やる夫が漢の皇帝になるようです(第四十四話)~  老軍師、退場す  ~

ここでは、「やる夫が漢の皇帝になるようです(第四十四話)~  老軍師、退場す  ~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
96 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:38:08 ID:U3kwlZ6g
時間がとれたので、緊急投下!!

もし、呼び出しが入ったら途中でおわっちゃうけど、おk?


では、いきます!
(今回は時間短縮のため、配役リストは最後にするよ)

97 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:38:40 ID:U3kwlZ6g
. 
   や る 夫 が
                 ,ヘ     ,´ヽ
      (⌒ヽ      ____|  |_    |  |     
    _  ヽ ヽ `ヽ. (__    `⌒´   ""_-  
    ヽ ヽ ヽ ヘ ヽ ヽ  `i  i´~ ̄ヽ  |  ̄   
     ヽ, ヽ i | | |  | |   | |.     
      i |.| | | |   ヽ_ `⌒´__丿 ヘ   
     | | .| | | | | ヽ `)  ヽ  _|  |   
     .| | | | | | |  `_´   `""  |   
     | ノ .| | | | .| i´ .`i  | ̄`i   |   
    / /  .| | |  | | .i____|  i____/  ノ   
    i__/  | |. / /  ヽ__      _____/    
       .| ||,_/     _~`ヽ  i´   _     
     i⌒i | |     /´ ノ |  | < _`ヽ   
   | |  i | /⌒i /__-´  |   |   `~   
   .|  | .| | / / ´    /   \ ___    
   .| .| .| | | |  __,-´ _,-──- _  `ヽ.  
   .| .| .| | | |( ̄ __,-´  ,ヘ   ` ヽ_ノ  
   .| .|  | | | |  ̄ ,----^  `------、        (第四十四話)
   .| .| ||. | |   ー--┐ ┌-----゙    ~  老軍師、退場す  ~
   .| .| | | | |      .|  |     
   .|  | |  | |  |    _____ |  .| _______
   .|   | . |   | | | /´  .`   ´   _`ゝ
   ヽ | .ヽ   | ヽ,|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ,_|  ヽ-´     の 皇 帝 に な る よ う で す


.

98 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 19:38:49 ID:pOSsJ.LQ
はわわ、きしゅうじゃ

99 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 19:39:11 ID:ufJBc7QY
ジャジャジャジャーン!

100 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:39:15 ID:U3kwlZ6g
>>98 はわわ…早すぎでござるw


――――― 独創的な戦法「背水の陣」にて、趙の主力を破った韓信は
         参謀・李左車を捕らえてくるように命令した。

               ,,、rー ──- 、、,,_
               ,r'´          `ヽ、
             i゙              `、
            ,フ`'ー--‐──‐r-、、      ヽ
            ,!'´,イλ ,ilk、   ゙ゞ、 ``ヽ、    ゙i
            リi ji、_ト,;;:ゞ゙、ヾ、  ヾ、  `ヾ、 ,ノ
            ' ヾノ liン、```ヾ、i ヾ 、  `'ゞ ヾj   李左車を生け捕りにしてきてほしい。
              /  丶    ムi ,ト、  ,`ゞ `゙、,|
            ヾ、,       イj/ 〈、ゞヾ川 i,!   成功したものには、莫大な恩賞を与える。
              i        リ ソ ノ  仆从,j
             ゝー-      / `´イ   イ ,リ′
              〉     /  / ヾ从, ';、,;k
               ゝ、__,,、-イ  /  ,jソ チリ'´l
              ,r==、__,,、r、'''"´ ィヽ   !、_
          _,,.、-‐''j´,r'゙´,イ / ,! i l ヾ,r'´  /  `ー-、,_
                      カンシン
             【漢の大元帥・韓信】

.

101 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:39:49 ID:U3kwlZ6g
>>99 銅鑼じゃねぇしww


――――― 間もなく、李左車は捕らえられたが、韓信は縄を解いて
         師事の礼を用いて迎え入れた。このとき李左車が語った台詞は
         今も故事成語として伝えられている。

              , -v'´三 丶  ̄`ヽ、
             / r _ヒニテトゝ、`ー、-、ヽ
               l  /´_   _ -`ヽ、ヘ ヽ`、
              ノ i〈 _ ̄  _二 )ハ ! l | }!
            l. /ンー- 、_ ,ニ-_‐ニ=、 | l||l|
             ヽ〉_=冖ヲ! ヽF"¨^ニヽ !|ミソ_リ   『敗軍の将、兵を語らず
            {| ヽ ´/ 丶 ` ´  l |ミ「i l′
              ヽ  _`.ニこ.′   / |ソ 'ノ!    亡国の大夫、政を語らず』
                |  ∟-=‐-ミi i  l lY´丿
              l   _`二´_ ! ,  l |l|
                 ヽ、      /// クイ    敗者である私に、勝者である大元帥に対して
               _l.` ‐---‐='´_∠-┴i    献策する資格などありますまい。
              l‐-`T"r‐_'"´_ ' "´ ̄]
               ,ムlヘ'l | l/.r、)⊂=-‐ ニコ、_,、_ , 、
          ,-、 _r‐'(`ー-_ィ!| |、`ー-‐_ニ-'" ̄_ノ,へ.//`7^=ァ,‐- 、、_
  ,、..-,'7-/7ー/ / ヽヽ l 「 ノ_!_'、 //´_. -== ' ´_ 」 L..⊥!--┴==テ⌒i
  lヽ='==' ==' ┴、 _ヽ.',| l/,´ノ_l.V//_'´   /,-‐ '' ""´´ ̄   /    l
  |        ヽV r' l |:l /´ノ!|l l └、ヽ / /             //    |
                     リサシャ
            【元趙の参謀・李左車】

.

102 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:40:14 ID:U3kwlZ6g
.
           /                    `、
           ,!             __      ,!
             i    〈カ〕     ,r'´`、ゞ、 ``ーァァァイ    いいえ。
             ,〉、       _,ィ´ヾゞミ;;、`゙ゞ、 ゞ゙、 ;゙、   陳余とのやりとりは伺ってます。
          ,!j,;:`ー,.;ィィ,イシン'゙'いヽミ`ミゝミ、`ミミ:、三ミゞ!   彼があなたの献策を受け入れれば、
          };;::' i , ヽ,イ、、l_,!゙'`ヾ、ミ-i一ゞミゝ、 rー、;;:;;|    立場は逆転していたはず。
          ゙;゙、;;:;ハ,!゙_,ィで,j   `゙でこj   ji ,jk カ i;;:!    
          ゙:、ヽ,;:ト     ',!   ヽ     / i;:j リ ,!イ    私はあなたを評価しているのです。
             `ソ;;:ハ   /           リ' ,イ;;ハ
             ゙`ゞ   ゞ、,, j        ,!r'´;:;,イ `、   遠慮せずに、これから私たちが
                ,〉             / i;;:;;:/   ヽ_        どうするべきかを
         _,,、、-‐'"´ハ   ー‐‐一   ,.イ / /    /  ̄`ー-、,_   教えて頂きたいのです。
     ,,、、-r'"´ i   _/   ヽ,   ̄´   / .,ィ/    /     !
   / i__!,.、-‐''" ̄ Λ,   i ゝ、_,,,、ィ´、/Λ    / ̄`ー-、,_!
  ,/ ,!        ,! `,  レ'´ ,イ  `7 ト、 ! ゙、   /        ̄`
  /  |        |   i  ,!   /j   1 ,!i k!  ゙、 /


.

103 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:40:38 ID:U3kwlZ6g
.
           _,,,.-'''非=     \
          ,;'´ r-┴ーヽ、 . ..:.:::::\
          {f:f:ij     |j::::ヽ . ..:.::;;;;ヽ
          /ノノ/- ‐ 、…_ _,,,.、`'j、 . .;;:}     『智者も千慮に必ず一失があり、
          { {_,.-、_ _,,,._-_ー_、! . ..::::l      愚者も千慮に必ず一得がある』
           }ミ〉、 =ェンi f:::::=ェ=:::|;;r、::j
           リ! ヽ   j,, l:::`‥'´:ノ{ノ)j;!     と聞いております。
           {、!   i、,,,、;;:::::::::/:::::{ノ!;,'     あなたにはとうてい及びませんが、
            l r'´ニニニ、丶!::::::イ;;;|      私の計も用いる価値があるかもしれません。
            ヽ  =='::::::::/ l;;ノ
            ll`L _ ,、‐', ‐';;;||       …このまま燕に攻め込んでも負けるでしょう。
           _}>¬〒r三 ̄r⌒ゞL__
  _,,,.-―;;;;;"7i ̄;;;;l!⌒)| ! | { ヽヽ;;jノ/;;;;;;;;; ̄j¨j`;;¨;;;'';;ヽ、
Eソ/ //;;;;;;;;;;;;; {(;;;;;;;;{弋リ| | | ヽ ノ;;;/ゞ_;;;;;;;;;;;;ノ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!


.

104 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:40:59 ID:U3kwlZ6g
.
         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >   ま、負けるのですか!?
    / U (○)  (○) \ \
    |    u  __´,_  U |      趙も破ったのに!?
     \u    /__/   / カンエイ
                  【灌嬰】

                 ,r'゙  jkレ'゙      、.:.:;;ヽ
               j   ,r;;ィr;;::;;ュ、``ー-、ヾ;;;;;:;:゙,
            ,f〃 /   . _ ,..`ー-、 `;:;::;;:;;;;;!
           〈 j ,イ ; _ ,, _ _,, .:.::ヾト、,イ;:i;:}    左様。
            i,Y/,、、、,, _ , _,、zr==ソリシツjj;〉
               !;jj"´,rェァ'ソ `ゞ'゙ェェ;ッ ; :;:k,ヘi;!   漢軍は、関中で章邯を、
             `リ `  '´1 ヽ.``  ´ ,.:;リ /!   西魏で魏豹を、そしてここ趙で陳余将軍を破った。
                ゙i     ,L _,;:.    /::リソ;/
               ',   ´ニゞィゞ、,,,  j.:::N;;:l|
                 ヽ  '゙ニ三三ミヾ .:.::!;;j;:i!    しかし、士卒は疲れきっております。
               j、  ー一    .:./;イjソ     さらに長躯遠征して燕と戦っても、
              〈 ゝ、       .:/;;;;;ノ〈    疲労がピークに達し、戦果はあがりますまい。
                 」\`ゝ-'--‐''´,.‐'´ /!
             _∧  ソ⌒) Y (⌒ゝY  /,イ`ー-rュ、__  ,、
    ,、_ _,. -イ7´ ̄ `ト、  _ノ i 1 iヽ _ノノニフ /  //    //`ー-r r
  フ"´ 7/  ゙ヾヽ   `i 仄ー=l .| ト、__,ィイ"´   //    //   //
  L_ _,j 1     1 |    \\_  ヾ !ノ _」 l    ,//    //    iL

.

105 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:41:21 ID:U3kwlZ6g
.
         /   !   .: .: :::::::::::、;:;::;;:;:;、ヾヾ、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
       ,.イ  .::i:l      ゙゙;;、.:.:;;;;ヾミミミミ、;:;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;!
        l:i!.::;;!. :.:|:l       `;、 .:.:ヾミミミヾ;:;;:;;;;;;:;;;:;;;;;;;|
        リl.:.:;|.:::::M、`,`、.::::::::::;:;.:;:;`ヾミミミヾヾヽ.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;!    
        ヾl!.:l::l:^ヾトト、ゞ、.::ヽ.:.:ヾ.:ヾ;:ミミミヾ ミミミ;:;;;;;;;i'    おっしゃるとおりです。
         `ヾトト、`ー==''゙`ヾ.:;:;:;:;;:;;:;r‐-、ミミヾ.:;:ミミヾ:;;;!    
           `ヾ! ´テ-ュ`` `)1.::;:;;:ト、  !.:.:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ   私もここまでが限界と思いますね。
               l  ´ ̄     リ`t;!/ /.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
              /             リ ,.イ.:.::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;L
            ( _,,           ! ト、 !.:.:;:;:;;:;:;,ィイイ从::L
             ゝ-‐       ,′! `ヾトトト、リ^!/.:.::::::iヽ
            /.::::Y      /  ;     ,,、‐'´ ,ィ.::::::::|::::.`ー- 、、、_
           /.:.:.:::::::ヽ _ , イ     ,、‐'" .:./ !.:::::/.:.:.::::::::::::::::::::::::
             /.:.:.::::::::::::.::::「.::::7⌒77"´ ̄ハ   |__/.::::/ .:.:::::::::::.:.:::::::::::


.

