漢代の庶民生活

ここでは、「漢代の庶民生活」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WWiiレ'Www;;;;;::::::き  :::::::;;;;;......  ::ろ::::  :::::::wwii;;;;;:  :::WwwwW:: イ
|lii:: i|/リリW-'`"^" ;;;;iiiiiiiiWWww;;;;;::..ゝ:::::;≦::: :::iiiii:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
|lii:: i|  、....   `^'-WWlii:ノノリリk'`"^;:ミ::::::`Ww、iiii\`WWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
|lii:: i| ろ::::::....  ..:::k |lii: i|;;;;:::::::;;;;;;;:;;iiWwiiiiiiWwili: l :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;ゝ|lii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ |i: :iiレ' .|i: l川|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;ゞlii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ.|i: :ii|  |i: l川| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
|lii:: i| ミ;;;;,,ゝ;;;レ/;;;::::k |lii: i!WリリWii-''"`" .|i: :ii|  |i: l川|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
|lii:: i|  `w:!iiii!wWk'ゝ |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|    |i:|  ,,iiゞ~
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|
       ∧_∧
       (・∀・ ) 今より生活が楽になれば
       ヽ , U 〉    皇帝は誰でもいいんだよ                 
       (_(____ノ
~""'''ー一‐- ..,,__          /■\           ,ハ,,ハ          ________
      ( A :::"'''- .._    (´∀` ∩    (○)   i,;;゚Д゚ミ 。      ヘ、-=--
 ー--;;;  V  ̄V:::    "'''ー- |    l ..,,,,_,,,,,,l〃  彳;;;;;;;;;i!        l  \ 二三 二
                (( とと  ,,,ノ      `(⌒),'(..  ノ ゚ー-- 、  /;_/\ \ー----
     __  ,..        ''   ~^...::: ノノ        ~^^      ~"''l:::::: : \ \
      ;;:: :::         `ー;;;::::.::.                     ~~.::.:::::: \ \
  _______                                         :.:::::::::: \
     `ー----、               ∧ ∧                    :::: :::
            ̄  ,____...._ (;゚Д゚)      ∩ 人  ゚ o
               :::::::::::::...    ::..つ,,ノ    (ヽ I∧__∧∩  っ
                           ( ((  c  (´∀` ,ノ l   つ
                                ゜ 。ヽ   人_从   ))))
                                 从人



[住居]
貧民は半地下住居。前漢は木の壁。後漢はレンガ。
都市計画によると10里(4147.2m・3000歩)で1郷。3郷をまとめて1県。

ヤフー知恵袋より
・郡国の中心地には城壁をめぐらした都城、郡城が有った。
・1000以上の県には市街地が有り、県城と呼ばれたが、恐らく全てに城壁が有ったわけではない。
・農民の多くは城外(都城、郡城、県城の周り)に住み、農業を営んでいた。
・独立した農民や小地主は大地主に吸収されていった。
・大地主は自衛と領地拡大のために武装し、半独立状態の田荘を経営するようになった。
・豪族の私兵のことを部曲(かきべ)と言います。

部曲って三国志オンラインゲーじゃギルド扱いなんですよね。
意味が微妙な気が。


[慣例]
父老は徳のある高齢者から資産家の長老へ。長者が任侠の親分の暗喩になる。

.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐        
      ドミヾ>冖┴冖く'/       
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ   金は尊い‥‥‥‥
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ  
      |Ft| ==。=:::/=。=〈        おまえらの認識 想像より
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|    
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|    はるかに尊い‥‥なめるなっ‥‥!
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、           
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_     あんなプレイで
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄   
   |   |   \    /|  |      7万という金が手に入るかっ‥‥‥!



