やる夫が漢の皇帝になるようです(第二十八話)~国 士 無 双 【前編】~

ここでは、「やる夫が漢の皇帝になるようです(第二十八話)~国 士 無 双 【前編】~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

426 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:35:58 ID:UEZKl.JY
 
   や る 夫 が
                 ,ヘ     ,´ヽ
      (⌒ヽ      ____|  |_    |  |     
    _  ヽ ヽ `ヽ. (__    `⌒´   ""_-  
    ヽ ヽ ヽ ヘ ヽ ヽ  `i  i´~ ̄ヽ  |  ̄   
     ヽ, ヽ i | | |  | |   | |.     
      i |.| | | |   ヽ_ `⌒´__丿 ヘ   
     | | .| | | | | ヽ `)  ヽ  _|  |   
     .| | | | | | |  `_´   `""  |   
     | ノ .| | | | .| i´ .`i  | ̄`i   |   
    / /  .| | |  | | .i____|  i____/  ノ   
    i__/  | |. / /  ヽ__      _____/    
       .| ||,_/     _~`ヽ  i´   _     
     i⌒i | |     /´ ノ |  | < _`ヽ   
   | |  i | /⌒i /__-´  |   |   `~   
   .|  | .| | / / ´    /   \ ___    
   .| .| .| | | |  __,-´ _,-──- _  `ヽ.  
   .| .| .| | | |( ̄ __,-´  ,ヘ   ` ヽ_ノ  
   .| .|  | | | |  ̄ ,----^  `------、           (第二十八話)
   .| .| ||. | |   ー--┐ ┌-----゙      ~ 国 士 無 双 【前編】 ~
   .| .| | | | |      .|  |
   .|  | |  | |  |    _____ |  .| _______
   .|   | . |   | | | /´  .`   ´   _`ゝ
   ヽ | .ヽ   | ヽ,|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ,_|  ヽ-´     の 皇 帝 に な る よ う で す

427 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 00:35:58 ID:S2EyxBgo
ジャーン!ジャーン!

428 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:36:47 ID:UEZKl.JY
>>427 ちょwwwwwwww今日は奇襲じゃなくて遅刻wwwwwwwww


 
劉邦こと、やる夫が皇帝になるまでの物語です。

歴史はあまり詳しくないので「史実」と異なったり、
                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スルーしたりしてますが、やる夫シリーズということで
大目にみてくださいな^^;

ネタバレはご遠慮して頂けると嬉しいです。

【もちろん、つっこみ・コメ・支援は大歓迎!】


 .    / ̄ ̄ ヽ   コメや間違いだらけで、大変だと思いますが
   ./^)  ,     、',   まとめてくださってありがとうございます。
  〈 〈  {0} /¨`ヽ}0},
   ヽヽ   ヽ._.ノ |  やる夫アーカイブス 様
    |          |  http://memocopy.blog45.fc2.com/
   |         |  (いつもまとめてくださって感謝!)

429 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:37:17 ID:UEZKl.JY
 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1261066040/ (パー速)

第一話 やる夫の就活 
第二話 やる夫の婚活 
第三話 秦帝国崩壊の序章 
第四話 やる夫、逃亡しニートに返り咲く 
第五話 秦帝国炎上 
第六話 沛の動乱 
第七話 項羽蜂起す! 
第八話 秦の反撃 

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1263051849/ (パー速)

第九話   邂逅 
第十話   張良の奇策 
第十一話  張良、謀を帷幄の中に巡らす 
第十二話  懐王、楚王に即位す
第十三話  趙高の暗躍
第十四話  流血の罠
第十五話  趙高、鹿を指して馬と為す
第十六話  懐王の約束【前編】

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1265386888/ (やる夫板II)

第十六話   懐王の約束【後編】
第十七話   腐れ儒者
第十八話   項羽、釜を破り船を沈む
第十九話   再会
第二十話   大虐殺
第二十一話 胡亥の最後
第二十二話 咸陽入場

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1267437526/ (やる夫板II)

第二十二話 咸陽入場【続き】
第二十三話 忍び寄る危機
第二十四話 鴻門の会【前編】【中編】【後編】
第二十五話 咸陽炎上

(以下、現行スレで掲載中)

第二十五話 咸陽炎上【続き】
第二十六話 項羽、覇王に君臨す
第二十七話 やる夫、漢中に雌伏す

430 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:37:54 ID:UEZKl.JY
 
 主 要 キ ャ ス ト

【漢】
  リュウホウ
  劉邦(やる夫) … 物語の主人公。典型的なダメ人間。
  ハンカイ
  樊噲(やらない夫) … やる夫の親友。生業は犬肉業者。やる夫とは義兄弟。
  カンシン
  韓信(「銀河英雄伝説」ヤン・ウェンリー) … 項羽に見切りをつけ、漢に参入。ニート志望。
  カコウエイ
  夏侯嬰(クマー) … 沛県の馬世話係。現在はやる夫の御者。
  ソウシン
  曹参(「くそみそテクニック」阿部高和) … 沛県の刑務所勤務。
  ショウカ
  蕭何(オプーナ) … 沛県の凄腕役人。後方支援が得意。
  ロワン
  盧綰(いく夫) … やる夫と同年同月日生まれ。やる夫を兄と慕う。
  シュウボツ
  周勃(ヌケドナルド) … 機織業者。ときどき葬儀屋。
  レキイキ
  酈食其(麻呂) … 儒者であり、説客。得意技は zip を使った買収。
  リョチ
  呂雉(「School Days」桂言葉) … やる夫の嫁。キレると凶暴化する。
  セキ
  戚(「ひぐらしのなく頃に」竜宮レナ) … 咸陽で拾われた孤児。後に…
  
  
【楚】
  コウウ
  項羽(「北斗の拳」ラオウ) … 西楚の覇王。亡楚の名将項燕の孫。この時代、最強の将。
  ハンゾウ
  范増(「カイジ」利根川幸雄) … 計略・謀略に長けた老軍師。
  カイオウ
  懐王(「新世紀エヴァンゲリオン」碇シンジ) … 旧楚王の子孫。楚王に立てられるが…。
  コウハク
  項伯(「北斗の拳」トキ) … 項羽の叔父。鴻門の会でやる夫を救う。
  コウソウ
  項荘(「北斗の拳」ジャギ) … 項羽の従兄弟。鴻門の会でやる夫を暗殺しようとした。
  キフ              
  季布(「Black Lagoon」バラライカ) … 任侠に厚く、統率に優れた義将。
  ショウリマイ
  鍾離昧(「Black Lagoon」ヘンゼル) … 名高い猛将。
  リュウショ
  竜且(「Black Lagoon」グレーテル) … 鍾離昧と並ぶ猛将。
  チンエイ
  陳嬰(「新世紀エヴァンゲリオン」冬月コウゾウ) … 臨淮郡の東陽県の元役人。
  シュウイン
  周殷(「ベルセルク」髑髏の騎士) … 楚の猛将。

431 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:38:30 ID:UEZKl.JY
 
 【諸国の王】
       エイフ
  【九江】英布(「ベルセルク」ガッツ) … イレズミを持つ、項羽に劣らぬ猛将。
      チョウジ
  【常山】張耳(「ドラえもん」ドラえもん) … 陳余と行動を共にする。陳余とは刎頚の交りを結んだ仲。
      チンヨ
      陳余(「ドラえもん」のび太) … 論功行賞で不公平な扱いを受け、張耳を恨む。
      アツ
      歇(「キテレツ大百科」コロ助) … 旧趙王家の生き残り。論功行賞で 代 に左遷される。
      ギヒョウ
  【西魏】魏豹(「ドラゴンボール」ヤムチャ) … 旧魏の王族。論功行賞で東魏を奪われる。
     デント
  【斉】田都(「天空の城ラピュタ」) … 元・斉の将軍。項羽に気に入られ、斉王となるが…。
     デンエイ
     田栄(「天空の城ラピュタ」モウロ) … 論功行賞に不満を抱き、項羽に反抗する。
     デンオウ
     田横(「天空の城ラピュタ」ムスカ) … 兄・田栄とともに反乱を企てる。
     ホウエツ
     彭越(でっていう) … 昔、やる夫と共に秦と戦う。現在は、斉に潜伏。
      カンコウ
  【遼東】韓広(「ドラえもん」ジャイアン) … 論功行賞で燕王から遼東王に格下げされる。
  【旧秦】
    ショウカン
    章邯(「ベルセルク」グリフィス) … 雍王。旧秦の名将。新安の虐殺・関中の壊滅以降、精細を欠く。
    シバキン
    司馬欣(「ベルセルク」キャスカ) … 塞王。章邯と共に、項羽に降伏。
    トウエイ
    董翳(「ベルセルク」ゾッド) … 翟王。章邯と共に、項羽に降伏。
     コウ
  【韓】広(「最強伝説黒沢」黒沢) … 項羽に反抗的な態度をとったため、項羽の下で幽閉されている。
    チョウリョウ
    張良(「アカギ」赤木しげる) … 韓の臣。現在は項羽の命令で韓に戻る。
  
    スネーク(「メタルギアソリッド」スネーク) … 彭越の部下。張良の元に派遣されてる諜報要員。
    オウリョウ
    王陵(「新世紀エヴァンゲリオン」アスカ) … 昔のやる夫の兄貴分。現在は、張良と共に韓へ。

