やる夫が光武帝になるようです 第六十一章「封禅」

ここでは、「やる夫が光武帝になるようです 第六十一章「封禅」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
318 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:00:55 ID:A9gKUR9s

  ::|           jj;;;
  ::|          /|/人
  ::|        N' | | |
  ::|       l`!  | | |           お待たせ。投下します。
  ::|      i`' / | | | |
  ::|      |γ⌒ヾ  l`ヽ、
  ::|        |::ヽ::.    ̄   |
  ::|      lヽ、 、,,, )(、,,, ノ|\ヾ
  ::|      ノl:::、`(・)'゙(・)´l  |
  ::|     ノ  ト:. ,-‐'/iヽー-イ  |
  ::|    ノ;;ゝ_./    | \ノ/ ヾ  
  ::|   l; ノト、_ ヾ  \l/_,イノノト、ヾ
  ::|   ヽ  l ノ \ ヽiノ/ | l  l  ノ
  ::|     ヽ__ノ\  \」/ ノヽ__ノ
  ::|-、,-、,- -‐´、  ヽ   i /   `,ー- 、,-、
  ::|_ノ  、_     `ー┴'    _,   ゝ、
  ::|    ニ  ̄`  ノ   ヽ ´ ̄ニニニ ヽ


319 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:01:25 ID:A9gKUR9s

              ∩                     _  ∩  _
            i |                      j j  .i |  :! !
  i、        i |         ,,i      ____,ノノ   i |  `、丶__
  | !       __i |__       ! !     ´、,,,,-‐'´     i |     `‐--、,,,,ゝ
  | 二ニニニ---- : : ----ニニニ二, {    __,,,,,,--------' --------、,,,,,__
   ! |          i |          | i     `''''''''''~~~~ ̄ ̄i | ̄ ̄~~~~''''''''''"
   !, !       i |       ,! !        _,,,..---─'__`‐----、_
   丶,------‐;二 二;;‐-----"ノ      /,-''''" ̄ ̄   ̄ ̄'''‐‐‐;ヽ
     '''" ̄ ̄  i |   ̄ ̄''''"       i {    _,,,,,,,,..---------┘i
            i |                 | }    /, '''''''''~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
            i |                 } |   ( (__
            i |             i' |   `‐-ニ;;-、___
            i |             i, |       ~`'''‐`ニ;;-、.._
              ∪               ∪               ~'''''‐‐、ン

  ∩     ,,-‐'二二;;‐、_      ∩    ∩         ∩
.   i└''''ニゝ j i´ ___. `i .i ∠''''''┘!    { {        .} ,ニニニ二二二ゝ
.   i | ̄   i .ニ-----ニ !    ̄`! {     `i {______,,-‐'└------、__
.   i |    || ,、_  ,,,_ ||    | |.     ~''''''''''''''''''''''''''i. i''''''''''''''''''''''''''''''~
.   i 二ニゝ | | ,! !.-、! !.|| '、ニ二. !      _,,--------' `──‐-----、
.   i |    || ! i ̄^! }. ||    | |     ,;',,'" ̄ ̄ ̄ ̄i. i ̄ ̄ ̄ ̄~""~
.   i |    || ! i  | i ! |    | |     i {  ∩     `‐ニニ二二ニヽ、
  `└---.; || i└‐┘; ! ! 、---┘,'     ! }  i |    ∩       `i !
   ~''''^~~ ∪   ̄ ̄ ∪ ~^^'''~       ! !  i |     .i |      ∩   } !
   _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,---------、,,,,,,,,,,,,,,,,,,_     | !  i |     .i |     i ;'  } }
  `‐‐‐‐‐‐┐i''''''''''''''''''''!┌‐‐‐‐‐‐"     } i.   i |     .i .ニニニニン  |{
        .ノ,ノ      i '、            | |   ! i   ||           } !
   ,,,,--‐',ノ         `、`‐--、,,,      ∪   !_`'‐─┘`──‐--.、 ∪
   `''''' ̄           ̄~'''''"           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^'"

320 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:01:43 ID:A9gKUR9s
やる夫観察日記様でまとめていただいてます ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/


第一章「南陽豪族」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

第二章「王莽失政」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-342.html

第三章 「赤眉大乱」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-343.html

第四章「陰麗華」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-382.html

第五章 「愛別離苦」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-393.html

第六章「家族」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-429.html

第七章「更始帝」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-454.html

第八章「英雄誕生・前編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-530.html

第九章「英雄誕生・後編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-549.html

第十章「陰謀」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-604.html

第十一章「劉秀」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-611.html
 
第十二章「王莽最期」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-648.html

第十三章 「群雄」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-677.html 


第十四章 「旅立ち」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-707.html

第十五章 「虚像皇帝」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-746.html


第十六章 「薄氷」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-781.html

第十七章 「政略結婚」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-807.html

第十八章 「烏丸突騎」  ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-822.html


321 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:02:02 ID:A9gKUR9s
第十九章 「反側子自安」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-890.html

第二十章 「長安乱脈」   ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-924.html
第二十一章 「蕭王」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-936.html

第二十二章「火種」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1010.html

第二十三章「大樹将軍」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1020.html

第二十四章 「運命」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1056.html

第二十五章「義士報恩」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1099.html

第二十六章 「更始最後」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1117.html

第二十七章 「郭聖通」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1136.html

第二十八章 「亀裂」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1180.html

第二十九章 「親友」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1183.html
平沢唯による補足 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1218.html

第三十章 「蝗」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1219.html
第三十一章「司隷激震」tttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1244.html
第三十二章「赤」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1250.html
番外編    ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1252.html
第三十三章 「南陽豪族・二」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1255.html
第三十四章 「非情」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1325.html
第三十五章 「卑怯」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1326.html
(第三十六章は欠番)
番外編・2  ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1327.html
第三十七章「流浪」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1393.html
第三十八章「馬援」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1410.html
第三十九章 「防壁」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1422.html

第四十章  「虚々実々」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1480.html
第四十一章  「疑心暗鬼」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1583.html
第四十二章 「鏡面」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1638.html
第四十三章 「韓信二世」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1639.html
第四十四章 「優柔不断」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1640.html
第四十五章「隴西侵攻」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1647.html


322 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:02:25 ID:A9gKUR9s
番外編・3 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1649.html

第四十六章 「事業再構築」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1661.html
第四十七章 「來歙猛攻」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1670.html
第四十八章 「病魔」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1711.html
第四十九章「名将帰天」  ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1712.html
第五十章  「忠臣無残」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1737.html

第五十一章 「光武中興・前編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1755.html
第五十二章「光武中興・中編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1756.html

第五十三章 「光武中興・後編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1815.html

第五十四章 「性欲」ttp://yaruokansatu2.blog111.fc2.com/blog-entry-7.html (R18)

第五十五章 「功臣」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1962.html


第五十六章 「後継者」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-2060.html


番外編4であり第三十六章http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-2061.html
                                       


放置プレイ 様  
 http://houchiplay.blog54.fc2.com/
記事一覧  http://houchiplay.blog54.fc2.com/blog-category-3.html


323 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:03:26 ID:A9gKUR9s

前漢王朝の成帝・哀帝・平帝・劉嬰、

「新」王朝の王莽、

更始政権の更始帝。

三つの王朝と六人の君主に仕えてきた
桓譚の、最後の主君が
後漢王朝を開いたやる夫だった。


              ┏━┳┳━┓
               ∫(((哀)))∫  
                 (´Д`) 
                 .[888888]
                /::::::つ  (つ
                |::::::/-=-)::|

            /、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   
               |:;:;:;:`:;――┼-----------{   
           /互7―- 、__|______|   
            {三,ゝ <三)   (三>  ,ノ三ヾ   
             r!ミ´ _,. .. 、   _ 、,..,_  `ヾ三ミ!   
              |{ミ' .:'イ(;;)ン'、 : ' ィ'(;;)>.:.:. }三ム  
            ゙ト{,  `三シ' .: :::.`三彡:.:.:. lシ/り   
             {j!     ,r'.: :ヘ,:.     fミ/、リ   
             `!    / `^ー '^'ヽ    liにソ   
            、  r――‐┐ ',    /朴   
               ヽ.  レ,二二ェ! ノ  イ〉ヽ、   
           ,. -‐代、`ー-―-' '  / /:.:.:.:.`ト、  
       ,. -‐/ /:.:.:.l ヽ丶 ___,' ィ´//:.:.:.:.:.:ノ /‐-
     ,  '´  〈{、'、:.:.:ヽ ヽ  ,-、 //:.:.:.:,. '´/   
 ,. '´        `ト、`ニ==ゝ‐'―'´≦ニ=‐'´_,. '′   


  ,-、           __
     \_ ___ /⌒―、ヾ
  / \/# / #  Σ| 〉 ○| ミ         へ、
    ̄ |  |#  / #.人_〉_'±ミ/       ┌―OO
  ――└ ξ_ヾ /


324 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:03:28 ID:DPuEk./s
ウインダム?w


325 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:04:19 ID:A9gKUR9s

 これまでの主君と同様、
やる夫の桓譚に対する扱いは、
そこそこ尊重されているが
重臣というほどでもないというものだった。



 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ 
   /( ●) ( ●) \    
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |  
 \              /



政治家ではなく、
桓譚の芸術家としての
側面を重視される場合、

まあどの宮廷でも
そういう処遇になるのは仕方ない。


326 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:05:25 ID:A9gKUR9s

      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
     イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ 
           /\  /\         /へ
          /( ●)  (●)\      <´ ゞ /
        / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  /〆<ソ
          |     |r┬-|     |///
        ∧      | |  |    ///
       (  \    /⌒`ヽ///ミヽ
       \  \<    ///\/ }
        ,ヘ  \_∩ノ^) /  }__./
        {  \__,,__ノ    ノ
        ヘ      ヾゝ  /´
         \  :゚¨゚:  /ヽ
           `ー--‐一′   \
            /    /\  \
           /   /    \   \
         /   /       \  ヽ
丿⌒ ̄ ̄ ̄⌒   /  ノ⌒ ̄ ̄ ̄   丿
|_つ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |_つ  ̄ ̄ ̄ ̄


   やる夫は桓譚の琴をとくに気に入り、
    傍らでよく演奏させた。


    しかし そのことに怒った宋弘が
    やる夫に諫言、
    桓譚は給事中を解任される。(番外編参照)

   ( ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   \_|_____○/
  / //ノノノ人ヽ   ヽ    
  | /  -‐'  'ー-' \ヽ |  あーさーくーらー!
  ||  ⑪, 、(⑪  :ヽ /     
   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |   
   \  .`ニニ´  .:::/
   /`ー‐--‐‐ー´´\


327 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:06:18 ID:A9gKUR9s



                -────-    、
            . : ´: : : : : : : : :l: : : : : : : : : : :\
.           /: /: : :/|: : : :|: : : : : : : l : : : : ヽ
         /: : / \/ |: : : :|、 : : : : : |: : : : : :ヽ
       /: : : :/ \/ __ノ|: : :.|∧ ゝ:_:_:_: : |: : : : : : : : .
        /:/: :.{: : :/   八: : |  ヽ \: : : | : : :|: : : : : :i     ああ- 側近でなくなっちったようー
      {:/: :/: :|: :/ /⌒ヽ  \|  /⌒ヽヽ:.:|: : : }: : :} : : |
.      /: :/ : 八/ /   }     /   } 〉|: :/: : /: : .〈
     /: :/: : : : / {_   ノ     {_   ノ∧人:/: : /: : : :∧
      | :/: : : : /   しノ ////// しし'/: : : : :/ :/ヽ: : : : |
      |/: : : : :.{       r-~く     /: : : : :/:./ ノ : : |: :|
      |: : : :/ :丶    |/  ',   /: : : : :/: /Y: : : : :|: :|
      | : : ∧: : : \    {/   }  /: : : : :/: /: :|: : : : ハノ
     \/  \: : : :>─r ァ t─ァ/: : : /: /: :/: :ノ/
          \:_:_|.:.:.:/./厶ヾ" /|_/|_:/:.:ヽ/
         /YYY.:.:.:.:./.:ィ7ト、V.: /YYヽ.:.:.:.:.:.}
        /\ /.:.:.:.:く〃 // }}'.:.:.{  /∨.:.:./
.       /:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.{{i // ノノ.:.:. ∨.:.:.:.:}.:.:/

                桓譚


              _,. -―――- 、
            /: : ‐: : : : : : :‐- 、: :\
            /: : /: : : : : : :\: : : : \: :\
         /: :/: :.|: : : : : ! : : : \: : : :.ヽ: : ヽ
         /: /: : 八: :!: : :|\: : : : ヽ: : : :',: : :.',
        ,': /ニ7⌒!:.!: : :| ⌒ : : : : : : : : |: : : :!      まいっか。
          /: :.|: :./  V\: !   ヽ: :!: :.|\|: : : :.\__,   
       /: : :ハ: :|     ヾ   ∨!∨: : : : : : : : :ヽ
        /: : : : :.V:! x=ミ    x=ミ. !: : : : ハ: : : : : :.ハ   べつに、だいそれた出世なんてしたくないしー
     /:/: : : : /: :! 、、  、       、、 !: : !: : :!: : : : : : :.}
     // |: : : /| :八    - 、    ,ィ: :/: : /: :ハ: : :|V
     {! 从: i'´ ̄::::>、 `ー '  イ!V /: : /: / |: :/
 _人_    /N::::_:::::/::| ` r ' //:/: /‐く  V
 `Y´    /::::::://:::/:::::|  ><  /:::丁´:::::::::::::V゚}∩  *
       /::::nんh_::∧:::::}/八. ∨::::::」::::::::::〈ヽ.ノ///〉


328 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:07:17 ID:A9gKUR9s



 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                    -‐
  ー                             
 __     桓譚よ、  本当にそれでいいのかな?      --
     二                             = 二
   ̄                                 ̄
    -‐                              ‐-
    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \



             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}   はい?
          {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i
         |/: :ハ ○    ○ ∧/ ト: : |
        |: :j: Y xx    xx{:/ : |ノ: :|
         {八: ゝ_  {ヽ  /: : :.:|: ;} }
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
           // {メ^く_/∨`ヽ
             /' 〈 /:∧∨ 〉  }


329 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:08:06 ID:A9gKUR9s


         _,.イ _,.r'^}、  〉-、   r-'  / \ \,,
       _,..ニ__リr'   |ヽ_z-j|::〉--イ::ト、__/|.  \ソハ\
       ̄ ̄      !::Y:::::::::/-ヽ/:::::::::|::::|    ̄ ̄`
              \|:r'´:::ィ=、:::\__j/          そ・れ・で・い・い・の・か・な!
    ,          /--/::{:f  |:::|::\__\
   _/ヽ--、       !::,=、:|::::::リ  |:::|::::::!::二7
  /r'-' ̄丁       l::リ、|:|:::::レ'  、:∨|:::| |::j         r--ノ!__
  !::|::::::::::::レ'⌒!    \:::::|:::::!    !:::::l:::'/:/        |`ー-ノ|
  |::|::::::::f´:::::::ノ      ヽ:/:::ノ!.   リ:|:::!:::./      l^ヽ.__!::::::::::::::|
  ヽ|:::::::|:::::/       ノ\j::::、  /::`ー〈       ヽ.::::::::ヽ:::ノ::::|
  |----‐'|       r-'==l_j::::l::、 /::::::::::/`ーァ!     \:::::::::|:::::::j
  lヽニニソ|_,.---―'':\:::::::::`ー――‐':::::::::::://`ー‐--、  `|`ー‐ソ|
  /ヾ二ニソ| ̄、廾´\::::::::\:::::::::::::`Y´:::::::::::::/!::r──´`ー、|ヾ三ニノ|
  |ヾ二ニ丿ヽヾ``!`!l \r─ゝ== 八=='--yレ| | //// //´|ヾ二ニノ|
  |ヾ二ニ彡} | | | | | i| |// ̄ヽ \` ̄ ̄//´ ^リ !| | | | .| | k|ヾ三ニソl
  \ニ7/ リ/ /////_リ/o゚ ゚。 \ \_/ /゚o゜ 。∨.:ヽヾヽ| | | ヽ_二_/
   `ー‐――――、/ .:' `.:. :.:ト、::;;:::::::/:. ,:' 、. }`ー――――-‐'
           |:::| :   ::Oo.|::!:;;;::::::|OC.:  ::.||
           |:::|o`:、.....:'o ノ::::八::::l、 o:、.......::'!|


330 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:08:37 ID:A9gKUR9s



              _/⌒\
           . . : ´: : : : :.ヽ: : .ヽ:` : . 、
         /. : : : : :/. : : :'; : : : : : : : .\
        . :/.: : :/- 、.: :/l: :}.: : :|、: : \: .\
.     / .:/. : : : /. :`ヽ:厶| ,: : : :j、\: : : ヽ: .`、ー-
      ′. : : : : : :L: :_:_:/  lハ: : :/   \ : : : : : ヽ
    i. : : i : : : : :「: ¨ア   |:/       ヽ: : }: :}.: :.
    |: : : |: : : i: :|/γ⌒ヽ :レ′ '⌒ヽ /.:.∨: ハ: }    ふええええ! どちら様?
    l: /|:i: : :|: :|  弋  丿   弋 丿.' : : :∨  レ
    /. : l |: : :|:| ( ノ      ∪ { : : : : }
   /. : {: : l:| : : l :|   ''''        '''  Y: : : :
.  {: : ∧: :||: : : |/\     r‐'⌒ヽ   ,ノ: : : :八ヽ. /゙)
   (ヽ  ∩|: : : |: : : :〕i: .  ´ ̄  . :i〔: : : : (\ ハ V / /゙)
   ヽ\j |从 _:| : : /,ノ/\`¨フ´ヽ: :从: :レ \`   V /
⊂ニ´    Y´ノ'アア7l∧  x示x |∧アアアハ⊂ニ  ´  ,ノ
 r一'  ´  ,人////|/∧/ ,小. ヽ/∧///∧ ,x >、  ノ}
   ̄ >、  {ノ/|∧//\/{_/,ハ.ヽ.}'/∧///{'///爪//
    {//爪///|/∧///,>〈/  ヽ 〉///∧'/∧//// 〈


331 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:08:52 ID:hvgwfTEg
もうこの中国古代王朝、読めなさ杉


332 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:09:36 ID:A9gKUR9s


            / ヽ       _
      _ __/ _ /       / '、
       `ー - '´ノ└ 、 , - r '" ∠゙、ヽ__    冥府より電波通信中の
           ト、_ _,八/人し ィ´  `ー''"
              〉__ ィ 、 _ `7
          /r─‐:リn r ニ=、         孔子大先生様だッ!
          / ! ∩ 1i;;;;!/ ∩ 7
          ! ! V |i;;;;;;! V /
         i  ヽ イi;;;;;;ハ__/
       _ ノ  ミ Y イ !;;j l_     
    , -‐< ヽ ( ー、ヽ _Y/  ヘ      
   j>   ヽ ヽ   ヽYノ /  `ー、_
  イ  _    ノ_ ハ 、___/   ,- - ニ、r⌒ヽ- - - ───、
 ./;;ヽ  ` ー'´ `r::ヽ ヽ     r::::、イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ー - - -、  r - -、 ヽ、
  !;;;;;;;ヽ      ):::ヽヽ. / /:::::::';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ̄)--ヽノ
  ヽ;;;;;;;;;ヽ ( ̄て::::;;::ヽ V !::;;::::;;::ト- - - - - - '' "´ ̄ ̄
     i T`rニニニ):::::;;::::i ! i:::;;:::::;;::!
      ! i ! ::::;;;:::::::;;:::/ 人 、:;;::;;::ノ
     ', i ヽ.ヽ、;;;;;;// !ヽヽ;;;;;;ノ
      !冫 ヽ、_ _/ ヽノ`ヽ-イ


         孔子




;;;:;;:;:;;:;;:;;::;;::;:;;;:;;;:;;;:;;;::;;::;::;;;::;;;:;
;;:;;:;::;;::;;::;;::;;:;;::;;::;;::;;::;;::;;:;::;::;::;:;:
;::;::;::;::;::;::;:::;::;::;:___ ;:::;::;::;::;:;
:::.:::.:::.:::.:::.::/    ヽ \::.:::.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃 /∧  l l| ヽ:.:.
:. :. :. :. : :| l-‐l Vー-リ| | |: :   ええー。 孔子先生様?
     | | ○  ○ | |)|
     | {   r ┐  | | |
      ヽl>‐r┴r<j从lノ
    (⌒{::l::〈八〉(⌒}ヽ
      「::|::|:::l∨l::::「::|:::|
     |:::V|::::::|::::::::|:::|:::|
     └‐‐〉:: |:::::::::ーr┘


333 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:09:57 ID:5vUmO/gk
その発想はなかったw


334 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:10:07 ID:hvgwfTEg
ちょwwwwwwwおまwwwwww


335 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:10:24 ID:qemvHISk
孔…丘…?