106 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:41:44 ID:U3kwlZ6g
.
                ,r'゙  jkレ'゙      、.:.:;;ヽ
              j   ,r;;ィr;;::;;ュ、``ー-、ヾ;;;;;:;:゙,
           ,f〃 /   . _ ,..`ー-、 `;:;::;;:;;;;;!
          〈 j ,イ ; _ ,, _ _,, .:.::ヾト、,イ;:i;:}   だが、この状況はチャンスでもあります。
           i,Y/,、、、,, _ , _,、zr==ソリシツjj;〉
              !;jj"´,rェァ'ソ `ゞ'゙ェェ;ッ ; :;:k,ヘi;!   即ち、章邯・魏豹・陳余将軍と立て続けに
            `リ `  '´1 ヽ.``  ´ ,.:;リ /!   完勝を収めたことは、
               ゙i     ,L _,;:.    /::リソ;/   天下に韓信大元帥の武威を示したことでしょう。
              ',   ´ニゞィゞ、,,,  j.:::N;;:l|
                ヽ  '゙ニ三三ミヾ .:.::!;;j;:i!    この様に、状況とは視点を変えれば
              j、  ー一    .:./;イjソ    長所にも短所にもなるのです。
             〈 ゝ、       .:/;;;;;ノ〈
                」\`ゝ-'--‐''´,.‐'´ /!
            _∧  ソ⌒) Y (⌒ゝY  /,イ`ー-rュ、__ ,、
      _,. -イ7´ ̄ `ト、  _ノ i 1 iヽ _ノノニフ /  //   //`
     7/  ゙ヾヽ   `i 仄ー=l .| ト、__,ィイ"´   //   //


.

107 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:42:06 ID:U3kwlZ6g
.
              , -v'´三 丶  ̄`ヽ、
             / r _ヒニテトゝ、`ー、-、ヽ
               l  /´_   _ -`ヽ、ヘ ヽ`、
              ノ i〈 _ ̄  _二 )ハ ! l | }!   善く兵を用いる者は、
            l. /ンー- 、_ ,ニ-_‐ニ=、 | l||l|   味方の短をもって敵の長を撃たず、
             ヽ〉_=冖ヲ! ヽF"¨^ニヽ !|ミソ_リ   味方の長をもって敵の短を撃つ
            {| ヽ ´/ 丶 ` ´  l |ミ「i l′  と聞いています。
              ヽ  _`.ニこ.′   / |ソ 'ノ!
                |  ∟-=‐-ミi i  l lY´丿  
              l   _`二´_ ! ,  l |l|    ここは、大元帥の武威をもって燕を降伏させ、
                 ヽ、      /// クイ     その間、疲れた士卒の英気を養うのが上策かと。
               _l.` ‐---‐='´_∠-┴i
              l‐-`T"r‐_'"´_ ' "´ ̄]
               ,ムlヘ'l | l/.r、)⊂=-‐ ニコ、_,、_ , 、
          ,-、 _r‐'(`ー-_ィ!| |、`ー-‐_ニ-'" ̄_ノ,へ.//`7^=ァ,‐- 、、_
  ,、..-,'7-/7ー/ / ヽヽ l 「 ノ_!_'、 //´_. -== ' ´_ 」 L..⊥!--┴==テ⌒i
  lヽ='==' ==' ┴、 _ヽ.',| l/,´ノ_l.V//_'´   /,-‐ '' ""´´ ̄   /    l
  |        ヽV r' l |:l /´ノ!|l l └、ヽ / /             //    |

.

108 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:42:29 ID:U3kwlZ6g
.
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}     なるほど!
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ    目から鱗が落ちる思いです。
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV    さっそく実行させましょう。
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、

.

109 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:42:51 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 韓信は、李左車の献策に従い、
           まず趙の倉を解放し、平民に施しを行った。

             __ __  _
            /ソ  /   / !ヽ
            ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|
            || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |
            \.___\__\__ ノ _
          /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.
          ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.
          || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.
          \.___\__\__ ノ \__ ノ_
        /ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ
        ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |
        || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |
        \.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ


,、,、,,,      \ うれしいのう /  \ ありがたや /
     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
     (    )    (     )   (    )    )
,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
  (    )    (    )    (    )    (    )
,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
  (    )    (    )    (    )    (    )

.

110 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:43:16 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 感謝した平民からの寄付を士卒に全て渡した。
            結果、略奪は起こらず、平民も懐き、一石二鳥の効果があった。


.       ∧_∧    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○
       ( ´∀`)    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○
  -=≡  /    ヽ    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○
.      /| |   |. |    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○
 -=≡ /. \ヽ/\\_  ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○              ( ̄○
    /    ヽ⌒)==ヽ_)=( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○        ∧__∧   ( ̄○
-=   / /⌒\.\ ||  || .( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○   -=≡ ( `・ω・)  ( ̄○
  / /    > )| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     /ヽ○==○( ̄○
 / /     / / .|______________| -=≡ /  ||_ ||( ̄○
 し'     (_つ  ̄(_)) ̄ (.)) ̄ ̄ ̄ ̄ (_)) ̄(.)) ̄    し' ̄(_)) ̄(_)) ̄(_))


.

111 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:43:46 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 趙があっさりと平定されたことは、燕への圧力となった。
           燕は韓信が送った使者の説得をうけ、漢への協力を約束した。
           李左車の献策は的を得ていたのである!

       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !   燕のみなさん
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'      や  ら  な  い  か  ?
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |       ソウサン
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !      【曹参】
    |       |  \             /   |


.

112 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:44:11 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 韓信の北伐は斉を残すのみとなった。

                  :         ┌――――→×燕  (
                 :          │       : . . .│. . . .\_
                :          │        ' : │      `|     、‐-、
       :    韓信北伐進路' ' ' ' ' :   │        :. │       ' 'ヽ_、ノ´   `~´`ゝ
       :         :.  ┌―――→ ×趙     : ' ' ' │.                _ノ`´
       :          :. │     :        :    │:              /´
       :  ■テキ    :  │    : . . . . . ' ' ' ' '      └―→ □斉     /`‐´
        :          :. │       :              ' ' : (楚と同盟締結)
        : ' ' ' . . . . . . ' ' : ×西魏  : ' '                ' ' ' ' : . . /´
     ┌――――――――┘  (やる夫v.s.項羽) . . . .            (
     │  :.         : . . . . . ' ' ' 凸榮陽←――┐' '        :    `\
    ×雍 :    ■塞  :   ■河南        └―――― □西楚    ~|
         :         :         . . . . . ' ' ' '  : .    │         |
. . . . . ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' . . . : . . . . . ' ' ' ' ' ' '         :     │         `ヽ
                   : .       ■韓      : ' ' ' ' '│. . .         |、
                    : ' ' ' ' . . . . .         :.    ↓  :         \
      ■漢            :      : . . .       : □九江 :          \
                    : □臨江  :  ' ' : . . . . . . :    (英布敗退)         \
                   :        :  □衝山   :      : ' '              |

         ■やる夫勢力  □項羽勢力  ×韓信が討伐した勢力

.

113 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:44:59 ID:U3kwlZ6g
.
                           ケイヨウ
――――――― やる夫が引きこもっている榮陽。
            項羽率いる楚軍の包囲下にあった。


                      ノo_o_o_o_o_o_o_o_oゝ
 |>    |二ミ    |>     n_rl_n_n_n_n_n_n_n_h_n  |>    |二ミ    |>
 h_n_n_n_h_n_n_n_n_h_n_n_n_n_|     ____     |_n_h_n_n_n_h_n_n_n_n_h_n_n_n
                   |     |l 榮陽l|     |
                     |  〃ニニニニニヾ  |
                       |  | | 〃゙゙゙゙゙。゙゙゙゙ヽ | |  |
                   |   .| | |         | | |.   |
 ──── ─── ───|   | | l         l | |   |────── ─── ─

                    包囲っ…                  ぬるぽっ…
      包囲っ…                    包囲っ…
;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;';;
vymyvwymyvymyvy、vymyvwymyvymyvy、vymyvwymyvymyvy、vymyvwymyvymy 包囲っ…
MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、MVvvMvyvMVvvMvyvMV
Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘΛ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘΛ_ヘ^-^Λ


.

114 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 19:45:41 ID:TNup1bAg
>>113
ドラの代わりに、ガッ

115 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:46:10 ID:U3kwlZ6g
.
           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /(  )}liil{(  ) \     だああああっ!!
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   韓信は趙を落としたというのに、
       \    |ェェェェ|     /   状況は一向に改善されないおっ。
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l
       /´  ヽ        | l じょわ~~~
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、::::::::::::::: ̄/     l
        ヽl´   |::::::::::::/ ̄ `l_-‐ ´
       /´::`-‐´:::::::: ̄ヽ --‐'::::::)
       ヾ_::::::__:::::::::_::-‐´'
           ̄      ̄
        【漢王・やる夫】


.

116 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:46:34 ID:U3kwlZ6g
.
        ____
      /::::::::::  u\        ほんとうに、大丈夫なのかおっ!!
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________   ここが陥落したときに備えて、
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |   HDDのエロゲフォルダを
   ノ::::::::::u        \   | |              |   自動消去する
. /::::::::::::::::     u      | |              |   プログラムを仕込んでおくおっ!!
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |


.

117 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:46:59 ID:U3kwlZ6g
.
   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \     そんなことする暇があったら、
 |,'⌒ (( ●)(●)    お前もこの状況をよくする方法を考えろだろ!
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ
             ハンカイ
  【やる夫の義兄弟・樊噲】

.

118 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:48:26 ID:U3kwlZ6g
.
            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :   そ、そうだおっ…
         /  -==、   '==-   ..:::::|
           | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :   陳平、楚の連中を仲違いさせる
       : ! #;;:..  l  |     .::::::/     作戦はどうなったおっ!?
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/ 
          >;;;;::..     ..;,.;-\


           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   順調にいってますよ、漢王。
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    そろそろ止めを刺したいので
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/    楚軍に講和の使者を送ってもらえませんか?
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |          チンペイ
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、    【参謀・陳平】
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、

.

119 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:48:49 ID:U3kwlZ6g
.
―――――――― 陳平のしかけた『離間の策』は効きつつあったが、
             まだ誰も追放されていなかった。ここで、止めを刺すのである!

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・    仲違いを仕掛けてるのに、
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /      講和…かお??
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l    ええ、条件は適当でいいので。
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
              ヾ、          リイ:|リ      できれば、返答に来てもらうように
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i       してもらいたいですね。
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',

.

120 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:49:11 ID:U3kwlZ6g
.
         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j    ククク…
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|    面白そうだなっ…
       i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
         i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\   俺も混ぜろ…
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;           チョウリョウ
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;    【漢の軍師・張良】

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    張良っ!?
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |  なんでこんなときに限ってノリノリなのかおっ!?
  \     ` ⌒´     /

.

121 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:49:49 ID:U3kwlZ6g
.
        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_    ククク…
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ    楚を追い詰めるにはいい機会だからなっ…
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、      使者は随何でよかろうっ…
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ     ククク…
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´      せいぜい説得してくるんだなっ…
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´


   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、   え…俺?
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|           ズイカ
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、      【説客・随何】
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ

.

122 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:50:38 ID:U3kwlZ6g
…ちょっと呼び出しがあったので、でてきます。
 多分5分くらいで戻ってくる、すまん!




