やる夫が光武帝になるようです 第十二章「王莽最期」

ここでは、「やる夫が光武帝になるようです 第十二章「王莽最期」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
736 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:02:25.65 ID:b61PiFEo



         | ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
         l、__;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ,'三ニ' ̄`¨` ''ー-'-一'' "¨゙´ ̄三三{
        l三ミ   ∠三)   (三ヽ   ィ三三!
        l三シ′  . :: .     . :: .   ヾ三三}
        i^l三   _,-‐-、     , -- 、  'ミ三ム
       ','l三   ,ィ'でoゝ、:  :. ,ィ'でoュ、  '三/i ',
        Yヾ'   ミ三テ' /  ', ヾ三彡'   l::/ il ,!
          l ',;i      .:   :.       l:lソノ/
        丶イ     ,ィ    ヽ        l:l /
         li,      / `^'ー'^'丶     l:し'
          ',       し        jノ
            ヽ    ,r===、       ハ、
             ヽ   K!::::::::l,}     ,ィ' リ ト、
           ,小、' , l:.L::::ノノ  ,. ' ,/ l/ /:.ヽ
         , -/ ll ヽ',ヽ'二'ン ,:' ,// /:.:.:.:.ヽ- 、、
       _,/イ:.:.:ヽ 丶.,__,,. ノ /  ,/:.:.:.:.:.:.:.:.ノ l
  ,,. -‐ ''"´{、 ヾ、:.:.:.:丶、     /  /:.:.:.:.:., - '" /` 丶、
'"´      {`丶、` ' ‐ゝヽ,__,∠ -―'一 ''"´  /    `丶、、
       ヽ、  `` ' ー―-----―― ''"´ _,, - '"         `丶、
         ` ` ' ――-------―― '' ´               \


漢王朝を開いた『項羽と劉邦』の劉邦、蜀漢の皇帝となった『三国志』の劉備。
日本でも有名なこの二人に比べて、今ひとつ知名度が低い後漢王朝の祖、光武帝劉秀。

このスレは、その光武帝を主人公とした物語です。

ソースは『後漢書』、各種研究文献、通俗二十一史など。塚本光武帝は終わってから読む予定。

基本的に史実に沿った展開ですが、拡大解釈や記述のない部分での創作は含んでいます。




739 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:02:58.95 ID:b61PiFEo



「やる夫観察日記」様でまとめていただいてます。

第一章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

第二章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-342.html

第三章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-343.html

第四章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-382.html

第五章  http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-393.html

第六章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-429.html

第七章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-454.html

第八章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-530.html

第九章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-549.html

第十章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-604.html

第十一章 http://jump.vip2ch.com/http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-611.html
 
こちらでも 紹介されています。

やる夫見聞録様    http://jump.vip2ch.com/http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html 


741 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:04:14.65 ID:b61PiFEo

        王莽 字・巨君は 紀元前45年、

        時の皇帝の皇后の甥として、この世に生を受けた。


            ____
         /;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;: 丶
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;\
        |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_|
        |____|____|  オギャーでおじゃる
     // |彡  ≡    ≡  ミ|
    (  ( (6  <○)   (○> 9)  
    ノ ヽ \ |    。⌒。   |   
   イ 人 \ \   ┌-┐  ノ  
/ λ   ヽ   ` 、/)_ ̄__ノ ̄`,
ζ (     ヾ  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄U
                  ̄- 
      王莽(乳児期)


742 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:04:35.35 ID:b61PiFEo

         _,,.-''-、
        ,.-'"  ',' ヽ
       |;:;_:;:_;:;:;::l:;_;;:;:|
      .|;:;_:;:_;:;:;::l:;_;;:;;:|   烏帽子が大きいでおじゃる……
     ..|;:;_:;:_;:;;:;::l:;_;;:;;:|
     .|;:;:_:;:_;:;;:;::l:;_;:;:;;:|    
     |_____|__|     
        |し  |           
        し⌒ J

    王莽(幼児期)


743 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:04:51.36 ID:Y1qGa2Yo
生まれた時からウゼェwwww

745 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:05:19.60 ID:Relxk3Eo
幼児期は可愛いww

744 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:05:15.35 ID:b61PiFEo

     皇帝の親族として一族の多くが列侯に封じられ

     栄華を競う中、王莽は父が早死にしたせいもあってか、
     
     比較的冷遇された立場にあった。

           i|||||ミ,' ./           ',ミl|l|l|l|l|l|l|l}l|
          /⌒V  |  / ̄ ̄`     ,_',リ|l|l|l|l|l|l||l|
          { l  ,'  |  ニニニヾ       i|リ/l||l|l|l|l|l|
          ヽ   i  |  卞O≧   ,  ___|リ|l|l|l|l|l|l|l|l|
           |ハ   |     ̄    l  ≦O|>/l|||/`,||l
           ||||||!   |         l    リ l|l|l /|l|l
        ___||||||l         ^ ^    / ///|l|l||l
    _,,.-‐''"   ||||||ハ    ,' _,,.-‐ー-、 :    /' ,'l|l|l|l|l|l|
_,,.-‐''"       ||// ∧    ヽ、 ̄ ̄ >,'  / /l|l|l|l|l|l|l|
          ノ∧ | \    丶ニニ/   //l|l|l|l|l|l|l|l|    オメェの領土ねーから!
          /   l    \        /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l l|
         /    l     \,   ,. < /l|l|l|l|l|l|l|l|l| リ


746 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:05:38.68 ID:b61PiFEo

           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
             |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
          |_____|____|
          /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
         j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
         |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }  うう……麻呂も出世したいでおじゃる……
         レ:.:.:|:!:イ.f㍉:|  ヽl.f㍉∨:i: レ  
         |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)| 
         lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: | 
          |:.:|:. :|ヽ、  _   .イ:j:l |: |   
          Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j  
               ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ  
                | \、//:::Vj
                トイ://::::::::::Vj
       ___z―.|::::/:/::::i::::::::: Vj
      /       |:::ハ ::::::::::::::l::::::::::ハ
       {_      ..|:::::::{::::::::::::::::::l:::::::/:',
       乂_:/三三V:::::::I ̄ ̄ ̄l:::::::::::::ハ
        イ/  /7::::::::::::Iニニニl:::::::::/::::',
         /   ィ7_/::::::::::::_ム/::::::|::::::::::::::::::ヽ-、
       / イ  j .V`:::::::::::∠:::::::::、::l:::::::::::::::::::::::: \
     /.  ´ {  l ム::::::::::::/::::::::::::::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::}
      {.     >'ー' ー/::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::/ 
     ヽ ‐ ¨ ヽ__ノ  ,./::::::::::::::::::::::::_..j:::::::::::::::::::::∠.\
            〈_ //::::::::::> ¨    T -r‐く_)..  \
               / ̄ ̄       /  ヽ-'ヽ      ハ
            {.    _ -  ¨7_, イ   ...\\  、ノ

          王莽(少年期)

748 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:06:11.02 ID:Y1qGa2Yo
なんでこんな可愛い子があんなことにwwwwww

747 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:06:01.70 ID:b61PiFEo

     そんな折、大将軍の地位にあった叔父の一人が病に倒れた。
         
     
         , --==‐~-へ__,,,,--- 、
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
        ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ,/;;;;;;;;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ       \:::;::;;;|  ゲッソリ
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳   ~~~~~~~   ヽ;;;;ル 
      |;;;;;;;;;;;;;;イ::.  / ~~~~~~ \  |シ从 
       );;;;;;;;|::::::  -(●)ヽ / (●)- |
       ヒi_,|:::::::::::::  ̄   l   ̄   |  
      从从/ヽ:::::::::\ ,  ∨ 、 /ノ
        从从\|   i  .ー===-' i  l
          ノ从ヘ   !    ̄  !  /
            .. ̄\___/ ̄.   
          __,―〈;   ̄  ;ゝー、__
        /: ̄              ̄ヽ
        {::::                }
       {:::: λ     .´         }
       .|   |;ト -   ^ ^  ー- | ヽ   }
       .|   | ト ー     ー‐-|  ヽ  }
 

749 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:06:22.09 ID:b61PiFEo

           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
             |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
          |_____|____|    寒いでおじゃるか?
          /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
         j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!   麻呂の肌で温めてさしあげるでおじゃる……
         |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  } 
         レ:.:.:|:!:イ.f㍉:|  ヽl.f㍉∨:i: レ  
         |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)| 
         lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: | 
          |:.:|:. :|ヽ、  _   .イ:j:l |: |   
          Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j  
               ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ  
                | \、//:::Vj
                トイ://::::::::::Vj

   王莽は懸命に看病し、そのことで叔父に気に入られ、出世の糸口を得る。 

750 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:06:34.86 ID:gEKay4Y0
少年期で成長止まればよかったのに

751 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:06:57.79 ID:Relxk3Eo
少年期から現在までにナニがあったww

752 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:07:03.86 ID:b61PiFEo

           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|    
             |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
          |_____|____|    麻呂は親切で看病しただけなのに、
          /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
         j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
         |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }   そんなに賞賛されるなんて……
         レ:.:.:|:!:イ.f㍉:|  ヽl.f㍉∨:i: レ  
         |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)| 
         lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: | 
          |:.:|:. :|ヽ、  _   .イ:j:l |: |   
          Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j  
               ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ  
                | \、//:::Vj
                トイ://::::::::::Vj


       親族への孝行から立身に成功した王莽は、

       その評価をくれた儒教の教えに、次第に傾倒していくことになる。


753 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:07:32.87 ID:b61PiFEo

   ("ヾ/ /_          |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
   rゝミXッ' )         |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|     儒教 イズ ジャスティス!
   ,(ニミ、'^ヾ"        |______|_____|
   f-、_)  }、       /: : ::/: /: :l: : :: : :: : :: : :i: : :: : ::\
   7ゝ<_ / 丶     /i: i: :/ /: : l: : :l:i: : l: i: i: :l: : :i:v}: : }
  ,lミlミハ'"  丶.   //i: :l: :l:/: ::/l: : :|:l: : l: l: i: ::l: : : V:}: : l  孔子の教えに逆らう者は、
  lミlミl i,   丶  ||: i: :l: :lへ、_|l: : l:|: : :l:ハ: l: : |l: : :{V}: :: l
  ,lミlミl  'i,    丶  | i: :l: ::|<Tテぇi::| H土廿:ト: :l:l: : :トイ: : l
  lミlミl  ヽ     丶 l i: : l::トi. |i::;| i:|  "{゚:::::トVl:l: : :ムイ: : l   麻呂が斬り捨ててくれる!
  ``トイ  丶     \li: : :l:レ ~  `   |iにゾ/ l: :/`トヘ:/
   ゞハ   丶   ,r',ニ li: : l::|  "      ̄ /: :l: :レイ|〉\
    f=l    \//'"^`l: :l: :|:\ ヽ      /: :/: /: /:||  〉〉 
    ヾト、   //   /l:∧ハVハヽ _ , - ' //:/: /::/ // ノノ
     {l ヽ  / /    / /リ リ レ -.ク   / /イく"  レ  V
     \ / /    / /  / '"´,ィゝ-ィ":./,r-,ニ`ヽ
       ,l ,l    ,'  /  ,/  /{i _, ‐'"/ / ,.-‐-、!l丶
         l l    l  l   /  /      / /'´    ヽ ヽ
       l l      l  /  イ      /       ヽ ヽ
      ノ     l  l    ノi,     /        ヽ ヽ
      /     j ,l ,ゝ- 、、_l__,, ィ"   ⌒ヽ、  lト、ヽ
     ,l     l ,l f        ,.: .:'"^ヽ  ミ<、_ヽ j ヽ l


755 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:08:04.51 ID:Y1qGa2Yo
のめり込みすぎちゃったか~

754 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:08:00.72 ID:b61PiFEo






       .. -―''" ̄::::::: :::: ::::: ::: ::::::: :ヽ..
     / ... ... .:::::..:::::.::::|:: ::: :::: :: ::: ::: ::: :: ``\
    /. .. .. .. :....::....::::.:::.:::|::::::::::::.:::.:::.:.::: :: :: : :: :: :ヽ
   /.. . /. .......:::.::::.:::.:::::::::::|::::::::::.:::::ヽ:::.:::::.::::.:.:: ::: : :::ハ
.  /.〃/.:.:./:.::::.:::::::;::::|::::.:/|::::.:::::::.| \:::.::::.::::: : :: : ::::|
.  |/ /.:.:.:.:|::.:.:.:.:.::/::::/ |::.::: ::::|   `_::::::::::: : : :: |
.   ,'.: .:::.:.|:.::::::.:::厂 ̄丁` |:::.::::.::|   ̄ \ ̄::|:: : :: ::|
  |.::::::::.|::.::::::::|:  二   \::.:::|   _  \::|::: :: :: |
   |..:.::::::ハ.::::::.:|/γ:::`ト   \| 彳 ̄.`ド ::.:|:: ::::: :|      ……兄上。
  |  ∧:::\:::|ヾ〈:: ..::::|       |::.. ...:::| |::::.!:::::::::八
.   | ./ ヽ|::.::`:  ヽ辷ノ      弋:::::..:ノ..|::::::::.::.:/:「
   ∨   .|::.:::::::|       .      ̄  ,|::.:.:::::/:、|     儒教について、質問がある。
          |::.::::八         _      /::.:::/
        |ト、::::::::>- ..__         _..〃:/
.         ∥ \::::   ,r=ァ― T<´ //



756 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:08:23.63 ID:b61PiFEo

               _..-――-- ..._
       .. -―''" ̄::::::: :::: ::::: ::: ::::::: :ヽ..
     / ... ... .:::::..:::::.::::|:: ::: :::: :: ::: ::: ::: :: ``\
    /. .. .. .. :....::....::::.:::.:::|::::::::::::.:::.:::.:.::: :: :: : :: :: :ヽ
   /.. . /. .......:::.::::.:::.:::::::::::|::::::::::.:::::ヽ:::.:::::.::::.:.:: ::: : :::ハ
.  /.〃/.:.:./:.::::.:::::::;::::|::::.:/|::::.:::::::.| \:::.::::.::::: : :: : ::::|
.  |/ /.:.:.:.:|::.:.:.:.:.::/::::/ |::.::: ::::|   `_::::::::::: : : :: |
.   ,'.: .:::.:.|:.::::::.:::厂 ̄丁` |:::.::::.::|   ̄ \ ̄::|:: : :: ::|
  |.::::::::.|::.::::::::|:  二   \::.:::|   _  \::|::: :: :: |
   |..:.::::::ハ.::::::.:|/γ:::`ト   \| 彳 ̄.`ド ::.:|:: ::::: :|      
  |  ∧:::\:::|ヾ〈:: ..::::|       |::.. ...:::| |::::.!:::::::::八
.   | ./ ヽ|::.::`:  ヽ辷ノ      弋:::::..:ノ..|::::::::.::.:/:「
   ∨   .|::.:::::::|       .      ̄  ,|::.:.:::::/:、|
          |::.::::八         _      /::.:::/
        |ト、::::::::>- ..__         _..〃:/


     陰麗華(いんれいか)  第五章以来の登場。

     南陽の名門、陰氏の娘で、南陽一とうたわれる美少女。

     やる夫がセクロスしたくてたまらない相手。

757 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:08:39.21 ID:b61PiFEo

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,  何だよ 藪から棒に。
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l  解説役の仕事を奪うつもりか?
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |


759 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:10:36.83 ID:b61PiFEo

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |



 陰識(いんしょく)  陰麗華の兄。 同じく、五章以来の登場。


761 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:10:53.71 ID:b61PiFEo

           __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \   うん。
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//
        ` レヽ ! ̄   ' └' //   
          `ヘ |>、  ‐   , イ/
            ,∨- ≧ー≦´W     
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__  
         /::::\ , ――┘、/, ―‐┤
         /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、
         /::::::::::::レ┐    |  |   {  l
         〈:::_/::{  ]    |  |  └,ヘ
       /::´::::::::::>ー'    │ !     !::}
        {::::::::::/::|_____|_|_, ---':ソ
       `ー‐フ:::::::::::::::|/廾、ヽ:::|`ー‐ ´
          /:::::::::::::::::|∨| || V::::|
           l:::::::::::::::::::| ̄| || |:::::::〉
         >┴┴┴'   VV┴ ヘ

 
      ((
    '´ /ニ゙ヽ   ソンナー
   li 从ハ)ソ 
   ゞ;,,TДT)  
   
762 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:11:16.58 ID:b61PiFEo

           __, -──- 、
        / /        `ヽ    儒教に興味をそそられて、
          / ,'           \   
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ  代表的な書物に目を通してみた。
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }  でも、これらの書物と、
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//    予言を重視する王莽の態度とは、
        ` レヽ ! ̄   ' └' //   
          `ヘ |>、  ‐   , イ/      隔たりがあるように思われてならない……
            ,∨- ≧ー≦´W     
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__  


        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ, ああ、それはだな……
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/  そういう本には、儒教の別の部分が
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ   載ってないからだよ。
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i  
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |
                        

 陰識は反乱軍の挙兵寸前まで、長安で学んでいた。

 この時代、上流階級の「学問」とは儒教のことを指す。


764 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:11:36.58 ID:b61PiFEo

       _, -‐-、___
     /  `   ` _ )
   / ̄  _,,ニ=‐─'´ー''',、     そもそも、孔子なんてお方は
   ゝ-┬l;;;        ヽ
    l// |;;         _l    五百年も前の人間なんだ。
    l ,./;;   (ニ=、  , ,=ニ
   /イr'ヽ;   ー=o、', ', ro'l    その教えを今の時代で
   ノ/ l l、!l   `'''''  ヽ`´!
  . レ  〉、`ヽ     ノー-‐' l    解釈すると、
      lゝノ''l    ,イメ三ヾ、!
     /、 l ヽ   〃 ,,, リ,,/l!    色々ノイズが入ってしまう。
   , -l:::ヽヽ、 ヽ、,l!___l;;;;;;;;;lヽ、
  ´   l::::::ヽ ヽ`ー─ヽ;;;;;;l::l `''ー、_
     ヽ::::::::ヽ ヽ_/ヽ;;l::lヽ
     ヽ:::::::::::ヽヽ__/'´;;;;l!:/ ヽ

765 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:12:00.73 ID:b61PiFEo


  弾圧や、冷遇もあったしな。


  儒者を大量に生き埋めにした皇帝とか……

 

       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ        えー?
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \      誰のことー?
       :::::::::     \,, ,,/        .|    
        |::::::::::     \   /     | 
       |:::::::::::::::::    ___  u    |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   
       /                \     
       |  |             |  |
       \ \            .|  |    
    ( ̄ ̄( ヽ _)      ヽ    (___ノ\
     \ (´`ゝ         )      `) \
      \~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄ ̄    )

          始皇帝

766 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:12:09.63 ID:RwMNypgo
ほう

768 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:12:24.49 ID:Y1qGa2Yo
アイキャンフラーイ

767 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:12:16.74 ID:b61PiFEo

儒者を毛嫌いして、儒者の冠の中に小便した皇帝とかな…



      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
     イ二二二二二二二二二二イ   そ、そんなん したかなー?    
       ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
.        i   ,.>、;/ー- 、    l
       ! ∠.._;'____\   |     
   ∩  ,!イi´ー`> <´ー`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄    |\ ヽ、
.   | |\ |    !.ノ   u    | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´
     \|               |
      |              | |
       |               | |
      .|               | |
      |               l ∪
       |              /
      \           ./


