゝヽヽ 、
  /∠    |i\ ヽ:::::ヽこ!__.rヘ_/ i   : : ::::::::::/ `>.、
 / " ̄ ゙`ヽ |i \ \   ̄  ̄ /  : : :::::::::/  /   |      単純に主役に立てる程の逸話は無いが
:/       ヽ|L___,\.  ` ー‐‐‐/  : :: :::/"  /   |
                                     話に絡めると面白そうなヤツを出したかったせいもある


75 :名無しのやる夫だお:2013/03/17(日) 20:14:38 ID:uvx9mDmo0
この後の異民族との抗争は宮城谷三国志でもほとんど触れられなかったからなあ


76 :名無しのやる夫だお:2013/03/17(日) 20:17:26 ID:dYWxBNho0
このおっちゃん、あの一族とは思えないくらいいい人だったなあ…
本当に同じ血が流れてるんだろうか



77 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 20:23:03 ID:Joo0Vd8E0


ただ祭肜ルートは、陳舜臣先生の小説の創作部分を気付かずに進行した部分があって
時間軸の計算違いに、出世の段階を間違えたり、落ちの畏懦の法の解釈不足もあったりと
かなり後悔の残る内容になりましたけどね……。

それを反省して、史書との照らし合わせに、地方と中央の官位を調べ直したり。
当時の刑法を調べ直す事になりました。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;               ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;          , -ー 、,;'⌒ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         /, ,   Y´`) ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    まあ資料が殆ど無い部分だったからね……。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       ,, -,ィイ///ノノ,ィリ'   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   , -'" /////ノ!i|    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    子供時代は開き直って
;;;;;;;;;;;;;;;;; _,/,, -''"////  )i!、    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;; /"  /////////ヽ、=イ |ヾ\   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;    色々自由にアドリブしたけど。
;;;;;;;;;;;;;;;  /"////////il | | | i! ゙ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;   ' '/ト{ ! !! !i、!l-ヽヽ | | '  ,ノ /ノ ;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;  (~ト( ゙ ゙ ゙ ゙ ゙ ゙ ゙ `⌒ヽ入,__    ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;  /`ノ/`ー-、(`ハ, -‐´))_イ〉ノ‐^`   ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;.;.;.;.;.;;...`='-'   /`ノ/-一'´`ー'     ..;.;.;.;.;.;.;.;.;
;;.;.;.;.;.;.;.;;.;......   `='-'         ......;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;


78 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 20:39:59 ID:Joo0Vd8E0


班超ルートは、西域行きの動機づけが実のところ史書でハッキリしないし、

各小説の「冒険したい」「流されて」「匈奴はおぞましい悪なんだー」という動機づけが
どーもそれだと最後まで戦い抜くのには弱いかなと思い最初悩みましたが

そこで時間軸を調べて行く内に判明した莎車王・賢の大暴れっぷりから
「冒険+賢を倒して欲しいヒロインの願いで旅立つ」動機付けに決めました。

よくあるヒロイックファンタジー展開ですが、そのおかげで班超の戦う動機に一貫性を
持たせられ、最後まで動かし易くなりました。

          ,x<´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ': :、: : : :.:ヽ
        ./: : ;: :': : : : ; : : : : : : : ,': : : :;': : :.;. :、: : : : : : : : : : : : : : : :.:.卞、: : :.ヽ
        ./::;ィメ: : : : ;/: :.; ': : : : :.;': : :.,ィ: : : :i: : ヘ: : : : :.:.' ,: : : :.:' ;. : : : :.`ヾヘ: :' ,
      /::/ /: : : : ;' : : ,イ: : : . ::,': : :.,'_l: : :.:ム_: :∧_、: : : :.:ヽ: : : :.:ヽ.: : : : :.ハ ヽ:.:i   西域の董卓って役どころだから
      //  〈: : : : : i':.:.//: ::  ./l: : :.;' |: : :.l ヽ: :ハ \: : :.ハ: : : : :.ヘ: : : : :.〉  ヾ
      ソ   ヽ: : : l /: i: : : :/_.|ヘ,'_',: : :.l__ヽ ヘ_zチ\: : ',: : : : :.ハ: : :./: :`ー   同時代の砂漠戦のネタを
     , -‐二 ̄}: : : ソ: :.l: : : :/  ヽ ,i ||.ヽヽ: :|   ,,不ミ⌒ヽ\リ: :\: : :.i: : :{: : : : :
   //: ´: : :/: : : /: : :ハ: : :.|ヘミ沙''二b!辷ミヽ|  ''~l (:)  ゞ彡ー、ヽ: :|: : :.i ,::-    どんどんつぎ込んだわと。
.  / /: : : : : ../: : : ;' : : / ヘ: : |ハ `Y ̄|| ̄,〕     ',    ノ .l ム ノ_ム_!__ル.|ーく 
_ム/___」___ハソ   ヽ: lヽム ゙ー'''゙゙        ゙''ー-'゙  |-‐く、 >x, ;;リ;;;;;;゙ヽ
`ヽ. ヽ.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     γヾ!¨`i       、   __ ァ   ,ノ   Y   >x;;;;;;;;;   このスレ以外では省略されてるのが
7`、ヽ. ヽ.;;;;;;;;;;;;; ヽ.      i    ヽ、_  、__ィァ-‐¬'^メ   ,.イ      .i     `ヽ;;
ミミ゙, ゙,  ',;;;;;;;;;;;;;;;; \   ゝ.    丿j> 、 `ー-一'´,ィ'´  ゝ,、_..._yノ        ヽ   勿体ないぐらい
fミミハi   ゙,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー―ミユー'´(  -、,,` ヽ _ イ ,,ノ   ./            
fミミミ∥   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙`ヽ  `i、    マ^ー'T´  ノ      __,、‐-、____   キャラ立ってるのにね。
ヽミミ||,..._  |;;;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;、/\;; ヘ   ヽ   ヘ  〉  _j     ,x≦L;;;;;;;;;;;_;;;::: -‐