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   いつものことだろ、やる夫…
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }      / ̄ ̄ ̄\
   ヽ     ノ       /  ⌒  ⌒ \
    i⌒\ ,__(‐- 、    / u (ー) ::::(ー)ヽ   な、なんか嫌な予感がするおっ…
    l \ 巛ー─;\  |   :::⌒(__人_)⌒:l
    | `ヽ-‐ーく_)  \    `  ̄´ /
.    |      l      i⌒\、___ ィヽ
    |      |     .l \ 巛ー゙‐;\ 
     リー──‐‐t____.  |   ヽ-‐≠ー '′


.

123 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 19:55:30 ID:pOSsJ.LQ
代わって言おう。

なんだってー

124 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:57:03 ID:U3kwlZ6g
>>123 すまんwそのネタは今回使ってないんよorz



―――――― 随何自身も半信半疑のまま、楚軍に講和を申し込みに行った。

    |┃
    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     |  戦いは見させてもらったぞ!
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  楚漢は講和する!!
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |  返答や如何に!?
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \____________
    |┃      l     r─‐-、   /:|
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l


.

125 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:57:35 ID:U3kwlZ6g
.
              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、      やる夫め、何を考えているのだ?
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ     こんな余迷い事をほざくヤツなど切捨て、
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈      さっさと榮陽を落とすべきであろう。
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;   亜父もそう思わぬか?
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
                   コウウ
          【西楚の覇王・項羽】


.

126 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:58:06 ID:U3kwlZ6g
.
         __,,,.... -――‐- .._
       /vV///∠∠彡:ニニヽ
      {/`ー-‐'''"´   二二ニニl
     /ー--‐''''"´    二二ニニ|   御意っ…
    ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|
    〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|   今更になって講和などとは…
    },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|
.     |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、  よほど追い詰められていると見るべきっ…
    |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \
      | 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__  だがっ…
       | !` 三 ̄  l    |    \!  |
        \       _.. -''"    /|    |      講和の返事として、返礼の使者を送るべきっ…
    _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |
                  ハンゾウ
   【楚の軍師であり、亜父・范増】


ヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
、` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ   なにっ!?
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ--':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽ
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト   その必要などないのではないか?
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ   俺は講和する気などないのだぞ!
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,,
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /:::
          li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::
.

127 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:58:31 ID:U3kwlZ6g
.
.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│    項王のお気持ち、承知…
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |     返礼はあくまで表向きの用件っ…
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ    真の目的は、榮陽の内情を探ることっ…
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.    本当に陥落寸前でなければ、
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.   何らかの策を仕掛けていると見破れまするっ…
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |

.

128 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:58:53 ID:U3kwlZ6g
.
    t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
    、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
    i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
    't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
    ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ    むぅ…
     'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i    うぬの言にも一理ある。
     t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|    
      '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i
.      t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、  よかろう!
       ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t)):::::  返礼の使者を榮陽の漢軍に送ってやれ!
        i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'
    ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::  そして、榮陽の内情を視察して来い!!
、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
:::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::


.

129 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 19:59:19 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― ハナから講和など考えてない項羽は、
            使者とは名ばかりのスパイを送り返した。

                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ   ヒャッハーっ!!
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.  漢の連中を丸裸にしてくるぜぇええ!
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
                 ヽ入     `VⅥ           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
        l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
       {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
        〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``
                        コウソウ
              【項羽の従兄弟・項荘】

.

130 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:00:41 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― だが…、その考え自体が彼らの掌の中で
            踊っているに過ぎなかったのである!

                 _,... ------- 、__
             _, イ//r‐‐<テ三三三`ヽ、
            ,∠,rこ二二二、 ̄\:ヽ二二:.:.:ミト、            ニ_|_
           /://(Tト、:.:.:.:.:. ̄≧、ヽヽ \ミト、ミト、            ニ   !
         /://:.:./ハヘ:.ヽTト、:.:.:..:ヽ¬Eヘこヘ:.ヽ:ミト、          □  |
        _////:.:.:.:l:.!:.:.ヾ:.:..:.:ヽ:.「:.ヽ:.:.ヽ:.ヽ:.:.「カレヘ、:.:.:.ト、          ―┬―
   ,....''´::::://,イ7!:.:.:.:.:!:l:.:.!:.:ト、:.:.:.:l:ト、:.:.ヽ:.:ヽ:.ヽヽ:.⌒!ヽ、:!厂!      | |二|二| |
   l:::::::::::::l l:':.:ハi:.:.:.:.:.N:.:.!:.:.い:.:.:.:!ト、:.、:.:.\:ヽ:.:',:',:.:.:.ト、 V /´\     | |_|_| |
   l:::::::::::::l l:.:.l:.:/!:.:.:.:.:.!:!:.:l:.:.:.:い:.:.l:!:.:.ヽヽ:.:.:.ヽヽ:V!:.:.:.!:.:ト{ l:::::::::::ヽ     ̄ ̄ ̄
   l:::::::::::::l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ !:::::::::::::::! ヽ   マ
   l:::::::::::::l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:! l::::::::::::::::|  フ |二|二|
   l:::::::::::::l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:! !::::::::::::::::!  ) !‐‐!‐┤
   l:::::::::::::!ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:.ハ:!:.:.l:.:!:! !:::::::::::::::'  '^ー―――
   l:::::::::::::l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三__:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l {:::::::::::::;'   | / ̄ヽ
    \::::::::ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ ト、::::::/r、   レ'   |
     \:::::::ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!「こ_ノ::,ノ;;;.く       ノ
       ヽ:::::::ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./_____/;;;;;;/     ̄
       / ̄`トい `               リ l//!レ'ヽ /;;;;;;;/
        /:::::::::::l:.トい                    /イ!:::::::ヽン;..<_
        !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!:::::::/,イ  `ー‐‐、_____
  ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:://::::「 ̄`ー~ーr‐‐ 、こヽ、
      l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」イ//:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y ヽ
 .r-‐‐‐‐┤:::::::::::::::::::::::::::' ,   ヽ __    ,∠ィオエ「二ソ´::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  ヽ
 :ヽ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::',  /::::ヽイ_,==ン7T7::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::::L |
 ::::::ヽ:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ !::::: ル '´  ,' / !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::!:::::::::::::::!  !

.

131 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:01:04 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 陳平が作曲し、張良が編曲した葬送行進曲は
            奏でられようとしていた…范増という智に溺れた者によって。


 ∠ -‐'' /     l||   l||      l|l    ||l      `‐、 ̄
    , '   l||          l|l  ,    l|l           ヽ
.    /      l||    l||   ,ィ  /l/|       ||l    、ヽ
   /   l||      ,イ ./!  / |  /  | lll ト、  ||l    |l  l\!
.  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |     やっぱりね… 
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !     見当はついていたけど…
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||     案の定ひねた下策…
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\    人をはめることばかり考えてきた
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \   人間の発想…
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !  痩せた考え…
  -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|
.     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
     |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|
.     |          l;:::::::::::::::::\    /:::::       |         |
    |         :|:::::::::::::::::::::::`ー:'::::::       |           |

.

132 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:01:40 ID:U3kwlZ6g
.
――――――――― 榮陽城内部。

              ∧_∧           ∧漢∧
    ∧漢∧     (´xωx` )       (´Д`; )           .∧_,,∧
   ((.;.;)ω;` )     |つ ⊂|       ⊂  ⊂ )          (´;ω;`)
    (っ  ⊂)     ∪  ̄∪        く く く            (つ  と)
    |  # |                 (_(_)           `u―u´
   ∪  ̄∪
           ∧漢∧                     ∧,,∧            ΛΛ 
          (´xωx`)               .(   )           / ⌒  ) 
         .(;U  つ               ∪ヘ ;・ ヽ;)       / ;:/ つ.・.
          );) )                   \ ⌒・~    ~(    ) 
         ..し;_)                                ~ ⊃ 

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ----: ι
       |::::::::::::)≦゚≧ミ:≦゚≧(   ん…?
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   内部は負傷者だらけだぜぇ!
        /≦ ヽ .|  | ≧    それに、兵士の元気もねぇ!
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l    どうやら切羽詰ってるのは間違いねぇな!
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^

.

133 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:02:18 ID:U3kwlZ6g
.
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!    ようこそ、榮陽城へ。
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!    お勤めご苦労様です。
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/      まさか、あなたが使者とは。
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


        ,;':::::::::::::ハ;、_::::_,.ィノ^!               _,...........,__
        |i:::::::::::::::,リ^ '''',"  l!                ,.ィ'" ...:::;;;;;;;;;;;~`:;、
      ヾー-‐彡,. ィ" !  ':,             /  ...::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
         \ :ハ     '、  ':,            | ,rrェヒミ〈;;;:リナナク,;:l!  ケッ、誰かと思えば裏切り者の陳平か!
         \ '、   ,:'、  ':,         !斥y'r。xツヘ '・`,,,シミ;:;;:|
           \ゞ '" ::ヽ  ':,           |トニ斗テi"| :;フハコ=7-i;;|  ここが陥落すればテメェの首を
             ヾト、  ::::ゝ  i        :|::ll::::l!:|l|ハ::;;| | ! !| li ,l、  ふっとばしてやるぜぇ!!
             `ヾ-'"  : ::|^y'ヽ、       |ト|!:::l!:||kキ;|干!,!,!ノノ:,!;l
               `yr'^! :::〈 ミシ|、  ,';,   !|ヽヾヾト'^"~'' ,'' "//;;;;'、  せいぜい念仏唱えて待ってな!!
               r'" ヘ ヘ、:::二;;;;リ  /:;;| ,r'-:ゝ ,ィ;'  ,.-...,,;:,,' /l::::;;;`
                ゞイ..`,.>'"リ、/ -'ー-'ミ  ,:':;/ヾ、  .,,. ,,_;:' l!
               `t  ゞ.-'" y;;!rー'''''''ーミ::`:'";;,'  `:;、 :;;: ,;' .,!
                〉  〉.-‐"ノ^:,     ^:、 ゞト、  :,! ':;;, ;;'  '"!
.

134 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:02:47 ID:U3kwlZ6g
.
∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!   ククク…
: |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!       えらく威勢がいいですね…
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
|l::::::        `__:::    /.|′           とりあえず、漢王が来るまで
iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'             控えの間で食事を取ってください…
:|::ヽ:::..      ‐==;;   /
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、           ククク…
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.


                          __
                            ∠_::_`ヽ
                     /|   {_r.大=z_>:}         フンッ、陰気くせぇ野郎め。
                    _/::| /l ||.|}.}{.{|.}7||:|  /|
                  /⌒i ̄::(__トノ|ー=┴幵:」 __/::|.//   鴻門の会のときに、
                 r'´ ̄`ヘ、___)〈 ...::::::/-、=)l:((__/l    いろいろ入れ知恵したヤツか!!
:Y''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ....:::::}!!!!三三| `ヽ:.:. +ヘ=ト、__ト、
 ./⌒ヽ ヘ................::::::::::::::::/ ::::::::ノl三三三|  :::i::.:.  \三\ }   これだから、漢軍は
 {:::::::::::::::}:::|::::::::::::::_::::::-ー'r-、::::::/||三三三| ..:::+i:::.:..ィ  ヘ三=〉|   大キレェなんだよ!!
人ヽ---' /_..>‐<(_に)_)|:::}ノ|||l三三三/::::::::::ili:::::::..... |三=l::|
  `ー-―''''     }:(__,,,イ:::jイ|||||三三/::::::::::::"*`-::::::::::j三=l::|
            }:(_____/ |/||||三三j..:.::.. .:..i::::.......::::/三/j.:.|
                  |/|||三三j:...::....::...i::::...:::.../三/:::. ´\
                   |/|三三/:::...:::....il:::....:::./三ハ:::::....../\

.

135 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:03:19 ID:U3kwlZ6g
.
                    .・。゚・.・。゚゜。゚・。.
              。・゚・゚          ・゚.
             。・             。・。
             。・               ゚・゚
           。・               。・。・゚・
          。・                。・ 。・゚・
         。・               。・゚・ ゚・。・゚・
         。・            。・゚・。・゚・。・゚・・゚・。・゚・
         。・        。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・ 。・゚。・゚・
   ∧,,∧   。・   。・゚・。。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・゚ ・。・゚・。・゚。
  (;`・ω・) 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・。・
  /   o━ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニフ
  しー-J
      御使者のために、ご馳走つくったよ!

