やる夫が光武帝になるようです 第六十四章「光武帝」最終回

ここでは、「やる夫が光武帝になるようです 第六十四章「光武帝」最終回」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
416 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:02:23 ID:AswzKNMg

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ 
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|   それでは
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ     投下するッ!
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/      
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/       
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))       
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|        
 |  |  !、           .| |      
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|     
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ 
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_   
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 


    , ─── 、
   /_______ ヽ〟ヾ
 (( |/ ─ 、 ─ 、\ |  ヽ     ひょっとしたら次スレ行くかもね。
   |    |    l   |   |  
    |   / |ヽ   !─r-、ノ     でも別にいいから気にするなー
 (^ヽー ヘ ` ー ´ノ|  6 !     
  `ー 、⌒`ー─ ´ |  _ノ ノノ
     \⊂二   ノ /\
    、────´/ /\
      ̄ ̄ ̄/「/\/ /^ヽ
          i |    |  |


417 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:02:49 ID:AswzKNMg
              ∩                     _  ∩  _
            i |                      j j  .i |  :! !
  i、        i |         ,,i      ____,ノノ   i |  `、丶__
  | !       __i |__       ! !     ´、,,,,-‐'´     i |     `‐--、,,,,ゝ
  | 二ニニニ---- : : ----ニニニ二, {    __,,,,,,--------' --------、,,,,,__
   ! |          i |          | i     `''''''''''~~~~ ̄ ̄i | ̄ ̄~~~~''''''''''"
   !, !       i |       ,! !        _,,,..---─'__`‐----、_
   丶,------‐;二 二;;‐-----"ノ      /,-''''" ̄ ̄   ̄ ̄'''‐‐‐;ヽ
     '''" ̄ ̄  i |   ̄ ̄''''"       i {    _,,,,,,,,..---------┘i
            i |                 | }    /, '''''''''~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
            i |                 } |   ( (__
            i |             i' |   `‐-ニ;;-、___
            i |             i, |       ~`'''‐`ニ;;-、.._
              ∪               ∪               ~'''''‐‐、ン

  ∩     ,,-‐'二二;;‐、_      ∩    ∩         ∩
.   i└''''ニゝ j i´ ___. `i .i ∠''''''┘!    { {        .} ,ニニニ二二二ゝ
.   i | ̄   i .ニ-----ニ !    ̄`! {     `i {______,,-‐'└------、__
.   i |    || ,、_  ,,,_ ||    | |.     ~''''''''''''''''''''''''''i. i''''''''''''''''''''''''''''''~
.   i 二ニゝ | | ,! !.-、! !.|| '、ニ二. !      _,,--------' `──‐-----、
.   i |    || ! i ̄^! }. ||    | |     ,;',,'" ̄ ̄ ̄ ̄i. i ̄ ̄ ̄ ̄~""~
.   i |    || ! i  | i ! |    | |     i {  ∩     `‐ニニ二二ニヽ、
  `└---.; || i└‐┘; ! ! 、---┘,'     ! }  i |    ∩       `i !
   ~''''^~~ ∪   ̄ ̄ ∪ ~^^'''~       ! !  i |     .i |      ∩   } !
   _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,---------、,,,,,,,,,,,,,,,,,,_     | !  i |     .i |     i ;'  } }
  `‐‐‐‐‐‐┐i''''''''''''''''''''!┌‐‐‐‐‐‐"     } i.   i |     .i .ニニニニン  |{
        .ノ,ノ      i '、            | |   ! i   ||           } !
   ,,,,--‐',ノ         `、`‐--、,,,      ∪   !_`'‐─┘`──‐--.、 ∪
   `''''' ̄           ̄~'''''"           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^'"


418 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:03:03 ID:AswzKNMg
やる夫観察日記様でまとめていただいてます ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/


第一章「南陽豪族」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

第二章「王莽失政」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-342.html

第三章 「赤眉大乱」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-343.html

第四章「陰麗華」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-382.html

第五章 「愛別離苦」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-393.html

第六章「家族」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-429.html

第七章「更始帝」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-454.html

第八章「英雄誕生・前編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-530.html

第九章「英雄誕生・後編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-549.html

第十章「陰謀」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-604.html

第十一章「劉秀」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-611.html
 
第十二章「王莽最期」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-648.html

第十三章 「群雄」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-677.html 


第十四章 「旅立ち」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-707.html

第十五章 「虚像皇帝」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-746.html


第十六章 「薄氷」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-781.html

第十七章 「政略結婚」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-807.html

第十八章 「烏丸突騎」  ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-822.html



420 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:03:17 ID:AswzKNMg
第十九章 「反側子自安」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-890.html

第二十章 「長安乱脈」   ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-924.html
第二十一章 「蕭王」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-936.html

第二十二章「火種」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1010.html

第二十三章「大樹将軍」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1020.html

第二十四章 「運命」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1056.html

第二十五章「義士報恩」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1099.html

第二十六章 「更始最後」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1117.html

第二十七章 「郭聖通」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1136.html

第二十八章 「亀裂」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1180.html

第二十九章 「親友」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1183.html
平沢唯による補足 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1218.html

第三十章 「蝗」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1219.html
第三十一章「司隷激震」tttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1244.html
第三十二章「赤」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1250.html
番外編    ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1252.html
第三十三章 「南陽豪族・二」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1255.html
第三十四章 「非情」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1325.html
第三十五章 「卑怯」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1326.html
(第三十六章は欠番)
番外編・2  ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1327.html
第三十七章「流浪」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1393.html
第三十八章「馬援」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1410.html
第三十九章 「防壁」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1422.html

第四十章  「虚々実々」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1480.html
第四十一章  「疑心暗鬼」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1583.html
第四十二章 「鏡面」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1638.html
第四十三章 「韓信二世」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1639.html
第四十四章 「優柔不断」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1640.html
第四十五章「隴西侵攻」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1647.html


423 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:04:10 ID:AswzKNMg
第四十六章 「事業再構築」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1661.html
第四十七章 「來歙猛攻」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1670.html
第四十八章 「病魔」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1711.html
第四十九章「名将帰天」  ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1712.html
第五十章  「忠臣無残」ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1737.html

第五十一章 「光武中興・前編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1755.html
第五十二章「光武中興・中編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1756.html

第五十三章 「光武中興・後編」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1815.html

第五十四章 「性欲」ttp://yaruokansatu2.blog111.fc2.com/blog-entry-7.html (R18)

第五十五章 「功臣」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-1962.html


第五十六章 「後継者」 ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-2060.html


番外編4であり第三十六章http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-2061.html
                                       

第五十七章 「徴姉妹」 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-2259.html

第五十八章 「猛将帰天」 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-2260.html



第五十九章  「孝廉」 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-2263.html

放置プレイ 様  
 ttp://houchiplay.blog54.fc2.com/
記事一覧  ttp://houchiplay.blog54.fc2.com/blog-category-3.html


424 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:04:28 ID:/6jB4LZg
最終回ハジマタ!


425 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:05:59 ID:AswzKNMg

太古の中国
のちに黄河と呼ばれることになる河のほとりで、農業が始まった。

              ヽ \
            ./ \ \  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧/     ̄  < エーンヤコーラ!
      (;´Д`)     i i i    \______
      /    ヽ _   i i i--、
     ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|.
    / \ヽ/| |       ノ__ノ..
   /   \\| |
   / /⌒\ し(メ    .i i i . .
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...   /ヽ
          ; "ノ・ ./∴: / )i iヽ-、_へ    ,ヘ
          '',, : :―― / / i i i iヽ . ̄ ゙― ノ /
    n_    _/;    i  .ノ / /ノ-' ̄ ゙ ― 、__ノ
  _ノ 二二二、_( _Д_ ;)-ヽ_ノ-'



最初の内、人々は洪水が引いた後に残される肥えた土を利用した。
年月を経ると、川から水を引いて田畑を耕すようになる。



427 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:06:32 ID:AswzKNMg


   ,.. ,., ., .,., ,.__,._,.,.,,.,,,_,.,,.,.,,,.,,,,,|   ゝ__.,.,.,_.,.,___,.,.,.,...___,..,.,._______,.,.,...__,.,
     ;:: ,,__    ,,ノ|                  lヽ_,,  ゙"゙"゙ "゙"゙" ';::;,.
 ,...';:;'''''  /|〈,, ll~⌒ ̄|llノ                    |ll lヽ         ';:.
 ;::;  ゙" ,/|l ll|~~ー  ´                  ::  ::::|    ゙" ゙"゙"  :,
 ;';,  (__ノ::: :: ::                      _ノ          ,;:
 ,;,       ̄ヽ__                   /              ';
  ;: "゙"゙"゙"゙  "゙   〉::                 /               ,.:;
 ,,;.           ノl|::: ::               ::|\     _       ,;;'
 ,;'  "゙"゙      ,/llノ|:::: ::               :〈  ゝ:ーv―"  ヽ      ,;
  ;:.,,,,    _/  ノ::: ::               :::L,,     ll l ll||      ;:

しかし黄河は、扱いにくい水源だった。
あまりに巨大で、氾濫が起こると田畑を洗い流し、大勢の命さえも奪った……

                       。  。
                    。っつっっつっつ゚
                 __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ  ドドドドドド・・・・・
              ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。
             /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ
           /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ         . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ        . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ


そのため、河をせきとめ、コントロールする「治水」のノウハウが編み出された。

そうして新しく作り出された田畑が、
もっと大規模な治水工事に必要な人手を集めるためのエサになった。


428 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:06:54 ID:AswzKNMg

      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ   水門を開こう
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,   な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /



大きな目的のために、人々を集め、従わせる。「国家」という権力の始まりだった。


429 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:07:48 ID:AswzKNMg




            ,r゙'ー‐-、,
             { ; ゙ ; ミ
           _  ゙!;、`゙''デ
         ノ i`''''"ー';゙,,_
       /` ,_ r‐イ ト; |
     r" ,/ | │  li│
      ! │ ││ ,! l│
      l |  | |  ∥| l
       L」  | |  ∥ヽヽ,
      !, ヽ | │ ∥ ヽ,ヽ,_
       `゙" |_,,,」,,,_」   ゙i、_ツ
          ヽ, `イ
          ヽ, ゙ヽ,
           | ト、  ゙i,
          / ./ |  |
          / ./ │ |
        / ,l  │ |       
        ,l  l'   l  l      ,,r‐─''''''‐-、  
        l  l  /`゙''ヽ、_  /  _,,,_  ト、 ヽ,
        l  l  / /!  ミ`''゙  /   `;;;゙ ゙ーテ
        `!  | / / リ`ヽ、, ;:/ _,,、r''"1:::゙| リ::1
        [二ゞ,_/ ,,!; ト'゙,、{    _,,、-、ノ::::;l ノ::::|
        `'ー''''゙ '"`' ゙̄´ `''''''"   ゙''''''" `''''゙



しかし、大河全てをコントロールするにはまだ力が足りなかった。
より多くの人間を動かす力を得るために、国同士は争い、おびただしい血が流れた。

      / ̄ ̄\                          ________ 
    /      ヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ     |            |
    |                 ヽ   ヽ从从/   /     |               
.    |   国      /⌒l     \  \/  /て        国     
     |         ノ |`'''|    ∑ ヽ/  /  そ     l            |        
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |              | 
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽ       |          
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /

権力は膨れ上がり、やがて当初の存在理由を忘れ去るまでに強大になっても、さらに膨れ上がり続けた。


430 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:08:25 ID:AswzKNMg

紀元前221年。

初めて中国統一を成し遂げた男が名乗ったその称号が、
以後、二千年以上に渡ってこの国最大の権力者の名前として受け継がれることになる。


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ        こんにちわ
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \
       :::::::::     \,, ,,/        .|    うふふ・・・ 僕の名は政。
        |::::::::::     \   /      | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   秦の『始皇帝』です。
       /                \     
       |  |             |  |
       \ \            .|  |    
    ( ̄ ̄( ヽ _)      ヽ    (___ノ\
     \ (´`ゝ         )      `) \
      \~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄ ̄    )
    
(紀元前259~前210)


431 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:08:37 ID:hZPdQwzQ
このプロローグも懐かしい・・・


432 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:08:48 ID:AswzKNMg


皇帝。


およそ2200年の長きにわたり、
約350人の独裁者が名乗り続けた称号である。
   朕は皇帝である          n n n: n.n,.n;:.n.n         朕は皇帝である
  朕は皇帝である         ,--、 ,--、 ,--、 ,--、 ,--、        朕は皇帝である
  朕は皇帝である     r―、 ---   r―、 r―、 r―、     朕は皇帝である
                   __ ;――、 __ ;――、   __チンコ
                 ,--------、  ,------- 、   ,-------、`
              r-―――、    ,:―――――、  ,:――――、
 ノ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
イ二 二二二二二二二イ イ二二二二二二二二二イイ二二二二二二二二二イイ二二二二二二二二イ    
∵∵  ∞∞∞∞   ∵∵∵∵  ∞∞∞∞   ∵∵  ∞∞∞∞   ∵∵∵  ∞∞∞∞   ∵∵
/               ∵ /            \ /             \ /
                 ヽ               ヽ               ヽ
                :::::::::|               :::::::::|              :::::::::|           :
 (●)     (●)  ..:::::::::::| (●)     (●)  ..:::::::::| (●)     (●)  .:::::::::::|(●)     (●) ..::
   \___/  .:::::::::::::::::|  \___/  .:::::::::::::::|  \___/  .:::::::::::::::::|  \___/
    \/  .::::::::::::::::::::ノ     \/  .::::::::::::::::::ノ    \/  .::::::::::::::::::::ノ     \/


433 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:09:07 ID:AswzKNMg



    そしてこの日……

    
   350分の一の人生が、幕を下ろそうとしていた。









       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l       (  )::::::::::(  )
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


434 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:09:44 ID:AswzKNMg




//: : : :∧: : : : : : : : l|: : : : : : : : : : : ∧: : :∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
/: : : : i:: :{i: : : : : : : :l|: : : : : : : : : : :l|:::ヽ: : :|l: : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : :\
: : : : ::l|: : :i} : : : : : : :{i: : : : : : : : : :l{|::: ',: : :{i: : : : : : : : : : }: : : : : : : : \: : : \
: :/: : :{|: : : i},: : : : : : ::i}: : : : : : : : ::{i|::: ∨: :ヾ:: : : : : : : : : i}:: : : : : : : : : }ー  __\ _
:/: : : ::{|: : : :|{\: : : : : {ト、:: : : : : : : :{{:::  \: ::{,\: : : : : : ::|}: : : : : :|i: : ::l}      ̄
'/: : : : {i|: : : |l:::::\: : : :|{::ヾ、 : : : : : :{i:::   \{  ヽ: : : : : : i} : : : : :i}: : : l|
: : : : : :|:i}: : : {|:::::::::\: : ヾ:::::\: : : : : :{:::  __,,ר´ ヽ: : : : :l|: : : : : l| : : ::|            やる夫!しっかりして!
: : : : : :}::i|: : : :|:::::::::::::ヾ: : :':,:::::}:\: : : : {ヘィァィ 二二ニ=ュ\: : : : : : : : :|: : : :{:、
: : : : : :|:::{!: : : i`¨二=≡\: :':,ム::::::\: : ヾ:: ̄ }::::::::::::::::}¨|::\: : :i: : : : : : : ∧{
: : : : : :{l:::{!: : :{| ̄ }::::::::::::::{\{::::::::::::::,>:: : ':,¨三二三≦.|: : ::\:}ヽ: : : |: : }   
: : : : : ::{i::::i} ヾ{{≧二三 二::::::::::::::::/  \{      ""  l: : : :|i  `}: : : |: :l}   
: : : i: : /{|:::i}: : : \三:::::::::::::::::::::::::::/     \_      |: : : :i}. , j: : : |: i}
: i,: { : {〔.| : ヾ ヽ: : \:::::::::::::::::::::::::::` ュ     U      |: : : i} //: : : |/
::ハ : : ヘ i}: : : : : \ : :ゝ:::::::::::::::::::::::::::〕           |: : : i},,/: : :/
:{: :∨ : \{: : :\: : {\|::::::::::::::::::::::::::∠_       U    ::|: : : }: : : /
::i  ∨ ト、: :{i: | ∧ {::::::::::::U::::::::::::::::::::_,,, -‐- ._      :::,|: : : |: : :{i
`':,  ∨| \i l} : |\::::::::::::::::::::: r=ニ -‐=‐--`ュ ゞ  ::/:|: : ::|: :/リ
    \   {::::{::: {::{\:::::::::::::::::::::::::::::¨ ̄>      /: ::}: : ::|/
        |: :ハ .{マ >-::::__::::::::::::::::::/       /: : : :/: ::∧
          {::| .i .l \\::::::ァ‐-:::::::::_`〕 _ -‐ ´: : : : : ///::リ
           {| { !   \∨:ハ∨//// ̄:/: : : : : : : // {/'
            リ     }::} リ∨/////: : : : : : : : : : /   i
               |/ ´  ∨///: : : : : : : : : /    |i、