[市場]
当時の貨幣は五銖銭(前漢から隋にかけて使用)時代によりおおよそ11種類前後で
流通。
漢代の一銭=現代の180円くらい

市は行政(亭吏)が設置し管理。自然発生ではない。
辺境のは関市といい。軍事基地のは軍市という。

漢楚時代、44歳の奴隷相場1万6000銭(現代の288万円くらい)
羊一匹=250銭(約45000円)
鶏5羽=180銭(約32400円)、
米7斗(70升)=168銭(約30240円)
酒一石3斗(30升)=130銭(約23400円)

五銖銭のみの流通が前漢の不況の元凶。五銖銭は最初から経済規模に対して少なすぎる。
相当部分は布帛(ふはく・織物)という実物貨幣(非公式)が流通。
11銭(約1980円)が布1にあたる。


162 :名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 15:19:00 ID:5UilEIcM
「新・後漢時代の長さ単位」
分:0.2304cm。寸:2.304cm。尺:24.12cm。丈:2.304m。歩:1.3824m(6尺)。里:414.72m(300歩)

管理註釈:暦・十二支について。
「太初暦(たいしょれき)」
漢の武帝、太初元年(紀元前104年)の改暦によって採用された太陰太陽暦の暦法。
章帝元和二年(85年)の改暦に至るまで190年間、施行。
これによると一年=365.250162日、一ヶ月=29.530864日。
現代とあまり違いは無いと考えるべき。

「十二支」
春秋戦国時代に成立。前漢の頃には民間にも広まった。
天球を見る座標系や時刻を見る辰刻、方位を示すのに使用。

【午前】
0時=九ッ時【子】
1時=九ッ時半
2時=八ッ時【丑】
3時=八ッ時半
4時=七ッ時【寅】
5時=七ッ時半
6時=六ッ時【卯】
7時=六ッ時半
8時=五ッ時【辰】
9時=五ッ時半
10時=四ッ時【巳】
11時=四ッ時半

【午後】
12時=九ッ時【午】
13時=九ッ時半
14時=八ッ時【未】
15時=八ッ時半
16時=七ッ時【申】
17時=七ッ時半
18時=六ッ時【酉】
19時=六ッ時半
20時=五ッ時【戌】
21時=五ッ時半
22時=四ッ時【亥】
23時=四ッ時半

【子】=北
【丑】=北北東
『艮』=北東
【寅】=東北東
【卯】=東
【辰】=東南東
『巽』=南東
【巳】=南南東
【午】=南
【未】=南南西
『坤』=南西
【申】=西南西
【酉】=西
【戌】=西北西
『乾』=北西
【亥】=北北西


「王莽様は未来に生きてる人」
:前漢の頃は、国立の学校は「太学」しか無かった教育機関を王莽は整備し。

小学校に当たる、書館(書舎・小学)、庠序。
高校に当たる、県校。
大学に当たる、郡国学(いわゆる地方大学)、私学(私立大)

の建設など推進。識字率のデータが無いので効果のほどは不明。 

管理註釈:
庠序は郷に庠という名の学校、聚に序という名の学校という意味。
学校には経師(経文を書き写すことを業とした人)が一人。
庠序には孝経師が一人いる。
後漢は学術研究の気風が育ち士人の自覚が高揚した時代。

164 :名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 20:22:44 ID:0wLHQIR2
「書館(書舎・小学〉での学習範囲」
:開始年は一般的には8才くらい。科目は主に国語と算数。場所によっては地理。
国語については識字(読み書き)用のテキストを、写しながら覚え。
字数は約三千三百。

算数に関しては、礼記に6歳で数字と方角を覚える。9歳で計数と干支を知る。
10歳で読書算と六芸。とあり。

「算数書」の整数の乗法、合分(分数加法)、増減分(分数加減法)、分乗(分数乗法)、
径分(分数除法)、約分、増乗、相乗、合乗などと、漢の武帝時代に書かれた「九章算術
を色々組み合わせた学習かと。   

*劉秀も元始2年(西暦2年)ごろ通ってます。

「太学での学習範囲」
:入学資格は

・18才以上で、太常から選ばれたもの。
・郡大守・国相が可としたもの。
・六百石以上の官吏の子弟。

5000銭(約90万円)が年間の太学の生活費用。太学生は長安に住む者以外、
寄宿舎暮らし。

授業は暗唱と朗読。孝経や論語が基本。五経では、詩経から。次が尚書。
そして春秋。易と礼はやや高年より。諷誦の次は章句を学ぶ。
正しく区切って理解し、歌うように暗誦する。覚える字数は九千字以上で試験される。