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ て
        /:::::U::::::::::::::::::::::::::::::} (   
      l:::::::::::::ゝ---- ι     …!?
       |::::::::::::)  ◯  ○ (     
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ     おおっ!!
      ゝ---η.   |||||||  ゝ    
        /≦ ヽ .|  | ≧            チャーハン
         { l  l |* *| | l     す、すげぇ ご馳走 だぜぇ…
          { .l  l .|  * | .| l

.

136 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:04:04 ID:U3kwlZ6g
.
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i   これこれ、御使者をもてなせ。
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ   女官どもは、踊りを披露しろ。
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN    あと、傍について、お世話をするんだ。
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ

         //'~‐'' `´ `ヾ.ヽ、;、\,;イ~ヾ==ヽ、     
    / ̄ト==!r' //~゛〉 ̄`ヽ、\ヾ.\Ll_|_~\ ヾ、\
    /  /ゞ;=|' // |  }|  |l ヾ、 ヾ\/イLヾ、 \ヘ\l   
  /  // iツ´/ l |  |.l  |l   l  ヾ! |ヾ、l|  丶' ヾ、
 //  //  l /l } |  /} ヾ、   |.  l | l| |Vヾ.  ヽl; | 
/ /  //   | l | l |  | ト、 \  |  | |  | l| |   |l.  |
! l  イ }.   |. | l | l  | |!ヾ、 j  l  | l ノl .|  l|  ヾ. l   御使者様、
|| /l|  | .|lヾl  l l l|\ヽ, \_|   | l /|  | 、  | |
l. | l | l   |  |\>‐゛'ーヾ:、\ _;ヾ、  |  l   | |  |l |  お世話させていただきまーす。
| l |  ||   |、 | l '「:_;'ハ    '<;;ツヽ|  l  |  l l|  || |
l  li   |l  .| l .| |   ,,.      ,,.,  l  | |  | ||   |l | 
|l  |  l   | | !个:、   、.       |  l l |  l  l|  |l .|  やさしくしてくださいね☆
l|  l |!|  | .| | | ゝ、   ._      /!  |. l|   l| ||  || l
ヾ!ヾ、| |  | l| |l |l|丶、 ヽ_〉  / l|  | l|  |l ||  l /
 |l ヽ!ヾ\ | | l | |l! 》` ー -- '´__,...;::l  l |l  |ノノ ///l
 ヾ、ヘ、ヽ、ゞ. | | L|:人;ゞ;:::::::::::::::::::::::::;/| | l|ゞ-t_Y」_/し' |
   ヾ、l/\| | l|  | `"""""""´´ / l /ー//  ヽ、 \
.    /ヾ、 :l、.ト、! ̄T ‐-、   '´ ̄/ | l./  //    ヽ、  //ヽ、
    l    l| !ヾ!  \      / .|.//  //      l      `ー ― '
    |    ヾ,;:ヘ,\   \    / /_リ  //       |
    |    、》=;-~;:''ヽ、 l  /, -'Y;:;  ̄;:;《       l

.

137 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:04:30 ID:U3kwlZ6g
.

   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ----: ι   あ゛!?
       |::::::::::::)≦゚≧ミ:≦゚≧(
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   少しでも俺の心象をよくしようと思ったのかぁ?
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   もっと接待すれば考えてやってもいいけどなぁ~。
        /≦ ヽ .|  | ≧    


.

138 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:04:52 ID:U3kwlZ6g
.
            ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._
           /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`
           7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
.          i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \
          | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl   そうですね…
          | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N
          | {にl l ` ̄  _ \´ハN    あなたは范増亜父の命を受けてきたんでしょ…?
          ,l ヾ=lノ  __ ‘ ‐  ゝ
          l "/ ヽ. ∟..二ニ7/       少しでも心象をよくしておかないと…
          | ./  \   一 /
          l r‐┴ 、 \ ,イ         ククク…
          '∠、   7i {ー 、
      _, ‐ '´    l  丿,ト ヽ、\       そろそろ仕上げの段階ですからね…
      /       ヽ '´く ヾ==| 〈lハ、_
    /   ヽ\        ` ー\j /`' i `\ __
    / ,._ \ヽ l         V  _」 - ' ´ 、__ \
  〈 |    \ ヽト、        j /    、\\\ヽ


.

139 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:06:43 ID:U3kwlZ6g
.
  …?                         ,、 '"   つ     `゙' - 、
                            /       と      ヽ,
  何訳のわからん事を           /    "" ー          ヽ
                           /     ,ィ  rニ             ',
  言ってやがる!?          ,'/lrレ"(゙("(                  l
                      /:|   ,'| (,,(゙,,r--ー―-==;z 、    r、r、    |
                      /.::|  ,'l゙ミo 〈" :,,、-ー 、;;Y /:|`゙''ー、ノ ノ .jY、  |
        |:',           / ::::|  l|゙ミo  ヽミ::゙' ゙゙ー-ノ :/ /::,、;;; 、`' 、ソ ノリr }
        |:: ',.       / :::::::|  lヽ(。/-yーー-ミニ;;"ノ', :}::゙ -穴,,゙i,l::::゙l"彡 リイ
        |:::. ',      / ::::::::::|.  ,':::| |::::: | 、:::| ,,、::〉:::::''ー゙'、''- 、;;彡'",,,/イ
        |;;;;;,,',     /::::,、- 、| ,'::::| |: l| l: | | l:: |;;/ :/ r,ァ":::`゙>ーーイ) ,, イ        /l
        |;;;;;;. ', ,,''ーx三=、-\' ::::|ll| |;|.l |;;| l: |;;;/ / ./;;/ / /フ:::  ::イ:::/        /::,'
      _,,;;;:;:;:;,,,_彡"´ ̄  ヽ:ヽヽlレl |;|.l |;;| l |;;;/ / /;;/ / /// /〉 :::/ ::/      /::: ,'
  :::::,、-  ,'"V .N'''"/-ー-、"゙   } l|::|ヽ: ', |;|.l |;| l |;;/ / /;/ / /// // :: /::::/  /|   /::::: ,'
:::/´  ,,、ノ  _/::l :/ー '''''''゙ .::| ::ノ:/::リ:::ヽ:゙j;|.l |;j l |;/./ /;/ /,///:/;/  /::: / ./::|  /:::::: ,'
/   /ノ',/:::::::| {      .::j-彡"::ノ::l|:: l'':::ヽ|:ヽ;|;| l /;/ ,//::///|イl|::/ /::::|  /:::::::::,'
   j/ :::', ...::::| ::' 、,,,,,,,,,、-'===彡'"::/::: ',::::::::::'ー-、゙::::::゙''::∠/;;ィ'": //;;|ノ ./::::: | /:::::::::/   //
:::.........Y ..:::::l  ,,;;;| :: :::::::::::|~ヽ:::"/"" 三ミ ',::::::::}}::::::::::~''ー'''"´::::::::ヒノ:/ノ /::::::: | /::::::::::/  /:::/
::::::::イj:{::::::;r'Y'" | :::::::::::::ノミ: |:: /:::::..,、- '''ー、ヽ :}}、:::::::''",、 ''""彡 ::'" /`'、/::::::::: |/::::::::: / /:::: /
.

140 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:07:10 ID:U3kwlZ6g
.
      |:::::::::l:::l:|::::::!|::l:|:::/:::::::::/ !:l::::::l:::://l:::::/ハ::::ト:::l::i::l::!::::|
      l::::::::::l::!::l::::|:i::l::|/::::::::/‐‐‐l:ト:::l:::/'::/::://‐‐!:l::|:l::|:::リ::::l
      |::::::::::|:l::::l::i::|::l:::::::/,.-‐-、リ l/:/::イ::/:/,.-‐ミj.|:l:!::l:::l'::::i    なんだって!?
      i:::::::::::li:::::|:!::l::i::ノ く´(トr':)丶/://://(r':) 〉!l::::l::|::::l!
     l::::::::::::!:::::li::::|:l::|  ゝ--‐′i/ /'´  `ー-‐' |::::::i::l:::|l    范増亜父がこの前の約束を確認するために
       !l::::::::::::::::l:::::li:::l           i      l::::::|::i::/!   送ってきた密使じゃないのか!?
     リ|::::::::::::::::::::::!::l           l、    ノ!::::l:::iリ
   /´ハ::::::::::::::::::::::::|         _ ノ     !:::/:/i
-‐'´:::/  !:l::::::::::::::::ト、!           ´     /::/!/`ヽ‐、      講和の返礼は見せかけだろ?
::::::/     リl::::::::::::::::! \      ,. --- 、    ,イ:::/l/}:::::::::::::`::‐‐-、
:::::{       l::::::::::::::il  \    ` ̄ ̄´  ,.イノ!::/ ノ l::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::l       !ハ::ト、::|    \     ̄   / l/|/    |::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::!          リ ヽ!  i   ヽ、   ,.ィ'       l::::::::::::::::::::::::::::::::!
::::::::::ヽ、_           ヽ     ` ̄ /       /::::::::::::::::::::::::::::::::::l

.

141 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 20:07:27 ID:tvGqZwUg
陳平・張良
いやー本当に心和むタッグですねー(棒

142 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:08:08 ID:U3kwlZ6g
.
                                       ,,、 - ー― ー- 、
                                    、- ' ~:::::::::    ;;;;;;;; ~''-、
                                   , ''~; ; ;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;  ;;;;ヽ
                           ,、       r";; ; ;;;; ;;;; z;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ヽ ギロッ
    この前の約束だぁ~?      i;;|      r';;;;;; ;;;;rr'((t"t、;;;、 - ーー 、;;;;;_;;;;;;、;;;;;;;; t
                           |;;;|      ';;;;;;;;r';(;;ヽ,、-;;'''";;、、、;;;;;;;;r'"ii 」ー 、)'yヽ、i
  俺は講和の返礼に来たんだ!!  |;;; |     i;;;;、i~t''o't;;;;;;;;≪,,,。,~'ヽ;;ノ ;ii i;;、、,;;~',、'ソ )
                       |;;;;; |     i ;;;t'、、o「"`'ー ''"~~~~~~,,,,、::-';;; ~'-ゝ;;ヽ。ソ
.                       |;;;;;; |     | ;;'t、ァo)ー- ''"r'' ,、":::: r'、~~~;;; ~'';;- 、''"*i/
             |;;; t,        |;;;;;;;; |.    | ;;;;t,ュア;;;;::://',, i;;i ::::: i;;;i ::;;;リ~i :: ::~'ア,,ノ
、、 ,,,,,,,         |;;;; t       |;;;;;;;; |    | ;;;;;;;t't;;:/;;/;、 ', i;;i :::: |z;i  ; リ;;i :::リリ : 〉j
;;;;;;;;;;;;;;;;~~~~~ヽ''''''' 、,,,,|;;;; h:ヽ     |;;;;;;;; :: |.    | ;; ;;;;;;i/;;; /i;;;t,、. i;;i ::: |ニ| ;;;;/ョリ :/;/::/::/
 """"""""""''ヽ;;;;;ヽ;;;;~ '' ー`、 ,,,,,,,,,|;;;;;;;;;;;; |    i,,;;;;;;/;;;;:::/::t/リi |;;i :: |;;;i ;; /;;/ ://:::/ /
,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;:::::::::::t;;;;;;;t;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、二、,,~~~::''''ー- 、,,ノ;;;/;;;;:::: /ー'"'' ,イi |;;;t__i;;t ;;/;;/: //::/ i,r'|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i   ::::::::::::;;;;;;ヽ;:::::~'' ,,z、::,,,:::::;>'";;;;;::::: /、、;;;;/:: ̄::::::::::::::~":::ヽ''〈::/ ''" ,/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;; リ;;;;;;;リ;;;;;;;;;;;;;  ::::::::::;;;;ヽ'>'~   ~ ' 、;;;;::::::: /:::::::;;;;;;;;~;;'ー--ー''::~~~::''y"r''ヽ;;;r"

.

