やる夫が漢の皇帝になるようです(第三十一話)~   弑   逆   ~

ここでは、「やる夫が漢の皇帝になるようです(第三十一話)~   弑   逆   ~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
81 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:51:47 ID:ej/mKUyU
 
|
| ̄ ̄ ヽ,
|      ',
|/¨`ヽ {0},    まさか…復帰早々奇襲2連発とは思うまい!
|ヽ._.ノ   ',    奇襲開始!!
|`ー'′   ',

82 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:52:38 ID:ej/mKUyU
>>79>>80 あばばば…


   や る 夫 が
                 ,ヘ     ,´ヽ
      (⌒ヽ      ____|  |_    |  |     
    _  ヽ ヽ `ヽ. (__    `⌒´   ""_-  
    ヽ ヽ ヽ ヘ ヽ ヽ  `i  i´~ ̄ヽ  |  ̄   
     ヽ, ヽ i | | |  | |   | |.     
      i |.| | | |   ヽ_ `⌒´__丿 ヘ   
     | | .| | | | | ヽ `)  ヽ  _|  |   
     .| | | | | | |  `_´   `""  |   
     | ノ .| | | | .| i´ .`i  | ̄`i   |   
    / /  .| | |  | | .i____|  i____/  ノ   
    i__/  | |. / /  ヽ__      _____/    
       .| ||,_/     _~`ヽ  i´   _     
     i⌒i | |     /´ ノ |  | < _`ヽ   
   | |  i | /⌒i /__-´  |   |   `~   
   .|  | .| | / / ´    /   \ ___    
   .| .| .| | | |  __,-´ _,-──- _  `ヽ.  
   .| .| .| | | |( ̄ __,-´  ,ヘ   ` ヽ_ノ  
   .| .|  | | | |  ̄ ,----^  `------、         (第三十一話)
   .| .| ||. | |   ー--┐ ┌-----゙      ~   弑   逆   ~
   .| .| | | | |      .|  |     
   .|  | |  | |  |    _____ |  .| _______
   .|   | . |   | | | /´  .`   ´   _`ゝ
   ヽ | .ヽ   | ヽ,|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ,_|  ヽ-´     の 皇 帝 に な る よ う で す

83 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 21:52:40 ID:l1.A1vwQ
こんなこともあろうかと

84 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 21:52:55 ID:sb7Ne0oE
甘かったな。

85 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:53:29 ID:ej/mKUyU
>>83 はわわ…奇襲が通じぬww 


劉邦こと、やる夫が皇帝になるまでの物語です。

歴史はあまり詳しくないので「史実」と異なったり、
                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スルーしたりしてますが、やる夫シリーズということで
大目にみてくださいな^^;

ネタバレはご遠慮して頂けると嬉しいです。

【もちろん、つっこみ・コメ・支援は大歓迎!】


 .    / ̄ ̄ ヽ   コメや間違いだらけで、大変だと思いますが
   ./^)  ,     、',   まとめてくださってありがとうございます。
  〈 〈  {0} /¨`ヽ}0},
   ヽヽ   ヽ._.ノ |  やる夫アーカイブス 様
    |          |  http://memocopy.blog45.fc2.com/
   |         |  (いつもまとめてくださって感謝!)

86 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 21:53:58 ID:.JFETa4M
まだまだだね

87 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:54:15 ID:ej/mKUyU
>>84 はわわ…orz完璧に奇襲になったと思ったのにww


 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1261066040/ (パー速)

第一話 やる夫の就活 
第二話 やる夫の婚活 
第三話 秦帝国崩壊の序章 
第四話 やる夫、逃亡しニートに返り咲く 
第五話 秦帝国炎上 
第六話 沛の動乱 
第七話 項羽蜂起す! 
第八話 秦の反撃 

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1263051849/ (パー速)

第九話   邂逅 
第十話   張良の奇策 
第十一話  張良、謀を帷幄の中に巡らす 
第十二話  懐王、楚王に即位す
第十三話  趙高の暗躍
第十四話  流血の罠
第十五話  趙高、鹿を指して馬と為す
第十六話  懐王の約束【前編】

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1265386888/ (やる夫板II)

第十六話   懐王の約束【後編】
第十七話   腐れ儒者
第十八話   項羽、釜を破り船を沈む
第十九話   再会
第二十話   大虐殺
第二十一話 胡亥の最後
第二十二話 咸陽入場

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1267437526/ (やる夫板II)

第二十二話 咸陽入場【続き】
第二十三話 忍び寄る危機
第二十四話 鴻門の会【前編】【中編】【後編】
第二十五話 咸陽炎上

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1271510436/ (やる夫板II)

第二十五話 咸陽炎上【続き】
第二十六話 項羽、覇王に君臨す
第二十七話 やる夫、漢中に雌伏す
第二十八話 国士無双【前編】【後編】
第二十九話 暗渡陳倉の計
第三十話   三秦平定

(以下、現行スレで掲載中)

第三十話   三秦平定(続き)


88 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:55:05 ID:ej/mKUyU
>>86 ぎぇぇorz



 
 主 要 キ ャ ス ト

【漢】
  リュウホウ
  劉邦(やる夫) … 物語の主人公。典型的なダメ人間だが、紆余曲折の末、漢王に。
  ハンカイ
  樊噲(やらない夫) … 生業は犬肉業者。やる夫とは義兄弟。
  カンシン
  韓信(「銀河英雄伝説」ヤン・ウェンリー) … 項羽に見切りをつけ、漢に参入。ニート志望。
  カコウエイ
  夏侯嬰(クマー) … 沛県の馬世話係。現在はやる夫の御者。
  ソウシン
  曹参(「くそみそテクニック」阿部高和) … 沛県の刑務所勤務。
  ショウカ
  蕭何(オプーナ) … 沛県の凄腕役人。後方支援が得意。
  ロワン
  盧綰(いく夫) … やる夫と同年同月日生まれ。やる夫を兄と慕う。
  シュウボツ
  周勃(ヌケドナルド) … 機織業者。ときどき葬儀屋。
  カンエイ
  灌嬰(できる夫) … 絹行商。ナルシストであり、騎上で戦うのを好む。
  レキイキ
  酈食其(麻呂) … 儒者であり、説客。得意技は zip を使った買収。趣味はグロzip収集。
  リョチ
  呂雉(「School Days」桂言葉) … やる夫の嫁。キレると凶暴化する。
  セキ
  戚(「ひぐらしのなく頃に」竜宮レナ) … 咸陽で拾われた孤児。後に…
  レキショウ
  酈商(「天翔の龍馬」岩倉具視) … 酈食其の弟。兄とは違い、武で活躍する。
  
【楚】
  コウウ
  項羽(「北斗の拳」ラオウ) … 西楚の覇王。亡楚の名将項燕の孫。この時代、最強の将。
  ハンゾウ
  范増(「カイジ」利根川幸雄) … 計略・謀略に長けた老軍師。
  カイオウ
  懐王(「新世紀エヴァンゲリオン」碇シンジ) … 旧楚王の子孫。楚王に立てられるが…。
  コウハク
  項伯(「北斗の拳」トキ) … 項羽の叔父。鴻門の会でやる夫を救う。
  コウソウ
  項荘(「北斗の拳」ジャギ) … 項羽の従兄弟。鴻門の会でやる夫を暗殺しようとした。
  キフ              
  季布(「Black Lagoon」バラライカ) … 任侠に厚く、統率に優れた義将。
  ショウリマイ
  鍾離昧(「Black Lagoon」ヘンゼル) … 名高い猛将。
  リュウショ
  竜且(「Black Lagoon」グレーテル) … 鍾離昧と並ぶ猛将。
  チンエイ
  陳嬰(「新世紀エヴァンゲリオン」冬月コウゾウ) … 臨淮郡の東陽県の元役人。
  シュウイン
  周殷(「ベルセルク」髑髏の騎士) … 楚の猛将。

89 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:55:31 ID:ej/mKUyU
 
【その他勢力】
       エイフ
  【九江】英布(「ベルセルク」ガッツ) … イレズミを持つ、項羽に劣らぬ猛将。
      チョウジ
  【常山】張耳(「ドラえもん」ドラえもん) … 陳余と行動を共にする。陳余とは刎頚の交りを結んだ仲。
      チンヨ
      陳余(「ドラえもん」のび太) … 論功行賞で不公平な扱いを受け、張耳を恨む。
      アツ
      歇(「キテレツ大百科」コロ助) … 旧趙王家の生き残り。論功行賞で 代 に左遷される。
      ギヒョウ
  【西魏】魏豹(「ドラゴンボール」ヤムチャ) … 旧魏の王族。論功行賞で東魏を奪われる。
     デント
  【斉】田都(「天空の城ラピュタ」) … 元・斉の将軍。項羽に気に入られ、斉王となるが…。
     デンエイ
     田栄(「天空の城ラピュタ」モウロ) … 論功行賞に不満を抱き、項羽に反抗する。
     デンオウ
     田横(「天空の城ラピュタ」ムスカ) … 兄・田栄とともに反乱を企てる。
     ホウエツ
     彭越(でっていう) … 昔、やる夫と共に秦と戦う。現在は、斉に潜伏。
      カンコウ
  【遼東】韓広(「ドラえもん」ジャイアン) … 論功行賞で燕王から遼東王に格下げされる。
  【旧秦】
    ショウカン
    章邯(「ベルセルク」グリフィス) … 雍王。旧秦の名将。新安の虐殺・関中の壊滅以降、精細を欠く。
    シバキン
    司馬欣(「ベルセルク」キャスカ) … 塞王。章邯と共に、項羽に降伏。
    トウエイ
    董翳(「ベルセルク」ゾッド) … 翟王。章邯と共に、項羽に降伏。
     コウ
  【韓】広(「最強伝説黒沢」黒沢) … 項羽に反抗的な態度をとったため、項羽の下で幽閉。
    チョウリョウ
    張良(「アカギ」赤木しげる) … 韓の臣。現在は項羽の命令で韓に戻る。
  
    スネーク(「メタルギアソリッド」スネーク) … 彭越の部下。張良の元に派遣されてる諜報要員。
    オウリョウ
    王陵(「新世紀エヴァンゲリオン」アスカ) … 昔のやる夫の兄貴分。現在は、張良と共に韓へ。

90 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 21:56:06 ID:giZO6mvc
「お前の策はお見通しよ」 投下にあわせて飲み物とお菓子を取り出した

91 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:56:13 ID:ej/mKUyU
 
>>ALL 奇襲が通じない…

         : / ̄ ̄ ヽ,:ハワワ
        :/    u  ',:      【やっつけで作ってたツケが返ってきて涙目の>>1】
      ノ//,:{0}  /¨`ヽ {0}:,ミヽ:     
    :/ く :l///.ト‐‐‐|/// ,: ゝ \:    やる夫パートばかりに時間をかけてしまったんで、
  :/ /⌒:ノ   ト---| u   ',:⌒\ \:  話を半年位戻させてくれ!!
 :(    ̄ ̄⌒   `ー'′    ⌒ ̄   ): 
   ` ̄ ̄`ヽ          / ̄ ̄

92 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:56:50 ID:ej/mKUyU
 
――――――――― 秦滅亡後、論功行賞が終わり…
                    :              :     : 遼東  ノ
                   :                 :     : /´`‐´
                  :                 : 燕   (
                 :         代         : . . . . . .\_
                :          . . . . . ' ' ' ' ' ' ' : 斉北    `|     、‐-、
       :         : . . . . ' ' ' ' ' : ' ' '          :   . . . . . : ' 'ヽ_、ノ´   `~´`ゝ
       :         :       :    常山   : ' ' ' : . :       :   膠東  ノ`´
       :          :       :         :     :       : . .     /´
       :    翟     :       : . . . . . ' ' ' ' :       :    斉   : . /`‐´
        :          :         :      :        :        /
        : ' ' ' . . . . . . ' ' :   西魏  : ' '  殷   :        ' ' ' ' : . . /´
        :         :        :  . . . . . . . . . :             (
        :         : . . . . . ' ' ' ' ' ' '        :             `\
      雍 :     塞  :        河南     : .       西楚      ~|
         :         :         . . . . . ' ' ' '  : .    (項羽)      |
. . . . . ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' . . . : . . . . . ' ' ' ' ' ' '         :               `ヽ
                   : .        韓      : ' ' ' ' ' : . . . .         |、
                    : ' ' ' ' . . . . .         :       :         \
       漢(やる夫)      :      : . . .       :  九江   :          \
                    :   臨江  :  ' ' : . . . . . . :        :            \
                   :        :         :      : ' '              |
                  :        :          :      :             /
                  :       :     衝山    :      :             ー´
   項羽の論功行賞直後の諸王の配置(紀元前206年)

93 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:57:15 ID:ej/mKUyU
 
―――――――――― やる夫が漢中に左遷された頃…
                  ____
                /      \     はぁぁ…
              /  _ノ  ヽ、_  \
             / o゚((●)) ((●))゚o \  やっぱり行きたくないお…。
               |     (__人__)     |
             \    /;:| ⌒´    ノ:;|  兵士だって3万人に制限されたお。
              > {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}
             /   ゞ彡彡ニミミッ;;/
            (  _б 彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ、       / ̄ ̄\
             ゞ   ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ        / _ノ  ヽ、_ \
             ∥  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈        | ( ー)(ー ) |  やる夫…
            ヾ   ::  〈● :゙;, ,;"::;●夂.      |  (__人__)  │ 
            八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂      |   `⌒ ´   |  気持ちはわかるぜ。
            / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)! : .彡.     |           |
           ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . |.      ヽ       /
         // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!        ヽ      /
       /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ         >     く
        /: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!        |      |
                                       ハンカイ
              劉邦(やる夫)       やる夫の義弟・樊噲(やらない夫)

94 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 21:57:43 ID:YwPtB/.E
まだまだ甘いな。

95 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:57:45 ID:ej/mKUyU
 
――――― 項羽は咸陽を引き払い、故郷・西楚の拠点・彭城へと凱旋していた。

                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  秦
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   の
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  残
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l   党
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ  は
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  />>57 ,;ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl

96 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:58:29 ID:ej/mKUyU
>>94 はわわ…奇襲がつうじぬww
 