                         陰麗華

                ,. - ── ──
            r'つ)∠───     \  
           〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__     ヽ 
          ,.イ      ,イ    \ヽ,     }
         ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \    ノ          やる夫!
         {  .ト{\ヽ',  メ __\  }  /   
          ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、   
          ノ  ト、"´,.  U  ー ノ ///\  
         /.  { U ゝ   u /  レ//  } 
         {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TT  
         V{   \ └ ´  / ,.イ/  /    
       ,-、  f^ヽ   >ー┬|/  ! ,.イノ    ,,
 
                禹


435 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:10:20 ID:AswzKNMg

            -------
          /ヾ        ヽ
     ∠⌒ヽ/           ヾ ヽ
    < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
    /             ヾ   ヾ  ヽ
   / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
  //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ
      (              |  ⌒ヽ  |
      丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |    陛下!
       | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |
        | ━/   ━      | | し  |
        | -/   丶 --    | | 丿:::|
 )     │ /        U   | |   :|
 (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
  )     丶     \     / | ゛::|
  (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
   )   | /// 丿      /   |  |
   (  //γ  レ/⌒   /   │|
    ~- | (    //ア
       |   (  レ /

            耿弇


  /::/::::::::::::::ヽ. 
  |:/‐ ‐∨!::l.     父上!
  !:i冂 冂|:ト::!. 
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 


    劉荘


436 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:10:43 ID:AswzKNMg





       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ   お……
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l       (○)::::::::::(○) 
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\






 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\         記録を……皆に伝えたいことが……
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


437 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:11:20 ID:AswzKNMg


         「朕、百姓に益する無し。
         皆 孝文皇帝の制度の如くし、
         務めて約省に従え」



          ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
              /   ::::::  \         やる……おは……
             / ( )::::::(  ): \      民のためになるようなことは
             | ::::::  (__人__) U |      何もできなかったお……
             \     ::::::   /
                  /::::::|:!/::::::::::ヽ.       葬式は文帝を見習って、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::l       質素に行ってもらいたいお……




            「刺史・二千石の長吏は皆
             城郭を離るる無く、
             吏を遣わし及び郵に因り
             奏すること無かれ」





       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ    州や郡の長官は、わざわざ上京したり
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二イ     使者を派遣したり、手紙を送って
           _/   ::::::    \         弔意を表したりしないように……
           /   ::::::       \   
          /::::::/:::::: ヽ、::::::      |
          l   (  ) (  )       /   
           ヽ::::::(__人__)::::::  /
           _x>  {_ノ _  イ7\__


438 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:11:44 ID:AswzKNMg


       「 葬式は質素でいい。」
      
        一時代を築きあげた帝王にしては、
       あまりに味気ない遺言である。




         しかし貧民の出身ではなく、
        大豪族の生まれというわけでもない。

        平穏な世なら「地主の旦那様」で
        終わったかもしれない
        この男が、生涯持ち続けた感覚が
        そのような言葉を吐き出させたのかもしれなかった。






           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二イ       もう……身体が動かないお……
                    /  ::::::: \.             
                   /:::< >:: < >:::\        
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \


439 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:12:04 ID:AswzKNMg





        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
  , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'" ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,   ,,
""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""
""' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" " """



     


           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二イ     あれは……南陽の……畑……
                    /  ::::::: \.
                   /:::<○>:::<○>:::\         あそこから……とうとう……ここまで……
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \


440 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:13:44 ID:AswzKNMg

                        /!     ,,.rァ 
                 / l゙  ,,、r'´ / 
                  |  l_,.r''´   /
                  |    ,.、r'!  /
                   ,,l   ,,r'’  l  /
               ./   .l゙    l ./
                / ./!  l!    l゙/
            r'´  ./ .|  |
            |   ./  |  |
            | ./   |  |
            レ'     | /
                  |./
                                _,,.rァ
                                r''´! ./゙ /
                        /| .| ,l / ./
                           |  | |/./ . /
                        .| ./  ./ ./
                          l/   / ./
                                ;'_/


       



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二イ 
      /      \
     /⌒  ⌒    \            まぶしっ?
   /( ○ ) ( ○ )   \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \


441 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:14:01 ID:AswzKNMg




         . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..                                      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..             .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....                  .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .            . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .             . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
                   ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;.:.:.:.. .             .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.                . ..:.:.:;:;:.
                .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;.:.:.:.. .         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.              . ..:.:.:;:;:.
               .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;:.:.:.:... .        .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.              . ..:.:.:;:;:.
 .:;:;:.:.:.. .           .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.              . .:.:;
               .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
  :;:;:;:;.:.:.:.. .         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.              . ..:.:.:;:;:.
                .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.              . ..:.:.:;:;:.
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .           ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.           . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..           . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....             .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
      ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
       . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .







  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二二二イ 
      /      \
     /⌒  ⌒    \           ここ……は?
   /( ● ) ( ●)   \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \


442 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:14:50 ID:AswzKNMg

        。|.          _,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,  .|。.
    |  |。 |゚  y        .;:.:;.:;.;:;:.:;:.:;.:;:.:;.:;.:;..:;:.:;.:;.:;..:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;:.:;.:;.:;:.:;:.:;.:;:.:;.,:| :.. |。 |゚
    ゚|  |  |io i|      .;:.:;.:;.;:,:.;:,;.:;,:.;:,;.:;,:;.:,;.:;,.;:,;.:,;.,:..,;:;:.;:;,.:;.:,;:.,;:.;:,;.:;,:.:,;.:,;:;.: ゚| oi|  i| i|。 y
    。|  ゚i| 。i|,,ノ  |i.  .;:.:;.:;.;:;,:.;:,;.:;:,;:;:;:;,:;,:;,.:;:;:.;:,;.:,;.;:,;:.,;::,;:;.:,;:.;:,;.:,;.:,;:.;,:;.:,.;:,:.: 。|゚ ゚i|  i|,,ノ  |i.
    .i|゚ .||゚ /ii 。 ゚|i_/゚'.;:.:;.:;.,.:,;.:,;:;:;:;:.,;:;::;:;.:;;:;.::;:.;,::,;.:;:;.:;,:;:.;,,,;:;.:;.:,;:.;:;.:;.:;.:;.:,:.:;.:   .i|゚ .||゚/ii 。 ゚|i_/゚'
    `ヽoー|i;|y-ノ .;:.:;,.;.,;;;:.:;.:.:;:.;:;:,:;.:;:;,:;:;.,:;,:;:;,:;.:,;:.;,:;.::,;.:,;.:;,:.;:,;.:,;:.;,:.;:,.:;:.:;::      `ヽ-y|i;|ーoノ
      ,;:i´i;ノ        |::|──Π─v───v───v─Π──|::|          |.i´i;:.ノ
     ('';ii''       |::|. │ 茶  |  屋  .|『凌遅刑』    |.. |::|          | メ'';ii'
    ノii;;| ,,        |::| └-----┴---─┴---─┴-----┘.|::|          |  i,,人
  ,,i^/ ̄ ̄ ̄\,     |::|                  ∧ ∧     |::|          |  ii\iii __
 iiイ/ ヽ_    ^ヽ  |: ∧_∧   .   ∧ ∧   (`Д´,,)   |::|          _/ ̄⌒   ` 、
;.:iii+|          llノ  |:(,, ´∀`)     (゚Д゚,,)   ハ'''Y'''ハ   |::|        /ヽ  ___/ ノノヽ
iiiイ/ ̄ヽ___ノ     |:( つ日~,,,…旦(   つ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|::|       i   ー"     \  〈
 ヽ__ノ             (ニ) ) )ニニニニ( ( (ニニ)|_____|          ヽ         )  ノ
               (__)_) ||  (_(_) ||                    \____/ー'



      / /      |:.   |:  / ""´` |        |  
     |  l   /   !:.   l  |      l   ./    j      いらっしゃーい!
     |  l   l:..  ヽ;:ィ:代.  !    ‐/-、/:    ,′  
     l  !l:. :.l:.:.  ´ヽ:.{  \{   / /}:.:. /  /        ここはあの世へ向かう途中の
     ヽ ハ:.. :.ヽ:.::  { `__      ∠_ /:./:. 〃          
      ` \.:.:.:.\:.:.!'´ ̄`    '" ゙̄メ/:.: ,イ         休息所
        /\:.:.:.:ヘ:ゝ:::::::  _'_  ::::::/:._/:{          だよ! だよ!
        ,'.  `ーゝー゙  {´ ソ    ア´:.:.:.:八    
         i  .:.(`Yj:> 、_` _´_ ,.イ:.:.:.:.:.:. iヽ   
         |  :.:.:} }, -、ィヘノ  {ィへ. レハ:.:.:. |    
        ヽ :.,4 ´   {7′   >' ヽ‐-!:.:. /
          Xi| l    ∧三三/ ,// |/ヽ
        /  ∧   ノ マ  / //_, イ /  }
        {   V  /\_,厶/ '_/ ̄/ !/  l