試験内容は規定された量の暗唱と章句の解釈。入学一年後に試験(射策)され。
成績優秀者は郎中に、一経に通じたものは文学掌故になり、成績の低いものは退学。

管理註釈:
成帝の時代に太学の弟子は3000人。
後漢の洛陽では太学に240の校舎、1850の教室。学生30000人と10倍に。
地方には数千数万の門人の学者も。

漢代の太学に入れるのは士大夫階級だけ ⇒嘘。コネと金と実力があれば
小農民の太学生も入れた。
太学は全国から集まった志士が談論を戦わす場。




                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                 |                            |
                 |                            |
                 |     論語 小テスト            |
                 |         25点以下、車裂き       |  ∧∧
                 | 10:15まで                   | (д@,)
                 |_____{工}________________| (l y l)
                             [_] [_]            |  |
                                                 し`J


              ∧∧       ∧∧       ∧∧        ∧∧
             (   ,,゚)_   (;;;;;;;;;;)_    (;;;;;;;;;)_     (;;;;;;;;)_
             (   っi /!   (;;;;;;;っo/!   (;;;;;φ /!    (;;;;;;;;;) /!
             l二二l三/i  l二二l三/i   l二二l三/i    l二二l三/i
             || し || ii   || し || ii    || し || ii      || し || ii


164 :名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 20:22:44 ID:0wLHQIR2
「大衆文化」
・「角抵(かくてい)」が盛んになる、別名、相撲。
*三国時代の呉では女相撲が開催されてます。上半身裸なのは日本と共通。下がズボン。

・演者が仮面を用いた大衆劇、奇術、舞踊など幅広い演芸を包括する「百戯(バイサイ)」が発達。


[平楽観について](庶民のために解放したイベント施設)
城内の上林苑中にあり、多数の聴衆を集めて音楽公演、闘鶏、競馬、競犬、蹴鞠、
角抵戯(すもう)、呑刀、呑火、魚龍(サメ)を披露させた。

演奏される歌曲は西戎の音楽、楚の激楚曲・結風曲、淮南の干遮曲など。

前漢の歌だと薤露歌・蒿里曲・平陵東、陌上桑・江南曲・鶏鳴・白頭吟。
宋書楽志の漢鼓吹鐃歌も前漢。

平楽観は近衛兵の練武場にも、長安の未央宮の北にあり畿内三百里から
観衆が押し寄せる。後に王莽が民を堕落させる施設として破壊。


後漢では平楽観は洛陽の上西門外に。
再開後は李尤の平楽観賦、藝文類聚卷第六十三、練武と百戯を
行なうが歌曲はなし。
雑技では橦末伎(竿軽業)と盤舞(皿舞い)を行なう。
額にのせた竿の先に演技者がぶら下がったり逆立ちする。

管理註釈:
百戯は「蒼天航路」や「十二国記」に登場した傀儡師や雑技団のようなものかと。


遊侠の歌曲で人気があったのは
:遊侠篇、侠客行、博陵王宮侠曲、臨江王節士歌、少年子、少年行、刺少年、
邯鄲少年行、長安少年行、羽林郎、軽薄篇、剣客、結客、結客少年場、沐浴子、結襪子、
結援子、壮士吟、公子行、敦煌子、扶風豪士歌、白馬篇、聶政刺韓王曲、劉生曲。

後漢の頃の聶政の逸話は父の仇の韓王を狙う孤児で、仙人の力で韓王を刺す演義話。
宋以後は史実ベースになり曲名も広陵散に変わる。



   ̄ヽ、   _ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     `'ー '´
       ○
         O
          o
   /^\      ,.へ、_
   i   _ゝ、-──'- 、 L
  / , '"         `ヽi
 く_γ        、    ヽ,.
 く,'  / / _ハ  ハ ハ_',  ',
  l  ノ レィt=;!、イ レィ=!、i   i   と思う上海人形であった
  i ヽ、 i i i  l   l  i lハノV
ヽ、'  i l ハ ,, 'ー'    'ー',, ! |/i
.ノ  ,' iヽ iヽ、.  ( ̄ノ ,.イイ| l.
  /  ハ_イレ^r/⌒iTi⌒ヽViノ
/ .,'  !/´:::::::,.ヘ、__ノハゝ、ノヽハ !
 /!  ゝ:::::::::〉、  /::::::ヽ /::、ノ