        劉邦

769 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:12:38.53 ID:b61PiFEo


      ,. ―――- 、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ、. 
   /.:.:.:.:.:.:.:∧.:∧.:∧.:.:.:.ヽ.  今の時代、残ってるのは
.  /.:イ.:.:.:.:l/ V V ヽ.:.:.N.
   Vl,. ィ.:.:.|  ̄゛   ̄ヽ.:.|   断片的な資料ばかりだ。
    | |.:.:.| ´ ̄ l  ̄  V|
    ゝ」.:.:.|    ヽ   |.:.|   熱心な学者たちは、
     ト.N    ´  ル.
.     |. ヽ  ―  /     目を皿のようにして、
     」、 ヽ、_/
   イ´|  ヽ、__」        僅かな記述から
 /: :|: : ト、 /::ヽト-、.
/: : : :|: : :ヽ Vゝ;;;;人|: :ト、    孔子の考えを読み取ろうとする。
: : : : |: : : :ヽ  /::::| |: : |: :ヽ、
: : : : |_; : ヽ /:::::::| | 、: 〉: :ヽ
: : : : : :/: : :V:::::::::V: :Y: : : : :|  すると、どうなる?
: : : : : \: : : :ヽ:::::::|: : : : 〉: : : |.
: : : : : : : :\: : :ヽ:::|: : : :/: : : : :|
 
770 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:12:54.15 ID:b61PiFEo

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   どうなるんだ?
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  

771 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:13:12.80 ID:b61PiFEo

     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ 予言じゃ!この本は予言じゃ! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////


   /三ミミ、y;)ヽ
   /三 ミミ、ソノノ、ヾ、}  孔先生は未来を見通す力を持っていたの!
   ,':,' __  `´ __ `Y:}
   }::! { : :`、 ,´: : j !:!
   {:|‐=・=‐ i !‐=・=‐|:}  信じないと地獄に落ちるわよ。
  r(   / しヘ、  )j
  g !  ` !-=‐!´ ,ノg
    \._ヽ _´_ノ ソ
  __,/ ヽー ,/\___
  |.:::::.《  ヽー/  》.::.〈
 //.:::.`\      /'.:::.ヽ\

773 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:13:33.64 ID:Y1qGa2Yo
ノストラ大先生みたいwwwwww

772 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:13:31.20 ID:b61PiFEo

        , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \    なるほど。
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ  創始者の神格化。資料の不足。
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{    それら諸条件により、
     ´ W^{ゝヘ ハ.   _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\    記述に神秘性を求めるようになる……
          リ朽\!`{7|:: ::>ミ;>,


774 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:13:52.94 ID:b61PiFEo

      _ -‐  ´  ̄  丶、
     /           \   そんなわけで、孔子の教えを予言として解釈した本や、
   /          、     ヽ
 _/   ,/`ハ ,、 |\ト ヽ     ',  どこからか掘り出されてきた「孔子のおことば」が
 7,、  l" \ V ヽl _ -‐ ', ト  !
  〈 l`    ゙     ´    V       学問としての儒教に混ざっていくことになる。
  ^l '´≧、     r≦´` l    /
   r!  l、:::j     l、:::リ  l /⌒i    その結果、宗教としての儒教が誕生したわけだ。
  リ!   ̄        ̄   l/' /
   lヘ           /7´
    \ _  r,     /l/
       

.     _
   /:.:.:.:.:.:.:ヽ、 「鬼神を敬して之を遠ざく」なんて 孔子の言葉も伝わってるのに、
.  /イ:.:/VVヽ:.ヾ
  Y l:|.ニ ニV  皮肉な話だよな。
.  ヽl:|  〉 l|
    N、-  ル.
  イト,ヽ T
.  l ヽVニ|`ト、.
.  |_  V V 」 ヽ
   <  l | 〉 |.
   \ V /  |

775 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:14:45.01 ID:b61PiFEo


    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',   ちなみに、こうした予言書のことを、
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   「緯書」(いしょ)と言う。
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l   「緯」は地図の「緯度」と同じで「横」を
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ   意味する。
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l 
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/    儒教という思想の「よこ糸」を構成する書物というわけだ。
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ      
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l


776 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:15:00.14 ID:b61PiFEo

           __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \  その思想というか宗教に、
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ 王莽は飲み込まれてしまったと?
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//
        ` レヽ ! ̄   ' └' //   
          `ヘ |>、  ‐   , イ/
            ,∨- ≧ー≦´W     
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__  
         /::::\ , ――┘、/, ―‐┤
         /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、
         /::::::::::::レ┐    |  |   {  l
         〈:::_/::{  ]    |  |  └,ヘ

777 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:15:22.84 ID:b61PiFEo

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.  正確には、その宗教をおべっかに使おうとする
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ, 
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l 馬鹿どもにだ。
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/  王莽に都合のいい予言書を偽造する輩が
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ   次々に現われ、
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、      王莽は、次第に現実と妄想の区別もつかなくなった……
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i  
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |


778 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:15:43.27 ID:b61PiFEo


        , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'  では、王莽は予言の類を利用しているというより、
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ   盲信していると考えるべき?
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{   
     ´ W^{ゝヘ ハ.   _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:: ::>ミ;>,


               _ -‐  ´  ̄  丶、    だろうな。 この追い詰められたときに、
              /           \
             /          、     ヽ  シラフとは思えないことやってるらしいからな……
           _/   ,/`ハ ,、 |\ト ヽ     ',  
            7,、  l" \ V ヽl _ -‐ ', ト  ! 儒教を、信じきってるんだよ。
              〈 l`    ゙     ´    V     !
              ^l '´≧、     r≦´` l    /
                r!  l、:::j     l、:::リ  l /⌒i
             リ!   ̄        ̄   l/' /
            lヘ           /7´
               \ _  r,     /l/

779 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:15:51.59 ID:HiCw1GMo
そっか 儒教が宗教の代わりだったんだ
なんか中国史ってあんま宗教と縁がない印象だったけどそうじゃなかったんだ

780 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:16:00.42 ID:b61PiFEo

         | ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
         l、__;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ,'  ,' ̄`¨` ''ー-'-一'' "¨゙´ ̄',   { びいええええええ!
        l  ヽ   ∠三)   (三ヽ   ィ   !
        l  ,'′  . :: .     . :: .   ヽ   }
        i^l  ;   _,-‐-、     , -- 、  '   ム  びいええええええ!
       ','l ,'   ,ィ' ̄`ゝ、:  :. ,ィ' ̄`ュ、  '  /i ',
        Yヾ'   ミ三テ' /  ', ヾ三彡'   l / il ,!
          l ',;i      .:   :.       l lソノ/
        丶イ     ,ィ    ヽ        l l /
         li,      / `^'ー'^'丶     l し'
          ',       し        jノ
            ヽ    ,r===、       ハ、
             ヽ   K!::::::::l,}     ,ィ' リ ト、
           ,小、' , l:.L::::ノノ  ,. ' ,/ l/ /:.ヽ
         , -/ ll ヽ',ヽ'二'ン ,:' ,// /:.:.:.:.ヽ- 、、
       _,/イ:.:.:ヽ 丶.,__,,. ノ /  ,/:.:.:.:.:.:.:.:.ノ l
  ,,. -‐ ''"´{、 ヾ、:.:.:.:丶、     /  /:.:.:.:.:., - '" /` 丶、
'"´      {`丶、` ' ‐ゝヽ,__,∠ -―'一 ''"´  /    `丶、、
       ヽ、  `` ' ー―-----―― ''"´ _,, - '"         `丶、
         ` ` ' ――-------―― '' ´               \

               王莽(現在)


781 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:16:25.86 ID:Y1qGa2Yo
いきなり来られると怖いよwwww

782 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:16:34.76 ID:b61PiFEo

     昆陽の大敗を知った王莽が行ったこと。

     それは、『周礼』という書物の記述に

     「国の災いには泣いて(天に)助けを請う」とあるのに従い、

     大勢で空に向かって泣くことだった。
   
     悲しみ方が激しかった者は側近に取り立てられ、

     側近が五千人を超えたという。


783 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:16:50.98 ID:b61PiFEo

           __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \   なるほど、疑問が解消された。
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }   
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//
        ` レヽ ! ̄   ' └' //   
          `ヘ |>、  ‐   , イ/
            ,∨- ≧ー≦´W     
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__  
         /::::\ , ――┘、/, ―‐┤
         /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、
         /::::::::::::レ┐    |  |   {  l
         〈:::_/::{  ]    |  |  └,ヘ
 
784 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:17:19.90 ID:b61PiFEo

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,  けどお前、なんでそんなに熱心なんだ……?
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/  
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ   
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i  
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |



785 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:17:35.65 ID:b61PiFEo

              _, -‐--....、
           /..:::::::::::::::::::::::::::.ヽ
              / .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
          /..:.:.:.:.::::/:::;i:::::,|:::::l:::::;::::::.ヽ
          l::::::l::::::/l::/ |::/{::/|::;/l::}:;::;::i
          l/i::l:::N`|メ、_|ム|/.,j/レ|::|::ト!
          f^i:::l ''ZTー   ィ'Zト.|::|::レ'^ヽ、
     ,...-',,⌒ゞミ、l::|.      l   l::!Y::::::::::::::.ヽ、        ───って
    /::/..::::::::::::..ヽl_      〉   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、  f===r  ,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ      そうか!
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、L_,,リ /:>:l/:::/
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ ー - ,,,__  _   あの申し込みがあったからか!
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐'゙           //   ヽ
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \___        /  お前、案外可愛いとこあるな……!
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\

786 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:17:51.19 ID:b61PiFEo

                _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ   ……
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',  ばか。
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!
              ヾl、',:.:.:.!///     /// /::/
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'   


787 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:19:14.99 ID:b61PiFEo

  さて、その頃の更始政権。


   劉伯升を葬った後、

   更始政権は王莽打倒に向けて動き始めた。


    , ─ 、      
  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵   さっさと長安を攻めようよ!
    |   |/ ______ヽ  /^)、  
    |   |  | ノ ⌒ヽ⌒ヽ| /⊃ヽ_) 
    |   |  |─|  >|< |/  _ノ   他の奴らに手柄を取られたくないよ!
    |__|⌒  `ー  o ー| /    
    |   |、  /⌒ー──つ/     
   |  |ヘ ヽ、(二)ノ</       
    |  \/\//         
    /       /          


788 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:19:37.67 ID:b61PiFEo

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   そうですねにょろ。
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  どさくさにまぎれて蜂起する奴らに、
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
          ヽ|l ー   ●  | .|ノ│  功を成さしめるのは確かに不本意っさ。
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |  
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


791 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:20:04.88 ID:b61PiFEo


:                                                    ]          
:                                                    く、         
:                                                     `i、   <エン州>    
                                         洛陽            ゙l、       
                                                      │       
                                         ○               |        
                                                  w====i、、       
                 <司隷>                      」''゚`ヘ-----″    `\      
                                         y-i、  │            ゙l、     
●長安                                ,-''''° │ l゙             ヽ     ,r
                                    ,i´    ヽ,,i´                 '!,  ,/ 
                                    │     ´ ゙l、              ヽィ〃 
                                   l゙        l       <予州>            
                                   ゙'k、      \、                 
         ,,,,,,,,,,,,,_                           ト        ゙l                 
━━マ"゙"゙゙゙゙"゛    ゙゚'=,、                     ,l゙           \i、              
    ‘''-、,、       `-,,_     武関           ,/           i、             
       `゙l         `゙゙''‐、、 ■     .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,r‐″                |             
         ヽ,,,_、         `゙ ―¬'''''"′                    ゙l、            
           ~゙゙゙''i、                         宛◎       ‘' 、           
              ゙'ー-、/ヽ,,、                               ゙l           
                    `゙"'┐                             ゙--         
      <益州>               \,、        <荊州>                │         
                        ゙'i、                           {、     

792 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:20:51.30 ID:b61PiFEo

    :il|仞仞l     状況を整理しておこう。
    |||后后|   
    `ト、Дィ       「新」王朝の三大都市、長安・洛陽・宛の内、
  ,くEl〈V〉El   
            更始政権は宛を確保している状態だ。
  
            残る洛陽と長安、とくに都である長安を取れば、

            この国の支配者を名乗る資格は充分にあると言える。


793 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:21:08.30 ID:b61PiFEo


     / /    `ト 、',    ヽ     ここは、両面作戦でいくにょろ!
 \  /  /     -ト y  i   l\  
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \    各地の豪族も味方してくれそうだし、
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/  ,'"~'',
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ/  ,
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、/   /   洛陽・長安を一気に攻めるにょろ!
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=、 /   
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l  ヽヽ=
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l    /
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ   /


794 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:21:31.42 ID:b61PiFEo

            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、   まず洛陽は……
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ  頴川にいる
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|  
         レ!小l●    ● 从 | } i|  定国上公(更始政権第二位)の王匡にお願いするっさ!
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! | 
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||

795 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:21:56.48 ID:b61PiFEo

            ┌ 、       , 、
            |:ヽ\   / |   まかせろ。
            |:::::ゝ ` ̄  |   
             /´  ,    、 ヽ   流石だから俺。
          {        ゝ   |
             ヽ、   ー  ノ
            _>   /〉 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
             /      //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/

         王匡は更始政権の母体となった盗賊の創始者。

         昆陽の戦いで留守役を務めた後、
         頴川郡(予州)に留まっていた。

796 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:22:12.12 ID:b61PiFEo

      ちなみにこのとき、洛陽を守っていたのは
     
       王莽の一族である王匡だった。


              __,、-ニミヾ ̄´"'‐ 、、
          _,、-''":::::::::::ヾヾ::::`ミ:、::::::::`ヾ`ヽ、
        /::::/:/:::::::::::::::::::::..:..:..    ... ..:::::ヽ.
        /'´/.. ... ..  ...  .... . .::::::::::il:::l:l:i:li:::li
       /:../:...:./::..:.:...::::.:.:..::::.:.:.:::!:::l:i:..:!:::::::i::::il::l|!:li!::l|i
     /://::::::/:::::::::::::::::i:|、::::j:!l:::::i:::!:!:::i::::i:::i!:::l!:ll::|!l::|l:!
 .   /://::::::/::i::l:::i:i::::::::|ト、V/l:!:::::i:::i:i:::::::::i!::i!:::i:::!:l!:!:l:l:!
    l:::!:':!:::::ll:::i::l:::l::l::l:::::lトヾiン'i:!::::::l:::l:i::::::::l!:::l!:::l:::::!::::l:l:!
 .   l:::!:::i::::::l|:::!:|:::|!:l!:l::::l:!    ヾ;:::::l:::li::i:::::i::::l|:::i!:::::::::l:l:l
   |:::|::::!:::::!|l:|::l:::!!:lil::l:::il    __゙;、::l::li:::l:::i!:!:||::!|i::::::::l::!:l
   l:::i::::i:i:::l:i l|::|::l|::|l|::l::{,!_,=''"___l:::l:|l::::!:i::!:|」:l:|:!:::::::!:i!:l
   i::::i::::!:i::!::!‐|_l」|_| ト、__〉 ィ´tぐツ|::::l|!:::l:!:l::t |l:!::!::i|::!l:|::!
   ヽ::::、!::l:i:::i,代ト、      ´ ̄ └‐'|::::i|:|::f゙|!i:::|:i|!:|:!|:.|
       ̄|⌒Tヾ`'`´           |::::i!:|::レI|::::|:||l:l:::|!.|
       |:::::::!:::',  亅           !::::|::i:j| |!::::|:!|!i:::j|:j
      |l:::::::!::::'、  ゝ ‐        |::::l:::!゙! l|::::レ:j!::/ノ′
      |l:ト、:::'、:::゙:、、 ー ‐一'      |::::l;/ノ ノ_;ノ-'‐′
      |ト'、ヽ:::゙、:::ヾヽ、       /|_/  _,、┴┐
       |! ヽ ヽ、::::::ヽ::`' 、    /  _,.-'",,=''´,-ヘ
      ノ     `'¬`'⌒'`フf'´,.-'´,,=''´,,-''´,,=''^:、

        王匡 登場は第四章以来。


797 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:22:28.48 ID:b61PiFEo

  同姓同名、しかし片方は盗賊出身、片方は皇帝の一族という

  対照的な出自の二人が、攻め手と守り手としてぶつかるというのは、

  何か、皮肉な めぐり合わせと言える。


798 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:22:47.30 ID:b61PiFEo


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  次に、肝心の長安攻略は……
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
          ヽ|l ー   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |  
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



800 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:23:36.40 ID:b61PiFEo

    ∩ _rヘ /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ  / ヽ∩
  . /_ノυ|.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|ιヽ_ \
  / /    |::::::::/ ノ   ヽ |     ヽ \
  (  く     |:::::::〉 ( ●) (●)|       > )   ボンバヘッ♪
  \  \_(@ ::::⌒(__人__)⌒)__/ /
    ヽ|     |       ̄    |     /
      \    \        /   /



      ∩,r' ゙i   ,r'.::::::::::::::::::::::::::.\ ヘr_ ∩    
    / _,r'  |.::,r'⌒Y⌒γ:::::::::.|υ!、_\ .  
   / ,r'     | ,r'   !、 ゙i::::::: :|    \ \   ボンバヘッ♪
   ( <       |(ー) (ー ) 〈:::::::|     ン  )  
   \ \__  (⌒(__人__)⌒:::: @)_/  /
    ゙i           ̄        |     /   
      \    \        /    /          

801 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:23:51.95 ID:RwMNypgo
ひっこめw

803 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:24:24.42 ID:Y1qGa2Yo
ウゼェの来たなwwwwww

804 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:24:40.87 ID:b61PiFEo

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   (うぜ~)
         //, '/   u ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  (アピールしてるにょろ)
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
          ヽ|l ー   ー | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |  
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  (とはいえ、コイツの功績も
           / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ 無視できないのは事実)
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i| (コイツの親族から、誰か抜擢してやるにょろ)  
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|
          |ヘ   ゝ._)   j.  | , |
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


805 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:24:55.74 ID://640rI0
まさかコイツにまかせるのか?

806 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:25:23.01 ID:b61PiFEo

    そこで

   李軼、李通の従弟で、丞相司直(大司徒の属官)だった李松を派遣し……

       ____
      /      \    まかせろ コーホー。
    /______\      
   / | ⊂⊃ ⊂⊃ | \  俺に搭載された   
   |  |  (__人__)  .|  |     
   \ |   ` ⌒´   | /  8ビットのファイティングコンピューターで 、   
   /               \
                   必ず勝利して見せる。
  
        李松

   

807 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:25:58.18 ID://640rI0
ウォーズマンwwwwww

810 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:26:15.79 ID:RwMNypgo
へんてこなヤツが、また出てきたww

811 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:26:44.01 ID:ho2jK9Ao
どーゆー血のつながりなんだwwww

808 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:26:06.77 ID:b61PiFEo


         (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::,, ,.>)      
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::\〉~    
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::゙ッ     
     ~そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::そ~    え、私もいいんですか?
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::::::゙i ,, _、
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_:::::::::::::::::::V`  
     l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   ::::::u:::::::::::::l   
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=`:::::::::::::::ん,v~
     l::::::   ::::::::::::ゝ≡三=イ ´:::::::::::::::::::::::l   
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ, ..,m、
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ ~ ゛ `

  西屏大将軍という地位を与えられた申屠建も同行した。


812 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:26:49.63 ID:b61PiFEo



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   他の地域も、取れるうちに取って置きたいっさ。
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   私自身は、頴川の東、淮陽(わいよう)を攻めるとするかにょろ。
          ヽ|l ー   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  あそこは私の故郷でもあるし……
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |  
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


                     河
                     南
                      lll    .lll            ゙!li,,  淮陽  
     弘農郡          ,lll,,_   ,l!`   潁川郡   ゙!li,      
                    ,,iil!゙゙゙!!llllllilll,,、             ゙lli,_     
                   ,,ii!゙゙゜     ゚゙!li,,,,、       ,iill゙゙゙゙゙llllii   
                lll°       ゙゙゙゙!!llii,      .,,l!`   .ll、  
                'll`  南陽郡   lll゙  _,,,,,,,,llll゙`    .'!i,, .,,, 
,,,_,,,,,,             ,il          'll,,,,ll!l゙゙゙゙゙゙°      ゙゙゙゙゙゙ 
゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllllllllllll,,,、    .,l゙′          '゙!lii,,             
         ゙゙゙lii,,,_、,,,ll″               ゙!l,    汝南郡        
          ,,il!゙゙゙゙゙゙゜      ■ 宛     ゙li,,            
           ,,,iil!゙°                    '゙゙l,、          


814 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:27:14.53 ID://640rI0
やる夫の出番はなしですか?