79 :名無しのやる夫だお:2013/03/17(日) 20:41:52 ID:dYWxBNho0
ある意味最強にして最凶のチートだったな、この人
のどっちとガチンコで直接対決させてみたかった


80 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 21:05:09 ID:Joo0Vd8E0


北匈奴や匈奴方面を資料の『匈奴「帝国」』で追及するきっかけになったのは
温禺犢王の交易話と、優留単于のように争いを好まない匈奴の逸話から。

ここで匈奴の階級や風習を調べておいたおかげで、この王はどのぐらい偉いとか
どういう役職か分かって後々助かりました。

            /::::::::::::::::::: -───` 、
       , - ...,イ心:::::::, '"         丶
    ー=彡  〃γ个/      /     .:!   \
    /    {{ {{::::/       /    .:::|    ゙:、
.  /         >‐/              .::::ハ  ヽ\、
─-ノ"/ / 〃 ノ:'        | ,|    .::::/  ∨   ! ',\
   /  /  {{彡'' |   |  |/|/|   /:::/ '"⌒|,ハ|i|       私の話を膨らませたのは
         / /|   |:  ィ"|⌒ //    __j  | | リ
   l // ,ィ  ! 〃|   |::  |  八 j´    行j下 |ノ/       和帝が異民族へ穏健政策をとる
   |// |/ | |八,〉   八::. |,ィf下`       V少 ノ/
   〃´ ̄ ̄ ̄\{(\   衣 ノ;少       ,,,,,  ト、       動機づけに役だったわね。
.   }==     \\_\ \\`",,,,,     `   /j!ヽ
.   〈二二フ ミ、 .::::::ヽ/\ \      --' /// }
   , -──- __>::::::ノ´{\}`⌒>- .. __/ニ"/ ,/─ 、    でないと皇太后派のイケイケ攻勢からの
.  }  ̄     \\::ノ  〉、 ̄¨¨ ''==ハ、─  /⌒ヽ !
  {二二ニュ. \\}   '  \____,人 \ ̄ ̄    ノ /     転換が、説明しにくいし。
         \::/   |    ̄ ̄ ̄`ミ辷=ミ:.、   /"
. , -‐ ,===彡"    |   ___   `ーミ、ハ      _
八 (           | ,,,〆" ̄ ̄\     ヾ } ,, xz孑"........` 、
  \ \_         Ⅴ      ∧_     Y || 圦::::::::::::::ハ
     ̄ ̄ ̄        |          \    |  廴{ 辷_''"/,ノ
                 |       /      }  リ / ノ~\乏‐}゙



          : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ
        : : : : : : : : : {: : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : :ヽ: : ヘ
         /: : : : : : : :{: :ハ: : : : ヽ: : : ヽ: : : : : : :ヽ: : ヘ : ハ
.       /: : : : : : : : |::,' ': {: : : |: : : : ',ヽ: : ヽ:',: :!: : : }7 ハ
       : : : : |: : /:/!:{  ',: !: : :',ヽ: : : ', \: :',:ヽ|: : : :}7:} }
      |: : : : |: : |/ |::|   ,!ヽ: :', \: }_,ィ_ヽ}、::| : : : |::: :|ゝ     耿一族のチートぶりと
      |: : : : {: : | ≧ミ_,{ \{ `¨Vイ:c、ヽヽ|: : |: :!::: :|\
.       /: : :!: ヘ: :', 〃r'c、`   ゛   {:i:::::ハ  |: : |: :|:::: :!     恐ろしさの餌食にされちゃったよ!
     /, イ: ト、:ト、{'{:i::i::}       弋_少  |: :,'|: :|::::: |
   〃ヽ/ |: : ヘ: :',\ 弋少       /i/ハヽ |: :,:: : }:::::|:!
   {  V |: : ::::\ヽ、/i/ハ    '        |: ,::: :,i::/!リ     特にンコ汁飲んだり、井戸掘り起こす奴なんて
   ヘ  ヽ、、: ::::::人`     __. - ≦}    イ:,!:: /|/ |′
    ゝ、  `ヽ、::l::{:> .   ゝ _ ノ   イリ!ハ://        史実とはいえ頭かかえたよ!
    ノ、 ヽー  ヒ‐-、::::::Vヽ>  . _ .  イハル′///
 //  }  } r―‐ ヽ }ヽ7 \ `ー _ イ /、
.( .〈  |  ヽ ー- __レ }`丶、    三 イ  `}ヽー-- 、
  ヽ ヽ )ヽ_ )ー´ /       /  \         / ハ