[インドア娯楽]
囲碁:
17道から19道になったのは南北朝。六博より囲碁は高級。

樗蒲(双六らしきゲーム):
賽子と馬、盤は長方形。120の升目、40ずつ三分。馬は20個、各自4個ずつ5色で5人まで
参加可能。賽子は五個、五木と呼ぶ。二面体白黒・賽子の目だけ馬を動かし盤の端から
向かいの端まで移動させれば勝ち。

六博(オセロらしきゲーム):
組に分かれコマを進め近接してお互いに迫る。梟になって倍勝ち。梟は相手の梟を殺せる。

六博別ルール:
長さ6分の竹製白黒それぞれ6本の棋を互いに持ち計12本にする。盤には12本の道、
両端の中間は水・魚を刻したものを二枚置く。
賽を投げ棋が行き着くところが驍棋。水に入って魚を食うので牽魚。牽が1条で籌を
二本手に入れる。籌を多く手に入れると勝ち。

投壺:
ダーツ。

絵画(水墨画)、楽器演奏(貴族、富豪が多い。本格的な楽器は高価)、
木彫り・玉・竹細工、書道、散文(小説)、詩文

[アウトドア娯楽]
狩猟:釣り、鷹狩り
バクチ:走狗(劉邦も好んだ犬レース)、競馬、闘鶏。

┬──┬──┬──┬──┐
 │    │▲角│▽桂│▽香│
 ┼──┼──┼──┼──┤
 │    │▽銀│    │▽王│
 ┼──┼──┼──┼──┤
 │    │    │▽歩│    |
 ┼──┼──┼──┼──┤持ち駒
 │    │    │    │▽歩|
 ┼──┼──┼──┼──┤金銀
 │    │    │    │    │ 
 ┼──┼──┼──┼──┤


[女性に好まれたプレゼント]
形や文様の美しい鏡。
宝石のついたかんざし。
龍虎の文様のある、組みひもで作った履き物。
麝香など香料四種の一斤(222.73g)ずつ。
琴一張。
牛の尾のちり払い。
越の布の主巾。
化粧箱。
紺青色の宝石で七宝の碗。

                (U   (し
                (し (し/
                c )し/っ
               / ・ ヽ
               ●__ノ::::ヽ
   ∧ ∧       ドサ   (゚Д゚,,):::i < 待たせたな。
   (*゚ー゚)    i~し、  とヾ υ:/
   /  |  /⌒´''☆く     ヽ.__::ν
.~(,,__ノ  i_____i     U"U



[服の作法]
儒者は四角く首を取り巻くえりの服を着る。
皮の衣服は賤しい仕事をする人のための実用の服。
鮮衣凶服は突拍子もなく恐ろしげな身なり。傾き者のような装束。
漢代のうちわは貴婦人の服飾具・風を起こすものではない。
  
[南陽の発明家・杜詩(とし)]
生没年不明。38歳で死去。更始帝、光武帝に仕え。
南陽県令を務めつつ、製鉄に必要なふいご作業の危険軽減に
水力を動力とする自動ふいご装置「爆風炉」を発明。

これにより製鉄の効率が上昇した。

春秋戦国時代から存在
:磁石の司南(方位磁石)
龍骨車(田へ水を引くための農具。手動ポンプ)

[葬祭]
火葬は無い。死体を焼くことは侮辱であり刑罰。
礼は庶人に下らず、庶人は祖先の廟を持てない。



[クツ]管理註釈:ヤフー知恵袋から引用

靴下は漢初から、でも貴族以外は裸足。室内は裸足。
戸外、階段の下、隅で靴を脱ぐ。

官僚の場合

蔡祀のときには、「潟(せき・底の厚い靴)」※さんずい無し
入朝するときは、「履(り・糸製の靴)」つま先の部分はカタツムリの角のようになってる。
家でくつろぐ時は、「履(く・草履ぞうり)」※しかばねの中が、ぎょうにんべんに數の左側