815 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:28:09.98 ID:b61PiFEo


   このとき、朱鮪直属の校尉(将校)として同行したのが、

    以前、「新」王朝の将として更始政権に破れ、

    処刑されるところを劉伯升に助命された、岑彭だった。

    

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \     
        /                    ヽ   どういうつもりだ……
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |  なぜ朱鮪は、この俺を属官に?
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !       u   |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

816 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:28:30.94 ID:b61PiFEo

    〃                 i,   
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈  
    !  :l      ,リ|}    |. }   俺は、命を助けてくれた劉伯升に
.   {.   |          ′    | }   
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<   恩義を感じている。
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|   
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   本来なら、朱鮪を仇と見るのが
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ    
.    }.iーi       ^ r'    ,'    筋というもの……
     !| ヽ.   ー===-   /   
.   /}   \    ー‐   ,イ      
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\  


817 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:29:19.48 ID:b61PiFEo



    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、   
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、   だが、この俺を属官にしてくれたことは、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|  信頼の証し。
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;| 
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|  そんな相手を 後ろから斬りつけるなど、
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i 
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |  できっこないじゃないの。
 |'. (|       彡|          |)) | 
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i  
  ヽ_|        `         .|_/  
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |     
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

818 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:29:49.55 ID:TZmEdVgo
うーん義理堅いいい男よのお。
それを利用されてる気もするが。

819 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:29:50.42 ID://640rI0
信義に厚いアベさんだなあ。

820 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:30:00.80 ID:b61PiFEo

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   (クク……)  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{       リ| l.│ i|  (岑彭は、思った通りの男にょろ)
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
          ヽ|l >   <  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | 


821 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:30:27.62 ID:b61PiFEo

                     _......-───--......_
                  ..ィ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
                ..イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     こういう輩は、
           /:::::::::::::::::::::::::__:::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,.':/::/::::::::::::/ `'´ `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   遠ざけた方が、かえって危ないさ。
          /:/:::::/:::/:::::::;.'           ヽ:::::::::、::::::ヽヽ::::::::::.
            /:/:::::/:::::|:::__/_            ::::::::l:::::l:::|::|::::::::::::.  手元において、
         l:/ |::::|::|:::|::::/  `ヽ、         ';:::::l:::::::::|::|:::::::::::::.  
         |′|::::|:Ⅳ|::/            ´ ̄ ̄`'トL_::|::|::|::::::::::::::i  有効に使うのが賢いやり方にょろ……
           l:::l::l::::「'l ィ行ミト、          ';l:::/|;'|/:::::::::::::::|
           ハ:l:::ヽ| |  「   |      '〒hミ._、 |/::::::::l::::::::::::::::|   
              j::::::::::::| |  }ヘ_り         j   `ト>::::::::ハ:::::::::::::::|   
          ;:::::::::::::ト!   ̄´  ,     ら、_j、/ |::::::::j. l:::::::::::::::|   
            /::/:::::::::|::l       、_    ` ミソ ;::::::::’ノ:::::::!:::::::|
            /::;.|:::|::::::|:::ヽ   「 `ヽ      ,./::::::/::::::::::::|::::::::!
        /::/|:|::::::|::::::::\   ヽ _ノ     イ/:::::::/:::::::::::::::::::::::|
          /::/ .|:::|:::::八:::::::::::`  .__..  - ´  l,::::::::/::::::::::::::::!::::::::|
        /::/   V:::::j77 ̄ ̄ ̄  ,|      /:::::::/::::::::::::::::::l:::::::::|


822 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:31:31.14 ID://640rI0
盗賊上がりとは言え、首領になるんだから流石に人を見る目はあるのか。

824 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:31:51.65 ID:Relxk3Eo
この反乱軍王朝、ちゅるやさんいなくなったら、
盗賊出身で使えるヤツ全滅じゃなかろか。

823 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:31:36.96 ID:b61PiFEo

     朱鮪は知る由もなかった。

     この選択が、自身の運命に大きく関わってくることを……


825 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:32:03.63 ID:b61PiFEo

  この度の軍事行動に、やる夫の名前は見えない。

   更始帝サイドの警戒は、まだ続いていたと思われる。


826 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:32:41.29 ID:TZmEdVgo
引きこもってエロゲか

827 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:32:59.71 ID:RwMNypgo
やる夫が空気www

828 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:33:11.51 ID:b61PiFEo

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     童貞のみなさん、こんにちわ!
      /( ●)  (●)\ )     
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    リア充オブリア充! 
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/     劉・やる夫ですお!
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


829 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:33:21.44 ID:md7mUhso
人間が運命に振り回されてるのか
運命を人間達が作っていってるのか

831 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:33:44.74 ID:b61PiFEo

       ____
     /_ノ  ヽ、_\               今「俺は童貞じゃねー」って
   o゚((●)) ((●))゚o            
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \            思った人wwww
  |     |r┬-|     |    (⌒)  
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、   残念でしたwwww
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ  お店に行ったくらいじゃ

                            魔法使い免許は剥奪されないおwwwww


832 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:33:50.43 ID://640rI0
ああ、やっぱり居残りで監視下にあるのか。
やる夫がまた活躍するのは当分先なのかな。

833 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:34:04.50 ID:b61PiFEo

      ∩∩∩    .    ∩∩∩            ∩∩∩    .    ∩∩∩
     .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩          .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
     │ ___  つ      ⊂  ___ │          │ ___  つ      ⊂  ___ │
     ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ           ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
     / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \ ――――――/ /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \
    (  く   o゚(( ・ )) (( ・ ))゚o   > ) ―――― (  く   o゚(( ・ )) (( ・ ))゚o   > )
     \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /――――――\ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /
      ヽ|     |r┬-|     |/ ――――――――ヽ|     |r┬-|     |/
        \    | |  |     / ―――――――    \    | |  |     /
             | |  |                         | |  |

        その点、やる夫は、南陽一の美少女陰麗華ちゃんを奥さんにもらっちゃうもんねー!


837 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:34:29.67 ID:b61PiFEo


       / ̄\
      |     |
      \_/  
.      _|__        なんだとおおおおお!
     / \i||i/\  
   / <●>::::<●>\
  /   ⌒(__人__)⌒ \  
  |  ノ(   |r┬-|    |  
   \⌒    `ー'´   /  |                     
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・   ヒカルノキミ!
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J


838 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:34:30.28 ID:Ji.XalAo
うwwwwwwぜwwwwwwえwwwwww

839 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:34:50.34 ID:Y1qGa2Yo
オプさんwwww

840 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:34:53.15 ID:b61PiFEo


               / ̄\
               |    |      やる夫……マジか?
               \_/
                 |        何考えてんだ!
              / ̄ ̄ ̄\   
        ,,,    /::\:::::::/::::  ヽ
      (_⌒丶   |<●>:::<● >  ヽ   まだ伯升が死んで一ヶ月も経ってねーぞ!
        ヽ  ヽ } (__人__)  u  |
         丶   ´、 `⌒ ´    /   
           ヽ,,,        、 ̄ ̄ ⌒)
             |         /''' '''""
             |          . |


841 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:34:55.25 ID:ho2jK9Ao
オプーナ前回から大活躍だなwwww

842 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:35:00.90 ID:md7mUhso
前回の反動が来たのか?ww

843 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:35:14.54 ID:b61PiFEo


    ∩___∩    
    | ノ\ || ,/ ヽ    まだ喪に服さないといけないクマ……
   /  ●゛  ● |   . 
   | ∪  ( _●_) ミ   それなのにやる夫と来たら……        
  彡、        |     


844 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:35:16.49 ID:RwMNypgo
遺憾の意を表明します  (;ω;)

845 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:35:28.66 ID://640rI0
ちょww せっかく同情してたのにww

846 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:35:29.87 ID:b61PiFEo


     / ̄ ̄ ̄\       エロゲーを買いに行ったり……
    /   ⌒   ⌒\    
  /     ,(⌒) (⌒)、\     
  |     /// (__人__)/// |   
  \      ` ヽ_ノ   /       
    ヽ    , __ , イ          
    /       |_ _____
   |   l..   /l´魔法的少女藍l
   ヽ  丶-.,/  |___第三     __|
   /`ー、_ノ /        /

848 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:35:56.41 ID:Y1qGa2Yo
ごらんの有様だよ!!

852 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:36:31.55 ID://640rI0
核地雷だぞそれwwwwww

847 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:35:47.86 ID:b61PiFEo


     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )   あまつさえ 結婚するだとお?
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、        陰麗華は俺の姪、
       ⌒:::\:::::/::\
      / <●>::::<●>\ 
     /    (__人__)   \    普通なら祝福してやりたいが……!
     |       |::::::|     |   
     \       l;;;;;;l    /l!|    
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    



849 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:35:58.05 ID:gEKay4Y0
疑われないよう明るく振舞ってんのかな?

850 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:36:10.45 ID:b61PiFEo

       ____
     /⌒  ⌒\     陰氏にはもう、結納を済ませたお。
   /( ―)  (―)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  まだやる夫に娘を与える価値があると、
  |              |  
  \               /  思ってもらえてるみたいだお。
                  


851 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:36:28.03 ID:b61PiFEo



    ∩___∩     やる夫は、それでいいのかクマ?
    | ノ\   ,_ ヽ  
   /  ●゛  ● |   . こんな状況で結婚して、
   | ∪  ( _●_) ミ             
  彡、   |∪|   |   本当に満足かクマ?           
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /

854 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:36:44.10 ID:b61PiFEo

      ____
    /_ノ   ヽ_\    兄上が亡くなったからこそ、決めたんだお。
   /( ●) ( ●)\    
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  あんなに強く、賢かった兄上でも、死の運命に負けた……
 |        ̄      |  
 \              /   

      ____
     /_ノ   ヽ_\     だから やる夫は、好きな風に生きるって決めたんだお!
   /( >)  (<)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   王莽も倒せそうだし、もうやる夫は、
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /    政治のことなんてどうでもいいお!


855 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:37:08.53 ID:b61PiFEo


          / ̄\                        
         |     |                        
         \_/                         
           |                          
        / ̄ ̄ ̄\       まじか……                              
        /        \                    
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ     やる夫、まじなのか?           
      |  <●>::::::::<●>u |                    
     \   (__人__) __,/                     
     /   ` ⌒´   \       

856 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:37:26.98 ID:b61PiFEo

   こうして、西暦二十三年六月。

   兄、伯升の死より一ヶ月足らずで、

   やる夫は陰麗華と婚姻の儀を挙げた。



          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ    ……
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"   
         レ',`'';  i     , `'' / / 
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./     
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/


857 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:37:43.68 ID:b61PiFEo

     |┃三ガラッ            .┃|
     |┃  ____          ┃|
     |┃/⌒  ⌒\         ┃|
     |┃(●)  (●) \      ┃|
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   えへへっ! 
     |┃  |r┬-|     |⌒)  セクロスするお!
     |┃   `ー'ォ     //   ..┃|
     (⌒ヽ・    ・ ̄ /   ... ┃|
     |┃ノ       /        ┃|
     |┃   つ   <       ┃|
     |┃  (::)(::)   ヽ        .┃|
     |┃/     >  )      .┃|
     |┃     (__)         ┃|


859 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:37:58.40 ID:b61PiFEo

 _,,..i'"':,
|\`、: i'、
.\\`_',..-i
  .\|_,..-┘
         @


860 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:38:17.41 ID:b61PiFEo



     |┃三ガラッ            .┃|
     |┃  ____          ┃|
     |┃/⌒  ⌒\         ┃|
     |┃(●)  (●) \      ┃|
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   えへへっ! 
     |┃  |r┬-|     |⌒)  セクロスするお!
     |┃   `ー'ォ     //   ..┃|
     (⌒ヽ・    ・ ̄ /   ... ┃|
     |┃ノ       /        ┃|
     |┃   つ   <       ┃|
     |┃  (::)(::)   ヽ        .┃|
     |┃/     >  )      .┃|
     |┃     (__)         ┃|

 _,,..i'"':,   
|\`、: i'、
.\\`_',..-i
  .\|_,..-┘ @@

861 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:38:39.33 ID:b61PiFEo

     |┃三ガラッ            .┃|
     |┃  ____          ┃|
     |┃/⌒  ⌒\         ┃|
     |┃(●)  (●) \      ┃|
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   えへへっ! 
     |┃  |r┬-|     |⌒)  セクロスするお!
     |┃   `ー'ォ     //   ..┃|
     (⌒ヽ・    ・ ̄ /   ... ┃|
     |┃ノ       /        ┃|
     |┃   つ   <       ┃|
     |┃  (::)(::)   ヽ        .┃|
     |┃/     >  )      .┃|
     |┃     (__)         ┃|



 _,,..i'"':,   
|\`、: i'、   @@@@
.\\`_',..-i  @@
  .\|_,..-┘ @@


863 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:38:58.98 ID:b61PiFEo

       ____
     /_ノ ' ヽ_\     というわけで、
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   バキSAGAも真っ青なセクロスライフを送ってる
  |     |r┬-|     |   
  \      `ーlj'´    /  やる夫だお!

                 リア充でサーセン



865 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:39:26.96 ID:Y1qGa2Yo
SAGAはやめれwwww

866 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:39:29.15 ID:b61PiFEo

        / ̄\        どうしちまったんだ やる夫の奴……
        |    |
        \_/        最初は更始帝側を油断させるため、
         _|__
       /      \      腑抜けを装ってるのかと思ったが……
      /   - :::::: -\  
    /    <○>::::::<○> \     
    |      (__人__) u.   |   
     \    u.` ⌒´   /
    ノ            \



          / ̄\                        
         |     |                        
         \_/                         
           |                          
        / ̄ ̄ ̄\       最近じゃ、                           
        /        \                    
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ    演技とも思えねえぜ。         
      |  <●>::::::::<●>u |                    
     \   (__人__) __,/                     
     /   ` ⌒´   \       

868 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:40:17.65 ID:b61PiFEo


|" ̄ ゙゙̄`∩
|,ノ  ヽ, ヽ  わからないクマ。
|●   ● i
| (_●_)  ミ  でも、もしかすると……
| ヽノ  ノ
{ヽ,__   )´
| ヽ   / 



|" ̄ ゙゙̄`∩   やる夫は、我々さえ
|,ノ  ヽ, ヽ
|ー   ー i   信用してないのかもしれないクマー。
| (_●_)  ミ
| ヽノ  ノ
{ヽ,__   )´
| ヽ   / 


869 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:40:36.53 ID:b61PiFEo

  伯升の死後、やる夫を盛り立てて

  更始帝に対抗しようとする豪族たちも

  いるにはいた。

  しかし、やる夫の伯升の死を無視するかのような

  言動の数々に、次第にその意欲を失って行った……



       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,

870 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:41:18.67 ID:b61PiFEo

     |┃三ガラッ            .┃|
     |┃  ____          ┃|
     |┃/⌒  ⌒\         ┃|
     |┃(●)  (●) \      ┃|
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   陰麗華! 今晩も
     |┃  |r┬-|     |⌒)  セクロスするお!
     |┃   `ー'ォ     //   ..┃|
     (⌒ヽ・    ・ ̄ /   ... ┃|
     |┃ノ       /        ┃|
     |┃   つ   <       ┃|
     |┃  (::)(::)   ヽ        .┃|
     |┃/     >  )      .┃|
     |┃     (__)         ┃|


871 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:41:39.25 ID:Relxk3Eo
内心はツライのかもしれんが、全然同情できねえww

877 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:43:10.66 ID:aDnkFdAo
まあ新婚が猿なのは基本だがwwwwww

872 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:41:53.80 ID:b61PiFEo

                       , -‐'´      ヽー 、
                      , .'´        ソー     ヽ
                 -≠Z´, ,           ヽ    ヽ
    ……やる夫        / / / / /,        、  ヽ   ヽ
                    / イ ,' ,' .ィハ l  ! 、  、  ',   ',   !
                 /' ,'.i ! .l /l.l l  !、 l  ヽ  i  |    l
                   l' l k l l7`|'-、.ヽ lヽ. ト、 ヽ  | l l   l
                   l ハ i .{lr≠、ヽ \‐ヘ'ヽヽl-. トl !   i l
                      |' .',lx!i !|::;:}    _,r≠=、卜!' ,'.   |.!ヾ、
                      i'l ー'    !l、::::;:}》. //`y イ'|'  `
                          lヽ   '    `ー'/ .//,.ノ/ |    
             l 、    ,、   |/ ヽ、      /ソ /ィX.、
            r┴-'ニ< ヽ--、   ` ーz- ' ´/ィ'´ヽヽ、ヽ
             てー  _`._j弋ー' ヽ、.,r,ニ-´ー ´.     l l.l }
         , -‐y‐ '{ /´::::::、ヽ. ̄ヽy'-´ヽヽヽ       l l !'
          ,〃'´    Y´:::::::::::::}  /ー:、:::::::ヽ', ',       l l !
        {、ヽ     l:.:::::::::::::::l /:::::::::::::ヽ:::::l | l       ///
        | ヽヽ、   i::::::::::::::::l/::::::::::::::::::::i;:::l l l    ,r ニ 'l
.         | ヽヽヽ    !:::::__r/:::::::::::::::::/ノ::::l l l -_二-'´ィ´   


       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    そろそろアイテムを
  |     |r┬-|     |   
  \      `ーlj'´    /    試してもいい頃合いかおー?