81 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 21:30:04 ID:Joo0Vd8E0


『風水の本』『儒教の本』『礼記』などで当時の宗教観を調べるきっかけに
なったのは章帝時代の辺りからですね。

やる夫と明帝の行動は、合理的に説明できても。章帝は評価と行動が
違いすぎるし、非合理的すぎるため、ここでも頭抱えました。
そこで儒教的には名君、それ以外は……という解釈で何とか話を動かせるようになりました。

儒「教」のうさんくささを章帝達に、儒「学」の道徳面を和帝に語らせるのは
色々実験的で、各所でお叱りをいただきましたが。



                             ____
                             ___//⌒
                      ____  ´     `  、
                       {/               -‐…ァ       後宮スレが産まれるきっかけに
                       '′ ⌒′ /{〃⌒    ヽ//
                      /   |八{  /}},八\      〈        なったのもこの辺だね。
                   ′ 抖=ミ{ ′抖≠ミ
                     i/{ }} いソV   いソ /  /  }   \
                     | i} }{   ′    / ′ /   ハ 〕iト \    宮廷の構造に組織としての成り立ちが
                       八/ 、ー ー一 ⌒7 ,.:′, / } !
                        }  _\     「\ __,ノ{/.  |  .      分からないと、
             -‐…‐-ミ/   \ ` T   |   }}  .′ !|   \
              / . -‐‐-ミ/     ⌒〉 |.   !  八==ミ,  |    \    クーデターに至るまでを書けないじゃないか。
             ( ( r -ミ   /   /′ V/  ノ/ /⌒ ヽ       ‐=ミ丶
              r‐-ミ`ヽ\    / ′ {{i  /         } 丶     丶′i}
             \`ヽ\} V^i,// /   {{/  / ,′     ′  \     / /
            と⌒丶     V,,/        ′      ,/ /(_____彡'′/、
          /  丶      〕ト、        {i/    V (________彡'   \
              o    \__  / |   ‐- ..,_j′    〉         }
           /   O  o   {У /       ヽ`ヽ  /         ′        }


ちなみに、後から後宮スレで勧められた『儒教 ルサンチマンの宗教』浅野裕一氏・著。を読んだら
もっと別の視点もあったんだなと。

.


82 :名無しのやる夫だお:2013/03/17(日) 21:35:45 ID:uvx9mDmo0
ルサンチマンの宗教は昔別のやる夫スレで進められていたのを読んだけど儒教と孔子の味方が変る変るw
村松瑛氏の『儒教の毒』もいい感じ


83 :名無しのやる夫だお:2013/03/17(日) 21:36:31 ID:dYWxBNho0
?「やはり愚儒は滅ぼすべきだな」


84 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 21:48:58 ID:Joo0Vd8E0


そして当初、和帝の最期までやる予定は無かったんですが、皇太后派を打倒する
結論に向けての伏線を積み重ねてる間に
主人公っぽくなってきたので昇格させ、『宦官 側近政治の構造』で宦官の生態を
追及していきました。

後宮スレで宦官の役職をまとめた回は、両方のスレで兼用するのに役だったので
調べて良かったなと。
この世に一つぐらい、いい宦官が活躍し、優しい皇帝を守る話があってもいいじゃないですか。

           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     |:|/.:〉`"″"     `  、
            ‘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,    / ''"           rr=z、      ,_z=:、
             ‘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,   /      /       |:|  `\   /   !:|
             |::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::| / /                    |:|    ヽ /    |:|
             !::::::::::!::::::::::|:::::::/:::::::::/!:::::::/|:ト::::::::::::::::::::|' /イ     !              !:|  /´ ̄`ヽ._  |:|
           ‘::::::::::!::::::::::|::::/::::///-!::::/ ||ー'::::ト:::::::::::|/  ,./ /  ,!:           ゞー/ .! !   \ー′
          ‘::::::::::!::::::::::|:/!::/ イ__ !:/  !  '::| !:::::::| ィ:/ ../ヽ/ |::   !          ./   | |       、
           ‘:::::::;:!::::::::::| ,-rt‐tz. '    テ示 !::::::|´/:/.//! ./ |:!:  ノ!     !   /. , 乂  : .:::!ヾ:、
              |::::!. !:::::::::|  |Yリノ     弋::ソ |::::::|/:/!//vz'、 |.!:../ !`ヽ|  !    l /   ヽ. :::::::::!
              !::::;、|:::::::::|  `¨´            |::::::|:/´!/ !}リ   !/  !:.. /!丶.!    l.イ  :     :::::::::、
           |:::::::::::!::::::::| .:.:.:.:.:.    ' .:.:.:.:. ノ!::::::|  l:.:..`′    r=z!/ !:../  /.::| .  :. :   |:::::!、ミ:、
              ;!:::::::::::::!::::::ト....    ー    /:::!:::::::|  ト  '      |rソ|ヽ !/   /ー、| !:...::::. ::.. ト、::!  `
          /:::::::::::::::::!::::::|r<!≧. _ , z<:::::::::!!:::::::|  |::!\ 、   :.:.ゞ'′ /./ /ノ ソ:| !::::::::!:::::..:| `
            /::::::;:-―''"ト::;:::,   ≧‐-r-‐≦ト!:!ー!::::ト::|   |:! /\ー .:.:.:.:.:.  /イ /ニ彡´|/ ヽ::::|l!ヽ::|
        /::::::/    ‘:::ト::,ー   !|  ノ, |:! /!::/. '|     ,   〉ー ― _‐/-| .///      ヽ|   '!
          /::::::/   !   〉ーヘー- 、 !|_,-―-|!/、!/ , ∧   ,! rv!|_ `V´   |///  /     '|
       ,::::::::::!.    、 〈.////////}//{/////// |. ∧ /  !///`ヽ!___ _//. /       .!、
        /:::::;:ノ     !  '////////}//{//////!  |:  ∨:.、 !////{/}////////〉   .     ..`ヽ
     /:::::〈 ー- 、  ヽ!  !//////イ!_!//////  .|:  ,- ゝ:::::!////!^}//////// \.::!   ..:::::::::::::/
      /::::::::::∨   \ ‘, '/ィ´ ̄/l/ ̄|/|` ー '  .|::r':::::::/ヽ::ー'"/!|=|.///////.   `|../::::::::::::::/
     :::::;イ::::::::ヽ  `ヽ  /     ./l/  |/|.      !::}::::::∧ !  /l/ |/!ヾ///'     、:::::::::::::::::/