432 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:39:06 ID:UEZKl.JY
 
―――――――――― やる夫たちは桟道を通って漢中へ向かった。

;;ヽソ::::.〉 l .|""''--=_          ____,,....--=''''""''''=--、....,,,,_          :::....,,,,
::::| | ( ` .L:::: :::::| l ̄""'''==--'''"" ̄i:::ヽl/:::: .〈J  |::::l|| : |  .||:: ::::.|::::.i \...,,,,_  ___
::::|:〉 |||  |ll:::|::: ::l:::: lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---== | :::::::: |::::::::::::|::.:J  |::::l|| : | :::: ::''""'';ヽソ::::::〉
::::〉::: :|||:::: l: ::::`i:::ヽl/:::: .〈 ::.:J  |::::l|| : | :::: ::::|::::::::::::|::::\::::| | ( ` .L:::: :::::|:l|| : |::::|::::::::::lli
::::||  .||:: ::::.|::::.i |:: :::|::: ::: |:::: i:::: |::::|ll  .| .::::ill |:::::::::::|:::::::: |::: ::l::::::::lll:::: 〉::: ::::::ヽ |::::``---== |
^:/^/^:/^:/^/^/^:/^:/^/^:/^/^:/^:/^/^:/^:/^/^/^:/^:/^/^/^:/^:/^/^:/^/^:/^:/^/^:/^:/^/^/^:/^:/
/.;;/.:;/.:;/ :/.:;/.:;/:;./ :/,.;/.:;/.;:/ :/ ;/ .:/ :/ :/.;;/.:;/.:;/ :/.:;/.:;/:;./ :/,.;/.:;/.;:/ :/ ;/ .:/ :/ :/.;;/.:;/.:;/ :
(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0(0)(0)0)(0)(0)(0(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0(0)(0)0)(0)(0)(0(0)(0)(0)(0)(0)(0)(
::  |::::::::::::| \::::| | ( ` .L:::: :::::|:l|| : |::::|::::::::::lli:::|:〉 |||:::: |ll:::|::: ::l  lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---
|:::::::::::| :::: |::: ::l ::::lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---== |::::||  .||:: ::::.|::::.i |:: :::|::: ::: |:::: i:::: |::::|ll  .| .::::ill |
;;;;; ;;;;;l;; ;;;;; ;;;i;;;i;;;l;;;;;;;l;; ;;;;i l;;;;;l i;;; ;;|;; ;;;; ;;;;;li;;;; ;;;l;;;;;;;〉;i;;;;; ;;;i;;;;;;;;l;;; ;;;;;;;;;; ;;;; ;;;i;;;;;;;;; ;;;;; ;;l;;;;;;;;;;; ;|;;;;;; ;;;
;;;;;;;;;lli;;;;|;;〉;;;;;|||;;;;;;;;;;;ll;;;|;;; ;;l;;;;; lll ;;〉;;; ;;;;;ヽ;;;;;|::::::;;;;;; |::::::::::::|;;;;;\::::| |;;;;;(;;;;` .L;;;; ;;;;;;;;;;|;l|| ; |;;;;|;
::::i;; l::  `l;;l   ::l;;:::l;;l,;;::::i;;  ::l:: Y::l;;l ::l;;:::i,,;;::::i;;  ll;;l Y::   l;;l;:::i,,;;::::i;;  l;;l Y::  ::l;;l;;l,,;;ノ;::


433 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:39:50 ID:UEZKl.JY
 
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \   とほほ…
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /   これは酷いお…
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         リュウホウ
          劉邦(やる夫)


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \   ああ…
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |   気をつけろよ。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }   落ちたら死ぬだろ、高さ的に考えて…
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)
         ハンカイ
やる夫の義弟・樊噲(やらない夫)

434 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:40:26 ID:UEZKl.JY
 

                                __L.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                 /-─-.L.:.:.:.:.:.:.:.
                              /´/⌒丶ノ.:.:.:.: :.:.
                           /,ノ  __  ).:.:.:.:.:.:.
                            |  /ー- ニ_.:.:.:.:.: .:.
                            |   _  ノ.:.:.:.:: :
                           / _/‐-、 ̄.:.:.:.:.:.:.: :
.                   _.. ‐'''''''''''' ‐ 、 /    _,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 ,r'        \    /´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 /_,ノ  ,,    u ヽ,  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  たすけてくれお…  ( ○)  ヽ、,,,_     i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:::::
                i. u   ( ○)   /.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : :
                   \(_入_ノ     ∧: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:
                   ノ__,,/  ___∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                  /       |  〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.:
                    い,、        |  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:
.               i リ       ノ /.].:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                   <_/        / ./.].:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
                  |   r  / /.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
           .      /  / / /.....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
               i__ノ__/´ / . ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.

435 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 00:40:34 ID:YPniuPmQ
やる夫落ちるなよ!!絶対に落ちるなよ!!

436 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:41:13 ID:UEZKl.JY
 
     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |          …っておいっ!!!
   |   |   |   }
    |   |   |   }          いきなりかよっ!!
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__

437 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:41:46 ID:UEZKl.JY
 
―――――――――― 漢中は古代に地上から隆起した土地である。
                山頂からは貝の化石が見つかるほどであった。

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o     山の上なのに、貝があったお…。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |   どんだけー!?
  \     `ー'´     /



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  ありえないだろ、常識的に考えて。
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ   ここは山の中だぜ…
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´

438 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:42:32 ID:UEZKl.JY
 
―――――――――― 多くの兵士は…

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  大丈夫かのぉ…。
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u  あの漢王様だろ…。
     `u-u'. `u-u'

439 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:43:04 ID:UEZKl.JY
 
 
 オラ、不安になってきたぞ。
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´`д´) (`Д´ ) ∧∧  張良軍師もいなくなってもうた。
( `・Д) U) ( つと ノ(ヘ・´ )
| U (  `・) (・´  ) と ノ  わしら、故郷に帰れるのかい?
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

440 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:43:48 ID:UEZKl.JY
 
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  おい、やる夫。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  みんな不安に思ってるみたいだぜ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

441 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:44:25 ID:UEZKl.JY
 
   ∩___∩
   | ノ    u ヽ
  /  ●   ● |     一部が動揺しだしたクマよ。
  | u  ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\    脱走者はまだ出てないクマ。
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/    一応、監視はするクマー。
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)
  カコウエイ
  夏侯嬰(クマー)

442 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:45:05 ID:UEZKl.JY
 
        ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
        |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ
        ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
        l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ
         ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|
         '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ   でも、いつ脱走するかわからないでおじゃ。
         l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /
         l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ   大量の脱走者がでてもおかしくないでおじゃるよ。
         '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、
          ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、
             ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、
           ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、
            \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
           ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _:/ / //////:.:.:.:.ヽ‐- 、
          / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ )
      ,. -―{ 、/:.:.:.:.:ヽ ヽ.  / / /////:.:.:_,. - '" / ̄``丶、
 _,. -‐ '"´   ヽ `丶、r―--`'-/ / /////''"´   /       `丶、
'´          丶、_` ̄ ̄ / / ////'′ _,. - '′          `丶
            レキイキ
            酈食其(麻呂)

443 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:45:38 ID:UEZKl.JY
 
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|
       |________|_|
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|
    /-‐ニ三三三  、っ   rミ
    /三ミミ三三彡  ニ 、  ニ、
   ,'三ミミ三彡シ  ::ィ でi、  .rッl
   {ミ{.r-、ヾミミシ   ::`=^:  ト {    …って、おじゃーっ!!!!
   `ミヾ ヽヾミ゛      r、 _) .}
    ヾ二  ミ  ::/ /  _ニ_ /    はわわ…
      トミ    ::' /  /-'-'ア/
     / .: ::::.:.: i : ::ヾェェシ:./
     /7  ::' . ,-、ヾ`一 /
 r-一∧\:::  :::::::`ー-、‐<,-、.
.f ヾ  :::::ゝ \___//::::::ノ ノー、

                               / ̄ ̄\
                            /  ヽ、_  \
            どうしたんだ?      (●)(● )   |
                           (__人__)     |
                            (`⌒ ´     |
                       .     {           |
                            {        ノ
                             ヽ     ノ
                             ノ     ヽ
                              /      |

444 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:46:19 ID:UEZKl.JY
 
 (;; ).     _|_     (;; )   (;; )      ゴオオオオ      ゞ;;;;;ゞゝ.:.;:;ソ
 (;; ).   __i .i-.、 (;; ).__   (;;             (;; ) ゞ ;.:;:;: :;.:;:;:ノ
 (;; ). rii | i_,! 'ー _γ((炎)(;;    メラメラ   (;; ) 丿.;:: .;::;.::.:,ノ
_  (;; γノ)::)      ." |__     (;;      (;; ) 丿.;::.;::;.::.:,ノ
   人;ノ;;;;;从i~~゙   _.|_iγ((人)   从人 _从丿;.::.:,ノ
    人;ノ;;;;;从人((人) ,__~".''''ーk,,i=i、(( ( (人) ),l l
    _γ((炎)火)~":/^:/^/^γ((炎)火)~ _γ((炎)火 
   /.;;/.:;/.:;/ :/.:;/.:;/:;./ :/,.;/.:;/.;:/ :/ ;/ .:/ :/ :/
w  (0)(0)(0)(0)(0)(0)(0(0)(0)0)(0)(0)(0(0)(0)(0)    w
_,..-'''""'i"'" ヽ、  バキッ         ヽ~""''' ‐- ...,,_
   ヾ     ヾ`'、_             "'ヾ、 ヽ  ヾ


        ,';:``' ‐ョ 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - '"l;:;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;ミ   ` ` '' ー -‐ '"    ,リ;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;:ゝ   く三)   (三シ  `ヾ;:t、
       fミ{;:;:;:;:f'´   __ ,,.ノィリ!iヾ、.,,__  };f }
       l トl;:;:;:;:l  、,ィ或tュ、゙ミ:::::{,'ィt或アチ l:l,    も、もえてるでおじゃるっ!!
       ゙i,tヾ:;:;:!  `ヽ 二ノ :::::::::ト ` ‐t"i´  l:l:f
        ヽ`ー};:l    ) ) ,r':::::::::ヽ  ) )  リ_)  麻呂たちが通ってきた桟道がっ!!!
         `"^l:l   ( ( ,/゙ー、::::::;r'ヽ( (  l
           ゙i     )ノ    `'"   丶 )  ,'    あれが無くなったら、麻呂たちは
             ゙l、  ( (,ィ─==─ヽ ( ,}/
            ',ヽ, ) )ヾ┼┼┼,シ' ) )ヽ     漢中に閉じ込められるでおじゃる!
             } 丶( `゙==='′ /ノ:.:.:ヽ
            /l   丶、      ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:丶、、
          ,r'"^l !    ` ー‐;オ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ノ  ,}、

445 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:47:05 ID:UEZKl.JY
 
      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)    な、なんだって!!!
        | |   三 u    (__人__)
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ    だれがそんなことを…!
             二        }
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }     もしかして、項羽の手下が!!
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ

446 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:47:52 ID:UEZKl.JY
 
                           _..-ー'''-'''''― ..、
                        ./            `''-、
                      ./    〉~'ヽ.,.. .---.、   \
                      /   ./ ,、  .ャ .,r'      ヽ
                     ./     'r==  ,.ク__ く        l
                    │   .  ゙ァ .∠ー .爻 ` -、      l
                     |   ∠'. ィ'....===ー.弋......>     |
                    │   .   ' , r ., .l='、´      ,!
       メラメラ… (:'      l━━━━l i-.' .l \. l━━━━/
            ',  ))       .ヽ     `'' \__l  ~      /
           ,' ノし': :ヽ       .\              /
          ((,イ: :  :: :V)        `'-、              /
           、ゝ: :   : :(ノ}  ____  `'ー━┳━-‐'″
           ヽ: :: :  : :: :/ /⌒  ⌒\ . . .┃
           ゝ;:; :;人;ノ /( ≡)  (≡)\   ┃
             | |  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)   もーえろよもえろーよー♪
            | |  |     |r┬-|      |ニニア
            | |__\.    `ー'´    /:::::::::/    さんどうーもーえーろー♪
            (⌒||::::::::::: ̄\\   // ̄:::::::::::::/
             " ||:::::;;;;::::::::::::| |  | |:::::::::::::::/
               ` ̄.ヽ::::::::::| |>x<| |::::::::/
                 /::::::::::/ /.   \:::::::\
               /::::::::;;;;;;;/  ̄\ ヽニニニヽ
                ̄ ̄\_     |/
                   _ノ \___)
                 (    _/
                  |_ノ''

447 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:48:32 ID:UEZKl.JY
 
      ::                      ::::::::
         :::::     ____       ::::
           :: ,. -'"´      `\     ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽヽ、   ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`   ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ     ヽ,
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>      i
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄           |
      | .<_ ノ''"                  |   お  ま  え  か  よ
  ::   ヽ  /         ヽ            |
      | i   人_   ノ            |
      ,' ' ,_,,ノエエエェェ了              |
      ,'    じエ='='='" ',             i
  ::    i    (___,,..----U                 l
  ::    i                          l
      i                           l
      i                       l
  ::    i                       /
      i                       / ::

448 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:49:21 ID:UEZKl.JY
 
      ___
     / ノ_ ヽ,,\
   / ≦゚≧ミ:≦゚≧   燃えるのはてめぇだろ―――――――っ!!!!
    | ⌒(__人__) |
    |    |r┬| .}    常識的に考えて――――――――――っ!!!!
    |   ` | | | }
  /|    `ニニ }
  | │       │                                          ,,从.ノ
  | |       |                                         人ノ゙
  |  \      ノ                                    ,,..、;;:~''"゙゙
  | /      |\                         _,,..、;;:~-:''"゙⌒゙
  |(   く|___|__\__________ri`"'''"`"'': ; . , _
  | \  ヽノ _|||||________._|}=====f―――――――――┘,'   . : ; . : ;  _,;; "=-
  \  \_ 三〉))ー' ̄                      "''


           i!i||!!
          i!i!:;:;!i!|
        !i!|i|!i   i|!i|!|i!
      i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,, ゴオオオオオオオオ
     i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!|
    !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i!
   !i|   / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|   あっついおーっ!!!!
   i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i
  !!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|  心頭滅却ってレベルじゃねーおっ!!!!
   !i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !i
 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!
 !i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!
  i!ii!!   |、 i、       ,i  /  !i!i!
  i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|
   i!iii;;;;;  |          |  !i!

449 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:50:15 ID:UEZKl.JY
 
 (;; ).     _|_     (;; )   (;; )  
 (;; ).   __i .i-.、 (;; ).__   (;;   
 (;; ). rii | i_,! 'ー _γ((炎)(;;  
_  (;; γノ)::)      ." |__    
   人;ノ;;;;;从i~~゙   _.|_iγ((人)
    人;ノ;;;;;从人((人) 
     /メ":゙;,.,;.メ\シュウウウウウ…
   /メ ;;.;#;;メ;;.;#;;.\
  /;..;;(;;;;;);;.;;;(×);..;;\
  |;;.;メ;;.;メ(__人__);.;;;.;メ;;.;メ|
  \メ#;;;;.メ メ; ;;メ;;. ;;./
  /メ;; メ; ;;.メ; ;;;; ;メ.\

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)   何やってんだ!?
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ   ついに狂ったか!??
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \

450 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:51:23 ID:UEZKl.JY
 
            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :
         /  -==、   '==-   ..:::::|     ち、ちがうおっ!!
           | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :
       : ! #;;:..  l  |     .::::::/     これはやる夫の策だおっ!!
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/
          >;;;;::..     ..;,.;-\


     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)   策…!?
   (__人__)     (__人__)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |

451 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:51:51 ID:UEZKl.JY
 
      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶   今、兵士は故郷に帰りたくて動揺しているおっ!
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l   桟道を燃やせば、脱走者はいなくなるおっ!!
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l


    /、;:;:;:;:;:;:;:;:;ー-:;、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
   ./ミミミミミ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー-;:;、;:_;:;_:;::-‐'"´i
   lミミミミミミミミミー-::、;;;;_;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:i
  ,!ミミミミミミミミミ   _;`-、;;;!:-‐'''´|ミi
 //`,ヾミミミミシ‐'″  'ー‐'  :  'ニフ' i;/
 l l ,rヾミミミ      _,,,,,   ノ  _,,_ l
 ',ヽヾ、ヾミミ     ィで)ヽ、   r';ィび、.ノ
  ヽ、__,, ミミ      `゙゙'''"フ`  | `゙'''フ'i   …たしかに、そのとおりでおじゃる。
  〃 i l ミミ      /´    | `ー'´l
  /ヾ.l ミミ       /'    |  /
. /:::::',ヽヽ`       / ` `゙ー-' /
r/::::::::::',ヽヽ           i:i ', /
/::::::::::::::ヽヽ\    '"ー===-'/
ヽ:::::::::::::::::ヾ、 ` 、   ゙'一''ー'ノ′
、 \:::::::::::::::ヽ  ` ー‐-t't::i´゙ー-、
.`-、 `ー-:、::::::ヾ'、     //:::l ヽ `゙ー- 、

452 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:52:30 ID:UEZKl.JY
 
          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、     それに…
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |    桟道を燃やせば、関中にいる項羽の手下どもを
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  安心させることができるおっ!
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ     やる夫たちは攻めるのを諦めたって!


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |    ふーむ。
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ    そうだな…ヤツラは俺達を警戒しているが、
      |        }
      ヽ u      }    道が無くなれば、確かに安心…するのか。
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

453 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:53:23 ID:UEZKl.JY
 
     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ \  / |
   |::::::( ( >) (<)|    さすが劉兄ぃだっ!!
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |    張良さんがいなくても大丈夫だね!
    \      `ー'´/
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
     |  \/゙(__)\,|  i
             ロワン
  やる夫の幼馴染・盧綰(いく夫)


      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。 そうだおっ!!
     \     `ー'´   /      
       \ ,,,,    ,,, / + 。    迷将やる夫さまの能力覚醒だおっ!
       /        \ 
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
.       l        l  ⌒ヽ
       l   、__.    l   / ̄ ̄/
       l    ∧    l  /    /
                   ̄ ̄  パサッ
                 YY⌒Y

454 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:53:59 ID:UEZKl.JY
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  おい、なんか落ちたぞ。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /      えっ!?
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

455 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 00:54:13 ID:S2EyxBgo
何か落としたぞ!w

456 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:54:48 ID:UEZKl.JY
 
          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \    なんだこりゃぁ…。
     |  ( ●)( ●)
        |      (__人__)    
       |     `⌒ ´l    ん…?
      |         }    張良さんの手紙じゃねーか。
      ヽ        }
       ゝ     丿       …なるほどね~迷将さんよぉ。
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|


     ____ 
   /⌒  ⌒\
  //・\ ./・\\   さ、さぁ、漢中へさっさと行くおっ!!
/::::::⌒(__人__)⌒:u::\
|  u   `ー'´      |
\           /

457 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:55:54 ID:UEZKl.JY
 
                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \
                   |    ( ー)(ー)
                   .|     (__人__)  まったく…ちょっと期待しちゃっただろ。
                   /     ` ⌒´ノ
                 /  ヽ ⊂二二 ̄\
               /     \  ⊂、'    ヽ
              /        \_, `7  /
             /    へ     \ !/  /
             |      \    Υ  /
             |        \     /\
             |        / \__/.,,_r ヽ、
             /      _,,__|'"´      レi  }
            |   `'"´   `¨ー、     /ノノ
            |            }ィ    ´/
           /\___,,.._7    /::/   , '
          /::::::::::::::/::::::::::::::::{    /::/  /:
          |:::::::::::::::|::::::::::::::::::!   /:::/  f::::::
          |:::::::::::::::|::::::::::::::::/   /:::(    ヽ、
          |:::::::::::::/::::::::::::::/   {,_:::::::`ヽ、__,,ゝ
         /:::::::::::::|:::::::::::::(_    `¨つ:::::::::::::::
         |::::::::::::::::\:::::::::::::::::`¨ー-'"::::::::
             ::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::

458 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:56:38 ID:UEZKl.JY
 
 
   \そうだ…さっき殴ったのあやまれおっ/
   
            \ うっせーっ!カンニング野郎っ!! /
     \ ぐえあっ /
          バキッ
              _,,,...:-‐‐=-..,,,_                     __,,.. - ‐‐ ''''"
.、           ,r'";; ;;       ;;\,,_          _,,.. - ‐‐ ''''"";;;;,,,, ,,;;;;;;;;;;,,,,,
;;;,`';;.、       ,,r'";; ;; ;,,,    ;;; , ;;; ;;;,`';;.、 --‐‐''''""';;; ;; ,;;; ;;;;;  ,,,;;; ;,,,;;
;;  ;;;,`';;.、   ,:r';;; ;; ,;;; ;;          ;;  ;;;,`';;.、 ;;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;;;;;;  ,,,,;;;
,,;; ,,;;;,  ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  :; ;; ;;, ;;`';;、_ ,,,, ,,,,,,;;;;; , ;;; ;;;
 ;;;;  ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ;; ;;`';;、_          __,, - ''""
;;;; ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... ,-‐‐''''",,;; ,,;;;, ,;;
,r'";;;,,,,,, ;;;;;,,,,,,,,;;;;;; ,,,                             ,,;;  ,,;;;, ,,,, ;; ;;

459 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 00:57:39 ID:UEZKl.JY
 
――――――――――― 韓信も一兵卒として漢中へと向かった。

      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ   ははは…
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"    この軍はにぎやかでいいね。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_
  カンシン
  韓信(「銀河英雄伝説」ヤン・ウェンリー)

460 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:00:08 ID:UEZKl.JY
 
―――――――――― 廃丘・雍王の居城

               \\__二二ヽ.      .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:'  ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';;|    ━┓┃┃
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|       ┃
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:        ━┛┏┓
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .             ┗┛
 ,i!| ;ii''".;:|i|''"                       i!