443 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:15:08 ID:AswzKNMg



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    ええー。
    / ─    ─ \
   /  <○>  <○>  \.
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


444 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:15:29 ID:b/sZ1zgk
いったいどこにまで支店があるんだwwwwww


446 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:15:42 ID:t2l6ncJ6
茶屋も凌遅刑かよ!ww


447 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:15:55 ID:AswzKNMg

      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:\   
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  
    /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|..:.:.:|  /ーへ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}     やる夫様がココに来るのを、
  _/:/.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|:.:.:.:|.:.:.:.:|   |:.:.:.:./:.:.:.::.:.:.:.:|  
ー‐‐ァ'.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|.:.:..:ハ.: :.:|  __|__..,イ::.:.:.:.:.:.:.:.:|     ずーっと 待ってた人達がいるの。
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|,斗|-V:.:|   |.:/`ト:.:/:.:.:.:/:.|  
   |.:.:|.:.:.:.:.:.:.:ヽ/|\:|. \|  _」_  |:./:.:.:./.:/     ごたいめーん!
   |.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|V ,.==、   '"⌒ヽレ:.:.:./.:/,-
   ヽ.:|\.:\.:.:.:.:V     、    /:.:/:.:/ |
    ヽ >、:.:\:.:.>   ィ  ゙}  '"フ:.::.:/| V
     /:.:.:.:` ー:.:.\   ヽ .ノ  , イ:.:.:.:/| | 
     /:.:.:.:.:.:.:.:/|/` ‐ 、 _  イ -レ:.:.:.:∧  
    /:.:.:.:.:./:/ / _,へ_.|    _.レ/::.:.:.:/  \
    /:.:.:.:.:/レ'r―‐'  /ノ  / /:.:.::.:/   
.   |:.:.:.:/ / |    |===/  /:.:.:.:/|    
   |:.:./  ト、 ヽ.   |  /_ /:.:.::.//|     
   |:/   | \\ |_.// /|:.:// |    





ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ 
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ     やる夫のことを、待ってた?
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l


448 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:15:56 ID:/6jB4LZg
最後の凌遅刑キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!


449 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:16:18 ID:mPz3YbBo
凌遅刑SUGEEEEE!!!!


450 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:16:27 ID:AswzKNMg


ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
  /   _   _.\
/    (●)  (●) \       誰だお?誰だお?
|   U   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /       
(  \ / _ノ |  |  ワクワク
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


451 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:16:52 ID:AswzKNMg


              /          \
            /             \
           /                \
  ∩ ∩∩   /  ________ノ   \    やあ!
  l ∨?/   |  /''┏━━┓┏━━┓\   |
 │   ♭─ミ|  |┫( ゚ ) ┣┫( ゚ )┣|  |
 │     ⊂X|  |┗━━┛┗━━┛|  ノ
 │    へ_ソ \__|   /(。。)\     |__/
  │   │      |  \____/  |
  ヘ          \   \__/  / 
               \   ̄ ̄ /
                \__/



                   / ̄ ̄ ̄ `\
       ,-'"ヽ        /:\___从__ヽ
      /   i、        i::/ ''''''  ''''''' i     _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ     |:/ (●) ,  、(●)|     \          /
      /       "' ゝ (6    ,ノ(、_,)、   |      < ハロー !! >
      /            ヽ    ト==イ  ノ     /          \
     i                \_ `ニ´_,/       ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>


452 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:17:15 ID:/6jB4LZg
誰だよw



454 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:17:25 ID:AswzKNMg


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
      イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ     _/\/\/\/|_
         /         u  ヽ     \           /
         |  ノ      ヽ、_   |     <   誰 ?    >
         |( ○ヽ}liililil{ / ○ ) |       /          \
         |  ̄(__人_)` ̄    |       ̄|/\/\/\/ ̄
        ∧   lli l lii i|   u   ,/\     
        // `ヽ |ェェェェ|     /  '\
       l/    lー───‐‐'      ヽ
       /     {        u       }
        /    ノ




457 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:18:06 ID:AswzKNMg


              /          \
            /             \
           /                \       おいおい 忘れるなんて酷いなあ
  ∩ ∩∩   /  ________ノ   \    
  l ∨?/   |  / ┏━━┓┏━━┓\   |    第十章で昆陽の戦を共に戦った
 │   ♭─ミ|  |┫( ゚ ) ┣┫( ゚ )┣|  |
 │     ⊂X|  |┗━━┛┗━━┛|  ノ     オ・ティン・コ・チョッキーナ伯爵と……
 │    へ_ソ \__|   /(。。)\     |__/
  │   │      |  \____/  |
  ヘ          \   \__/  / 
               \   ̄ ̄ /
                \__/


                   / ̄ ̄ ̄ `\
       ,-'"ヽ        /:\___从__ヽ
      /   i、        i::/ ''''''  ''''''' i     第十二章で陰麗華をめぐって
      { ノ   "' ゝ     |:/ (●) ,  、(●)|      恋のさやあてを演じた
      /       "' ゝ (6    ,ノ(、_,)、   |     
      /            ヽ    ト==イ  ノ     応曼孝(おう・まんこう)じゃないデスーー?
     i                \_ `ニ´_,/     
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>



ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    いやいやいや いなかった!
     /ノ   ヽ、_\   
   /( ○)}liil{(○)\       お前らなんか出てきてねーお!
  /    (__人__)   \   
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |     
  \    |ェェェェ|     /


458 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:18:25 ID:bZkoSZuo
ここは誰!?
私はどこ!?


460 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:20:00 ID:oolAlwi2
いやあ感動的な最終回だなあw


462 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:20:27 ID:/6jB4LZg
なんだ、人物表まとめの人のチェックミスか……

な訳ないだろ!w


463 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:20:48 ID:AswzKNMg


                   
                   / ̄ ̄ ̄ `\
       ,-'"ヽ        /:\___从__ヽ
      /   i、        i::/ ''''''  ''''''' i     まったく……
      { ノ   "' ゝ     |:/ (ー) ,  、(ー)|      
      /       "' ゝ (6    ,ノ(、_,)、   |     
      /            ヽ    ト==イ  ノ     
     i                \_ `ニ´_,/     
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..




              /          \
            /             \
           /                \    
  ∩ ∩∩   /  ________ノ   \     ジョークの通じん
  l ∨?/   |  / ┏━━┓┏━━┓\   |    やっちゃなあ……
 │   ♭─ミ|  |┫( ゚ ) ┣┫( <)┣|  |
 │     ⊂X|  |┗━━┛┗━━┛|  ノ   
 │    へ_ソ \__|   /(。。)\     |__/
  │   │      |  \____/  |
  ヘ          \   \__/  / 
               \   ̄ ̄ /
                \__/


464 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:21:03 ID:AswzKNMg


                \ヽ l|l|l|l //
                \         /
                二         二
                ― キャストオフ!
                二         二
                ―         ―
                二         二
                ―         ―
                二         二
                //        \
     \          // l|l|l|l ヽ\
      \\                          /
        \.\                      //
         \ \          |            /./
         丶\ \丶.     ||       // /
           ヽ\ \ヽ... O |│    // //
            \\ \\  。./   // //
           ヽ \\  \\ .。// .//
           〇   ヽ\      / //
        - -=二二 三           三二 ≡ = - -
              o       \ \\ 。
              //    O.\\ \\ 0
            0  //  / 。//   \\ .\\
           // //  / `~´  ヾ\ \ヽ
          // // ○/  。      ヽ\.\丶
           // //                \\
          /./                    \
       //                       \
      /



466 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:21:31 ID:AswzKNMg



         ,、    ,、      
         .| |   | |      
        |   |___|   |     
        |         |    
       | ___   ___    |      これがッ!
   ∩   i´●`> <´●`>  | 
   | |   |  ̄、_,、_,  ̄    |  
.   | |  |    !.ノ        | 
    \ \|              |
     \|               |
      |              | |
       |               | |
      .|               | |
      |               l ∪







          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \
       /              \
       :::::::::     \,, ,,/       .|    ワイらの本体のハンサム顔やッ!
        |::::::::::     \   /     | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   
       /                \     
       |  |             |  |








  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    スンマセン やっぱり知りません。
     /  ノ   ^ヽ\      
   /  (●)   (●) \       誰?
   | υ   (__人__)   l    
   \     ` ⌒´   /


467 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:21:51 ID:AswzKNMg

   _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、    _   r'^>/^ゝ     r-、 ,、
  |  `l / // /       / / く ヽ   |  `l / // /     / / く ヽ
  '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''   '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''
   '!  ,、__7  i  ``゛''ー、       '!  ,、__7  i  ``゛''ー、
   1  |       |  l` ̄`''        1  |         |  l` ̄`''
    i_」         'L_」            i_」      'L_」



             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l    くくく……わからんのか?
             /::::::          i
         /::::::           |
           /::::::            |
        /::::::             |
       /::::::              |
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',
     //:::::                     ',.
     /::!::::::               丶 !
    /::l:::::::                 l, l
     i:::|:::::::                    |i l
    |::|:::::::                  || |


468 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:22:11 ID:AswzKNMg

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|    `"

           ∧   ∧  /(
        )`、)  ( / \ノ  ~(_
       )~               (
    )\)`                 フ
   (                     (_∧    お前も一時代を築き上げた男……
   _)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     (
)\)     /              \     了    わしらに 感じるところがあるやろう!
\      /                 ヽ   /
 ゞ      l:::::::::.     \,, ,,/       |  (
 \     |::::::::::    \   /    |  (
  )     |:::::::::::::::::    ___      |  ブ
  ゞ     ヽ:::::::::::::::::::.  \/    ノ /






   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    ! 言われてみるとこのオーラ!
       / \, 、/´ u.\       
     / ( ●)  (● )  \        ただならぬものを感じるおっ!
     |  '"(__人__)"' u   |       
.     \   `⌒´      /


469 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:22:48 ID:AswzKNMg

        |
    \  __  /
    _ (m) _
       |ミ|
     /  `´  \    チーン!

ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ       わかりましたお。
   /⌒  ⌒\    
  /( ●)  (●)\           あなた様たちは……
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /






     /l   /`l
    /   l  / |
   /    l /   |    おうおう。 
   /      ̄    |
  /          |   よーやく 見抜けたか。
  /    く●〉  く●〉| 
 l            l
|        フ    |





      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /               \       ☆
   /                    ヽ    /
    l        \,, ,,/       |
    |::  ,-っ)) \   /  :  .| ,-っ))     言うたって 言うたって!
   |:: / _)     ___      |(っ)
    ヽ          \/      ノ


470 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:23:21 ID:AswzKNMg


ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ     周の幽王陛下と
     /_ノ   ヽ_\  
   /( >)  (<)\         斉の荘公様だお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ∩  
  |     |r┬-/      |/⌒l 
  \    ` ̄'´     / | `|

           ,.-、
   /フ   /`i /  ヽ
    i i   /  レ'    ヽ
.   l l  / _   ,r-;、  ヽ
   .! ! ./<{ }〉 `'ー'.'   i    そーそー 僕 周の幽王
    ! i /.  ̄ヒフ        !
.   ヽヾ          ヽヽ    古代中国の狼少年デース!
    ヽ           i'、ヽ
    l            |. i. i
    |              l l. l
.     i           l.  l l
     i           l.  l l
      i          ,!   `'
      i         /
        i,   r-,   ./
      ヽ  ,! i,   /
       ヽ.ノ   ヽ.ノ



      \     /
       \  /        
         ×           
       /  \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
      /   /\          \
         /              ヽ    オーイエス
   / ̄\ l     \,, ,,/       | 
  ,┤    ト |     \   /  :  |    わて斉の荘公
 |  \_/  ヽ    :: ___   ::  |
 |   __( ̄ | :.  \/     ノ    紀元前の寝取り魔やでーー!
 |    __)_ノ
 ヽ___) ノ


471 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:23:42 ID:WzZDzv62
>>468  王気(オーラ)ですな、わかります


472 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:23:46 ID:t2l6ncJ6
暗君扱いw


473 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:23:47 ID:AswzKNMg



 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
<                                           >
<    って  なんでやねーーーーーーーーん!!!!!!       >
<                                           >
<                                           >
<                                           >
<                                           >
  YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY


        ⌒                         /⌒ヽ、      
     ⌒  )  (  ) 人 ヽ         ,-ー- '"~';;''';' ;';'''-、     
     (⌒    (  `ー'   ) )        {';;''';' ;';'';;''';' ;';'';;''';' "''-、.  
    ...( 人| | || | |`ー' ノ          {';;''';' ;';'';;''';' ;';'';;''';' ;';'';;ヽ_
        | | || | |              {';;''';' ;';'';;''';∠●>';'';;''';'_
        | | || | |               {';∠●>';;''';' ;';'';;''';' ;';'} 
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\            /\';;''';' ;';、_,--'、''';' ;';'''ノ 
    / ノ(          \          /;'/ \ ;';'';;''' ̄;'';'';'';'ノ|  
   /   ^            ヽ        /;'/   ~"''ー--ー⊿ ̄  
    l:::::::::     \,, ,,/       .|       {;'{              
    |::::::::::    \   /     |         ~               
   |:::::::::::::::::     __       |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ



475 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:24:23 ID:AswzKNMg



 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   おおう、このノリツッコミの切れ味は!
     / ー ー \ て
    / (●)  (●)ヽ、そ
   /    (__人__)   ヽ
   |     `i  i´    |    
   \_   `⌒    /
    /    ⌒    `ヽ、




 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ    秦の始皇帝殿
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\        そして我が祖先……漢の高祖様とお見受けしたお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  
  |     |r┬-/ '    |  
  \      `ー'´     /


476 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:24:36 ID:oolAlwi2
始皇帝と初代様だっけ


477 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:24:40 ID:AswzKNMg



          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \
       /              \
       :::::::::     \,, ,,/       .|    それ基準かい。
        |::::::::::     \   /     | 
       |:::::::::::::::::    ___   U  |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   
       /                \     
       |  |             |  |



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l  (ワシらどういう認識やねん)
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |


478 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:24:43 ID:b/sZ1zgk
性王ではあったかwwww


479 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:24:49 ID:t2l6ncJ6
なんでそれで分かるw


481 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:25:19 ID:bZkoSZuo
ノリツッコミが出来なかったのが項羽の敗因なんですね


482 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:25:37 ID:AswzKNMg


                 ,,   /ヽ
                / ヽ  i   ',
                 /:  ヽ,」.   ',      まーエエわ。
                   /::       _ i
              /::   ,....,.,  ri:::l>.!     とにかくアンタとは
   t;:''ニ二,'''‐ 、_    i:::  くl;;;;レ'  `"  l--‐
        ``''‐ ニ,'‐-+-      ‐r''i´  l ̄  ゆっくり話してみたかったんや。
             ``'i‐       ヽ'   | 
               |:::           | 
              |:::             |
                i:::.             !






          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \     ワシの場合、アンタや劉邦は
       /              \   敵みたいなモンやけどな。
       :::::::::     \,, ,,/       .|   
        |::::::::::     \   /     |   でも死んだら秦も漢もない。
       |:::::::::::::::::::    ___      |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   そこにあるのは同業者としての
       /                \    連帯感のみや!   
       |  |             |  |


483 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:26:00 ID:AswzKNMg


             ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
            イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ  
       iニーヽ    /─  ─   \       同業者……
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |    ま、まあ そういう考え方もあるかお?
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |


484 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:26:40 ID:AswzKNMg

           ,-'つ
       ((  ( (       ∩ )) 
           \\    //      ,-─、
             `i :l    // ∩   /:r ̄^ ))
  /⌒、ヽ      | :|   | | //    /:/
  j /   \\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  /:/       話題を分かち合える仲間が
  | |     y '             `v        少なくて困ってたんや!
  U     /                ヽ
        l:::::::::.    \,, ,,/       |       さあアレコレ語り合おうやないか!
        |:::::::::::    \   /    |
       |::::::::::::::::::  ___    ::  |
        ヽ::::::::::::::::.  \/      ノ





     /l   /`l
    /   l  / |
   /    l /   |        怖い奥さんで苦労した話とか
   /      ̄    |       怖い奥さんで苦労した話とか
  /          | i⌒l   怖い奥さんで苦労した話とかな!
  /    く●〉  く●〉|| |
 l            lノ  l  
|        フ      ノ  
|  |  |        |´   
|   |  |           |


485 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:26:56 ID:AswzKNMg


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \
       /              \    そらアンタだけや
       :::::::::     \,, ,,/       .|    
        |::::::::::     \   /     | 
       |:::::::::::::::::    ___   U  |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   
       /                \     
       |  |             |  |
 
           






   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
        /― ― \
      /(●)  (●) \       それアンタだけだお。
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |




              -― ̄ ̄ ` ―--  _
          , ´  ......... . .   ,   ~  ̄" ー _    
        _/...........::::::::::::::::: : : :/ ,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、     そーかい……
       , ´ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ
    ,/:::;;;;;;;| : ::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::: ● ::::::::::::::::: : : :,/
   と,-‐ ´ ̄: ::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く
  (´__  : : :;;:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::`(::::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ
       ̄ ̄`ヾ_::::::::::::::::::::::し ::::::::::::::::::::::: :●::::::::::::::::::::::: : : :_>
          ,_  \:::::_| ̄ ̄ |_::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
        (__  ̄~" |       | )) ̄
                  ̄◎ ̄◎ ̄


486 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:27:24 ID:t2l6ncJ6
怖い奥さんで苦労した話一択ですかw


487 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:28:17 ID:AswzKNMg




              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |   まーとにかく 奥の部屋いくで。
            /. : ::::::::::: : :            |  話に花咲かそうやないかー! 
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |   でも、その前に……
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
/"ヽ       | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
|:::: :|     | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
'| :: |    |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
. |:::: l     l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |
 |::::: ヽ  ,ノ : : : :::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|、
 |::::::"~ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::ヽ








  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
    / ─    ─ \       んお?
   /  (●)  (●)  \.   
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \



489 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:28:35 ID:AswzKNMg

                    
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
          /           \
         /              ヽ   頭の重たいソレ……
   / ̄\ l     \,, ,,/       | 
  ,┤    ト |     \   /  :  |    もう要らんやろ。
 |  \_/  ヽ    :: ___   ::  |
 |   __( ̄ | :.  \/     ノ     取ったらどうや?
 |    __)_ノ
 ヽ___) ノ


490 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:28:40 ID:b/sZ1zgk
まあ、皇帝としての王朝創始者は一応三人目?