―――――――――― 中には、関中を捨てることに反対するものもいたが、

        _  , - 、
        /  `′   \      
      /    r'ヘ.    ヽ     覇王様…その…考え直しませんか…?
     l   ,.イ.j_ニl ト、.__  l   
.     l   /ニレ-┘ハl`ー-ニノ       関中は四方を…天然の城壁に囲まれた…
    | r,=i 「て~。TニT。゙う |           その…何というか…要害でして…
     |.|に|.lヽ ニ/u  !ニノ!       ⊆ニヽ,   
.   │`ァlノ r',ニ‘=~='ニ、 l      ,、`Z二ヽ、  天下を統治するのに…何といいますか…
_,. -‐''1 / :ヽ.‘ー‐''ニニ''ー'/、_     l. )ノ、‘ァ`!   つ、都合がよろしいんじゃ…ないかと…
  ,, レ′  :ヽ. ' ' ' ' ' /、,,   ̄`ヽ. l. `ヽ r' l    思いましてですね…
''"´         ̄ ̄/ ̄   ゙゙     i ヽ ' .ノ  
. ,-、, ‐'つ           _     l  l i   |    彭城に帰るのやめましょうよ…
/.//''_つ ー-、 ,. -‐ '' ´       │.ノ '  :|    …何か…いやな予感が…その…
l/ ' ∠‐つ   i        /    V    :|    するというか…するんですよ…
,' , ´ -‐'う   i        /     /    | 
 '  ノ ̄    ,'       r;;ハ    ,'     :| 
 ‐'´------‐'' ` ー-----イ  \  i    .ノ

97 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 21:59:15 ID:ej/mKUyU
 
―――――――――― それに対して、項羽はこう言ったと伝えられる。

  _             
 〈`Jjj9,   ,,,、、、、、,_    
  `l  l'   ii、、,,,、、、、j キリッ
  l、 `l   i|≧≦`|ji|        
   l  ト、  il、д ノ|リ          富貴にして故郷に帰らざるは
  ヽ   ト-''|―r' ヽ          シュウ   キ
   `、ヽ    ̄` ' ̄`⌒ヽ       繍 を 衣 て夜行くが如し!
    `、l`、_ミ,、 ミ__,,,, 、 `、  
     'l     ;    Y ヽ )           【史記・項羽本紀】
      ヽ、彡 i ミ  人  ; { 
       l ミ土ニ   { L   } 
       ト-rェーェ─イ  )  ノ 
       {ノノーヾ--ヽ「」  }  
       l,イ (__ノ T``l、`'~´ 
       l |  l、  }  |
       .| {  ト、 |  .|  

   項羽(「北斗の拳」ラオウ)

   ※きらびやかな衣装をまとって夜道を歩いても、誰の目にもとまらないこと。
    つまり、故郷に帰って「俺スゲーぜヒャッハー」「わあすごいね☆」ができない悲しさを表す。


188 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 23:10:16 ID:ej/mKUyU


 
           __  , -- 、
           /:::::::`′:::::::::\
          /::::::::::::ノ'''^l::::::::::::::ヽ
       l:::::::::i::/ニニヘNヽ:::::::l         ば、ばかな…
         |::::ル'レ'ニ> r',ニニゝ::::|
        l^「゙(⌒。TニT。⌒)゙丁゙l         それじゃぁ、滅ぼされてしまうぞ…
         |f|ト .二.イ u ヽ二 ノ|リ|         
         ヾl r一L、_,J --、 lレ′
          ハ |⊂ニニニニつ |∧          なんという知恵の無さ…
      _/ |ヽ. , , ,一 , , , /l ヽ._        
_,, -‐'''"´/   l `ー──‐'´ |  L_``'''‐- 、.._  まさしく…
_,, -‐''' ´l    ト、.____..ノl   | ``'''‐- 、.._  モッコウ
.     |   ヽ;:::::::::::::::::::: /    |         沐猴 にして冠す、だ…
.       |.  /へ\::::::::::/へ、  |        (猿が冠をかぶっているようなものだ)
     |/    |o|::::::::|. |   \_|
.            ヽヽ::::/ /

98 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:02:00 ID:ej/mKUyU

 
―――――― それを聞いた項羽は煮殺してしまったため、
          その後誰も忠告しなかった。

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ----: ι
       |::::::::::::)≦゚≧ミ:≦゚≧(   汚物は釜茹でだぁーっ!!
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   
        /≦ ヽ .|  | ≧    
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^

   項羽の従兄弟・項荘(「北斗の拳」ジャギ)

99 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:02:34 ID:ej/mKUyU
 
          ,. -‐:v:─‐z.-.、
         /        ゝボロッ
 .        /イ /ニトヘ、_   i
         /レ'-‐' j ー‐-ヽ | だめだぁ…
          [(>}ニ {<)]~|^i|
           |,-~l_!U~-、.|ノ|
    ∧楚∧   |(王l王l王) /|.|\
   (;`・ω・) _,/l_____/ |!  |ヽ、グツグツ
   /   o^| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|^
   しー-J |__________|
   | ̄ ̄| |从从从从从从从从从从|

100 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:03:20 ID:WTHwgfAQ
煮殺すとかパネェw

101 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:03:45 ID:ej/mKUyU
 
―――――――――― 楚の拠点・彭城。

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
         弋ェェt┼┬┌───────┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

102 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:04:01 ID:AzFYv15k
あとでスタッフが(ry

103 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:04:20 ID:ej/mKUyU
 
        _ イ::../l/|/..:::N\lヽ.::\
        フ::::::::::::::/:::::::ハ::::::::::::::::::::::::::',
        イ:::::::/l/ |//  |/∨\:::::::::::::〉                 チンエイ
       イ:::l/ ≧‐ヘ  vz-―‐∨l:::::/      その話はまことか、陳嬰!?
        ∧'´(.)`    "(.)`ァ 〉y
        ヽ}     i〉     /ノ‐┬、
          ∧   r-―、   .仆  | |    項羽は余に無断で論功行賞を行ったと!?
         _イ/| \ l____j /:::|    | |
     /   |   |\__  イ/  |   / |
    /ヽ    |   |__- ___//⌒)} /  .|
   /      |/⌒>、三--/ >\|/     |
  /   |\|    \\_//   /     |
  /    | //ノ    ヽl   _/_/|

  カイオウ
  懐王(「新世紀エヴァンゲリオン」碇シンジ)

104 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:04:50 ID:ej/mKUyU
 
         / \ヽ\ヽヘ i ソ// / _八_
        ノ\ ミミヾ、ヽN / /イ´ 三{
         ゝヘ.r'    イリハ´   `ヾ≦イ    はっ…。
         トュ、lソ _,、  '     ,、ム 仁{
        ゝ { { `≧、__」__/_,ィ≦__`/}ィ,j     やる夫殿が関中一番乗りを果たされましたが…
         >、 ミ{` ̄´イj ,iヾ'" ̄` }_入     鴻門において、項羽に屈服された由。
       , ィ'´ `ヽ.   ,'|     ,'/: : : \
   ,、, ィ´     .li. , く`_〉 、  /: : : : : : : `': . .  項羽は西楚の覇王を名乗り、諸侯を従えております。
  /.:L: : : : : : : : : :.l.ハ.' ー ―-ノ ィ: : : : : : : : : : : `丶、
  ,′|: : : : : : : : : : .|  ヘ     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\  報告では、間もなくここにやってくるそうです。
  l: : {: : : : : : :   '.,   {ゝ---′_,/ : : : : : : : : : : : : : : : /`、
  |: : ;         ヽ_.l ノ __,ィ´        : : : : : : /.: : :|

         チンエイ
 楚の上柱国・陳嬰(「新世紀エヴァンゲリオン」冬月コウゾウ)

105 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:05:37 ID:ej/mKUyU
 
 /::   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r' '"__ 、`、::::::::::::::::::
,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::r- ;;;;;;;;;;、:::::l `,:.:.:.:.:l  ',:::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::'、   ヽ::::l``‐‐、l  l:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::l `、 l'    ',::,、l   ' ´/---、__、,,   私は…やる夫にこの国を治めてもらいたかった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  〉l´    l/:''    '、        故に、関中王の約束をしたのだ…。
::,;'l:::::::::::::::::l ハl、l  l ''            '、
ノ 'i:::,、:::ハ:::ll\ `' 'l ,/ ,,;         ',   ,    やる夫は、余の期待に応えてくれたというのに!
  l:ハ::l ',l  `' 、 ,l; l ,;;''              ',   なぜ、項羽のような乱暴者の思うままになる!?
  '  `'  `    `''''l_;''                '
            l:. .  ,r,‐‐ッ、      ,:.  :.
            .,':.:,; :. l l´ `l::::l      l_:. /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::  `' ´ `´   l'´ . .    /_>´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ``''' ‐::::r'´´/
 


       r '――- 、_-、 \`丶、
     ,ィ′ニ二 ー 、  \ ヽ、、`‐ 、
     r'  ̄ ̄_、 ̄ヽニr‐''\ ! ヽ. l、
     Y'´//ィァ八\_」   ヾ|_ | l |
    ,.ノ∠_,ハ (_メ='r'´ ノ ノ( /{_| | イ L_
  r 、_ン¬'´ ゝ/ごj′ ‐=:、_^ {  トくぐ^l )   懐王様…。
ベ、 (、    j 〉‐'′,〉  `'ッ汀、 りツ) !/
  \ \ ,/ 〈    _   j゛ f'∧ \ 〃    臣の力が足りず、
   _ゝ、\  ヽ √r‐、 く i {  ;)  j′    申し訳ござりませぬ…
\、/   \ `7ヽ、  `ラ'`⌒`'’ ` /
、 l\    `L厂ヽ__/ ノ   _ /
_ ヽ.|  \  〃    ヽハ _''"{
 ̄ \、  ヽ〃      l    人
    ヽ  |「i|       ゝ ''´  〉ヽ
         |l !  fバ}  ∧  / 八

106 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:06:24 ID:ej/mKUyU
 

         .,、-ー''ア:;、-'/       ,,、-'7         / ̄/_
       ノ  ////了      / /     ,-ー―" __/
       .イ  i::/ / / /       / ,r',,,,,、- ァ/-z''"  /
      ,|  ノ:ノz''"// ,,、-ー ''"  ,、-ー''"  /// /
      ,リ /;;;、-''了  / ,、z''"/| /       |/ ./ /  ./\
      i   ,、-ー'   '"/ / / /        //   \/;;、-'/
     / 「"       ,ノ /  / /              、-",、 '
     / /         |/    レ                   / /
      |  |                                | /
      |/                                 レ"

107 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:06:52 ID:ej/mKUyU
 

    t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
    、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
    i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
    't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
    ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
     'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
     t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|    久しぶりですな、懐王様!
      '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i
.      t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、  
       ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t)):::::
        i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'
    ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::
、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
:::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::

108 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:07:14 ID:ej/mKUyU
 
          _,,、 _ 、
        /|   / /  ` ー 、
      _rイ  i|  l !/  _, イ´` ┐
      ノ_,,.、 、| { i|  イ'´  _ニ二ス
     ノ _ \ヽ { i} /Z _∠r√¨`ハ
     厂 _ソ´`` ヾハノ/-‐'´   ヾ=弌
    ン_,イ!    イ|{ヽ  u  r/二ニ〉
     ヾ、j _ __」{ ノ _,,,,、、_! 〉孑/    げっ…こ、項羽!?
      {ヽ'"フュッキく `^、''エi'ヽ-,ハr‐}
        lrハ   '′{   ``    j彳ソ    いや、覇王どの…!?
      ヾハ、   r'}  > 、 /ノミj/
        `ヘ} /_ `ー' __,ヽ /|`´
         _|ヾ  ̄、、  ゙/ | 、
        i(人ヘ       /-‐'ノ |
       ノ \ 'ー--‐ ', - '′ ヽ、
     _//    `ヽ、/´        > 、_
  _/´   ヽ、    |     _,、‐'´    `\_

109 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:07:45 ID:ej/mKUyU
 
ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与          .     ・ ・ ・ ・
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)   上柱国どの、いや、元上柱国どのと申しておこう。
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ   西楚の覇王として命ずる!
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))   うぬにふさわしき任地を用意した!
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,   さっさとここを出ていくがよい。
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''  いいな!?
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::


.__,‐l' l , /  _,../-ヽ
,:::::::,'_ ', .l l  ,'' _,......, '-,
_,,,,, -:::,,_':,l /,.::-‐'':,__,,._/
___l    >l'"    '':,,,''.',
,_ ,l   (|` ___,,,,,,,〈''''.〉
. l';,'".'_':''' l ""-''-‐' l,,l l    ……承知…しました。
. ':,':',   . ::l     ノ=/'
  ヽ,i  ' l/ ヽ,./ .ソ"
   ,,''::_〈 '''''''''"'_,:".:l_
   l::::::':_ "  /'",::' ";__
......:::::::::::::"'''''''"‐'"  ,/ "''‐-::...,_
:::::::::::::::::::::::::    _,. '"      "'''‐-::..,_
'''::::::::::::::::,----,‐''"

110 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:07:51 ID:bgxEOc66
やばい奇襲に出遅れたw

111 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:08:33 ID:ej/mKUyU
>>110 やったw奇襲成功ww  …orz

 
             /:::::::::::イ::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::/::::/:::l:::::::\\:::::::::::}
          イ:::::::::::::::::::::::::::::/|:|:::::::::::::::::::::::::::|
            イ:::::::::/|:::/|::::/ |! | l|::::ハ:|:::::::::::ト
           イrl:::/_|/__|/|_, | 、__|/_|_|:l::::ハ
            {k〈ャ'´ヒソ` ヘ.  '"ヒソ`'ァ/k)    ち、陳嬰!!
              ヽヘ.            /‐' 
              \     , _   /
                  rへ、 ‐― /|l \_
               _//::::/:|:`:::-イ  |  |\
              /  /  | l    /  |  │ \
          /   /  {__   /_.ノ  |    \
         /   ∠ -┴ヘ‐-、三7 / へ、|      \


ヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
、` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --    懐王様!!
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ--':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽ    こやつは今回の戦いで
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ    ロクな武功を立てておりませぬ。
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |    信賞必罰は国を治めるのに必要!
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,    …ご安心くだされ。
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,,    代わりの上柱国は、我が一族
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>   コウダ
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::   項佗が勤めてくれましょうぞ!
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /:::

112 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:09:26 ID:ej/mKUyU
 
         / \ヽ\ヽヘ i ソ// / _八_
        ノ\ ミミヾ、ヽN / /イ´ 三{
         ゝヘ.r' u   イリハ´ u `ヾ≦イ
         トュ、lソ _,、  '     ,、ム 仁{    か、懐王様…。
        ゝ { { `≧、__」__/_,ィ≦__`/}ィ,j    臣の力及ばず、申し訳ござりませぬ…。
         >、 ミ{` ̄´イj ,iヾ'" ̄` }_入 
       , ィ'´ `ヽ.   ,'|    u,'/: : : \     覇王どのの力は強大…
   ,、, ィ´     .li. , く`_〉 、  /: : : : : : : `': . .  懐王様…ご自愛くだされ…。
  /.:L: : : : : : : : : :.l.ハ.' ー ―-ノ ィ: : : : : : : : : : : `丶、
  ,′|: : : : : : : : : : .|  ヘ     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\