143 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:09:20 ID:U3kwlZ6g
.
                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ クッ…
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',     俺としたことがしくじったっ…
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',     この食事はさっさと下げろっ!!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、      項羽の使者用に取り替えるんだ!!
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_    女官も入れ替えろ!!
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ

.

144 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:09:44 ID:U3kwlZ6g
.
項羽の使者用の
  作るよ!!
   ∧,,∧
  (;`・ω・)  。・゚・⌒)
  /   o━ヽニニフ))
  しー-J

      そいやっ! 。・゚・
  ∧,,∧ て     。・゚・。・゚・
 (;`・ω・)て   //
 /   o━ヽニニフ
 しー-J    彡


            よし、床に落ちた!
       クルッ ∧,,∧      回収!!
         ミ(・ω・´ )つ サッサ
         c( U・ ゚U。彡・ 。・゚・
 ━ヽニニフ

 ∧,,∧   。・。゚・。 ゚・。゚・ できたよ~
( ´・ω・)つ\・゚・ 。・゚・・/

.

145 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:10:10 ID:U3kwlZ6g
.
              __
         , -‐- 、 r'´ 三ミヽ.
     r'´彡,   彡'   ミ、ヽ
.     ノ  '〃'/ l''ヘ\ヾミ`\\
    ,'      ノ  ヽ.     ` ヽ
     l ノノ,リ,r ァ'-、   ゙>-ミ、ミヾ │
    | '〃'.,ノ ′__    __ `\ ヾ |   あっらー、あんたが項羽の使者!?
.     l r,=i|. ゞ'⌒`,  、'⌒ヾ' |i=、l
.    |.l.ト:l| '/// / /,ハ ///, ||fリ|   わたいがおもてなしすることになったわ!
      |.ヾ=l! r _‐-‘ニ'='ニ’.-‐ 、lレ' l
.    ||i:  | | トカエエエエエ夕l ||.ill|
.     | l|!|l.| l ヒェェェェェェェェTj ll_ レ'l二二二l   ゆっくりしていってね★
    |   l._` ー────/.ノ',.イ-~ニ~{
    _.⊥-┬- 、T' ‐- ニ -ァ7 ノ/r'/l二二二l
. /, -‐ 、:::ヽ::\:\._  _./ノ  {'// /´レァ/
/:/    \::\:::`:ー::ニ:ァr〈.  `ー'-‐' /./Z
レ      T‐-`ニ::‐/ ヽ\.   ''ニニ 'ノ,ハ
|     ,. -─┴- 、_/{.    ` ` フ"´「 ̄  j
ヽ    r' ´  ̄/  ヽ.   _/  │  / |

.

146 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:16:09 ID:U3kwlZ6g
.
                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ    な、なんだ!
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!       ユカニ オチタ チャーハン
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.   この  粗末な食事  は!!
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|                    ブス
                 ヽ入     `VⅥ           /l /l  それに、この女は!?
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
        l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
       {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
        〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``
        /;;  .い.::i l;;;;;;;;,、、 '''゙""´   ..`゙゙゙゙゙'''''''''´( _ノ(.. ).::::ノ: :.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;

.

147 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 20:18:39 ID:VVC9kcoo
むむむ上げじゃ!

148 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:19:37 ID:U3kwlZ6g
.
    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!   漢王、こいつが楚の使者です。
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ      どうやら范増亜父の手の者では
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll       ないようで。
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l

.

149 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 20:20:12 ID:TNup1bAg
みここの飯はうまいらしいぞ!

150 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:20:12 ID:U3kwlZ6g
.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   (せめて暗記しておけよ…)
 | U  ( ー)(ー)                   キリッ____
. |     (__人__)                   /\  /\    たーっ~
  |     ` ⌒´ノ    ・・・・・・・・         /(ー)  (ー) \   やっちまったおー!!
.  |    .    }     ____        / ⌒(__人__)⌒   \
.  ヽ        }    /      /        |    |r┬-|      |  あれほど、あせるなって
   ヽ     ノ    /  カ  /        \__`ー'´___/   言ったのにおー(棒)
   /    く     /  ン  /         /:::∨<;;;>∨:::::::::::::::\
   |     \    /  ペ  /         ∧:::::::ヽ/;ヾ/::::::::::::::::::::::ヘ   起死回生の策が
    |    |ヽ、二⌒)___/         /::::ヽ:::::::ヽl/:::::::::::::::::::::/::::ヽ   バレバレだおー(棒)


.

151 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:23:03 ID:U3kwlZ6g
.
           ,, -──- 、._
        .-"´         \.
       :/    _ノ    ヽ、_ ヽ.:    やいやい、お前が使者かおっ?
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:
      :|       (__人__)    |:   近いうちに、楚軍は内部分裂を起こして
      :l        )  (      l:   崩壊するんだおっ。
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /     それだと、惨めだから
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´      お情けで講和を考えてやったんだおっ。
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:


.

152 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:23:39 ID:U3kwlZ6g
.
      _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
      |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
       r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
      〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
      ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ
       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o   ,. -- 、          項羽に帰って伝えるんだおっ!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::: /    __,>─ 、
  |     |r┬-|    /          ヽ    100回土下座して降伏するなら、
  |     | |  |   {            |__
  |     | |  |    }  \       ,丿 ヽ  講和を考えてやってもいいおっ!!
  |     | |  |   /   、 `┬----‐1    }
  |     | |  |  /   `¬|      l   ノヽ  プギャーwwwwwww
  \      `ー'ォ /    、 !_/l    l    /  }
           {       \     l   /  ,'  絶対無敵の覇王率いる楚軍(笑)wwwwwwwww
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
             \     ヽ、\ __,ノ /
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/
                    ̄

.

153 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:24:08 ID:U3kwlZ6g
.
                               ,,、-ー ―- 、,
                              ,、 '"   つ     `゙' - 、       lヽレレヽ/l_イ_lヽレレヽ/l_イ_
                            /       と      ヽ,  \―'
                             /    "" ー          ヽ  ノ お、おのれぇえええええ…
                           /     ,ィ  rニ             ',<. 
                    ,,   ,'/lrレ"(゙("(                  l つ 漢のマヌケども、よく聞けい!!
                      /:|   ,'| (,,(゙,,r--ー―-==;z 、    r、r、    | ろ 
                      /.::|  ,'l゙ミo 〈" :,,、-ー 、;;Y /:|`゙''ー、ノ ノ .jY、  | ) 項羽大王はやる夫を
        |:',           / ::::|  l|゙ミo  ヽミ::゙' ゙゙ー-ノ :/ /::,、;;; 、`' 、ソ ノリr }∠ 許すつもりなんかねぇ!!
        |:: ',.       / :::::::|  lヽ(。/-yーー-ミニ;;"ノ', :}::゙ -穴,,゙i,l::::゙l"彡 リ ろ.
        |:::. ',      / ::::::::::|.  ,':::| |::::: | 、:::| ,,、::〉:::::''ー゙'、''- 、;;彡'",,,/イ う. 俺が帰ったら即再戦だあ!!
        |;;;;;,,',     /::::,、- 、| ,'::::| |: l| l: | | l:: |;;/ :/ r,ァ":::`゙>ーーイ) ,, イ /
        |;;;;;;. ', ,,''ーx三=、-\' ::::|ll| |;|.l |;;| l: |;;;/ / ./;;/ / /フ:::  ::イ::://_  ヒャッハーッ!!
      _,,;;;:;:;:;,,,_彡"´ ̄  ヽ:ヽヽlレl |;|.l |;;| l |;;;/ / /;;/ / /// /〉 :::/ ::/  ̄∠__ 
  :::::,、-  ,'"V .N'''"/-ー-、"゙   } l|::|ヽ: ', |;|.l |;| l |;;/ / /;/ / /// // :: /::::/  /|   /::::| 
:::/´  ,,、ノ  _/::l :/ー '''''''゙ .::| ::ノ:/::リ:::ヽ:゙j;|.l |;j l |;/./ /;/ /,///:/;/  /::: / ./::|  / : ::レ'"W"レ'"W"レ'"W"レ'"W"
/   /ノ',/:::::::| {      .::j-彡"::ノ::l|:: l'':::ヽ|:ヽ;|;| l /;/ ,//::///|イl|::/ /::::|  /:::::::::,'
   j/ :::', ...::::| ::' 、,,,,,,,,,、-'===彡'"::/::: ',::::::::::'ー-、゙::::::゙''::∠/;;ィ'": //;;|ノ ./::::: | /:::::::::/   //
:::.........Y ..:::::l  ,,;;;| :: :::::::::::|~ヽ:::"/"" 三ミ ',::::::::}}::::::::::~''ー'''"´::::::::ヒノ:/ノ /::::::: | /::::::::::/  /:::/
::::::::イj:{::::::;r'Y'" | :::::::::::::ノミ: |:: /:::::..,、- '''ー、ヽ :}}、:::::::''",、 ''""彡 ::'" /`'、/::::::::: |/::::::::: / /:::: /
:::::::::j l|゙レ'" ',  ヒ-ー '''"   |:::l|:::/ィ-ー'  ',| }} ::: /彡  彡 ::" /   ヽ:`゙''ー、::::::::://::::::::/
           `'ー、  ,r':::,r'' '"´ ̄    | \〉"彡"   彡 ::'" /    〉    `゙'/:::::::::::/
                                彡"" ::  l|   /l|    /:::::::::::: /ー、

.

154 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:29:13 ID:U3kwlZ6g
.
                         三  |┃
                     三      |┃
                         三  |┃
                      三     |┃
                         三  |┃
                             |┃
                       .ピシャッ!|┃
                             |┃
                         三  |┃
                            |┃


        / ̄ ̄ ̄\
      /  ─    ─\
  .   /   ( ー)  (ー) \   ふーっ、こんなものかお?
( (   |       (__人__)   |
      \        ̄   /  フキ   名演技も大変だおっ…
    /    ` ー─ 'ノ⌒⌒ヾ  フキ
   /        γ      )
   /   \   /ヽ      ((
   |   、  \/ /)      ヽ
      \    /

      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |   どこが名演技だよ…
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ  あやうくバレるとこだっただろ…
      |        }
      ヽ u      }   常識的に考えて…
       ヽ     ノ
      ノ     \
.

155 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 20:30:44 ID:ufJBc7QY
挑発だけは上手いなw

156 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:31:19 ID:U3kwlZ6g
.
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l    名演技でした、漢王。
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/ 
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//     これで毒は回りますね、確実に。
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /


.

157 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:31:58 ID:U3kwlZ6g
.
―――――― 楚本陣。




_,..、-''"~""''';,‐-..,      r--─‐i    ;,‐-‐-..,   r--─‐i
    .  ┌─┐`゙''ー-、,__| 楚  |- ._,,"┌─┐"'''''| 項  |
   .   ├─┘‐ '''"" |--─‐'' ,, -'" ├─┘  |--─‐''.
∧二ヽ: :::''::.∧二ヽ:'::∧二ヽ:::∧二ヽ;::::∧二ヽ;;:;:.∧二ヽ;;:∧二ヽ;;:
l :ll=lll ...::..:.l:ll =lll:..:.l:ll=lll::::l:ll=lll:::::::l:::l:::::::l::.:::.l:::l:::::::l:::::l:::l:::::::l:....
幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵||:::.:||幵幵幵幵幵幵幵幵幵.
                       ', "゙
                   _,,.-‐''"_,,゙
           __,,.. .-‐'''""~ ,,.. '''
       _,,.-‐''"       ,,.. '

       :,.:::''::´:: ̄::`:::.、:
      :/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:
      : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:    
    : l:::::::::::::ゝ---- ι:    項羽兄貴ぃ!!
     : |::::::::::::)  ◯  ○ (:    
    :,l::::::::::::η U|||||||U ゝ:
    : ゝ---η.  |||||||  ゝ:    范増たちが裏切ってる噂は間違いねぇ!
      : /≦ ヽ .|  | ≧:     
       : { l  l |* *| | l:
        : { .l  l .|  * | .| l:     俺はこの目と耳でハッキリ確認してきたぜぇ!!
      :/  l  l | * | l l:
      :l ---l  l--  -l l:
      :|  `^^    `^:

.