461 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:00:40 ID:UEZKl.JY
 
                   __
               ,..-'"´   . : .:.`゙''ヽ、
             /:::::.:.:.: : : : : :.:.:.::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ヽ
           /;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;゙、
          /;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:l
           l;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|
            |:::::::;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : :.:.ノi::::.:.:.:.:.:.:::;;∧
          ゙i;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::,.-'",.イ;|::::::::::::::/;イ;;;゙、     …そうか
          ゙iヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:://○':/;;;:;:;:;:;:;/:;;;;:|;;;::ヽ
              ゙、ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;://`゙゙"//;;;;;;;;__ノ:,:;;;;;;i;;::  ゙、   やる夫は東進をあきらめたか。
            ヾ;:ヽ;;;;;;;;;;;:{:;`=='":::::r'´ l|;/;|;:;;/;;;;;;;;;:::゙、
             ヽi:l、:゙i:::::V;;;;:;::::/  .l|/:;;|,i:;;;;;;;;;;;;;;;/:)、
             ,.-ヽ;:::::::::|;;;;,∠_    /::::://〈;;;;;;;;;;;/ /::::゙'''- 、
     _,.、、.,,_ ,,..-y'";;;:;:;:;:;;;゙ヽ、レ゙'' ゚" /:::;;;//∧;;;;;;;;// |:::::::::.:.:.:.:::゙''>ー- 、
   ,r//:::::::::::::/;;;;;;:{;;;;;;;;;;;;;;;;/;;人:(`ー'":::;;;;;///;:ヘヽy' /;i::|;;;;;;;;;:;:::::;:/ィフ"´:゙ヽ、
  ///:::::::::::::::/'´;:;:;:\、=='";:;:;:;;;;|:i:`゙´:i::|;;;;;;///://;;;;; i::l:;:;;;;;;;;;:/;;;;;|l;:;::::::::::::i,i,゙!
 i::l::l:::::::::::::/;:;:,,..、;:;:;:;:゙''‐- .,,___;:;:;|:l,::::;/.ノ;`---'"( '´ `゙::>‐'´;;;:;:;:;:;|l;:;:;:;:;::::::::|:i゙!
 |:|::i:::::,.-'":::/;;;;;;;;゙ヽ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙i、;;;;;彳´ ̄ ̄``゙ '''''''''"´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;l:::i|
 |;|;`==く;;:Y:l;;;゙ヽ -'");:;:;:゙ヽ、:;:;:;:;:;:/:::;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,..、、 -- 、;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:/;:;:;|
               ショウカン
           雍王・章邯(「ベルセルク」グリフィス)

462 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:01:08 ID:UEZKl.JY
 
      .∧
      .|_:|
   ▲ ▲'||   はっ。
  (-A-;)||    
   {■■'○  それに脱走者が相次いでいます。
   |■■|,||
  ~|r'⌒J.||   自滅も時間の問題かと。



::::::::::::::::::/。::...            ヽヽ
::::'::::::::::/::::::::::.....     ,         'i i
:::::::::::::/:::::::::ヽ,         '     'i l,    そうだな…
:::::::::::/::::::::::::::l\             l l    
::':::::/:::::::::::::::::l;;;;;"'-、,,__     ......::::::::::::l::l    漢中からは間道経由でも来れなくは無い…。
::::::/::::::::::::::::::::l;;;";ー--、"'ー-,,_..:::::'::::::::::l:i     
::::::ト。::::::::::,:::::::\;;ヽ,,_゚ノ;;;;;;;;;;;i,_ヽ,::::::::::::::/     桟道を焼いたとて、脱走者はなくならぬ。
::::7。ヽ、。::::::::::::::::\;;;;;:::::::::::::::;;;;,,,,'l:::::::::::/
::::l:::::::::"'t゚-‐ー-,,__二二"' ̄ ̄ヽ,l::::::/      むしろ、関中進軍が困難になっただけだ…
ヽlo:::::::::::\,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i ̄\:::::::::/
/:::\:::::::::::::\;;;;;:::::::;;;;;;;フ    ヽ/       余所者のやる夫には、あの険しい間道を
゚:::ヽ:::"'ー-,,_:::'ー――--^>
\ o--::。 ソー―i'''" ̄            通ることなど不可能……
;;;;;"'ー-,,,,_/;;;;;/,,/
\;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;i,i,;;;;;;/

463 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:01:36 ID:UEZKl.JY
 
               ____   
           ,.-'.ヾ´   `ヽ、 
           /    .ヽ     ヽ       ご苦労…
         /      .ヽ     ゙i 
.         i :.   ,ノl   ヽ    l       脱走者が来たら保護してやれ…。
       l :::. .r':::;:ィ!  ., t,    ノ    
          ', :::.i `i;ゾ,.-''i   ヽ,.='‐二 ̄ '''┐  
          ヽ :'、i ,/ィ_::ノ:.::/  _,>'゙‐‐‐-、ヽ,   漢中の監視は解いてよい…。
.         ヽ、,! ノ_;;::ィ :;r''´ _,,. -‐ ‐ 、 ヾ、
                //::.:r'´ ,. -‐‐-.、';.  i
               i !  :.lor´ ,. -‐‐-、!,__ノ


      .∧
      .|_:|
   ▲ ▲'||
   (゚Д゚ )||   はっ!
   {■■'○
   |■■|,||  かしこまりましたっ!
  ~|r'⌒J.||

464 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:02:04 ID:UEZKl.JY
 
――――――――――― やる夫たちは漢中に入った。


        ____
     ; /ノ|||| ヽ\;
   ; /( ○)  (○)\ ;
  , /::::::\(__人__)/::::: \;   やっとついたおっ…。
  ; |    | |r┬-| |    |,,
  ′\      `ー'ォ    /´
    ./  ⌒ ̄ ̄`r:´> ) :
    (_ニニ>-‐'´/' (/ ;
    ; |     | ;
    ' \ ヽ/ / :
    , / /\\ .
    ; し’ ' `| | ;

465 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:02:30 ID:UEZKl.JY
 
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\   どれどれ…
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |  漢中のオニャノコのレベルは…
  \              /


     ____
    / ⌒  ⌒  \   どれくらいかおっ?
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /

466 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:03:01 ID:UEZKl.JY
 
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、     死 ――――――――――― ん …
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙ ''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛ '''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―-- '''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
:;.:";|./:;.:'";゙:.:゙,:;ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
':;,`:ヽ|/,':,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''
";*'.:.:;”:;,`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;  ,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:"
:".:;.:'"i゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`: ::::::  '''''"""''""''''""''"''''""
":;*;;:ヽ|i/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";w
::;.:";|./:;.:'";゙:.:*゙,:;//,:;、,"ノ'.:;ノ'.

467 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:03:55 ID:UEZKl.JY
 
       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \    かわいコちゃんどころか、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |  エロゲショップすらないおっ!
  \    ヽニニソ    /


      .,..-──- 、
     r '´. : : : : : : : : : :ヽ
    /.: : : : : : : : : : : : : :: ヽ
    ,!::: : : : : ,-…-…-ミ:: : :',
   {:: : : : : :i  ,;ノ;´:`ゞ、i: : :.:}
   {:: : : : : :|  ェェ;;;;;;;ェェ|: : : }    おい…おまえ…
    { : : : : ::|    ,.、 .| : : :;!∫
    ヾ: :: : :i   r‐-ニ┐| : riii=
     ゞイ!   ヽ 二゙ノ イ「 ノ
    ⌒ー ̄ ̄´ r⌒ !  〉
    (         (` ー'
  シュウボツ
   周勃(ヌケドナルド)

468 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:04:21 ID:UEZKl.JY
 
         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |   おいっ!
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |  やる夫!大変だっ!!
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       ___
     / ⌒  ⌒\     どうしたんだおっ!!
    / (○)  (○) \
  /   ///(__人__)/// \  かわい子ちゃんが見つかったのかおっ!!
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/  その子は巨乳かおっ!?
    /      ー‐    ィ

469 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:04:46 ID:UEZKl.JY
 
   / ̄ ̄\
 /ノ(  _ノ  \  んなわけねーだろJK
 | ⌒ ( ●)(●)
. |     (__人__)____    ドスドス
  |     ` ⌒/ ─' i;;三三ラ´
.  |       /( i;;三三ラ´;;三三ラ´ ドス
.  ヽ     /i;;三三n__人__)i;;三三ラ´
   ヽ   |、・i;j:  (  ヨ ・i;j: |
   /    `ー─-  厂i;;三三ラ´ドドドッドス
   |   、 _   __,,/ ・i;j:  i;;三三ラ´
    |    /   ̄   i;;三三ラ・i;j: ドススドス
    |    |i;;三三ラ´・i;j:  i;;三三ラ´
       ドスス

470 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:05:17 ID:UEZKl.JY
 
       ___
     /     \
    / ::::(  )::::(  )    で…で…?
  /  ⌒(_人__) \
  |      ` ⌒´   |  な…なにが…あったんだ…お…?
  \          /
  /          \
  /       i;;三三ラ |
  |  |     ・i;j: |  |


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  脱走者が出たんだよ!!
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´

471 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:05:43 ID:UEZKl.JY
 
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    脱走者…?
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|   間道を使って脱走したらしい。
        !  (__人__)  |   カコウエイ
          , っ  `⌒´   |   夏候嬰のヤツが捜索してるが…
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