              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}   ふん!意気地なしめ。
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ   さっさと失せるがよい!
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j   今回は、我が叔父の旗揚げに参加した事に免じ、
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)   生きていくのに必要な捨扶持を用意してやったわ。
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--

113 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:09:56 ID:ej/mKUyU
 
        (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )
       `ー――'′ し∪  (ノ
 ,ィ/ヽへ、ヽ                        ,r二 ̄二-、
 ==  ==N  z-、,-z_         __  ,-z_ _  /_  ̄__ } |
  ‐-, r‐ | ,∠,、,、,、,、,、く  ,- ―‐-、 > `´  <. |==t._t==trr.、!  項羽…お前は
 _u_,!__!__ | | _f 三 三N レ'二ー'二l| Z∠/VN 、 | |-゚1~ト-゚' 1.リ!  何を考えているのだ!?
  ニニ⊃ i! |{q!`゚1 ト゚-| l^! ニ。 。ニ!l´) |(_・, ,・_) b}l |,,_ゝ_'_;;_;;;;|、 |
 ____ イ | /l r===ュ | `,!u_ゞ_'__ 「、 |u_(__)_ ト|、ヽ_二二;;;ノ ゙|、 何をしにもどってきたのだ!?
 、_/ l |`く ヽ\三,/ /|ゝ二二イ |\ヽ二二/ /ヽ.r' Tニ´ -´_ ゝ、
 ヽ レ'\|  ハ ヾー-1ー、 | |ヾー-ァ| | /´ l ト、_/.| | .l〉、lヘ  / \
   V  r‐。1 |' 。|! =ヾ| レへ.ヾ//ヾ!! | lへ| /-^ヽl .| 。ハ V  , -‐`
  /  ト==|/ |  l!     ゚ `!    |、:  ゚V     | l |  /

       ↑
     楚の貴族達

114 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:10:25 ID:ej/mKUyU
 
. i  :::::::::::::   ;;;;;;;;::::::::::::::::::::;;;;;;;;;'''"  ;;;;|||,             |i
 t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
  t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-
  t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii
   t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、
   t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""
   ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー  俺は秦を倒し、天を握った。
  :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::  ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー  天を手に掴むものがすべきことは一つ。
.  ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之           アホ
  ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii   それは、我が亜父が説明してくれよう。
  ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r
   ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "ニ 亜父、こやつらに説明するのだ!
    ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、
     :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,
      ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}
        ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii
         ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''
           ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、

115 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:12:11 ID:ej/mKUyU
 
               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ    こんばんは。
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||    わたくし…
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h    覇王様から、大役を仰せつかっております
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|    亜父・范増と申します。
.             ,ゞ|   人__人   |く
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._     ではさっそくですが…
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l   皆様方のこれからの
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     >く   | : :│: : : : : : :| : : 〉  処遇について説明をさせて頂きます…
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
        ハンゾウ
        范増(「カイジ」利根川幸雄)

116 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:12:56 ID:ej/mKUyU
 
       _____
   riff7//////〃〃∠ヽ
   レ"⌒''ー''"´  `ヾニ三|    ただ…時間の猶予はありません…
    l  ニ_ー‐'_ニ   |ニ三|
.   レヘ\ ̄、/,へ  }ニ三!   ですから…説明は一度のみ!
    } ==,=> _=,==  |r=、 |
.    | 二/    二´   |.6.| |\      繰り返しません…
    |  |_, -` ヽ   k‐':ニ|  |`''ー-
_, -‐''| l⊂ニニ⊃ l   | \│ :|
     ヽ!  ---  l , ‐'  /|  |    後に質問されても、お答えしかねますので
     /` r、-‐ ' ´   /  :|.  |    どうか皆様、集中力を持ってお聞きください…
     /   | \  ./    |   |

         ,、  _
     ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
     '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
        '-' / /   .゛´   / / __
       //         //  凵. 匚!
       `´          `‐´
       _、、,,  .! | !          .| |.l. l        _、、,,
.       1  }  l. | |           ! !. !. !     1  }
      ,.-レ从!-、.l  |│         .| |. !. l.    , -‐=='‐ 、  な、なんだ…?
     ,イ__|10|__ト!  |l |         .| |.  !. l   |_|__|.7.|__|」
     {:|   ̄ :|」 .|| |         .| |.   l  l.  | |   ̄ | !  なにが始まるんだ…?
.     「!    |j .|               l.  ! l_|    |ノ
  __  ゙L____|  |  _、、,,      __     l.  l. _|__ __!
  |  |   !. | |. |  |  1  〉     .| |     l   |.  ! ||  |
_,r==、_| ‐:l !‐ ! l  _,r=='、__     | |    !__,r=='、!.l_ |
  l._」  ;ヽ l ̄! | ̄,イ l_」 lヽ ̄ ̄| | ̄ ̄/ l  l_」  ヽ.!
 _」12|_|._|」  L_」 / |_|11|_|__l   | |  く.__|_| 9 |_l_,ゝ
   ̄  | |lコ  ロlコ 「 !   ̄  | l    | |  / /|    ̄  | |

117 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:13:34 ID:ej/mKUyU
 
         __,,,.... -――‐- .._
       /vV///∠∠彡:ニニヽ   では…まず、懐王様…
      {/`ー-‐'''"´   二二ニニl   いや…帝さまっ…
     /ー--‐''''"´    二二ニニ| 
    ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|   項羽将軍は…西楚の覇王になられたっ…!
    〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|   この世に二つの天がいるのは甚だ不都合っ…!
    },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|
.     |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、  懐王様には王の上の頂に上っていただくっ…!
    |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \
      | 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__  すなわちっ…
       | !` 三 ̄  l    |    \!  |
        \       _.. -''"    /|    |      「義帝」と名乗られよっ…!
    _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |

 
             _,.. -‐―-―-、_
          ,.. '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、
         , ':::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::`..、
      _,,,... ':::::::::::::::::::::::,::::::ハ:::;::::::::::::::::::::::::::`、
      ,フ゛::::::::::::::::/:::/;:::::l  l;ハ;;;;;;',:::::::::::::::::::.,
      ,.;::::::::::::::/l::/ l/ l人!  l; l::N l:l::::;:::::::::::::;_
      / l:::::::::::l. v ..__,.....,   -...,,,,_' j/ l:::::::::::l
       .l/l:::::r -'~_,,..._  ;.    ,- 、‐-l:::::::,''
          j::,  ,;' .f:::i   ゙    .f:::i ヽ  /:}'    …ぎ、義帝…!
         lヽヽ  '`        '"   /~.l
         `、(ゞ.      ;:      /) ,.'    …帝だって!?
          ` 、           //
            ヽ、  - --   ,. '~ 
              .i. 、     ., i′       私が…帝となるのか?
             __,j `  _ ,.. '  l._
           r' ,. l       l 、~ヽ
           l .ゝt       lkl  l
        _,. -'/  l        /  ヾ';,

118 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:13:57 ID:ej/mKUyU
 
 /  ̄ `丶、                  (ヽ.OO ∩
/    ,. ‐ 、\       __     ⊂ニ、゙⊃ ⊂ .フ'ニヽ
   ./ ‐-.、\、     ./´ __  `ヽ、   r'.ニニ..ゝ / r'′l | OOO
  r,ニ、ヽ ==i  >   /  /   ̄.二\ ヾニニ⊃. `∪ (ノ
  |.F7/.u `ー く    i  .r=ヽ  ‐- 、`ヽ   ____
  ,ゞf'   ,,,_ r._ ヽ .i  ||r|| v  ‐- く  .l ┌──-く
/  :l  (⌒ヾニゝ`′l   ,ゞ!   _,r_ ヽ.l L_  二._\
、 \ :!v  ̄`)    ,| / l   r,===ぅ´l r= |  こ! く   おおっ…
/\ \ヽ  「   / \   l u  ゞ==ぅ l. ||f||.l._  ,  ヽ
ヽ. \/| `ー'   ./ \ \ ヽ. _   j´ .l  ,ゞ| v r‐-゙ニ ー'
 |   |      /    \  `ー-1 ̄   ,|/ :|  ` ̄_)   項羽将軍は…
./   :|     /    / \ / |     /、\ ヽ.   j
    |    / / ̄ \.  `  |   /  \ ` ー| ̄
.    |   ./ ./     l    |  ./   _/\ /|   懐王様のことを考えておられたっ…
   (ヽ.OO ∩l    \  |   | / /  ヽ  |
 ⊂ニ、゙⊃ ⊂ .フ'ニヽ\ \|   .| / /      l  |
  r'.ニニ..ゝ / r'′l | OOO  .|/  l    \|   |
. ヾニニ⊃ `∪ (ノ   \.|   |'  |   \ |  .l

119 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:14:05 ID:HZXg3RRU
はわわ・・・劉邦軍の奇襲じゃ

復帰早々連日投下とは>>1は神か魔か・・・

120 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:14:49 ID:ej/mKUyU
>>119 おお…奇襲が…決まったw
 



―――――――――― 「義」には「仮の」という意味もあるらしい。
                この時点で、項羽たちの考えは決まっていたが…


          , -ェェェiiェェェ-、
          .l f^''' ー - ‐ ''' ^l i
          l ,'    ‐-‐    ','!
          | l へ、‐-‐,.へ l |     そして…取り巻きの貴族様方にはっ…
          Ll -‐。=, '=。‐,-.L|
          ,.{ヒ| ` ´| |` ´ .|ヒ}、    各々上の官位について頂くっ…
     _ ,. -‐|.`-l /_〈_〉_'、 !-’|ー- 、 _
 , -‐ ´ _ , -‐|.  l. l‘-―‐-’! |  |ー- _ ` ー- 、
i |-‐ ´    |  |`ー- ニ - ‐' !  |     ` ー-|ヽ
! |       |  .|   >く   |   |        |  l

121 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:15:25 ID:ej/mKUyU
 
―――――――――― 狡猾な范増は、それに気づかせない
                「エサ」を用意したのである。

         r───────-、
          V¨ヽ.____ノ'⌒ヽ.   |
.           /__`ー '´___ ヽ  :|   ほっ…
          | _`  '´_   〉 :|
          l ´ー゚1 :l`゚ー` |ニヽ|        なんだ…
         ├ v L__.」  ー'||_j || 
.           | 「`ー----‐''´l |Lノ:|\       項羽将軍も意外とよい人ではないか…
.  /゙)     __,l `ー----‐ '´ ハ j  :「¨'''‐- 、._
  | .}-‐_''.二-‐ハ  ` ̄´   /: ∨   「¨'''‐- 、_  やはり楚の将軍の家柄!
 r'.二フlr‐、  / `iーr──‐''´:  /    |
.r'.ーァ'|」_ノ  /   | |:::::::::    ,ィ′  │      我ら貴族の仲間であったか…
| 'こソ┘/   ,'   |. ト、___,// /   :|
|  Y ,.イ   i  /`ヽ|::::::::::::::://\   |

122 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:16:44 ID:ej/mKUyU
 
         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ
        |三=-::::  "'ー-ー'" \
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|   ですが…
        |/|ニ||::::===。=;; く=。==.|
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|   この地…彭城は、秦と戦いし戦士が
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|   拠点とした血塗られし地っ…!
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,    天の頂におわす帝様と
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶   その取り巻き方にはっ…
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!   下賎すぎる地っ…!!
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /

123 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:17:10 ID:ej/mKUyU
 
     \ヽ   | l  //                  \ヽ  | l  //
       . な   . な                      
   二ニ : ん   : ん  -‐               二ニ   :  な   -‐
    -‐ ! だ   ? だ  ニ二               -‐  :   :  ニ二
        と                           !
     //   | l  ヽ\                  //  l |  ヽ\
        _,r~~~~.、
        r' _,r~~~~、ヽ                       _--、, -z._
       { ノ  u `ニニ´ ヽ.)       _,-ーvーz_       >::::::::::::::::::<
.      { L_ r=== u.==、l′     イ ,、,、,、,、,、 ヽ      /::::::::;:::ハ:::、:::::ヾ
       {r=i| r 。=  。=、 |       | l--、 v,.-ヽ|      イ:::ィ/K u >ヘト:::|
      {|L||ij `ニ7  lニ´v|       1|⊂・ ・⊃|,l      .h:「こ・j=「・う]:n
      {`ァ| r─' L_」 ー、|     {f|L ∪ v」|f)     |f||: ̄,」 L ̄:||j.|
    _/{/ :| |(二二ニ二)|.       `|.⊂ニつ l´       ヽl ‘‐u‐’v:レ'
-‐'''"´::|:::::ト、 ヽ_ , , , ,一, , _人        ,ゝ、.二. イヽ_      _/l.ヾ二二フ∧
:::::::::::::::|::::::| \  ̄`¨フ丁 |:::: \-‐''"´|: :|、.__,.|: :|: `>ー''"´|: :|\.二./|: :「`'''ー- .、
::::::::::::: |:::::│  \__/ |:::::|::::::::::: \ : |,.へ.  /へ|:/| : : : : :│: |.\  /| :│: : : : : l:ヽ.
::::::::::::::|::::::::|    ,.イ:ヽ. ,|::::::|::::::::::::::::::〉、 : : ヽ/: : : /: :|: : : : : :|: : l   X.  |: : |: : : : : :|: ハ
:::::::::::: |::::::: |ヽ/ 〉:〈.∨|:::::::|:::::::::::::::/::::| : : : :|゚: : :;ハ : :|: : : : : ;>:|/〉〈\|:<; : : : : :|/: : l

124 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:17:38 ID:ej/mKUyU
 
  ________________________
 /||||||||||||||||||||||||/
||||| / ̄ ̄ ̄ ̄\__|||||::__/\  :::/
|||||/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \___/      \/
||||../::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  \
|||::::/:::::::::::::::::::::::::::::       ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      |  クックック…
|||:/::::::::::::::::::          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      l
||:::/::::::::::::::::::::::::::::______ノ\\     _/ ̄ ̄ ̄l  皆様方にはふさわしき
|||\::::::::::::::::::::/ ______ノ     |l__/ ̄ ̄l  地が御座いまするっ…
||||.\:::::::::::://::::_____         ___  l
| / ̄\ \:::::::::::::::::_____`      /____` |  ここより南…
||   | |::::::::/ ̄ ̄o ̄ ̄` 三    ( ̄o ̄ ̄ ̄  l          チン
|||⌒| |::::::::::::\____ノ  ̄   ::::::\___ノ |  長沙の南に郴という
|||⌒| |:::::::::             ::::::::::::::::::\:::::   |  由緒正しき地がござるっ…
|||_| |::::::::\____ノ    ::::::::::::::::::::::::|:_ノ |
| \  | /:::::::/_____ノ   :::::::::::::::::::::::::::|    l   皆々様方には、
|| l\/l /::::::::::::/:::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::|   |  そちらに移って頂くっ…!
|||| /::::::::::::::г、__      ( ̄::_:::::::::::::::::::::|_  l
||||/|::::::::::::::\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ./ .|  義帝様っ…ご準備を…!!
|||../:::|:::::::::::::::::::::\__              _/  /
|| ./::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /   クックック…
||./::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::    _____      /\ _______
|__/   :::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ̄ ̄ ̄ ̄       /::::::::::\ :::::::::::::::::::::::::::::::
\      ::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             /::::::::::::::::::::\ :::::::::::::::::::::::::
::::::\      ::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          /::::::::::::::::::::::::::::::\ :::::::::::::::::::