336 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:10:33 ID:aRGvgWKA
子で大で先生って、なんという三重表現


337 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:11:13 ID:p/y38lw6
アンタ儒家じゃなくて1兆度の火の玉でジュッ化じゃないか!


338 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:11:47 ID:hvgwfTEg
>>336
様もついてるから…


339 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:11:55 ID:DPuEk./s
確かに孔子大先生w


340 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:13:05 ID:A9gKUR9s

  ::| |   ',        / i;;;;;;;i  i
  ::| |   ',__      /  , '⌒ヽ  l
  ::|「::::::::::;:::::::i  ,r<  /      ヽ ヽ、_    
  ::||:::::::::::;::::,::'.-..':::::::::`ー'、       `ー、ヽ、   聞け桓譚よ。生前の私は随分と主君を捜し歩いた。
  ::||:::::::::::::/;:;:;:;:;:;:;:;:;、::::::::j          `ー'   己の理想を世に広めるため…
  ::||::_::_:::_::::::、:::/: :';:::::;;;;/
  ::|「::r::‐:::i:::::::::j : : :';:::;`ー、_
  ::||:::l:::::l:::l:::::::;' : : : :i:::;:::::::::/`ヽ   
  ::|、:::::v:::」:::::::i : : : : :;:::;:::::://)/
  ::|;ヽ;::::::::::::::;:i : : : : :;:::;:::::i::i//
  ::|;;;';ヽ;:::::::;:::::i : : : :i;::::;::::j:/
  ::|;;';;;;;;;、::::::::::::', : : ;'::::_;;;r'
  ::|;';;;;;;;;;ヽ::::::::::::'、_ノ::::l
  ::|;ヽ、;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;ー、


341 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:13:54 ID:A9gKUR9s


     ::|
     ::|
     ::|   /.,りi、       ,,,,,,,,,,,,、
     ::|  ,/,/  |     _,,/_,,-、丿      だがお前はどうだ。側近から外されたとはいえ、
     ::|,/,ナi″.|\_.,/゙て゛ ,/'ヽ,,,{ ,i´     手の届くところに天下の主がいるではないか。
     ::|''"゙゛ ヽ"〃: ``\,べ'}  テ,゙l,     
     ::|    ゝ: ー、.、、: く_   `''ト       お前の思想を吹き込み、
     ::|    l゙┬ヘ,亅.| ヽ..,/ヶ          天下をお前の望む形に作り変える
     ::|    l゙│: |,l゙ ‘i、: .,/丿           絶好のチャンス!
     ::|    ,}-、`|  │.,彡゙      
     ::|  ___|: : : ''゙l、,l゙: i'_
     ::|,,/` : : ー、゙lく-': .,へ
     ::|‐i、、  ヽ     │: : `゙),,,,_




          ,.イ〈⌒ヽ ̄:ミ. .、  o
     o / /: :ハ: : :ヽ :\\\
      ,ィ: /: ト=:厶{: : : 廴:ヽ:ヽ:.{ー‐    で、でも 陛下は 緯書を重視してるし…
    //: :|!: トv′ \: :| ヽ:}!l:|ハ     私の考えをそのまま表明したら、
  O / {: /|:i {V ○  ヘ l○ }从:.ハ}  O  殺されちゃうよ。
    { V: |:小:{(_}     U 小: {
     |: 从{ ハ   _, --、 八:.}:iヽ
    r 、V∩ト、{: ト‘ー_⌒.'イ}:.:.:nル')
    ヽ.ヽノ {rうヽV`7く }チ⌒V}ノ'//) ○
   ⊂ニ r‐ ノ::::::|:::/小ヽ:V:ど ‐ ,⊃
    (ノ:>彡':|:Y:::7:Y'| }Y:〈:V斗=':ヘ


342 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:14:31 ID:A9gKUR9s



         _,.イ _,.r'^}、  〉-、   r-'  / \ \,,
       _,..ニ__リr'   |ヽ_z-j|::〉--イ::ト、__/|.  \ソハ\
       ̄ ̄      !::Y:::::::::/-ヽ/:::::::::|::::|    ̄ ̄`   人はいつか死ぬ。
              \|:r'´:::ィ=、:::\__j/          ならば!今死ねッ!
    ,          /--/::{:f  |:::|::\__\
   _/ヽ--、       !::,=、:|::::::リ  |:::|::::::!::二7
  /r'-' ̄丁       l::リ、|:|:::::レ'  、:∨|:::| |::j         r--ノ!__
  !::|::::::::::::レ'⌒!    \:::::|:::::!    !:::::l:::'/:/        |`ー-ノ|
  |::|::::::::f´:::::::ノ      ヽ:/:::ノ!.   リ:|:::!:::./      l^ヽ.__!::::::::::::::|
  ヽ|:::::::|:::::/       ノ\j::::、  /::`ー〈       ヽ.::::::::ヽ:::ノ::::|
  |----‐'|       r-'==l_j::::l::、 /::::::::::/`ーァ!     \:::::::::|:::::::j
  lヽニニソ|_,.---―'':\:::::::::`ー――‐':::::::::::://`ー‐--、  `|`ー‐ソ|
  /ヾ二ニソ| ̄、廾´\::::::::\:::::::::::::`Y´:::::::::::::/!::r──´`ー、|ヾ三ニノ|





             ,. . . : : ̄ ̄ ̄:ミ: . .、
             / . :, : : / : : : : : : :ミ: : \
             / : / /: : : | : : :| : : : :\ : :ヽ.    (むちゃくちゃだ…)
             ;′/:∧V/{: {: : :ト、:\: : : ヽ }ハ
         /: : {/: :廴_  V: :/   \ヽ : : :.{: \
         /. : .:/:{==′、_ ̄ ヽ{ヘー≦(_ヽ: : : }ヽ: :\
        / . : : :/: :|.:/ (廴__))    (廴__))ト、:N:ハ: : : ヽ
      ′/: :/. : :lィ i i l        し'  ヽ: ::. : i: : :ト }
     |:/ |: ::|: : : |:} | !    __   | | |  ヽ :. :|:: : |
     |′| i::|: : : |:ト.i     /ーヘ    ! /イ}: : :|:: : }
         l∧!: : : l/:入   {rー‐|   ノ:.:.:.:| : 小ハノ
         |ハ: {〉ーく:>,. ミ==' . r<ム-┴|: :ル′


343 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:14:57 ID:j5ndTXeU
ひでぇw


344 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:14:55 ID:/EHUiemg
どう考えても悪霊化してますwwww


345 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:15:42 ID:A9gKUR9s


     ::|
     ::|
     ::|   /.,りi、       ,,,,,,,,,,,,、
     ::|  ,/,/  |     _,,/_,,-、丿    よいか桓譚よ
     ::|,/,ナi″.|\_.,/゙て゛ ,/'ヽ,,,{ ,i´   思想家たるもの、君主の口をこじあけ、
     ::|''"゙゛ ヽ"〃: ``\,べ'}  テ,゙l,   おのれの信ずるところを
     ::|    ゝ: ー、.、、: く_   `''ト   無理やりねじりこんでやるくらいの
     ::|    l゙┬ヘ,亅.| ヽ..,/ヶ      心意気でなくてはいかんッ!
     ::|    l゙│: |,l゙ ‘i、: .,/丿        
     ::|    ,}-、`|  │.,彡゙      
     ::|  ___|: : : ''゙l、,l゙: i'_
     ::|,,/` : : ー、゙lく-': .,へ
     ::|‐i、、  ヽ     │: : `゙),,,,_




  ::| |   ',        / i;;;;;;;i  i
  ::| |   ',__      /  , '⌒ヽ  l
  ::|「::::::::::;:::::::i  ,r<  /      ヽ ヽ、_      レイプだ!思想レイプだ!
  ::||:::::::::::;::::,::'.-..':::::::::`ー'、       `ー、ヽ、   イラマチオしてやれ!
  ::||:::::::::::::/;:;:;:;:;:;:;:;:;、::::::::j          `ー'   君主に思想の白濁液を
  ::||::_::_:::_::::::、:::/: :';:::::;;;;/             ガブ飲ませ、
  ::|「::r::‐:::i:::::::::j : : :';:::;`ー、_            イカ臭く染めあげろーーーーッ!
  ::||:::l:::::l:::l:::::::;' : : : :i:::;:::::::::/`ヽ   
  ::|、:::::v:::」:::::::i : : : : :;:::;:::::://)/
  ::|;ヽ;::::::::::::::;:i : : : : :;:::;:::::i::i//
  ::|;;;';ヽ;:::::::;:::::i : : : :i;::::;::::j:/
  ::|;;';;;;;;;、::::::::::::', : : ;'::::_;;;r'
  ::|;';;;;;;;;;ヽ::::::::::::'、_ノ::::l
  ::|;ヽ、;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;ー、


346 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:16:15 ID:qemvHISk
流石性欲は抑えられないと豪語した方w


347 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:16:56 ID:A9gKUR9s




             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}      か…
          {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i
         |/: :ハ ○    ○ ∧/ ト: : |
        |: :j: Y xx    xx{:/ : |ノ: :|
         {八: ゝ_  {ヽ  /: : :.:|: ;} }
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
           // {メ^く_/∨`ヽ
             /' 〈 /:∧∨ 〉  }



            . : : ´ ̄ ̄ ̄ : : : . 、
          . : ´ : : : : : : : :i: : : :i : : : : ヽ
       /: : : : :/: ;___/ :/!: : : :!: : i. : : : :`、  _人_
      / : : : : : /.: ;二7.:/ ! : : /!: : |ヽ: : : :ハ `V´ +
     ,′: : : : :j :l:``7;ム_j :/ i :/!| }.: : : : : !
      ! : : : : : :.l: !: :./x=ミメ  j/-リ-‐i: !:. : : :!    カッコイイ…
     .! : : : : : :.i: :!:,ィ'ん沁`    斥ミ、!:.!:i: : : i
     l : : : : : : :l: l/` 辷ソ    ヒマハj/|:.i: :i: :!
     |: : : : : : : |;ハ .:::::::..   丶 `" /::i: !: !:i:.i +
     |: : : : : : : : : : !   、     :::::.l:::::!: !:.レヘ!
     .!: : : : : : i : : : i     ‐- '   ノ::::i: :|!:}   _人_
     !: : : : : : i: : : :.!` 、_    ,. イ::::::::!: :ハ!   `V´ +
     ヽ: : : i: : i: : : :j__   7´ :::::!::::::::j:/
    ,..:.:.:.´ヽ⌒ヽ!⌒ソヽ \ ムヽ:::/!::::/ l′
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_j  |:.:.:\ ,小|^ヽレヘ、
  i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i   ト、:.:.:ヽ! |!ヽ、:.:\:.:.ヽ.__
  { :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!  |:.:.:フ:.:.:| i} ト、ヽ:.:./:.:.:.:.:.:ヽ
   〉 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ i/.:.:.:.:ゝ、ノ }ノ!:.ヽ:.:.:.:.:.:.:}
  {:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ! ハ:.:.:.:.:.:.:.:.::| 「!| !:.:/:.:.:.:.:.{


348 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:16:59 ID:L7xtmBT6
中華思想、パネえ


349 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:17:18 ID:hvgwfTEg
これはゼットンではない 孔子でもない

でも見ちゃうッ…


350 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:17:53 ID:A9gKUR9s



            / ヽ       _
      _ __/ _ /       / '、
       `ー - '´ノ└ 、 , - r '" ∠゙、ヽ__
           ト、_ _,八/人し ィ´  `ー''"     そうだろう! 思想家ならば!
              〉__ ィ 、 _ `7           くだらん淫歌ではなく おのれの理論で
          /r─‐:リn r ニ=、          君主を酔わせてやれッ!
          / ! ∩ 1i;;;;!/ ∩ 7
          ! ! V |i;;;;;;! V /
         i  ヽ イi;;;;;;ハ__/
       _ ノ  ミ Y イ !;;j l_     
    , -‐< ヽ ( ー、ヽ _Y/  ヘ      
   j>   ヽ ヽ   ヽYノ /  `ー、_
  イ  _    ノ_ ハ 、___/   ,- - ニ、r⌒ヽ- - - ───、
 ./;;ヽ  ` ー'´ `r::ヽ ヽ     r::::、イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ー - - -、  r - -、 ヽ、
  !;;;;;;;ヽ      ):::ヽヽ. / /:::::::';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ̄)--ヽノ
  ヽ;;;;;;;;;ヽ ( ̄て::::;;::ヽ V !::;;::::;;::ト- - - - - - '' "´ ̄ ̄
     i T`rニニニ):::::;;::::i ! i:::;;:::::;;::!
      ! i ! ::::;;;:::::::;;:::/ 人 、:;;::;;::ノ
     ', i ヽ.ヽ、;;;;;;// !ヽヽ;;;;;;ノ
      !冫 ヽ、_ _/ ヽノ`ヽ-イ

                 { {(  ;′
                 丶` ;
                   )..{
                   ;':.:..;_
             ,. : ´ ̄"" . . ミ . .、
            / . : : : : 、 : : : : : : .\
              / : :/ : :{ : : : ヽ: ヽ :. : : : .ヽ
          / : :/ミ、∧: : : : :i : :!:.ヽ:ヽ : : '.
.            ;:| {、: 7\i | : : :ト: :レ':i: : : : : i    オ……
.           ,イ:. | : ト7 ,.zミ{ヽ: :} V__Ⅵ : }: : .|
          / |:. :| : :V{/ rぅi` V rぅiヽ!. :小 :|
         |:. :} . ::小 ヒ::ツ     ヒ::リノ} / |:. .|
         |:. :| : :.i| u    '    ,从: .!:. .i
         |:. :|!: : ハ   u /i  u. ハ:. . |:.: |
         ヽ∧:. : : ト...  └’  ノ : :ム:ノ
             ∧i、: V{ ` ー f爪.:|:. : :/ ′
               {_>{、` ァく  〉リ:ノ}′
              / } 小./ ィ ト∨ {\
         /  |  V {小.、〉〉 l  `ヽ、
         .{     7  トイ|! トィ' __」    ヽ


351 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:20:02 ID:A9gKUR9s


           /      ,            ` 、
          /         / /           \
         ,.        //      ィ l     \ ヽ    うおおおおお!
          /        〃 / \  / ! l    \ ',\!
          ,′    /  / /   .X   l! ', ヽ.   ヽ , i\    燃えて来たぜッ!
       ,     /   j / イ  , ' _ \ l ヽ ヽ     l! .|ヽj
       | /   /   __! レ' :| 乍下㍉ミト _, \    :|| :|     今オイラの脳内は!
       |.//  イ/  / .|   l {ヘ. トヘ_ 刈ゝ   ヽ-‐/7| :|     To LOVEるを立ち読みした後の
       //   / ,.{ rー|   ヽ.j  ゞ zソ    r云㍉'.ノ .|     中学生男子の
       〃 / //ハヽ |     | www       トヘソイ  :|     陰嚢みたく
      / /  〃 /  ヽ.|     |          ,゙ 'w小 | |
      7             |     |            l ! | |     知性のトロトロ精子が
      ,          |     |      r_-,   ハ. j l     渦巻いてやがるぜえええッ!
      | l!         ',    :!.         /   ! /
      |./|   ハ   ィ i_/ム   l ト .     . .イ   ./|/
         |  / |  / ヽ ヽ  !ハ ./>-<  ハ   /
     r‐ ┴―'‐.┴<    ヽ  ヽjヽ _{-、 /! / ./ リ  /
    /    ̄  ヽ  丶   ヽ  //不' j/ レ  j /
   j        ヽ  ',    V X   ゝミ、_  .レ
   |         ':,  ヽ _ ∧ 丶イ ̄ヽ ヽ`ー- 、
   |          ,    / \ .|   \l ヽ ヽ
   |           ':,  /     '|     \_ ',  ',
   ',           ヽ \     .|      || l  .|


352 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:20:03 ID:DPuEk./s
かっこいい・・・?w


353 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:20:22 ID:/EHUiemg
孔丘大先生、あんたそんな心持だったから、結局煙たがられて教育者として
生きていくしかなかったじゃないか。

今風に言えば、一発屋のラノベ作家が泣かず飛ばずで、結局塾講師で食っていくしか
ないくらいの話でしかないぞ。


354 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:21:30 ID:A9gKUR9s

こうして 桓譚は 自らの思想をまとめる作業にとりかかった。




          _     ,. -‐─ 、
         _ !|   /: : : : : : : : : :\
       / / }!7  /: /: : : : : : : :i : : : :゙,
      /   {_,イレ   {:イ: /! ; ヘ : : : l : : : : !
.    /    |  |  |!:|:イ_|: l | `,: : : : : : :|
      _ 、 |  `ーrj|: {:!rヘ、; |‐へvト, |:.:} :}  ;「!
 (`ヽ /イメ〒P---イl |: :ト rj `r;j }:|ィ !:.;!;!リ  rf`!
  \  `ヽr \,! .___,イ !へ、 _  ,.イ;! }イУ-、 {  }
    \   ゙、 // , |  | v介ノイ/ ム'  ノ`l  |
     \   V/ ,/¨´ヽr‐L_{イ }_,. <´    ,ム、 ! i
      \ { /  / `''ー、_ ̄,/ ソ、  ,.へ_ノ ノ
         | }j/      / , イ   `"}    /
           ,!_く    rイ´ ,r‐''/>  _ ´!  /
        `ヽ、\ /ヾイ //  ‘ー‐''´
           \Y___,イ/


355 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:21:52 ID:A9gKUR9s



                ________
            . . : :´: : : : : : : : : : : : : : : :`: : . .
        . . :´: : : /: : : : : : /: : : : : :\: : : : : : : : `: . 、
      /: : : : : : /: : : : : /∧ : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : :\
.      /: : : : : : : /=:==//_ム: : : : : : : : :',: : : /( : : : : ヽ :\     ト、_人__ , イ 
     /: : : : : : : /: : : : : :ィ'´  {: : :{ : : : : : l:.. :{:.:.:.、 : : :∧⌒  ___,ノ         〈 
      : : : : : : : : |===/     从: : ',: : : : : |、:.:.:ヽ.:.:.\: : : :',  \   心レイプ!  て
    |: : : /: : : : |: _, ==≧x'._ / /ハ _.x≦==\:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: : :} _/    心レイプ!   〈
    |: : /: : : : : |: : ,-、 l!ナ /, 、  イ=、    ヾ   |\:.:.:.:.:.:.> ´ ヽ    心レイプ!! 〈
    |: /: : : : {: {人( l l!| l/'´ .二   !:l!:|   x j.:.:.:.:>'´  ...:./   心レイプ!! 〈
    |/:{ : : : 八: : : |ゝ弋ノ  lj     弋ツ   }レムイ´  ...:.:.:.:.:/      心レイプ!   て
.    /.:.:',: : : : : \:.:|  ==ぅ     _ ゞ== /メメメ{{  ...:.:.:.:.:  ヽ     心レイプ!! 〈
    l: .:.:.:', : : : : : :`ーく  ij     u  ¨¨´{メメメ八...:.:.:.:/: :/      心レイプ!!〈
    |: .:.:.:.:., : : : : : : : : : \   r = 、  o l、メメメメ≫≠く´ ̄  ̄)     レイプ!! 〈
    |: .:.:.:.:.:.:、: : : : : : : : : :.\ {  _ノ  。 ノ.:>===く: : : :\ 厶    レイプ!!  (
.   八: .:.:.:.:.:.:.\: : : : : : : : : : :ヽ    u  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ‐一′  〉             〈
.    \.:.:.:.:.:.:.:.:>=t‐-ミ : : :} u  イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.\    ̄ヽ       _  /´
      \{.:.:.:.ト、_人__ , イ   '´ 〉-ァ77アア" ̄ ̄`ヽト、_人__ , イ  ´   Y゙l


356 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:22:08 ID:hvgwfTEg
なんかこうして見ると孔子も当代はロックだったのかなぁと思う


357 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:23:27 ID:BX6teAkc
もう中国古代史の孔子の画像のところ、
ゼットンはっちゃえ