472 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:06:16 ID:UEZKl.JY
 
――――――――――― 桟道を燃やしても、間道伝いに脱走するものが
                 相次いだのである。

              。∧,,∧            ∧,,∧   やってられっかー
               ゚ ( `・ω)        o( `・ω)o
   ‐  ― =;;⌒`) ( O┬O ‐ ― =;;⌒`) (  ┬)
 ‐ ― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎ ∧,,∧゙)⌒`)◎-J┴◎゚.。∧,,∧
                    ゚ ゚( `・ω)           ( `・ω)  こんな田舎で
        ‐  ― =;;⌒`) ( O┬O  ‐ ― =.;;⌒`) ( O┬O  くたばってたまるかっ。
  .     ‐  ― =;;⌒∧,,∧ ◎-J┴◎― =;;⌒∧,,∧◎-J┴◎
            (u´゚'ω)          (u`・ω)
   ‐  ― =;;⌒`) (u.O┬O  ‐ ― =.;;⌒`) ( O┬O
 ‐ ― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎

473 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:06:49 ID:UEZKl.JY
 
                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \   項羽を倒すと意気込んだのにっ…
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |  みんなわかってくれないお。
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、 
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄

474 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:07:15 ID:UEZKl.JY
 
       ____
    /   \  /\  こうなったら彼女x彼女x彼女・国士無双っ!で抜くおっ!
  /  し (>)  (<)\
  | ∪    (__人__)  J |  ________
.  \  u   `⌒´  / | |          |
   ノ            \ | |          |
          シコシコ

475 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:08:00 ID:UEZKl.JY
 
    ___ 少しは大将の自覚をもてってんだっ!!
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;   
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;  か…かなしい…きもちを…
  |          | \ヽ 、  ,     /;   まぎらわせ…たかった…
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、    …だけ…だお…
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/

476 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:08:45 ID:UEZKl.JY
 
        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |   …ったく…!
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |   PCをシャットダウンしておくぜ。
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |

477 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:09:10 ID:UEZKl.JY
 
             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)
      / /\ .| l|lii!:::::(__人__):i   ああっ!!
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|
         / \     `⌒´_/   PC見ちゃだめだおっ~!
        /           \
       /      / ̄ ̄ヽ )
   _  r  /⌒ヾ/   //
  "ヽ |  i,     i    (_ノ
    | ヽ/ ヽ、_/  /
    ヽ、_/ / /
        (/


      / ̄ ̄\
    / _ノ  ヽ、_ \
    | ( ー)(ー ) |  ちっ、ウィンドウを隠していたのかよ!
    |  (__人__)  │  どうせろくなアプリ立ち上げてないだろ…。
     |   `⌒ ´   |
     |           |   …ん?ドキュメント…?
     ヽ       /   ________
      ヽ      /    | |               |
.      >     <    | |               |
    /  `     \  .| |               |
    |  r     .|  \.| |               |
    |  ┴rェェァ_ |\   |_|________|
──‐‐`ー-イ__)l二二l ̄ ̄      | |  |

478 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:09:37 ID:UEZKl.JY
 
 
┝┥┌──────────────────┴┐
│┝┥┌──────────────────┴┐
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥張良の手紙.txt                 [×]|
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━| \
└┤│││││                            ヽゝ
  └┤││││ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ |
    └┤│││ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ |
      └┤││ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ |
        └┤│ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ |
          └┤ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ |
            └─────────────────――┘

479 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:10:06 ID:UEZKl.JY
 
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    やる夫…お前…。
     |     (__人__)    チョウリョウ
     |     ` ⌒´ノ     張良さんが残していった手紙を…
       |         } \
     /ヽ       }  \  読んでいたのか?
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

480 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:11:08 ID:UEZKl.JY
 
       ____
     /U    \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  樊噲、みんなには内緒にしてくれおっ。
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´   U/   やる夫は不安だおっ。
  /ι  u     J|
 (_⌒) ・ ι  ・ ||   上手くいくのか…不安なんだおっ…
   l⌒ヽ     _ノ |  
    |  r `(;;U;) ι )__)   みんな、やる夫を見限って逃げ出すんだおっ…。
  (_ノ  ̄ / /  
 (::::::::..:::::..::::..(__^)

481 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:11:36 ID:UEZKl.JY
 
       ___
      /     \
    /        \    でも、不安になって張良の策を
    /::::::           ヽ
    |:::::          i    読み返してるなんて知られたくないおっ。
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)

482 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:12:09 ID:UEZKl.JY
 
         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :  みんな余計に不安になっちゃうおっ!
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜   たのむお、樊噲…。
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:

483 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:12:53 ID:UEZKl.JY
 
    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |
  |               |   ああ…わかったよ。
  |              l
  |          /    それとな…
  |        〃/
  \、__     (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |


         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \  何だお…?
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

484 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 01:13:20 ID:aWlztbz2
弱みばっかり見せてる気がするが・・・

でも、なんかがんばれって感じだよな。

485 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:13:26 ID:UEZKl.JY
 
    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ  ヽ、_      ヽ
 ( ●)( ●)      |   つらかったら、俺に相談してくれだろ。
  | { .!  )        |.
  |. ¨´ `¨´      l.   俺はお前の義弟なんだぜ。
.  |          /.
  |          /    何年の付き合いだと思ってんだ?
   \__      (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |



      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜  樊噲~
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /

486 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:14:03 ID:UEZKl.JY
 
   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )                 沛の挙兵のときにさ、
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .  俺だけはお前が大将になるのに反対したんだぜ。
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .     お前には重荷ってな。
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

487 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:14:30 ID:UEZKl.JY
 
        / ̄ ̄\
      /       \     でも、お前は頑張ってるだろ。
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |    むしろ、いつもつらい思いさせてすまねぇだろ。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'




   /  ̄  ̄ \
  /  _ノ  ヽ、_  \    あ、ありがとうだおっ…
/ o゚|⌒|  |⌒|゚o  \
|   | (__人__). |    |  やる夫は嬉しいおっ…
\  | `|⌒|´ |  /
/ ̄ |川!| ̄|川i| ̄\

488 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:15:23 ID:UEZKl.JY
 
          / ̄ ̄\
        .ノ  \,_.  .\    おいおい…そんなにくっつくなよ。
       (●)(● ) u  |
     / ̄(__人__)     |    気持ちわるいだろ!
   /  _ノ .ヾ⌒ ´     |
  /   ゚⌒  {    .  /    (すまんな…)
  | /// ||(__人\    .カ  
  \   ノi ` ⌒´ン     .ノノ     (そんなに思いつめていたなんて…)
   /  し'  ./  . .. し}
     .(⌒二_⊿ニ⌒)  .i     (俺がきっと何とかしてやるよ!)

489 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:15:57 ID:UEZKl.JY
 
―――――――― それから数ヶ月が経った。


              ○                              .:;,:.
        .; .       O             ,.. ´ ` 、         :;ゞヾ
       ' ;::,        [ 三 ] / \      ,. '     ` 、       ,;ミヾゞミ
       ' ;: : '       | /:::::::::::::::\  ,. '  ..⌒ ... ~^~...` 、      'ゞミヾミ
      :; : ; : .;      /::::::::::::::::::::::::::::\  ..:.:.:::.:::::.:.::.::::.... ` 、   ;:ゞ彡;ゞ
       ; :; ' ; :    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ :::::::::::::::::.:::.::..:.:::.:..:.` .、 ;ゞヾヾゞ;
       ', ; .; '       |    □ □ 漢  |   ::::::.:::::::::::.:::::::.::.::::....:......゛ゞツ;ミ;;ソ
       ! i!        |    □ □     |  .:.:::::::.:::::::.:::::::.:.:.:.::..:..:..:......:..:.:li l !
       l i !      ][][][]______|_  ::...::.::::::::.::::::::::::.:.:..:..:........::..::.::i: l!i ::~^"''''' ー - -
'"^''"'''~''"'"'"^"^^^'^'""'' _||_          _||_└i'"''"""'''"^"'^'^'"^"'""'"^'''^^''''''^"'~^^''^""^^'"^~^
.:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. : .:. :
. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
              ↑
              やる夫の館

490 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:17:15 ID:UEZKl.JY
 
―――――――― やる夫たちは脱走者の取締りを強化したが、
             それでも脱走者は減らなかった。

    > クマァ───────  )、 ────!!<
     ̄\/\/ (~`、__ノ~)   (/  /⌒\ \/ ̄
      ・     / ▲ノ●▲     /(_/⌒\\
 バリバリバリ  彡 ⌒/Vi^^V´ミ /   (___ )   今日の脱走者は誰クマっ!!
   へ      彡   |`ー!ii ミノ    人__ノ\
  ノ へ>`ー─´ i    ヽ、i!i)  ミ       /    )
  ( ー、´ ─・ イ     、、、、ノ ミ   ///_、、、、ノ
  \(` ー ー i  、、、 ミ  、、ヽ`ミ/ / / ̄´
   ( \    ~ミ``        、`ミ/ /
    `ー\   彡            ミ
        \  彡             ミ
          `ー彡             ミ
          (( 彡  ``ヽ、、、 ``    ミ ⌒) )、
        (   (  ミ`ヽ、、、        ミ   ))  )
        (    (_/      ヽ     ノ  )    )
         (            (   /     )
                      \_)   )
           カコウエイ
           夏侯嬰(クマー)

491 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:17:46 ID:UEZKl.JY
 
―――― 公開処刑していたことから、脱走が深刻であったことが伺える。
                             ヘ_
                            //;;;;`-、_
                             //ー-、;;;;;;;;;ヽ、
                       //_     ;;;;;;;;ヽ、
                         // ゙゙ー-、  ` ;;;;;;ヽ
         ___           //     `-、 ` ;;;;ヽ
      _ /::::::::::::::::::ヽ        .//        \ `;;;;|
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     //          ヽ ゙、;|
   ∠_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   //           | i;|
   \/ ̄\::::::::::::::::::::::::::::::::::\//               | l/
   /     \__::::::::::::::::::::://             l/
   l ○     ○ \::::::::::::://
   l   (_●_ )     》:::::://
  ミi    |∪ /    /:::::://::   みんな首チョンパクマっ!!!
    \  ヽ丿   /:::::::://::::::::"-、、
     `  ァ-―''7":::::::://-;;:::::::::::::/
      /|::|  {:::::⊂ ̄ヽ'":::::::/
     <;;;;;;|    \:::ゝ(_ノ:::::::::::`-、,..--─-,,,