125 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:18:13 ID:ej/mKUyU
 
                !/_,.-‐‐‐- 、
             ,.- '´:::::::::::::::::::::::::::ヽ.、
            /:::::Z_,ィ1:::::::::::::::::ハヘミ::`:=-
             /:::::::‐‐vイノ::/W::::`ー‐`:::::゙ヽ.
           l::::::::::::::::::::::::::::::,イ:ル|::ハ:!:::::::::ヽ!
           ノ::::::::::::::::::::::/iレ' l/ レ リVi|::::「`
          'ヘ、::r‐、::,.ヘ/,.--‐‐'"′/-、/ハリ
            _,.-‐‐{ f゙)ヽ!  r'´rj`   rj_'l      な、なななっ…
       r‐'´ ̄ヽ、ルヽ._    `    ヽ !
         i.:.:.:.:.:.:..:..:.\ ` 、   r'´`ァ ´,.イ       こやつめ!!
       /.:.. ̄`ヽ、::.:.:゙!  ヽ、 ゙ー'´/.:.:.:l
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ.:.:.:.:l r'´,.イ`T'´.:.:.:.:.:.:!
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.!:.:.:.:l-、 |.:.:!.:.:.:/.:.:.:|
     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:ヽl:.:.:.:l  l.::|.:/.:.::/,.ィ

126 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:20:34 ID:ej/mKUyU
 

  ご    |  `゛''‐- /       /.   
  幸   | ,_    ',        |   これで私の…
  運   /∠_\    ',       |   
  を   |    \\   ',      |   説明の全てを終らせていただきます…
  :   /  ____\彡  〉      |.  
  :   /   , ヽ、,ク _ /       |   皆様のご健勝…心からお祈りいたしております…
    /, __ \_    〈        |  
   / / \,      "'l      <____________________/
 /   l\    _     |
_>   \\ ‘ -   |
 /      ヽ_\___ゝ __|
 \         /
、  \     | ̄
. \  ヘ    |
  \_/\_ノ
    |
    /|
::',   /;;|
::::', /,;;;;;|

127 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:21:12 ID:ej/mKUyU
 

                   <
                   __ノ  
                  `ヽ   ふ、ふざけるなっ!!!
                ,-~ノ   
                イ  つ   俺達をそんなところに連行するとは!
         ___      l、 `ヽ
        〈r'仂   ___..∠二..フ  きさま~何がねらいだっ!!答えろっ!!
        }―(  , ヘ.    ∠..._
        |  /ヽ }     |  _ノ-‐''⌒レ'''⌒レ'''⌒レ'''⌒レ'''⌒レ'''⌒レ'''⌒レ'
        | '´  , イ      |    |'/' ヽ
         `ー '´  |     |   |ヽ.___ノ
             |      |   |

128 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:21:36 ID:ej/mKUyU
 
          , -ェェェiiェェェ-、
          .l f^''' ー - ‐ ''' ^l i
          l ,'    ‐-‐    ','!  最初に申し上げましたとおり
          | l へ、‐-‐,.へ l |   説明は一度限り…
          Ll -‐。=, '=。‐,-.L|
          ,.{ヒ| ` ´| |` ´ .|ヒ}、  残念ながら…質問には一切お答えできません
     _ ,. -‐|.`-l /_〈_〉_'、 !-’|ー- 、 _
 , -‐ ´ _ , -‐|.  l. l‘-―‐-’! |  |ー- _ ` ー- 、
i |-‐ ´    |  |`ー- ニ - ‐' !  |     ` ー-|ヽ
! |       |  .|   >く   |   |        |  l


                 \我々をなんとこころえる!?/
 \ふざけんなっ!!/                            
)_      にi Fi         q    \項羽、いいかげんにしろっ!!/ 
 } にi_  /'^¨ニノ   にi_   〈〈にi_Fi                 
  「  }/  にi   「  」   /  ┌ '   にi_ Fi         
  !|  .|ヾ  「  }  !| _|  にi_ _〈    「  ニノ にi._    
  ト ┤にi |  .!|   |  | 「  」  〉 にi |  |   「  」 にi

129 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:22:04 ID:ej/mKUyU
 
            _____
      r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l     lニ    l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | ぶち殺すぞ………
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |  ゴミめら……!
   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
  l;';';';';';}|.    | \    ./   |     |
.  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :|
  /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<


                                          /l   .,イ,イ .,イ
)_      にi Fi         q                    //   レ レ /ム―7
 } にi_  /'^¨ニノ   にi_   〈〈にi_Fi                  / ニニフ  //''''''7/
  「  }/  にi   「  」   /  ┌ '   にi_ Fi         //      /'  // ,イ,イ ,イ
  !|  .|ヾ  「  }  !| _|  にi_ _〈    「  ニノ にi._     、二二フ    //  レレ //
  ト ┤にi |  .!|   |  | 「  」  〉 にi |  |   「  」 にi         /'    /'

130 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:22:33 ID:ej/mKUyU
 
           ______
            〉ミ」」リム-、彡!  おまえたちは皆…大きく見誤っている…
              / ニニ´  ヾミ|  
            に;=, _.=;ニ^ 〉:|  この世の実態が見えていない
          | ニ7: ニ´ ||f.}  まるで3歳か4歳の幼児のように…
              l. rし-'__-、 レ'|\_
         ,. ヘ.l‘三‐┘!_∧|: :|: :`'''ー- 、.._    この世を自分中心…
        /: : : |:`iー ''"´ /l : | : : : : : : : : ハ
      ハ: : : : : | : l.\_/  ,': : | : : : : : : : /: ヽ  楚の名門の名を振りかざし、求めれば…
.      l: :l: : : : :|: : l ,.イ_:>、/ : :/: : : : : : : :l: : : :〉
      l: : l : : : : >'l |::| /`<: : : : : : : : :|: :/ 〉  周りが右往左往して従属してくれる
.      l\ |: : : : :\:ヽ|:::|./: /: : : : : : : : : |/: /:|  そんなふうにまだ考えてやがるんだ…
     l\`l : : : : : : \∨/: : : : : : : : : : : |/:/:|  臆面もなく…!
.     l: : :`| : : : : : : : : Y´o : : : : : : : : : : : |/: : : |

131 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:22:56 ID:ej/mKUyU
 
     .._________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'       ::::\./// .///.│  バカがっ…
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |   とんでもない誤解だ!
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│  世というものはどどのつまり…
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|  肝心なことには何一つ答えたりしない。
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´    :::| |l⌒l.| ̄|  なぜそれがわからない…?
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::::|: ||⌒l.|_|
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|  なぜ…そのことに気づかない…?
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\
    |._L__________\ ::::|| l、__|:::::\    だから…
.     |\十|┼|┼|┼|┼|┼|┼|七/  ヽ ::|: ::l、─.|:::::::::::\_
     |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
    _/:l     ___        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::
._ ─/:::::::l     :::::::::::::        ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
:::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|

132 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:23:22 ID:ej/mKUyU
 
        _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
       ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
       l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
       !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
      .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!    だから…
      F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
     , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
     | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l   いつまでも滅びた王国の亡霊にとりつかれ
     | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
     ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ   こんなところでくすぶっておるのだっ…!
       ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
       /!.  / -──────--! .|、
      /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ    英布っ…!!!
     /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、

133 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:23:45 ID:ej/mKUyU
 
              ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
         ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
      iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_
      l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
    iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
  .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
  、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
 _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
 ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"    ははっ!
  ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
    |;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
    ! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
      .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
       `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
         、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
         `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
              `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
               ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.
          エイフ
          英布(「ベルセルク」ガッツ)

134 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:24:10 ID:ej/mKUyU
 
     〆 ̄TTTTTTTTTTTTTTT7
     | =|  ̄ ̄ ̄┴┴┴ ̄ ̄ ∨
    |=|  ̄ ̄――― ̄    |
     | =| 巛lllllllllllllllii ̄ ̄iillllllllllllll|
     | =|  ___llll  lll___|  この方達は…
    |=\人   o > /   o フく
    |i⌒i| へ ̄ ̄,  \ ̄ ̄ , .|   郴への道中が不安で仕方がないご様子っ…!
    ||  |.|     ̄    \ ̄ |
    ||  ∥  //  (      | ヽ |  
    | \| イ_   ^  ̄ ̄   |   そなたがお供をしろっ!
     | ≡ ./|  \王I王I王I王I王フ| 
    /| =/ |           |   腰抜けどもがわめきたてたら…
   /  |/ 人    =≡≡=  ノ    ひきずってでも連れて行けっ!!
― ̄|  \ へ _      イ
   |    \

135 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:25:17 ID:ej/mKUyU
 
      ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;;z'` ヽ  ゞ;;;! l;;;ノ /;;;;レ”;;;;;;;;〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;く_
     ヾ;;;;;;;;\;;;;;;;;;`ヾ ;;;;;;;;;;;v ;;;l_イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7
       >;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;ゞ;;;;r;;;;;;く`ヾ;;;;;ヾ~ヾ;;;;;;;;;; 彡三;;;;そ
     く;;;;;;;;;;;;f'"ゝ;;;;;;;;/i;;;;;;i;;;l;;/l;;;| ヾ;;;;1 i;;;!`y  ゞ;;;;三;;;;;;;イ、
      つ;;;;;/;;:: l;;;/l;;;' j;;リ;;;l' j;;l'  }'ヾ! |/     };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
      >;;;;;i;;:: |/ Y ヾ;;!ヽl  ヾ    l       };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
     ∠;;;;;;l;;::      `  ヾ/ _,ー―-- ;;;;;;;- 、 j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∠
      /;;;;;;1;;::__, -- 、!  }! j;;;;;_,- ―'" ̄`ー ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ
      フ;;ゞ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ  ヾ`:::f ァー==ー 、   ヾ;;;;;;;;;;;;;;;イ
       ヾ;;!;;::ヾ ̄ ̄`ヾ;;;i!    ` ´_て_)_ソ    ヾ;;;;/./l )
       , ゝ;;::::i::_,,-ー''フ;;l!_       ̄ ̄       ヾi / 1  …承知。
       j^ヾ;;;::::'´    ::;;;l ̄ヾ             〃lr'- i )
       ゞ;;;i;;;i!::     ::;,;            、    ゝ-'_ /   というわけで、よろしくな。
       l;;;;ゝ;;::    :::;;i!             `ヾ   _y'  /    貴族の方々よお…。
       ヾ;;;;;;;::::   ::;イ   r 、_,             i  イゝ
        ヾ;;;::::    ;;` =  ̄             ト-';;;;ト    仲良くお出かけといこうぜ。
         `;、:::   ;:::::; -           ヽ  l' /`y
          ヾ;;::   ::,..--‐ー=- _、        /  i  l、
           l、;;::::::::: `ー '''"´ ̄        /  '  1
           l ;、:::::::ヾ 二ニ´        /      l!
           l!;;;ヾ;;:::::'            /    /    _1
           〉;;;;;;ヽ;;:::     ヾ     /    /   -=;;l
           l;;;;;;;;;;;ヽ、      _, - '" ,  _ i    _,=!

136 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:25:57 ID:ej/mKUyU
 
           ___    _   
           >ー:::::::`´:::::::::;Z._  
        ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::<
         /:::::::;ィ::ィ ;ハヽ;::::、:::::ヾ   くっ、ひ、卑劣なっ!!
.        1:: ノフjメ._v _>ヘ「ハ. :↑
        h.ヒr',ニヽ_r'ニ.ヽ.〕r|   俺はお前の命令なんかに従わないぞ!!
         |f|| い)-゚ノーペ-t)丿||f|   
.        ,ゞ|:u  ̄〈_ _ _〉 ̄ u |K   
    _,, -‐''7::: | )(二ニニニつ( |:::ヾ''‐- 、._      お前達のせいで、俺たち楚人が他国の連中から
‐''"´:::::::::::::::i:::::::ヽ._   ‐一  _.ノ ::::::i:::::::::::::::`'''‐   なんて言われているか知ってるか!?
::::::::::::::::::::::: |::::::::::ト、 `:ー─‐''´, |:::::::::::|:::::::::::::::::::::::   ソジンボッコウジカン
:::::::::::r',二Yヘ ::::::::ト、` ‐---‐'´ノ|:::::::::r'Y二.ヽ::::::::::   楚人・沐猴猿冠といわれてるんだぞ!!
::::::: {. -ー{_ノ:::::::::| ` ‐-‐ '´  |:::::::::し}ー- }::::::::  
:::::::; ヘ. ',二j )‐''フ|          |く⌒(〈こ¨ 人:::::::  
:/:{:::::ヾ=イ::::::|oレ;:====、、 |o|:::::::ヾー''´:ノ:`ー   
:::::::::`::ー::フ′:::|:::|´∠二二\ヾ;|:::|::::::::::‘く´::::::::::::

137 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:26:36 ID:ej/mKUyU
 
                      _、ー-、, ‐'''Z.._
                    >. `    ′ <
      zヾ'`^`'``' ' 'ィ_  ∠   ,  ハ. 、    ヽ     
     7"`"'^'"`"'ヘ ヽ  / , /{ / uヽ.|\ト、    l    
    /=ミ、 r,==1 .l   /,ィ=ミ‐' `ァ= 、ヽ  |    項羽!!
    | r~` "=ー、 1,、|.   { l「 `。lニニ{ 。´ ) }'Tn !
.     |ゝu゚l  l ゚-、く ||f|.|.  `(ノニイ v' ヽニゝ)' ||f} |    お前の非道の振舞いこそ、
      |u _L__.」 __ 0 |lノ |   |u_└-- ┘, -、u llソ ト、   まことの沐猴猿冠!!
.      l(__`二´_) ハ ト、   l(__`ニ二´_ ノ( ト、 |::::ヽ、.__  
_,, -‐''Tヽ.u ー   / ンH,>‐ヘ __ ー‐ v __ ノ  ヽ|::::::::l:::::  人の冠を被った猿め!
: : : : : : H::l`‐--‐' ,、-‐'' ´:::::::::::|:::::::「 ̄ ̄´u  v /|:::::::::|:::  
: : : : : : :H::ヽ.  /:::l::::::::::::::::::::::|:::::::::ト、 u     / ,|::::::::::|::  恥を知れ!恥を…
: : : : : : : H_::/V/::::::|:::::::::::::::::::::|::::::::::l、`ー---‐' ./|:::::::::::|:
: : : : : : : :`くエ.7:::::::::|::::::::::::::::::::|:::::::::_」` ー---‐ '  L_:::::::::|