一般の外出時には、「履(げき:下駄)」
(履※しかばねの中が、ぎょうにんべんに支)
を履く事が、制度としてきまっていたようです。

……常用外の文字ばかり。
この辺はあえて詳しく触れないほうがいいかも知れない。


" ゙" ゙" ゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙" " ゙" "' '"" ゙" "''""゙" ゙" ゙"'' ゙" ゙" ゙" ''゙" ゙"゙ ''""゙"
゙" ゙" ゙"  ゙"゙"'' ゙"゙"  " '" "゙  ""゙" "'' "" ゙" ゙" ゙"'' ゙"゙" ゙" ''゙" ゙"゙ ''"" ゙
 ゙" ゙"  ゙""'', ゙"  ゙"  ゙" "  ゙"  '" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙
゙"  ゙"  ゙"  ゙"  ゙"''  ゙ ゙"゙" ゙  __ ゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''  ゙"゙"  ゙"  ゙"
  ゙" ゙"  ゙""゙"'' ゙"  ゙"  ゙" ''゙  /::::::ヾヽ    "  ゙"゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"''
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙"  ゙"''  ゙"゙"  |;;::::::;;i;;;|    ゙"  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"
゙" "゙ "゙" ゙" ゙" ゙" ''""゙" ゙"'' ゙" wl:::::::::::::l;::lww" ゙" ゙" ゙" ゙" ''""゙" ゙"'' ゙" ゙" ''゙" ゙"
゙" ゙" ゙"  ゙"゙"'' ゙"゙"  ゙" ''゙" ゙"゙'' ""゙" "'' "" ゙" ゙" ゙"'' ゙"゙" ゙" ''゙" ゙"゙ ''"" ゙
゙" ゙"  ゙""'', ゙"  ゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙

[この時代の実在の動物達の格付け]
墓に飾る石獣は墓守の神獣あつかい。その序列から見ると

皇帝の陵前:石象。
太尉の墓前:石駝、石馬。
長水校尉(*)の墓前:石天鹿。
太守の墓前:石牛、石羊、石虎。
県長の墓前:石獅、石羊。
「水経注」より。

*胡人の騎兵を率いる・外人部隊

よく王者の動物とされる獅子が県長レベルの下位。
これは獅子は西域の産であり武帝時代には
情報しか中国に伝わっておらず(置物ぐらいは貰ってた)。

劉秀の孫、章帝の代になってようやく安息国や大月氏から献上
され、現物が届いたためではないかと。

ついでにネコも西域からで、周王朝の頃ははいなかった模様。
前5世紀ごろに編まれた『詩経』大雅・韓奕によると、
山猫はいたようだが、猛獣という扱いで紹介されており、飼いならせる
類のものではなかった。

ネコは前漢初めからネズミ対策として西方から輸入されたようです。
ペットとして軌道に乗ったのは唐から。
…三国志の漫画で、庶民が飼ってるのをたまに見かける?
幻覚ですよ。



      /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ   仮に私が15年ぐらい生きたとしよう。
      i ノ   川 `ヽ'   キミが今18だとしても私が死ぬ前には30超えてる。
      / ` ・  . ・ i、   その歳にはすでに新鮮味のなくなった妻との不仲
     彡,   ミ(_,人_)彡ミ  生意気な子供、宮中では中間管理職として 
 ∩,  / ヽ、,      ノ   上下の板ばさみ。
 丶ニ|    '"''''''''"´ ノ    そんな中、私を寿命まで見守り、私の最後を
    ∪⌒∪" ̄ ̄∪    見取る余裕があると思うなら飼ってくれたまえ。


[トイレ事情]
(再編集)

当時の総称は厠(かわや)。

●普及した型は、圂(こん)という豚便所。

前漢代からさかんになり後漢代には全国に普及。最終的には近代まで続く。

和式と同じで便器に座るのではなく、しゃがんだ状態で行う。
おもに大用。

トイレの底でブタが飼われ、上に小屋があり。人が用を足すと糞は下の放牧場に
落ちてブタの餌となる仕組み。確かに呂后が戚夫人を人豚にした時もそんな話
だったので、貴人の家では常設だったもよう。
豚肉が当時人気なかった一端が理解できたような……。
人気が出てきた頃は、もう慣れたんでしょう。