                  ゲ ゲ ゲ っ ! !
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''' 脱 ''''':::::::\/'''' 走 ''''/''''' 者 '''''':::::::\   /'''' たち'''':::::::\
  . |(○),   、(○)、.:|(○),    |(○),   、(○)、.:|、( |(○),   、(○)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー ‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´

492 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:18:25 ID:UEZKl.JY
 
―――――――― その中に韓信がいた。脱走を図ったかは不明である。
             なお、史記には韓信が連座で捕まったことしか記述されていない。

             /;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ
          /;;;;;;;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, .イ、
        /;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::,、-‐'''"´..: .:;.;:;ヽ,
         |;:;;;;;;;;;;〔カ;:;:;:;:;:;:::::,r'´ ヽ.:.:;;;:;;ヽミヽ;.:.:..ヽ
        !;:;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;イ  ;:ト、 ;:;;、.:.:;:;:;:;;;;;`ヽ;:;:;!
        `ト、;:;;;;;;;;;;,、‐'ィイ ;:; :; ;;、 ;:;:;、`ミミミ、:;;;`ヾ;:;;|  やれやれ…
        ,'.:;: ,: ,ィイノlノ;'ハトト、ヾ;:;:トト、ヾミヾ;: ;;;;;;.:;;;リ
        V,:;`,;',;,'ル'゙-イ=≡'´  ``''=- 、`ノノ .:.:/   上手くいったと思ったのに…。
         ル,;:',ヘ;;!  ー='''´ヽ  ー=‐`  ii! l;:;/
         トト;;ト、j!    "´   ``     / //    我ながら、情けないぐらい逃げ足が遅いよ。
          '`ヾ>ト、       ;      ,ヘ;:;k
            `1ik、    `ー′   ,ヘ;:;;イ     でも、ここだって連敖(接待係)なんだしなぁ…。
            /.:.:L:.、   -‐-‐-  / 1;;/ヽ
             /.:.::.:.:/1ヽ  ´ ̄  ,.イ /;:;:;ハ.:`,    ここにいても仕方がなかったんだ。
         _,ノ.:.::::::/;:;;レ''``ー─.< V;;;;;i.:l/.:::::L__
     -‐''"´.:.:.::::::::::/;:;;;;;l   /l   ヽi;:;;;;;;l.::::::/::::::::::::.`
    .:.:.:.::::::::::::::::::::V;:;:;;;;;;;|  lk!     l;:;;;;;;;|.::/.::::::::::::::::::

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |   ん?
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\  独り言クマか?
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/

493 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:18:51 ID:UEZKl.JY
 
   .ノ ̄--┐  //ヽ\
  ノ ノ ̄/ / / / ノ  "´ ̄ ̄''''‐-...ノヽ
 \'" ノ /    /            丶 |
  ,--'" /   /  ,ィ             \
  ヽ-''"    7_//          _/^  、`、
┌───┐  /          /  ● 、,.;j ヽ|
└──  /  /.           -   =-{_●{    よーく聞くクマっ!!
  ,-、/ /  |/         ,r' / ̄''''‐-..,●
 < " /   {         i' i    _   `ヽ   お前達は、脱走した卑怯者クマよっ!!
  \ \    ̄フ       i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   n\/    / 彡       l  /''"´ 〈/ /ミ   軍規に照らせば死刑クマっ!!
   ll     _ > .  彡    ;: |  !    i {ミ
   l|       \ l 彡l     ;. l |     | !ミ
   |l      トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :lミ    処刑開始っ!!!
   ll     |彡     l    ; l i   i  | l
   ll     iヾ 彡     l   ;: l |  { j {
   |l     { 彡|.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n  l 彡   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!   l彡|    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o   l      :.         |

494 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:19:19 ID:UEZKl.JY
 
              ひーっ!!たすけて!!!>

                            ザシュ>
   ∩___∩
   | ノ\    /ヽ
  /  ●   ● |   卑怯者クマめっ…。
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

495 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:19:48 ID:UEZKl.JY
 
 おらぁ、田舎にかえりたかっただけだべぇっ!!!>
                          
                            ザシュ>
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  / ●   ● |    最後のセリフは…
  |   ( _●_)   ミ
 彡、   |∪|  、`\  お決まりクマね。
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

496 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:20:13 ID:UEZKl.JY
 
                 おっかかぁぁぁぁぁ!!!>

                            ザシュ>
   ∩___∩
   | ノ  ノ ヽ、 ヽ
  /  ●   ● |  家族や故郷のことを
  |     ( _●_) ミ   
 彡、  /⌒)(⌒ヽ/   叫ぶクマよ…。
  ./  /  / \  ヽ
  l    ノ    `ー‐'

497 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:20:37 ID:UEZKl.JY
 
                     ぬるぽっ!!!>

                            ガッ>
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/  あばばばばばば!
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /      んなあほなっ!?
  /      / 
 |       /  
 |  /\ \  
 | /    )  )  
 ∪    (  \ 
       \_)

498 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:21:28 ID:UEZKl.JY
 
―――――――― そして…最後の処刑者は韓信であった。

            ス::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ
          ,ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; 〈カ;!
         /;:j;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:::::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:.:.\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; ハ
         リイ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..゙ゞ、、.;__,ィ '.:.ヽ
        ,イj:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/´ , Yj;:;:;:;,r'゙´ '"´ゞ''゙´Yイ!;.;.;.;..:.!
       /,イ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;! イ ノリ;:;:r'     ̄``ヽ、 !;:;:;:;:;/
       i/ィイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙, Vゞ !;:r'    `ゞt‐ァ´iイ;:;/  …私で最後か。
        _ヾ仆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;入, .:. .リ′       ´〈 '゙´
      /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.ヽ            ヽ     あまり、碌な人生じゃなかったなあ…。
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィイ、 .:.:.:i          、_   〉
    广::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:. . .           厂´   ニートといっても、婆さんに恵んでもらったり、
  /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.\:.:. .      ̄`Y´
_/.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.ヽ、:::::.:.:.\.:.     /     股をくぐったりと、いいことがない人生だったなぁ。
.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:`丶、.:/ヽ:..  _/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.`ヽ「
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::.:.:.:``ヽ、 _

499 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:22:02 ID:UEZKl.JY
 
       ∩___∩
       | ノ \  /ヽ
      /  ●   ● |   お前で最後クマよっ!!
      |  ,,,  ( _●_)  ミ   
     彡、   |∪|  、`\  お情けで、最後の一言を聞いてやるクマっ!!
    / __  ヽノ /´>  ) ))
  ̄ ̄(___) ̄ ̄∑ (_/ ̄ ̄
               

           ノ.:.;'.:.:.:.:.〃〃j, ハ:i.:l:l:.:.:l:l.:.:.:.:゙、゙、.:.、.:.:.:.;:;;;;.',
           〃.:j.:.:.jii.:.:./:/.jリ i.:i.:l:l.:.:.l:l.:.:.:.:゙;゙、ミミヽ.:.:;;:;;;;;;',
            〃.:.j:.:.:jii.:.://.:ノハ ト、ト、i.:l.:l.!.:.:.:ミミミミミヽ;:;:;;;;;;!
            {:{;:;j.:.:ijレイイ--‐' ゙、ヾトトトミ;トトミミヽミミミミミ、;:;;;;;{
              V从;:;j. ,t〒テヽヽ  `二ニ''ー-ヽミミミミミ、从!   やれやれ…
             ヾ从j!  `ー'      t〒テヽ ``i.:i1ミミミ从j!
             '1 i!     / .::.  ` '''`   j;;ノハj!;;;:;〃   変な同情をかけられるとは…。
              iい    ノ .:.:::.       ハ /;;;:〃
             {;:;:!    `゙゙"´       ノノ/;;;:〃     どうせ最後だ、一言言い放ってやるか。
              {;:;j    r‐_‐- 、     ,._ ノ;:;;〃
              ノハ',    ニニ`      / i;:;〃ソ
              /!.゙、          /.:;;;;:;;ノノ
                / ヽ、.゙、    ,. ィ´   .!ソ
            _/   \`"""´ /     ト、
       ,,.、、-‐'"´ ヽ      \      / L_

500 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:22:30 ID:UEZKl.JY
 
       ∩___∩
       | ノ      ヽ/⌒)
     /⌒) ●   ● |  |  どうしたクマっ!?
   / /   ( _●_)  ミ./  
   (  ヽ  |∪|  /   家族への伝言でも考えているクマか!?
   \    ヽノ  /
    /       /
   |       /

501 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:22:59 ID:UEZKl.JY
 
          _,.、-‐''''"""""""'''ー- 、
        ,、-''゙             ヽ
        /  ,へ     ____..:.::::l
     /    ゙ー' ,、-‐''"´、 、__ 、_ ``'〈
      l     ,.-'゙、 、 ゝ、`  、` `、 ゙:、
     ゙、_,.-'゙ ,小、ミミ、'ー゙ニ'ー`ー`:::`ヾ:ヽ,::';   では、斬首される前に一言申し上げます。
      リ,  r<,'_゙、`` _ッ=,ニ,、`゛`!::::,:- 、:::::::l  
      'ハ、、ト (で!>i ´ 、:゙‐'::'  リ ,!/'i l:::::/   今は漢の国を興そうとしている大事な時期。
.         l  ´ノ 、  `    ノリ > !:::i゙   
         l  i.. ,...':      /゙,ニ-'゙::::ト、  項羽を倒し、天下を取ろうとする大望を秘めた上人が、
.         ゙、  r─- 、     / !、:::::リ    
          ゙、  l,Z二ノ   / ノ;''"^:、   何の理由があって壮士を斬るのか?
           ゙、 `二´   / ,.r'゙..:.:.:.:::::::゙:、   
        ,、-',ニ\__,.、-'ニr''゙  /゙、:::::::::::.`ー- 、
    _,,.、-''",ィ 「  f" `7´   |゙:、 ゙、/.::::::::::::::.:.:...
  ー''" '''"´  l ハ !        l::::゙:、 ':;:::::::::::::::::::::
          l,' ヾー- ..,,,.. -‐'゙::::::>;'/`ー-- 、,,_