138 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:27:00 ID:ej/mKUyU
 
                      _、ー-、, ‐'''Z../⌒⌒\
                   :>. `    ′     \
      zヾ'`^`'``' ' 'ィ_  :∠   ,  ハ. 、     ボコッ     
 !? 7"`"'^'"`"'ヘ ヽ :/ , /{ / uヽ.|\ト、        l   あ…
    /=ミ、 r,==1 .l   /,ィ=ミ‐'   `,====、、ヽ    |    
    | r~` "=ー、 1,、|. : { l「 `。lニニ  {(( ◎,;)}' Tn !   あああ…
.     |ゝu゚l  l - ゚ ||f|.|.  `(ノニイ v'   ヽニゝ)'  ||f} |    
      |u _L__.」 __ 0 |lノ |  :|u_└---- ┘ , -、u llソ ト、    あわわわ…
.      l(__`二´_) ハ ト、   l(__`ニ二二´_ ノ( ト、 |::::ヽ、.__  
_,, -‐''Tヽ.u ー   / ンH,>‐ヘ __ ー‐ v __ ノ  ヽ|::::::::l::::: 
: : : : : : H::l`‐--‐' ,、-‐'' ´:::::::::::|:::::::「 ̄ ̄´u  v /|:::::::::|:::  
: : : : : : :H::ヽ.  /:::l::::::::::::::::::::::|:::::::::ト、 u     / ,|::::::::::|::  
: : : : : : : H_::/V/::::::|:::::::::::::::::::::|::::::::::l、`ー---‐' ./|:::::::::::|:
: : : : : : : :`くエ.7:::::::::|::::::::::::::::::::|:::::::::_」` ー---‐ '  L_:::::::::|

139 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:27:23 ID:ej/mKUyU
 
                \ . ,, .ドーーーーーーーーン '// ., /
                     \\ . -‐- . :: .  -‐- 、 // . ,  / _ ヽ
                   \\( ⌒  ⌒  ´   ' .. 'ヽ..  /  ´   )
      zヾ'`^`'``' ' 'ィ_   ;: ( ⌒ )=)´_ ⌒;: ⌒ .. ) ) // ニ==-
 ヒッ!7"`"'^'"`"'ヘ ヽ  (  ( nヽー‐'__;:  _,、__ // `ヽ    )
    /=ミ、 r,==1 .l   二` - i l  / 。 i /   ゚ ヽ   ; .)  ) .  .─-  あわびゅ!!
    | r~` "=ー、 1,、|.    )( ((.ゝ',:  ヽ_ノ  、__ワ ノ  )  二=- )
.     |ゝu゚l  l - ゚ ||f|.|.  ξ ⌒, ; (, __,-、_,,、   ̄  )  ) )      )
      |u _L__.」 __ 0 |lノ |  ゝ//'.. .(> >__,ノ ) )) ) =]3   二=‐-
.      l(__`二´_) ハ ト、 lー-、. ; ゝ ., :   Lヽ ノ, ; .: ., ) ) ノ  ノ
_,, -‐''Tヽ.u ー   / ンH, ̄, :. ,//. , ;ー─ - - '. , \\\ -'
: : : : : : H::l`‐--‐' ,、-‐'' ´:::::::::::|:::::::「 ̄ ̄´u  v /|:::::::::|:::  
: : : : : : :H::ヽ.  /:::l::::::::::::::::::::::|:::::::::ト、 u     / ,|::::::::::|::  
: : : : : : : H_::/V/::::::|:::::::::::::::::::::|::::::::::l、`ー---‐' ./|:::::::::::|:
: : : : : : : :`くエ.7:::::::::|::::::::::::::::::::|:::::::::_」` ー---‐ '  L_:::::::::|

140 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:27:47 ID:ej/mKUyU
 
  /:::::::/ // /:::::::::::::::::::::::::::::l !::::::l l:l ヽ:::l  \:lヽ、:::::::::::::::::::::::l ヽ!
  l::::::::|  ヽV:::::::::::::::::::::::::::イ::l  l:::::l li  ヽ:l   ヾ、ヽ:::ト:::ト::::::::::::l
  l::::::::l  /:::::::::::::::::::ハ:::::/ |/   l:::l  j 、 ヽ!  __,〉‐‐l:::l-!:l !::::::::::l
  l::::::::ヽ_/:::::::::::::::::::::l !::l  ! ヽ、l::l ヽヽ` -‐>< ___ レ' lj l::::ハノ
 /:::::::::::::::::::::::::::::li::::::/ __V__,, -‐ノ リ     ノ ,r 、  `ヽ   lヘ
,//ヽ、:::::::::::::::ト::l〉::/´ _,>‐、          弋ソ   〉   lヘ ヽ    ……!!
    \::::::::::::lハV/  ィr 、           ー‐‐一    ト ヽ〉
      \:::ト、!  |   弋丿                   lr'/ /
        iヾ、   ヽ __, -‐'´                 lノ /
       | r'丶             , 、            l_ノヽ
       l !   ト、                      /   ゝ、
        `ヽ弋ヽ           ___ -、       /    /:/´ ヽ、
           `>ゝ、       /´      l      /l   /:/     ヽ、
       _ -‐'´ |::|  ヽ      ゙、___ - ‐‐'     /イ  〈〈        〉- 、
    ,. ‐'´    l::j    |ソヽ、           //:::l   ヾ 、      /:/  ` ‐-
   /      /:/  ノ'   i`::- 、 _      / (::::/`)   ヽ\    /:/
 /        /:/  /      l`‐┘  ` ‐-‐'    ´ /      \ヽ  ヘ::、

141 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:28:09 ID:ej/mKUyU
 

 来   奪 こ |    |  今 恐  覇
 る   い の 了从从  よ 怖  王
 が   た 命 (ヽ)))|  り. の 項
 い .  く   /'')) "〈  始 伝 羽
 い  ば  (,,,(从ノ|  ま 説
  /     (;;  {;;;;;;;;t る は
 ・  _,,,,r''{{;; ソ;;;;;;;从;;;ー、___/
ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"

142 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:28:33 ID:ej/mKUyU
 
          l^! [〕[〕 ____
       ⊂ニ  ニ⊃ |┌─┐i
       /7 ||n  ||  || 〇 O 0
.        lノ U ∪  L..二二.ノ
   従 し  (        __     , -,           l^! [〕[〕 ____
   い し   )   ⊂   ヽ "'ヽ / /_,,,__  っ   ⊂ニ  ニ⊃ |┌─┐i
   ま :   /      _,--さ   '     -'- 、  っ   /7 ||n  ||  || 〇 O 0
   す   (  ⊂   '-十            ヾ      lノ U ∪  L..二二.ノ
   :     )     /             ヽ     
   :   /      /              ゝ
   !  (      _/     ,、v、 / ,,     i_
       )_---"  i  ,|/|/ | |"|"| |/ |/|/|  |  ゛"--、____
  ~~"/ |        |  /| | | | | | :| | ::| ::| | | |-、/       ヽ
     i  |       i/"| ,--""  u ゛''--、| |         /i
     i  | _____,,,----.| ::| ≡=- ,  , -=≡ .|:: |---- 、 ____| i
     i  |        i__|  ∪u i  i ∪u |ノ         | i
     i  .|         iι   i__ __i    i          |  i
     .i   |         ヽ ⊂====⊃ ノ          |   i
     i    |         ヽ、__   u__ノ           |   i

143 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:28:56 ID:ej/mKUyU
 
          _,,_,,,,,
      ,,r '";;iiiiiiiiiiiiiiiiiii;;`i;,,、
     /::::;;;;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;::`;,、
    /::;;;;;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;:::::\
    l:;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;:r、
    'liiiiiiiiiiii/iiiiiiトiiiiiiiiiiiiハiiiiiiiiiiiiiiiハヽ
    ,-、iiii/liトハiiハiii/ lハliリiiiiiiil"`'
     〈 `'jV  .____,,,i,,__ii   _,,,iiトiiiハ/
    ヽ、_ '" r-ョァー   "ya-//"      項羽…このようなことをしていては…
       ヽ  ゛~`   '、 "~'/''"
      _r-|ヽ、  _  _'" , '          天の報いを受けようぞ…
  _,./'/ ii  ` 、  ' , rt,_
'"_,,  / l"    `''";l、ヽ, "'  ,
    /  `,       `〉 i、   ` ,、
   /i   i,ー-、  _,,r`i  ヽ,    \、
   /    ,_ヽー-- -ー''l   ヽ     'i,

144 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:29:20 ID:ej/mKUyU
 
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ--':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽ
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ   最後の言葉はそれだけか。
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |   所詮、羊飼いのガキの戯言よ。
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ 
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,   英布!さっさとおつれしろ!!
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,,
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /:::
          li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::

145 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:29:43 ID:ej/mKUyU
 
           ;i' ,;i"/i";'/ハ/ハli'i'  彡 彡;-ー        ゞ,"ン、
            .'ヽi,/ ll ;;i' ;il 'i; ' 彡 彡彡           ミく ゝ
              /ヽ"' 'i,  ヽ ' 彡 彡            彡>">
               'l';;;iii;;;;;;;;;,,,,、   ""ヾ、ミ、          ,ミ ,,ゝ
           /"::..,;,,,,,,_ ..::::.      "';; "ヾ,,,.-、      ミ >
             /    ,,..゚.>.::..      彡  /,,ヽ.:l      ゝ,,ゝ  はっ…!
           /"''       ::::::.     ミ  /= )'ハ:'l    く彡/'
          ("   ..      :::      彡:/ヽ ) ノ,l   ,,ゞ "ゝ
          "'ー-;:'      .::      ;;;/)丿 ...::/    _,,> i"
            .く             .:;/_,r‐l'"    ミ /"
             .r' ̄"ヽ        ...::/;l:: .::::l "ヾ;'i ミ"i'
           "i''          ..:::/;;l:: ..:::l   ''"ヾ''iヽ
           /          ..:::/;;;l:: .:::::l:.    ..::'l
           i,_   _,,... -―'''" ̄:::;;;;;l::  .:::l::.   ..:::::'l,,..,_

146 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:30:06 ID:ej/mKUyU
 
――――――――― 義帝と旧楚の貴族たちは追放された。

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   ははは…
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/    相変わらずの迫力ですな、亜父様。
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

147 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:34:33 ID:ej/mKUyU
 
         __,,,.... -――‐- .._
       /vV///∠∠彡:ニニヽ
      {/`ー-‐'''"´   二二ニニl   クックック…
     /ー--‐''''"´    二二ニニ|
    ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|   単に用件を伝えただけのこと…
    〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|   あんなゴミどもなど、脅すまでもないわっ…
    },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|
.     |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、       そうであろう、のぉ…?
    |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \
      | 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__  陳平よ…
       | !` 三 ̄  l    |    \!  |
        \       _.. -''"    /|    |
    _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |

148 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:35:11 ID:ej/mKUyU
 
                     / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
    馬 バ   言 ぃ      /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、    旧
                   / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :    楚
    鹿 ヵ    っ       /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!     の
                  ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i     貴
    ば     て      l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.     族
                   リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;    な
    か     も      1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..     ど
                  l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;    
    り     わ       リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
                   |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t..
     :     か       / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi i ::... ..
     :              i  |>"                  l /   i l  l  :::リl / / ヒ/ {:::::r
          ら       !  《    _               レ   i/    :://l |!  ヾ::ィ
                    ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-"^ノヾl l   ti
          ぬ          ヾ、                         ///  :|      .:::
                       l ヽ                       /        _/:::::
                       !/, -―- - 、 ,,__                        /^::::::::::::
                 チンペイ
                 陳平(「Death Note」夜神月)

149 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:35:44 ID:HZXg3RRU
楚人沐猴而冠・・・
「沐猴=お猿さん」「而冠=冠する」の意味。
儒家の異民族差別用語。

150 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:37:14 ID:ej/mKUyU
 
          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、    この世の道理は…
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶   運否天賦じゃない…。
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ  グズ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i  愚図が落ち…
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!  勝つのは知略走り、他人出し抜ける者…!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/   あの貴族どもは、消えるのが…
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'   ほんの少し早まっただけ…
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´     
   :::::|| |!. 、                r ´       …ただそれだけのこと。
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

151 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:38:57 ID:EnK1Z1h6
人妻属性現る

152 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:39:29 ID:ej/mKUyU
 
     ____________
    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|
     / 二ー―''二      ヾニニ┤
    く'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|   クックック…
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|   そのとおりっ…!!
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|
    |`ー‐/    `ー――  Hく,〉|=|
    |  /    、          l|__ノー|   知恵が回りおるっ…
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \     ならば、ワシの用件など
.     |    ≡         |   `l   \__   聞かずともわかろうっ…
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |
 -―|  |\          /    |      |
    |   |  \      /      |      |

153 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:39:57 ID:ej/mKUyU
 
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ  もちろんです!
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/   貴族どもの始末はお任せください。
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′    この帳簿に書かれた者は、死を逃れることはできません。
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | 陳平帳       ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |                    :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |

154 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:42:10 ID:ej/mKUyU
 
        r──────‐:┐
.      | ,.へ、..___./ヽ. |
.      l /   ====   ヽ.|
.      | F=‐-_ll  L-‐=ゝ!.|   ククク…
     r:|.l ==。=,   =。== |.|.、
      {(!|. `二.l.   l.二´ ||).}  切れおるっ…
      ヽ|!/rー' L__」 ー 、`|!ソ
.    _/| l ー───一 | | ヽ._   いずれ、ワシがそなたを引き立てようぞっ…
    ̄ |  ト.、,. -‐==、 ,/|  |  ̄
.    |  |/ ∠Hニニ、 ´/ |.  |
.     | /  ,r‐|.|==‐'く.  |   |
    | / ,'  r‐|,|ー- ' \│ │

 
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll   ありがとうございます。
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'   ところで、亜父様。
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'     おりいってお願いがあるのですが…。
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_