ちなみに日本でも沖縄などで豚便所は利用されてたようです。


●庶民は、坑厠(しこう)という穴を掘っただけのトイレ。

日本の直下式ボットン便所と似たようなものらしい。
貯めた糞尿は肥料として使う。


●携帯型の便器もあり、御虎子(おまる)。

名称は他に
杓桶、杓盆、尿桶、褻器、清器、虎子、夜壷、夜浄児、
尿瓶、尿壷、便壷、馬桶(マートン)、馬桶児、馬子、
浄桶、便桶、尿盃

とあり。形も多数。おもに小用。発生年代は不明。

御虎子の語源は、前漢時代の李広将軍が、銅で虎の形を鋳造して
便器にしたからとか。

今でも馬桶(マートン・高さ40センチほどの、真鍮の輪がはめてある
木製の朱塗りの桶)は、田舎の方で現役らしい。


トイレットペーパーに該当する後始末の物は17世紀以降。
それまでは木や竹のヘラで処理。



         /ヽ / /⌒\
        / /ヽヽ|/⌒\ii|\
       |/ /ヾゞ///\\|
       |/   |;;;;;;|    \|
             |;;;;;;|
             |;;;;;;|ヘ⌒ヽフ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             |;;;;;( ・ω・)    |                      |
             |;;;;⊂   }   <  ブタもおだてりゃスカトロプレイ   |
             |;;;;⊂,____,ノe    |                      |
             |;;;;;;|         \_____________/
             |;;;;;;|
             |;;;;;;|


[年間行事]

●1月1日【元日(がんじつ)】
祖先を拝し、年賀を交わす。

●1月7日【人日(じんじつ)】七草の節句ともいう。
正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、
5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さない
ようにしていた。

そして、7日目を人の日とし、犯罪者に対する刑罰は行わない
ことにし、七草を羹(なます・スープの意)にして食べる風習。

●1月15日~18日【元宵(げんしょう)】灯節(灯籠祭)とも呼ばれる。
前漢の呂后が崩御して起きた、諸呂の乱を鎮圧した祝いに由来。
命名は文帝。
天官を祭祀するにあたり、人々は灯篭を作り、ロマンチックな雰囲気を
作り出し、夜に灯りを眺めながら吉祥を祈ったり、邪気払いを行った。
漢代は3日間開催。

さらに各地方で異なる行事も開かれていた。

豫州北部では「走老貌」、老若男女が当日外で走ることで若さを保つとされる。
豫州南部では「石合戦」、村同士の子供たちが石を投げ合う。疫病を防ぐとされる。
益州方面では「対罵」、一方的に相手を罵る行事。


      Y^´       ∨// /,∠ ,. ' /l/// /, ' , '/ ! | l }´     〈
       〉    変  〈/ , ' // ̄`>< /// /// _,.=‐|'"´l l〈  変  /
        〈    態.   ∨, '/l|   ,.'-‐、`//`7/  /''"´__ | ハ l丿  態   {
     人)   ! !   (/!  |ヽ〈_ ・.ノ〃  〃 /  '/⌒ヾ.! ,' !く   ! !  (_
 ト、__/   ヽ、_,.イ    /l l |:::::::```/:::::/...´..   //´。ヽ }! ,'  !! )     /
ト'    亦   ,イ⌒ヽ/   !l l ! l し   J ::::::::::::::::::::``‐-</ /  ,'、`Y´Τ`Y
l      夂   (ハ ヽ l i   ! l ', !   , -―-、_   ′::::::::::::: //! Λ ヽ、ヽl
ヽ          〉,\ ! i   ',.l `、'、/_,. ―- 、_``ヽ、  ι  〃,'/! ヽ、\ ヽ、
 !     能   // ,' lヽ! ii  ',l  ∨\'⌒ヽー-、 `ヽ、!   / ハ ノヽ._人_从_,. \
 |    心   { / ,' ' ,! ll  l`、 { ヽ' \     ヽ  '  '´   Λ ',}      ( \
.丿         ∨ // ,',! l l  l ヽ`、 \  \   ∨   し /! ∨  変   ,ゝ、
∧     / /   ヾノ //l l l  l、_ヽ\ \   ヽ , '   ,.イ |ノ    態   (ヽ
/ノ__  ゚ ゚  (⌒`〃'j | l  l   l `ヽ `ヽ、.ヽ _,.}'′ ,.イl {  | ヽ   ! !   ,ゝ\
/ /`Y⌒ヽ/⌒ 〃 ノ | l   l   l   } ヽ、._ } ノ,.イ l | ! !  |  )_