85 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 22:10:39 ID:Joo0Vd8E0

とまあ最後に、ここまで資料を集めてしまうと、元来短編小説の『燭怪』も
前後の流れとかを入れたくなり、1話で収まらなくなってしまったのでした。

長安、洛陽の内部構造を調べて。当時の太学生の日常を描くのは当時の金銭価格や
物品も検証したりと、完成まで恐ろしく手間がかかってしまう有様に。

                        /     ヽ
                       〃   ..―..、┼:<::::‐...、
                          /  /::::::/⌒::::::::::::ヽ:::::::::ヽ/⌒ト┐
                          { /::::::::/::::::::::::;::::::::::::::::::::::::レイ-┘    スレ立て当初は
                       /:::::::::::;':::::::::::::::;:::::::::::::::::::/:::::::',
                       イ::/:::::::ハ::::::::::::::∧:::::::::i::::::::::::::}::::}      高獲のAAを思い浮かばずに
                    / i::;:::::::::ハト、::::::::V-‐ハ::::j::::::i::::::/:::ハ
                            {:{::::::::に!ヽヽ:V ィ心 V::::::i::::/::::/ハ     朱祐と入れ替えるつもりだったが
                       ハ::ハ::{_} } `ヽ 辷リ j:::::::j 〉:::::∧:ヽ
                         {::::ゝー‐'、⌒ヽ、__/::::::レ::::::/ ヾ:}
 ∩                          l::::::ゝ  ー '    ィ:::::::/:ハ::ヽ   ノ    某アニメ放映後は高獲には
 ii }                      V:::::{ >- ,  ´_.{::// ´ ゙ヾミ
 { ヽ   ______         _>⌒ミーz┴'´/:::::∧          この中二病ヒロインしかないっ!と
  ) 'T!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:::::: ̄ ̄:::::::::/: : :/: :∨::::::::/::::\
./ _{{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉: : :/: : : :j::::::/::::::::::::::::::\      思い立った訳だ。
{/  └――――-、::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:_:〈 : : : /=':::::::::::::::::::::::::::::}
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ く: : :>: イ〃:::::::::::::::::::::::::::::::::j
                        ハハ: く : ノ:::::::::::::';:::::::::::::::::::::::/
                          {:::fj:::::::::::::::::::::::::::;;ヽ:::::::::/:::::::j




            ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
        /                  /
        イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二イ|
            /            \
           /               \             没ネタに俺こと厳郷侯・劉信と
           l  U              ヽ.
           l                   l             汝陰侯・劉信は同一人物で
       / ̄ ヽ .   ( ● ),   ;( ● );   |
      /:.:.:.:.:.:.:/                 i
 / ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.∧   lゝ、_________ノl   丿            燭怪事件のあと、やる夫の仲間になる
/___:.\:.:.:.:.:.:.\  ヾ WWWWWノ  /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:\:.:.:.:.:.:.\ ``‐‐----‐''"  -- 、             展開も考えたが、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.\:.:.:.:.:.\      ´ /.:.:.:\:.:.:.:\
 ̄ ̄\:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:\:.:.:.:.:..:. ̄〉_,. イ\:.:.:.:.:.:.〉:.:.:.:.i:.\        年齢的にムリがあるのと、汝陰侯の方は
:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:\:.:.:.:./ \  ! /´Y:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:\/   ! |/  |:.:/:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.:.:.:.\     逸話に盛り上がりがないからやめた……。
 ̄ ̄\:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  \|   :|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\



86 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 23:15:01 ID:Joo0Vd8E0


韓流ドラマは色々美化してますねえ。

史書に名前ある人物が2、3人しかいない時代でも「チュモン」「風の国」「幻の王女チャミョンゴ」
と大河並みに作っちゃいましたから。
まあ娯楽ドラマと思って楽しむぶんには良いのでは。