155 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:42:51 ID:ej/mKUyU
 
             _,,. -‐-,、
        くIエ¨-‐<:彡"'ヘ.
        ,∠ __   \彡"ヘ.
.     /__/゙べ>  /=彡"ヘ.    ククク…
       \`"テ''ラ , 〈ハ'ニヽ彡'ヘ
     /   二.´  V〉ソノ::彡'ヘ   お主のことだ…
.     /  __┐   _\  Vく=三彡ヘ.  また色恋沙汰であろう…?
.     ‘ー ∠、-‐''´    | \ニ彡;へ、
         └┐      │ //: : :人    こんどは誰に手を出したのだ?
            |   _,,. ‐''´/./: : :/: : :\
          ̄ > '´ /: : :/ : : : : : : ヽ
              ∧ /: : :/: : : : : : : : : :│

156 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:45:34 ID:ej/mKUyU
 
           レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.
          /イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ ボクノカミヲミロ!!
          jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`y
   m n _∩ |l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.∩_ n m
  ⊂二⌒ __) ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',( _⌒二⊃
     \ \ ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|/ /
       \ \ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!  /
        \ \ ',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj  /    さすがは亜父様!!!
          \  |'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/  / 
           \ ヾ \   ̄  ,.イ  /
             \  ::`::--イ:ノ /    …とある将軍の妻に手をだしてしましまして、
             / ・    ・ /
             /        /      私の今の身分では、手打ちにできません。
            /        /       そこで、亜父様にとりなしを…
            /   э   /
            /        / 
  ,r――--、,,_ノ r、 三 η  L___,,..-―‐-、
  (          〃ヽヽ //ヾヽ         )  あの人妻!!ボクのほうが位が上だったら、
  ヽ  `ヽ、  ⊂ニ;ミシミッニ⊃    ,r''  /   手篭めにしてやったのに!!!
    ヽ   } ` ー-ヾヽ// ヽヽ〃ー‐''7    /
    ヽ  .{      ι' 三 ヽ)    {.  /
    〉  イ                〉  |
   /  )              (_ヽ \、
  (。mnノ                `ヽ、_nm

157 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:46:53 ID:ej/mKUyU
 
         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ
        |三=-::::U "'ー-ー'" \    ………。
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|
        |/|ニ||::::===。=;; く=。==.|    頭は切れるが…下半身は切れぬのぉ…
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|            
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,     …よかろう。
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶   今回の手柄に免じ…
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!   その件はもみ消しておくっ…
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /

158 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:48:03 ID:ej/mKUyU
 
          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   ははっ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l   ありがとうございます!!
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| | 
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|  
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!   (ジジイ…亜父と呼ばれるのも、
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l         あとわずかだ…)
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ  
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /   (いずれ、貴様を出し抜いてやる!)
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //      
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/       (そしてボクは…)
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/        
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′       (新帝国を打ち立てて
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //               その神となるっ!)
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\

159 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:48:29 ID:ej/mKUyU
 
         __,,,.... -――‐- .._
       /vV///∠∠彡:ニニヽ
      {/`ー-‐'''"´   二二ニニl   クックック…貴族どもの後始末も抜かりなくな…
     /ー--‐''''"´    二二ニニ|
    ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|   (見え透いた野心くらい、隠しておけっ…)
    〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|
    },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|   (所詮は青二才っ!)
.     |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、
    |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \      (せいぜい汗を流して働くがよい…)
      | 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__
       | !` 三 ̄  l    |    \!  |     (貴様は一生その地位にとどまっておけ…)
        \       _.. -''"    /|    |
    _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |

160 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:48:50 ID:ej/mKUyU
 
――――――――― 長江河畔。

、.v,,;..v、,          `'ー-、_wiw.,, ::.;;'' ;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'' ::.;;'' ;;:;: ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..v  =-   ´~"''‐- 、..,,,_;'  ',:;; :;: :::''::,:;; :;: v':,ゞ;;ミ゙'爻;ヾ.:゙;;ミ゙':,o
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡              "'- 、''::.;'': .;  ''::.;;' 'ミ゙'y”:";oヾv;;ミ゙'爻
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻_    -  -_ _       `ヾ ::::''::.; ::::''.:;; ''::.;;''w ;;:;: :iiwW'' ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙_                  "'- 、.;;'' ;; :;: :::'':: w .,,w ::.;; ::''
v':,ゞ;;ミ゙'爻;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ,:;'w  -= _-=- -          `゙''ー-、,_'' ;: :::,:::.;;''
ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻ゞ;爻彡;;'' ;;:;: "'- 、      ̄ -=_ =-    -   "'- ';:'':::::.;;'' ;: :::'':
vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻.::.;;'';;:;: :::''″冫 ―=        =─     ″-、,::.;;'' ;: :::'
爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙”v:";v;oゞゞ:;: :,:::'' :::::, -'"              - _  -=─   ヽ ::.;;'
 wi ;: ;::wWii ',:;; :;: :::'': :,:;;_,,.-‐''"    ―=-  =-   - -≡―       iYW:;;:'
;;:;: :::'',::.   ;::::''_,..、-''"  _  ―=           ─ニ          ,-" ::.;;''
::.;;'' ;;:;: :::''::., -'"  - ̄  _ ―-ニ_   ―_  ―ニ-  ― 二    , -'";: ;::.;;' ',:

161 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:49:23 ID:ej/mKUyU
 
――――――――― 英布は突然、貴族たちに襲い掛かった!

        _ イ::../l/|/..:::N\lヽ.::\
        フ::::::::::::::/:::::::ハ::::::::::::::::::::::::::',
        イ:::::::/l/ |//  |/∨\:::::::::::::〉
       イ:::l/ ≧‐ヘ  vz-―‐∨l:::::/
        ∧'´(.)`    "(.)`ァ 〉y     な、何をするっ!?
        ヽ}     i〉     /ノ‐┬、
          ∧   r-―、   .仆  | |
         _イ/| \ l____j /:::|    | |
     /   |   |\__  イ/  |   / |
    /ヽ    |   |__- ___//⌒)} /  .|
   /      |/⌒>、三--/ >\|/     |
  /   |\|    \\_//   /     |
  /    | //ノ    ヽl   _/_/|

162 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:49:46 ID:ej/mKUyU
 
        .!:::::::::::::::::::: :    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :  .::::::::::::::::::::::::::::|
        |:::::::::::::::::::: :    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :   ::::::::::::::::::::::::::::|
        .!:::::::::::::::::::: :    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::ト、
        .|:::::::::::::::::::: :    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::|:::ヽ.  俺はお前さんたちに
       i:::::::::::::::::::_:.:     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::: :: :::::::\ 恨みはないが…
       !:::::::::::::,イ |`ヽ{ヽ _ノ⌒iヽ __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::|:::::::::::::::`:
       .|:::::ri_j´ | |   | | | |   || T |  `ー――---、 __     |ノ:: :  : ::::::::
       |:::/ ゚。 | L  |{  |{    ||  |{  _,ノ´ ̄      三`ヽ   |::: :  : :::::::: 上の命令なんでね。
       レ'     | ヽ二二二ニミ ヽ ミヾ_ _t-ュー'F     「 ,ヘ   |::: :   : ::::::::
      ,へ  O    ヾー、=―ヽ  .. .  ̄ ̄   //  1|/  ヽ  |::::::  : ::::::::
     /:::::::::\__     、    !___         ノ / /    \|:::::::  : :::::::: あばよ。
     |::::::::::::::::    ̄ヽ、  ` .   「 ̄  c   o   ノ  /   ,   / .:  :::::::: :  ::
    |:::::::::::::::   ::::::::::\  \ |   )       o /  _ノ  /.:  ::::::::: :  :::
    |::::::::::::: :   .: :::::::::::: |   ヽ`ー '´_____,ノ`  /     / ..:::  :::::::::: :  ::::
    |::::::::::::: :   : :::::::::::::〈 f´⌒ヽ \ ´ ー―-   /   / .. .::::::   :::::::::: :  ::::::
    ./:::::::::::::::::  ::::::::::::::::::`::::::::::::::\ \     /    // ..:::::: :::::  :::::::::::: :  :::::::
    ::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  `ー一' . . .:::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::::::: :  ::::::::

163 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:50:09 ID:ej/mKUyU
 
                        __
                        /:::::::::::: ̄`ヽ
                         /::___:::::::::::::::::::::\
           ,. ' ´  ̄ ̄ ̄ ` ` ヽ//   ``ヽ::::::::::::::::::\
       / / \  |         \     \::::::::::::::::゙、
         |  / ノ\.ヽ | /          \     ヽ::::::::::::::|
   ,. -―┴‐;;'´/. | ゙, l/          ヽ    `、:::::::/   く…
  /;;;; ::;;;;;;;;;;;;;;;;;7 | .| |              ゙,      Y/    くそっ…
 l;;;;;;;: .:;;;;;;;;;;;;;;;;;/. .! ,' |         /     〉    .//
 !;.,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// l_ノ;:/| /  ̄ ``y'       ハ    //     やる夫…
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ノ::::::::::ヽ     ハ___/::::ト、  .//
  ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l/-、,,,_::::|       |::::::::::::::::::::;' `'Y/       お前との約束…
   |ハ/V\ト、l   _   `ヽ、___,イ::::::::::::::::::/   // >      エロゲを共にクリア…
      ヾ三___/:::::/``'ー- 、,___/:::::::::::_/   ,//「|
        \:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::,:r‐ ''"´  ,.-'´ // .|.|       果たせなかった…
          `!:::::::ヽ:::::::::::::::::::::ヾヽ-‐ '"´ヽヽ,//  |.|
          「::::::::::::\:::::::::::::::::::ヽ.      //\ |.|
            /-ミ/‐ァ:::入::::::::::::::::::::ヽ.   // ヽ\!.!
         ∠_  | //  .\::::::::::::::::::ヽ.  //   `ー′
         〈.  ヽレ'ノ       \::::::::::::::::::゙,//
          `` '' ´      _):::::::::::::/〉
                 / ヽ ヽ;:::://
                  l  />.` /
                 ` 'ー‐ '' ´

164 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:50:31 ID:ej/mKUyU
 
             。
           о
          ○
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\     頑張って秦を倒してくるおっ!!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |    秦を倒したら、懐王様も
      \       ゙ー ′  ,/    やる夫と一緒にエロゲ三昧するおっ!
     /       __|___    
    |   l..   /l ロリロリ   `l   これなんか特におススメだから
    ヽ  丶-.,/  |__虞美人草_|   懐王様に差し上げますお!
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/

  .7::::::::::::::  .;ト、::::::::::::::::::::::::::ド
  /:::::::::  .::::::ハ!. \:::ト、|l::;::::::Z
 ;':: ;.  .:::::::ハ:|    '"⌒゙'l |ヘ     ハハハ…
 |:::::::::::::|.l:::レ'     r'⌒ .「l
  ';::::::::::;レ'  , =、       .|′    三昧とはいかないけど…
  〉;:::_:ト.  l′   , 、     !     僕もちょっと興味があるかな?
    |.ト.、     _,...:'^!  /、
    ` ー'ヽ、   ヽ- '´,.イ   ヽ    秦との戦いに、必ず勝って帰ってきてね。
      /  l`` ヽ‐-イ__」    |
    /    ゙、  /`-、   l.ノ 〉  そしたら、ちょっとレクチャーしてもらおうかな?

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ

165 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:50:52 ID:ej/mKUyU
 
   ―――――――――――――――――――――――――――――
       君が遅かったから、先にクリアしちゃったよ…ごめんね…
   ―――――――――――――――――――――――――――――

 /::   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r' '"__ 、`、::::::::::::::::::
,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::r- ;;;;;;;;;;、:::::l `,:.:.:.:.:l  ',:::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::'、   ヽ::::l``‐‐、l  l:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::l `、 l'    ',::,、l   ' ´/---、__、,,
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  〉l´    l/:''    '、         さ…最後に頼みがある…
::,;'l:::::::::::::::::l ハl、l  l ''            '、
ノ 'i:::,、:::ハ:::ll\ `' 'l ,/ ,,;         ',   ,     こ…これを…やる夫に…
  l:ハ::l ',l  `' 、 ,l; l ,;;''              ',
  '  `'  `    `''''l_;''                '
            l:. .  ,r,‐‐ッ、      ,:.  :.
            .,':.:,; :. l l´ `l::::l      l_:. /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::  `' ´ `´   l'´ . .    /_>´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ``''' ‐::::r'´´/

166 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:51:02 ID:fVRsSIM.
このチンペーは駄目だ(wwwwwwww

167 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:56:16 ID:ej/mKUyU
 
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

168 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:56:46 ID:bgxEOc66
シンジ…

169 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:57:11 ID:ej/mKUyU
 
       /  l   .|  .|
    __  | __ |   | __ |
    l ヽ. |   |  |   |
.   | __| | __ | |^)_ |    ,-、
   _ |  | |   | .|ノ  |.    i  ヽ ガクッ
  i'i. ヽ. -‐、 !   !-! ‐- ヽ.  〉、 l
 / _ ノ.ヽ. `' (ノo(ヽο/ ヽノ (ノ |   や…やる…夫…
 ヽ. ,`ヽ,ソ    )ノ   ノ/o   |
   \ '  / / l     ()ヽ l    ごめん…ね……
    ヽ.   '    |  (⌒ヽ  |
     ヽ.     |   しノ  /
      ヽ    l      /

170 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:57:34 ID:ej/mKUyU
 
                       _______________
                      /l ロリロリ   `l 
                    /  |__虞美人草_|
                    | / ̄ ̄ ̄ ̄/
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     /  . .:::::::::::: : . . . : :./   7.::::::::::::::.. .  !
     /  .::::::::::::::::::::: : ::::::/ヾ__ / : :::::::::::::::: :.  |
     |: ..::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ __/::.  :::::::::::::::::::.. ゝ
     ,' :::::::::::::::::::::::::::::::::/ヾ、_./::::::.. .::/⌒十'⌒´
   / .::::::::::::::::::::::::::::::::/` 、 /: :::::.r一' ヽ〃)
   / .::::::::::::::::::::::::::::::::::/` 、 /::: :::/ `ヾ_r〈 ゜    チッ…何だこのエロゲは?
ー/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ__/:::::: ::i :.    _」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/` 、 /: ::ト、 !     | 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┴一 1: ::::::::`ー 、r―'      まぁいい…。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.⌒ヽ.       俺が手元に残しておくのも気が引けるぜ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : . . .\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄ `¬

171 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:58:26 ID:ej/mKUyU
 
―――――――――― 英布によって、義帝たちは暗殺された。
                だが、英布の気まぐれは思わぬ事態を引き起こすことになる…
    |\_
   L..._/
     ヽヽ
      ヽヽ   ,.ノVi`;;"ゞ、
       ヽヽ从i;;;;∧;;;;/i;;;;ヽ
         ミ;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;彡ミ;;;!          誰かいるか!?
        _≧;;;ヾ;;ノ;;彡;;;;;r‐;;|‐‐、--、     
      / /Y゙i;!YVリ´! '" ノrヽ  |`ヽ!     おいっ!!
     /   | j | t;、 -tッ'" | |,/ミ、.| └|ヽ-、  こいつを…やる夫に届けてやれ!
   ,/  _j / /ヽ.レ'__   //ミミ/ /ノ/\
   /r三L...|/ /`ヾ ヽ、_,/ヾヾ;/ / r'´ ̄ ゙̄ヽ、   差出人は…伏せておけ!いいな!
  「ヽ丁´ / ∧彡ー‐-、 ̄ ̄ ,、-'´ /     ヽ \
  rヘ ` :/ ∧ ヽ__,,、-──''´ .....:::/:::::::::......  ....:::::ヽ:|::\
 |__ \,/ /Y、ヽ ヽ -、::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ;:::::\

172 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:58:40 ID:dGIeV75w
シンちゃんの手は原作仕様?