873 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:42:13.14 ID:b61PiFEo

     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  ……やる夫。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    どうして私と話してくれないの?
      `ヘ:ゝ    .'    小/
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_

875 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:42:35.15 ID:b61PiFEo



      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    んお?
   /  (●)  (●)  \.   
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \




 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ  婚礼の日から、
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!  私を抱くことはあっても
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !    まともに言葉を交わしてはくれない。
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ       それはどうして?
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´    
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、                  



878 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:43:28.54 ID:b61PiFEo

          ____
        /_ノ  ヽ\      何言ってんだおー
      / ( ●) (●)、   
    /::::::::⌒(__人__)⌒\   桃色ピロートークなら
    |      |r┬-|    |. 
    \       `ー'´  /    いっぱい話してるじゃないかおー。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  
  \ ヽ  /         ヽ /     
   \_,,ノ      |、_ノ      


880 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:43:46.07 ID:b61PiFEo

.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   はぐらかさないで。
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ あなたは、わたしを、
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|   いえ、私の一族や
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   南陽の豪族たちを
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′     恐れている。
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \.   
   |    (__人__) u   |
   \    ` ⌒´    /
   /              \

881 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:44:26.82 ID:b61PiFEo

           _,.--- .
          ,.'´: : : : : : : : : :`ヽ、
    ___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \    あるいは、憎んでいる。
    `ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
     /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´ いつか李軼のように
      l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|
      い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|   裏切るだろうって。
        V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ
.          |人{ |:.l: :.|   rタイ:人    だから私と話して、
       ,f¨¨ヽ Ⅵ:.リ  ‐ イ|: :「
                        情が移るのが怖い。


882 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:44:43.38 ID:b61PiFEo

                 ___
               /     \   
              / __ノ:iiji:ヽ__. \   ……うるせーお!
            /  (●):::::(●)  \   
            |    (__人__)     | 
            \    `⌒´    /
             /          \

883 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:44:59.64 ID:b61PiFEo

            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ   私は陰氏の娘だけど、
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |  もう、貴方の妻。
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |  どうか、
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'  わたしに心を開いて……
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /  
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト
       , -‐''´       `             ' |

884 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:45:13.39 ID://640rI0
流石に歴史上に賢妻として名が残るだけのことはある。

887 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:45:51.04 ID:Ji.XalAo
なんとも悲しいやり取りだな……

885 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:45:23.45 ID:b61PiFEo

             ___  ___
          r⌒η::::;;;:::'/  ⌒三\⌒)     うるせーつってんだおー!
         /\ \::/  ( ○)三(○)\    
        /::::::::: :.\ \ :::::⌒(__人__)::\ ヽ, 
        /:::::::::: ::::. |\ .\   |r┬-|   | .i   
       ノ:::::::::::::;;:::::..\\  .\  `ー'´  / .ノ
     /:::::::: ::::::: ;:::::::::... ̄\ ヽ       /::|   
__ /:::::::::::::::: ::::: ::::::: r⌒ヽ::::\   ・ .  ・i :::::ノ
ヽ;;:::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::: |    \ )      .| ::/
 ノ::::: :::::::::::: ::::::::::: ::::::::: |   .i  \.    __  i /
/::::;;:; ::::::::: ;::::::::::::: :::::::::: |   .i    ヽ.  .| | _i
⌒ヽ,::;;;;:::::::; :::::::::::: ::::::::: |  .ノ\     .ノ | .?
     ̄ヽ,; ::::::::: ::::::::::..|  ./..::::: ヽ、__ (::::)..::) ノ
       \::::::::: ::;:::::: | /..::;;:::::: /    /
        ⌒⌒\: / /..:::::;:::: /   /
            (_/..:::::::::: /  /
               ̄ ̄./ /
               / ./
              /./
             / /
            |_/

        //

    、ハ/|,,、 


886 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:45:42.39 ID:b61PiFEo

         , ‐'´            `ヽ、
        _/   /    /         \
     ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
     /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::
     〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
      /' ,′.:::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:.  ::::|::::::::::::::.....|
     | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|   !
     l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l
     ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八
         l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!
        ハ::::::l ///    '    ''‐ ' /:::/:::/}/. リ
        _,∧ .::ト、     _    ///:::/:::/ノ
         ,∧:ヽ \        ィ':/;イ(: 、
            \l/}iヽ、 _,, <〃::/ "


       バサッ



888 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:45:58.02 ID:b61PiFEo

                            __,.- _ /:://∠.‐‐--‐,ニ.´..
                   、    ,._-‐ニニ:: ̄:::`ヽ:〃::::::::::二ニ=......
                    >≪=.:'´-‐:;::´:;:::´;::::/:::::::丶:‐---.........
                  /´ //::::/:://;:‐7::/::::ヽ::ヽ:ヽ:::::ヽ.......
   あ……               /イ/::/;.'//  {:::ハ:l::::::l、::ヽ::ヽ::::ヽ......
                     '" ノ´;イ/-∠/    l:::l ヾ:::::lヽ::::l::ヾ:::::l.......
                      _,.//l:::l:l::/_  `ヽ、 !::l  ヽ;l トヽl::::゛l::l.......
                   フ;:イ// !::リ:l´r;ミヽ、  ';l  ‐- 、l:l:ヽ::::::l:l.......
                 /"´/^ハ l:::ハl_!、:::::;ハ     __    l`:::::::l::リ:l.....
                       /' l/l/!:/l ` ー'′   ´,r.:::゙ヽv!::l::::::l::ヽ!...
                        ! ' 1:l::l      ,   ヒ_:::.,フイl:::l;:::ll::リ::l...
                           メハl:ヽ   _      ` "/ハ:l::〉:!Vハl...
                        l∧l;、>、  `    ,.イフ:://ハl リ ′..
                  ,. ‐¬ ̄7-⊥.V ` ー-‐ァ7´クノ /:/ '  丶
                    /    ,′/           〈 ′′/'´
                / ._   / /       _  ヽ、 ′


889 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:46:36.51 ID:b61PiFEo

       ____
     /     \   やる夫の妻なら、やる夫の要求にだけ
   /( ○)i川i(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  応じてればいいんだお!
  |     |r┬-|     | 
  \      `ー'´     /  やる夫を気持ちよくさせるのが
                  陰麗華の仕事だお!
 
          ___    
       /:::::::   \    誰も、誰も信用できないんだお! 
      /::::::::\三三 /\     
    /:::::::: ( ⑪)三(⑪)\  気持ちいいことだけが、
    |:::::::::::::::::: (__人__)   |
     \::::::::::::::: |r┬-/' /   確かなことなんだお!
    ノ::::::::::   ` ⌒´  \ 

      ____
     /\  /\     ほーら、陰麗華も気持ちよくさせて    
   /( ○)  (○)\      
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   やるおー! 
  |  U   |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /   どや!ええんか!ええのんか!


890 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:46:54.59 ID:b61PiFEo

      /   //  /| 、ヽ   \   \   丶
     /   //  /  ! ヽ \    ヽ    i    、 ヽ
     /   //  ∧  ト、 \ \   !   |   ヽ \
    /{  l l  l !  ! \ ヽ\ \ |   |   l ト丶ヽ、
    | l   l l、 l  ', l  \ヽ \ ヽ|    |   l l  、\_
    lハ  l_」⊥∟ ヽl ‐‐--ニユ ュ、 l_   |   l l l、 、
    ヽ ヽ l l ヽ! `  丶 _ヽ  `  \!  l !  ハ.l l \、
     lヽl V_ェr≠=ミ    _ -F干示ミヽ,' l_  ハl l |    ……
     lハ Y゙;ハ;:::j.}        lr;:::::j.リl / /、ヽ/ ハ∧l!
      |' ヾ、└‐′       └‐‐' .j / /フソ/// ′ヽ
      | 〉 l,ハ~^^  ′    ハへ // /K〔/〃
      l∧ ト∧ヽ、  、 _     // イ/l///
      l′', ! ヽ l` 、 ´  _ イ'///1リl/′
        ',l   ヽ!  V `,チ´ ,/// /!
          '、  _' -_ニノ  //イ/  ヽ


893 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:47:17.38 ID:b61PiFEo

         ____
       /       \
      /   _ノ  ヽ__\
    /     ( ●)三(●)\   
    |       (__人__)    |  
     \       |r┬-|  / 
    ノ       `ー'´   \



       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |   
  \      `ーlj'´    / 



        ◎二二)    カラカラ……
        ◎◎二二)  
        ◎◎◎二二)

894 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:47:33.24 ID:b61PiFEo

                           __,.- _ /:://∠.‐‐--‐,ニ.´..
                   、    ,._-‐ニニ:: ̄:::`ヽ:〃::::::::::二ニ=......
                    >≪=.:'´-‐:;::´:;:::´;::::/:::::::丶:‐---.........
                  /´ //::::/:://;:‐7::/::::ヽ::ヽ:ヽ:::::ヽ.......
                      /イ/::/;.'//  {:::ハ:l::::::l、::ヽ::ヽ::::ヽ......
                     '" ノ´;イ/-∠/    l:::l ヾ:::::lヽ::::l::ヾ:::::l.......
                      _,.//l:::l:l::/_  `ヽ、 !::l  ヽ;l トヽl::::゛l::l.......
                   フ;:イ// !::リ:l´r;ミヽ、  ';l  ‐- 、l:l:ヽ::::::l:l.......
                 /"´/^ハ l:::ハl_!、:::::;ハ     __    l`:::::::l::リ:l.....
                       /' l/l/!:/l ` ー'′   ´,r.:::゙ヽv!::l::::::l::ヽ!...
                        ! ' 1:l::l      ,   ヒ_:::.,フイl:::l;:::ll::リ::l...
                           メハl:ヽ   _      ` "/ハ:l::〉:!Vハl...
                        l∧l;、>、  `    ,.イフ:://ハl リ ′..


      / ̄ ̄ ̄\      
     /  ノ   ^ヽ\       ?
   /  (●)   (●) \   
   | υ   (__人__)   l    これは……木簡?
   \     ` ⌒´   /    
                    なんで、こんなものを服の中に?


895 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:47:42.02 ID://640rI0
ムカツクけどなんだか寂しい気分になるな。

896 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:47:50.13 ID:b61PiFEo

      /   //  /| 、ヽ   \   \   丶
     /   //  /  ! ヽ \    ヽ    i    、 ヽ    
     /   //  ∧  ト、 \ \   !   |   ヽ \
    /{  l l  l !  ! \ ヽ\ \ |   |   l ト丶ヽ、 ……儒教の経典。
    | l   l l、 l  ', l  \ヽ \ ヽ|    |   l l  、\_
    lハ  l_」⊥∟ ヽl ‐‐--ニユ ュ、 l_   |   l l l、 、   いくつか、持ってきた。
    ヽ ヽ l l ヽ! `  丶 _ヽ  `  \!  l !  ハ.l l \、
     lヽl V_ェr≠=ミ    _ -F干示ミヽ,' l_  ハl l |   
     lハ Y゙;ハ;:::j.}        lr;:::::j.リl / /、ヽ/ ハ∧l!
      |' ヾ、└‐′       └‐‐' .j / /フソ/// ′ヽ

           ___
       /      \    だから、なんでそんなものを持ってるんだお?
      /u  ノ  \  \ 
    /   (○)  (○)  \ 
    |      (__人__)  u. |
     \    u.` ⌒´   /

898 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:48:12.00 ID:b61PiFEo

          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、      やる夫は、長安で儒教を習った。
      /'               \      
     ,;'                  ヽ     そのことについて問えば、
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ   答えをくれると思った。
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"   
         レ',`'';  i     , `'' / / 




         , '´        ‐ 、   `ヽ
        /        /     \    \     やる夫と、話がしたかったから……
      //   ./  :!  .:. :.:.  ヽ     ヽ
     /// :/ .:./ :/ |  :.l: :.:.:   ハ: ',   ヘ
  __,ノ'イ / :/ .:./ .:,'  :!  :.l:  i:.:.:..  l: l  ヽヘ
     l :| .:l .:.:.j  .:{: .:|:.: ..:.l.  l、:.:.:..  !:. |:.:  l: l
     | /|.:.:! :.:.ハ_.:.∧ .:|ヽ  .:|\| \:. _ |:.:.l:.:.: :.:.|: l
     l/ l:.:.ト.:.:.「ヽ{二Nト \ l 弋二\:|:.:,'i:.:.:.:.:.|ヾ、
.      ! ヽ:{ ヘハ "ヘf_::::}`  \ ''f _:::::}ア!/:ハ:.:.!:.:l   `
        ヽ l:.:.:',. V;;ィj      V;ィリ l:.:.:ムj:.∧:l
         |:.!:∧  ̄   '     ̄ i!:./:./V リ


900 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:48:31.00 ID:b61PiFEo

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\  
   |    (__人__)   |  
   \          /

       ____
     /ノ   ヽ、_\      陰麗華……
   /( ○)  (○)\  
   |    (__人__)   |  
   \          /


902 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:48:50.66 ID:b61PiFEo

         ____
       /      \     
      /  _ノ  ヽ、_  \    ごめん、ごめんだお。
    / o゚((>)) ((<))゚o.\   
  . |     (__人__)     |
 __((⌒)(⌒)⌒)__(⌒)⌒)⌒))_


904 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:49:13.64 ID:b61PiFEo

      /   //  /| 、ヽ   \   \   丶
     /   //  /  ! ヽ \    ヽ    i    、 ヽ
     /   //  ∧  ト、 \ \   !   |   ヽ \
    /{  l l  l !  ! \ ヽ\ \ |   |   l ト丶ヽ、
    | l   l l、 l  ', l  \ヽ \ ヽ|    |   l l  、\_
    lハ  l_」⊥∟ ヽl ‐‐--ニユ ュ、 l_   |   l l l、 、
    ヽ ヽ l l ヽ! `  丶 _ヽ  `  \!  l !  ハ.l l \、
     lヽl V_ェr≠=ミ    _ -F干示ミヽ,' l_  ハl l |    ……わたしと、話してくれる?
     lハ Y゙;ハ;:::j.}        lr;:::::j.リl / /、ヽ/ ハ∧l!
      |' ヾ、└‐′       └‐‐' .j / /フソ/// ′ヽ
      | 〉 l,ハ~^^  ′    ハへ // /K〔/〃
      l∧ ト∧ヽ、  、 _     // イ/l///
      l′', ! ヽ l` 、 ´  _ イ'///1リl/′
        ',l   ヽ!  V `,チ´ ,/// /!
          '、  _' -_ニノ  //イ/  ヽ

905 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:49:40.37 ID:b61PiFEo

         ____
       /      \
      /         \   だお!
    /     ⌒   ⌒  \   
    |    /// (__人__)/// |
     \            ,/  
    ノ           \

906 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:50:15.28 ID:b61PiFEo


       ____
     /⌒  ⌒\    ……と、言っても、
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   新婚のラブラブ夫婦が政治や孝徳の話をするのも
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /   どうかと思うお。

                  ここは、『詩経』について語り合おうかお?



 『詩経』は孔子が収集したとされる古代の民謡・歌謡集である。

  政治や生活を歌った詩だけでなく、

  赤裸々な恋愛詩も含まれていた。

( ちなみに宋代まではただ「詩」と呼ばれていたが、
 まぎらわしいので本編でも「詩経」と呼ぶ)

 『詩経』はやる夫が長安で専攻した科目ではないが、

 儒教の基本教養として、知らないはずはなかったと思われる。


907 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:50:34.71 ID:b61PiFEo

          >-''''': : : : : : : : :'''-、
       >'''": : : : : : : : : : : : : : : :\_
    >'''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\,    学んだ中で、
  >'" : : : : ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
-'''"-'/  ::: : :: : : : : : : ::...: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ   やる夫は、どの詩が好き?
  /::: :::./ : ::: : :::: : ::: : : : ::::...: : :::.: : : : :..: : : : : 'l
 /::/: :::::: :..  :::: : :::::.: : : : :::ヽ:..: :::.: : : ::::..: : : : :'l
/::/::::|:::: :::: : :. ...  :::::..: : : : ::ヽ::..:::.: : : ::::::.: : : : l
l:::/|: ::l:::::: :/|: : ::::|: : ....l..    l ::::::: : : :::     l
|:/ |: ::ヽ:::l:|┤: ::::|ヽ: :::l、:::::::.. : :.|::::::::: : : ::::::::: : : :|、|
|l  |:::1ヽ:|ムヾ、:::.l ヽ、メヽ、::::..::|:::::::: : : ::::::::: :::: :l ヽ
.'  ヽ:ト、:::lレナド.、:::l  ヾ、 ̄'-,,,l::::::::: : : ::::::::::::::::/
   |l ヽ:::|レ|カ  ヽ . ト''''''ト,,,,, |::/:::: : :/、::::::/:/
     l:::| " /    .トナガレ l:::|::::: : /| |::/|/
      l:ヽ、ヽ    ''''''''' /:/::: : /.// .'  
      .l::::|ト、 -      .//l::: /"::/
      .l::|' \"   __,,,/:ク::: :/|/l/
       ヾ   ''''''''l"-,,/':/:/,-l'''':ヽ


908 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:51:02.96 ID:b61PiFEo

       ____
     /⌒  ⌒\    やる夫は、堅苦しい詩は嫌いだお。
   /( ―)  (―)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  おにゃのこに モテモテなリア充の詩、
  |              |  
  \               /  『狡童』がお気に入りだお。



 /      l⊥L/_/ // / l/_」_ / / ,l }   それは以外。
 / ィ  l !  l_ヒ_   ` // ´__////l/   
´ lハ  lr l l ぐlf玳ミi、     ,r忝マ/イ!´ ′   やる夫は、寂しがり屋だから、
    '、八 l l  l外ィリ     攷リ / l.l     
    V、ヾ l  l`¨´    , `¨´/ イハ      もっと男女の真摯な情愛を歌うものが
      l∧、l l     _   ,イ//lハl
       ハヘ.! 丶、  . </〃 / 丶    好みかと思っていた。


909 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:51:22.80 ID:b61PiFEo

     /_ノ   ヽ_\    そういうのも、まあ嫌いじゃないお?
   /( ●) ( ●)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   陰麗華は?
  |     (  (      |  
  \     `ー'     /   



                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ  私は……
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、
              l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _
             ,':.:.:.:.:ヽ .Y´,........---..ミ二y::´::::::::::::::;'
                 ,':.:.:.:.:.:.:.〉Y::::::::::::::::::::::;':::::::;'::::::::::::r 、'
                /:.:.:.:.:.:.:.l:.;'-、::::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::/  7
            /:.:.:.:.:.:/Y 〈::::::::::::::::::;'::::::;'::::::::::::ヽ.._ノ!
              l:.:.r:.:.:.:.:.:.:.l  f:::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::::::;':.:.:.!

910 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:51:40.91 ID:b61PiFEo

                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
                ';ハ:.:ト,、   ワ    ノ;.:.;'
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、
              l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _
             ,':.:.:.:.:ヽ .Y´,........---..ミ二y::´::::::::::::::;'
                 ,':.:.:.:.:.:.:.〉Y::::::::::::::::::::::;':::::::;'::::::::::::r 、'
                /:.:.:.:.:.:.:.l:.;'-、::::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::/  7
            /:.:.:.:.:.:/Y 〈::::::::::::::::::;'::::::;'::::::::::::ヽ.._ノ!
              l:.:.r:.:.:.:.:.:.:.l  f:::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::::::;':.:.:.!