             __ _ _
           ,r'"´        \
          /     〈±〉     ヽ
            |   , -──‐‐- 、  |     「風の国」「幻の王女チャミョンゴ」では好漢の戦争の神!
             ! ,r'´.:.::::::::::::::::::.::.:.:.:\ !
          レ'.:.::::r'"´ ̄ ̄ ̄`ヾ、:::.:.!
          |;r'"´-‐`ヽ  ,/´-ー-、`^i     このスレでは、やる夫に敗れて失意の中で死んだが
          !jィ〔´(◯)`二´(◯)`ト、|
         ハレ' ゙ー='゙´.:;! ' `゙=‐'゙^レj、    ドラマはその前に終わるから無敵のままで問題ねぇ!
         l ト、'..,   / .::;j,_  `ヽ ノイ !
         ! リj i    ^"^    l^iイソ
         ヾU ',  ''ー==‐''´ ,! |ノi
       _ _」^i  ',  `ニ二"´ ,' ,! ト、_ _          偽りの服従は、
   ,r'"´.:.:.:.:.::::::| ゙、  Y´     `) /  |:::::::::.:.:.``ヽ
   ,!.:.:.:.:::::::::::::::::j  \,ゝ‐---‐ '゙,イ  」::::::::::.:.:.:.:.:.:!      高句麗の基本外交よ!
   |/\.:.:.:.:::::::::| ̄ ̄`¨`ヾ`二´イ"´ ̄ i:::::::::::::::::/|
   |.:.::::::\.:::::::::|       `゙Yi"´     |:::::::::::::/::.:.:.|
   |::::::::::::::i:::::::::| 「***j」  !l | 「***j」/:::::::::::/:::.:.:.:.:|

            【無恤(ムヒュル)】

           高句麗の第3代目王
.


87 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/17(日) 23:18:01 ID:Joo0Vd8E0


でもドラマを通して、韓国で好かれる人とそうでない人がどことなく分かる気もします。
荒っぽい人が好まれるようですね。



           __   , ---- 、
         /   `rイ       ヽ、_.ィ
      ト、___{    ト、{        <
      >-     }┼⌒ヽ \  \ ヽ
     //  / | / {{   _}_|≧、   \i      史実では普通に善政を敷いた
    / /{  / /├‐--、___r'´  ......::ヾ    |
    l/ ! { /.ヽ!..:::::::::j⌒ヽ....::::::::::::H l  }     温厚な王なのに
      ∨l/|....::::::::/j   \::::::::ノ | i__ /
         トr─'  〈 -`   ̄}N ̄ レ┤      ドラマじゃ存在消されてしまった……。
         { レ!   __...._    _」  |) }
         ヽ !  '´ -- ``  \   j丿
         \ハ       U  メ「        俺の様な王は、半島ではモテんのか……?
             ~ヽ       //レ!
             | ヽ、  _. '"/  |
      , -─‐ァァソ''"~´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} ̄ ̄\
     /     |_| |            〈  /|  \
   /       | | |            |//\   \

         【解色朱(ヘセクジュ)】

      無恤の弟。高句麗の第4代目王




   /: : : : :/: : : : : : : : :|:ハ: l: :\: :\ : : : : : : : : ヽ\      「幻の王女チャミョンゴ」に出たゼ!
  ,': : : : : ': : : : : : : : : : |: |__ⅥV: : ヽ: ∧: : ヽ: : :\ :Ⅵヘ
  |: : : : : |: :|: :l: : : : |: ∧:|  ⅥV : ∧: ∧ : : V: : : ヽ Ⅵ|
  | : : : : A: |: :|: : : : |: | ヘl¬tpⅥヘ: ∧ : l: : : :V: : |: |: :|リ
  |: : : : :{ ムト :ヽ: : : |: |  ヽ ̄二ヽヽ: l、: | : : : |: : ,|: |, :|     その将を射殺せ!
  l: : : |: :\ヽ∧: : : |: |          ヽl Ⅵ: : : :|: : |l: |l: l
  l: : : |: : : :ヽ_ V: : Ⅵ、         \: : :l : ハ:|l:/
_,/: : :/: : : :| | { V: :Ⅵ゙ヽt、_     ´_ ィ:´: : ' : | リj′     たかが5日間動かずにいろという
: : : : :/: : : : :l:ム ゝ v : トヽ `ヾ二二ニ.ァ /:イ: ハ : |
‐: : : l: : : : l: Vム \V|     ― , 'l / l: :l 丶l         君命すら守れない無能だからなあ!
: : : : |: : : : l: :Ⅵi    Ⅵ、       イ: :/ . |:/  `
ァ: : : |: :l: : :Ⅵト`\_   > ._   /l| /   l′          このスレでは殺人狂すぎて暗殺されたが。

          【解憂(ヘユウ)】

         高句麗の第5代目王

.


88 :名無しのやる夫だお:2013/03/17(日) 23:27:12 ID:VyBm8AJQ0
というか出自からして高句麗が朝鮮半島の国かというとかなり疑問な部分も
北方で起って南方に侵攻しながら版図を広げた形だし
まあドラマを制作した人達からしたら視聴者が良い気分になれる内容なら理屈はどうでも良いんでしょうけど


89 :名無しのやる夫だお:2013/03/17(日) 23:40:07 ID:qG.zFSIc0
>>84
>いい宦官が活躍し、優しい皇帝を守る
唐の玄宗と高力士の前半生もそんな感じですね。
玄宗は晩年がアレだし高力士も有能だけど高潔とは言い難い人物だけど。最後の瞬間まで忠臣であり続けたのは確かだし。
・・・和帝も長生きしてたら玄宗化してた可能性も無くはないな・・・