173 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 22:59:28 ID:ej/mKUyU
>>172 どうなんだろ…?AA録で拾ってきたヤツ使ってるよ。 




―――――――― そして、英布には「ある感情」が芽生えつつあった…

              _ _ノ{          そ
            ∧ン             て,
.,ヘ        `ーイ                ´7_
 , ヘ        ト=″                 ソ
ノ , ヘ      >                   〃  チッ…後味の悪いことをさせやがって。
._,ノ  ,ヘ、    ミ、     ,、             ,イ
  _,ノ  ,ヘ 、へ_ゝ     F ヾク ,イ        i{ |  今や、俺は九江の王なんだぞ。
\ _,ノ   ヽヽ > 「ヽ   _」  }( リ | ,イト、( ) ヾ />|  項羽のヤロウ…
  >     /Y  |ヾ\ i|   ヾ`  i! |  !{`リノY´_ |
/ ヽ__ノ   、ヘ く ヾ   〃ヽ______,   ≦ォタ |
  //  | / /  ヽ _)    、、_, ̄゛〃く  ̄``l   …!?ヤ、ヤロウ…!?
//  / _1 /    `ー、      ̄´   __」    /   _
/  /   |  ト、    ヽ           ヽ,/  ̄ フ/  ̄ ̄ ̄ ヽ   お、俺が…項羽のことを…
   /|   |   ヽ     ` 、     _ ` _´/  , へ ̄ヽ⌒ヽ´ ̄ ̄  つい…!?
  / |   i    \     \   ´  ̄ ├ー'   ヾ ヽ  `ヽー
 /  └  ヾ     ー―― -ヽヽ 、____〈______ヽ ヽ ヽ
>、     \_        __ _,ノ ̄  }     `ヽ ヽ
  >― ―                    !二二ヾ

174 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:59:36 ID:haiJfJqI
>>166
陳平としては駄目だけど、ライトの配役としてはマシw

175 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 23:00:16 ID:ej/mKUyU
 
――――――― 義帝を弑逆した項羽は、西楚の建国を宣言!
       
. i  :::::::::::::   ;;;;;;;;::::::::::::::::::::;;;;;;;;;'''"  ;;;;|||,             |i
 t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
  t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-
  t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii
   t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、
   t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""
   ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー
  :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::  ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー
.  ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之   俺は世紀末覇王・項羽!!
  ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii
  ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r
   ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "   この全土に号令をかける
    ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、  唯一の王だっ!!
     :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,
      ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}  我が西楚は永遠に栄えるのだ!!!
        ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii
         ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''
           ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、
           |~::''::、;;|   ;;  ヽ  iヽ、,,j、  ''iii、、 ,、-'"ー、,''"  ''jj,,,,,,,,,,

176 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 23:00:58 ID:ej/mKUyU
 
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                  
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                     ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し      ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し
         `、||i |i i l|,      、_) タァーチュー         `、||i |i i l|,      、_) タァーチュー  
          ',||i }i | ;,〃,,     _)  大楚!!         ',||i }i | ;,〃,,     _)  大楚!! 
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)                 .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)         
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V       ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ                   .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ             
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡                  Y,;-   ー、  .i|,];;彡            
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ                  iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ           
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ                  {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ           
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__            ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__   
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''.           ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''.  
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''. ,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''.  
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''    ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''    
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 楚 )__;;;;/     '''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 楚 )__;;;;/

177 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 23:01:32 ID:ej/mKUyU
 
――――――― だが…新たなる戦乱が幕を開けようとしていた…
 
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
    '‐く>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i    
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿    そろそろ頃合か…
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,     はじめるぞ。
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐ 彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  デンエイ
  田横(「天空の城ラピュタ」ムスカ)

          / ノ Y ヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)     西楚の覇王(笑)wwww
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \   廚二病王位乙wwwwwwwwwwwww
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r┬-|  /´       その顔に泥をぬってやるっていうwwwwwwww
         |  | |  |  |
         |  | |  |  |
            `ー'´
      ホウエツ
      彭越(でっていう)


       第 三 十 一 話 ( 終 劇 )

178 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:02:37 ID:dGIeV75w
>>173
いや、手についてるのは赤いのか白いのかな、と
最後のお願い的に考えて

179 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 23:02:45 ID:ej/mKUyU
今回はここまでです。

もはや奇襲は通用しなくなってるwwwwwwww

次回からは、予告した後投下しますんで。


ではでは~

180 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:03:02 ID:dGIeV75w
乙でした
次回も期待してるよー

181 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:03:10 ID:YwPtB/.E
乙ー

田横の振り仮名間違ってないか?

182 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:04:00 ID:giZO6mvc


ふん、まめにスレを覗いていれば奇襲など恐れるに足らぬわ

183 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:05:09 ID:haiJfJqI
お疲れ様でした。

184 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:05:18 ID:bgxEOc66
乙でした。
やっぱり奇襲はここの風物詩だと思うw

185 : ◆oGchNEml3M:2010/06/10(木) 23:06:35 ID:ej/mKUyU
>>178 ちょっとネタバレになるけど、白ww

>>180 よーし、パパまた奇襲しちゃうぞ!
>>181 ほんとうだ…指摘感謝!正しくは「デンオウ」っす。
>>182 くっ…やるな…
>>183 これからは、奇襲がないので安心してね☆
>>184 それしか取柄がないwwww      …orz

187 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:07:37 ID:iSVi5xUM
乙でした

189 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:10:26 ID:3V6Nq66I
ホウエツキター
こいつが一番の貢献者だと思う

190 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:21:06 ID:giZO6mvc
勝戦の計は勘弁だぜ

191 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:31:17 ID:AzFYv15k
乙でした
項羽さん強引だなァ……せめて義帝様にラストおな(ryくらいさせてあげたかた

192 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:35:15 ID:HZXg3RRU
乙でした。
項羽どんどん行っちゃいけない方向に・・・

>>188
抜けてたのか・・・言葉の解説が無いのでおかしいと思ったんだ。

>>169
抜いてたのか・・・

193 :名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 23:42:47 ID:K8dg3XJk
乙でしたー。
彭越はでっていう…今からウザさが目に見えるようだ…w

194 :名無しのやる夫だお:2010/06/11(金) 03:10:49 ID:f612JA86
乙。

ここらは「沐猴猿冠」と呼ばれても仕方ないよなあ。
せめて禅譲にしておけばいいのに、って魏の文帝が言ってました。

それはともかく、陳平こいつかよw
なんというツメの甘そうな策士www

195 :名無しのやる夫だお:2010/06/11(金) 08:39:46 ID:g8LGEqm2
乙でした。
ライトの下半身はある意味切れまくってるなw
そして、懐王様が貰ったエロゲをクリアしていたと言う事実w

196 :名無しのやる夫だお:2010/06/11(金) 13:20:18 ID:2CDIn0i2
乙でした
今ごろ奇襲に気付いたオレ羹状態
まさか連チャンで来るとは……

197 :名無しのやる夫だお:2010/06/11(金) 17:35:14 ID:u.GEYC9I
しかし、奇襲にきた敵の損害がすくない・・・
もう一度くるぞ・・・・・!

198 :名無しのやる夫だお:2010/06/11(金) 18:07:39 ID:upj/US/I
>>194
>>149

199 :名無しのやる夫だお:2010/06/11(金) 21:08:32 ID:/UMlGHFc
>>196
同志よ
ドラを鳴らせないだけでこれほどの屈辱感orz

200 :名無しのやる夫だお:2010/06/11(金) 23:33:35 ID:OW87coQo


思ったんだが、他の王たちが「土地+王」と号したのに対し項羽が「土地+覇王」と号したのは、
秦が使用した王号の上としての「皇帝」に変わる用語として「覇王」という名称を新たに作り出した
と考えていいんだろうか?義帝を排除した後も帝号を名のってないし。

項羽が天下を取っていれば、代々の中国王朝の主は「(諡号)覇王陛下」と呼ばれていたかもと考えると
なんだか不思議だ…

201 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 00:17:05 ID:hGJUCmog
覇王っつうとエロg、いやなんでもない

202 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 01:30:10 ID:li52uon6
>>200
その通り。「覇者」と「王者」の2つを組み合わせて作られた称号。
ちなみに皇帝自体も伝説における中国最初の支配者である「三皇」、三皇の後に中国を支配した「五帝」、この2つの称号を組み合わせて作られた称号。
ただし、王者が文字通り「王」に与えられる称号であるのに対し、覇者は王の一つ格下である「公」に与えられる称号だった。
そのため「覇王」という称号は地位が低い方に与えられる称号を先に置くことになるため、知識人からは項羽には学のないとされた。。

203 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 02:14:20 ID:Uem/xVnE
さすがに今晩は奇襲はないか…?

204 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 02:15:30 ID:ySNiXeLM
フラグを立てるな。絶対に立てるなよ

205 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 02:48:39 ID:awBo8rh2
王覇を名乗っていたら学がないと看做されなかったかと言うとそれは違うだろう
覇には武力にものを言わせて願いを叶えるという意味がある
徳を重視する中華思想で支配者が覇を名乗っている時点でどうやっても無理。ほとんど蔑称に近い
皇や帝には宇宙の支配者、あるいはそれを認められた者という意味がある。文字通り天の子と書いて天子
当時の知識人的には「人と違うことしようとしてずっと格下の称号作ってるしwwwwwww」ってとこだろうな

206 : ◆oGchNEml3M:2010/06/12(土) 02:58:46 ID:aDJ3thsw
 
     / ̄ ̄ヽ     あばばばば…
.    /      ',/⌒)  忙しすぎワロタwwwwwwwwww
  /⌒) {゚}/¨`ヽ{゚} | .|   
 / /   ヽ._.イl   ミ/  18日の〆さえ終われば…
.(  ヽ   ヘ_/ノ  /    俺…奇襲投下をするんだ…
 \       /       
  /      /      というわけで、来週は週末までは
               投下できませんw
               WCのおかげで、何とか徹夜やってけそうww

            / ̄ ̄ ヽ,
           / _ノ ヽ、_  ',       ということで、本当に来週は
        ノ//, {・}} /¨`ヽ {{・}} ,ミヽ     週末まで投下ないんで、
      / く l。゚  ヽ._.イl   ゚。 ,ゝ \   信じてくれよぉ…
     / /⌒ リ   ヘ_/ノ     '⌒\ \
    (   ̄ ̄⌒         ⌒ ̄ _)  トラストミーwwwww
      ` ̄ ̄`ヽ          /´

207 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 05:21:15 ID:m14tX81Y
サッカー見ながら作業とか余程退屈な試合でもないと無理
ソースはさっきまでの俺

208 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 07:27:16 ID:PC3qcmI2
よく>>202のように言われてるけど、ちょっと反論。

楚は、周王に爵位を求めたとき、公、侯、伯に続く子爵しか認めてもらえなかった。
魯の三桓氏とか斉の国氏高氏レベルの扱い。

それに怒って楚は代々、王を名乗っていた。
だから楚の荘王は、王でありながら、覇になった。
呉王夫差、越王勾践も王でありながら、覇になった。

覇は、もともと、諸侯連合である会盟の発起人のことだから、
斉の桓公、晋の文公に倣って、地位が公でないといけないという決まりは無い。

むしろ、楚の伝統からすると、覇を名乗るに相応しいのは王という事になる。

209 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 07:40:31 ID:Lifn23ac
いろいろ言われてるけど、
ぶっちゃけ「覇王」って名称かっこいいよな。

210 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 09:24:21 ID:sufVtb0E
儒教的価値観からするとよろしくないってだけだからね>覇王
天下布武だって儒教的にはアウトだし、そういう感覚のズレでしょ

211 :名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 11:14:47 ID:sEr8WgMw
調べてみると「覇」は元々「白き月光」を意味する字で、「覇者」の意味で用いるのは
「伯」の仮借だそうな。「伯」も元々は「諸侯の長」という意味だが、爵位の三番目の
名称として使われてしまった為に同じ音の「覇」を使用するようになったという。

実は「皇」も「玉座の前に置かれた神聖な祭器が大いに光を放つ」形を表したものであると言われる。
もしかしたら「皇帝」に変えて「覇王」の号を用いたのは

皇帝=「皇(玉座の前の神聖な祭器の光)」+「帝(天の神を祭る祭壇、転じて祭る神そのもの)」
覇王=「覇(白き月光、天からの清浄な光)」+「王(玉座の祭器、特に鉞)」

という二語合わせて「天の光の祭器」の共通の意味を持つが故にセレクトされた用語だったのかも。

それを儒者が単に「自分たちの用語法と違う!」と反発したに過ぎず、項羽の方が字の原義を
よく理解して「覇王」の語を用いていたに違いないんだよ!!!!