358 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:24:49 ID:A9gKUR9s

     _/:::::::::::::::'´:::/::::::::::::::::::::::\
.   /::::::::::;:-─'´::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
   ;'/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  /--イ::; '´`Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  /::::::::::l   .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
 !:::::::::::::ゝ-:':::::::::::::::::::::::::::ノヽ::::::::::::::::::::::〉
. !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨、∨::::::::::::::/       このような次第で……
.  !::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::「〉ハ::::::::::::ハ
.  ∨::::::::::::::/  仆:::::::::::::::::!、' ル::::::/ ヘ
   \::: イ//ゞト. ∨:::::::::::! Y:ハ:::::/   とY
    ~冫,  `Y::.  ∨:::::::::! ∨レ'ノ  rc  ヽ
.      |      ',:::::::::!. ,'. /  /|lハ_ノ eヽ
.      l  _    .',::::/ / /  //{r 、〉e  .∧
      '─ヘ,_ァ フ , .∨ // /ノ >-'、   e 〉
         ':,:ーイ   /).// /   l}  ノノハ
          レ' `ー ' .;':r r- ´   e,. '´ '´ e  \
               「¨ }、 ー- ┐ ,. ' '´ \ _____.ハ



      ((
    '´ /ニ゙ヽ   どんな次第だよ!
   li 从ハ)ソ 
   ゞ;,,TДT)  
   


      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ. 
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|  完成したのが 『新論』と呼ばれる著作である。
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!| 
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l  
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ
.     |. ヽ   `ニ´  / 
     」、 ヽ、_/  
   イ´|  ヽ、__」 ヽ


359 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:25:17 ID:A9gKUR9s


            , -―――- ,
            /          ヽ
          /     /    `ヽ   ',
        /   / ∧   l       ,
        /    /∨ ',   ト、      ',
        /    /∨`ヽl   | ノ\     ,
      ,イ   ,イ /Yfr'Y\トイYfrYム    ,
     ,' |   イ lイ 代rl   弋rリ 仆、  l l
     ,' |  Y!  ヘ  '''   '   '''  ルレ1 l l
     |ハl|   il   ゝ.  ` ̄´  / / / //
       .ゝr――─Y^Y^Y^Y^r―――┤
      /:.:.|     ー^ー^ー^ー′    |`ヽ
       l.:.:.:|                |: : |
      l.:.: |                |.:.:.j
      ヽ. 前章の>122から>130 /
          くらいが さわりだよ!   |
          |                |
          |                |
          |                |
       イ|                |
      /.:.:|                |
     ,': : :|                |
     l.: : :|                  |
      ヽ.: :|         γY      |
      ノ: :j____fY^y /^!___ト、
     l.:.: : : : : : : : :└'^ー'ー'ー' .:.:.:.:.:.|>、》`ヽ
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j   ゝ l
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ィTTTYΤiΤi    Y
     l____, ィ´ i | | | | |l | j j j     ノ!
      l_l_l_l_|_|_|___l_l_l_l_l_l_ll_l_l_ル'   (丿
      i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
      i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  |:.:.:.:.:.:.:.:.:./

この書物は後世に散逸してしまったが
 現代ではその後、再構成されたものを読むことができる。


360 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:27:11 ID:A9gKUR9s



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    天変地異や怪異と政治や人生を結びつけることへの懐疑、
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   そして不老不死や養生術へ憧ることへの戒めが、
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   特に後世において評価された部分である。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '     その他にも、小説の紹介や
  ,,rへ、_ ` 〔´      政治論などその内容は多岐にわたっている。
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_   
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


361 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:27:46 ID:hvgwfTEg
政治論はやばそうだ


362 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:28:56 ID:A9gKUR9s



           ,ィ 7T:ミ .、
           i:7´lN、{;i: :.iヽ
         C{:{ ゚ ,、 ゚ Vi:}){   問題は 音楽だよね……
           `|,>,┬CーミV八
           .rー(\ム'´` .ノ    グル孔子尊師が嫌っていた
            `ーヽ ハ/     鄭声を、どうしても正当化できないよ……
            `^′

          _.  ---  ._
      /: : : : : : : : : : \
     / : : : : xヘ : \: : : :\
   /: : : : : Y:\ン^i: : :ヽ : : : ヽ
   {,: : :i: : :{: : /'´ l : / 、' : : : : :、   まあいいや、とりあえずこの形で陛下に差し上げよう!
   ' : : : | : : :V  ‐ ∨ - '; : : : : :,
 /: : : : : l : : : }z≡    =ミ}Vi: : : :i
 { イ: : : {'; : : ⊂⊃   ⊂⊃ | : i: :|
   |: :ィ: : ヽ:へ、  マフ  ノ:/: :ノン
   レ′ヽ : : : :_ンーr―</ン
       >'_::{ヘt┴-、:::::}ヽ、
    ♪   {´:::`Y^ヽ::::::::::ハ::::}、
         `¨¨´|:::::::`¨´V::ノ 〉
           Tーt--rーくン
              `7ーァtーく
            {_/  ` ̄


363 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:29:33 ID:BX6teAkc
なんかえらくかわいいAAだ。


364 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:29:39 ID:A9gKUR9s

    時期は不明だが、この『新論』は
   確実にやる夫の手に渡っている。


              _ ,. . .─ ´:. ̄ ̄ ̄:  ̄: : : :ヽ
      、      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       ヽ、__,._/:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ,
            /: /: : : /: ∧: :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: .i: : : :/:/、 i: :.|: : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : :.
        /: : :|: : ./.:/  ヽ: :|: : : : : : : |: ,: : : : : : : : : : : : : : : : :.}
         /: : : :|: :.!:/ -、 .}:.|: : : : : : :.|:/: : : : : : : : : : : : : : : : : :.   ついに やった…
        .: : : : :|: :./ "“ミ, ヾ|: : : : : : :|/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   やっちゃったよ。
       i: : : : /N i  ./::| }}  }: : : : : :/: .: : : :|: : : : : : : : : : : : : : :.|
        l: : : /.: : ノ  l:;ノ ” /|: : : : :/: :.l.: : : | : : : : : : :|: : : : : : :./
        |: : :.!: ´   `   /:.:レ|: : /: : ,⌒i :|: : : : : : : |: : : : : : :|、
        ': : :|: |   '''    : : :/|:,/: : : / ) |:.: : : : : : ::. |: : : : : 、| ` 、_
       : :.|.::l         .|:./: :': : : : .ト .丿: .: : : .: : : :|: : : : : : {     ̄
       ヽ: |: :} 、      |:..: : : : : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : :.|
        ヽ: : |      |/: : : : : : .| : /: : : : ./: : : : : ,: : : : : : |
         |: :.l        |: : : : : : : / V: : : :/: : : : : /: : : : : : :|
         : : `   ー ‐|: : : : : : :/ /: : /: : : : : :/.: : : : : : :/
         ヽ: : : : : /.丶|: : : : : :/ /:./: : : : : ./: : : : : : : : /
          `ヽ: :./  ''|: : :/V. l:/ |.:, .....'''''''........、:./|:/
            `   ,.t/  /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /=|.  /:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
              //,r|/::::/:::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}





             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',     あの本には 陛下のまつりごとへの
        /: :{=/ノ{: : |\}X: : : '.: : : :}     批判と取られても仕方ないことまで
          {: :人{   \|  uヽ: j: : : :i     書いてある。
         |/: :ハ ー    ー ∧/ ト: : |
        |: :j: ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ : |ノ: :|    もしも、陛下の気に入らなかったら…
         {八: ゝ_      /: : :.:|: ;} }
         \{ /⌒l>ァr‐七{: : /リ:/|/
          /  / {メ^く_/∨`ヽ
            |  l /:∧∨ 〉  }


365 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:30:40 ID:A9gKUR9s

                   ,.-.-v-.-.、
                    /L::::人:;__;:ノ:ヽ
                    /{_i_iノ::::|:::|::::::l:i_i_i入           さて、前回に続き今回も
                    /:::::レ<  ̄ ̄ >、!::::',          テーマを絞って話を進めたいので
                  ;::::::::lィttテ、  代テl::::::l         時間を一気にすっとばす。
               i::::::::l ` ̄ 〈 } ` ̄i::::::::!  
                l::::::/l     ,.=、  .'::::;':::!         時は建武三十年 (西暦五十四年)
                 /:::/::::!   l'⌒} /:::/::::;         やる夫は60歳になっていた。
               ∠:_/:::::::l、  、`二ノ':::/:::::/   
                    ̄Τ \   ""/ィ ´          別の回で詳しく述べるが
                      /\  ヽ--</ヽ           創業を共にした多くの臣下が
              __/l n、\___/,ィタ/ー―‐--、___    すでに世を去っている。
           / ̄p ̄p __ \Vハ、__||__,ィツ/     /p ヽ.\
.        / ヽ     「 __二ニ\_||_p_/--─┐p    \ ',
        /-、 p ∨   | |    `ー───┐  /  p    Vハ
     /  iヽ   } p | l       i      |  /p     p   i ∧
.     〈 /ヲ、  ', l   ! ト、       :    /l /   p      !  〉
      V// p V  pl レヘ     i   /__|│     p  ノ /|
    _///   / p  i l/l\   :  /乂j. l p r[ト、   //,ノ!
.   ∧l7ハヽp /p     l |乂レヘ___:__∧_/l !p  | n |  / │|
   { にX }│ /、.__p -l l\不ノハ. /V/`l |、  ! l l ! / /p! L、
.  入辷フノ!./p  p    '. !  ヽXノ| KV / l  ノ ノ__.Li/   |しリ
  / p  /l  p    p ∧ V7フ(`V`)イ/ /   l にbク }    p|ー'


366 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:30:46 ID:aRGvgWKA
ついにやったと言うか、ついにやらかしたと言うか・・・


367 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:31:00 ID:A9gKUR9s


この年二月、群臣から
次のような上奏があった。

陛下、封禅したらどうっすか?


    ∧ ∧  _丿⌒|_   o=oヽ
    (゚ー゚*)   (゚∀゚*)   (゚ー゚∪
    ノヽ~ノヽ  ノヽ~ノヽ   ノヽ~ノ゛ヽ,
   ん †  ) ん †  ) ん †  )  
    丿 八 ゝ 丿 八 ゝ  丿 八 ゝ  
    U~U    U~U    U~U


368 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:31:18 ID:j5ndTXeU
ホントに一気に飛んだな……


369 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:32:25 ID:A9gKUR9s



           封禅。
 
           中国の皇帝が行う祭祀の中で
          おそらく最もメジャーなものの
          一つだろう。    : :    :   : : : :  : : : : :

          皇帝自ら泰山へ出向き、     : :   : : : : :
          その治世が平穏であることを
:           天に報告する行事である。
: : : : : : : : :       :        :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :   : : : : : : : : : :   : : : : : :
       :           : : 、‐``‐、             : : :  : : : : : : : : :
   : : : : : :        : .,,/`::::::::::: `ヽ            : : : : : : : : : : : : :
   : : : : : :       _,,、'`::::::::::: : : :: : : ::::'、:
           _r'":::::;;;;;;;;;;::::::::::: : : : : ::::`‐、、    : : :
         、,-'゜::::;;;;;;;;;;;;: : : :::::: : : : : : : ::::::::::::ヽ,、: : : : : :
       ._、‐′:::;;;;;;;;;;;;;: :  : 、: : : ;;;;;;: : ;;;;;;;;:::::::::::゙'‐、、: : : : : : :  :
     _,/`: : ::;;;;;;;;;;;;;;;:  : ;;;;;;;:   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::``'ー''ー-、: : : : : : :
  ._、‐`: : : : : ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : ;;;;: : : : : :;:::::::::::::::::: ;;;;;: : : : :::::: : : : : ``、、: : : :
..,,rl″: : :::: : ;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : :;: :    : :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ.: : : : : :
″: : :::::::::: ;;;;;;;;;: : : : ::::::::::::::::: ;;;;;;: :  ::::::::::::::::::::::::: .: : : : ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : `、、: : :
: :::::::::::::: : : : : : : ::::::::::::::::::: : : ;;;;;;;;;;;: : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : `'''‐:-、
:::::::::: :   : : : :::::::::::::::::::: : :  ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .  : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : :
:::: : : : : : : :::::::::::::::::::::::::   :  ;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :
:::::: .: : ::::::::::::::::::::::::::::::   : : : ;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::: : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    : : : ;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::: : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
: : : : : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

何をもって 平穏と見なすかは難しいところだが、
少なくとも自らの治世に自信が持てなければ、
行える祭事ではない。


370 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:33:03 ID:A9gKUR9s

 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    ハァ?  やる夫が 封禅? 
   /( ○)三(○)\        何を 言ってるんだお ?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ      やる夫は即位して三十年になるけど、天下に困窮する民は
   /  _ノ  ヽ、_  \       まだまだ大勢で、恨みの声は積もり積もってるお!
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /


371 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:33:41 ID:A9gKUR9s


 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
     /     \        こんなときに封禅なんかしたら、
   /_ノ  ヽ、_   \       名を連ねる名君たちに泥を塗ることになるじゃねーかお!
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \




   しかしネットでは やる夫陛下は封禅にふさわしいという
   意見が大多数ですが……

    ∧ ∧  _丿⌒|_   o=oヽ
    (゚ー゚*)   (゚∀゚*)   (゚ー゚∪
    ノヽ~ノヽ  ノヽ~ノヽ   ノヽ~ノ゛ヽ,
   ん †  ) ん †  ) ん †  )  
    丿 八 ゝ 丿 八 ゝ  丿 八 ゝ  
    U~U    U~U    U~U 





    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
    イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
       ⌒ \ / \           ネットルールなどくそくらえ。
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \        やる夫がやらないと言っている!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


372 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:35:14 ID:qemvHISk
ネットw


373 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:36:46 ID:A9gKUR9s



         ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
        イ二二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ  
             /    u \     /  \   
           /        \jハ{/    \    
          /       ., ーヽ   ,'. ー-、         今後こんなつまらん追従を言い出す奴がいたら
          |       ( ● l    l ● )  |    丸ハゲにして辺境の地に飛ばしてやるから
          l u      `ー ノ    ヽ.ー '   /     そう思え!
           、       (____人____)    /
           \         lー'ァ      /      絶対に言うなよ!
            ,.ィ'´、      (__/    /
          ,ゝ'´:::::)_ |_:::|;/ `¬_ /:||::ト、         絶対に言うなよ!
         /::::::::::::〈 ::|_;;/   !  }_:||::l::::l\
      :/::::::::::::::::::::::7/ ノ )(   /  }l|::!::::l::::::\      絶対に言うなよ!
     /::::::::::::::::::::::ヽ〈〈   ⌒ヽ  / 〉::l:::::l::::::::::::\
    /:::::::::::::\::::::::::ヽ:ヘ        / /!:::l::::::l::::::::::::::::::`ヽ   いいか、絶対だぞ!
     {:::::::::::::::::::::\:::::::ヽ∧_     //:::::l:::::::l::::|::::::::::::::/:}
    |:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::/    /::〃::::/::::::::}:::|!::::::::::/:::|



              ……


    ∧ ∧  _丿⌒|_   o=oヽ
    (゚ー゚*)   (゚∀゚*)   (゚ー゚∪
    ノヽ~ノヽ  ノヽ~ノヽ   ノヽ~ノ゛ヽ,
   ん †  ) ん †  ) ん †  )  
    丿 八 ゝ 丿 八 ゝ  丿 八 ゝ  
    U~U    U~U    U~U



375 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:37:17 ID:A9gKUR9s


     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
    イ二二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ  
            . l´~`         `ヾ、  .ヽ、
         /          _   ヽ   ヽ、
         / / ,.`ヽ     イ ,r;.、`ヽ        ヽ、     絶対言うなよーん。
       /  .i ヾツ !        ゞ゙ン  |          .ヽ
      ./     --ノ´       ヽ ._ 、             .ヽ
     /       . ヽ  、                        i
     /     ._ ノ_                       l
    ,'      .{ 、_,、丶                      /
    i      冫ー 'ヽ、 __                     /
    ',      .` ー__‐                  /
     ヽ、                         /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ

       当然、上島ばりのフリである。


376 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:38:01 ID:A9gKUR9s

           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
           イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
    / ̄|  +   /         ヽ   +    ホントはやる夫
    | ::|    /⌒       ⌒   \      チョー封禅に興味あるみたいなー
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´   一応漢王朝再興したんだし
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /       封禅で他の皇帝たちと差をつけちゃえ!
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十  モードっていうかー
 | ___)  ::|   .>          \  
 ヽ__)_/   /                 \




   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /        \       
     / ̄       ̄   ヽ.        でも こういうの
      / >    <       4L_   
     :  (_ , 、 _)      ノ  /    奥ゆかしさが必要だしー
     ゝ.  `ー'    _ <  /     
      >,ー一 ""   ,/       もう一押し欲しいみたいなー
   , <´ /         /
   1  _ イ        |        たとえば やる夫に封禅を勧める
     ̄_i          ∧       緯書とかみつからないかなーって。
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i    
    ゝ、_i      `ー─一'


377 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:38:43 ID:j5ndTXeU
オワタ


378 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:38:45 ID:A9gKUR9s

                もしそんなのが提出さ・れ・た・ら!


    .:.:...        :.:.:                    :: :.:.:.:..     :::.:.
    :.:.       .:.:.:..  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ..::.:     .::.:.   ::.:.
     : ..: ::.. :. :::: :.::.    イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ 
: :.                   /                   ヤダ……緯書にも
  :.:                /、_ ー'    、、_,          そう書いてあるなんて……
  ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|        
  .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l    アタイ 封禅するっきゃないじゃない……
::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /
      .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
      ::.:.  :.:..      / `''    /          く      .::::   ::.:
.       :.:.:.::     /      /


379 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:39:48 ID:/EHUiemg
>>351
ダメだこの世界唯一の偉業達成皇帝、早く何とかしないとwwww


380 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:40:23 ID:qemvHISk
駿馬も老いて駄馬になったか


381 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:41:09 ID:A9gKUR9s


          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',           最初からこの上奏も含めて、
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|          封禅を実行に移す計画の内にあったらしい。
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川          その証拠に、
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   __  封禅を勧められた年に
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=' O) やる夫は泰山の近くに巡狩(皇帝による巡視)に
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ ̄  出向いているからである。
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e、\
     /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
   /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、
  /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
 {e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
  \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
   ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
    \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l





       建武三十二年正月。

      やる夫は『河図会昌符」という緯書に目を通す。

     そこには次のような文言が記されていた。
┌─────────────────┐
│                         .│
│  漢大興の道、九世の王にあり。   ...│
│  泰山に封じ、石に刻して        .│
│  紀を記し、梁父に禅せよ。       │
│                         .│
│                         .│
└─────────────────┘
『劉氏の九世の子孫は泰山に集まれ』

     この「九世の王」をやる夫は自分のことだと
     強引に結びつけた。


382 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:41:14 ID:BX6teAkc
ところでなぜスペイン宗教裁判w


383 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:42:12 ID:LleUK3PA
>>351

桓譚、おまえ実は董宣の弟子じゃないのか?