158 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:33:12 ID:U3kwlZ6g
.
ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ    むうっ!!!
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ     だから漢の連中は強気に出てきたのか!!
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"


.

159 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:33:38 ID:U3kwlZ6g
.
                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ   おうっ!!
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.   俺をハンゾウの密使と勘違いしてやがった!
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
                 ヽ入     `VⅥ           /l /l    項羽兄貴の使者と知ったら、
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!    あわてて食事を取り替えるわ、
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ    態度が変わるわ、
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、   怪しすぎるぜぇ!!
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
        l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
       {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
        〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``



       i ,,,、、、、、,_ i
    ワ  i ii、、,,,、、、、j i  お、おのれ…
  ワ ナ  i i|≧≦`|ji|  i
  ナ   i  il、д ノ|リ  i  今までの恩を忘れおってぇ…
       i  |―r' ヽ i


.

160 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:35:48 ID:U3kwlZ6g
.
             ,- .,、 ,_ _   __
        r ' //.-|i‐〉〉>ゝ->〉、 __ 
          ヾ!'"ヾ  ' ` `' ,-‐ヽ ヽ 、\          亜父殿…。
          /          (   o.`‐i l  .l  ー- 、
         /__,,ヽ=_,'-ー‐-、 ヽ   .| |  .|  ヽ`、 i    覇王・項羽様がお呼びです。
       li':r il;゙;!i. )::::(⌒ ノ ノ   0.l |  .|ヽ  | l. |\
   ,-ー    》:ノli;;;;ノ `゙ ''' "  二ニ-/ "ヽ |‐'- .、l .|,,_l| | 至急、参上するように…と。
 ./ /"'-フ (___ノ二 ,_, ,_,_「ニi!" /.l/   / ,-‐', ' .,i! l
,' .// ,'/ / ,《-{‐{‐!‐}-}-}.}ノ ./   \ /  /, " ./" .!
/-、\ ⌒il|__|.!,-ー‐ ̄- ̄ ‐/     ´    \ /ヾ /   【楚の大司馬(※)・周殷】
\ヽ !  .!::::└..-‐ー----/   ._,, -― ' " ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
/`"   ヽ:::::::::::::::::::::::/ _ , ,「´               `‐-  , __
/_     `'' ー- '''"ニニ -‐./
|!.ニニニニ `/" ̄ ̄ `!==='./

     ※大司馬…主に軍事を取り仕切る、現在の役職に例えれば国防長官

.

161 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:36:15 ID:U3kwlZ6g
.
.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ   なんじゃ…
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|   急用だと…?
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、   慌てる事はなかろうに…
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |


     rク / .!_,、-'''i.:|''""i }‐-、i ゙i -,.、
      // ,r〈:.. 〉  .l::|   ヽ/ 〈 /゙> 〉                 …。
     ヽ;:`7 V     `'     ,.. -;;ヽヘ=\,、__ 
    /             {ミミジ   \:::\ ゙ヽ、          さきほど、項羽大王に呼び出され、
    |    ____,,, ,∠,, -‐''''''ヽ、 ヽ       ゚ `ヾ:i i  |  、__       九江(※)の守備を命ぜられました。
  /__,ゝ=し〒クi`i、;;;;;;;;:::  :::i''`         ::::゙| |  |  \`゙''- 、
 //;;;;::ーl;|;;l:lヾミ:、く;;;;;:::::.   .:ノ:::il      0:::| |  |、.   ゙i i l、    どう考えても左遷です…。
  ゙i,l;;;:::. /〈;l::iヽ:}ヽ  ゙̄''ー‐'"  `''- 、,,,......:::::::::ノ |  |、ヽ,.  | | ゙i,゙ヽ、
 .ノ{;;/lゞ;べ'゙/      ,,,,,,_  ,..--/ ̄`ブ /ヽ、|;i i|.  | |  .!゙i  l,  どうやら、項羽大王は
 |   i`"´_`´__ _   lミミミi rミi;|     | /  /`゙''-、/ _|  | |  l,  例の噂を信じてしまったようで。
./>-ィ'r'i´Y Y_l, Y`Y'Tヽ;、||ミミ/    レ'   /ミ三r'" /  ` ,ノ ゙!  l,
| i |::レ'T´i ̄l  | Y´゙T''TヽLl/ミ//    ヽ. /;;ミ;ミ三|''"   //ヽ  l  鍾離昧・竜且・季布は
| | |:::l、ノ`'''''^'''''^''^''''^''^ー゙r':::://      `〈三ミミ}}三゙、  ,.イ゙i´   ,.イ   謹慎を命ぜられたとの由。
:|_|__|:::| ` ''"  ̄ ̄    :::::::::/           ゙ヽ、ミミ|,三,,ヽニ|,,,,,,l,,,,/rス
|;:;:;:;:;:;:}   __,,,.-------==/       __,,,、-‐'''"   -──=≡三三三
,l,;:;:;:;:;:`ー''";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/   ,,、-‐''"´               `=三三

   ※九江…彭城の南で、西楚の外れ。漢との最前線からはもっとも遠地。

.

162 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:38:23 ID:U3kwlZ6g
.
              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、   な、なにっ!?
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!   そ、それはまことかっ!?
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
             /!.  / -──────--! .|、
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-

.

163 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:40:48 ID:U3kwlZ6g
.
         _,,,_、.,,,,,,,,,,_
 ,rrr'  ,,,.-‐ニ=''゛      `゙''-、、
. LLLr'´ /'"     |l,       ヽ                 
/|゙ー" .|_,,,,...     i|_|        i |\     .\ ̄` .、    事実でござる。
|~ |    o  ヽ  || |           | .| l~|    i\.\/ |~l
| . |  O     |  .||│          | |..|:::|    iT.|  | |::|ヽ   …おそらく、亜父にも厳罰がくだると思われます。
| .|`l .l/  .,i/;;;;;;;|.| l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ | .|:::|   .| | | .| |:::|:::|
| .|/__/,o,.r'"/._;;;;|.| |,,---――---,,|_,|:: |,,,,_|_|,,|/ヽ|:::.|::.|   もしお逃げなさるなら、
|  |,,,...-‐'''''゙゙ ̄゛ |,|,.|        ./ へ |   `/  /`ヽ::|   私が陣の外までお連れいたし申す。
.| ,.|\         |.|::|       //::::/    |. /:::::/ヽ|
..|/:\|        .!.|::|       !:::::/.     |/:::::/::::/
 \::::::|      .l|/         .|/.       .|::::/ヽ/
  `ヽ|

.

164 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:41:09 ID:U3kwlZ6g
.
     .._________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |   周殷っ…!!!
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│   なにを馬鹿な!
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|   項梁将軍を補佐し、
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|   楚を再興させたワシに見捨てて逃げろだとっ…?
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|   逃亡などありえぬっ…!!
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\
    │v L                   \  ::|| l、__|:::::\
.     |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_    項羽の小僧め…
     |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
    _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::   ワシが諌めてくるわっ…
._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::


;;;;;;;;;;;; ;; il;; ;; ;; ; ; ; ; ;            _  _  ,  _           ii......: : : : :
;;;;;;;;;  ̄!;; ;;/`゙'ー-^ヽ,; ; ;; ̄|."    ,,_..,/i-'/i゙''''|l''-i|-7- 、,    ̄|       .. .
;;;;;;;; ; ̄;; ;< 亜   `'i ー┘  .i''〔,."`-  `'    .’ . `゙ヽ\  . ̄      ̄ll.l 
;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;/ 父    . !: : ::   .∨    _..,,,-、 r'"   ゙ヽヽ,       .-┘:
;;;;;;;;;;;; ;; ;; ;;l .殿    ,>     / _,,、.,,‐'ミミr'"`li `,  -ー 、 -ー、 _ 
  ;; ;; ;; ;;;/ :    i': : :...   ヽ!r'`レヽ..`―-‐/iヽ\ `i .|, `i .\ ヽ\
    ;; ;;`─'""V'"`゛   /l /i !'""/.i',.〉゛ .ー;;|.|.l.''"⌒| | ̄/  ゝ_,,.! !`!
      :: :: ::       / .|| .|_. `'7.,゛,,,,..,i-./ .!|/ . /  / ./ ./ .,! . //  
              / .!| .|.|ーl.|eEEEF/     `'ー ../  \/  ヽ'"|/   
                 ヽ,, , ̄>\.ヽ^^^^/  
.

165 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:51:05 ID:U3kwlZ6g
.
              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈    きたか、范増。
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;   うぬを呼んだのは
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""   どういう用件かわかっているな!
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、


          , -ェェェiiェェェ-、
          .l f^''' ー - ‐ ''' ^l i
          l ,'    ‐-‐    ','!   項羽っ…この状況がわからぬかっ…
          | l へ、‐-‐,.へ l |
          Ll -‐。=, '=。‐,-.L|   目前の榮陽は陥落寸前っ…
          ,.{ヒ| ` ´| |` ´ .|ヒ}、
     _ ,. -‐|.`-l /_〈_〉_'、 !-’|ー- 、 _   ここを落とし、やる夫を討ち取れば全ては終わるっ…
 , -‐ ´ _ , -‐|.  l. l‘-―‐-’! |  |ー- _ ` ー- 、 
i |-‐ ´    |  |`ー- ニ - ‐' !  |     ` ー-|ヽ   何故、この期に及んで、
! |       |  .|   ><   |   |        |  l   見え透いた噂にたぶらかされるかっ…!!

.

166 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:51:30 ID:U3kwlZ6g
.
      t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::  ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー   だまれっ!!
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii    榮陽を落とす前に
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r  こちらの首が飛んでおるわ!!
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "ニ
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、  後ろからのだまし討ちでな!!
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}  もう貴様の顔はみとうないわ!
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii  これまでの功績に免じて、
              ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''     命だけは助けてやる!!
                ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、


.

167 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:51:56 ID:U3kwlZ6g
.
――――― このときに范増が言った「骸骨を乞う」は
         今でも故事成語として残っている。

      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、    そうかっ…
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/     もう天下の体勢はきまったも同然っ…
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ  あとはおぬし自身でやればよかろうっ…
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ   ワシは…
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-  骸骨を乞うて平民に戻るっ…
::::::::K             ,イ:::::::|::::::

  ※骸骨を乞う…主君に一身をささげて仕えた身だが、
           老いさらばえた骨だけは返していただきたい、
           つまり、辞職を願い出ること。

.

168 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:52:27 ID:U3kwlZ6g
.
                          __
                            ∠_::_`ヽ          待ちな!!
                     /|   {_r.大=z_>:}     
                    _/::| /l ||.|}.}{.{|.}7||:|  /|      項羽兄貴が見逃しても、
                  /⌒i ̄::(__トノ|ー=┴幵:」 __/::|.//    俺はゆるさないぜぇ!!
                 r'´ ̄`ヘ、___)〈 ...::::::/-、=)l:((__/l
:Y''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ....:::::}!!!!三三| `ヽ:.:. +ヘ=ト、__ト、   俺たちをたぶらかした罪…
 ./⌒ヽ ヘ................::::::::::::::::/ ::::::::ノl三三三|  :::i::.:.  \三\ }
 {:::::::::::::::}:::|::::::::::::::_::::::-ー'r-、::::::/||三三三| ..:::+i:::.:..ィ  ヘ三=〉|   ここで土下座してもらうぜぇ!!
人ヽ---' /_..>‐<(_に)_)|:::}ノ|||l三三三/::::::::::ili:::::::..... |三=l::|
  `ー-―''''     }:(__,,,イ:::jイ|||||三三/::::::::::::"*`-::::::::::j三=l::|
            }:(_____/ |/||||三三j..:.::.. .:..i::::.......::::/三/j.:.|


    r'ニニ7 
     fトロ,ロ!___
 ハ´ ̄ヘこ/  ハ
/  〉  |少  / |
\ \    /| |
 ┌―)))――)))‐―┐
  ヽ ̄工二二丁 ̄
   〉 ヽ工工/ ;′∬   ジュウウウウウウ…
  lヽ三三三∫三三\;'
  h.ヽ三∬三三';.三三\';∫
  └ヽ ヽ三,;'三三∬三;'三\'"
    ヽ |__|烝烝烝烝烝烝|__|
      lj_」ー――――‐U_」

.