キバヤシAA(ry

212 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 09:10:34 ID:dUQ3THPk
字義通りの権能求めるって、異民族の中華支配のテンプレだなw

213 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 15:42:38 ID:zZ/739go
そう書くとまるで本当に中国では皇帝が神だと思われてたみたいじゃないか
宦官が私腹を肥やすために皇帝を騙すなんて日常茶飯事だし、支配者が名乗る称号は飾りでしかないよ
庶民は庶民で反乱起こしたりするし、あくまで外国に対しての箔付けくらいの意味しかないと思う

それはそうと>>206が完全にスルーされててワロタ
とらすとゆー

214 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 15:47:32 ID:4ZTkRGKo
>>213
古代の支配者なんてどこもそんなもんだ。
日本の天皇だってそうだった。そしてその下の臣下には
己の私情私欲で動いて天皇騙して反乱起こした者はいくらもいる。

215 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 15:52:20 ID:zZ/739go
天皇は王様扱いだったと認識してるんだが神設定なんかあったっけ?
明治憲法で神性付加された短期間だけだと思うんだが
確かに神話的には神の末裔だけど、歴史的には王様でしかなかったような希ガス

216 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 16:23:06 ID:eJH2rwVw
>>215
明治よりずっと前から、一応、神社はみんな今上天皇を現人神という形で祀っていたぞ。
その証拠に江戸時代の京都守護職には、仏教大名より神道大名が優先的に選ばれてる。

赤い学者は分かってて嘘書くから信用したらあきまへんで。

217 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 17:44:24 ID:lFwAA0uc
源氏物語で光源氏が女性関係でやりたい放題だったのも
神の子という位置取りだったからだしな

218 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 18:53:37 ID:2uZ46nhI
>>215
天皇は現在世界唯一のエンペラーで、王扱いしてるのは中国くらいだぞ…

ただし、孔子の先祖は(封神演技でおなじみの)紂王の兄から出てることが
確定してるし、劉邦の時代から見ても、孔子は200年以上前の人物だから
家系の古さはさすがにかなわないがな。

219 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 19:14:24 ID:zZ/739go
>>218
王と皇帝に明確な違いなんかない
なんとなく「大国の支配者=皇帝」っていうくらいのもので、ほぼ自称にすぎない
オレが言いたいのは「日本史的に天皇は神だったのか」ってことだよ
近代や現代の国際的な扱いは知っているが、今は問題にしていない

220 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 19:23:42 ID:TR0aTSds
>>218
>天皇は現在世界唯一のエンペラー

それって ttp://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/tennouheika.html この辺のネタだろ?
正直真に受けるのは恥ずかしいからやめておいた方がいい。国家元首や宗教指導者に上下なんてないよ

>孔子の先祖は(封神演技でおなじみの)紂王の兄

「聖人の心臓には七つの穴があるらしいな、確かめたいから解剖させろ」とか言われて殺された比干のこと?
初耳だな

221 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 19:32:26 ID:irtBcu1I
>>219
正確には神と人の間の存在だな。

天皇が行う宮中祭祀見ればわかるし、
古代には皇祖神である伊勢神宮に天皇家以外の者が参拝するのは禁止されてた。
(私幣の禁)
斎宮は皇室の未婚の女性に限られたしな。

222 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 19:43:26 ID:2uZ46nhI
>>220
日本皇室の英語版WEBや英語版wikipediaでもエンペラー呼称。
まあ、我々は天皇と言う呼称でいいんだけどね。
孔子の先祖は比干じゃなくて微子啓の方よ?

223 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 19:45:38 ID:4ZTkRGKo
>>219
>王と皇帝に明確な違いなんかない
んなわけあるかい。中国でも中東でもヨーロッパでも、
意味や理由はことなるが、王を超える存在として皇帝が
生まれたのはどこも変わらん。

>「日本史的に天皇は神だったのか」
イエス。明快にイエス。
ただし注意。ここで言う神というのは、現代的な、ユダヤ・
キリスト教的な唯一絶対の存在ではないよ。
そのあたりは中国でも変わらん。

224 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 19:57:25 ID:CAgO1CoQ
>>223
そもそも日本的な神の定義だと、秀吉や家康はもちろん、
靖国神社に祭られている兵隊さんもみんな神様になるんだもんな

225 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 19:59:51 ID:2uZ46nhI
>>223
逆に言うと「王を超えた王」の存在に「皇帝」と言う訳語をつけただけ。
天皇=エンペラーなのも同等と言われそうではあるんだけどね。

プレジデント=大統領なのも「一般人の長なんだから「棟梁」としか訳せないけど
それじゃ失礼だから「偉大な棟梁」を省略した」のが語源だしな。

226 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:13:01 ID:eJH2rwVw
>>219
「日本史的に天皇はgodだったのか」
と問われたら異論もあるかも知れないと思うが、
それはもう言葉遊びの段階の話だろ。
「日本史的に天皇は神だったのか」
と問われたら、>>223以外の回答はありえないよ。

>>220
比干は紂王の叔父だろ・・・
孔子の先祖は殷周戦争に最後まで反対してた微子啓だよ。
初期の周王朝では別格と言ってもいい公爵の地位をもらった人だ。


秀吉=豊国大明神、家康=東照大権現、彼らは正一位の神様だ。

ところで正一位と天皇とどっちが地位が高いかぐらいは分かるだろ?
つまり、天皇は神の中でもかなり高い地位にあったと見るべきだぞ。

227 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:21:59 ID:irtBcu1I
>>226
神に封じたり爵位を追贈するのは中国皇帝もやってる。
関羽なんかがそうなんで、それを持って天皇が神であるとはちょっと言いにくい。

つか、神が神を祭る祭祀を行うというのがちょっと微妙なので、
天皇はやはり現人神という神性をもった人(祭司)というのが妥当ではないかと。

228 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:31:39 ID:71pOVPm.
>>227
祭る側(祭祀者)が祭る対象(神霊等)と同一視される様になるのはよくあるパターン。

229 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:32:15 ID:zZ/739go
神道の偉い人ってのは知ってる。つまり司祭的なものとして偉かったのであって、
そのへんは欧米の神権政治と似たようなもんなわけね

>>223
それこそそんなわけあるか、と返しておくよ
王より偉いんだと主張するために皇帝という呼称を考案しただけの話
「オレは王より偉い超王だから!」ってだけだぜ。皇帝の意味なんて
もし明確な違いをご存知ならば、定義をご教授願いたい

230 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:35:49 ID:irtBcu1I
>>228
いや、本当に神霊扱いなら承久の乱で天皇を退位させて島流しにできんよ。
つか、それ以前においても治天の君が天皇より上だし。

231 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:43:25 ID:eJH2rwVw
>>229

政治的なトップが王、宗教的トップでは無いが人間の中のトップが教皇。
宗教的権威を含めたあらゆる権威のトップに立つのが皇帝だろう。

ロシアの王はツァーリを名乗ってから、ロシア正教会を支配下に置いたし、
ローマ皇帝は生前から神々の座に加わる事が約束されていた。
ナポレオンは、戴冠式で教皇の名の下の戴冠を拒否して、自ら冠を被った。

秦の始皇帝は皇帝位に就く前段階として、
周の諸侯の社稷を全て打ち壊した。(それまでは趙以外は一応保護している)
封禅を執り行って、天地の神々に中華全土の社稷を継承する唯一無二の存在だと宣言している。

ちゃんと宗教的な代表にもなっているよ。地方に独立した国廟を認めた周王とは一線を画している。
だからこそ反発も大きかった。項羽はその点では諸侯に妥協している。

232 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:48:42 ID:4ZTkRGKo
>>229
皇帝の役目?それは地上においては「王の任免権」をもっていること。
ローマの皇帝も中国の皇帝も、周辺諸民族の首長への「王号」奪与があった。
彼ら諸民族は、皇帝によって王を認められることが、民族への統治の正統権を与えられることだった。
さらなる過去においてはそれぞれの神が行っていたことを、皇帝が掌るようになったわけだ。

233 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:55:51 ID:eJH2rwVw
>>230
>いや、本当に神霊扱いなら承久の乱で天皇を『退位させて』島流しにできんよ。
                             ↑ここ重要↑


これは逆に言うと、退位という七面倒な手続きを経てからじゃないと、
天皇を島流しには出来なかったという話でもあるんだぞ。

天皇の権威の大きさを知ることができる事例の一つだ。

天皇の権威を恐れず、今後利用する事も考えないなら、
要はぶっ潰すつもりなら、退位してない現役の天皇を流刑にしても良かったはずだけど?

234 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:57:48 ID:JVS4DJ7.
雑談スレでやれよ

235 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 21:05:42 ID:TR0aTSds
ああ、比干じゃなくて微子啓か……でも、微子啓が孔子の先祖だなんて話あったっけ?
ざっと調べてみてもそれっぽい話は見つからなかったなぁ……微子啓の墓が見つかった、とかいう記事なら見つかったんだが
そもそも、孔子は母親が野合した結果生まれてきた子で、父親すら定かじゃなかったと思ったけど

墓って言えば、しばらく前に曹操の墓が見つかったとかいう話があったけど、アレどうなったんだろうね

236 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 21:06:20 ID:TR0aTSds
>>234
ごもっとも。以下控えます、すまんかった

237 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 21:24:55 ID:yFBibCrY
やけにのびてると思ったら
>>220なんか典型的はてサの釣りレスなんだから、スルーでいいんだよ
最近はどこの歴史スレにも飛び火してる感があるから尚更スルーさ

238 :名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 21:34:03 ID:zZ/739go
>>231
英国王は英国教会のトップでもあるけど皇帝を名乗ってないね。なんで?

>>232
それはただの言葉遊び
王という言葉を安売りして以前は族長とか呼んでたのを王と呼んだだけ
それとその定義なら日本国王を任命してない天皇は皇帝ではないね

239 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 00:32:34 ID:.xok/tD.
>>234
知らないのか?歴史系スレではいくら雑談してもいいし、逆にそれを諌める奴は即自治厨認定されるんだぜ

240 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 04:00:19 ID:LMJgDsEU
>>233
ん、問題は天皇が神であるかどうかでしょ?
神ならそもそも退位させることはできない。

神主の親玉だから無くなると祟りがある、
だから存在としての天皇は必要だけど、
別に神じゃないから誰かが天皇であればいい、OK?

241 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 04:19:19 ID:XxZn8h5.
議論は雑談でやってくれ

242 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 09:03:28 ID:HrIjIBNI
>>神ならそもそも退位させることはできない。
これが>>240の俺ルールです

243 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 09:09:48 ID:2w5FytDM
カノッサの屈辱

244 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 14:18:30 ID:Tw2FJ0c.
>>239
自治厨認定されるのは構わんが、雑談を歓迎するかは>>1次第であって、歴史系だからいくら雑談しても言いということにはならんだろ。
第一、このスレには雑談スレを1が用意してるんだぜ?

【ネタバレ含む雑談所】やる夫系雑談・避難・投下板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1272818680/

245 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 16:04:51 ID:UZgEWenQ
>>235
真面目に調べたの?父親分かってるよ。
詳しい事は>>244の雑談スレに書いておく。

246 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 16:42:20 ID:7yM6BbaU
むしろ古代であればある程、王=神そのものなんてのは珍しくない発想なんだが、はてサは「そんなものは近代に入って作られたもの」「テンノ―セイグンコクシュギがどーたら」としたがる
はてサってのは天皇(制)とか特定のキーワードが途端にハッスルするんだからわかりやすい
>>240
神殺しって発想を知らんのかと
神話では○○の神様が殺された、って表現も珍しくなく、じゃあ殺された○○の神様は神様じゃない!とでもいうのか?
じゃあ神様の定義って宗教的にはともかく、歴史学的には何さ?

逆に言えば神様がそんなに偉いものって発想もまた、後の時代の発想だ

247 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 21:21:33 ID:qrZkr0Qw
分かったから雑談スレ行けと

248 : ◆oGchNEml3M:2010/06/14(月) 21:36:34 ID:TydIG71w
 
 ̄ ̄ ヽ,  おっ、スゲーレスきてる!
      ',  うれしす!!きっと>>1乙!の嵐だウフフ
/¨`ヽ {^},   ________
ヽ._.ノ   ',. | |          |
`ー'′   ', | |          |


     ..:::::::::::::::::::..ショボーン
    .:::::::::::::::::::::::::::.   か、神…
    {0}::::/¨`ヽ:::{0}   王…天皇…
    :::::::::::ヽ._.ノ::::::::::   
    ::::::::::::`ー'::::::::::::   なんすか…これ…?
   .::::::::::::::::::::::::::::::::::.   劉邦が…

            , -─- 、
          /::::::::::::::::::::::::\     ということで、>>1を叩くならいくらでもどーぞwww
            /:::::;;;::::::::::::::::::;;;::::::',    
         l:::{0}::: /¨`ヽ::::{0}:::::l    雑談ネタは>>1がショボーンしてても
         l:::::::::::::ヽ._.ノ ::::::::::::l    やっちゃってください。「ネタバレ」及び「スレ違い」は
..   ノ//,..   〉:::::::::::`ー'′:::::::::::::〈    
  / く..   /::/` ─----─ ´ ヘ:',    【やる夫劉邦】やる夫が漢の皇帝になるようです【ネタバレ含む雑談】
  |::::::'⌒  /::/      __l^l_ ';:',   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1272818680/
  |::::::::ヽ. /::/      「r─ュ |. ';:ヽ
  l:::::::::::::`::::;'         |.|⊂,, l |   l::::ヽ   でどーぞ。
   ';:::::::::::::::l.         | !.-'´ |  l:::::::::',   あとはみなさんの自主的な判断に期待しますんで。
   ヽ::::::::::l         |  ( ̄:`:::-、l:::::::::',
    `7:::::!         └─ヽ::::::::::::::::::::::::l

249 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 21:40:53 ID:9oKKv1zo
ああジュウシマツがペンギンに変身するほどのショックがwww

250 : ◆oGchNEml3M:2010/06/14(月) 21:48:03 ID:TydIG71w
 
       __
     /::::::::::::::ヽ,    >>249意外とペンギンイイ…
    /::::::::::::::::::::::::::',
    {ー}:: /¨`ヽ::::{0}',   これからはこれでいこうww
    l:::::::::ヽ._.ノ::::::::::: ',
   リ::::::::::`ー'′::::::::::ヽ  そんなヒマあったら、さっさと投下しろって
  (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  ことでつねwwwすんまそwwwwwww
   |:::::::::/~ ̄ヽ,::::::::::|  UStreamでサッカーみれる方法わかって、
    |:::::::::|     |::::::::::|  日本戦が超楽しみwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 
                俺…日本が勝ったら続きを投下するんだ…

251 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 21:50:11 ID:g/Y9e.6A
いきなりのエター宣言かよ・・・・・
思い直せペンギン

252 :名無しのやる夫だお:2010/06/14(月) 21:50:46 ID:NlDCs.Gs
せめて日本戦が終わったら、にしてくれ

253 : ◆oGchNEml3M:2010/06/14(月) 21:57:42 ID:TydIG71w
           __
         : /::::::::::::::ヽ,:       >>251 え、エターしないYO!
        :/::::::::::::::::u::::::',:       >>252 げっ、今夜投下しないと
      ノ//,:{0}:::::/¨`ヽ::::{0}:,ミヽ:         いけないじゃまいか!!
    :/ く :l///.ト‐‐‐|///::,: ゝ \:  
  :/ /⌒:ノ::::::: ト---|::u::::::::',:⌒\ \:  サッカーみてる場合じゃなくなったwwww
 :(    ̄ ̄⌒:::::::: `ー'′::::::::::::::⌒ ̄   ): 頑張ってみるwwwwwwwwwwww
   ` ̄ ̄`ヽ::::::/ ̄ ̄ヽ,:::::::::/ ̄ ̄ ̄

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/247-4104fefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。