502 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:23:22 ID:UEZKl.JY
 
                        _,. -──- .._
                    ,. ´  u      ` 、
                _,/          '´ ̄ ヽ  \    く、クマっ!?壮士っ!?
           ,..-‐ ´    ○       '⌒> ノ   \
           {::j                       \  お、お前…クマたちが
            V             u               \  項羽を倒すつもりって…
           \
              ` ‐- .._             u       言わなかったクマ!??
                `丶
                       \
                       ヽ
                         |

503 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:23:47 ID:UEZKl.JY
 
          /                    \
        /:.     〈カj   ,.ー- 、_ _      !
        !;:::. .       /  . :. :.; ;: ;; .:. .``ー-、j
        ヽ;; :. . __,.イィイ ハゞヽ、. : ;; :; :;:; . .  ヾ   言いました。
         Y/;:;:;:;:;;〃ノン' ノ'  い゙:、ヾ'、;:ヽ、;:; :;. .: ヽ
         ,j;:;:;:;:;:イ::''´ ̄``ー 、'  ー''"´_``、;:;:;:;:、  ;!  桟道を焼いたとき、私は確信しました。
        /:::;;:;:;:;;j:::. . .〈じニゞ,i  ,テラー、`,!;;;;;;;; . ::;!
        ゙、j:;;;:;:;,:!::::.:. .   ´ l   `    .!;;;;;;;;;;;;;ソ  もちろん、他の者は気づいてないでしょう。
         /;:;:;:ト;:!;::::. . .    , ‐、      j;:,イi;;;;;;!
         `、;:;:〉ハ!::::.:.:.    ー      ,リ j !;;:/   私はあなたたちの考えを見抜いたのです。
          j/;:ヾ ,:::::::.:.   __      ソ ',::;/
          リ;;;:;:;:ト、:::.:.:..  〈二二ヽ   /,イ;:!'゙     有能な私を切ることは、あなただけでなく
         ,rー- 、リ:\::.:..  ´ ̄ `   ,/;;:;!'゙
         /:.: . ..  `ー- ヾ::..   ̄`  /|ソリ       漢の損失になりますよ。
      ,r‐' ー ‐- 、_   `ー─‐''"   ,!、
     ノ::::.:.:.:.:.. .:.:. .. . . ̄``ヽ、TY⌒ヽ'´ ̄|               ,rー-、_
    /;;;.:::::::::.::::::::::::::::::.:.. . .. . . .\       j              / ,    `ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::.:.:...: ..:.: . . .`^ヽー、/l__           ,r' /     l

504 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:24:14 ID:UEZKl.JY
 
                ,, _∩
           ∩/    -ヽヘ
           Y ,     ○ ヾ\
          /^f:○ (_●_)   } }    な…なんでわかったクマ…!?
          |: .|:..  .)  |  ミ |
           ゝ:ヾ..  ⌒" ..,イ、イ    り、理由を、お、教えるクマっ!
            \;"ヽ::... ∠ ヽ \ 
          γ⌒:|:: .}"    ⌒\ \
           |  ;/ /    ,ィヘ. \ ヽ
          | / /    ノ   \___ノ
          | " /    /
           ゝ__ノ    /
           /.     ..f

505 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:24:40 ID:UEZKl.JY
 
            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}   ここで話しては他人に聞かれるでしょう。
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ   他国の密偵がいては困るはず。
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV   別のところで話しませんか?
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ

       ∩___∩
       |ノ      ヽ
      /   ・  ・  |
      |    ( _●_)  ミ  た…確かに…。
    /彡、   |∪|  ミ
   (  (/     ヽノ_  |  (こいつ、只者ではないクマっ!)
    ヽ/     (___ノ
     |      /
   / /\  |
   (  (    ヽ |
  /  )    ∪
  (_/

506 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 01:24:44 ID:S2EyxBgo
クマー取り乱しすぎだろww

507 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:25:06 ID:UEZKl.JY
 
           /|
            | |
           _|_|_
          (ミ゙∧,,∧
            (^(・ω・´)   あの…、
            `[_ノ )
             ノノ l、ヽ、   処刑はどうするんですか?
           〈_ノノヽヽ>


        ∩___∩
        |  ノ   u ヽ
      / |||_   _ |  クマっ!!!
       | u  ( _●_)  ミ 
       彡、 u |∪|  、`\  処刑は中止クマ。
      / __  ヽノ /´>  )
  . ̄ (___) ̄ ̄ ̄ (_/

508 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:25:32 ID:UEZKl.JY
 
           /|
            | |
           _|_|_
          (ミ゙∧,,∧        ショウカ
            (^(・ω・;)   でも…蕭何さんには、
            `[_ノ )
             ノノ l、ヽ、   どう説明します?
           〈_ノノヽヽ>


   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |
  |    ( _●_)  ミ    そうだクマっ!!
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )  蕭何さんに見分してもらうクマよっ!
(__(ぃ9   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

509 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:26:02 ID:UEZKl.JY
 
                ,.-──‐- 、
             ,.'´        \
             /         _,,、-ーヽ
             /          ,ィ<    ゞ`,
          !   <カ  ,.'´  `ミt、   ゙i  やれやれ…
          ,>、 _ _,,ィ´ ヽヾ      、_イ!
         ,イ   ,ィイハ、 ト、`三ゞ、  ミ彡ij  どうやら助かりそうだ…。
           l/l/ ,N'゙ _,ィ ` 、__,ニヾー-、 ,r、,i〈
          l/Vハ, 冖イ  `≡=、  ル' / j !  智者も必ず一失有り、
              `i   j       '゙,イ ,ィイ    愚者も千慮に必ず一得有り(※)か…。
              ヽ 、 ゝ<      / ノ爪リ  
            /^(、  ̄`'ー=' /  イ/、
             /   \_ _,/  _/Y  >、  何でも言ってみるものだね。
         _, イ´      /!`ヽイ`\! ,/ |
 _,,、-ー<二´ (´  ̄ ̄`ヽ  / i  j 「  ,!/  L _

※賢者でさえ多くの考えの中では失敗もあるが、
  愚か者でも、多くの考えの中には一つぐらい良い考えもある、という意味。

510 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:26:33 ID:UEZKl.JY
 
―――――― 漢の国・丞相府。
                        {      !        .|
                 ィ彡三ミヽ  `ヽ   ./ ̄\     .|
                 彡'⌒ヾミヽ   `ー |    |      .|
                      ヾ、       .\_〆   _.|
                   _    `ー―'     .\./:::::.}
                 彡三ミミヽ           / :::::::::〉
                 彡'   ヾ、     __ノ  |   _:::::|
                       `ー一 '       | ./●/:::::!
                  ,ィ彡三ニミヽ .____ノ    .|  ̄ :::::|
                 彡'                  .|  ::::::::::i
                       __    __ ノ .\__;;!
          __      ,ィ彡'     ̄ ̄             |
  __    /  ../)         .__
/  ../)   三三)/)        /  ../)
三三)/)   ∧,,∧   ∧,,∧   三三)/)
三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/
   ∧∧  と  φ)  .( つφノ  ∧,,∧    __
  ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  ../)
  / _∧,,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ ヽ  三三)/)
  (/(  ´;)η口(;`  )/⌒/  /_ノ  三三)/)
 ∥ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
     `ー‐'    `ー‐'

※丞相…行政の最高官。丞相府は役所みたいなもんです。

511 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 01:27:53 ID:mWXCPM62
この監視は嫌だなw

512 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:28:12 ID:UEZKl.JY
 
        / ̄\
       | 蕭何 |
         \_/
         |
      /  ̄  ̄ \
    /  \ /  \   どうしたんだ、夏候嬰?
   /   ⌒   ⌒   \
   |    (__人__)     |  そのお方は?
   \    ` ⌒´    /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
          ショウカ
   漢の丞相・蕭何(オプーナ)


   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | 
  |    ( _●_)  ミ__∩   実は…こいつは脱走者で、
 彡、   |∪|  、`___三)
/ __  ヽノ /´         クマーが処刑しようとしてたクマよ。
(___)   /
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

513 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:28:48 ID:UEZKl.JY
 
           / ̄\
             | 蕭何. |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \  じゃぁ、何でここに連れてきたんだ?
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

514 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:29:16 ID:UEZKl.JY
 
    ∩___∩
    | ノ  \  ヽ、
 (⌒/●  ●(⌒)l  
  \| (●_ ) \\ミ_    それが…クマたちが項羽を倒そうとしてるのを
   彡、|| ||    \_)
 ....   || ||     |     桟道を焼いたから確信したって言うクマ!
 ....   |.∪|     | 
    / ヽノ    ,/
    |  /~|  ,|
    | /  | |
   / )  | |
  (_/  /__/


        / ̄\
          | 蕭何.|
        \_/
         _|___
       /       \     
      /  u   ノ  \    な、なにっ…!!
    /      u <●>:::: \   あれは…俺達しか知らないはずだぞっ!
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/   何で、一兵卒がそんなことを知っている!?
    ノ           \

515 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:29:48 ID:UEZKl.JY
 
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /   さあっ、蕭何さんに説明するクマっ!!
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    /   蕭何さんがお前を認めたら、処刑はやめるクマ。
  /    ヽノ   /´