911 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:51:56.98 ID:b61PiFEo


      陰麗華は歌いはじめた。

      普段より低く落ち着いた、

      けれども優しい声だった。

 

       ____
     /⌒  ⌒\    
   /( ―)  (―)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |              |  
  \               /  


912 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:52:18.87 ID://640rI0
寝物語が「詩経」か。
考えてみればコイツらは上流階級なんだよなあ。

913 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:53:29.23 ID:b61PiFEo

      /   //  /| 、ヽ   \   \   丶
     /   //  /  ! ヽ \    ヽ    i    、 ヽ   
     /   //  ∧  ト、 \ \   !   |   ヽ \
    /{  l l  l !  ! \ ヽ\ \ |   |   l ト丶ヽ、 
    | l   l l、 l  ', l  \ヽ \ ヽ|    |   l l  、\_
    lハ  l_」⊥∟ ヽl ‐‐--ニユ ュ、 l_   |   l l l、 、   
    ヽ ヽ l l ヽ! `  丶 _ヽ  `  \!  l !  ハ.l l \、
     lヽl V_ェr≠=ミ    _ -F干示ミヽ,' l_  ハl l |   
     lハ Y゙;ハ;:::j.}        lr;:::::j.リl / /、ヽ/ ハ∧l!
      |' ヾ、└‐′       └‐‐' .j / /フソ/// ′ヽ



          「揚之水」

            揚之水    揚(あが)れる水

          不 流 束 薪   束薪(そくしん)を流さず    

           終 鮮 兄 弟   終に兄弟少なく

           維 予 二 人   維れ(これ)予(われ)二人のみ 

          無 信 人 之言  人の言を信じる無かれ

           人 実 不 信   人は実に信ならず


         ____
       / ―  ―\    
.     / (ー)  (ー)\
    /     (__人__)  \. 
    |      ` ⌒´    |
     \           / 
    ノ            \

914 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:54:16.38 ID:b61PiFEo

        _ -  ̄    ̄ ー -- 、 ___
        /           , ,  ̄ `ーニ _ ̄       
     , ‐′              〃   、 \ \
    /                 〃     l 、 ヽ-、ヽ     ほとばしる急流でさえ
  /      |   |      ./ / /  ,'  !  ヽ `\
  ,'         l   |     ! / /l ィ  l ト、!      束ねた薪(たきぎ)を流すことはできない
  | !        ',  |    |/´7ー!メ l  / ! !l
 ||       >、 |    |' /ィ卞ォ// /  l'      兄弟姉妹も頼りにならず
 |l        /r-! !.   |´ ll。_r! | /
  j.イ        ! 、トヘ|    |   `ー′ ヽ'_   , 、  
 /´l ヽ    ヽニ`,!   |        /         ただ、私たち二人だけ
   ヽ !\      T|   |        .ィ
     ヽ  \   | ', i |      f'           他人の中傷を信じてはだめ
        ヽ | ハ、 ヽ|、 !  ____ ノ 
        'イ!イ       ヽ!!´ リ               他人は本当に無情なものだから
         /' !      |         
         /       `、      

915 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:54:52.15 ID:b61PiFEo

    『揚之水』というタイトルの詩は詩経に三篇収められているが、

    陰麗華が歌ったのは、鄭の国で歌われたとされるもので、

    二番の、女性に対応する部分だった。

     束ねた薪とは、男女の結びつきを表し、

     もっと露骨には、合体行為を表すともされている。
  
     今風に言えばセカイ系とでも言うべき、

      閉鎖的で、しかし純粋な愛を歌う詩と言える。


916 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:55:10.19 ID:b61PiFEo

  ようするに陰麗華は、一族も兄弟も顧みず、

  あなただけについていく、と歌っているのだった。

 
         ____
       /      \
      /  _ノ  ヽ__\   どうしてだお。
    /    (─)  (─) \   
    |   u   (__人__) u  |  どうして……
     \      u      ,/  
    ノ           \
         ____
       / ―  ―\    心が解けて……
.     / (ー)  (ー)\
    /     (__人__)  \. 段々熱いものが……
    |   u  ` ⌒´    |
     \           / 
    ノ            \


917 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:55:31.77 ID:b61PiFEo


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      ―――            ――― \
           /          _                _   \
          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \      
       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          |
     |            /'       /        ∧      ',               |
     |          {{        {        / ヽ     }               |
     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            |
     \          人        ヽ   ´    `  '             /
       \           ( し.)                                 /
        \       `¨                           /  

918 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:55:48.79 ID:Ji.XalAo
やべ……グッときた

919 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:55:58.17 ID:b61PiFEo

           _,.--- .
          ,.'´: : : : : : : : : :`ヽ、      いつか、貴方に言ったことを覚えている?
    ___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \
    `ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._  私は強い心の持ち主に憧れるって。
     /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´
      l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|    やる夫、貴方は強い人。
      い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|
        V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ    大きな目的のために、
.          |人{ |:.l: :.|   rタイ:人
       ,f¨¨ヽ Ⅵ:.リ  ‐ イ|: :「       心の乱れを懸命になだめている……


920 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:56:15.04 ID:b61PiFEo

                           __,.- _ /:://∠.‐‐--‐,ニ.´..
                   、    ,._-‐ニニ:: ̄:::`ヽ:〃::::::::::二ニ=......
                    >≪=.:'´-‐:;::´:;:::´;::::/:::::::丶:‐---.........
    でも……          /´ //::::/:://;:‐7::/::::ヽ::ヽ:ヽ:::::ヽ.......
                      /イ/::/;.'//  {:::ハ:l::::::l、::ヽ::ヽ::::ヽ......
                     '" ノ´;イ/-∠/    l:::l ヾ:::::lヽ::::l::ヾ:::::l.......
                      _,.//l:::l:l::/_  `ヽ、 !::l  ヽ;l トヽl::::゛l::l.......
                   フ;:イ// !::リ:l´r;ミヽ、  ';l  ‐- 、l:l:ヽ::::::l:l.......
                 /"´/^ハ l:::ハl_!、:::::;ハ     __    l`:::::::l::リ:l.....
                       /' l/l/!:/l ` ー'′   ´,r.:::゙ヽv!::l::::::l::ヽ!...
                        ! ' 1:l::l      ,   ヒ_:::.,フイl:::l;:::ll::リ::l...
                           メハl:ヽ   _      ` "/ハ:l::〉:!Vハl...
                        l∧l;、>、  `    ,.イフ:://ハl リ ′..


922 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:56:24.28 ID://640rI0
いい嫁過ぎる。・゚・(ノ∀`)・゚・。

923 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:56:32.59 ID:b61PiFEo

                   ,..;:':::'´:::::::::::::::::::`ヽ::::,:':::'´::::`丶、
                   /;´:::::;::::::;:::::'::::‐,:::::、;:::::_::::::::::::_::::::::ヽ.
              /:'":;::';::'::/:/:/::::::::;:'::::::::::ヽ:::::::::`::::::::ヽ
               /":/::/:/:/:/:/:;〃::::::;:::;':::;:'::::::ヽ::ヽ::::::ヽ:::::`::',
           _,.='"/::/::/:/:/:/l/:::/ /::;:::/::/::/::::!:::::::l:::';:::i::::::ヽ::::::::',
            ´  _/:;/::/:/7ナ'.t'::/Ll_/::/::/::/l ::::l::::::::l::::l:::l:::、:::ヽ:::i::l
           7〃;ィ::.:l:/_,L_ l/  lイ:/l:/!::l l:::::l::::::::l::::l:::l::::l::::::::::l:::l
           /' l::ハl.::::l ,r::ミヽ、、' l:l リ l:::ト、!:::l::::::l:l::::l:::l:::::l:::::::::l::::l
             l/j/::;ll ヒ':: ::;ハ   ″  !:l  ヽll:::::l:l::::l:::l::::::l::::::::l;::::l
                /:/::/l:l  `゙′      -_゙   ',:l:ト、/::/::ハ::::l:::::::llヽ:l
              ' /j/l:::ハ            7ニミヽ、//:Y:イ:::::',:::',::l::ll:::ハ',
           "_  ´ リ/ハ       '     マ::..:;ソヾ'::/:::::l::::::::〉:::l1:ll:/ ヾ
            ´    !_,.l:M〉、 ヽ _      `´'/::/:/ }:::::!:/::/:ト、:V/
 _. -- -r,r,r---‐‐‐'"´/l/ ヽ.        _//::/:/イl::://::/イ/ヽヘ


925 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:56:54.75 ID:b61PiFEo

  その人が、心の内をさらけ出して泣き崩れることができるような、

  そんな場所になりたい。

  それが、私の本当の望み。


926 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:57:20.07 ID:b61PiFEo

       ____
     /      \     陰麗華、ちゃん……! 
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /  
 
 
           ____      
         /      \    
       /  _ノ  ヽ、_  \  
      /  /⌒)   ⌒゚o  \ 
       |  / /(__人__)     |
      \/ /   ` ⌒´     /
                


      _____    
     / ノ' ^ヽ_\    うわあああああ!
  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\° 
  / o'゚~(___人___)~o°\゜  うわあああああああああ!
.  |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /  


927 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:57:20.93 ID:Relxk3Eo
ええ嫁さんだ……

929 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:57:41.15 ID:b61PiFEo


            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',  今日は、もう眠ろう。
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |  
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |  
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |  明日はきっと、
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /   もっと強くなれる。
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /  
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト
       , -‐''´       `             ' |


   
           ____      
         /      \    ありがとう。
       /  _ノ  ヽ、_  \  
      /  /⌒)   ⌒゚o  \  ありがとうだお。
       |  / /(__人__)     |
      \/ /   ` ⌒´     /  でも……
                

930 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:58:05.39 ID:b61PiFEo


           _,.--- .
          ,.'´: : : : : : : : : :`ヽ、
    ___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \    何?
    `ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
     /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´ 
      l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|
      い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|   
        V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ
.          |人{ |:.l: :.|   rタイ:人   
       ,f¨¨ヽ Ⅵ:.リ  ‐ イ|: :「




        _____       ……ただね。
       /ノ   ヽ\.      
     / (●) .(●)\      それはそれとしてですね、
      |   (___人__)  |     
 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄   やっぱり……



932 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:58:28.71 ID:b61PiFEo


    でも やっぱり、今日もセクロスしたいお……

   

    …いいよ。


933 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 15:58:34.34 ID:Y1qGa2Yo
こwwいwwつwwはww

935 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:59:09.22 ID:b61PiFEo

   十年前ー



   




         / ̄\
        |     |
         \_/      紹介するぜ、やる夫。姪の陰麗華だ。
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \ 
    |    (__人__)     | 
    \    ` ⌒´    / 
    /`'ー‐---‐---一'´\
   /           ::::i  ヽ
  |   |         :::;;l  |


939 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 15:59:53.40 ID:b61PiFEo

             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ   はじめまして。
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_
                 く!  l    / |\  /
               `T´ヽ__/ l  `´
                |     /
               L___」
               〈ソ じ'′




      ____
     /_ノ ' ヽ_\   
   /(○)   (○)\    !
  / /// (__人__) ///\ 
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    / 


940 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:00:04.45 ID:md7mUhso
しかしオジキと恐ろしく似とらんが血統図はどうなってるんだww

941 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:00:17.61 ID:b61PiFEo



         / ̄\
        |     |      なかなか美人さんだろ?
         \_/
          |        この子が大きくなって、
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \   お前がまだ一人身だったら、
    /   ⌒   ⌒   \ 
    |    (__人__)     |  嫁さんにもらってもいいんじゃねえか?
    \    ` ⌒´    / 
    /`'ー‐---‐---一'´\
   /           ::::i  ヽ
  |   |         :::;;l  |



942 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:00:40.77 ID:b61PiFEo

     /_ノ ' ヽ_\     なんて可愛いんだおー。
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   お、お兄さんが
  |     |r┬-|     |   
  \      `ーlj'´    /  気持ちいい お遊びしてあげようかおー



944 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:01:03.55 ID:b61PiFEo

       / ̄\
      |     |
      \_/  
.      _|__      大きくなったらって言っているだろうがァァァァ!
     / \i||i/\  
   / <●>::::<●>\
  /   ⌒(__人__)⌒ \  
  |  ノ(   |r┬-|    |  
   \⌒    `ー'´   /  |                     
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・   ムラサキノウエ!
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J


  





かなったんだお。

やる夫の夢が、一つかなったんだお……


945 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:01:52.94 ID:b61PiFEo

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~~~~~~~~長安~~~~~~~~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ∥
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ



947 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:02:09.76 ID:b61PiFEo

                 
            / ̄ ̄\   
          /   _ノ  \  
          |    ( ●)(●
      i!i!i!i |     (__人__)  オナニー三段活用!
   |::|  ;''':' '| |     ` ⌒´
   |::|  ノ /.  |         }  
   |::| ||  |.. . ヽ        }  オナニー!
   |::| ||., \.. ヽ     ノ  .オナラー!
   |::| | \  `''"~   ""'' )   オナニスト!
   |::|__.|_.` i           Y   
   |::|―--  `i  人    :  'i ニ二二|:::|
   |::|     |       l|i|! !|il!シュッ  |:::|
-''" ̄~~"" ,-‐‐!      i||!|i|!i|!,,シュッ |:::|
        i, `' i       i'ニ-'" シュッ// ̄~""
       \.i'"' ,、 '''"';  _/  .// _,,..i'"':,
         ヾ_,.i、_   _,;..-'   .//  |\`、: i'、
               ̄     //.  \.\`_',.-i
                   /,/


949 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:02:33.48 ID:ho2jK9Ao
やwwらwwなwwいww夫ww
この馬鹿野郎wwwwwwww

950 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:02:35.73 ID:b61PiFEo


                 
            / ̄ ̄\   
          /   _ノ  \   どうなる・こうなる
          |    ( ー)(ー
      i!i!i!i |     (__人__)  アナルー♪  ウォウ・ウォウ♪
   |::|  ;''':' '| |     ` ⌒´
   |::|  ノ /.  |         }  どうなる・こうなる
   |::| ||  |.. . ヽ        }  
   |::| ||., \.. ヽ     ノ   アナルー♪  ウォウ・ウォウ♪
   |::| | \  `''"~   ""'' )   
   |::|__.|_.` i           Y   
   |::|―--  `i  人    :  'i ニ二二|:::|
   |::|     |       l|i|! !|il!シュッ  |:::|
-''" ̄~~"" ,-‐‐!      i||!|i|!i|!,,シュッ |:::|
        i, `' i       i'ニ-'" シュッ// ̄~""
       \.i'"' ,、 '''"';  _/  .// _,,..i'"':,
         ヾ_,.i、_   _,;..-'   .//  |\`、: i'、
               ̄     //.  \.\`_',.-i
                   /,/


951 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:02:57.65 ID://640rI0
やらない夫ww立ち直ったんじゃなかったのかwwwwww

952 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:02:58.00 ID:b61PiFEo


┌────────/ ̄ ̄\───┐  
│           / _ノ  .ヽ、ヽ   
│           | (○)(○) |          ハッ
│           |  (__人__) | 
┌─────── |   ` ⌒´  ──
│─────── ヽ  ._   .} ──
│※※※※※※※※※※※※※※※ 
│※※※※※※※※※※※※※※※   
│※※※※※※※※※※※※※※※    
│※※※※※※※※※※※※※※※
│※※※※※※※※※※※※※※※
│※※※※※※※※※※※※※※※
│※※※※※※※※※※※※※※※
│※※※※※※※※※※※※※※※
│※※※※※※※※※※※※※※※
│※※※※※※※※※※※※※※※
│※※※※※※※※※※※※※※※


953 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:03:05.44 ID:ho2jK9Ao
前回からだけど壊れすぎだろうwwwwww

954 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:03:16.73 ID:b61PiFEo


         / ̄ ̄\   
       /   ー ー\    夢の中でオナニー……
       |   ( -)(-)     
       | u 。゜(__人__)    
         |     ` ⌒´ノ    空しすぎるだろ……
         |         }
         ヽ        }      
    /  ⌒ヽ    '´(  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


955 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:03:29.19 ID:Y1qGa2Yo
なんて夢をwwwwww

956 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:03:54.83 ID:b61PiFEo

                「夢精」
  / ̄ ̄\
 /:::::::: - -      陽猛覚空    陽 猛りて 覚めるも 空し
 |;;;;;;;:::(●)(●)    
. |;;;;;:::: (__人__)     白漏不届    白漏 届かず
  |;;::::::::; ` ⌒´ノ   
.  |;;;::::::::;    }      来賢人哀    賢人 来たるも 哀し
.  ヽ;;::::::::::;   }
   ヽ;;;::::::: ノ  
   /:::::::: く        想只宙去    想い ただ 宙に去り行く
   |::::::::::  \  
    |:::::::  |ヽ、二⌒)

 
               (対訳)

              夢の中でペニスが暴れ狂っていたが、目が覚めると空しいものだ。


              わが白酒は誰にも届くことなく(夢精で終わった)

              賢者タイムの訪れが、余計に悲しみをつのらせる


              興奮も、後悔も、ただ夜の闇に吸い込まれていくばかりだ。



958 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:04:28.27 ID:Y1qGa2Yo
とんでもない詩作るなwwww

966 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:06:01.05 ID:wO0I3FMo
>>956
しかもちゃんと韻をふんでやがるww

959 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:04:33.00 ID:md7mUhso
ダメ人間どもめww

960 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:04:45.64 ID:b61PiFEo

                          -┬‐‐ - 、
                        / ,z== =ヽ 丶、   変な詩歌うな!
                      / / 、ヽ ヽ 、ヾ l≧!
                      / ,ィ {ヽヽ ヽ Xヽ! |ミ!
                        ! ヾ ! ト‐- ヽl 心| l 从
                     | !<∧ ヘ必 _  l !Nリイ  ̄ヽ
                        リレ|ヾヽ、`ー- イレ|  {zf三ミ、|
                        Vヽィ ゝ\,, ==|  /   / 〉〉
                           { , ヘ\ ! /  /"´!
                            !  | ヘl ノ  /  |
                            ヽ __」_.{ i i i i }!)  ヽ
                        ,,  --―「! ! ! !l_j_jィ-'    |
                  ,, - '' "   ,,  ''´ゝ--〈 \|_ , -‐ ''ニヽ
              , - ' "    ,, - '"´       〈ニ{}、-'''¨゛|   \
        ,, - "´     , - "´            <弁_>   !    ヽ
    ,,        , - '"                 ,'//| |   /     |
  r"         }- "´               -―…7∨ Ll  /       !
  ゝ、 ,,.ゝ-- '                   \-‐/      /l       \
   ´                        ヽ/     ./ |        /
                            ー t―‐ '┬-_  , -‐'´


961 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:04:58.66 ID:wO0I3FMo
どんどん壊れていくなww

962 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:05:01.29 ID:b61PiFEo

         ○  
 ○/ ̄ ̄\    
 /   ⌒ ⌒\〃
 |    `ヽ/ ̄\〃  スペルマッ!
. |     ミ }    |  
  |      >、_/  
.  |    " ノ`ヾ}  
.  ヽ ○       }   
   ヽ     ノ  
   /    く. \  
   |     \  \
    |    |ヽ、二⌒


963 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:05:17.98 ID:b61PiFEo


          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶   
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、} くだらないこと
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ  
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !  考えてるヒマがあったら 
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |   
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l   身の振り方を考えたらどうなのよ? 
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/    
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′     
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ

964 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:05:24.38 ID:Y1qGa2Yo
最後までセクハラすんなwwww

965 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:05:38.76 ID:b61PiFEo

        / ̄ ̄\   
      / ⌒  ⌒\      わかってる……
      |::::::(-)(-) |    
     . |:::::::::::(__人__)|    王莽はもうおしまいだ。
       |::::::::::::::` u  |     
     .  |::::::::::::::  u }     長安が落ちるのも時間の問題だろうJK。
     .  ヽ:::::::::::::: u  }      
        ヽ::::::::::  ノ     
        /ヽ三\´    
        |:::::::::::::::: \



          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \      問題はその後だ。
        |    (ー )(ー)
.        |u    (__人__)      俺は、更始帝に仕えるべきなのか……?
         |     ` ⌒´ノ         
.         |         }               
.         ヽ        }
          ヽ     ノ     
          /    \
          ||  ||
          ||  ||
      __//_ //___
     /  //  //      ./
   /    ̄     ̄      //


967 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:06:44.62 ID:b61PiFEo

    西暦二十三年 八月以降のこと。


三輔( さんぽ。長安周辺の地域のことを指す)では、更始帝の軍に呼応した

     官吏や豪族が王莽に叛旗をひるがえし、長安へ進軍しつつあった。
     
     

             /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:l
             /;:`丶、、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;l  将軍九人を選抜し、
            /、;:;:;:;:;:;:;:;:;:``;:ー‐--;、、;:;:;:;:;|;:;:;l
            /:::::`::`::―--:::z、、;:;:;:;:;:;`'ー-+-┤  「九虎将軍」と命名するッ!
           {::r=、::::::::::::::::::,,ッ'  ヾ三)  r-リ
            ',;l /ニヾ::::::::::,:'"   ‐ -、、   `"l
           ヾi( (ろ::::::::,'   ーr‐。ュ゙:' ,ィ二j   数万の兵を与え、
            ト、`ミ,ソi::::;'     `=' :  トミ゚シl
           彡:::7-イ ';::'      r‐、  l  /   賊軍を討つでおじゃる!
            'イ::'  li ヾ'      / `ー、__ノ /
          , ィ^lノ''    i l l   / , -‐-J,_ /
         /:.:.ヽ\   i l l l    に ̄ア /
        ,rく__:.:.:.`丶ヽ、 、ヽl {,  ヽ二ノ /
      , -ゝ、`丶、:.:.:.:ヽヽ 丶、ヾ、    ,/
  ,, - '"´   `丶、、`` ー`≧―`ミニ=-ァ≦ー--、
r''" , -‐ヽ、    ヽ、丶、_      _,ノ     \
{, /:.:.:.:.:.:.:.\    \ ヽ.`  ̄ ̄ ´  ヽ      \