直前の「禅譲された者」は参加資格なしか?


491 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:28:59 ID:AswzKNMg



 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
     /(●)^ ヽ\
    /  (_  (●) \
   /    Y ヾ__)⌒:::  ヾ
   i     ヾ⌒ノ     ノ
   \   ー     /






    皇帝は、この世の全ての権力をその手に握る。


492 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:29:43 ID:AswzKNMg

               
    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  グイ
  . イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   
  / /  ../     \  \ \    
  (  く  ./(●)  (●) \  > .)     
  \ `/   (__人__)    \'/   
    ヽ|      `⌒´      |/   
      \             /







    それは同輩を作れないということであり、
    世界の誰よりも重い孤独を頭上に抱くということである。


493 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:30:13 ID:AswzKNMg







     ____      
   /      \    
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
|       (__人__)    イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ 
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ 
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/







   中元二年(西暦五十七年)、二月・戊戌。


494 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:30:18 ID:gSEEaaHU
>>485
もう少し待てば隋の文帝が一緒に愚痴ってくれると思うよ!


495 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:30:36 ID:AswzKNMg




    


       その孤独から、やる夫は永遠に解放された。

       
























        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
       イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ


496 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:31:07 ID:t2l6ncJ6
一介の、南陽のやる夫に戻ったわけね、おつかれさま


498 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:32:06 ID:AswzKNMg




     享年 六十二歳。







                    ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;.i   (─)  (─)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                   ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;
                   ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                 ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
              

      








            諡は 光武帝。廟号は世祖。


499 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:32:36 ID:AswzKNMg




   (アンタは悔しいとかは思わんか?)








           _,.--- .
          ,.'´: : : : : : : : : :`ヽ、
    ___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \
    `ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
     /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : : : : : : : : |ー'´
      l/{: : : : :.ム|:.l: : : l: :l: : |/:./:}:.|
      い: : { 6|:.l: :.| l::/l: :/l/:/,ィ|
        V: :.>リ:.l: :.| l/ l/ィf':/:/ リ
.          |人{ |:.l: :.| 。_ rタイ:人l   
       ,f¨¨ヽ Ⅵ:.リ ` ´イ|: 「     
       ノ     \|:[_¨´ ||.:/ °   
      /===ヽ  辷ト、_/リ´ °    
      //´⌒ヽ\ Ⅵ| 寸 
      〈: : : : : : : :\\Ⅵ 》<´⌒)
     |:.( : : : : : :}:.:.\.|| /: : ヽ_ノ
     |: :.\ : : :〈: rrr、|/: : : : : 〉
     fヘ: : : :`: .;}:リ儿/: : : : : ;h
     | ∧: : : : : >イ: : : : :/:.く
     | | ∧ : : : /: : : : : : : /: : : : 〉
     | | |_∧ : ,': : : : : : : 人: : : /


500 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:32:55 ID:AswzKNMg





  (……何がだお?)










 (何って、帝王たるもの、百歳でも二百歳でも生き足りんやろう)




           /: : : : : : : ,>´ _ __....___`_ヽ、: : :::\
          /: : : : : : : /, ´ ̄: : : : : : : : : : : `ヽ\: : : : '
        , : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: X ̄\
.       / _/ ̄/ /       . . . . . . . . .     . ヽハト、〉冫
       /〈´、_ノ〈| /..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. ∨
.      /: : \/ |: i: : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : ハ 冫
      :: : //_ノ l: i: : : : : !: : |\ヽ: : : : : : : ii \: : : : : : : : : : ∨ハ
.     ': :://く__. |:i: : : : : ハ: :|  ゙\\: : : : :|i  _||ハ: : : : : : : , :.:V',
     レ /: : /人|: {: : : i ||´':|メ、__,、ヽ \: : |i`"  リ .': : : : : : : i: :∧:
     / /: : 〈λ |: {: : : :i リ 人---、    \|iー`゛丁 i: : : : : : :}: :| i '
    〈/: : : :∧: :|: : i: : iィシ弐芹≡ゞ      イ≡斥ミッi: : : : : : i::〈/: : i
     .:: : : : | {: :λ: : : {ヾ弋;;;;;;cノ       弋;;;;cノ メi: : : : : ::|: |: : :: :i
    ,: : : : : |/ {弋;:: : :'   ゙ ̄´´      .   ̄ " /: : : : : :': :|: : : : :i
.    ,:: : : : : : : : 人 ヘ: : :li            ′    /: : : : : : : |: : ハ: : i
    ,: : : : : : : : : : : :\: :人                  : : : : : : : : : :/ |: i
    i: : : : : |: : : : : : : : :ヽ : 、      ´  `     , ′: : : : : : : : :.,  |::i
    i|: : : : 从: : : : : : : : : ヽ: |ゝ、        ,, <: : : : : : : : : : : /   |:i
    |{: :: : : ∧: : : : : : : : : : : 、  ≧ ,__  イ: : : : : : : : : : : : λ:/    li
    ノヽ: : :/ ヽ: : : : : : : : : :| ヽ        |: : /ル|: : : : : ::/ リ    .|
     ヾ::i   ヽ: : -〆 ̄ヽ,: :\     |卞`>八: : :::/  '     ノ
      ヽ <´ ̄乂    ハj\     ヽ 》ー- メ、
     / .:::::.ヾ::::::::.      》,       〃   \::::....` ヽ 、


501 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:33:19 ID:AswzKNMg

 (やり残したことはなかったんか?)









            -------
          /ヾ        ヽ
     ∠⌒ヽ/           ヾ ヽ
    < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
    /             ヾ   ヾ  ヽ
   / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
  //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ
      (              |  ⌒ヽ  |
      丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |
       | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |
        | ━/   ━      | | し  |
        | -/   丶 --    | | 丿:::|
 )     │ /            | |   :|
 (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
  )     丶     \     / | ゛::|
  (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
   )   | /// 丿      /   |  |
   (  //γ  レ/⌒   /   │|
    ~- | (    //ア
       |   (  レ /


502 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:33:40 ID:AswzKNMg


 (そりゃ、あったお。山ほどあったお)






  /::/::::::::::::::ヽ. 
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!. 
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.


503 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:33:53 ID:PZ4.bv7g
唐の場合は太宗が初代とも言えるね。
曹操みたいに実質初代が別にいるケースも含めたら
どうなるんだろうか(w。


504 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:34:09 ID:AswzKNMg




  でも、やる夫は沢山見てきたんだお。
 志半ばで倒れた人たちの背中を……


  

      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /  
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,      
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |     
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|  
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ     
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´      
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_




           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 | ___)  ::|+{          .|     十
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ




    何かを追い求めるのに、
    一生をかけても時間が余るなんてことはありえないんだお。

    一国を治める皇帝なら、それはなおさらのことだお。


505 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:34:42 ID:AswzKNMg

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....    :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                             .  :  . . .
  






      大事なのは、次の世代に広がりのある「続き」を渡してあげること。

      それさえも やる夫は充分に果たせたかわからねーけど……
       
      ま、やる夫にできたのはここまでってことだお。


506 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:35:28 ID:AswzKNMg


        

             こうして、やる夫の人生は幕を閉じた。



             

                       





                       
                       
                       
                       
                       
 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ


507 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:35:54 ID:AswzKNMg




              だが、この物語を締めくくるにあたって、
             やる夫が思いを託した「続き」について
             触れなければ粗漏となるであろう。
             触れねばならんのだわァ!