90 :名無しのやる夫だお:2013/03/17(日) 23:59:39 ID:WSh7DFdE0
後継者問題で晩節を汚した名君も多いね


91 :名無しのやる夫だお:2013/03/18(月) 00:01:52 ID:huAq9DYw0
>>88

ま、高句麗は朝鮮半島史かそれとも中国の辺境史かっていうのは国際問題になるぐらいですからね。
しかもお互いにいいとこどりをしたがっているし。


92 :名無しのやる夫だお:2013/03/18(月) 19:41:37 ID:FEvW7GCg0
宦官は性欲が断ち切られている分、他の方面への欲が肥大するらしい。
それが権力欲だったり金銭欲だったりする事が多いわけだけど
鄭衆の場合は「和帝への保護欲」に向かって、それが和帝の資質と相まって国にとっていい方向へ向かった感じ。
まあ鄭衆も単純ないい人とは思えないけどね。このスレでも和帝以外の人間は平然と使い捨ててたし。
銀英伝でいうとオーベルシュタイン+ラングみたいなキャラ、というのが個人的なイメージ。


93 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/18(月) 20:15:56 ID:6or9VXxw0
>>62
肝心要の人が抜けてました(汗)。

班超については動機を決めるまでは良くても、西域戦序盤のチートぶりに
章帝時代の不遇、和帝時代の再始動と波があるのに
史書や小説で、その辺の理由づけがあまりされてないため、その辺の穴は
各小説・映画のオリキャラで補足しました。

序盤は、妻の李養(もとは陳舜臣先生の小説にでてた西域から来た班超の従者。
史実で戦線離脱する妻とキャラを合体させました)に参謀役を任せ。

     (    〉三彡ミミ刈//ノイ{{//川ヘミ川|彡ヲ刈三ヾー'
      >ャッv彡三彡ミミゞゞ{{{ヘ{≧ミミ刈}〃川彡彡}!}三≧≠⌒
      {!  >ミミ三三≧ミミ>ミミミミ川川彡彡彡三彡≦三ミミ≧xイ_,r
     _ `y∧/彡≧ミミ/     ゛ヾリ〃´    "シ≦ミ≦三≧ミ<
   /,≧x=>ミ三三彡゛                "彡ミ≧彡三ミト-     西域と中原の風習は『笑府』
    ,ム三ミX三三≧イ   _, -=一'{      .r=- 、   }三ツ彡彳´ ゛ミ、
   {;'´ ̄7>ミ三彡彡! ,r'´ ̄ ヽミミ 、  l   川√ ゛>ヽ ソ三≦ミミ、  ゞ、_ノ   『世界風俗じてん』を参考にな。
   ,!_,〃,f彡三彡彳 ヽ、ニ二 _ヾミミッ | r彡"_ 二ニ ヶ  レ⌒)ミミミゝ
  ,f"ヽ_//〃ァ7ハ 八   >- ィハY 、l Y ≦ -イ   },ノ/三ミシ彡≠、
{、_ム彡"ヘ//彡"三ハ_ノ ゝ、 ////_ノ  l l  ヽ、///// ノf_/三ミミツ         日常風景を現代風にして誤魔化すのも
,x三ミ=-=彡≦三彡f {  )ヽ /   ,   、  \ ,r´ イハミミⅦ!{    _ノ
   ,r≧三彡7/彡ヲ   ゝ {  〉    ゝ--<    ハ  ,ノ  Vルミリゞ=≦、     いいが、やはり各国の文化の違いを
 _,ル′  //彳彡イ    ∧.(   ノ二 ー' 二ヽ   {ノ ノ     トミ三≠≦ミミッ'⌒
     ,イ/彡イ川i!     ヽ入 ̄`ー. ̄.一' ̄ / /     ドミ三三ミミ≦、    描写しないと
    ノ ル1{ リ彡!       ヾ   ,r'  ̄ `ヽ  〃         |ミ三ミミ≦、__ ヾ!
    _,ム斗イ  八       ,ハ {     } /        厂`ヾー-<⌒ヽ   最後に分かりあうまでの葛藤に欠けると
 .//////// /  ヽ       ゝ ー  一 7        ハ   〉/////>、



   : : : : :i: : :/ : : : /: : //: : : :l l : : :ヽヽ\
   : : : : :l: :/: : : :./:: ://: : : : :l l: : : : :\\\
   : : : : :l:/∧: :/ l: : l l:l: : : : :l l:l.:. l: : : :\ : : :   私たち夫婦が再会できないまま終わるのは
   : : : : :|:| __l:.:| |_:_|,ノ: : : :.:.l l l : l : : : : : \
   : : : : :|:|´ l: :| | : | ト、: : : : :メ、 : l: : : : : : : :.    井上靖先生の小説ENDを踏襲したためです。
   : : : : :|:|r=テ==〒 ヽ:.:.|/テ云: : :.:.:.l : : : :
   : : : : :N  {     ノ   ∧| {  ∧: /: :l : : : :
   : : : : :| L__` ー ' _ ノ   Lし' ノ/.:.:.:l :/ /.
   : : : : :|:|  ' ' ' ' '     ′  ̄「.:.:.:.ト、: /    それでも、史書や他の小説のような別れた後は
   : : : : :|:ト、u  。    __   。 u {.:.:.: l: :\
   : : : : :ヽ :\u    ` ー'   ノ:.:.:.:.:ト、: : :    妻が空気と化すよりマシかと思って……。
   ト、: : : : :\: \ u       イ:::::::::::::l \:
    `ヽ : : : : :\: \ ーr<   V.:::::::::::l
      \: : : : : \:.\⌒ヽ丶、 V:::::::::l
       \: : : : : \:.\. . \   V::::: l