169 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:52:58 ID:U3kwlZ6g
.
     .._________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│    くっ…
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._| 
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|    ここまでに至ったのはワシの不甲斐なさっ…
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|    多くの楚兵が亡くなったのもっ…
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\   ワシの力量不足っ…
    │v L                   \  ::|| l、__|:::::\
.     |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_    よ、よかろう…
     |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
    _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::  この土下座は
._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:  ワシの愚かさを詫びる土下座っ…
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
:::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|

.

170 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:53:33 ID:U3kwlZ6g
.
  ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
   ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…
    ;  /      へ `>、'; ∫
   _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_
  /三三j='rー、\_>、)_℡, >;;〉三'`、ジジ…
 /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、
 囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
 囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭囮
 ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎

   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    ヒャッハーッ!!
      l:::::::::::::ゝ----: ι
       |::::::::::::)≦゚≧ミ:≦゚≧(   裏切り者にふさわしいぜぇ!!
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   
        /≦ ヽ .|  | ≧    

.

171 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:54:12 ID:U3kwlZ6g
.
―――――――― 范増は無念を噛み締めながら、楚陣を後にした。

             ,―==7 
             |く ___ _> て
             fll`ーU+'  て
             `''、 ー=|      は、范増様!
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,-=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ    
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|   范増様!!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                   
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                  
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                 
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                 
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.        §,; ________§; ,
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|     || §; /    § ヽ  ||
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl   |~~~§~     §'~~~~~~~|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/   | ____§/"""ヽ,§_____  | < ぐ、ぐおお…
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|      |__|///(§  §)ノ////|__|///\________
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|     ///////////////ジュ~////////////
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|     /////////////////////////////

.

172 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:54:43 ID:U3kwlZ6g
.
 ________
 |            |   ./:::::::::::::::::::::/.::::::/::::i:/:レ:.::l::::::;イ::::::l:: /::l:::l:::l:::::l:|::::::N:l::l:::l:::::::;::::::::l::l:::::/:/:.::.:::::::::::::::
 |            |  ./::::::::::::::::::::./ :::/:::::イ:::::|::::ll:::/::|::::::i/::イ l:::l:::l::ハlヽ::::l::::N::l:|::::::|:::::::l::l:::/: /:.:.::::::::::::::::/
 |   亜   さ   |  ./:::::::::::::::::::.. :  ::/::::l:,ll,:::l:::l;:::l,!:::::ll;::::l//;イ::ll⊥/l| l::::l::::lヽ:::l::::::|::::::||::://: ..:.:::::::::::::::/
 |   父   よ   | ./:::::::..::.:::..... .  ::/.,|:l::::/l:l,, ::l::/l::;ハl::::/ .〃汐≦,Hl,, l::l::::l::∨l:::::|l::::l::|// :: :.::::::::::::/
 |    .   な   | /::::::::..::...:: .::  |/|:::l:::Й=;Y,〉゛l::l !::l  K..〈:::::_ヲl;,〃 ヽ::l:l::l::ハ:::|:|::::|// : . ::::::::::/
 |   ハ   ら   .| /:::::...:: . . :  ://|:l゙:::;イi〈::,ゾ  l:l レ   ` ̄ ``.l    ハ;:l:l::l:::ト:::::ト//.   . ::::::::/
 |   ン       |/:::::..::: :.  .: ://::,l:i;:;ll シ'゙    '            / ハll:|:::::ll.:::レ//:    :::::::/
 |   ゾ       |;:. ..    ::: :://l::ハ , イ                    〉l:::::i.レll://:   : .:::::/
 |   ウ        ,>:.   :  :://∥il゙ ` ヽ、 ヽ                /:::,ll:::::l|://.    :.:::::/
 |             | :   .:  ::://,.l!l:|i                      /  l:|://レ/    .:.:::::/
 |             |    .  :::// Nヽl                          |/ //` :   :::::::/
 |            |      ://   l                         //:    .::::/
 |__________|     :://     l    <ニ二=.、              //:    :::::/
          /:::      ::.// .    i    ´ーー‐‐ '              //:    : .::::/
         ./:::       :://      l                       ,イ//::    : .:::/
         ./::: .    .:/:::://.      l                   / //::.:::.. :: .:::::/
        /:::.     .:/:::://          l                ,,, '´  // .:::::::.: . :::::::/


.

173 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:55:56 ID:U3kwlZ6g
.
―――――――― その後、間もなく范増は死亡。
             背中に腫瘍ができ、失意のうちに没したという。

    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/         うおっ・・・・・・!
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,
  | | |j~ /,.<\     //\       ぐうっ・・・・・・!
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /   漢の連中めぇ…
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\    項羽め…
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__   所詮は孺子っ…
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::   共に謀るに足らずっ…
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::


.

174 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 20:56:54 ID:tvGqZwUg
まさかの出典ネタwww

175 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:57:22 ID:U3kwlZ6g
.
    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │   も、申し上げます…。
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |    范増様、道中にて亡くなられました。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、   最後まで、漢の罠にはまって死ぬのは
    !   --     / ヽ !:::\     無念と申されまして…
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::


         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ     む、むうっ!!
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ     人は死ぬ直前に嘘はつかぬと
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ..     申すではないかっ!!
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.     お、おのれぇええええ!!
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \

.

176 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:57:59 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 項羽は自分の非を諸将に詫びた。
            そのため、かえって楚軍は結束力が高まった。

         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |   OKいいわよ。
           V V \ ヽ \       マt7./   ,′
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ '   /  /
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /          ショウリマイ
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´    【楚の猛将・鍾離昧】
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',
   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |\            /// ,イト、ノ  \ \ \
                                 / ./ / // l  |   ヾ\\ \
                                /// /  | l  |  |    |:ト、\\ \
                                l l | |__,斗─┴ー|/ / //、 \\\ \
                うふふふふ         L!<ト、 `z=≠' / /从〉 }ヽ  ヽ \ヽ ヽ
                                   ヲ     //  厶ハ ',   ', ', \
           かわいいとこ、あるじゃないの。     \ __ ,      /  | |  l   | | | ',
                                     ヽ-──-く/´二l l  |   | | |  l
                                    /.:.:.:.:.::::::::::::::: ̄`// ,.|   | | |   l
                              _ / ̄`ヾ=ー-::、::::::::::::::::// /:|   | | |
                     リュウショ     '..:.`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ l /  |   | | |
              【楚の猛将・竜且】     :::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::l ! {   l|   | | |

.

177 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:58:26 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 范増の代役に、叔父の項伯を軍師に指名。

               (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、    
              ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"    
             / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、       
            (  ソ | ti'| t、t?i?g◎?b?m|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ
             )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,?gi |i :| ヽソ    項羽。
             ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    し
            (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く   もう手加減するでないぞ。
             リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )
            `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、, 
             tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ  一気に榮陽を攻め落として
              )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、,  ケリをつけよう。
            /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
           ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
           i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
           ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
           、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (
            ,ゝ  ,,  / ヽi、:::::::::: """""";;;;  :::::::  /,, /"  ''::"  ::: |} ~'' 、
                          コウハク
                 【項羽の叔父・項伯】

.

178 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 20:58:44 ID:XKhF.g7o
「孺子、ともに謀るに足らず」よのぅ…范増は仕えるべきを誤ったのだ

179 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 20:59:42 ID:U3kwlZ6g
.
            {  ``、`       / / /////__/ . ),   《,、、
     _______    ∧   、ヾ、ヽ、ヽ,  / ,//'''':::::::::,'  `彡 '´__彡彡" ソヽ
 ┌'`'´    ̄ヽvヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
 「         |、` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /、
 .|  お す 今  ト`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
 |.  わ べ. :   ト、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --ヽ   叔父上に言われるでもない!
 |.  る .て. :   ト、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ
 j   !! が .:   | ゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ--':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽミ
 ヽ         j  ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ彡   亜父のカタキ…
  l__      /  ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト
   ヽ---、, ' ̄    ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |
              `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ    やる夫…
               ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ
                ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,     もはやこれまでだ!!
                 ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,, /
                  l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>彡
                     l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::::
                    l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::
                    l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /::::
                     li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::::
                     li  :::_,,::::::::_::::, -';;;;;;;;;/:::::::::::::i:::::::...  ´ヽ
                      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::: ''' }::::::::::::: ,..l''

.

180 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:00:29 ID:U3kwlZ6g
.
―――――――― 知恵者・范増を退場させたとはいえ、
             危機的な状況が改善したわけではなかった。

           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /(  )}liil{(  ) \    だああああっ!
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  楚の連中が攻めてくるおっ!!
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l
       /´  ヽ        | l じょわ~~~
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、::::::::::::::: ̄/     l
        ヽl´   |::::::::::::/ ̄ `l_-‐ ´
       /´::`-‐´:::::::: ̄ヽ --‐'::::::)
       ヾ_::::::__:::::::::_::-‐´'
           ̄      ̄


       第  四 十 四  話 ( 終 劇 )


.

181 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:01:54 ID:U3kwlZ6g
ということで、グダグダ投下でしたが、
一応おしまいです。

あとは、配役一覧と、次回予告を投下しておきます。

次回は…本当にいつ時間が取れるか不明ですので
いつもの「あれ」ってことでw

.

182 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:02:31 ID:U3kwlZ6g
.
【漢】
  リュウホウ
  劉邦(やる夫) … 物語の主人公。典型的なダメ人間だが、紆余曲折の末、漢王に。
  ハンカイ
  樊噲(やらない夫) … 生業は犬肉業者。やる夫とは義兄弟。
  チョウリョウ
  張良(「アカギ」赤木しげる) … 韓の臣であったが、項羽に復讐するため、やる夫の軍師に。
  カンシン
  韓信(「銀河英雄伝説」ヤン・ウェンリー) … 項羽に見切りをつけ、漢に参入。ニート志望。
  チンペイ
  陳平(「Death Note」夜神月) … 范増の配下。頭は切れるが、下半身は切れない。
  ショウカ
  蕭何(オプーナ) … 沛県の凄腕役人。後方支援が得意。
  カコウエイ
  夏侯嬰(クマー) … 沛県の馬世話係。現在はやる夫の御者。
  ソウシン
  曹参(「くそみそテクニック」阿部高和) … 沛県の刑務所勤務。
  ロワン
  盧綰(いく夫) … やる夫と同年同月日生まれ。やる夫を兄と慕う。
  シュウボツ
  周勃(ヌケドナルド) … 機織業者。ときどき葬儀屋。
  カンエイ
  灌嬰(できる夫) … 絹行商。ナルシストであり、騎上で戦うのを好む。
  レキイキ
  酈食其(麻呂) … 儒者であり、説客。得意技は zip を使った買収。趣味はグロzip収集。
  オウリョウ
  王陵(「新世紀エヴァンゲリオン」アスカ) … 昔のやる夫の兄貴分。
  リョチ
  呂雉(「School Days」桂言葉) … やる夫の嫁。キレると凶暴化する。
  セキ
  戚(「ひぐらしのなく頃に」竜宮レナ) … 咸陽で拾われた孤児。後に…
  レキショウ
  酈商(「天翔の龍馬」岩倉具視) … 酈食其の弟。兄とは違い、武で活躍。
  
  スネーク(「メタルギアソリッド」スネーク) … 彭越の部下。やる夫の元に派遣されてる諜報要員。
      シン
  韓王・信(「賭博破戒録カイジ」一条) … 張良に擁立され、韓王となる。
  ギムチ
  魏無知(「Death Note」L) … 陳平の友人。陳平をやる夫に推挙する。
  ズイカ
  随何(「MMR」キバヤシ) … 儒者であり、説客。得意技はとんでも推論。

.