384 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:44:31 ID:A9gKUR9s

 封禅という儀式は、泰山の山上で行われる「封」(天に対する儀式)と
付近の小山で行われる「禅」(地に対する儀式)が主軸になっている。


         i 、
           i, ヽ、         ,、‐,,
   ,、       `l, `ヽ、‐、,、‐‐'´/
 、-ゞ `ヽ、 ,-‐-ゝ      ,/´   ,、‐‐'´’フ
 ミ__、_`ヽ,ヽヽ,、 ,、イ  ヽ‐-,‐'´    彡
,、‐,ニ'ー--‐,ゝ、ヽ、`i l /' ̄‐‐'´‐'´,、-―-、ゞ
l ト-/⌒ヽ,‐ヽ、 ̄ヽヽ-'´='ニ,、'´ノ-'ゝ、,-‐、,、
ヽノ`(_ノニ、  ノ  ノ、二二//' ̄`ー-l´ l`'´i ト,
      フー,-'´ `l   ,l'´7`ー-イフ、,ノー、ノ‐'
     /、,‐、 >'´ ̄ヽ__ゝ'´ヾ ̄`'`l、 _
,イ`ヽ,/',、  /        '| '(、)ヽ'´ゝ、 
`ヽ、_ l)´ ヽ l'         /     /'`
   ヽ,   ノ        ヽ、   /
    ヽ,ヽ'          ヽ、‐,'

 特別に設けられた山上の壇に玉牒(願い事を掘り込んだ玉製の書)を封印するのが「封」。

 これに対し、「禅」の儀式の内容は詳細が伝わっていないが、
 泰山の支峰である梁父の地で行うことが慣例とされる。



386 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:46:42 ID:Dnbe/m2Y
司馬遷の父親が詳しかったんだっけ


387 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:47:08 ID:0BUATfOQ
>>384
そりゃフーディンや


388 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:47:53 ID:A9gKUR9s


             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/  {: : |\}X: : : '.: : : :}
          {: :人{_ノ\ヽ_ ヽ: j: : : :i    緯書…やる夫陛下も緯書を信じちゃうんだ…
         |/: :ハ ●    ● ∧/ ト: : |
        |: :j: ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ : |ノ: :|
         {八: ゝ_   ⌒  /: : :.:|: ;} }
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
           // {メ^く_/∨`ヽ
             /' 〈 /:∧∨ 〉  }


                 _.  -―‐-
              . : :´ : : : : : : : : : : `丶、
          /:: : : :/: : : : :/ : : /: : : : : :\
          /: : : : : / : : : : /ニニイ : : : : :ヽ: : \
       /: : : : : / : : : : /ニ〃|i{ : : : :|: : : ヽ
       / : /: : : {: :/ : :/: //{ | ハ : : : : | : : :ヽ: ,   王翁(桓譚は著作の中で王莽をこう呼んでいる)が
        {://: : : :_:V : :/ / l八 |′ ; : : /:i : : : |: :  予言を絶対視したあげく
       /:' : : :/´7: : :l:イ 、_ 、 \  : : ハ/: :}: : l: :|  
     ´ / : : : ハ '|/: : |:| んヘァ`  j:/'"}: :/ : /: :   破滅したことを知ってるはずなのに…
      / : : : / : ヽ!:| : :l:|" ` ー     fぅァイ: : /: :/   このままじゃ  陛下も 王翁の二の舞になっちゃうよ…
     {-‐1:/: : :/ | |: :∥       , ゞ''.イ} : / : /
      / ̄`ヾ⌒マ| : :|u       "//:ィ':|: :/
     /        l: : |\   く/   イ/l /: :レ'
   /         | : | , ヘ`:ーr:ァi´: : : :|: :/ |
  /           i |: :l   Vイ/: l: : : : :レ i |
  ,′         | !;ハ -ーマY`j:ハ: : /   リ
  i            l   }、_ 〉〉 Y} /
  | i         /   /: : : : Y′ レ′


389 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:48:33 ID:A9gKUR9s



西暦五十六年(建武三十二年) 二月。

 二月。

やる夫は、まず侍御史(儀礼の監視・弾劾担当の官吏)たちを泰山に派遣して、

式場の近くに建てる刻石文(石碑)を作らせた。
それには数種類の緯書が引用されていた。


                     /^;^ll^;^ll^\
                 _,,,.-'''_,.-'ノ l l \\\
              _,,,.-'''_,,,.-'''_,,,.-'''ノl l \\\ \
          _,,,.-'''_,,,.-'''_,,,.-'''_,.-''ノ l l\\\   _''-.,_
      _,,,.-''''  "'''''''''''"''''''''''''''"''''''''''''''"'''''''"''''''''"'''''''''''"'"'''-.,_
   _,.-''                                 _''-.,_
_,.-''                                       ~''-.,_ ィ;;―‐''^―ー''"゙;:.:゙゙‐''''" ..,..
  _....-'""::::::____,,,,,,,,,,,,,,='゙″ィ;;―‐''^―ー''"゙;:.:゙゙‐''''" ..,..  ::  :: .,;:':;:.,".,.、
  ::  :: .,;:':;:.,".,.、-'´-'" :.,,,,,,,,  ';,~:";.,、、.,       - _,,.--'‐.、_,,.;:--''"´`丶、 .:. :;:::::::::::. : .: .: .: .     i
;: ;: : ;: ;:::;_,,''''''"゙゙.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:::::::::;;.:;,~゙"'゙"'''''--;:; . : .:     .... .. .. ... . ..:.. .:;:;: ::T:;: ;: ;: ー--‐'″  :、:;.... ―'''''


391 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:49:41 ID:hvgwfTEg
即位だの封禅だのの大それた儀式は「だが断る」コンボを繰り返すのがお約束


392 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:50:10 ID:A9gKUR9s

 二十二日。

やる夫が泰山に到着。




           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
             /  ─    ─\
           /   (●)  (●) \
           |      (__人__)   |
           \     ` ⌒´   /
           //           |ヽ
           ヽ=三三三三三三三=/
            |           |
        __ /      ____|__
      /   (       /        /\
     /      \    / .      /    \
   /        )  ノ      /       \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゝ_) `TT´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   .| |
                   .| |
                   .| |
                   .| |


393 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:50:43 ID:A9gKUR9s

 午前中、
 麓で諸王や孔子の子孫列席の元、
 天に対する燎祭を行う。



  ::|           jj;;;
  ::|          /|/人
  ::|        N' | | |
  ::|       l`!  | | |
  ::|      i`' / | | | |
  ::|      |γ⌒ヾ  l`ヽ、
  ::|        |::ヽ::.    ̄   |
  ::|      lヽ、 、,,, )(、,,, ノ|\ヾ
  ::|      ノl:::、`(・)'゙(・)´l  |
  ::|     ノ  ト:. ,-‐'/iヽー-イ  |
  ::|    ノ;;ゝ_./    | \ノ/ ヾ  
  ::|   l; ノト、_ ヾ  \l/_,イノノト、ヾ
  ::|   ヽ  l ノ \ ヽiノ/ | l  l  ノ
  ::|     ヽ__ノ\  \」/ ノヽ__ノ
  ::|-、,-、,- -‐´、  ヽ   i /   `,ー- 、,-、
  ::|_ノ  、_     `ー┴'    _,   ゝ、
  ::|    ニ  ̄`  ノ   ヽ ´ ̄ニニニ ヽ

          孔子の子孫A


394 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:51:07 ID:BX6teAkc
それ馬ちがう


395 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:51:14 ID:Dnbe/m2Y
さすが皇帝いい馬に乗ってるな・・・


396 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:51:25 ID:A9gKUR9s


午後から登山。

 夕方、
山上に設けられた壇で、
「封」の儀式を行う。




   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
       /      \  
     /         \     
    /   ─   ─   \  
    |     (__人__)    |     
    \     ` ⌒´     /  
.    ノ    / )ヽ   く       
   (  \ /__ノi ) , )   
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /       
     \_/    \_ノ     



このときにも、尚書令や太常などの
高官が参列している。


397 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:51:27 ID:hvgwfTEg
もう1コマ1コマにつっこみが追いつかない


399 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:54:07 ID:A9gKUR9s



「封」を終えた後、下山。



 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
   /  ─   ─ \ スー
 /    (ー)  (ー) \
 |       (__人__)    |
 \    _||     /
 (  \/ _)     \
  \    /||       |
   \_/  ||
.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ..::.;:;;.;:..


二十五日、梁父の南で地を祀る「禅」の儀式を行った。


400 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:54:38 ID:L7xtmBT6
>399
な、なにしているっ!?ww


401 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 15:55:36 ID:Dnbe/m2Y
山の霊気を吸ってるのかな・・?




403 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:56:23 ID:A9gKUR9s


            _. -=ニ::_Z ̄ニ=-  .._
        / (:_: ;r'": :/:: ̄:7''ヽ:,r': ̄`ヽ、
        /: : : : : :ヽ、:_(_: : : (:: : : :\,r=‐':"⌒ヽ._
      / : : : : : ; ': : : : : : ̄::ヽ、__/: : : : : l: : :/ミノ
     ' : : : : : / : : : : : : :__:ヽ_: /:: :l: :l: : : : l : ゙‐'ヽ
     l: : : : : :;' : : : : : : (((//゙ハ、 : l: :l : : : l: : : l : ',
.    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : :`Vノ : l: :l: : : ,' : : ;': l:ll   あしかけ四日間。
    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : l: :/:l :l: :l: :l:: :/ /::/: :;リ|   
    l: : : : : :l : : : : : : : : : : l: :l::ノ: }: :} l / /::/レj:/::|   以上が『後漢書』などから分かる
.     l: : : : : l: : : : : : : : : : :l: :|/_;イ_;イ_;リ、// .ノ/:|
     '; : : : : l: : : : : : : : : ::l: :|ニニ ‐--ミ`' } ,ィチj゙ :|  やる夫の封禅の模様だ。
    /´ヽ: : : :l; : : : : : : : : :l: :|z't'ツ"_>`` '" {^~ |: :|   
  / ¶′\: :ll : : : : : : : : l: :| `~¨´ (::"′   ',ノl: :j   
,r‐{   , \ll : : : : : : : :l: :| :.           ∨ノ:|
  ! ¶′',  r、\: : : : :::::l: :| :.      .._ /´): :l
 ¶′   \ ヾ>、\: : : ll: :|  :.       __-了:/::;'
エエエュ┬r 、\ `ヾ>、\:ll: :|   :   ‐.._'´¨´ノ:/::/
―‐ - 、 ̄`<〉、 ヽ、._`^‐-\ト 、 :      ̄「V/
 ¶′   \ `<〉、 \` ー==┬''^ヽ、 ...__ ノ
   ¶′  \ `〈>、 ヽ`:r'"||  ,タ ¶ }
¶′    ¶′ヽ  `〈>、ヽ i || ,タ  /


                 ,へ
          __,. -‐――,ノ:ヽ::\
         / ._,...-‐'´ ̄:::::::::くヽ:!
        / ./:::::::::::::::_,. -‐―--、     あのさー、封禅ってさ
       ./ /::::::_,. -‐'´       |   秘密の儀式、みたいなイメージがあったんだけど……
      〈__|_/   ___,. -‐―、‐,)   けっこう様子がわかってるのな?
       |   / ̄::::::ノ:::::::::::::ト、:\
       |__..ノ::::::::::::::/ \:::::::::|_,ヽ:::!
    _ .(( r|::::::/::::::::|_ー、_.|:::::/フフiヽ!
 ̄ ̄| |  ̄ ゞ_|:::∧::::::::|フフ !,/`´ |
   | |..   `|::;ヘ.ヽ:::::「´  _ ;:   /
   ヽヽ.   |/ i.ヽ|::/    _,ニ, /
    | i   _,>、\lヘ   ¨二)' |
    | |  `77勹 .几.!`ーr-‐′/
    | |  // / / .| | /   /
    | | .// / /  | |/   .}


406 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 15:59:53 ID:A9gKUR9s

  


    封禅を行ったことが確実に判っている君主は、
    やる夫以前では
    秦の始皇帝と 前漢の武帝の二人。


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ    
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \
       :::::::::     \,, ,,/        .|   
        |::::::::::     \   /     | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   
       /                \     
       |  |             |  |
       \ \            .|  |    
    ( ̄ ̄( ヽ _)      ヽ    (___ノ\
     \ (´`ゝ         )      `) \
      \~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄ ̄    )


    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ  
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_ >
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }


407 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:01:36 ID:A9gKUR9s

          _,;¬___        __
        /├l||||||||||||、      l┤\
       / ├l|||||||||||||||||、    l┤  \
      (|| |) ├l||||||||||||||||||||、  l┤    \
      / | | ├l|||||||||||||||||||||、 l┤(| | |)    |    しかし『史記』には武帝が封禅を行う際、
      |  | | |├l||||||||||||||||||||||l┤| |      |   始皇帝の封禅の記録は残っておらず
      |  | ̄ ̄├|||||||||||||||||||||l┤ ̄ |   |   |  儒者や方士の意見を集めて
      |  |、`ー-┼l|||||||||||||||||l┼-ヽ|    |   |  議論して新たに儀礼を作ったとある。
      |  |<O冫├l|||||||||||l┤|O>| |   |  |   
      | | |     ├l|||||||l┤    | | | | /   つまり始皇帝の封禅を武帝は継承しておらず、
     / |  |    ├l|||l┤     | | | | /    封禅の伝統は武帝から始まったと考えていいだろう。
     / / / |   く├l|l┤     | | | /
    / / /  |    |д┤    | |  / 
    / / / / |   ー/ |┤    |  / 
    ヽ-~-、_ \   ◎l┤   /|/   
             \├l┤__/
               |_|


408 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:01:54 ID:k4h1VN5E
始皇帝・武帝・光武帝か
まさに御三家だな


409 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:02:02 ID:A9gKUR9s
    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',     前漢の武帝が行った封禅の場合、
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i    「封」の儀式を二度行い、
 .  !:::::l::::::l:::::::レ‐_'"`'ヽ∴∵r'"`''ヾ,ノil   二度目の「封」は武帝自ら
 .  l:::::!l::::::!:::::::ト.'´``ヽ、ヽ.:// ̄〉/i::!    たった一人の臣下のみ引き連れて
    l::::l:l:::::l:::::::;゙\、_,.〉 | |〈.__,.ノ./,;::l    山を登り、
   l::::l::i:::::l::::::,;,,ヽ∵∴ !! ∴∵/,;;;::l    そこで行った儀式の詳細は
    `ヽ\:::l::::::,;;;;;,}  ∵ ッ ∵.{,;;;;;;:リ    誰にも漏らさなかった。
    |.\::::';:::;,∠_‘___,、_’ヽ、,;/l
   /.i. h丶、::;<ー─‐-----;:Ξ〉,;
 /  ', ヽh ` ;,,\ ̄.ー一 '"./,;;;;
   / \ \ト,;;;,,ヽ ∴   ∴/,,;;;;;;
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l


    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i     これに対し やる夫の封禅の場合、
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil    最後まで群臣が傍らにいて、
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!    少なくとも儀式そのものは公開されている。  
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l    秘密にされたのは「封」の儀式の際、玉牒に
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l    やる夫が記した願い事の内容だけだ。
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l


410 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:05:57 ID:A9gKUR9s


     そして唐の時代にはその願い事さえも……




       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
      イ二二二二二二二二二二イ  
           , '       ヽ
           i        }
           {  r'"ー_-‐;= } __,、 -‐、  玉牒の願いなんざ隠してもしょーがねーっての。
           }r'、}て“}´f“,} ''´    }  俺の願いは万民の安寧・これだけ!
            ヾi{i    冫'i.      イ 
           />i┌---、,_!      i 
         / / |ヾ、  "r'ヽ       |
       /  / |、`'>ー''rヾ|      'i
       /    /  |ヽ' Y'~'/-、       ヽ
     r‐'   、. /   |   〉〈  ヽ      '.
    ヽ  \ } ,,ゝ |   i i   {   i`、  l
     ヽ  ヽi |  |   !  i  i   iヾ、  i
      /   ,i i.  |   |   i  }  | ヾ、  i
       >   i i、 |   |   ! |  .i ))   i
        i   |  | |  !  !}   { 〉)   i
      |.   i   ! |   i   ! !  ィ //  ソ
.      !   |  .!|   i  / ./  └' '   i

            玄宗皇帝


411 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:07:05 ID:j5ndTXeU
楊貴妃把握w


412 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:07:07 ID:A9gKUR9s


    :il|仞仞l     
    |||后后|   
    `ト、Дィ         とうとう封禅から「秘密の行事」
  ,くEl〈V〉El       の要素が完全に失われてしまう。
  |;ト、゚;Y;゚|||;        
  .l;|〈;; |;;l| |;;.l |;ん    
  |;|ノ;/キ-
. ん!'7;;/|;;|            
   /;;/ |;;|   
  /;;/ /;;/
  /;;/ /;;/
. / /  | \
. `ー′   `ー'′





   ((    
  '´ /ニ゙ヽ     段々オープンになってるわけね……
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)


413 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:08:29 ID:A9gKUR9s

      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ.   封禅という儀式、始皇帝や武帝の頃には方士が関わっていた。
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.   この2人と方士と言えばどんな願いが浮かぶ?
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!| 
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l  
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ
.     |. ヽ   `ニ´  / 
     」、 ヽ、_/  
   イ´|  ヽ、__」 ヽ 
             



         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',    んー長生きかな?
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i  
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::', 
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i 
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \


414 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:10:30 ID:A9gKUR9s



,,,,,,,,,,,,、
://ヽヽ`''i'ヽ
::lヽヽヽヽヽ'ヽ~ヽ
ll,ヽヽヽヽヽ>、.i `l    
ヽ,ヽヽヽ;;,'',6フ:ll、l    つまり初期の段階でこの祭事は
-'ヽヽ;∠l,::`''::::l:l:::|  
ヽヽ::i',6,ノ: /ヽ'::l:l::|   天下のためというより、
ヽヽ:ヽ'  .`',ヵ ;'i:l   帝王個人の儀式だった。
ヽ,,,,,ヽヽ、 '-´'/''l
. ヽ .l'''''''''';;;;;;;;;/:: |    
ミ'`''(o)-,-'/ :: |
'ヽ 、ヽ// `.//
--、 .、<,,,,,,,,:::i/l ,-''/ 
 ,,,,ヽ`ヽ::''' 'l,|::::|,'''''''、
.、/:: i::..:''''',,''|,,-''ヽ'/  
,,,,i, ヽ /,l'''/''/''l''i'''''





    ィ´三ヽ
    l:Y´ノノ):l      方士とか不老っつーと
  _ト、 ゚ロ゚ノ-‐r、   どっちかといえば道教寄りだよな。
 ー'─'/`iニlヽi¨ ̄
    /二フ¨l
   /_/〉___〉


415 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:11:22 ID:pQEB/a1A
最終形は長生きってレベルじゃねぇぞ!


416 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:13:52 ID:K/thG2uc
頭に板つければ、みんな皇帝なのかw


417 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:14:26 ID:A9gKUR9s
  ::::::/ ::::::l:::l::::::i::::::::::::::l:::::::::::::':;::::::::::l::::::::::::レ' ノ!:::::::'.
  :::::;::::::::: |::i:::::::'::::::::::::::i:::::::::::::::';::::::::l:::::::// ハ:::::::i  
  ::::{:::::::::::i:::'::::::::';::::::::::::'::::::::::::::::l::::::::レ'  / /  !::::::l                                 
  ::::l::::::::::::i::::':;::::::'、::::::::::';:::::::::::::>'"、::::、/,.ィオ´i !::::::l    それが、武帝、やる夫と時代を下る内に  
  :::::!::::::::::::i:::::::ヽ:::::\:::::::>'"    i   ィ代zソ ノ´ l:::::::!   山上に列席者を許すなど、          
  :::::l:::::::::::::ト`ニニニ 二==::::...、       ̄    l::::::!   すこしずつ開かれた儀式となり…      
  :!:::i:::::::::::::',   -、_、_,斗‐-  ̄     ', \    |::::::i   その参列者の面々からも判るように    
  :l::::' :::::::::::∧ ,.ィ弋zヒノ / ..::}     ∧ !     !:::::l   儒教的な要素が色濃くなって行く。     
  ::!:::::':::::::::::::∧ー---, ´ . :.::/    /   ,    │:::!  
  ::i:::::::';:::::::::::::::'、      . : :.:    ,    '、    l:::::!
    :::::::::';:::::::::::::'::ヽ          :     〉   !::::!    延命を願う個人的な祭事ではなく、          
  ::::';:::::::::':;:::::::::::':;::\           ‐‐  ,/   │::;
   ::::':;::::::::::ヽ::::::::::':、:::ヽ              __/l i  j:::;'     国家的な式典のようなものに姿を変えて
  \:::ヽ ::::::::::\:::::::\::::\       / '´ ノ /:/     いくわけだ。 


                 ,へ
          __,. -‐――,ノ:ヽ::\
         / ._,...-‐'´ ̄:::::::::くヽ:!
        / ./:::::::::::::::_,. -‐―--、
       ./ /::::::_,. -‐'´       |
      〈__|_/   ___,. -‐―、‐,)    
       |   / ̄::::::ノ:::::::::::::ト、:\    まとめると
       |__..ノ::::::::::::::/ \:::::::::|_,ヽ:::!    道教→儒教
    _ .(( r|::::::/::::::::|_ー、_.|:::::/フフiヽ!    私→公
 ̄ ̄| |  ̄ ゞ_|:::∧::::::::|フフ !,/`´ |     秘→公開
   | |..   `|::;ヘ.ヽ:::::「´  _ ;:   /     って感じだな。
   ヽヽ.   |/ i.ヽ|::/    _,ニ, /
    | i   _,>、\lヘ   ¨二)' |
    | |  `77勹 .几.!`ーr-‐′/
    | |  // / / .| | /   /
    | | .// / /  | |/   .}


418 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:17:02 ID:A9gKUR9s


さて、列席者に「諸王」とあるので、
やる夫の息子たちは
おそらく全員が集まっていたのだろう。



  __〆 ̄〃 、
 /(三三) ・  \   
 l (_`     |  \   ちょうなん
/\( ,    ∧   ) 
`ー' >==‐ァくて`ー'゙ 
   /\/  Y
  (3    G ノフ   
   ] _  [
   `ー'  `ー'