94 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/18(月) 20:18:32 ID:6or9VXxw0


中盤は、趙(もとは井上靖先生の小説にでてた班超を裏切る武将)に朝廷の迷走を批判させ。

終盤は、刀爺(映画「シルクロード英雄伝」にでてた班超に仕えていた商隊の長)へ
『M・v・クレフェルト 補給戦』を参照に
中央の支援が閉ざされた部隊が、前線で生き残るにはどういう方法があるか?を
任せました。
刀爺の娘は甘英の大秦行きにも話を繋げられたので、オリキャラで補完させたのは
一応成功だったと思います。


                   ____
                 ,.、<´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:..、
             ∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
            ,.'.:.:.:.:.:._____:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.、:.:.:.:',
              /.:.:./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ´ ̄  `∨:}    軍が存在し続けるには、
.            /.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ニニ彡′     ∨
             ,.'.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ニ二彡 ____  __ }    多数の金と物資が必要になる。
          ,.'.:.:.:./:.:.:.:.:γこy=≠<;;;;;;;;7¬;;;;〕
        /.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.{ひ 彡:.:;'  ` ̄  ├イ
        /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.にイ:.:.:.:;  ,、.-:.:.:`ー"、!     それの維持確保に商人と軍が手を結ぶのは
     ,.'/.:.:.:/.:./:.:.:.:.:.:.:ノ リ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ"´_`ゝ:j
.     //.:.:.:/.:./:.:.:.:.:.:.:.:.イ   ∨.:.|:.:.:.:.:.:.'ヾ、,,ノ:.:i     別に不自然じゃあない。
   ,'/.:.:.:/.:.:.:/.:.:.:.://レ′  ∨ハ:/.:.:.:.:.:.:.:.!:.:ハ
   !.:.:.:./:.:.:./.:.:./イ:::::::::ヽー----ゞ≧、:.:ムノノソ、
   リ.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l:::::::     :::::::::::::::○::/:.:.:.:.:.:○:.:}>:..、  中国史での商人は存在を軽んじられ、基本描写されんので
.   ∨:.:.:.//:.:.:.:.:.:l::::::::    :::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:
    ´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::::::   :::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:   西洋史の方を参照にしたわけだ。



    |     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>―――‐...、
    |     l.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.: ̄ ̄.:\\
    ’,    |.:.:.:.:./.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.ヽ
      、   '..:.r'゙.:..:.,/.:.:/..:.:.:./!.:.:.:.:.:.!.:.:.:i
      i    '..!:.:.:!.:.!/l/|.:./  |.:.:.:.:i.:|.:.:.:.:\     『大遠征』 伴野朗氏・著にでてた
      ’    i|:.:.:|:/    レ゙  :!ハ∧|.:.:.:.i⌒
       |    'γぅ、、 〃⌒ヽ   _⌒ ;!:!.:/|      裏墨家って秘密組織に、その辺を補完させるって
        /|  ./ :|ir':{|}Y '''    , '⌒V从{リ
     / !/   ゞ='、i.:|  / ̄ マ ''' ハ         のも少しは考えたけど
     /_/     ヽ 八!  、_ ノ / :|!
     、        i/' ̄!>r―<   jl         コレ出すともう何でもありの世界観になっちゃうからねー。
     ヽ       | iヽ i  匕 ̄〕_  〃
      i\     .; :| i \_//ヽ ̄ ヽ   r― 、
      |.:.:.}    i :|. 、|く,ィn r' i |ヽ |ヽ .rK⌒ヽ   万能じゃない人間同士が知恵と力を出し合って
      |.:.:.:.、   , :|. . .\l」.L!_|: | ! | し(⌒ i
      ノ.:.:.:.:.}     :!, . . . . . . . .、. . .\ ! { (⌒ ノ   困難にむかう方が、歴史ものとしてはリアルだろうし。
    ./.:.:.:.:.:.:.:.、 ノ  /. . . . . . . . . .i . . . . ヽ ゝ イ
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}  {. . . . . . . . . . .|. . . . . .} {  :|


95 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/18(月) 20:35:15 ID:6or9VXxw0

そして、三国志、項羽と劉邦のように散々資料の出回ってる時代と違い。

小説は断片的な扱いで、ほぼ史書からスレの話にする場合。戦争の殆どが結果の記載
ばかりで経緯が分からないものばかり。

光武帝スレ様では、分かる部分だけ細かく取りあげ、その他はイメージで行ってて。
他に史書から書き起こしてるスレ様では、史書通り結果のみという感じでしたが、
それじゃちと寂しいので、このスレでは分かる部分から膨らませました。