183 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:02:44 ID:ufJBc7QY
おっつ
さて銅鑼を磨いておくか・・・

184 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:03:00 ID:U3kwlZ6g
..
【楚】
  コウウ
  項羽(「北斗の拳」ラオウ) … 西楚の覇王。亡楚の名将項燕の孫。この時代、最強の将。
  ハンゾウ
  范増(「カイジ」利根川幸雄) … 計略・謀略に長けた老軍師。
  コウハク
  項伯(「北斗の拳」トキ) … 項羽の叔父。鴻門の会でやる夫を救う。
  コウソウ
  項荘(「北斗の拳」ジャギ) … 項羽の従兄弟。鴻門の会でやる夫を暗殺しようとした。
  キフ              
  季布(「Black Lagoon」バラライカ) … 任侠に厚く、統率に優れた義将。
  ショウリマイ
  鍾離昧(「Black Lagoon」ヘンゼル) … 名高い猛将。
  リュウショ
  竜且(「Black Lagoon」グレーテル) … 鍾離昧と並ぶ猛将。
  チンエイ
  陳嬰(「新世紀エヴァンゲリオン」冬月コウゾウ) … 臨淮郡の東陽県の元役人。
  シュウイン
  周殷(「ベルセルク」髑髏の騎士) … 楚の猛将。
  グキ
  虞姫(初音ミク) … 項羽の愛妾。
 

【その他勢力】
       エイフ
  【九江】英布(「ベルセルク」ガッツ) … イレズミを持つ、項羽に劣らぬ猛将。
                          項羽に反乱するが、破れてやる夫の元に逃走。
     デンオウ
  【斉】田横(「天空の城ラピュタ」ムスカ) … 兄・田栄とともに、項羽に反乱。
     ホウエツ
     彭越(でっていう) … 昔、やる夫と共に秦と戦う。現在は、梁で将軍を名乗る。
      カンコウ
  【遼東】韓広(「ドラえもん」ジャイアン) … 論功行賞で燕王から遼東王に格下げされる。

.

185 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:03:24 ID:U3kwlZ6g
.




       「やる夫が漢の皇帝になるようです」

          次  回  予  告




.

186 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:03:27 ID:D9rvBba6


まあ頭がいい奴を退場させても目の前にある危険をまずどうにかしないとな
ここで項羽のブレーキ役を退場させたのは大きいが

187 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:03:51 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 榮陽は陥落寸前であった。

     .___
   ./ ノヽ\             .     __
    ;| (○)(○|:                ; /  \ ;
   :|ヽ (_人_)/;             ;  ;/ ノ |||| 、_\  ;
.   :| |. ⌒ .|;              ; / (●) (●) \
    :h   /;              | \ (__人__) /  | ;
     :|  /; ’              ; \ |. ` ⌒´ |  /
    / く、     \         ;  /        | ;
   ;| \\_    \        ;(_)| ・   ・ || ;
   ;|ミ |`ー=っ    \      ; l⌒ヽΞ   Ξ/| |
                    ;  | |\_(;;U;;;)_ ̄)) ;
   /  ─ / ──┼─ ─   lヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ /    /   ─ /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   /      /   / | ノ \ ノ L_い o o


.

188 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:04:19 ID:U3kwlZ6g
.
――――――― 絶体絶命の危機を回避すべく、陳平はある秘策を提案するが…

                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i

.

189 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:04:41 ID:U3kwlZ6g
.
                     (  
                      )  そこまでしないといけないのかお!?
           ,, -──- 、._   (  
         -"´         \  .)  やる夫は…嫌だおっ…
        /              ヽ.(  
         /             ヽ~、_       _
       |      _ノ    ヽ、_  .|  `,~~~´
        l     o゚⌒   ⌒゚o  l
       ` 、      (__人__)   /
         `ー 、_.   ` ⌒´   /
            /`''ー─‐┬''´
            /  丶. i  |
           ./ 丶、_)|_ノ|_
           .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
           ヽ、 _/´`ヽ   /


.

190 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:05:10 ID:U3kwlZ6g
...


       「やる夫が漢の皇帝になるようです」

           第四十五話 犠牲


        奇襲投下予定!乞御期待!!




.

191 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:05:29 ID:VVC9kcoo
なんか項羽って迷信深いな

192 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:09:04 ID:XKhF.g7o
昔の人だからねぇ
この時代よりもっと後の三国志ですら
「げぇ、妖術だー!」で万単位の人間が逃げ惑うんだし、仕方ないんじゃない?

それはそうと乙

193 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:09:37 ID:EFM023xQ
劉邦が言った言葉(史記より)
「わしは武芸や礼節や容姿などほとんど項羽に優れたところは無かった、
 それなのに勝てたのは何故か?わしは多くの部下を使いこなせて
 項羽は范増一人使いこなせなかったからだ」

194 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:09:57 ID:F4mNmsys


195 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:10:15 ID:tvGqZwUg
項羽はまさしく情で動くという人だったんだろうね

……気分屋?

196 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:10:30 ID:TNup1bAg
おつおつ

197 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:11:00 ID:0TFPsDic
>>193
このスレのやる夫は部下に使いこなされてるよねwww

198 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:13:09 ID://boyaH2
乙でしたー

199 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:17:22 ID:EFM023xQ
>>195
項王は婦仁の情で動くと陳平が言っていたような気がする
婦仁の情とはその場限りで同情したり激情したりするもの
王の器にはほど遠い、光武帝スレがあるので比較するのもいい

次回は劉邦非情の巻か…司馬遼太郎はここの場面を上手く書いてある。

200 : ◆oGchNEml3M:2010/11/28(日) 21:19:44 ID:U3kwlZ6g
.
 .    / ̄ ̄ ヽ
   ./^)  ,     、',(ヽ  コメありがとん>>ALL!
  〈 〈  {0} /¨`ヽ}0},〉 〉 
   ヽヽ   ヽ._.ノ   /  …決まった時間を確保できないから、
    |          |   どうしても奇襲投下せざるを得ない>>1でつ。
   ノ          |
                >>195 自分もそう思うんよね。
                     なんか、項羽ってすごーい気分家というか、
                     ムラの激しい人物だったような。
                     史記でも、楚人は激情家という表現があるしね。
  
     / ̄ ̄ ヽ,
    /        ',    ということで、まだまだ奇襲は続きますが、
    {0}  /¨`ヽ  {0}',
    l   ヽ._.ノ    ',   これからもよろしくね~ノシ
   リ   `ー'′   ヽ
  (            )
   |           | 
  .

201 :sage:2010/11/28(日) 21:22:24 ID:hggStKIw
40過ぎの中間管理職兼任侠だったおっさんと
多少落ちぶれてたかもしれないが名門のお坊ちゃまの対決だからな
能力以前に人生経験がまったく違う

202 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:26:16 ID:EFM023xQ
>>197
実際司馬遷は国造りの祖なのに劉邦に関しては
これでもかっていうぐらい悪口を連呼しているwww
飲んだくれの女ったらしの甲斐性なしの根性悪の自己中の嘘つきの
儒者嫌いのアホの意気地なしの髭が綺麗なだけのニートって感じでwww
赤龍の伝説も嘘っぽく書いてある。

項羽に関しては一言だけ批判しているが、あえてここでは言わない。

203 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:32:07 ID:nL9h1we.
>>202
でも、馬鹿じゃなかったとは思うぞ。

204 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:49:23 ID:EFM023xQ
うん劉邦は莫迦じゃないんだよ、努力しても持てない君主の器が彼にはあり自覚もあった
だから司馬遷は駄目要素をあえて強調したのかも
多少知恵が回ろうが凡君に過ぎないってね

205 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 21:53:03 ID:D9rvBba6
三傑のそれぞれの得意分野での働きが誰かに真似できるかっていうと
中国どころか世界史上でもほとんどいないが
かといって三傑を遺憾なく能力発揮させられるのもまた数少ないからな

206 :名無しのやる夫だお:2010/11/28(日) 23:00:45 ID:PFuVbBgc
乙。
やっぱり奇襲だったか…

207 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 00:04:56 ID:D9vh9/BM
>>202
でも司馬遷もちゃんと劉邦の良いシーンは書いてるんだよね。
ネタバレになっちゃうから言わないけど。

208 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 00:54:37 ID:VZM3myQI
乙でした。
ここでアホが退場か。
最後まで残ると思ってたんだがな。

209 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 07:50:16 ID:TIy4uFZs
乙でした

基本的に劉邦サイドの視点で読んでるけど、
今回はアホに同情してしまった…
項羽アホすぎるだろ…

210 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 11:41:40 ID:O/CaaVD6
しかし、司馬遼版読んでると、范増がヒネクレジジイにしか見えないんだがな
人を智だけで判断する節が多々あるし
横山版の締めでは范増一人使いこなせなかった云々ってあるけど
もし劉邦側の陣営にいたとしても
かえってトラブルメーカーにしかならなかったと思うんだけど

211 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 17:57:42 ID:c.QMrH52
>>210
劉邦のアホ行動に嫌気がさして逃げ出しちゃう…とか?

212 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 19:03:26 ID:dzW0ZEAA
>>211
いや、劉邦はアホ行動とっても、言葉さえ尽くせばすぐ止めて改めますし。
范増がそれに気づかないほどフシアナさんとは思えない。

というか、あんなに臣下の言うこと聞く王・皇帝なんて中国史上でも果てしなく稀だ。

213 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 20:43:46 ID:h4E0PSIg
でも范増は自分がトップじゃなければ駄目な人だったからな
それと項羽は気分屋だが基本的に有能な年長者を敬うから、
参謀として仕える気になったんだと思う。
が劉邦は腐れ儒者発言とか結構油断する、キバヤシことズイカにはいきなり
金玉をつかんだりする洒落にならん人だからな。でも英布を引き込んだズイカ
はボロクソ言いつつも、才能は尊重している。
そういう信頼関係を結べるから劉邦は強かったけど、范増にはそんな信頼関係は
無理だったように思う。

214 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 21:27:56 ID:dI3nK9Rw
乙でした。

…項羽の性格は、若さを考えるとこんなもんじゃないかと思うけどなあ。
だってさあ、

・悪くない血胤(名将・項燕の孫)
・人一倍どころじゃない武勇を持つ
・自分で指揮した戦いは連戦連勝
・ついには天下を宰領する立場に立つ

等々、厨二病患者の黒歴史ノートも真っ青な略歴の所有者ですよw
二十代の若さでこれだけ揃っていたら、「俺は持ってる」と
思ったって不思議じゃないよねw
感情的に動いたり人の意見に耳を貸さなくなったりしても、
そりゃ仕方ないんじゃないだろうか。

215 :名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 21:35:11 ID:h4E0PSIg
石は積みすぎたら崩れるっていうことわざがある。
項羽はあまりにも才能があり過ぎた、名将二人は凡将に劣るという
源義経を思い出すな、チートぷりに

216 :名無しのやる夫だお:2010/11/30(火) 01:29:02 ID:aY3nqoSs
乙でした。

217 :名無しのやる夫だお:2010/11/30(火) 11:37:42 ID:PO.YhmCU
人の話に耳を傾けることが如何に重要かがよくわかる事例ですな

218 :名無しのやる夫だお:2010/11/30(火) 15:22:30 ID:so6cKlBc
それこそ天が試したような感じもする戦いだよな
生まれ・能力・体格 人生に欲しい全てを兼ね備えた若者と
人に好かれる以外全てが平凡なおっさんの戦い


219 :データ破損:2010/12/01(水) 21:53:14 ID:mkL97H2A
データ破損

220 :名無しのやる夫だお:2010/12/01(水) 22:35:02 ID:Sfu3K1Wg
どうなってるの?

221 :名無しのやる夫だお:2010/12/01(水) 22:41:20 ID:n.AQ7heg
>>218から221までは先日起こった板そのものの事故によるエラー(改行した書き込みがこうなる)
>>222は便乗しただけの書き込み(普通に日付等が出ている)

他でもやってたら荒らしだな

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/261-f54e015c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。