  じなん(影が薄いので省略)


419 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:17:32 ID:A9gKUR9s



         ,〟-──、.
        ,.、-     '''''' ヽ、
       /。。゚。゚,、-────ヽ
      /。゚。。゚ 。|        ヽ
      |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|
     / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|    さんなん
     ヽ Ll        ,..ヽ |  |
      | |.        ヽ─  |
      | レ┐      -二三  |    
      |   |           /
      ヽ=へ   ────'''/
     ┌‐.<    ────=、


     -──‐-
  / : : /: : `>、ヽ
 :  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ   
/: : : : : l:./_   _!: i       よんなん
l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i    
|:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
|: : : : : :.|   _   イ :l
|: : : : : :.ト>-  _rf  i
|: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


420 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:17:35 ID:DPuEk./s
確かに思い出せないw


421 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:19:20 ID:j5ndTXeU
>じなん(影が薄いので省略)

ひどいw


422 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:20:25 ID:A9gKUR9s


皮肉と言えば皮肉なこと。
緯書によって権威付けられた儀式に
参加する彼らの中には、

後に、その緯書がきっかけとなって
死に追いやられる者もいたのだから…



           ..:.:´:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
         /:.:.:.:.:.:.:.:、..:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:..l:..:..:..:.\
         /..:..:..:..:.. ⌒\:..:..へ:..:..|:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:.ヽ
.      〃.:.:.:.:.:./      \.:.:.:ヽ.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.       /:∧::.:/        \::.:∨ :.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.l
     |::K::∨         ̄ ̄ ̄\:|::.::.::.::.|::::::.::.::.::.::.::.::|   ……
     |::|:∨ ̄              |::.::.::.::.|::::::::.::.::.::.::.::.|
     |::∨        ィ尓六卞TT::.::.::.: |:::::::::.::.::.::.::.::|
     |::.:| rf広h     |i:.:.:.:.i:| | |::.::.::.::.|::::::::::::. .::.::.: |
     |::∧| |i:.:.i|     {i:.:.:.:りノ |::.::.::.::.|- 、:.::.::.:. i:.|
     |::.::.|| |i:.:.i|      ー‐'′|.::.::.::.|ハ |::.::.::.::. i:.|
     |::.::.| ー‐ ′         |::.::.::.::.|ノ |::.::.::.::. i:.|
     |::.:.{                |::.::.::.::.l__/::.::.::.::.::.i |
     |::.::.:\    -       j::.::.::.::.l::::::::::l.::.::.::.::.:!:|
     |::.::.:::::::丶         /::.::.::.::.l::::::::::.l::.::.::.::.:i:.|
     |::.::.:::::::::| {>  __  ≠::.::.::::::人:::::::::.l::.::.::.::.i:.|
     |::.::.:::::::::|  \:::::::::::| /::.::.::::::/  ∨::::::l.::.::.::.:i:.|
     |::.::.:::::::::|   >-‐'.::.::.:::::::/     V::::.l::.::.::.:i:.|
     |::.::.:::::::::|  /::.::.:::._:: -<      ∨::l.::.::.::.i |
     |::.::.:::::::::l/::.::.::.∠ -─-          ∨l::.::.::.:i:|
     l::.::.:::::::/::.::.::.::./         ヽ      ∨::.::.::.i:|
     |::.::.::::/::.::.::.::./           \      ∨::.::.:i.|


423 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:21:31 ID:A9gKUR9s



              <洛陽>




              <洛陽>


                _ , ――‐- 、
              イ: : : : : : : : : : : : : :`:ヽ
            /: : :: : : / : : : : . :: : : : : : : : \
             /: : : : : : : / : : : : /|: : : : : ::: |: : : : ヽ
            イ,: : : : : : /\ / | : : : : : :::| : : : : ::ヘ
           /: : : : : : ::/\ /  \}:.:i: : : : ::::| : : : : :: ::i
         /: : : : : : : ::{: : :/  __  レ\: : :斗ヽ: : : : :::|
        ,: : : : : : : : :: :|: :/,ィぅテミ、`   ヽ:: |  ヽ: : : : :i   はーあ。 陛下ってば私の『新論』への
      /: : : : : / . ::: : |/|〃んィ:}      ,>トミ、 |: : : : ヘ
     イ : : : : : i |: : : :: :::}`弋:::,ソ       ん゚::}リi: : : : : |           感想をくれないよー
    レ'ヽ/ ヽ_.ゝ_ : : ::/           ヒ::ソノ /: : :: : :ト、_
     _ -‐ ´   ヽ__./ """    '      ∧: : ::i::./
   ゝ-{     、 ヽ  \ノ            "" i:::| : : :|/
  /∧ヽ   ヽ \ \. ヽ\      ヘ     イ: :| : :::}
. / ∧ ヘ 、_\__,.ー'\_ )  `\_   <´: : : }:::::/
/  o \ \  }  \ _     \ ´ヽ ̄`フ/:|::/
  o   .\ ヽ /      ゝ         / l/V
       ヽノi \    \、    /
           / 〈  \   、\ /    /
        /   \  .\



        /: :/:/: : : : : : : : : :\
      ' : : :/ : /|: : : : : : : ヽ: : : :ヽ
   /: : : : /: :/ ; : : : : : : : : : :i : : ',    今度は書物じゃなく、生の意見として
  ー 7: : : : ∧/   ': : : :ト、: : : :}: | : : : .    緯書を信じないよう、上奏するしかないよ!
   / : :/ :∧/ \ ヽ.: :レヘ: : : |: :i\}
   l : / :/ :/ ___   ヽj  __ヽ| |:. :ヽ
   |: : : :l: :| 代゚tJッ    ャJTハ;' : |}:. : :
   ∨ : ヽハ   ´ n    `  /: : :|:.:. : :}
   { :_:__r‐、⊂⊃|| ′ ⊂⊃: : :/.:. ィ/
   /::::::::\ \__」. l. 0   .ィ : : /'⌒丶


424 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:24:33 ID:A9gKUR9s



   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /  ─   ─ \          桓譚からの上奏文かお 何々…?
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ


              ..._ , -  、
      ,,,..., _;--r ´´       `ー丶、
    `¬ヘ                  \
      /    /               ヽ
     /  ソ   /                丶
    /  /、\/|     ハ            ヽ
   /   i\ヽ/` !   . /ヽ!      i        i       人生の吉凶や運命のことは、
   /   !  /  ! i   /  i     .i       i       孔子のような聖人でさえ
   !   | /毛ミ ! !  ソ   .i     !       |       口にしなかったことだよー
  i   /ハ/彳ん| vi / 乍ハ  i i   /    ヽ
  |  i:::::::::i 弋!   ト  んミiヽ ハ !  /      \      後世の知識の浅い儒者が判るはずがないよー
   !  !:::::::::|        弋ノ iヘ ! V  .iヘ      Γ´
   ヘ !:::::::::!   ´       /    / !      i
   ゞ i:::::小    ,      /     /ノ:ト     /
    ヘ {:::::::リ\   リ    /    /::::::::::i   / /
    γ::::::い::::\    /⌒¬ イ ゝ:::::::::! / /
     r 、ゝ \::::::≧/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レツ/´レ r ,__
   i 冖ゝ \、 ヽ/Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ γ ´ ∠
   冫、丶   )   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;v;;;;ヽ t┘
   /  /;;;;;;i   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;〉ー
    へ/;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;/


425 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:25:13 ID:k4h1VN5E
緯書をダシにして封禅の儀を行ったのに……
なんつータイミングの悪さだ


426 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:25:39 ID:A9gKUR9s

 
            / ヽ       _
      _ __/ _ /       / '、
       `ー - '´ノ└ 、 , - r '" ∠゙、ヽ__
           ト、_ _,八/人し ィ´  `ー''"      
              〉__ ィ 、 _ `7          
          /r─‐:リn r ニ=、          うはww  俺ホメられスwwww
          / ! ∩ 1i;;;;!/ ∩ 7
          ! ! V |i;;;;;;! V /
         i  ヽ イi;;;;;;ハ__/
       _ ノ  ミ Y イ !;;j l_     
    , -‐< ヽ ( ー、ヽ _Y/  ヘ      
   j>   ヽ ヽ   ヽYノ /  `ー、_
  イ  _    ノ_ ハ 、___/   ,- - ニ、r⌒ヽ- - - ───、
 ./;;ヽ  ` ー'´ `r::ヽ ヽ     r::::、イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ー - - -、  r - -、 ヽ、
  !;;;;;;;ヽ      ):::ヽヽ. / /:::::::';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ̄)--ヽノ
  ヽ;;;;;;;;;ヽ ( ̄て::::;;::ヽ V !::;;::::;;::ト- - - - - - '' "´ ̄ ̄
     i T`rニニニ):::::;;::::i ! i:::;;:::::;;::!
      ! i ! ::::;;;:::::::;;:::/ 人 、:;;::;;::ノ
     ', i ヽ.ヽ、;;;;;;// !ヽヽ;;;;;;ノ
      !冫 ヽ、_ _/ ヽノ`ヽ-イ

     ↑聖人


427 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:26:10 ID:j5ndTXeU
>>426
だまれ宇宙恐竜w


428 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:26:23 ID:A9gKUR9s



             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/ノ {: : |\}X: : : '.: : : :}
          {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i    だから今、出回ってる緯書の類は、
         |/: :ハ ●    ● ∧/ ト: : |    ずるがしこいペテン師が、
        |: :j: ⊂⊃__ ⊂⊃ : |ノ: :|   陛下をたぶらかそうとしてるだけなの!
         {八: ゝ_      /: : :.:|: ;} }
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
           // {メ^く_/∨`ヽ
             /' 〈 /:∧∨ 〉  }


             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}  陛下の名前とか、成功とか。
          {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i   時々緯書には現実と
         |/: :ハ≡   ≡  ∧/ ト: : |  合ってるみたいなところもあるけれど……
        |: :j: ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ : |ノ: :|
         {八: ゝ_  ゝ._)  /: : :.:|: ;} }
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
           // {メ^く_/∨`ヽ
             /' 〈 /:∧∨ 〉  }


429 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:26:35 ID:BX6teAkc
いやあんまりホメてないというか……
おまえが脅迫したせいじゃw


430 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:27:33 ID:A9gKUR9s


                ,.   ´: : : `  --
         ,. ´: : : : : : : : : :/: : : : : : ` .
        /: : : : : : : : : ://: : : : :ヽ: :.:- 、:. \
.         /: : : : : : : : : :.:.〃: : :.:,イ: : : :.', : : : \: :ヽ
        /:.: :.:.//: : : :.:〃: :.:.:.〃:.: : :. :.i : : : : : ',: : ',
.       /:., : :〃: : : :.:. :/\: : / } :|: : :.:.:.|:.:. : : : : ',: : :.    それって ただの、まぐれあたりじゃないかなぁーーー
      /: ,′ {{: : : : : : : `ヽ y′|:.:|: : :.:.:.|: : : :、:. :.:l:.:.:.|
.     /: /: : : ||: : : : : : :ト、: /   .|:.:ト、: :.:.:ハ: : : :|:.:.:.|: :.:|     もっと冷静に物事を見たほうがいいよー
    /: /: : : : ||:.:.:/: : :.:.|`y  \,}ノ ',: / ',:.:.:.:|:.:.:.|: :.:|
.   /: /: : : : : リ、/: : : : :j/     `ー j/  人: :.|:.:.:.|: :.:ト、
  /:,イ: : : : : :::i i: : : : : lT≧=xz     ´  jノi:. : !: : | \
. /' .|: : : : :..:::{ |: : : : :.代以ソ,′    x===z |:.:./: : :    \
   |: : :.:.:.| ::::Y: : : : :.:.l `¨´      以ソ,' .ムイ: : :.:|
   j/ヽ:.|::::: |: : : :.:⊂⊃        `¨´ /: :.:|: : : :|
.       _j人::: |: :}}: : : :|          '  ⊂⊃: :.|: : : :|
.          ヽト、ハ: :.:.:.ト、   ∠ )     ノ: : :.:.:| : : /  ,ヘv'´ヽ
   /   ̄ ̄`Yヘ: :.:.ト、`  _  r  i:´: : : : : ハ ,′く     i
.   /  、       |ヽ \l \  j }:ノ´ |: : : :.:.:/ j/    `i  /
       \   |  ' , `   >チくヽ  /j: : : : /ヽ       └‐'′
  l       ヽ │  ' ,.  {: ハヽヽ V {_/  |
  |         ヽ `ヽ∧ハ j::レヘ,ト、', ,》   _,  |
  |           yy'⌒ヽ ' ,: :.∧V |《  r┘`Yヽ




     ::|
     ::|
     ::|   /.,りi、       ,,,,,,,,,,,,、
     ::|  ,/,/  |     _,,/_,,-、丿   
     ::|,/,ナi″.|\_.,/゙て゛ ,/'ヽ,,,{ ,i´   
     ::|''"゙゛ ヽ"〃: ``\,べ'}  テ,゙l,     うはwwwww   ギザ過激wwww
     ::|    ゝ: ー、.、、: く_   `''ト   
     ::|    l゙┬ヘ,亅.| ヽ..,/ヶ         笑えるwwwwww
     ::|    l゙│: |,l゙ ‘i、: .,/丿       
     ::|    ,}-、`|  │.,彡゙      
     ::|  ___|: : : ''゙l、,l゙: i'_
     ::|,,/` : : ー、゙lく-': .,へ
     ::|‐i、、  ヽ     │: : `゙),,,,_


431 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:28:59 ID:A9gKUR9s

      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ.    他にも桓譚は功臣への賞与を厚くすることなども主張しているが、
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.   何と言っても目を惹くのが上記の緯書に対する過激な意見である。
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!| 
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l  
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ
.     |. ヽ   `ニ´  / 
     」、 ヽ、_/  
   イ´|  ヽ、__」 ヽ 
             


 

    この上奏を読んだ、やる夫の胸中は……





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
二二二二二二二二イ  
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


432 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:30:32 ID:A9gKUR9s


            ___
          . . :´: : : : : : :ミ: 、
       / : : : : : : : :\ : : : \
      /: : : : :′: : : : : : :ヽ : : : ヽ
      .′: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : .
      |: :| : : :イ: : : ト: : : : : : !: i:. :| (はー、反応なしかー)  
      |ノ:|: _/イト: : ト廴ヽ: : :|ヽ:. : :!
    /}:ハ: ! ヽ ヽ{   \、|: |: :ト:|
       |: : :V. `0    `0  |:ソ: l:. :|リ
     ル'| : :.} xx    xx. }: : :| }ノ`ヽ
       |人:{人   r ┐ イ: : :ル'   {
      V ` \丁ト ̄__.ノ}:/ }    }
       }  >――r―‐<  /  / /
       | /   ミ厂 ̄{彡  `ヽノ   !
      ノ_}  个i′  `ー‐、 ∨  {
       [_ノ  {ニ}  r‐y‐、 i}  ヽ二}
      {   厂   ヽ. ノ  '|   `T′
      丶__ノ         人    /
       |           >r









  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    ……
    / ─    ─ \
   /  <●>  <●>  \.
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


433 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:30:59 ID:A9gKUR9s

 

  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ   桓譚。
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
    / ─    ─ \
   /  <●>  <●>  \.
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \




            ( ( :_:_(:_( : (  ヽ、
          {ゝ.:´: : : : : : :\ゝーノハイ
          /: : : 〃: : : : : : : ∨: :ノノ
            /: : : : /| : : : : |: : : : |: : (⌒
        //:./: :/人{: |: : |∧: : |: : : }
.        人|: {: :/丁ハノ: :ノ ̄V:.|: : 八      は、はい?
.          |: ∨、==   == |:ノ :l : : \
            ∨: : }"" '   "" |: : :l :ゝーく
         /:/: :人  △   u ノ : /: : }: :ハ
        {∧: : : :> _, イ/: :∧: ://
          \ハV  >‐//< ̄`ヽ
               /    ヽ    ',
                  /       ||   l
              {_/    ||   |


434 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:31:45 ID:jB.LQ3j2
なんか嫌な感じ・・・


435 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:34:03 ID:A9gKUR9s

ある朝議の席で、
ふいにやる夫は桓譚に声をかけた。



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ   
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ      やる夫は霊台の設置場所を
    / ─    ─ \       緯書で決めようと思ってるんだけど
   /  <●>  <●>  \.      どう思うかお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \



  霊台とは、皇帝が星の変化を観測し、
  天のお告げを確かめる天文台のことである。



                 _┌-.. __ _
                 i=|=|‐--ニi=|_
                    il=|=| 8 o' l=|i|
                  i;|=|=|l/|ill|=|i|
           ...___       i;;;|=|==/|、il=|i|
         ┌'┌- ニニi_   i":|=|==/|、il=|i|
         lヨヨ|o。 ::|ヨi|  |iii|/「 |:"|、il=|i|
         lヨヨ| ,へ: |ヨi|  |iil/::|=|:"|、|三|`i
       _.|i三l_/|:、\i|  |ii|/ |=|."|、|三|=|
      |iii|三:l_/|、|三`、 |ii|/ |=|."|、|三|=|
      |/|≡|/|、|- 、i| |ii|/ |_-、.|、|三|=|
      |/|≡|/|、|=|iiii| |i_.-三 |=|ii|`i'"|\
      |/|≡|/|、|=|iiii|_..||_.-=i|=|ii|、i'"|、|、|
      |/|≡|/|_,,.‐'ニiiiii:|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
      |/|≡|=|-'''"iiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
      |/|≡|=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
      |/|≡|=|iiiiiiiiiiiiiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|
      |/|≡|=|:-‐ii"iiiiiii|_.-=i|=|ii|、l-'|、|、|


436 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:36:26 ID:A9gKUR9s


  
明堂 (皇帝が祖先を祭るための建物)


               _ ______________ _
              (::.);;::.,-、________,-、..:;;(.::) ゞ;::;;;;:ゞゞ:.:ヾ::. ヽ
                     |;: !            | :;|  ゞゞ:;ヾ ソゞ:::ゞ:;ヾ ゞ
                     |;: `ニニニニニニニニニニニニ´ :;! :;ヾ ゞ:  ;: ::ゞ:;:; ゞ;ヾ ゞ
                     |;: |´          `| :;| :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:::ソゞ :ゞゞ
                     |;: |            | :;| ヾヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;:ゞゞ:;
                     |;: |            | :;|  ヾヽ::  |li/ ゞ ゞ:; ゞ:;ヾ
                     |;: |            | :;|   ヾ;li/::ゞゞ: ;::::ゞ:;ヾ ゞ
                     |;: |            | :;|    ゞ:;ソゞ'li|ヾ:li!:;ヾ ゞ
                     |;: |            | :;|       |li| li|:::ゞ'
                     |;: |            | :;|       ヽli//
                   ,i';;`^:〕          ,'^';,(;;〕       | ;il|
                ,';,;) 'l; :.`!、______,.!:;'「:' ;.:'ヾ,       | ;il|
              /^`'"''ー゙''"         ゙''"ー"゙''"\    | ;il|
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ,'l;i::ヾ
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\


辟雍 (天子が儒教を学ぶための最高学府)



 ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ                       "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                      "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ                    "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ                   ├─┤   ; "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;              || ◎ ||    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ  ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬"ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|  |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   | ______
              |    |  |  | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|   | |        :|
              |    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|   | | 青春学園  |
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |


      と共に、

      封禅と近い時期に建設が進められていた。


437 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:37:14 ID:A9gKUR9s
             .. -――――- . ..
          ,. ァ :/ : : : : : : : : : : : : : : :\
          /:,.く: :,{ : : : : : : : : : : : : : : \ : \
      / : :∧ V |: : : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ: : ヽ
.      / : : :/ : :V | : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : .:.! : : '.      ……
      / : : :∧、: /  | : : : : :{ : : : : : : : :.:. : : :.:}: : : :i
     ′:/ :i: :ヽ〉\ハ: : : :i∧: : : :i : : : .:.l : : :| : : : |     わたしは緯書の知識がないから
    |: :/: : | : :/   \'、 : |:ハ : : :|: : : :.:.| : : : : : : :{     よくわかりませーん
    |: {:| :/| :/≧zミ.、 ヽ:| =ヽ : lく: : .:.′ : i: :/: :ヽ
    ヽト|/:∧{ ド:::.:ド     _ミ__ ヽ| ヽ :リ: : : :} .: : : : ヽ
      ∨: .:.:}  廴.ソ      下う≧zz V / : :':/:.: : :ト、:}
      |: .:.V             |: ::r:ツ /:}/ノ}//:. : : :′ノ
      |: .:.:{        '     `¨´  /:.ブ : : /):. : /
      |∧:.\           //: : : :/':ノ`)′
        {\:{> .  ヘ        ノ': ノ: : : /7
       \_   {> ┬、‐ ァァ' イ: : : :/ノ
        ∧`下、7/}ト='´{   ノ: : イ〈
         V:{  V:`丁7:ブ``ァ千彡:{: :}
        `トヽ |.:.:.:|:.:./   /:.:..|:..:..:ノ≦
            i  }. 「`77  ,.く:____レ:}}_)ノ′
           } 廴} /ノ /  /::/´
           ` ー‐ヘー'   ー'>'´