●春分の15日後【清明(せいめい)】
いわゆるお盆。郊外に出て旅行したり、墓参りしたりする。

●2月上丁(じょうてい・最初の丁(ひのと))の日
【釈奠(せきてん)】
孔子や儒者の像・廟の前にお供え物をし。その後、論語などの勉強会や
宴会をして、終えるまでが釈奠という行事。

●3月3日【曲水(きょくすい)】
禊(みそぎ)の日。発生は周とも秦王朝とも言われる。水の流れのある庭園などで
流れのふちに出席者が座り、流れてくる杯が自分の前を通り過ぎるまでに
詩歌を読み、出来なければ罰として盃の酒を飲むという行事。

●5月5日【端午】
酒を飲んで厄除け。毒虫除けのまじない。粽を食べる。
長江流域では春秋戦国時代に入水自殺した詩人・屈原を弔い
竜船で競艇を催す。

●7月7日【七夕】
果物を供え牽牛、織女をまつる(七夕の風習は前5世紀ごろ成立)。
婦人は夜明けに針に糸を通す。

●8月15日【中秋(ちゅうしゅう)】
いわゆるお月見。屋外の祭壇に月餅(ユエピン)を供え明月をまつる。

●9月9日【重陽(ちょうよう)】
図書目録を作った劉歆による『西京雑記』に登場。
劉邦の愛妾であった戚夫人が殺害されたのを悼んで菊酒を飲み、長寿を祈る風習。
また郊外の丘など高い場所へピクニックに出掛け、遠くを見る、登高も行なったりする。

●12月8日【臘八節(ろうはちせつ)】
いわゆる収穫祭。栗、棗、紅豆などの乾物、穀物を入れた臘八粥(ラーパッチョウ)を作る。
その甘い味を付けたお粥を食べる風習。

●12月15~30日【年間】
端午、中秋とともに三大節。収支の決算

●12月24日【祀竈】
竈の神様をまつる。

●12月30日【除夕(じょせき)】
いわゆる除夜。正月迎えの準備。眠らずに暁を待つ=守歳(しゅさい)。
午後になると正月5日間の水を汲み置きして井戸に蓋をする。    

          §   ━┓〃      ━
          §     ┃  ━━     ┃
          ,fニニヽ   ━┛         ━┛
        /:::::ヽ     《
        i|l' ̄ ̄ ̄'l|!     》
        {{-- (;;;;;;;;;;) }} __《___
       l |:ニ:(,):二:二|l ,,__))___)
       {{______________}}   》
                  〃     ∧_∧
                      (´∀` /゙)
                       と   <
                        〉 iヽ_⌒)
                       (_)


*除夜の「鐘」は仏教の管轄。漢代には無いけどね。

[風呂文化]
肩までつかる方式に非ず。
タライを使った行水こと、沐浴(もくよく・体の一部またはすべてを清める)。

水は井戸か、川からのくみ上げで貴重なため、行なうのは5日に1回ぐらい。
近代でも、都市部以外はあまり風呂に入らない。

風呂場は浴堂といい。南北朝時代、お寺や宮殿にはあったそうですが、唐の玄宗が
楊貴妃のために真珠風呂を作ったという出典不明の逸話があるものの。
それ以上の情報は不明。