969 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:07:04.57 ID:b61PiFEo

     l;:;:;:;:l:;:;:;:;:;:;:、;:;l
     /;:;___l____:;:;:;:;.ヽ!
.    'y'‐_ _ィ‐ヾ=ミ、_〉   これで、撃退できるはずでおじゃる。
.    lfィ。ッ rf。ッ〈:::::ミ|
      l! ´7_,! ´ ,.;!:::ミ,!
     | ィrュ,ヽ ' {::7〃
     ヽ  ̄ _,..ノソv′
      ,ハ三 =彡'く
    ,∠ニ ⊥ ニニム、_
. ,. -‐'7   /     / ̄`ヽ


    しかし……

970 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:07:29.62 ID:b61PiFEo

   __
  γ新⊥    ボロ負けでーす!
  /_」゚Д゚)      
   新 (y) つ  九虎の内、六虎が敗走しましたー!
   ∪/ ゝ
   し"し"

971 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:07:46.51 ID:b61PiFEo

            |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
            l;:;:;:___jl|___;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
           ,イ::7´ ,r=ぅ   r- 、  ̄``i丶、;:;:l
          /::::シ  "´    ` ~´   ィ'ミ::::`'i!
          )::/ ,. -- 、   , -- 、  `ヾ::::::::},
          l:::l.:.,ィ句丶y'.:  ィ句丶、:.:. ゙i:::::::::l    エエエエエエエ
          }::l:.:.` ̄,.:'´ .: : `ミ ̄.:.:.:.:.:. l:::::::ム、
          l::l   , ' ,r'  ヽ、   :.:.:. }:::/^'i l
          N!    /゙'^'- '^'゙ヽ      l::fク //
          l l!   /  ,..,_,..、 丶     l:lぅ,ノノ
          しi  i   ,イエエエ>、 ヽ    ,l:ゝ- '
           ヽ. l l l{、:.:.:.:ノ:.:.:l) l   イ::ノ
            ヾ! l ヽゝェェェァツ  }   ,/:::ヽ
              >、  `ー-‐ '" ノ ,ィ'{^~゙゙´
            /l, ト、       ,ィ" Y lト、
           _/:.:.:ヽヽ.` ‐--‐ '"´    / ハ


   敗走した六虎の内、二虎は王莽に咎められて自殺。

   四虎はそのまま逃亡してしまった。この士気の低さは、

   この期に及んで王莽が軍資金の出し渋りをしたせいだった。


972 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:08:09.28 ID:b61PiFEo

:                                                    ]          
:                                                    く、         
:                                                     `i、   <エン州>    
                                         洛陽            ゙l、       
                                                      │       
                                         ○               |        
                                                  w====i、、       
                 <司隷>                      」''゚`ヘ-----″    `\      
                                         y-i、  │            ゙l、     
●長安                                ,-''''° │ l゙             ヽ     ,r
                                    ,i´    ヽ,,i´                 '!,  ,/ 
                                    │     ´ ゙l、              ヽィ〃 
                                   l゙        l       <予州>            
                                   ゙'k、      \、                 
         ,,,,,,,,,,,,,_                           ト        ゙l                 
━━マ"゙"゙゙゙゙"゛    ゙゚'=,、                     ,l゙           \i、              
    ‘''-、,、       `-,,_     武関           ,/           i、             
       `゙l         `゙゙''‐、、 ■     .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,r‐″                |             
         ヽ,,,_、         `゙ ―¬'''''"′                    ゙l、            
           ~゙゙゙''i、                         宛◎       ‘' 、           
              ゙'ー-、/ヽ,,、                               ゙l           
                    `゙"'┐                             ゙--         
      <益州>               \,、        <荊州>                │         
                        ゙'i、                           {、     


973 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:08:24.05 ID://640rI0
周囲全部敵だらけじゃあ士気も上がりそうにないなあ。

974 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:08:32.90 ID:b61PiFEo

        この敗北の少し後、荊州方面の敵を足留めする
        関所、武漢が更始帝軍へ呼応する勢力によって内側から開かれてしまう。

        
        三輔に乗り込んだ李松たちは、

        しかし、すぐには長安へ向かわず、

        味方の増援を待つつもりだった。


975 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:08:56.80 ID:b61PiFEo

      /      \    長安の周囲を少しずつ削り取りながら、
    /______\      
   / | ⊂⊃ ⊂⊃ | \  味方の兵を待つ。
   |  |  (__人__)  .|  |     
   \ |   ` ⌒´   | /  ファイティングコンピューターがそうしろと言っている。
   /               \
                   
 
                ところが……


976 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:09:13.38 ID:b61PiFEo

【将兵の皆さん】
    ∧,,∧  ∧,,∧        なー、ボヤボヤしてたら、 
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )    他の勢力に長安落とされるんじゃね?
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u     なんか、西方の豪族が、
     `u-u'. `u-u'
                    こっちを目指してるって噂もあるしな。


978 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:09:33.89 ID:b61PiFEo

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧    よーし、俺たちだけで長安襲っちゃおうゼ!
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ   
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'


979 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:09:56.94 ID:b61PiFEo

   王莽殺すぜーーー!  首を取ったら英雄だーーー!

  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
  / /       / /       / /      / /       / /
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(    )        
   \    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\
   /     /ヽ  /     /ヽ  /     /ヽ /     /ヽ  /     /ヽ
   /     /   /     /   /     /  /     /   /     /


    こうして更始帝軍の何割かは、手柄と略奪を目的にした暴徒のような

    存在に変り、勝手に長安を攻めた。

980 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:10:13.56 ID:b61PiFEo

       ____
      /      \    な、何を考えてるんだアイツら!
    /______\      
   / | ⊂⊃ ⊂⊃ | \  
   |  |  (__人__)u .|  |     
   \ |   ` ⌒´   | /  
   /               \
                   


         (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,, ,.>)      
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::\〉~     このままでは
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::u:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ッ     
     ~そ::::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::そ~   ろくでもない連中が手柄を上げる!
  、_ ,, /:::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::: ,ゝ===く::::::::::::::::::゙i ,, _、
    `V:::、_γ      `ヾ,::::::::::γ      `:::::::::::::::::::V`  それはまずい!
     l:::::く(   r,J三;ヾ   )>く(   r,J三;ヾ  ::::::U::::::::::::l   
 ~v,ん::::´:=; {三◎;= }  ,=ニ::::=; {三◎;= } `:::::::::::::::ん,v~
     l::::::::::::ゝ≡三=イ ´:::::::::::: ゝ≡三=イ::::::::::::::::::::l   
 、m,.. ,ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ, ..,m、
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::u::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u:::::::::::::::::::::::::::ヘ ~ ゛ `

981 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:10:39.25 ID:b61PiFEo

        そして九月……


   __ 陛下!
  γ新⊥
  /_」゚Д゚)    城内に反乱軍が進入した模様です! 
   新 (y) つ 
   ∪/ ゝ    
   し"し"


982 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:10:40.96 ID://640rI0
うわあああ、統率力が低すぎる。
長安の住人は逃げてええええええ。

983 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:10:46.61 ID:Ji.XalAo
こういうところはなあ……
質の低さが出ているというか

984 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:11:09.41 ID:bIsXEiw0
所詮盗賊だな。

985 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:12:58.98 ID:6OKBbxIo
もはや仁義なき戦い


988 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:14:55.35 ID:b61PiFEo



            |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l       麻呂には天の助けがある!
            l;:;:;:___jl|___;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
           ,イ::7´ ,r=ぅ   r- 、  ̄``i丶、;:;:l      反乱軍などに
          /::::シ  "´    ` ~´   ィ'ミ::::`'i!    
          )::/ ,. -- 、   , -- 、  `ヾ::::::::},      何ができるものかあ!
          l:::l.:.,ィ句丶y'.:  ィ句丶、:.:. ゙i:::::::::l
          }::l:.:.` ̄,.:'´ .: : `ミ ̄.:.:.:.:.:. l:::::::ム、
          l::l   , ' ,r'  ヽ、   :.:.:. }:::/^'i l
          N!    /゙'^'- '^'゙ヽ      l::fク //
          l l!   /  ,..,_,..、 丶     l:lぅ,ノノ
          しi  i   ,イエエエ>、 ヽ    ,l:ゝ- '
           ヽ. l l l{、:.:.:.:ノ:.:.:l) l   イ::ノ
            ヾ! l ヽゝェェェァツ  }   ,/:::ヽ
              >、  `ー-‐ '" ノ ,ィ'{^~゙゙´
            /l, ト、       ,ィ" Y lト、
           _/:.:.:ヽヽ.` ‐--‐ '"´    / ハ
        ,r‐    , -‐ ''"^ヽ 丶、:.:.:.:.:\\     //:.:.:.:.:ヽ } lー-- 、、
,, - '"      丶、 `` ー- ゝ ヽ、__∠∠.:-ュ:.:.:_,:ノ /    ` 丶、


4 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:16:26.24 ID:b61PiFEo

   __ 陛下!
  γ新⊥
  /_」゚Д゚)    城内のDQNや裏切った兵士たちが  
   新 (y) つ 
   ∪/ ゝ    あちこちに火を付け、略奪をはじめました!
   し"し"

5 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:17:14.61 ID:b61PiFEo


    l::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    l::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    l-、_::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /:::::::::::`'ー、_/_;;;;;;;_,.-――'´~ ̄'}  
   ノ`'ー-,.、_::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_i
   i;;;;;l   `'ー,l_,.-――――i ̄ ̄'l
    l;;;;;i  (ニニ)   (ニニ)   ノ;;;;;;;;;;;;i
   l´;;r'   _,,     _,,.   ヾ、;;;;;;;;;;;;l
   l;;;;i  ,_、      ,__、   ヾ;;;;;;;;/ュ
   ヾi  <,rッ_>    <,rッ_,>   i;;;;;;;;l }
   .l!   ~       ~     l;;;;;/ /
    l        l、       l;;;/_ノ
    'i     r'  ,_、ヽ     ,l;/
    ヽ    ゛'`ー' '~      ,ツ
    ヽ     i .!  ヽ    ,/
     ヽ  ,r‐==‐-、 i   /i
    /iヽ ヾニニニ_フ ノ  / iヽ、
   /  .l ヽ、       /  / ! \
 /    ヽ ヽ___/   ,/  ノ ノ\


  文字通りの火事場泥棒。

  敵兵ならともかく、民衆までもが

  宮中を蹂躙にかかっている。

  王莽はこのとき、自らの敗北を悟ったことだろう。

6 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:17:30.45 ID:b61PiFEo

:;:;:.;:.;::.;:.;:.:;:.;:.:;:.;::.;:.:;:.;:.:;.;:.:;:.:;:       ソ ;:.;:......;..:.:ノ.;::.;:.:;:.;:.:    ゞ    :;.:;:;:ノ
:;:;:.;:.;. ヽ  .;:.:;.ソ.;::.;:.:;:.;:.:   __   ( ソ ;.;:;.:;.:ノ.;::.;:.:;:.;:.:    丿  .;::;.::.:,ノ
:;:;:.;:.;::.;:.;:ヽ .;::..;ノ.;::.;:.:;:.;:.:   ∫ι_( (;; ,; ,ソノ___/丁了丿 ;.:ソ ; :.:.;:;ソ
.;::.;:.:;:.;:.:;.;:. ヾ  ゞ.;::.;:.:;:.;:.:  丿;;;;;;;( (;; ,; ,::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ..ノ ;:;.:;:;丿.;:,ノ
.;::.;:.:;:.;:.  ( ;::.;:ノ      ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;ノ  ;:;.:;.ノ;ノ
.;::.;:.:;:.;:.:   ヾヽ;:.ノ .ヘ . ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::: (;; ,; ,ソ;.:ノ.ヾ.ゝ.., ヘ
.;::.;:.:;:.;:.:    ヾゝ ;:..;:.ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::;丿.;:;.:;.:ノ  _., λ
.;::.;:.:;:.;:.:    ヘ ,,ゞ__ノ ;.:;:;ソ       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ,
         ゞ;;;;;ゞゝ.:.;:;ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            ヾゞ.:;ノ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,   ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ∥
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ     .      彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ   .      彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/

7 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:18:03.34 ID:b61PiFEo

            ',     l      l
             l     ',  ._,,,..........l
             l,  ._,.. -'''"゛._,,,,,........L_,,,,_、
              ゙(゙゛ _,, -'''゙″         `゙`''ー ,,,_
             ,..‐'″   .|.l.   ,;;;;'''''-,,.. -..、      ``''ー ..,,
           ,/´ ._、 _,,..-" ゙‐'゙´ く--'゙    `゙'-、        ``'''-,,,,,,、   陛下……
         /  .,,,,.r'. ブ´        _.. -ー''¬ー、、 `''、..-‐'''''ー-、    <_
       /   .,i'゛  `″        'r‐v,,_______,,,,',〟 ヽ  _,  `'、    _>
     ./   ./  .,..‐'" ゙̄フ`、    | .し_二ノ   !   l'"    .l._.. -'"゛
   /    ./ .r'__,ー-‐,゙,'  │   l   ミミミミミミ ノ   !      /
  ./     /  .! `、ゝソヘミ  ノ    `'-..,,_____,, '"     |、   /
./   / ̄│  '、  ミミミ  /   ,- 〟    フ トy' /  /  ̄
.-'ツ  .,'   ,_.!   `'―ー'''゙_   '  │   '"`'`    ./
../   ',     ' ,,   _/ー/ー7゛    ゙ー'"          _..-'゛
'!'''"゙゙´ ヽ.     `';;..、′``''″    `゛   ._,,, -=,゙゛
      `'ー.... -'"  .``'';;r‐―-.y-r‐''''''',゙∧- ..,,,,  `';;..、       ._,,_.. -、、
              ,r'゛    `'、,,,゙ゞ ゛゙'ナ'-..,,..-゙゙“゙_..-'"'-,,_._,..-‐'″ .ヽ  ,゙'y
                /   .,, ―ーイ'゙ヽ / .`''-、..-'"゛              [ ゙゙̄゛
             l        ヽ .`、       .,_,,              !

            王邑(おうゆう) 王莽の従弟。

           第八章・第九章で百万の軍勢を率い昆陽を攻め、

           やる夫にボロ負けして 新王朝にトドメに近い打撃を与えた張本人。

           王莽は王邑を後継者に考えていたらしく、

           大敗の責任を取らされることはなかった。


8 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:18:39.01 ID:b61PiFEo


        !::::::/´   ノ三三三三三三三二:::
         ゝ'rァ   '‐-、_三三三三三三三:::
          /        \三三三ニ::: イニ.、  王邑。まだ逃げ出していなかったでおじゃるか。
        i  :::rェ、_     1三二::::/::ヽ 、
        ゝ,  .|ツ'´     i三ニ::/  t_ヽ `
         ./   !;;:'      i三ニ::i  い フ
        /   :       |三:::::!:::__,,/
        / __ :.        ヽニ::!:::]ヽ_:-'"
        ヽれ;          '_=ノ ::::): : : ::;
         i            ::;:;:;;:/  ::;;
            c,,,,,___       ::::::::::::;;;:;;/  ::;::
          冫゛      :::::::::::;;./ \  ,,..
          ヽ_::::.    ::::::::;;:;;::/ ./ / __
            `i   :::::::::::;;;;;/ / / /__,,
            ヽ_ノ;;;::l:::;;:;// /..-'‐"
               `´`´ ゞz,/ ヽ__,,.-‐'"


9 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:19:07.53 ID:b61PiFEo


             王莽をさがせー!                大佐のキッスはいただきだー!


              ‐=≡   ∧ ∧                   ‐=≡   ∧ ∧
             ‐=≡   (;´Д`)                ‐=≡   (;´Д`) 
            ‐=≡_____/ /_               ‐=≡_____/ /_
          ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
         ‐=≡  / /  /    /\ \//       ‐=≡  / /  /    /\ \//
        ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/       ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
          ‐=≡    /    /                ‐=≡    /    /
           ‐=≡   |  _|__                 ‐=≡   |  _|__
            ‐=≡  \__ \               ‐=≡  \__ \
             ‐=≡ / / /                  ‐=≡ / / /
  ``)        ‐=≡  // /         `)        ‐=≡  // /
   `)⌒`)    ‐=≡ / | /           `)⌒`)    ‐=≡ / | /     
    ;;;⌒`)   ‐=≡ / /レ             ;;;⌒`)   ‐=≡ / /レ      
  ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)             ⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)       

10 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:19:23.03 ID:b61PiFEo

            i;:、;:;:;:;:_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i,
             /三、;:;:;:;:;`;:‐-;、、l_,;:;-‐;:';:´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡ニ、  麻呂は、天に選ばれた皇帝などではなかった。
           l三三^'ー-:、、;:;:;:;:j::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐イ彡三三i
           i'l三Ξ.  ,.=ミ`'ー-‐'";ニこ´   ィ彡三三7,.、 そのような偽者に殉じることはない。
           ',lミシ"  ` ̄´    `¨"´    `ーミ三彡7-ヽ
           lミミ, :.  _,.=、、 .   ..: _,.〟、、..:  ヾ彡〃//
            〉l; ::.彳ヾ゚;ハ、:、 ,:' ,.ィヘ;゚ツゞ::'   .::彡/ノ/  早く、逃げるでおじゃる……
             ヽli. :ヽ.`゙'''"フ`.:  l::. ヽ`゙゙"´.:'  .::::::彡ゝ/
             `li.  `゙ " .::   l:::. ` ゙ "´ ..::::::::彡ー'′
           _,.ト:..    .:' :   :::::.、    .::::::::::彡′
         ,ィ'´r'"::ヘ:::..   /`'=、__,.ィ'' ' ヽ  ..:::::::::::;ヲ
       ,r‐' ./:::::::::::::ヽ::::.    : :     、.:::::::::::;ノ ヽ、_
    , -‐''"   ヽ::::::::::::::::\ ー-:こ=ニ=一 ノ .::::/l:::ヽ, ヘ`ー-、
, -‐"     ヽ   \::::::::::::::、\ `ー‐--´ " ::// /::::::::i l   `ー-、、
         \  \::::::::::\ヽ、____,./: :/ /:::::::::::l l       `丶、、
          \.  \::::::::::ヽ、::.   .: : : /./::::::::::::ノ /


12 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:20:08.98 ID:b61PiFEo

              / ::::::::::::::::::::: ヽ
              | ::::::::::::::::::::::::| |
              | ::::::::::::::::::::::::| |              なんということを仰せられるか!
              | ::::::::::::::::::::::::| |
              | ::::::::::::::::::::::::| |              おじゃるは、予言の勇士として
             ___|_:::::::::::::::::::::::::|___|___
       _ ― ̄ __ ̄ ̄| | ̄ ̄____   ̄ ― _     おじゃるを引き立てて下さった
     ―  :::::::::::: (|||||||ii:;;;ノ´ヽ;;ii||||||||)_:::::::::::::::::::::::: ― 、  
     ̄:::::::::::::::::::::/  ̄         ̄   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ    陛下のご恩、
 /:::::::::::::::;;;;;;::::::/  ,, ―,,,,      ,,―,,,,  ヽ  _ - 、:::::::::::::::ヽ
_、:::::::::: r   Y  /l !!!!|||||li;     / !!||||li|ヽ  Y   ヽ:::::::::::::::::::ヽ  大敗の責を許して下さった
  `――|   \|  l ヽ;!!!|||l!|     ;!!!|||||!  l  |/   |――  ̄ ̄
      ヽ   |  ヽ   ̄ノ ・ ・ ヽ  ̄  ノ   |、  ノ          ご厚情、
        ̄ !,   __     l-.-l     __   !  ̄
          ヽ, (:::::::)    |:::::|    (:::::::) ./              決して忘れないでおじゃる!
           '― ,_______ V _______, ―'