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ   
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   
    / ─    ─ \        どうして緯書を勉強しないのかお?
   /  <●>  <●>  \.     
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


438 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:37:30 ID:Dnbe/m2Y
ラストチャンスかな・・


439 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:38:20 ID:A9gKUR9s

             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}
         {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i   だって わたし、緯書を正式な儒教の書物とは
         |/: :ハ(●)  (●)∧/ ト: : |  みとめてないですからー
        |: :j: ⊂⊃ 、_!  ⊂⊃ : |ノ: :|
         {八: ゝ_ 'ー三-' /: : :.:|: ;} }  キリッ
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
           // {メ^く_/∨`ヽ
             /' 〈 /:∧∨ 〉  }







         _,.イ _,.r'^}、  〉-、   r-'  / \ \,,
       _,..ニ__リr'   |ヽ_z-j|::〉--イ::ト、__/|.  \ソハ\     (うわー言っちゃったオレしらね)
       ̄ ̄      !::Y:::::::::/-ヽ/:::::::::|::::|    ̄ ̄`   
              \|:r'´:::ィ=、:::\__j/         
    ,          /--/::{:f  |:::|::\__\
   _/ヽ--、       !::,=、:|::::::リ  |:::|::::::!::二7
  /r'-' ̄丁       l::リ、|:|:::::レ'  、:∨|:::|U::j         r--ノ!__
  !::|::::::::::::レ'⌒!    \:::::|:::::!    !:::::l:::'/:/        |`ー-ノ|
  |::|::::::::f´:::::::ノ      ヽ:/:::ノ!.   リ:|:::!:::./      l^ヽ.__!::::::::::::::|
  ヽ|:::::::|:::::/       ノ\j::::、  /::`ー〈       ヽ.::::::::ヽ:::ノ::::|
  |----‐'|       r-'==l_j::::l::、 /::::::::::/`ーァ!     \:::::::::|:::::::j
  lヽニニソ|_,.---―'':\:::::::::`ー――‐':::::::::::://`ー‐--、  `|`ー‐ソ|
  /ヾ二ニソ| ̄、廾´\::::::::\:::::::::::::`Y´:::::::::::::/!::r──´`ー、|ヾ三ニノ|


440 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:38:43 ID:A9gKUR9s

                      ___ ___
                    "´ : : : : : : : : :`ヽ: : : : `丶、
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                  . : : : : : : : : : : :/ : : \: : : : : :\ : : : : : \
                 /: : : : : : :/: : :│ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
             /: : : /: : :/: : : : :│: : : : : ヽ: : : : : : : :ヽ: : : : : : ヽ
                ′: : i: : :/: : : : /|: : {: : : : :\ : : : : : : : : : :丶 : :',   (さあ陛下、目を覚まして!)
             i: : : : |: : |====/  ',: :八: : : : | \: : : : : |: : : : |: : :!          レイプ
              |: : : : |: : |: : :.:/   ヽ.;ノ\ : :|  _乂: : : |: : : : |: : :|  (私の意見に説得されてよね!)
                ′: : Y: : |===|  ̄ ̄´\  \|    '; :./: : : : :!: : :|
            ′: : : :|: : :|: : : |     -‐       ‐j:∧: : : :│: │
           /: : : : :./|: :八.: :│ xう芹ミ        xぅ芹ミ.|: : : : | : : |
             : : : : : :i{☆ +\:{,イ{トィ::::i|       んィリ }}j: : /:/ : : :|
          i: : : : : 八| : :゚: ☆。+ V辷リ       {r少  /|/V: : : : |   チラッ
          |: : {: : : : :|: : : : : :|                 /: : : : |: : :l: :|
          |: :人: : .:j:|: : : : : :| .:.:::::::::.     、  .::::::. ハ: : : : :|: :/| ノ
          ∨: ∧: :从: : : : : ト、     、   _    /: : : : :V.:/
             \{ \: :\: : : :ヽ\         ィ: : : : : /|/.
             __ rー=≧=ヘ : : ヽ. 丶、   _. <_:/: : :∧/
            /  \:::-:::::::::::::{\ :\.  `不}   |/:_;/ / `ヽ
         |     \:::::::::::::|   ̄\ /   /::::::::::-}   }
         }      ハー :::::|   /⌒爪   /::::::::::::::ノ    |
           |      \}:::::::::{.  / {/|ヽ /:::::::::: ー/    {
           |         ヽ「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  │
           |      \ │o               |  │
           |        >ヘo                 |  │


441 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:38:50 ID:BX6teAkc
個人としては尊い姿勢なんだとは思うが、
トップが「それにのっかって秩序安寧と権威づけやりますんで4649」
って時に真っ向から逆らったらなあ……


442 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:39:38 ID:A9gKUR9s


                               ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐   | | [][]
                               |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
  イ二二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ  └┘..凵   └┘  ! l ̄__l ̄ ̄.┘
       ,,,,,ミミ           .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\                 └┘
     /                .;.;.;.;.;  \
   /           ノ― - ..._ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ノTi\
  /            ―‐__---- 二ツ)ノノ/∠リノ
  /              <で・フ¨ヾ>三⌒〈・ラナリ_i、.    緯書を信じないとは
  i                `冖' ´ "´   ',¨ヾ',  i、    ふとどき極まりない輩!
   l                 (         / ヽ \  こいつの首をはねよ!
    l                  ヽ、____.人__ノ /  
   l                  ∠..__ツ´    /
   ヾ                     ー     /
    ヽ、_                  .;.;.;.;    /
       iヽ、_____          .;.;.;__ ノ
       ヽ        ヽ、_____´三/
        !ヽ、           :;:;:;:;:;:;:;|
        |   .            :;:;:;;|
       /ヽ、 ..    .,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,|\.;






                   だめでした。



                 ,. --f´⌒ミ:ー‐ 、
            ...イ=ミ:{人{ : : :ヽ:\: : \
             / : .:|: : /---ヘ: : : ト、:ヽ : : :\
           / : : : : |=/ ___,  ヽ: :} `ー‐、: : :トヽ    
.          / : :.: : : :V ((____))  V  __,.ヽ: :ト:} ',    
          ′.::イ :|{ /`丁´    ((___))l: ハ!:.i    
        } : :/ l : :{ :|/  |//    //「 l }小:.:. |
         /:  {ハ: : : l′ ノ ___ | ∨ {: V }
       / : ィ: 弋} : : {   {/´ ̄n、 ̄`} }  } 八: V
      }`く } : .:.:| : : / } jー/Y  ト ._ノ |  レ:.:.: : :|
      | { ∨ .:/:∧ ′lノ / ノ / }   ノイ :.:.:: :|
      |  }:. 三三. | {!ミ {   ' /-<} V:.:.:. ,ィ|
      }  | ̄ ̄`Y:l | \|    ハ:.:ノ:ノ  }:.:. / }ノ
       /|   |::. 三三|ノ 三}    }. トく__{:.:/ /
     i:r==ミ廴:.   | '.:ヽ__ノ  ∧|:::l::::::::::`ヽ.
     }:|:::::::::::::::`i:::::::|:::::/ ̄:`ミ〈 ∧|:::::|:::::::::::::::::'.
    ノ:::〉:::::::::rっ:}:::::::∨:::::::::::::::::::〉} }:::: |::::::::::::::::. }


443 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:40:20 ID:pQEB/a1A
ですよねー


444 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:40:39 ID:jB.LQ3j2
>>439
>>345であんなに煽ったくせに・・・


445 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:40:42 ID:BX6teAkc
ねー


446 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:40:53 ID:A9gKUR9s

                       桓譚は血が吹き出るほど頭を床に叩きつけて、
                     ようやく死罪を免れた。
                     
                            rvV レ/
                            | / ア
                            ̄\   {___, ィ'
                              /::::::::::} 、_
                               |:::::::::::|_ゞ`ー---― :.、
                               /_:_:_<: : : : , ィi: : : :;: : : : \
                           />: :.`<:/ii斗-ィ: /: : : : :.\
                         <_:_:_: : : :/:ィ'^ ̄/イ: : :/:/: : : :.ハ
                               |::::::::::〉: : :./ \  ∠_;ィく:;イ: : : : : :.l               _
                          |::::::::/.:.::,ノ  ̄    _ /レ': : : :/: :|           r、ノム-っ
                    ̄\    |:::∠;::ィ.{       \ /: : /:イ: :./        ノ .) -彡}
                   ̄\     |::::::::/:: ハ /\  -=ー:' : : /、:. !:レ'       _,.ィ'\  /´
                           |:::::::::::<.ハ \ノ /: : : .:∠ソ:://     _,.ィ ´:::::::::::::ヽ´
                            |::::::::≪≫<`ェ∠:_:_:_:/;;;;;ノイノ__,,ィ<´:::::::::::::::::::/
                           r=====テ水}イ_/::::/::::::::::::::`⌒::::::::::::::::::::::::::::::::/
                              レ':::::《イ《_》/:::::/::::::;:'::::::::;:':::::::::::::::::::::::::::ノ- '´
               ̄\          /:::::::::::∠_/-―'::::::::::;:':::::;:::'::::::::::::,:-―'´ ̄
              ̄\        /::::::::o:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:-‐'´




        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /: : : : : : : : : : /: : : : :/: : :、ヘ: : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : : /: : : : :/:ヘ.: : \\: : : : : : : : : ∧
       |: : : : : /: : :/: : : : :/: /\\: : ヽ'.: /: : : :| : : : :ハ   孔子グル尊師大先生様…ダメだったよ…
      /: : : /: : : :/: : .ノ: /: : |: : : \/|: :/: : : : :i: : : : : :',
     ,':/::!: /: : :/ヽ./: : :|: : /: : :/  |:/: : : : /.!: : : : :/l
    /:/: ::レ': : :/ ⌒/: : :/: :|: /: /`ー―''!≦: ::/: :! : : : : : |
.    /: : : : : : : ∧ 〈/:: : /: : :!rc、、   、  |: : : /∨|: : : : : : |
   /:/: : : :i: : : :、:ゝ': : :/:: : :|ヽ\\  丶 .|: : / 、.|::!: : : /: : !
.  /:/!: : : : ',: : : : V: : : |: : : : | l//|.\ン   .!:./  ∨: : /: : :,i
.  |/ |: : : : : ゝ: : : :\: :|: : : : |  .! j     /、─ ノ: :,イ: : : /
    ゝ: >イ三三ニ=、.: : : /  ノ/´゜  _ \\イ/::|: : :/ !
    ∠三三三三三三ハ: /   /。゚     ' //!ヽJ: : : .!: /!! |
  /三三三三三三三ニ| \ノ/ < フ    し': : : : :レ' ノ .,
. /三三三三三三三三ニ|\ゝ'、    `    ノ: : : : : : :!'  ノ
. /三三三三、三三三三ニ|  \/|`ー――<|:/: : : : : :j,イ/
/三三三三三、三三三三jレ‐´ ̄ヽ三ヽ:/´.j/: : :,: : :/ ´
三三三三三三',三三三=|´三ニ=、 `}三ニ、 /: :./|:/
三三三三三三 ',三三=∨三三三',ノ三三|  ̄   '
∨三三三三三ニ',三三/三三三三', }三ミj


447 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:41:38 ID:A9gKUR9s
            / ヽ       _
      _ __/ _ /       / '、
       `ー - '´ノ└ 、 , - r '" ∠゙、ヽ__   
           ト、_ _,八/人し ィ´  `ー''"
              〉__ ィ 、 _ `7
          /r─‐:リn r ニ=、         まさかマジで言うとはな。
          / ! ∩ 1i;;;;!/ ∩ 7         ま、頑張ったんじゃね?
          ! ! V |i;;;;;;! V /
         i  ヽ イi;;;;;;ハ__/
       _ ノ  ミ Y イ !;;j l_     
    , -‐< ヽ ( ー、ヽ _Y/  ヘ      
   j>   ヽ ヽ   ヽYノ /  `ー、_
  イ  _    ノ_ ハ 、___/   ,- - ニ、r⌒ヽ- - - ───、


448 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:42:08 ID:DPuEk./s
助かっただけでもましだな・・・


449 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:42:45 ID:hvgwfTEg
ひよってしまった


450 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:42:57 ID:A9gKUR9s





         その後、桓譚は六安郡の丞(郡の次官)に左遷される。


      ヽ二二二二二/   丶
      /__             |
      |    ひ    |    │
     ノ          |    |
    (;;;)          |    |                         -―――‐-
    ヽ           |    ヽ                     . :´==/: : : : : \: : : \
     \_____ノ  \__/                    / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
         __|       /  \                   /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}
        / ヽ____/   /\                 {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i
       /| │__丿;;;\_/\_/\ ヽ                |/: :ハ ■■■■■∧/ ト: |
      /  ヽ/|ヽ;;;;;;;;;ノ/ \   丶/丶               |: :j: Y xx    xx{:/ : |ノ: :|
      |   | | /;;;;;|/\─       丶              {八: ゝ_  {ヽ  /: : :.:|: ;} }
      /   | |/;;;;;;;/  >__  /   |               \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
      j  | | |;;;;;;;/  /|--┌│ |   │               / ヽ;;;;;|     /⌒l;;;|
      | │ | |;;;;;/  /│ ││ |   │              │  |;;;;;L___/  /;;;|
     ノ  | │ |;;/  / |___|__| │   |              /   |;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;;;|
     |  |  |__|;;/ /        |   │             |   |;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;;;;;|
     ノ  |  \|/         |    │            /   /;;;;;;;;;/  /;;;;;;;;;;;;|
    /  |              / ̄丶 |          (⌒(⌒ヾヾ/   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   /    ヽ______彡( ̄ ̄ヽ ̄|  |         (  (   |ヾ___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  /\   /;;;;[__];;;;;;;;;;;彡(二二 ││ /          (_(_ノゞゞ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  ゝ\\/ ̄|      ̄ ̄巛(____ノ_/              彡彡 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|
 (Ο Ο)\_ノ         彡彡∠彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡    |;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄/
  ( Ο丿 |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      ヽ/     /
    ̄   |               │                      | /    /


451 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:43:22 ID:pQEB/a1A
人生生きてるだけで丸儲け


452 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:43:29 ID:jB.LQ3j2
でも、人望は大暴落・・・


453 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:43:50 ID:k4h1VN5E
>>447
この孔子は尊敬できないwwwww


454 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:43:51 ID:Dnbe/m2Y
左遷で済んだのか


455 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:44:12 ID:w99wVtVo
逮捕されたw


456 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:44:28 ID:A9gKUR9s

赴任の途中、失意の桓譚は世を去る。七十九歳だった。



       \        /: : : : : : :`丶`、::.     ___
   l} 、::       \ヘ,_ , :´/:{: : : : : : :ヽ : ヽ::.__ |    .|___________
   |l  \::      | | ∨{:/ノ\}\ト ; :|: :│、:..   | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | | i: :ハ U   U∨:.|):.:||::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | | |:.从" r┐ /: :リ: :N ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::  
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::  ときが いつーかー
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::  
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::  ふたりを まーたー
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::       
   |l    | :|    | |             |l::::  はじめてあったー   
   |l    | :|    | |
                             あのひのようにー

                             みちびくのならー


457 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:45:06 ID:hvgwfTEg
うーん、でも今まで予言書頼みでやってたわけだし後戻りできないわけか


458 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:45:06 ID:A9gKUR9s



   世に自分の思想を認めさせることを思想家にとっての勝利とするならば、
   皇帝に思想を否定された桓譚の最後は、
   当然、敗北のように思われるのだが……





   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ


459 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:45:51 ID:A9gKUR9s


          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ  それが桓譚の献上した書物ね?
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !   
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |  
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l    
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ




  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
     / ⌒  ⌒   \        この本、大切に保存しておくお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


460 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:46:42 ID:A9gKUR9s





          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ  なんで?
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | | 桓譚の思想はアンタの政治と相容れないんじゃないの?
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||





   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /  ─    ─\       相容れないお。でも実に理路整然として
    /    (ー)  (ー) \      残すべき価値のある内容だお。
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)


461 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:47:06 ID:DPuEk./s
ああ、認めてはいたのか


462 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:47:51 ID:BX6teAkc
「今」としては認めず
時を超えて残る名作だとは認めたか。

にしてもその歌はやめろw


463 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:48:42 ID:K/thG2uc
ハルヒは権力はないけど、側近はやってたのかな?


464 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:48:44 ID:k4h1VN5E
当時の七十九歳っつったら大往生だよなぁ
でも、失意の内に没したのかな……複雑だのう


465 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:49:20 ID:A9gKUR9s


    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ        緯書を支配の道具に使う。
      / (ー)  (ー)\          そのためには緯書を否定する言葉を公の場で
    /     (__人__)  \         許すわけにはいかないお。
    |      ` ⌒´    |        
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ   でも、支配者自身が緯書を
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二イ    無条件に信じるのは別の話なんだお。
           _/        \       
           /            \     
          /  /   ヽ、_       |      むしろやる夫の子孫には…
          l   (ー ) (ー )      /       支配する側の心がけとしてこうした
           ヽ  (__人__)    /         書物を読み継がせるべきなんだお……
           _x>  {_ノ _  イ7\__
          '⌒:r‐、:::::::|::::ヽ Y /::::://:::::::::::`ー-、
        /:::::::::|、,,ト、:::ヽ::::\/:::::::/
        /::::/⌒ 、 L_\:\:/:::::::/
        /:::/ ヽ メ- ):::::/:::::::/
      /::::/ヽヽ、)ーィ´:::/::::::::/
     (::::::!\ ̄  /:|::/:::::::::/
      \\ \ /|:::|
        \\ .Y |::::|
         \\ |::/


史書には、やる夫が『新論』の内容に関して、
具体的にどのような感想を述べたかは記されていない。

ただ『後漢書』桓譚伝には、
  やる夫が『新論』を「善みす」と記されている。


466 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:51:23 ID:A9gKUR9s



      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ.   またやる夫の孫にあたる三代皇帝・章帝もまた、
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.   『新論』を読んでいて、
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|  その未完成だった琴関連の部分の
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!|   補足を命じている。
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l  
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ
.     |. ヽ   `ニ´  / 
     」、 ヽ、_/  
   イ´|  ヽ、__」 ヽ 
             



   ((    
  '´ /ニ゙ヽ      補完を命じたってことは
  li 从ハ)ソ      相当お気に入りだったって
 ゝ*,,・∀・)     ことだよなー


467 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:51:42 ID:BX6teAkc
つくづくバランスのとれた君主だ。
たぶん死刑のアレも、最初から減刑するつもりアリで言ったんだろうな。


468 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:51:59 ID:5vUmO/gk
なんちゅうか、複雑な男よね>やる夫


469 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:53:05 ID:A9gKUR9s

                   _,. --──--、
                 /:::::... >:::::::::):::::\        さらに 思想的には
                /::∠:........ y:´::く::::::::::::ハ       『新論』の流れを汲む名著、
               ./::::::::::t::...:::::.::::::::::':\:::::::::::ハ      
              /::::::::::::::八:::::::_:::::.......::::!:::::::::::::!     『論衡』の著者王充もまた、
              !::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-::::':::::::::::::::::!     作中で『新論』に言及し、
.             !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::!     その内容を評価している。
             !::::::::/>ァ-、:::::::::::::::::::::::::::r '´ )::::::!    
             .!:::::::::ト:、_...イ::::::::::::::::::::::::::ト-イ:::::::::!     (王充は西暦三年から百年頃にかけて生きた、
             !:::::::::::::r、:::::::::::::::::::::::::::::::_;-;::::::::::::!     ほぼやる夫の息子世代)
             !::::::::::::!ヽこ_ー--─ こン_´.」::::::::::!
             .!:::::::::::とイマッ>ヽ   ノ<チマ ソ::::::::::!  官職としては地方官吏どまりだった
              ∨:::::::!`' ̄ ン  ilヽ` ̄`.!:::::::/   王充が、『新論』に言及しているということは、
              ヘ::::::::!     ;'! l     !:::::/    桓譚の著作はかなり広まっていたことになる。
                >:::::!     、 ノ   ./:/イ    
              /l::::i、:!   ─--一  /イ、 \   //
             /   !:::l `ヽ、 ー一 /| liト   \/  L
           /-一 、i{∨〈?、 `ー イl |l  i| 」 rヘ      \_
       _rク'´    < )`ヽト 、\fl-| レニシ、lノ八 Y       lノ ̄ - 、
   _,. ' ´ `´     .レr──- ` 、` | r'´ ∠ - '´`ート、-l|   l     lハ
.  /. r )l|   r 、    .l と>ー─- ____,-─ ┐  |   |   ハ    ,ハfl ヽ
 /  ヘ|    7ノ    l| l             |  l|   l  Y    Y|}  l
. ト,   l         l  l             |l  |    l    _   /  |l
. .l    l _      ( 八  ト 、          ノ  ト )   l|  | ( )  /  l|
  l    .レ'         ヘ ∨∧、       /l  |    |  l  |  /   /


470 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:54:34 ID:IJgkNEb6
支配者は、利用するのはいいけど信じてはいけないってことですな


471 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:54:46 ID:p/y38lw6
>西暦三年から百年頃にかけて生きた
大往生だな…


472 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:55:05 ID:A9gKUR9s




  '´ ξ ヽ
 i θjl_!_!j     やる夫と言えば緯書によって即位を正当化し、
 ヽ!l|゚ ‐ ゚ノ!  そのため予言の存在を信じていたと理解されているが…
  /j`▽ i>
  〈_ノLゝ
.   |__j_j


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ     実際、緯書で大司馬を決めようとしたり、
  li 从ハ)ソ     予言にあるからって名前だけで治水の責任者を
 ゝ*,,・∀・)     決めたりしてたよな?