              _,,,.-―''''" ̄`''-,‐'´---- 、
            , ''"     rr、         \
           /      /iiii(从川  iii   iii;; \
           ノ      /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiil ii iii   iiiiii  \
          / i   ノjノiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ii iii   jiiiiiii ゙、ヽj
        / ノンiii;;;iiiiillllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ;;〃iii /j八iii  }
        !iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii_,,,.-ァiiiiiiiiiiiiiii〃,‐'ノノー_= 〉iijリ  なるほど…
        i、iiiiiiiiヘ_iiノ::::/iiiiiiiiiiiiiiiiiノ:::::::r ' I!:::  {jノjノ
         iiiiiiiiiiゝ:::::::/iiiiir'´ヽii 〔::::::::   ̄   \   確かに、一筋縄にはいかないな。
         ゙、iiiiiiiiii iiiiiiiiiiiii{ 斤ヽ ヽ::::::.      ___ノ
          iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、爪弋ミ゙::::::::::      j   あっさり口先だけで処刑を中止してたら
           \iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`Y´::::::::::::::::    ー=!      国が成り立たなくなってしまう。
            }iiiiiiiiiiiiiiiiii/ノノ从::::゙、::::::::::::..   'ーf   
           「iiiiiiiiiiiiiiiii/iンノjノ::゙、: ヽ:::::::::::::    i
           ヽi_i_ii_iiiii∧リ:_:_:_:_ヽ;;;: :`''‐-、_,,ノ   まあ、今回は私の命がかかってることだし
            |llllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiii\〔___          止むを得ないか。
            |lllllllllllllllll_llllliiiiiiiiiiiiiiヽ与、-、ii、   
           r'´`ヽ!!!lllll|_ ~`''}iiiiiii| ii|  ゝ\ヽ

516 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:30:18 ID:UEZKl.JY
 
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}  端的に申しますと、
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ  桟道を焼いた理由は2つあります。
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"    その理由から、漢王は項羽と戦うつもりであると
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |      推測したのです。
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''

517 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:30:44 ID:UEZKl.JY
 
       / ̄\
       | 蕭何.|
        \_/
        __|__
     /      \
    /   :::─:::::::─\
  /    <●>:::::<●> \  ほう…。
  |       (__人__)   |
  /     ∩ノ ⊃  /   では、2つの理由を伺おう。
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /


    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈  まずは、脱走を防ぐためでしょう。
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  間道経由で脱走できるが、桟道を通られるよりはマシです。
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ  脱走を防ぐのは、情報流出を防ぐ意味合いもある。
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙    項羽打倒の動きを知られてはまずいでしょう。
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「    それに、関中側からの間者の侵入も防げる。
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;

518 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:31:31 ID:UEZKl.JY
 
           / ̄\
             | 蕭何. |
             \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \    ほほう。
      / u .<○>::::::<○>  \
      |    (__人__)     |  で、もう一つの理由は?
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l


     ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
     {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
     ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
     _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii} 第二の理由は、関中にいる章邯たち
      ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}
      {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli} を油断させるためでしょう。
      ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ
       ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ  章邯たちは我々を土地勘に不慣れな余所者だと思い、
         ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'
           'l ゙:,__:-''        _,il-''";llllli;'   間道を使ってくることなど夢にも思ってますまい。
            'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、
            ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l   敵を油断させるのは…
         _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l     どう考えても戦いに備えてのこと。
   _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_
,-ス"    ,/,i' ゙i /   ,イ;"  ィ;i⌒l   r"_r=i-l  jL_  ゙'''ー

519 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:32:01 ID:UEZKl.JY
 
          ,r'゙  .:.:.::::;:;:;:;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;.:.ヽ
         /    . :.:.::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;.:`ヽ
           /      . :.:.:.::::::::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:!
          ,レ' //. .:.:;;;:;;,ィイハ;:;トト、;:;;;;;;;;;;;;;;:;;:;!
       / 〃 .:.::jノノィイィシ ^トト、;:;:,、ミミ、;:;;;:;:;l
        i.:::/ .ィイイソ -'一.::'' `ヾ十- ミ;:;:;;;;;|  
          V .:〃彳;!  r fテシ.::'  /fテュ, .};;;;;;!  ここからは…私の推測ですが、
        V.:/ハ;;;;|    "´  〈``  ィイノ  
            Vト、リリ,         i   l,/´   どなたか、ここにいないお方の策ではございませんか?
          V;ツメ      ー-'   ,/   
           i.:;;;リト、    - ー‐-  /     恐らく、張良軍師の考えだと推測しますが。
          ハ;;!. ', `、     ー  /iヽ
            /.:::::L,,_  \ __, .イ ノ::::`、
         ,.イ:::::::::::::::,ヘ‐r─ 、-、--、レヘ:::L
─‐----‐''´.::i::::::::::::::/;:;;;リ   ト、ト、 i::::::::::::i:.`''ー-、、、_
.:.:.:::::::::::::::::::::::::ト、:::::::/;:;;;;;;;|   l l1 /:::::.:.::::|:::::::::::::::::::::::`¨`

520 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:32:25 ID:UEZKl.JY
 
       +      +   / ̄\  +     +   +
            +     | 蕭何. |    +
     m n _∩    +  \_/  +  +   ∩_ n m
    ⊂二⌒ __)  +   +__|____        ( _⌒二⊃
       \ \      /:::\:::/:::\      / /
         \ \  /<● >::::::<● >\  / /  す…すばらしい!
          \ \.|   (__人__)  .::::| / /
            \  \  |r┬-| .:::::::/ /     夏候嬰…よくやったぞ!
             \.    `ー'´     ./
               \ ・    ・ /        このお方は…本物だ!!



.   ∩____∩゜.:+___∩: :.+
ワク. | ノ      ヽノ     ヽ+.:
:.ワク/  ●   ● | ●   ● | クマ  ク…クマっ…。
  ミ  '' ( _●_)''ミ'' ( _●_)''ミ クマ
. /  ._  |_/__ノヽ__  |_/__ノヽ
 -(___.)─(__)__.)─(__)─

521 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:32:52 ID:UEZKl.JY
 
              / ̄\
                | 蕭何. |
              \_/
               |
            /  ̄  ̄ \
          /  \ /  \
         /   ⌒   ⌒   \      一兵卒にしておくのは惜しい。
         |    (__人__)     |      明日、漢王に推挙させていただく!
         \    ` ⌒´    /
      _,,... -‐ \        /ー- ...._    死刑はとりやめだっ!
   ,ィ''"´:::::::::::::::::\ ::::...、__, .::´/:::::::::::::::::`¨lヽ              r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::::: \ ::::::::::: / l:::::::::::::::::::::::|:::ヽ           / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\   .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/

522 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:33:24 ID:UEZKl.JY
 
―――――――― こうして韓信の才能は、夏候嬰と蕭何によって
             見出されたのである。

           >;;:;:;:;:;:;;:;::::::::::::::::< カ:::::::::::::.:.::::::.:.\
            /;:;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;:;;::'''"´.:.:.:.:.``ヽ::::j
           j゙:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;:;;:ィイハイji;:;:;:.:.:.:.:.:Y
          ノ.;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;ィ^シイノ^|N、j、j、:.:.:.゙、
            i!.:;:;;;;r'⌒ヾ;:;ィイ´, -─‐- 、 'ヾ:;:;:;;;;;:;.:,:゙,
          |:;:;;〈 < ノイイ   <じソニ;::.:. 、,,_ヾ;;;:;:;;:j!  ありがとうございます。
          ゙i;:;:;;゙、 ヽ!リリ    ´ ̄´  ,イシヽj!ハトソ
            !;:;:;;;;;:ゞ、        .::::; i `  ノソ'´   ところで…縄をほどいてもらえませんか?
           |;:;:;;イリ.:.i         .:.:ー、ノ  /     
           _从仆 .:.',     、 _ _   /      手が痛くてしかたがないんですよ。
           /.:.::::.`ヽ、.:.:.ヽ     `ー-`  /      
        /.:.:.::::::::::::.:.:.ヽ、:.\        /
      _ ノ.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:\:ヽ、 __, .イL
,、、-‐''"´.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:/^ヽ⌒ヽヽ:::/、_
.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.|  ノ ノ:::::::::::.:.:..:.ヽ

     -ーー ,,_
   r'"      `ヽ,__
   \       ∩/ ̄ ̄ ヽつ
  ノ ̄\ /"ヽ/ "   ノ   ヽi
 |  \_)\ .\    >  < |\
 \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ   し、失礼したクマよっ!!
    ̄       \_つ

523 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:33:54 ID:UEZKl.JY
 
―――――――― 翌日、韓信はやる夫の元を訪ねるが…

         / ̄\
           | 蕭何|
         \_/
         __|__
       / ::\:::/::\
      / <●>::::::<●>\   これで勝つる!!
    /     (__人__)   \
     |       `Y⌒y'´    |  明日が楽しみだぞっ!!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

               【後編】へ続く…

524 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 01:35:33 ID:S2EyxBgo
おお乙です!
自分が処刑される前にこれだけ言えるとはすごいw

525 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 01:35:54 ID:3HTvFnOk


526 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:35:56 ID:UEZKl.JY
今回はここまでです。
深夜なのに、お付き合いくださってサンクス!

次回は5月4日の22:00~投下予定です。

ところで…ネタバレが増えてきたので
そろそろ雑談所でも作るべきですかね?

自分としては、ネタバレも参考になるんで
OKだったりするんだけどね。

527 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 01:38:05 ID:vCfBfIMo
乙です。
丞相を前にこんな事が言えるとは・・・・。韓信度胸があるな。

528 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 01:39:17 ID:S2EyxBgo
ネタバレ来てますしあった方がよさそうですよね
>>1さんの判断でなさるのがよろしいかと

529 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 01:47:48 ID:mWXCPM62
乙でした。
またやる夫が何かやらかしそうな引きだなあw

雑談所はあってもいいんじゃないかな。
本スレでのネタバレはなくならないにしても、ある程度は減ると思うしね。

530 : ◆oGchNEml3M:2010/05/03(月) 01:52:36 ID:UEZKl.JY
 
 \  |  /
.  d, ,-‐-、
.  L b e d    ネタバレOKの雑談所たてまつた!!
 ― |   |> ―
   r 、_,ノ-、  今後の参考にしたいんで、ガンガンしゃべってくださいな。
   | |  7/   (荒れない程度にね!)
 /くr′ ‘u \

【やる夫劉邦】やる夫が漢の皇帝になるようです【ネタバレ含む雑談】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1272818680/

531 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 02:37:27 ID:FTdsHfdw
乙でした。

532 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 02:51:08 ID:hBxROHIY
乙です。

533 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 07:17:14 ID:Njpl2.3w


534 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 11:27:03 ID:UYE8kMn6
乙でした

535 :名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 12:18:28 ID:qR94rYio
乙でした
この度胸、項羽と対面するよりは気が楽だろうし、どうせ死ぬならと開き直った結果なんだろうな

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/243-10e17340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。