図書館のコピーサービスを利用して『中国歴史 地図集』(出版社:中国地図出版社)
の秦・西漢・東漢時期を見るとおおよその地形が分かるので

『孫子の兵法』『三国志軍事ガイド』『漢帝国と辺境社会』『呉子』『グラフィック戦史シリーズ 古代中国編』
などで、この地形で使われそうな兵法を推測し当てはめていきました。



||┤      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|ト∧ ∧    |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
|ト(゚∀゚ )    |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
|⊂  _|     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
|ト( ..ノ     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
|Hし〃     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
||┤       \____________________________
||┤
|ト∧ ∧            ∧      ∧     ∧      ∧      ∧
|ト(゚∀゚ )      ∧_∧+l.」 ∧_∧+l.」.∧_∧+l.」 ∧_∧+l.」 ∧_∧+l.」
|⊂  _|      (  ゚∀゚)∥ (  ゚∀゚)∥(  ゚∀゚) ∥(  ゚∀゚) ∥ (  ゚∀゚)∥
|ト( ..ノ       ( つ   つ (つ    つ (つ   つ . (つ    つ (つ    つ
|Hし〃       人 ノ    人  ノ    人  ノ   人  ノ    人  ノ
||┤        し(_)   し(_)   し(_)    し(_)   し(_)  ドドドドド
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


96 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/18(月) 20:53:18 ID:6or9VXxw0

時代考証や各民族で使った戦法を間違えるといかんので、『武器と防具 中国編』『武器甲冑図鑑』で
何度も見直してます。

細かいところですが、後宮スレの方でも春秋時代の話には騎兵を出さないとかこだわってます。
スレの最初は戦車に近代のものを当てはめてましたが、

AA作成機能付テキストエディタ(フリーソフト)・(´д`)Editの操作に慣れてきてから、
歴史系やる夫避難所スレで配布されている歴史AAsetのデータを弄って戦車や船、
武器等を合成して作っていきました。

あと「真・やる夫†無双 ~白色演義」スレ様のAAは、かなり参考になりましたね。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |                            ∧      ∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.                       ∧_∧+l.」 ∧_∧+l.」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                      (  ゚∀゚)∥ (  ゚∀゚)∥
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |                      ( つ   つ (つ    つ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|            Λ_Λ_Λ   人 ノ    人  ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |           (´∀` = ´∀`)  し(_)   し(_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       |_  ⊃| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ~(,. )イ|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|       .゙ッしH|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|        ├||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|        ├||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      .∧ ∧イ|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
______________/      ( ゚∀゚)イ|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                            |_  ⊃|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
 ∧     ∧      ∧      ∧    ~.(,. )イ|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
+l.」.∧_∧+l.」 ∧_∧+l.」 ∧_∧+l.」     .゙ッしH||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
∥(  ゚∀゚) ∥(  ゚∀゚) ∥(  ゚∀゚)∥        ├||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
つ (つ   つ . (つ    つ (つ    つ         ├||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  人  ノ   人  ノ    人  ノ            ..├||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  し(_)    し(_)   し(_)           ├||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


97 :名無しのやる夫だお:2013/03/18(月) 21:02:06 ID:X/iKyNmw0
戦場描写は>>1のオリジナルもあるんか!
趣味でやるクオリティじゃないと言うべきか、むしろ趣味だからこそできたクオリティというべきか
どっちにしろまさに超大作だったんだなぁ


98 : ◆FVgnd.HyPc:2013/03/18(月) 21:29:16 ID:6or9VXxw0

そんでも日本史の『甲陽軍鑑』における川中島の戦いよりはムチャしなかったと思うんよ。
一騎打ちや陣形って、そうそう戦場で登場するもんじゃないし。

馬援~最後まで見て行くと、新兵の鍛錬方法、歩兵戦法、騎兵戦法、陣形、
異民族の戦法は一通り網羅したはず。

水戦と戦車戦法は、後漢では出番がありませんでしたが、
資料はあるので後宮スレで出番が少しあるかも知れません。

                                     ノ,;,::;,::,::::::,::,;,;;,ノ
                                  ,,,,::'",::,;,;,;;,::,::::,::,;,;;,,)
                                 (::::::::::::::,::,;,;;;;;,_;;::'''"
                                  )::,::,;,::,;,;;;,;;;,;,)
                                 ノ::::,::,,;,;;,;;;;,;,ノ
                  ':::;:, .:.       .::... .  (::::::,,.-‐''"~
                  :,)、::.:;. ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;);ノ::,)、::.:;.:,:;.:
                   ):.: ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'    ボオオオオオオオオオオオ
                     ::)::V パチ   (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .
                   :; .::)      ,   ヾ、 て:;;': .パチ
                 (\,,{='に}/{てニフ,{='に}/{r=ィへ,)       全く使うアテも無いのに
                 >`-'ト、iノ//ヽ)ーk-'ト、iノ//レr小)人
                 (ノ //けi」(ノ'トf  //けiツハ)ト)       火船(赤壁のアレ)のAAも作ってあったり。
                ┼二二二二二二二二二二二二┼ 
                >`-'ト、iノ//ヽ)ーk-'ト、iノ//レr小)人     ._
           _    ┼二二二二二二二二二二二二┼     | | ̄ ̄ ̄|     _
           乂     (ノ //けi」(ノ'トf  //けiツハ)ト)     | |     |   / /
     ┌≡二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二≡≡ /  三≡=─
      |                                           /
      \                                        /     三≡=─
        ,\ _,.,__                                  /
 ''"""~~"''""ミ"''''"~"'''''"ミ"''''''"~"'''"~~"''''"ミ"''''"~"'''''"ミ"''''''"~"'''"~ミ'"~''''''''"~~"~"'''''"ミ"''''''"~"'''"~ミ'""~~"
~~   ~ ~~
               ~~   ~ ~~  ~~   ~ ~~  ~~   ~ ~~



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/205-02dfbd1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。