 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l     だが少なくともこの封禅前後の時点では、
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!    緯書を信じ込んではいなかったということになる。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    もし信じていたなら、桓譚の著書を
 `ー-、」    '  i_ノ    評価するはずがないからだ
    | `ー  ̄ , '      
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


473 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:56:39 ID:A9gKUR9s
 そして子孫もこの書物が民間に流布されることを
少なくとも積極的には禁止しなかったとすると…

 後継者たちも、
 緯書を盲信していたわけではなく、
 支配の道具として
 ドライに扱っていたのではと
 想像されるわけだ。 すくなくとも三代目までは。



      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     そんなに 桓譚を評価してたなら
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |    どうして死刑にしようとしたの?
    |  l:l::i个| l ::l!     _  ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、        /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ




     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ    個人でその思想を認めることと、
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    声高に叫ぶのを許すのは別問題なんだお。
      /ノ  \   u. \       
    / (●)  (●)    \      だから緯書を信じない学者には
    |   (__人__)    u.   |      それとなく余計なことを口にしないよう
     \ u.` ⌒´      /       釘をさしてるのに…


474 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:57:12 ID:A9gKUR9s


 緯書に疑念を抱いていると見た
学者に対して、
やる夫は以前にも
緯書に対する見解を
公の場で尋ねたことがある。


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ    
         /            ヽ ヽ、
      ,,.-'"          ,,.-'"`     ヽ、
    /        、__,,.-='、':'"        ヽ、
    i へ___,    " ゙.゙、;;;;::',ノ            ヽ
    ./ i ゙:;;;;;,:〉     `''''''"             ヽ
   / . ゙ー-''"       ヽ               i
   /    i   人     ノ               l
  ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /


その学者の場合は、
「自分は勉強が足りないので緯書の真価が判らない」
などという意味合いの言葉でお茶を濁したため、
やる夫はそれ以上追求することはなかった。


475 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:58:07 ID:A9gKUR9s


              内心で否定することや、
         書物として表現する程度なら
         大目に見る。
         しかし、
         公の場で
         緯書の権威を認めないと
         発言することは許さない、
         というのが
         やる夫の態度だった。




       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
       イ二二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ 
               /: : :             \
              /: : : :            \
          /: : : : : :               \
           / : : : : : : :.._        _      .\
        |:::: : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
        |:: : : : : : ::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
        |:: : :: : : : : : ´"''",       "''"´      l
           \ :.: : : : : : . . (    j    )       /
             \:::::ー=≡二`ー-‐'´`ー-‐'二ニニニ==ー
          /ヽ: : : : : : : ` ̄ ̄ ̄ ̄´.: : : : : イ:.:.:\:.:\
      /´ ̄/:.:.:.:./;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,.``ー- -‐'"´,,,,,,,;;;;;;;;;|:.:.:.:.:.:\:.:\_
    /:.:.:.:/´ ̄ヽ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.: /´ ̄`ヽ;.ゝ ̄`ヽ、
    /:.:.:.:.:.:.:.|i:!|i:!i:∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /:.:.:.:./:.:.:.:.\ヽヾ:.:.:.:.:.:.:ヘ
   }:.:.:.:.:.:.:.:!;l!;l!∨/´ ̄ ̄"""'''''ー―---、,,,__/:.:.:.:.:.:.:.:.:._ /:)):ノ.:.:.:.:.:.:.:.',
   ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ∨/                    ̄ ̄ ̄´ ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/                        /∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
 ノ三三二ニ:.:/ ̄`ヽ                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.... . . .
 {彡三三二/ ̄ ̄`く                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... . . . .
  )三三二/´ ̄ ̄\ー′                  /:.:.:.:.:.:.:.:........ . . . . . .


476 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 16:58:58 ID:/EHUiemg
使えるものは使用済み綿棒でも使うってことか。


477 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 16:59:10 ID:A9gKUR9s

だが それを慮り、
空気を読むには
  桓譚は純粋すぎた。

現実主義者でありながら、
現実が見えなかったのである。

        / / /      ` ヽ       \  `ー          *
  人人  / / !/          \        \ \ \_     人
  YY  '    /             \      \ \─‐   `Y´
     /  '   / √\    \ \ \ \         \ \        o
x    ′ ′ '   |\ _厶    \⌒ヽ \ \       \ \   。
     l  |  |_____レ´\ \    \  \ \ \       \ \
     |  |  「 ̄ |     \ \__,rテミx\/  \     \ \___\
 ×  |  |  |__」 ,ィf√ヽ     {fノfメハ | ',   \ \__\   ̄` |
     |  ', 八 ̄ | '〃fノ}ハ      弋尢_,ノ | .}    \ \  ̄     人
     |  ,.  \ ', {{. ヒ心リ      `¨´   レ' \\__ \      ̄`Y´ ̄
。    廴  ,    \ ゞ-`¨    ′  ゙゙゙゙´  |     \     \.      |
   ,r 二)フl',     \゙゙゙゙´   , r==-、    ノ     \ー─一
  / r―‐く. ! 、     `ー‐、{/   ノ  , '           \___
  !/´ ̄う ゝ \     \ `  ̄   /          ___ /
  V f´{   `、           ヽ.__ /|、       \__\     ×
  \   - 、  '、\   __  '、    | \――、___\
 ∧ 丶    ヽ }  ヽ、 \  `ヽ)   「´ヽj―、_  ` ー     o
<  >./`Y    ノ     ̄`  \    |  } \ \ `ヽ
 ∨ /   |    |         \  \    丿 / \ \  \       *


儒者でありながら鄭声に秀で、
現実主義者でありながら現実を読めず、
理解者こそが弾圧者だった。

矛盾に満ちた思想家、桓譚。
しかし、その思想は多くの知識人に読み継がれ、

  現代中国でも、
  無神論の先鞭として評価は高い。


478 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:00:01 ID:A9gKUR9s

  封禅を行った後、

  四月にやる夫は 年号を三十年以上続いた建武から中元に改元。



   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /   \ , , /\        
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |        
      \      ` ⌒ ´  ,/       
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄   
.      |          |



  霊台 ・明堂・辟雍も年内に完成。


479 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:00:11 ID:iGjFa9Sc
そうか、無神論か


480 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:00:35 ID:5vUmO/gk
>>477
学者らしい学者よな。


481 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:01:03 ID:A9gKUR9s

              同時にやる夫は図讖(緯書)を天下に宣布。



                  .:::::::;'                                    ';:::::::.
                 :::::::::i                                      l::::::::.
              ::::::::::!                                     i::::::::
                ::::::::::l                                      ';::::::::
 ̄ ´  '  ― ―‐ --  」                                     L_:::::
                                                            ̄ ̄ ̄ ̄
                __,. -┐
    _ ,. -‐ '' ´   :::::::::',                                r::-  _
‐ ´               :::::::::'、                                  /::::::::   ´` ' ‐-
                    ::::::::':、                           ,.:':::::::
                     ::::::::ヽ                        /:::::::
                    ::::::::丶                        ,.::'::::::::::
                     ::::/ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ:::::
                      /  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ:::::
                 /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
                  /    ,.∩     / (●)  (●)\.`、  \∩
              /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
          /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
           /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
       /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
      ./       , '           \              /   `、    \



   「宣布」というのがどういう意味合いなのか、
  この緯書の内容がどんなものだったかは記録に残っていないのだが、
  同じ年に封禅を行い、儒教関連の各種施設を造営していることから、
  一連の流れの締めくくりにあたる内容だったと推測される。


*管理人註釈:【宣布】せん‐ぷ
1 政府などが公式に広く知らせること。「新憲法を―する」
2 広く世の中に行き渡らせること。「教義を―する」



482 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:02:44 ID:A9gKUR9s



         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',  
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i    締めくくりというと?
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::', 
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i 
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l



     _/:::::::::::::::'´:::/::::::::::::::::::::::\      やる夫は、
.   /::::::::::;:-─'´::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     自らの築き上げた王朝の地盤固めとして、
   ;'/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!     封禅以上の儀式を計画していたのかもしれない。
  /--イ::; '´`Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  /::::::::::l   .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     真の意味での儒教支配体制の確立。
 !:::::::::::::ゝ-:':::::::::::::::::::::::::::ノヽ::::::::::::::::::::::〉    それを飾る呪術的セレモニーを、
. !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨、∨::::::::::::::/     大々的に行おうとしていたのではと
.  !::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::「〉ハ::::::::::::ハ     推測されるのだが……
.  ∨::::::::::::::/  仆:::::::::::::::::!、' ル::::::/ ヘ
   \::: イ//ゞト. ∨:::::::::::! Y:ハ:::::/   とY
    ~冫,  `Y::.  ∨:::::::::! ∨レ'ノ  rc  ヽ
.      |      ',:::::::::!. ,'. /  /|lハ_ノ eヽ
.      l  _    .',::::/ / /  //{r 、〉e  .∧
      '─ヘ,_ァ フ , .∨ // /ノ >-'、   e 〉
         ':,:ーイ   /).// /   l}  ノノハ


483 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:03:56 ID:Dnbe/m2Y
ああ、ついに・・


484 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:04:48 ID:A9gKUR9s


                 ,へ
          __,. -‐――,ノ:ヽ::\
         / ._,...-‐'´ ̄:::::::::くヽ:!
        / ./:::::::::::::::_,. -‐―--、
       ./ /::::::_,. -‐'´       |   だが?
      〈__|_/   ___,. -‐―、‐,)
       |   / ̄::::::ノ:::::::::::::ト、:\
       |__..ノ::::::::::::::/ \:::::::::|_,ヽ:::!
    _ .(( r|::::::/::::::::|_ー、_.|:::::/フフiヽ!
 ̄ ̄| |  ̄ ゞ_|:::∧::::::::|フフ !,/`´ |
   | |..   `|::;ヘ.ヽ:::::「´  _ ;:   /
   ヽヽ.   |/ i.ヽ|::/    _,ニ, /
    | i   _,>、\lヘ   ¨二)' |
    | |  `77勹 .几.!`ーr-‐′/
    | |  // / / .| | /   /
    | | .// / /  | |/   .}



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ    だが 翌中元二年に、そうしたセレモニーが行われたという記録はない。
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


  

    ィ´三ヽ
    l:Y´ノノ):l      なんで?
  _ト、 ゚ロ゚ノ-‐r、
 ー'─'/`iニlヽi¨ ̄
    /二フ¨l
   /_/〉___〉


485 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:05:17 ID:A9gKUR9s

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l      なぜなら……
 `ー-、」    '  i_ノ   
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


486 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:05:33 ID:A9gKUR9s

   その前に やる夫は、この世を去ったからだ。






     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
    イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
   /::::::::::::            \
   /::::::::::::::          \ ヽ


487 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:05:48 ID:DPuEk./s
ああ・・・


488 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:06:20 ID:k4h1VN5E
ついにか


489 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:06:45 ID:BX6teAkc
そうか……


490 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:06:51 ID:A9gKUR9s
             

             第六十一章「封禅」終わり

             第六十二章「宦官」へ続く

 _____     
 |_____  |   ┌┐ ┌┐                           r‐--------, /,ゝ   _┌┐       _,,,..-、  | ̄ ̄|
    __ / /   || || ____      _ _,-           .|_______!l'_ゝ  | | | |     .l゙ ̄: : : : │ |  ノ
    | レ' /    || || |_____ |  __| |_|_|-   / ̄ ̄ ̄ / r‐-----------┐    | | | |   . ゝ-│: r'"  | |     
    | /    || ||         | ,---, |     ̄/ / ̄   |,,,,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,,,,|   | | | |   . /'''''''": .`'''''''i |  ノ   
   / /      └┘ ||         '-' ./ /    __/ /         │ │      | | | | .ハ .!,,,,,,,,,,: ,,,,,,,,/ .└┘     
   / /          //          .,-ー' /   ./____/       ,, /  /      | | | レ' /    / : ,!   ┌┐
 / /         //            `-ー'                r'" ,,/        | | |___/   ,i'": /    └┘

500 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:09:52 ID:A9gKUR9s

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ   さーて 次回のサザエさんは!
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!   「カツオ、鹿を馬と言い張る」
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/  「中島、大航海」
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/   「マスオ、出世のためにチンコをレンタル」
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'     の三本だよー!
                 丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥



507 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:12:21 ID:A9gKUR9s

::|::::ハ::|:::::i::::|::::|`゙ヾ=、_゙l::::lヽ:\ \::\::::::゙、::::::ヽ:::::|ヽ、::::::ヽ::::;:\:::::::::::::::::::::::::::
:::|:::|:::ト:i:::::l:::|ヾ、ー‐-r二l:::ヽ_\\::::\::\::\::::::ヾ、:l__,,..-\'ニ三 ̄ヽ、:::::::::::::::::
i:::|:::ト::|ヽ::::i:::i::::|ヾ、 弋__ゝ、ヽ`゙‐\:::::\:::\ヽ::::::i'='',二ニ'フ ̄ノ`゙`アi゙:::::::::::::::::::     申し訳ないけど
::i::|:::|ハ! ヽ::l::|:i:::|ヾ、ヽ、_____\ヽ>;;;;;;;\:::\::::\:::::<´ `¨ー'"__,,.ノ;;;;;|:::::::::::::::::::      まだ最終章じゃないんだ!
 ゙l::::ト::i:::::ト、::i::|:::|     ‐‐‐\\ ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、::\::ヽ`゙‐‐‐'" ,,;;;  |::::::::::::::::::
   |:::ト:::::::l \:i:::l              !;;;;;;, `゙`‐-ゝ         |:::::/|::::!::::     その前にこの時代を語るに欠かせない
   |::|ヾ:::::i  \:l、             |;;;;;;;;,             l::::/ |:::|i::::      もう一つの要素・宦官を紹介する予定!
    i:| ヽ、:i   \、            |;;;;;;;;;,             |::/ |::l |:::
    |!  ヽ:l.    ゙             |;;;;;;;;;;;;;,,,,,          |/   |:! |:::     今度こそ違和感なく僕が登場できるのさ!
     !   ヽ!           ,,,,,ヘ、;;;;;;;;;;r‐';;;;;'''           ,イリ レ'i
          i、    ヾ、_     ''';;;;;;;;;;;;;;;''''''''     ,イヾ    /
          ヽ     ゙i `゙‐-、.._________,,...-‐''"/      /
           ヽ.    ゙ト‐-、...______,,...-‐,ィ'"    /
             \   ヾ、ー‐------------‐‐ィ'      /
              \   `゙`‐‐───‐‐‐''"´     /
               \    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       /
                 \   ''''''''''''''''      /



510 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 17:14:31 ID:A9gKUR9s
                              /
                   ョ|     _  _.   リ
                rtyf^}`ヽ.__/|: : /|: :`ソ       
              _.-'_,-''^il`l  / ´!: :|oヽ:[_/     次回も一週間後、三月二十日土曜日、
              |l}|||||li!jl} !./  凧: ヽo\: |      午後三時からの投下予定です。
              |t!-''´´-'^|.ヾ  ヽソ、: :\/:|.  
            r─‐K _..-t(ッ)|∨  .: : : :\: : :!       
         rvj-'  !(ッ)t_l´   j .∨_.:: : : : : : /`´      って前回の予告で三時半って言ってたの
         j_几]  j  rt..,-''´ ̄Y´ ̄ ̄ ̄`!        間違いだった! ごめん!
   rf´!`=>、   `-t、.....!-‐'´v'_,..--、 .|§  .: : : :.|  
   | ト、>\ノ>   `‐f|r-、. ||l嫋嫋ヽt-=〒==-'t=-'
   ヽ八  ソ\    !|嫋|| l|嫋嫋嫋始!l |::}-'ィイイイ
     V/ ソ\  }|嫋|| |l嫋嫋嫋嫋|| |〈     
      `\   \/|嚠リ i 建嫋嫋嫋!| ヽヽ::::::::::::::
           \  Υ 込ノ 人`選選選リ  ヽス/ー―


511 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:14:43 ID:p/y38lw6
乙でした!

3本目がわからない…


512 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:15:37 ID:IJgkNEb6
乙ー

>>500

カツオと中島はわかった。マスオは該当者が結構いるので特定できんw


513 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:17:27 ID:/EHUiemg
趙高・鄭和・劉瑾?