      ((
    '´ /ニ゙ヽ   誰だよこのコメント!
   li 从ハ)ソ 
   ゞ;,,TДT)


508 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:36:10 ID:bZkoSZuo
塚本wwwww


509 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:36:25 ID:AswzKNMg

















                        /::/::::::::::::::ヽ. 
                        |:/‐ ‐∨!::l.     ……
                        !:i冂 冂|:ト::!. 
                        |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
                        !::r{j介/,'/:::!. 
                        |:| { V7l」 l::|. 
 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ


510 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:37:15 ID:hZPdQwzQ
孤独を受け継ぐか・・・


512 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:38:11 ID:AswzKNMg




  同月、 皇太子・劉荘、帝位に就く。

   二代目皇帝、顕宗・明帝である。






                              
  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                 
 イ二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵                
 ∵  ∵   | 二二二二二二二二二二二二二|   ∵∵   
 ∵  ∵ /::::::::/::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ∵  ∵         
 ∵  ∵/::::::::::::/::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ∵  ∵         
∵  ∵::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::/:::/::::::::::::::::::. : ´ヽ::::::::ヽ  ∵ ∵        
    :/::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::/:::::::::::. : ´     ヽ: ヽ  ∵
    :|::::::::::::::::::|::::::::::::::::::/::/::::::::: : ´       ヽ::::l. 
    :l::::::::::::::::::|::::::::::::::::/ /"´´ ̄`    ´ ̄` l. ::l.
    l:::::::::::::::::::|::::::::::::::::|  ___   ´ ___イl
    |:::::::::::::::::::|::::::::::::///示::T| 丶  /示::T| !.::.!
    l::::::::::::::::::l::::::::::: |   { :::::'::::|     { :::::'::::| }.::::|  
    !::::::::::::::::::l|:::::::::::人  { :::C:ソ     { :::C:ソ::}::::!  
    l:::::::::::::::l: l |,:::::::::|,::|         ,    l::...l    
    l:::::::::::::::l: l |,:::::::'|:::|             .l::::.::! 
    l:::::::::::::::l: l  |,::::::'|:::|           ノ ::l:::::l:
    l:::::::::::::::l: l  |,::::',|: :|丶.       `.  イ  !:::::! 
    l:::::::::::::::l: l   |,::::'|:::|   ` ーァ ´ヽ:.    l:::::::l 
    l:::::::::::::::l: l/  |,::::'|:::|             !:::::! 
    l:::::::::::::/≦ ̄::ヽ|,::::|::|             l:::::l 
    l:::::::::::/     l |',/:              /
    l:::::::::/     ヽ


513 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:39:24 ID:AswzKNMg



          ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
         イ二二二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二二二イ∵
           ∵∵  |                        ::: |   ∵  ∵
           ∵∵  | 二二二二二二二二二二二二二二二二二|   ∵ ∵
          ∵ ∵  /::::::::://、:::::::::/:::/  ヽ::::::::::::::::ヽ::::::::::: !::::',    ∵ ∵     
          ∵  ∵  :i::::::::::i∧::ヽ\:::/      \:::\::: |::::::::::::|::::::|    ∵  ∵    
           ∵  ∵  |:::::::::l∧ヽ:::>⌒      ─‐‐、::::ヽ:!::::::::::::!::::::!    ∵   ∵    
           ∵      |:::::::::|::::/            \:::|::::::::::::|::::::|     ∵  ∵
                   |:::::::::|:/___ミ、      ィ___、|::::::::::::|::::::|      ∵
                   |:::::::::| l! !::::::::::::|      |:::::::::::::::ll!!::::::::::::!::::::!
                   |:::::::::| l! !:::!:::j:::|      |.イ:::::::j:::!l|::::::::::::ト:::::|    後漢王朝の全盛期
.           , -、    |:::::::::| ヽ弋_):::ソ     弋_)-:'::ソ/|::::::::::::| l:::|
     __.     !  l  _.  !:::::::::!     ̄  .     `ー'  |::::::::::::レ::: !   はじまーるよー
    ,.-l \   |  l / l  !::::::人                   |::::::::::::|::::::|
    ! ヽ.  \ !   l  l  i:::::i::::!:>     __         ,'::::::::::: |::::::|
.    \ \  ´   丿 l  |:::::!:::|::::| |::>   ´     .ィ┐::,'::/::::::::::,::::: !
       \    ...,   ヽ |:::::!:::|::::| |:::::::|:ノ T 千,  彡 ∨:/::::::::::∧:::::!
   r───'   :::l    l !::::|::::!::::! ィ彡 /_/Yi.      /L!::::::::::∧:::::::!
   `ー─‐‐、   ::ノ    j ´|::::|::::| / /  ! /\ ./  /::::::::/ ≧ト、


              劉荘は唐や宋の二代目のような派手さこそないものの、

              中国史上でも屈指の名君の一人である。

               それでも天下を開いた初代が亡くなり、 
               二代目の治世への移行期には、
               大なり小なり 揉め事が付きまとうものだ。


514 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:39:49 ID:AswzKNMg


      やる夫の葬儀も済まない内に、

       それは起こった。




 
            <東海国>



         ,,,,,,,,
     ,.ィ ""; : ; : ; ゙゙゙゙ ‐ ,,
    ,;;.''' ‐- ; : ; : ; : ; : ; : ;.ヽ,
   /;;;      `' '''' ‐-; : :;.ヽ,
   i:;;i           `i ; : .i
   !.;〉  ,,,,,        ,,,,, i.;.;.;.}
  彡'  """"'''   '''"""゙゙ ヽ;.;.j    王様、郭況さまから郵便でーす。
. (ヽi   -=・ニ=   =ニ・=-  !ィ)
  } ;|   `'‐ ‐''ノ   `' ‐‐''   !;.{
  ヽ|     /( 。  。)ヽ   丿|.ノ   
    {     ト--=--イ    }
    ヽ    ヽ. ⌒⌒ ノ    /
    ヽ. ヽ、`==.' / /
.     ヽ  ` ‐--‐ '  /
         ` ‐----‐ '


         郵便屋A


515 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:40:40 ID:AswzKNMg

       \  _  -――-  _  /  
         Χ              Χ   
        /             \         おじうえから
      //                  、 \
       ./ ●              ● , \:      わたくしめに?
      / ::::::::: (三( )三三三三) ::::::::: ,  ' ;:
      ′::::::::  \三三三三/  :::::::::: l   ',      もしや
     |        >==<         |    !:
  √'⌒)       (__          !   |:::     おそうしきの
   _  ノ        1 ‐―1       ,′   !:
    \ \      |   |       /    /      えんかいに
      \ \     j   |      /\_/
    \_,/\ \___,イ´ ̄`|、_, <             こんぱにおんをよぶかどうかの
           \/三( `ー一' )三三∧             そうだんですかな?


           東海王劉彊(やる夫の長男・元・皇太子)


516 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:41:01 ID:AswzKNMg

┌───────────────────┐
│                          ......│
│                          ......│
│          チース。           ......│
│                          ......│
│                          ......│
│          アンタ先帝の長子だし    .│
│                          ......│
│          元・皇太子だから      ....│
│                          ......│
│                          ......│
│          ここらで天下、狙わね?  ....│
│                          ......│
│                          ......│
└───────────────────┘


         _.. -‐…‐-   _     
       ⌒X ´          X⌒  
     /  \            /  \
.     , '                     \    
   /                    ヽ       ほあああああ! 
.  /    l  ◎    ______   ◎ 、  
.  /    |      /::( )::::::::::::::::::::ヽ     ,      これは むほんの おさそい!
 /       |        |::::::::::::::::::::::::::::::/    l
/      |      \:::::::::::::::::::/      | 
. ′     | U       >'⌒ヽ        
|       |           _ノ      /|
|      │         /丁      / !
|      人          └' ヽ    /  /
ヽ.___/   >= ..___、   )_,. く__/
    /        ̄ ̄ ` 一' ̄ヽ
    /                     |
    |                      |


517 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:41:31 ID:BG/iqgbI
劉荘はもっと評価されるべき


518 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:41:56 ID:AswzKNMg

                                
            ¬x -――-  ..__            
           /         ,r'´\`'           
         /  u   u     ' ,         こんなてがみ
         、 ○  ___       ゙i        .
        ,' xxxx(( )::::::::::::::::) ○  ′         おじうえがかくとはおもえない!
       |     ゙i::::::::::::::/ xxxx l   l       
       ハ   u (⌒'一      U l   |         ぜったい つりですぞ!
       { ゙i     'ァ― ,_,    |   |        
       '‐-ン、  (_`¨´     、イ   |        
          、≠=== ̄===< 丿_, '        .
                             