13 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:20:38.66 ID:b61PiFEo

     , --、   _
    ||| /   ヽ
     L L 」 |   /   おじゃるは最後まで陛下にお仕え申す!
 , -  ̄└--┘~|   /
  ,-vO-^-O─|  /ヽ、  わが剣で、今から外敵を退けて参る!
~( Y(○ .. (○| /~^   
,(.入 ″〈〉 ″| /   
しと「厂 l`'丁 ~i| /、
  〈〈_人_ ̄_入|/ ヽ、    
  (   ,二、  `ト-‐' 
 ~~ ̄   ヽ_丿

14 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:21:03.78 ID:Ji.XalAo
おじゃるのくせに……カッコいい台詞を……

15 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:21:04.25 ID://640rI0
このおじゃるは熱い。
そして悲しい。

16 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:21:09.59 ID:b61PiFEo

             /、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                |:;:;:;:`:;――┼-----------{
            /互7―- 、__|______|    王邑……
             {三,ゝ <三)   (三>  ,ノ三ヾ
              r!ミ´ _,. .. 、   _ 、,..,_  `ヾ三ミ!
               |{ミ' .:'イでiン'、 : ' ィ'でi)>.:.:. }三ム
             ゙ト{,  `三シ' .: :::.`三彡:.:.:. lシ/り
              {j!     ,r'.: :ヘ,:.     fミ/、リ
              `!    / `^ー '^'ヽ    liにソ
             、   ,. -ti、_  ',    /朴
                ヽ.  '、モェェッソ、 ノ  イ〉ヽ、
            ,. -‐代、 `  ̄´ , '  / /:.:.:.:.`ト、
        ,. -‐/ /:.:.:.l ヽ丶 ___,' ィ´//:.:.:.:.:.:ノ /‐- 、、
      ,  '´  〈{、'、:.:.:ヽ ヽ  ,-、 //:.:.:.:,. '´/    `丶、
  ,. '´        `ト、`ニ==ゝ‐'―'´≦ニ=‐'´_,. '′       丶、

17 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:21:28.79 ID:b61PiFEo

               /㍉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡三三i
                l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:〟-三三三三三l
               l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_   予言は、
              lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ
                  l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//
                   ∥ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/  たった一つだけ、
               1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/
                 ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′ 正しかったでおじゃるな……
                ゝ、  / :.  :r-、        彡′
              / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
          _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、
      _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、
    ‐'"´        ヽ. \::::::::\ ー-‐‐'      /  //:::::::::::::}  ) `''ー-、
 /            \ \:::::::::ゝ、___,,.. ‐ "   //:::::::::::::::l ,'     `''ー-、
'´               \ ヽ、;:::::ヘ 、       //::::::::::::::::ノ /         ヽ



    昆陽の戦いの失態など、有能な将とは言いがたい王邑だったが、

    最後まで王莽への忠誠心は捨てなかった。


18 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:21:46.81 ID:b61PiFEo


     , --、   _
    ||| /   ヽ
     L L 」 |   /   やあやあ われこそは、王莽様をお守りする予言の勇士!
 , -  ̄└--┘~|   /
  ,-vO-^-O─|  /ヽ、    どこからでも、かかってくるでおじゃる!
~( Y(○ .. (○| /~^   
,(.入 ″〈〉 ″| /   
しと「厂 l`'丁 ~i| /、
  〈〈_人_ ̄_入|/ ヽ、    
  (   ,二、  `ト-‐' 
 ~~ ̄   ヽ_丿


19 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:22:07.25 ID:b61PiFEo

      宮廷内へ進入した暴徒たちに対し、

      自ら武器を取った王邑は明け方から夕刻まで
   
      戦い抜き、やがて、力尽きて討ち取られた。      



20 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:22:28.66 ID:Relxk3Eo
個人的な武勇あったんかおじゃる

21 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:22:36.03 ID:b61PiFEo

  ∩∩ ぼ く ら の 反乱は こ れ か ら だ ! 
  (7ヌ)                              (/ /
 / /                 ∧_∧            ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   ||
\ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) //
  \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、    /~⌒    ⌒ /
   |      |ー、      / ̄|    //`i      /
    |       |      / (ミ   ミ)  |    |
   |    | |     | /      \ |    |
   |    |  )    /   /\   \|       ヽ
   /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /


22 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:23:01.86 ID:b61PiFEo

     l;:;:;:;:;ー-::、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐'";:;:;:;:;:;:;:l
      l;、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:‐-::、;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:-‐''";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィヽ
    /ミミ;:;、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙''‐┼‐''";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ィ彡三l   天よ、麻呂を見捨てたもうたのか?
     l三三ミ`ー 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-‐''"´彡三三l
   r=三三ミミ     `゙''ー-、;:;:l;:;:;:::-‐''"´     ィ彡三三lr‐、
   ヽ l三三ニゞ   ,r==、  ̄   ,-‐=、    ゙ヾニ三三lr, l  
    l l三シ´       `゙゙゙゙゙′    `ー'''"     ``彡=l: /   麻呂の何が、間違っていたというでおじゃる?
    ',.lミミ   、....__,,,..,,,,,,,_ 丿 、  _,,,,,,..,,,,,,_.     l三/./
     l.ヾミ     '《_ヾ゚ツヽ、 :  i:"´,ィ'ヾ゚ツ_,,ゝ   lミi l
    ヽ_ヾ.  ヽ、 `゙'''"´ノ l  l::. ヽ``'''" .ノ    lミl,ノ
      `ミ,     `゙゙゙゙゙"´ , .l  |::.  `゙゙'''''"      .lミ'
       'ミ          ィ .::   l:::.、         lツ
        ヽ      / r      _) ヽ       /iヽ
        ヽ    /  ``'ー‐'"    \    / l:::ヽ
        _,ヽ.、  ,‐-、   : :    _, -、`  / /:::::::ヾー-、
       //l.l\  ヽヾミ三三彡',ン´   , ' /:::::::::::::ヽ ヽ
  _, -‐'"´/ /::::::l l. \  ` ー--一'"    //:::::::::::::::::::::::)  )、
'"´    / /::::::::',. ヽ  ヽ、         //:::::::::::::::::::::::::/  / \
      ヽ ヽ;::::::ヽ ヽ   `ー--‐‐'"´ /::::::::::::::::::::::::/  /    \


23 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:23:24.73 ID:b61PiFEo


             / ) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ./ / | この全身から溢れる想い!
           / /  \          / ̄ ̄ ̄
           / /     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄|  漢王朝へ届け!
         ./ /_Λ     , -つ    \
         / / ´Д`)  ./__ノ         ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
        /    \ / /   ⊂_ヽ、
        .|    へ/ /      .\\ Λ_Λ
        |    レ'  /、二つ       \ ( ´Д`)
        |     /.          . >  ⌒ヽ
       /   /             /    へ \
       /  /               /    /   \\
      /  /               レ  ノ     ヽ_つ
     / ノ               /  /
   _/ /                /  /|
  ノ /                 ( ( 、
⊂ -'                    |  |、 \
                     .  | / \ ⌒l
                       | |   ) /
                      ノ  )   し'
                     (_/

24 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:23:46.41 ID:b61PiFEo

   /ゞ'ヽ  ` i     i;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;ヽ、
   i:: ヾ,,,)''''', l      i;:;:;:;:;:;:;:;;;;;ヽ;:;:;:;:;:;:ヽ   天よ、奇跡を起こしてたもれ。
   ヽ、  ::::ノ'\      l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-一ーヽヽ
    i  ::::/ ヽ:::::ヽ   l;:;:;:;:;;-''',,,   '''''''' ヽヽ
    i  :::::i   ヽ::::ヽ   i:::::i '''':::::ヽ r,,イ= ヾ丶
    i  ::::l    ヽ:::ヽ  i::::ミ  ,ィェァイ ヽ-  ヾ  麻呂にやり直しの機会を下さるなら……
   i   :::::i     ヾ,,ノ,ノi:::::ミ '''  /::  、 、  ト
   i  :::::l     ヽ,,,,、`'i::::ミ   /` '''  i   il
    l  ::::::i        \ヽミ ::::,  r f´`ヨ   l´
   ii  ::::::::i         ヾミ::::::::ヽ ヽヾ´    i          ,,,, - 、
   i  ::::::::::i         ヽヾ:::::::::ヽ    :::::::ノ,,-'''丶、 ,,,,-''''''';;;;;;;;;;/ヽ,,,/ヾ、
  i   ::::;;;l、         \\::::::ヽ、::::::::::/;:;:;:;:;:;/√    ;;;;;;/  :::/   '' ヽ、
  i   /  ヽ、____   ,,,,,,,-ー一:::::::::::::: /;:;:;:;:;:;/ /::     ;;;;/  ::::/      `
 i   /   ,/∥  r,,,''''''''   //;:;ノ´::::::: /;:;:;:;:;:/ /:::      ;;/  ::::::/
 l  /   / ::;  ,i'::::::::    / //::::ヽヽ/;:;:;:;:/ /::::     ::::∥ ::::::::::ヽ
  i /   / ::::; iヽ:::::    /   /:::: ,,,レ ´,- ´ /:::    :::::::ll :::::::::::::::::
  /   /  :;  lヽ    /    /ー~~ ノ      /::::     ::::::::l :::::::::::::::::::::ヽ


25 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:24:00.69 ID:b61PiFEo

       // /
      // /              ,r-、
      // /              /;:l;;ヽ   この麻呂に、力をおおおおおお!
    ("ヾ/ /_              l;:;:l;;;;;l,
    rゝミXッ' )             l;:;:;l;;;;;;;l,
   ,(ニミ、'^ヾ"               l;:;:;:l;;;;;;;;;l,
   f-、_)  }、            l;:;:;:;:l;;;;;;;;;;l,
   7ゝ<_ / 丶               l;:;:;:;:;l;;;;;;;;;;;;l,
  ,lミlミハ'"  丶             l;:;:;:;:;:l;;;;;;;;;;;;;;l
  lミlミl i,   丶         ,' 、__l__;:;:;:;:j、
  ,lミlミl  'i,    丶       /ゞ、,_l_,,. ィ彡!
  lミlミl  ヽ     丶      lミl r=, ,r=、ヾミ゙i
  ``トイ  丶     \       N ,ィoョ! ; ィoュ、lミゝ
   ゞハ   丶   ,r',ニ≧、   l(,  イ t,   l/ュ!
    f=l    \//'"^``ー-、`ュ /'ー'^ヽ  li-'′
    ヾト、   //   / / ,/ィ"ヘ =三=  ,/,久、
     {l ヽ  / /    / /V'"/  ,ゝ、__,/.:'_,:.,ィt、
     \ / /    / /  / '"´,ィゝ-ィ":./,r-,ニ`ヽ
       ,l ,l    ,'  /  ,/  /{i _, ‐'"/ / ,.-‐-、!l丶
         l l    l  l   /  /      / /'´    ヽ ヽ
       l l      l  /  イ      /       ヽ ヽ
      ノ     l  l    ノi,     /        ヽ ヽ
      /     j ,l ,ゝ- 、、_l__,, ィ"   ⌒ヽ、  lト、ヽ
     ,l     l ,l f        ,.: .:'"^ヽ  ミ<、_ヽ j ヽ l


26 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:24:15.41 ID:b61PiFEo

            、   , '    
              〆    
            //      
            ノ /     
           /  i      
          ,i  |i      
         ,'  |i       `
         i|   |i       
        i|   .|i        
        |    i、       
        ゝ    i、      
     '   i|     ゝ         
        .i|    丶        
         .i|     \       
         .i|      丶   .       
          .i|       丶丶、、,,      
           i|        \ゞ`      
            i|、       `\ 、、,    
             ゝ      `丶`\ゞ    
               \  ,.   ミ\丶 `   
                 `;丶\丶  、`丶    
                       \ 丶     

27 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:24:44.59 ID:b61PiFEo

    だが、奇跡は起こらなかった。

    王莽、このとき68歳。

    その死体は手柄を競う暴徒によって

    ばらばらにされ、首は更始帝のいる宛へ送られた。

28 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:25:02.04 ID:b61PiFEo

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ   王莽は日本でも、
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i   いわゆる賊臣・姦臣の代表格として
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i  
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil   挙げられるほど、
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l   悪名の高い存在だった。
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ   しかし近年では、
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/    後漢王朝へ続く儒教政治の
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ      基礎を築いた人物として、
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l      再評価が進んでいる。
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l

29 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:25:27.57 ID:gEKay4Y0
ばらばら・・・

30 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:25:52.75 ID:ho2jK9Ao
新王朝の最期、か……

31 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/01/25(日) 16:26:00.56 ID:NmW3MHgo
項羽の最期と被るな

32 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:26:09.64 ID:b61PiFEo

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ     『王莽』というタイトルの伝記も日本で書かれてるしね!
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)    ちなみに やる夫の伝記は見つからなかった!


33 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:26:42.01 ID:b61PiFEo

 さて、長安を最初に掌握したのは、

 更始帝軍に呼応して挙兵した、

 弘農郡の掾(えん。郡の地方公務員のトップ)を務めていた

 王憲という人物だった。

 しかしこの王憲は、勝手に皇帝の旗を立てたり、

 宮女を陵辱するなど非行が激しかったため……


34 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:26:56.34 ID:b61PiFEo

                         _ノ(
                ,、-――ー-- 、___, て
              // /   __,ノノノ、  く  (
              /   / 、_,   从 | イヤア
              //l/ / o=,、  ''、!| l|ノ i |l
             イ | l|イ!   `' , l;;メ川l ,,
             !l川 ノ| " (`ヽ "川  "''ー- 、,, _     あー
            モミ   ノVl|ハト、_  `´ ノノノ       |   ̄`l
              モミ     ノノ  _ '´⌒ヽ ,-、       |    |  やっぱり宮女の
          / /  nノ´   ´     l´)_,ヽ    .|    |
           | l  l´ )     :r;:  Y  ノ  /    |    |   シマリはいいYO!!
.   ズッ        `/   ゙      | /  /●   |    |
.       ズッ  //     / ̄`ヽ   /     /    |
      __ / / '   /     ヽノ ///  /    /
   /´     ̄ ̄'    ´  l⌒l    ヽ    /_   /



36 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:27:13.74 ID:b61PiFEo


         (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、     ロ こ
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)     リ の
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  め コ
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < ! ン
     l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )> く,
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  申屠建により誅殺された。


37 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:27:39.31 ID:b61PiFEo

         (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,, ,.>)      
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::\〉~    王憲のやつ、皇帝のアレを持っているはずだ。
       〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ッ     
     ~そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::そ~   
  、_ ,, /:::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::: ,ゝ===く::::::::::::::::::゙i ,, _、  さがせ!
    `V:::、_γ      `ヾ,::::::::::γ      `::::u::::::::::::::V`  
     l:::::く(   r,J三;ヾ   )>く(   r,J三;ヾ  ::::::::::::::::::::l   
 ~v,ん::::´:=; {三●;= }  ,=ニ::::=; {三●;= } `::::u::::::::::ん,v~
     l::::::::::::ゝ≡三=イ ´:::::::::::: ゝ≡三=イ::::::::::::::::::::l   
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ, ..,m、
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ ~ ゛ 



   __  閣下!
  γ漢⊥
  /_」゚Д゚)     見つけました! 
   漢 (y) つ 
   ∪/ ゝ    
   し"し"


38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:27:55.10 ID:ho2jK9Ao
え、まさかこのためだけに?wwwwww

39 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:28:24.15 ID://640rI0
ようかんマンは扱いが酷いな。
まあ当然だがww

40 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:28:30.95 ID:1d73lH20
だからベアード様だったのかw

41 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:28:37.70 ID:b61PiFEo

         _
        /,.ァ、\
       ( ノo o ) )オ仕事 オ仕事~♪
         )ヽ ◎/(.
     (/ (・)(・)\    
    ⊂_ノ) x ノ\_つ
       (_⌒ヽ
        ヽ ヘ }
      (( ノノ `J  ))


    王莽秘蔵の、自動式・性処理人形です!召し上がれ!


42 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:28:55.04 ID:Y1qGa2Yo
いらねええええ!!

45 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:29:16.05 ID:b61PiFEo

         (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,, ,.>)      
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::\〉~     違うわアアアアア!
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::u:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ッ     
     ~そ::::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::そ~    玉璽だよ!
  、_ ,, /:::::::、,ゝ===く:::::::,::::::::::::::: ,ゝ===く::::::::::::::::::゙i ,, _、
    `V:::、_γ      `ヾ,::::::::::γ      `:::::::::::::::::::V`   伝国の玉璽!
     l:::::く(   r,J三;ヾ   )>く(   r,J三;ヾ  ::::::U::::::::::::l   
 ~v,ん::::´:=; {三◎;= }  ,=ニ::::=; {三◎;= } `:::::::::::::::ん,v~
     l::::::::::::ゝ≡三=イ ´:::::::::::: ゝ≡三=イ::::::::::::::::::::l   
 、m,.. ,ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ, ..,m、
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::u::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u:::::::::::::::::::::::::::ヘ ~ ゛ `


46 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:29:59.77 ID:b61PiFEo

    あ、それもありました!

  
     ∑ニ\∑ニ\
        \ ∧凹凹∧
    ___<〃(.lll)W(.lll)>
  / 三三/∠彡 ̄\\`マ
 / 三三/((  レ~\_] [___)         オレ玉璽ダッツーの!
 | 三三三l\ヽノミ∑ `、_人__)ヽノミ
 | 三三三|xxxx三三|`―┬―′
 |   三三|xxx三三|三/\
 \ 三三|xxx三三___\
   \ 三\__      /
     ̄ ̄ ̄    ̄\/

 
     玉璽(ぎょくじ) 伝国璽とも言う。

   秦の始皇帝が何か不思議な鳥の巣から見つけたありがたい石を

   色々加工して造ったとされる、皇帝専用のスタンプである。

   
   これを所有することで、皇帝を名乗るためのハクを付けることができた。


48 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:30:44.17 ID:b61PiFEo

   ((     
  '´ /ニ゙ヽ    これが玉璽かあーー!
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   『三国志演義』で有名な呪いのアイテムだね!



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l  そういうこと言うなよ……
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   本当に始皇帝の時代から受け継がれたものなのか、
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '     疑問とする説もあるみたいだがな。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ



50 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:30:59.78 ID://640rI0
そういや玉璽って今も残ってるのかな?

51 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:31:16.52 ID:b61PiFEo


       (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: ,, ,.>) ,, ,.>)            
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〉 :::\〉~    それだ!       
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<::::::゙ッ<::::::゙ッ           
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::そ~    厳重に保管しておきなさい!     
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i ,, _、      
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,::::::::::::,:::::::::::::::::::V`   あと、人形は私がもらっておきます!     
     l::::::::::::::::::::::く(   γ⌒ヽ  ):::::::::::::::::::::::::::::::::l         
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=;       ,=`::::::::::`:::::::::::::::ん,v~      
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ===イ ´::::::::::::::::::::::::::::::::::l         
 、m,.. ,ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ, ..,m       
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ ~ ゛ 



   結局、この兵乱では宮殿の一つが焼けただけで、

   市街地などに害はなかった。

   王朝の交替劇としては、あっさりしたものといえる。



54 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:31:43.26 ID:RwMNypgo
もらうんかい!!