創作上では王侯貴族の宮殿のみに、現代の大浴場が描かれている。
風呂=貴族の贅沢という認識でいいのではないだろうか。

ちなみに温泉は日本ほど多くないものの各地に存在し。
周王朝時代に発見された驪山(リザン)温泉は、前漢の首都だった長安の近所にあり、
離宮が作られ、歴代王朝の皇帝たちに愛用されました。
現代でも残り。一般公開されてます。

        ∬       ∬
        。。・・・ ∧乙∧・・。。。∬
     o0o゚゚   ( ・∀・)   ゚゚oo
    。oO   ( (( ー----‐ )) )  O0o
   (~~)ヽ             (´^ヽO,
  (⌒ヽ             (⌒)(゙゙゙)~
   /~゙゙ヾ⌒`ゝ-(~´`(⌒(⌒~ヽ~ ~~  、、
   ゝー ′ '"      ``"       ¨^^
      、i,,      ``′    ""

「鬼門」

一説に「山海経」の記事が元となっており、
北西(乾)を「天門」、
南西(坤)を「人門」、
南東(巽)を「風門」、
北東(艮)を「鬼門」としたことから。

他の説としては、北の騎馬民族、匈奴がよく攻め入ってきた方角、それが中国から見て
「北東」の方角だったことから、
北東の方角をいつしか「鬼門」と呼び、恐れるようになった。


[髪について]管理註釈:ヤフー知恵袋より
髪をすいてから布で包んで簪をさし、垂れ髪の塵を払って
総角(あげまき)に結びます。
冠に櫛を通して、この髪を束ねた布を貫通させて、冠を固定しました。

髪を洗うのはだいたい3日に1回ぐらいでした。
当時は髪が長いのが普通でしたので、毎日洗うのは大変だったのでしょう。

湿った髪にはつげの櫛を使い、乾いた髪には象牙の櫛を使いました。
また髪を洗うときには、光沢を与えるため油を塗っていました。
洗髪として米のとぎ汁を使っており、これは滑らかで垢が落ちやすいそうです。

洗髪は毛を失うが、髪を生長させると思われていました。

髭が長く美しいのが尊いとされるのが中原の文化でした。
宦官が髯がはえないことを笑われたというのも、そのような文化があったためでしょう。

越人(この時代、揚州会稽郡の人々を指す)は髪を短く切って冠をつけない文化でした。
ざんばら髪でいれずみといったのが彼らの身だしなみだったとされます。

越人が中原を訪れて、冠をつけるように言われた時、
「ならお前が越に来た時は、髪を切っていれずみをするのか?」
と言い返した話があります。


            , '´             `丶
          /                   \
         ,イ    / ィ /.ィィ.. イ/ ,イハ! / |  !   ヽ\
       -イ/ / !.イ〃イ//レ´ル' / j从,オ  ト、  \>‐
      -ニハ!イ ! l |.!、.,//      _,.. -┤  .| \ーrゝ
         !.| |::|::、| ,≧ヾ、   ,ィ'’≦zュ  :!   |  私は本来魏の人間なんだが……
.          Ⅵ.|ぃマ示モぅ    斤こ爿》  :ト、  l
          | ヽ`ト弋辷!      ヒ込リ |  ::::|) }   ∧
          | ::::::ハ|| ,     、 _ ,' .:::::|ノ ::::.  ト、
          ,'i :_八ヽ! ヽ_  _ヽ∨ .::::::/::::::..:::::::.バ
          /イ ∧  ̄\   `=┘ ∨ ̄'::/::/,勹‐ァ:::ト、ト、ヘ、      恋姫†無双で呉の連中に
         ノ |.::::∧   > 、   ∨/::/::// / .ト、ぃゝ`'‐ゝ        ざんばら髪のヤツ
           |//フ \    `T¨ Ⅳ:/::イ/ /  ノ \
          /'´    \   _|  レ' /:/_人/            いないんだよな……
            , -―‐fT\_/ ′ //ィ '´ _>――-、
          , '     X◎|!  /(◎ >' ´  / ̄_¨ア\
.         /     / ̄¨ヽ/ ̄`¨´  |  -‐'' ¨´    l



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/22-637519b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。