514 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:17:34 ID:BX6teAkc
田中芳樹の小説で、むこうの伝奇を本案したヤツで、
「出世するために宦官になった」って主人公の話があった気がする。

乙でした。
そしてもう孔子がゼットンにしか……


515 :513:2010/03/13(土) 17:18:20 ID:/EHUiemg
あ、最後はロウアイだったかも


516 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:19:15 ID:5vUmO/gk
>>515
ティンコレンタルはそうも取れるね



518 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:21:41 ID:IJgkNEb6
>>514
それが明の劉瑾ですね。


519 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:34:03 ID:ydAIPYz.
みくるに運河工事させた理由がちょっとわからん
大司空クビにした時点で緯書の効果も切れた気がせんでもないのに
本気で治水ができると信じてたのか、
成功したら緯書の権威付けもできて儲けもん位に思ってたのか


521 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:45:39 ID:aYtLpSg2
これまでの登場人物

☆=新しく登場した人物
★=今回で退場した人物
●=既に退場した勢力、人物

【やる夫の一族】
劉秀(りゅうしゅう)やる夫=やる夫          光武帝、漢王朝の一族
陰麗華(いんれいか)=長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)  皇后、陰氏の娘
劉荘(りゅうそう)=大道雅(GA 芸術科アートデザインクラス) やる夫の第四子(母陰麗華) 皇太子、後の明帝
郭聖通(かくせいつう)=姫(怪物王女)       やる夫の妻、中山王太后
劉彊(りゅうきょう)=やる夫幼少時AA       やる夫の第一子(母郭聖通)  東海王
             リリエンタール(かしこい犬リリエンタール)
郭況(かくきょう)=フランドル(怪物王女)      郭聖通の弟
劉黄(りゅうこう)=草笛みつ(ローゼンメイデン)  やる夫の一番上の姉
● 來歙(らいきゅう)=やらない夫          やる夫の親戚、南陽の豪族
● 劉嘉(りゅうか)=セイバー(Fate)         漢王朝の一族、來歙の義弟
           邪神セイバー(出来損ないの中国製フィギュア)
晨(とうしん)=桜田ジュン(ローゼンメイデン)  やる夫の姉(劉元)の夫、南陽の大豪族
劉伯姫(りゅうはくき)=柿崎めぐ(ローゼンメイデン) やる夫の妹、李通の妻
● 李通(りつう)=キバヤシ(MMR)         南陽の大豪族、劉伯姫の夫
陰識(いんしょく)=キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)    陰麗華の兄
許夫人=松本梢江(グラップラー刃牙)        やる夫の妻
劉英(りゅうえい)=大仏       やる夫の第三子(母許夫人) ある宗教を信仰したことで有名
● 劉良(りゅうりょう)=やる夫派生キャラ(名前不明) やる夫や伯升の叔父
● 劉終(りゅうしゅう)=橋本崇載(将棋棋士)    春陵郷の一族
● 劉伯升(りゅうはくしょう)=ディオ・ブランドー(ジョジョの奇妙な冒険)やる夫の兄、反乱軍のリーダー
● 劉元(りゅうげん)=水銀橙(ローゼンメイデン)  やる夫の姉
● 樊嫺都(はんかんと)=ヒカルの母(ヒカルの碁) やる夫の母
● 劉仲(りゅうちゅう)=荒巻スカルチノフ       やる夫の兄
● 真紅(仮名)=真紅(ローゼンメイデン)      劉元と晨の娘
● 雀(仮名)=金糸雀(ローゼンメイデン)     劉元と晨の娘
● 翠(仮名)=翠星石(ローゼンメイデン)     劉元と晨の娘
● 來やらない子(仮名)=やらない子         來歙の妹、劉嘉の妻
● 劉稷(りゅうしょく)=ヴァニラ・アイス(クリーム)(ジョジョの奇妙な冒険) 春陵郷の一族


522 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:46:06 ID:aYtLpSg2
【やる夫の配下(1)】
禹(とうう)=涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱) 
         哈爾濱(北京五輪紹介パンフレット)
● 呉漢(ごかん)=海馬瀬人(遊☆戯☆王)        雲台二十八将 二位
賈復(かふく)=烈海王(グラップラー刃牙)
耿弇(こうえん)=赤木しげる(アカギ 闇に降り立った天才)

● 寇恂(こうじゅん)=至郎田正影(魔人探偵脳噛ネウロ) 雲台二十八将 五位
● 岑彭(しんほう)=阿部高和(くそみそテクニック)   雲台二十八将 六位
● 馮異(ふうい)=泉こなた(らきすた)           雲台二十八将 七位
朱祐(しゅゆう)=クマー                  やる夫・伯升とは、幼なじみ
● 祭遵(さいじゅん)=シモンちゃん (下妻市公式Webサイトより)  雲台二十八将 九位
            蝶野攻爵、パピヨン(武装錬金)
● 景丹(けいたん)=星野仙一(野球解説者)       雲台二十八将 十位
● 蓋延(こうえん)=虹村億泰(ジョジョの奇妙な冒険)  雲台二十八将 十一位
● 銚期(ちょうき)=松尾鯛雄(魁!!男塾)          雲台二十八将 十二位
● 耿純(こうじゅん)=新城直衛 (皇国の守護者)     雲台二十八将 十三位
臧宮 (ぞうきゅう)=道下正樹(くそみそテクニック)
馬武(ばぶ)=のまネコ
劉隆(りゅうりゅう)=糸色望(さよなら絶望先生)
馬成(ばせい)=高原美奈子(Theガッツ!)
● 王梁(おうりょう)=朝比奈みくる(涼宮ハルヒの憂鬱) 雲台二十八将 十八位
陳俊(ちんしゅん)=ツベ(ねじ式)
● 杜茂(とも)=吉川(GA 芸術科アートデザインクラス) 雲台二十八将 二十位
● 傅俊(ふしゅん)=広瀬康一(ジョジョの奇妙な冒険) 雲台二十八将 二十一位
堅鐔(けんたん)=海原雄山(美味しんぼ)
王覇(おうは)=坂田銀時(銀魂)
● 任光(じんこう)=保坂(みなみけ)             雲台二十八将 二十四位
李忠(りちゅう)=伊頭鬼作(鬼作)
● 萬脩(ばんしゅう)=宮藤芳佳(ストライクウィッチーズ)雲台二十八将 二十六位
● 邳彤(ひとう)=ジャムおじさん(アンパンマン)     雲台二十八将 二十七位
● 劉植(りゅうしょく)=高田社長(ジャパネ○トたか○の社長)雲台二十八将 二十八位


523 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:46:44 ID:aYtLpSg2
【やる夫の配下(2)】
馬援(ばえん)=井之頭五郎(孤独のグルメ)
耿舒(こうじょ)=東横桃子(咲-Saki-)       耿弇の弟
● 王常(おうじょう)=ラスカル(あらいぐまラスカル)
● 耿況(こうきょう)=黒沢(最強伝説 黒沢)   北方の辺境、幽州上谷郡の太守
卓茂(たくも)=ガーゴイル(吉永さん家のガーゴイル)
宋弘(そうこう)=松下由樹(女優)
★ 桓譚(かんたん)=平沢唯(けいおん!)
王遵(おうじゅん)=マーク・パンサー(globeのラップの人)
● 朱浮(しゅふ)=藤木茂(ちびまる子ちゃん)
● 伏隆(ふくりゅう)=トンファーパーマン    伏湛(未登場)の息子
● 孫咸(そんかん)=キュアパインの後姿(フレッシュプリキュア!)
竇融(とうゆう)=編集長(バクマン)
班彪(はんぴょう)=槐(ローゼンメイデン)
董宣(とうせん)=ヨハネ・クラウザーII世(デトロイト・メタル・シティ)

その他の勢力、人物
● 【公孫述】
● 公孫述(こうそんじゅつ)=できる夫        益州、蜀郡地方の実力者
● 公孫述の妻=銀(DARKER THAN BLACK 黒の契約者)
● 延岑(えんしん)=でっていう            各地を転戦する不屈の武将
● 田戎(でんじゅう)=池田華菜(咲-Saki-)
● 趙匡(ちょうきょう)=tanashinn
● 王元(おうげん)=山下達郎(歌手)

●【隗囂】
● 隗囂(かいごう)=小岩井よつば(よつばと!)  西方(涼州)の大豪族
● 行巡(こうじゅん)=aiko(歌手)

●【盧芳】
● 盧芳(ろほう)=雪華綺晶(ローゼンメイデン) 漢の皇族&匈奴王の血族を自称する并州北部の群雄
● 賈覧(からん)=ヴィネガー・ドッピオ(ジョジョの奇妙な冒険)

● [反乱軍、更始帝]
● 劉玄(りゅうげん)=野比のび太(ドラえもん)    更始帝、漢王朝の一族
● 朱鮪(しゅい)=ちゅるやさん(にょろーん ちゅるやさん)
● 李軼(りいつ)=いくお                 李通の従兄弟 
● 王匡(おうきょう)=流石兄弟
● 王鳳(おうほう)=流石兄弟
● 陳牧(ちんぼく)=やるえもん
● 張卬(ちょうごう)=アナゴさん(サザエさん)
● 李松(りしょう)=名前不明のやる夫派生キャラ   李軼、李通の従弟
● 申屠建(しんとけん)=バックベアード (アメリカの妖怪の一種。水木しげるの創作)
● 謝躬(しゃきゅう)=ロールパンナ(それいけ!アンパンマン)更始帝が河北に派遣した将軍
● 趙萌(ちょうぼう)=坪内地丹(かってに改蔵)    更始帝(劉玄)の義父
● 奉(とうほう)=オプーナ               晨の甥


524 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:47:05 ID:aYtLpSg2
● [新]
● 王莽(おうもう)=一条三位(水戸黄門)       『新』王朝の皇帝
● 王邑(おうゆう)=坂ノ上おじゃる丸(おじゃる丸)  『新』王朝の№2 王莽の従弟
● 荘尤(そうゆう)=藤原左為 (ヒカルの碁)     『新』王朝の将軍
● 王匡(おうきょう)=塔矢アキラ(ヒカルの碁)    王莽の親族
● 王尋(おうじん)=岩倉具視 卿(歴史上の人物AA) 『新』王朝の大司徒
● 廉丹(れんたん)=菊亭左大臣(水戸黄門)     『新』王朝の将軍
● 甄阜(しんふ)=ハートマン軍曹(フルメタル・ジャケット)『新』王朝南陽の前隊大夫(太守)
● 梁丘賜(りょうきゅうし)=サウザーの手下(北斗の拳) 『新』王朝南陽の屬正(都尉)
● 揚雄(ようゆう)=山中さわ子(けいおん!)
● 劉歆(りゅうきん)=唯の部屋にあったぬいぐるみ?(けいおん!)

● [赤眉軍]
● 樊崇(はんすう)=日下部みさお(らきすた)    「赤眉の乱」の指導者
● 逢安(ほうあん)=峰岸あやの(らきすた)
● 徐宣(じょせん)=黒井ななこ(らきすた)
● 劉盆子(りゅうぼんし)=天子(コードギアス 反逆のルルーシュ)
● 劉恭(りゅうきょう)=蒼星石(ローゼンメイデン)  更始帝の侍中、劉盆子の兄
● 謝禄(しゃろく)=小神あきら(らきすた)      赤眉軍の幹部
● 董憲(とうけん)=柊つかさ(らきすた)       元赤眉軍の幹部
● 廖湛(りょうたん)=do夫

● [劉子輿]
● 劉子輿(りゅうしよ)=白ボン(ボンバーマンシリーズ)  自称皇族の血縁者
● 劉林(りゅうりん)=高橋名人(ファミコン名人、ハドソン社員) 趙王の末裔
● 李育(りいく)=ロードランナー(ロードランナー)   劉子輿政権の大司馬(軍事のトップ)
● 倪宏(げいこう)=松永久秀(信長の野望シリーズ)   劉子輿政権の将軍

● [彭寵]
● 彭寵(ほうちょう)=伊藤誠(School Days)     北方の辺境、幽州漁陽の太守
● 彭寵の兵=桂言葉(School Days)
● 子密(しみつ)=秋山澪(けいおん!)        彭寵の奴隷

● [劉永]
● 劉永(りゅうえい)=BUTCHさん(iphone行列で話題になった人) 元・梁王の子
● 劉紆(りゅうう)=あいぼん(加護亜依)       劉永の息子
 
● [張歩、蘇茂]
● 張歩(ちょうほ)=鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)
● 張藍(ちょうらん)=芙蓉楓(SHUFFLE!)       張歩の弟
● 費邑(ひゆう)=宮崎都(BAMBOO BLADE)    張歩の大将軍
● 重異(じゅうい)=我妻由乃(未来日記)    張歩が帰属させた盗賊集団の元・首領
● 蘇茂(そも)=富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)

● [秦豊]
● 秦豊(しんぽう)=さくら友蔵(ちびまる子ちゃん) 荊州南部の群雄、楚の黎王を自称
● 秦豊の娘=さくらももこ(ちびまる子ちゃん)     延岑に嫁ぐ
● 張成(ちょうせい)=レオパルドン(キン肉マン)

● [徴姉妹]
● 徴側(チュン・チャク)=ナージャ・アップルフィールド(明日のナージャ)
● 徴弐(チュン・ニ)=ローズマリー(明日のナージャ)


525 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:47:31 ID:aYtLpSg2
【所属不明、小勢力、チョイ役】
『凌遅刑』店員=竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)
● 文官A=マンモスマン(キン肉マン)
● どこかの郡太守・高官=実装石(ふたば☆ちゃんねる)
● 謁者A=ラオウ(北斗の拳)
● 邳彤の妻早苗(仮)=古河 早苗(CLANNAD)
● 龐萌(ほうぼう)=ナギ(かんなぎ)
● 劉嬰(りゅうえい)=AAなし(墓の中)        前漢最後の実質的皇帝
● 劉楊(りゅうよう)=ドラキュラ(怪物くん)      冀州の元真定王
● 劉崇(りゅうすう)=骨川スネ夫(ドラえもん)    
● 李宝(りほう)=ガラハド(ロマンシング サ・ガ)   劉嘉の配下
● 呂母(りょぼ)=エンヤ婆(ジョジョの奇妙な冒険)
● 朱浮の妻=田井中律(けいおん!)
● 烏珠留若提単于(うしゅりゅうじゃくていぜんう)=高町なのは(魔法少女リリカルなのは)
● 監査役の役人=ハート(北斗の拳)
● 南陽の官憲=ピーポ君(警視庁のマスコットキャラクター)
● 劉平=ジャン・ピエール・ポルナレフ(ジョジョの奇妙な冒険)
● 更始帝の使者=中村紀洋(プロ野球選手)
● 盗賊A=[切腹]興毅(プロボクサー)
● 盗賊B=二岡智宏(プロ野球選手)
● 李季=ナワヤ(MMR)
● 巨無覇(きょむは)=和田アキ子(芸能人)     身長2.3メートルにも及ぶ巨人
● 紳々(しんしん)=島田伸助(芸能人)        新王朝の雑兵A
● 竜々(ろんろん)=シャオロン(中日ドラゴンズキャラクター)新王朝の雑兵B
● 捕虜A=永沢君男(ちびまる子ちゃん)
● 呂尚=太公望(封神演義)
● 韓信=ミギー(寄生獣)
● 楽毅=ゆの(ひだまりスケッチ)
● 孫武=緋村剣心(るろうに剣心)
● カナ(仮名)=金糸雀の改造AA           やる夫の姉、劉黄の蒼頭(奴隷)
おじじ(仮名)=柴崎元治(ローゼンメイデン)
かずき(仮名)=えなりかずき(芸能人)
袁安 =友兼(GA 芸術科アートデザインクラス)   官吏、後漢時代の名族袁氏の始祖
☆ 孔子=ゼットン(ウルトラマンシリーズ)
☆★ 玄宗皇帝=ルパン三世(ルパン三世


526 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:47:57 ID:aYtLpSg2
【解説・進行役】
ブローノ・ブチャラティ(ジョジョの奇妙な冒険)
ナランチャ・ギルガ(ジョジョの奇妙な冒険)

【ミニ幕間、特別編】
始皇帝=大ちゃんの改造AA             中国を統一した始めての皇帝
高祖=ちよちゃんのパパ(あずまんが大王)    やる夫の先祖、漢の初代皇帝
劉元(りゅうげん)=水銀橙(ローゼンメイデン)  やる夫の姉、本編退場後ミニ幕間に登場
司馬遷(しばせん)=夜神月(デスノート)     『史記』の作者
班昭(はんしょう)=薔薇水晶(ローゼンメイデン) 中国史上初の女性歴史家
曹操(そうそう)=ルルーシュ・ランペルージ(コードギアス 反逆のルルーシュ)
国淵(こくえん)=ジェレミア・ゴットバルト(コードギアス 反逆のルルーシュ)
彭越(ほうえつ)=タンノくん(南国少年パプワくん)
武帝(ぶてい)=シャルル・ジ・ブリタニア(コードギアス 反逆のルルーシュ)
湖南文山=パトリシア=マーティン(らきすた)  「通俗三国志」の訳者
称好軒徽庵(ショウコウケンキアン)=田村ひより(らきすた) 「通俗東漢紀事」の作者
蘇献(そけん)=ジャギ(北斗の拳)      中国の小説「全漢志伝」の登場人物(架空の人物)
厳光(げんこう)=柊かがみ(らきすた)   「全漢志伝」の登場人物。史実では、隠者として名を馳せた
范曄(はんよう)=シックス(魔人探偵脳噛ネウロ)  『後漢書』の作者の一人


527 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:49:00 ID:aYtLpSg2
>>1乙でした。
いつもの通り、人物表に間違いあれば指摘よろしくです。


528 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:52:43 ID:5vUmO/gk
人物表の人も乙。

>>519
大司空以前に大司馬孫咸の件で既に図讖をたたき台としつつもぶっちぎってるからなぁ。
当たると良いなくらいの期待と当たったら儲けもんってのとの両方かも。



529 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 17:59:26 ID:IJgkNEb6
本当に「信じていないけど利用している」だったら、トップには緯書通りの人を据えて、
その下に専門家を配置して、くらいはするんじゃないかなー。
当時のやる夫とその政府には、大土木工事を失敗に終わらせてもいい余裕は無かったろうし。


530 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 18:02:58 ID:5vUmO/gk
>>529
それなら大司馬の方に直接専門家を配置していることと矛盾しないかい?
実際には専門家と言える人が居なかったということだと思うけど。
問題となったのは測量ミスだし。


531 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 18:09:51 ID:A9gKUR9s
人物表の方、
今回も乙です。

自分でやっといてなんですが、

孔子=ゼットンって

すごい字ズラだな……


532 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 18:14:50 ID:BX6teAkc
ナニをいまさらw


533 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 18:14:55 ID:hvgwfTEg
韓信=ミギーも眺めて1秒でお茶吹く


534 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/03/13(土) 18:15:28 ID:A9gKUR9s
 

   治水工事を王梁にまかせた件



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l  この件のせいで、「やる夫は最初から緯書なんて信じてなかった」
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! と言い切れなくて難儀するわけですよ。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l      
 `ー-、」    '  i_ノ  「桓譚の『新論』を読んだ時点では信じてなかった」としか言えない。
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


535 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 18:18:36 ID:hvgwfTEg
まあアイツなら失敗はしないだろ的な

だったら緯書どおりにしといたほうが緯書の権威付けになってウマーみたいな


536 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 18:26:22 ID:BX6teAkc
まあ絶対的な権力持ってる君主とはいえ、
人事はあちこちの調整とか派閥とかしがらみあるから、
「何であいつをあのポジションに」ってのは、
ヨソからはよくわからないしねえ


537 :sage:2010/03/13(土) 18:42:38 ID:K18w4VKg
最初はやっぱ信じてたんじゃねーの?
過去の偉い人なら本当に予言できるかも?みたいな。

でも、国内統一する中での色々な経験から、
「予言とか信じても良い事ねえかも」になったんじゃね。


538 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 19:03:24 ID:aRGvgWKA
>>535
俺も同意
「畑違いの分野だがアイツなら上手くこなすだろう」と見切り発車したが
現実はそんなに甘くなかったという事では


539 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 19:07:24 ID:VaOCnCBw
ぶっちゃけ誰でも良かったから参考にしてみた
今は後悔している
航海で徐福を思い浮かべたのは異端だろうか


540 :名無しのやる夫だお:2010/03/13(土) 20:00:36 ID:ib1hqF1Q
みくるビームでなんとか治水してくれるとおもったんじゃね?


549 :名無しのやる夫だお:2010/03/14(日) 22:55:56 ID:x/CKWacE
どこのアイランズだw


550 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 03:30:54 ID:8O9JFqsI
去勢すると男性ホルモンが下がってカマっぽくなるっていうよね。(ソースは項羽と劉邦)
でもシグルイの牛股師範とか玉無しでもムキムキだったよな…


551 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 10:12:18 ID:xEcGfx.U
シグルイはフィクションだろうがw


552 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 10:24:34 ID:EYnorTYg
日本じゃ知られてないけど、宦官(去勢)で武将とか武勇に優れた人って世界史レベルだどそれなりにいます。
中国史とビザンツ史、エジプト史なんか見るとそれなりに。

まあ個人差もあることだから一概には言えませんけど。


553 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 10:42:35 ID:Mjt.sg9w
武勇に優れた宦官…ナルセスぐらいしか知らないな。


554 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 14:31:07 ID:hvf9fFOA
宦官って、大陸人キモイというイメージしかわかん
つか、同じ失敗を何度も繰り返してる中華は普通に野蛮国だろ、常識的に


555 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 15:20:13 ID:At0l3BoU
男性ホルモンは睾丸だけじゃなくて脇の下あたりでも作られてるから
宦官=なよなよってわけでもない。
ヒゲの生えてた宦官もいたらしいし。


556 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 15:27:21 ID:X2NkAYRw
鄭和も確か宦官だったな


557 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 15:43:35 ID:i2UAYt.k
前秦の宦官・張?みたいな大男で武勇に優れた人物もいた。
文化だと紙を大成した後漢の宦官・蔡倫とかね。
中国や宦官の悪口さえその発明品に頼らないと書けない、という皮肉な話が。


558 :名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 15:45:02 ID:6Z5PepQ2
>>554
反論すると、同じ失敗を「何度も繰り返すから野蛮」では発展性が無い上に論理的に繋がっていない。
じゃあそんな野蛮な国家に文化的にも政治的にも後進的な存在だったわが国は何なんだろうね。
野蛮国家の歴史書で学んだはずなのに、外戚に実権握られたり武人に政権を取られたり、同じ失敗を犯している日本人は類人猿以下の存在だね。

そういうのは、何故時代が進んでも王朝の滅亡理由が似通っているのかというところに法則性を見出すべき。先進的な国家かどうかとは別問題。
宦官についても述べたいけど長くなるからやめとく。中英板にいって議論しましょう。1日1レスあればいい方だけど。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/4-45c2debb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。