55 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:31:49.58 ID:md7mUhso
やる夫兄弟もそうだがみんなダッチワイフ好きだなww

56 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:32:09.49 ID://640rI0
民衆に被害が無かったのは良かったが、民衆は加害者の方だったのか。

57 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:32:32.23 ID:b61PiFEo

        / ̄ ̄\   
      / ⌒  ⌒\      王莽が死んだか。
      |::::::(-)(-) |    
     . |:::::::::::(__人__)|    これで本当に、新しい時代がくるな。
       |::::::::::::::` u  |     
     .  |::::::::::::::  u }     
     .  ヽ:::::::::::::: u  }      
        ヽ::::::::::  ノ     
        /ヽ三\´    
        |:::::::::::::::: \


58 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:32:47.95 ID:b61PiFEo


          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶   
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}   そうみたいね。
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ  
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !   いい機会だから
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |   
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l   私……
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/    
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′     
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ


60 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:33:05.01 ID:b61PiFEo

                      ,. ―‐- 、
                   /´`       ヽ、
                      ,'        、} ト.
.    rr、                ,'    '   ,.イ゙V }
  ,イ川、             ,' .!  ,' .i  〈_,イ「l/        フ ヽヽ         /
  |  !」_          / ,'::! .!,': ::! .:.:| ハ〉|     / J ヽ     ̄ ̄ ̄   Λ_丿
  l  //```ヽ、       l:i::!::! :::l:::l :::l ::::,`:!:i::|
  `ーl_{     ``丶、__ _从{::|:::::l::,':::::| ::::,':::'l::l::!                 ,.┐
     \_          `/ Λ!::/:ノ!::/!::ノ::/ノノノ                 /フ′
       `¨` ー- 、_   / /  ´ ´ ''´ '´7´/´ ̄`¨¨`¬……――''"´`>ーァ'´,イ__
             \! ..___    / /               / /  '´,.-┘
                 ...___   ̄´ /     ___ ___      {___j--‐'´
              |      ̄ ̄´ ´厂 ̄´        ̄`¨¨´
                /         ノ'´
                }___、      |    故郷の南陽に、帰ることにするわ!
            /     ``¬―v‐'
            /        ,.   |
          //        /     !
         //      ,'      '、
        / /l         !        ヽ
        \,'|         !          >


61 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:33:26.62 ID:b61PiFEo


   / ̄ ̄\
 /   _____ノ  \
 |    ____( ○)(○)   なんでだアアアアア!
. |     ____(__人__)    
  |           |l!|li!|
.  |     ____ |ェェェ    平和になったばかりじゃねーか!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


62 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:33:43.91 ID:Relxk3Eo
これから権力闘争の季節が幕を開けるからなあ……

63 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:33:47.64 ID:b61PiFEo

                    ィ ‐―- 、__
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l             だって更始帝の
     |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ 使者が来たんだもの。 
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./  私に更始帝に
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       / 
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /   仕えろって言うのよ?
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
             ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /
      | || o   |       \`jl 〃 /
      | ||     !        ヽ!V/  {


64 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:34:11.43 ID:b61PiFEo


     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \    もう引き抜きが来たのか。早いな常識的に考えて…
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)   ま、禹。秀才と呼ばれたお前のことだ。目を付けられてたんだろうが……
    |  U  |r┬-|  
 .   |     ` ⌒}   
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ


65 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:34:41.37 ID:b61PiFEo

             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     ただの皇帝には興味ありません。
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     この中に苻堅、李世民、趙匡胤クラスがいたら
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |     私のところに来なさい。
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/              |ヽ |     |_    「 〉
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                 ⊥ 人_  _|_    |/
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                            O
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、


66 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:34:57.17 ID:b61PiFEo


                  _.  --────-  ._
             _.   ´.:.:.:.:.:____:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
      ヽー--‐ ´:.:.:.:.:.:.:.>' ´____  `丶、:.:.:.:.:.:.
        ` ャ‐.:./:./'´.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、 ∨:.:.:.:.:.   って言ったら
         /.:./.:./:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\∨:.:.:.:.l.
        /.:.:./.:.:/.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:!:  呆れて帰っちゃった!
      /.:.:.:.:/.:.:/.:.:.:./.:./ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.!:
.     /.:.:.:_/.:.:/.:.:.:./.:./   |:.:.:l∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.
     |:.//.:.:.;'.:.:.:.:ト:/.   l:.:.:| ∨:.:.:.:.:.:.::.:|:.:.:.:.:.__:.:|:.:.:.:.|:.
      f′ !:.:.:.!:.:.:.:.:|:/ \.  '.:.:|  、:.:.:.:. _.斗、'.:´.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:
       /|:.:.:.|:.:.:./|:′   ヽ ヽ!  \.'´:.:. ! \:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:
.       /.:.|:.:.:.l:.:.:.{ |!      |   \:.:.|   ∨.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.
     //|:.:.:.|:.:.:l:'.l  __         ヽ!__ ∨.:.:|:.:.:.:.|:.:.
      /.:ヽ ∨:.|:.:.:|:.'. '´  ̄`ヽ      ィf´ ̄`ヽ ∨ |:.:.:.:.|:.:.:
.    /.:.:/|:.∧:.|:.:.:|:.:l       ,         r 、     }.:.|:.:.:.:j'ヽ
    i:.:.:/ l/ ∧l\|:.:|     ___    l l   /.:/.:.:.:.,  〉
    l:.:.′{. /.:.:|.:.:.:.:.:.     |- .─ー--`l  | |   /.:/.:.:.:/ /.:
    |:.′ l`.:.:.:.|:.:.:.!:.:ヽ.    V      ,′ ! |   /.:.'..:.:.厶ィ.:.:.
    l:!   ∨.:.:.:!:.:.:|:.:.:.:.:\   、     /   ′l __/.:r'7.:/.:.:./.:.:.:
    ||.   ∨.:.:l:.:.:L -=ミ. \  ` - '  / /  V /:/.:.:./.:.:.:.:.
.    {    ∨ ヘ.:.|    \. > .__ ./' - ' ´ V:/.:.:./.:.:.:./



68 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:35:21.25 ID:Relxk3Eo
それ中国皇帝TOP3クラスですハルヒさん……

76 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/01/25(日) 16:37:02.99 ID:TXdJju60
苻堅をトップスリーに入れるはどうだろ?

84 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:39:04.29 ID:E1oc1M.o
>>76
でも配下は当時のオールスタークラスが勢揃い。

80 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:38:20.39 ID:6OKBbxIo
康熙帝・愛新覚羅玄を忘れてもらっちゃ困るぜ

83 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:38:59.81 ID:1d73lH20
朱元璋モナー

72 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:35:57.63 ID:b61PiFEo


           / ̄ ̄\
          /u _ノ  \\   ……お前なあ…
          |  ( ー)(ー) |
          |  u (__人__) |
          |   . ` ⌒´  |
          |         }
      .    ヽ        }
           ヽ     ノ

73 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:36:18.39 ID:b61PiFEo

   /     /:/  /   │ |   \ヽ   ヽ 丶 \
i  ,′    |/  /      !  j     ! !    !  ',  ヽ
i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ  でも、連絡先は聞いといてあげたわよ。
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ  アンタなら、
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l  雇ってもらえるんじゃない?
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |  私の代用には、とてもならないけどね。
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐'' ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ
  \ ヽ   `ヽ  ,ノ  リ   /        \

75 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:36:42.50 ID:b61PiFEo


           / ̄ ̄\
          /u _ノ  \\
          |  ( ●)(●) |   !
          |  u (__人__) |
          |   . ` ⌒´  |
          |         }
      .    ヽ        }
           ヽ     ノ




           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \    ……そうか。ありがとな。
         |    ( ー)(ー)
         .|     (__人__)       
         /     ` ⌒´ノ
       /  ヽ ⊂二二 ̄\    連絡とってみるだろ。  
     /     \  ⊂、'    ヽ
    /        \_, `7  /
   /    へ     \ !/  /
   |      \    Υ  /



77 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:37:11.74 ID:b61PiFEo

               _,...-─‐-─…─-....._
            ...:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...、
          ..::´:::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::/:::::::::::/´      `\::::\::ヽ::::::ヽ
.      /::::::::::l:::/:::/.-::::´ ̄ ̄ ̄ `::::-.ヽ:::::ヽ::';:::::::::',   大分マシな顔つきになってきたわね。
.     ,.':;. -─ 、/::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::V──┐
     /::::},.─ャ 7:::::://:::;イ::j:::::::';::::::::::::::::::::';:::::::|:::::::::.-、_」',
.    /::::::`ァ´ ':::::_j_j__/ |:::|';::::::ヽ:::::';::::::::::::'::_;:|_::::l  ヽ:::::!  安心したわ!
   ,′::/>、_」:::::::l::|:::|`ヾ:!、ヽ:::::',\|ヽ;:イ::l::::|::|::::::ト._,.ベニ._‐、
    |://::::::/ ,|;::::::N∨-- 、 ` \:ヽ ヘヾ-fⅥノ!:::::j:|',ヽ::::::| ヽ\
   i´/:::::::; ' ./.|:';::::V/ヒワ‐ミT   ``  'イう-ミ:ハ:〉::/::トヽ \   ∨
   |イ:::!:::::/ ハ. |:::ヽ::'. マ-ツソ       vヾシ//::/::::|ノ::ヽ、ヽ
   |.||::|::/  i::::`:';:::::::ヾ、`¨´           `¨´,/:;::'::::::l:::|:::小∠._
   lハ:l::ー、.」::::::::::';:::::::',     、_’_,.  ∠イ:::::::::/::/:/リ´-┐ ,!
    |:||::::::|:::::::::::::::、:::::'\    「ヽ    _. イ:/:::::/::/:/ /`ヽ/ /
     ヾヾト:|::::::::::|/ 、:::',、::'.丶、_| | __.  '´l/イ::::://イ  /`ヽ'^ヽ、_
.         ヽ:::::::|   \ヽヾ!  .| |   ∠ィ´/::/l.イ |  ′   `l    `
       ,〈 \:!',    ヾ、l____」 |__ _| ,シ'    l. l. ′   /
.      / ', ', ',.      |_/ '´-‐-.',__|    / / ′  /
.      i′ ', ', ',.     |_,/   ー-|フ_!   / / /  .i^i'
      y'   ', ', ',  ,.rァ'    ,rz:ノ ./   ,.' ,.' /  /J
     ,/    ヽ,.ヽ..ゝ1 | |   ノ '’ ./  / / /.|匸´__     /


78 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:37:35.25 ID:b61PiFEo

          _,...-‐::::::: ̄:::::::ー-..、
           /::::::::::::_;:. -一ー- 、::::`ヽ、
      ,..-::':::::::::::;/   _,.......-‐-..ヽ::ヽ:ヽ、  じゃー、またね!
    ,.:':::::::::;:::/::::'  ,..-:'::´::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:ヽ
    /::::::::::::l:;'::::::|/:|:::l:::::';:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヘ::ヘ
:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::ハ  今度会うときは敵同士にならないよう
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l  祈ってるわ。
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|  ま、それでも手加減はしないけどね……!
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_
      `,.ゝ::::::',ヽ::',ヾ_,...r'^`          ^¨ヽ、
    r‐'  /ヽ:::', `ヽ、r'                (
    ヽ、ノ   `7ー'´          __.........__   {
     `ー-‐'¨         _,.r-‐'´     `ヽ._r
                /,r'           ヽ
79 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:38:01.33 ID:b61PiFEo


          / ̄ ̄\
        / -  - \  ああ。 達者でいろよ……
        |  (-)(-) |     
        |  (__人__)  |   
         |   ` ⌒´  ノ     
   r"ヽ   |         }  
  (   =‐' ヽ        }   
   ゝ-'    ヽ     ノ     _
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ



81 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:38:33.07 ID:b61PiFEo

        / ̄ ̄\.
      /      \.........:::::::::::.... .......
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.  敵同士になる可能性………
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_   
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   てことはつまり、
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.  
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄    
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.       アイツの行く先は……
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ    
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ    
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/



   王莽が倒れ、新しい時代が訪れた。


   誰もが明日の生き方を探し始める中、

   やる夫はまだ、動けないままでいる。

  
   けれども その心の中は、

   少し、暖かかった。

   
82 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:38:52.17 ID:b61PiFEo


         ____
       /      \
      /         \  
    /     ⌒   ⌒  \   
    |    /// (__人__)/// |
     \            ,/  
    ノ           \



           _,.--- .
          ,.'´: : : : : : : : : :`ヽ、
    ___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \     
    `ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
     /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´ 
      l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|
      い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|   
        V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ
.          |人{ |:.l: :.|   rタイ:人   
       ,f¨¨ヽ Ⅵ:.リ  ‐ イ|: :「



     第十二章 「王莽最後」 終わり

     第十三章 「群雄」へ続く


85 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:39:14.13 ID:b61PiFEo


      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
     イ二二二二二二二二二二イ    今回、幕間はナシです。    
       ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
.        i   ,.>、;/ー- 、    l
       ! ∠.._;'____\   |       「夢精」の詩句を必死こいて捏造してたせいで
   ∩  ,!イi´ー`> <´ー`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄    |\ ヽ、    時間が無くなりました…スイマセン。
.   | |\ |    !.ノ   u    | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´
     \|               |
      |              | |
       |               | |
      .|               | |
      |               l ∪
       |              /
      \           ./

86 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:39:33.20 ID:b61PiFEo

 _____     
 |_____  |   ┌┐ ┌┐                           r‐--------, /,ゝ   _┌┐       _,,,..-、  | ̄ ̄|
    __ / /   || || ____      _ _,-           .|_______!l'_ゝ  | | | |     .l゙ ̄: : : : │ |  ノ
    | レ' /    || || |_____ |  __| |_|_|-   / ̄ ̄ ̄ / r‐-----------┐    | | | |   . ゝ-│: r'"  | |     
    | /    || ||         | ,---, |     ̄/ / ̄   |,,,,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,,,,|   | | | |   . /'''''''": .`'''''''i |  ノ   
   / /      └┘ ||         '-' ./ /    __/ /         │ │      | | | | .ハ .!,,,,,,,,,,: ,,,,,,,,/ .└┘     
   / /          //          .,-ー' /   ./____/       ,, /  /      | | | レ' /    / : ,!   ┌┐
 / /         //            `-ー'                r'" ,,/        | | |___/   ,i'": /    └┘ 
  ̄                                              `v '"                 .l. /     
(さよならだ!)



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  


88 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:39:45.42 ID:Y1qGa2Yo
乙ですた

あの詩はレベル高かったなぁwwwwww

91 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:40:06.57 ID:Relxk3Eo
いや、幕間に匹敵する出来でしたよ夢精。
これから「やる夫で漢詩を学ぶ2」スレには、
この詩が載ると確信しています。

乙ですた。

92 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:40:11.95 ID://640rI0
次章のタイトルからすると戦乱はまだまだ続きそうだな。
やる夫がどう歴史に再登場するか楽しみだ。

94 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:40:29.05 ID:rP4xxyQo
本来のTOP3だったら苻堅の代わりにやる夫を入れるな。
康熙帝は建国者じゃないのが減点。

95 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/01/25(日) 16:40:43.75 ID:TXdJju60
皇帝として中国に影響を与えた業績、という点でなら、

秦の始皇帝
清の康煕帝

が双璧かな。あとは宋の太祖趙匡胤か明の太祖朱元璋。

97 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:41:23.53 ID:4Vq9xTs0
前秦は符堅が凄かったというより王猛が凄かっただけじゃないか。
王猛の死後は僅か数年で崩壊しちゃってるしな。

107 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:49:00.82 ID:jV.K1FUo
乙でした

そして、テメエら、一番重要な皇帝を忘れている
中国に大航海時代をもたらした明の永楽帝を

個人的には李世民よりこっちだなあ

101 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:42:44.60 ID:b61PiFEo

本日はここまでです。
今日も見ていただき、ありがとうございました。


「夢精」気に入って頂いたら幸せです。


次回も一週間後。二月一日の午後三時から投下する予定です。


103 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 16:45:28.98 ID:SqDdd5Uo
面白かったよー乙!
しかし「揚之水」から「夢精」のギャップにビール吹いたw


108 :1 ◆r.lduuWrXE[saga]:2009/01/25(日) 16:49:25.77 ID:b61PiFEo
       ____
      /      \    
    /______\      
   / | ⊂⊃ ⊂⊃ | \  
   |  |  (__人__)  .|  |     
   \ |   ` ⌒´   | /  
   /               \
                   

ちなみにコイツはやるお板の雑談スレから拝借した
名前不明の やる夫派生キャラです。


あと、玉璽ですが、後の戦乱で失われて、
今は残ってないみたいですね。
  

114 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 17:11:29.98 ID:0qarwNs0
平家物語にも載ってた王莽がこんなあっけない最後をとげたのか・・・

でも、王莽の最後って絶対死ぬことがないという北斗七星のお守りを持って
しぶとく逃げ回ってたらしいけど、本当なのかな?

118 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 19:22:32.09 ID:o7N4CG.0
>>114
百万の敵すら平伏させる力を秘めた威斗と預言書と玉璽と虞帝の短剣を持って宮殿を逃げ回った。
王邑は衣冠を脱いで逃げようと息子を一喝して親子で王莽を護った。

最後は宮殿内の池内にある漸台に立て篭もったが、矢が尽きると敵に乗り込まれ王邑親子らは斬死にし、
台の内部にいた王莽は商人の杜呉に殺され玉璽を奪われた。
杜呉の持つ玉璽を見た校尉の公賓就は持ち主を王莽と判断、首を挙げ王憲に差し出した。
兵士達が王莽をバラバラに切り刻んだのはその後のこと。
王莽の首は宛の市場に晒され、民衆はこぞって彼の首を打ち、その舌を切り取って食う者すらいたという。

119 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 20:24:18.04 ID:YZLRl/Q0
>商人の杜呉
正確には商人ではなくて商の人。
商は地名。
商鞅(公孫鞅)が封じられた土地。

121 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 21:16:55.00 ID:0qarwNs0
>>118
サンクス
「北斗七星のお守り」というのは、昔読んだ「世界の歴史」っていう漫画の
中で王莽がそれを握って宮殿を逃げ回ってたコマがあった
威斗というのがそのお守りなのかもね

しかし最後の方の残酷場面は、想像したら吐きそうになったわ・・・

124 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/25(日) 23:10:31.39 ID:ZDChKwE0
王莽関連で「其れ塩は食肴の将、酒は百薬の長・嘉会の好、鉄は田農の本」は出なかったか。
まあ、出し所がなかっただけかもしれんが。
この時代は、やはり名言・迷言が多い。

125 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/26(月) 00:17:48.41 ID:OgaKiW2o
やや、乗り遅れた。

>>108
オツでした。
玉璽はどの戦乱で失ったんでしょ?
五胡の侵入あたりかな?

夢精詩の完成度の高さにはあきれたわいww

130 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/26(月) 20:41:26.63 ID:MoQMcO.0
>>125
Wikipediaによれば、
>五代十国時代の946年に後晋の出帝が遼の太宗に捕らえられた時に紛失した。

もっとも栗原朋信『秦漢史の研究』によれば、
伝国の璽は秦の始皇帝が造らせたものではなくて
光武帝時代にこしらえられたものらしい。

126 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/01/26(月) 01:34:38.58 ID:3zMYMBUo
自作で漢詩つくるとは!俺は昔の人がそんな漢詩残したのかと一瞬うたがった。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/63-7f9717ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。