     
   /  ,. :: ̄> '  ̄ ̄ ̄¨ ' <: :|
  /  /::::/            ̄ ̄ ̄ト、
 l  /::::/     /             | \
 l.  l:::/      /          l   ヽ
  \|:/        /     /: l    / l  l ハ
   T l       /   :| :/ l: l   ム_l  |. | l
.   l l     l   /l :/__l l   / l 「 l lv   ふが?
    l: l     l  レlフ   Vl: / ィて.l l: l /
    ' ヘ      l イ  ィ:矛ミ レ  l:::rl !fV
    ヽヽ    l .lV/l::::::::rl     ヾン l
.     f r\   l l ヾ辷ソ     ,   l___
     \\\__||           ∠::::::::::::::l‐┐
       `ー' ,>、       , ⌒i/::::::::::::::::::::f l ̄ ̄ ̄ ̄
        /l   ミ ー-  `=く ::::::::::::::::::::::j. l____
: : : : : : : : :/\ \   \/、 l l::::::::::::::::::::::::::/-┘
: : : : : : : /::::::::::::ヽ. \   /ト、\l レ―――‐'
: : : : ://:::::::::::::::::::ヽ \/l.:.|:::\\
: : / /::::::::::::::::::::::::ハ   |.:.:|/ .`イ
/   f::::::::::::::::::::::::::::::i  L__l    |
    l:::::::::::::::::::::::::::::::}          |

                 郭況(故・郭聖通の弟)




       皇帝になる野心など欠片もなく、

       さらに手紙の差出人を疑った劉彊は、

       手紙をもたらした使者をとらえ、
        ただちに劉荘の元へ送った。


519 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:42:22 ID:t2l6ncJ6
早速、こういうことが起きるのねえ


520 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:43:19 ID:am8uNlME
エラいじゃないか、犬っころ


521 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:43:23 ID:AswzKNMg




::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    …… 早速天下を乱そうとする輩が現れたか。
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.       言え、この書を誰から預かった?
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 

    


         ,,,,,,,,
     ,.ィ ""; : ; : ; ゙゙゙゙ ‐ ,,
    ,;;.''' ‐- ; : ; : ; : ; : ; : ;.ヽ,
   /;;;      `' '''' ‐-; : :;.ヽ,
   i:;;i ∪u        `i ; : .i    さ、山陽王の劉荊さまです!
   !.;〉        ∪u  i.;.;.;.}
  彡'  ;;;;'''''''' ' 巛 '''''';;;; ヽ;.;.j
. (ヽi   -=・ニ=   =ニ・=-  !ィ)
  } ;|   `'‐ ‐''ノ   `' ‐‐''   !;.{
  ヽ|     /( 。  。)ヽ   丿|.ノ
    {    l ヽ│ノ l    }
    ヽ    ヽ   〇  ノ    /
    ヽ. ヽ、     /  /
.     ヽ  ` ‐--‐ '  /
         ` ‐----‐ '


522 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:43:42 ID:AswzKNMg


::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 












  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   馬鹿な。 わたしの……
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          実の 弟が?
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |



524 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:44:25 ID:AswzKNMg

                  r:、          ,、
                 ,...ィメ.::ヽ´ ̄:``::::..、_  |::|
                   /:::::,、ィ,ヽィ〉、,、::::::::::::::::ヽ.,j、|
                ,イ:::::::::イr‐、ヽ>.:ヽ,:::::::::::::::::E/゙/
             /:::::::/´:ゞイ~'、ヽ.ヤ>.:::::j、:::::/:/jヽ
               |:::::://:::::::::::::::::::ヽヽィ"::::,´゙、::ミ;/ !:}
                |::::/{':::::::::::::::::::::::::`゙ヽヽヤ.:,〉〉"r'::::|      変心!
               |:::| |::::::::::::::::::::::::::::::::/,.ヽヤ/イf´::::::| 
             ヤ:ト.ヤ::::::::::::::::::::::::::::ヽ>ヽ./:〉/:::::::l
              ヤ::ヾ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::/
              ヤ::::ト,:::::::::::::::::::,ィ 、:::::::::::::::::::::/
             <ヽ::〉ヤ、)::::,.イ´ヽ.ィ"ヽイヾ.//
              >ー、_`´ヽ、 `"`ト、_,ィ'イイ'
            ,..../__`ー-``ー`ト、_ /   |,/'
           ,/:::::::::::``ー‐≧ト、__::` ̄´::ト、
      ,.ィ─‐--<_::::::::::::::::::::::::::::::/rヾ、ヽ:::::::::://、
    /      ヾト-、_:::::,、_:::::::ゞニイ:::ト、:::::::〉〉トソ ̄ ̄ヽ
    / ,ニニ、_     ヽ::::::ヤ´``ゝ、_::::::::::::::`i"´::::ヤ‐,ト、  ヽ
   イィ::::::::__`ヽ、   j:::::::〉::::::::::::::::``ー:、_::::|::::::::ノ:::ノ:::::`ヽ.、|
   :::::,.ィ" ,..ィ:::::::` ̄´::::::/::::::::/ヽ.::::::::::::frミト、:/rfrミ、:::::::r、ヽ.
   :" ,..ィ´::::::::::::::rニ、::r‐、::::::/ /::::::::::r 、ト、イ'j.:ヤ:ゞトイl:::::::ヾ.、゙.

                 劉荊は山陽王。

             やる夫と陰麗華の間に生まれた子供の一人であり、

             つまり劉荘にとっては同腹の弟にあたる。

             なぜこの時期に劉彊をけしかけようとしたのか、
             それによって何を目論んでいたのか、史書には記されていない。


525 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:45:43 ID:AswzKNMg



      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',    どうする?
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |    陛下の弟君とはいえ
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |    
    |  l:l::i个| l ::l!     _  ′} .:}:.l:: l    謀反は謀反よ?
    |  lハ:l::{::', ::::{、        /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ






::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.     ……この時期に、ことを荒立てたくない。
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.     表向きは不問に。
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!.     ただし本人は軟禁状態において、
  |:| { V7l」 l::|.     しばらく反省してもらおう。







          ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵
        ∵  //::::::::::::::::::::::::: /', ∵      本来後継者ではなかったはずの私が
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵     皇帝となった。
          ∵ | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト ∵ 
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !       やはりそのことに不満を抱く兄弟たちもいると
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ       いうことか。
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ        心しておかねばな……


526 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:46:04 ID:AswzKNMg

    その後、三月。やる夫の埋葬が行われた。

     やる夫の陵墓は、原陵と呼ばれる。


   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       \::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::/         :::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::...... ....::::::|            |::::::::::::.. ...: ::::::::
   :. .::::::::........ . .:::::::::::::::::::         | ........... ..:::::
   :: :::::::::... . .... .. . ヽ          / . . . ... ..::::: . .. .
              \      /
                 -ー


  .^''ー-、...,_ ._,,,、,_    _‐'¨'''''''^¨⌒¨^'‐.......,    ._.、,/¨^'ー-'ーv.,_
       . ̄  ¨^'ー=ニ           ¨''ーニニ_         ¨^

  、.....,_               .,.,,、v-、 _,.,、、、,_
     ゙'---ー'ーv        .,,-'″   .゙'″   .¨''ーv,_  ,,,v‐¬v.,
          \   ._,,v‐″             .¨^″     ¨''ー、,
           .\'''''″                           .¨''ー、
             .゙'ーv


527 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:46:46 ID:AswzKNMg

なお、この中元二年には、

数年前に驃騎大将軍位を返上していた劉隆も
世を去っている。



  l::::::::::::::::::|_!::lヽ:::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::! ノ
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l ` ヽ   幺ク 亡 月 |  ┼‐ .|] |]
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l   /   小巴 三l三. ヽ_ノ / こ o o
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l   \
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l   /  死に際の間の悪さに絶望した!!
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|  /
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l   ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /




   「驃騎大将軍」は史書によって「驃騎将軍」と記されることもあり、
    「大」をつけるとつけないの違いは、明確ではない。

     どちらにせよ、太尉(大司馬)につぐ武官のトップ2と考えてもらえばいいだろう。


   そして やる夫の埋葬後の四月、この驃騎将軍に任命されたのが……




30 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:28:08 ID:MKAEDg0s

空気読めずに申し訳ありませんが補足を
驃騎(票騎)将軍は列将軍の一つ。大将軍・車騎将軍・衛将軍とほぼ同格で兵権を持つ
基本的には三公の下
大司馬(大尉)は国防大臣に相当し兵権を持たないため、列将軍を兼ねることが多い
前漢では大司馬・大将軍とか大司馬・車騎将軍などもいたので別系統と考えるべきか?


528 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:47:34 ID:Cw3OzuXQ
相変わらず変なタイミングの人だ



530 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:47:58 ID:AswzKNMg


    |         |
  __ト―--――|
  ´、二二二二二フ
   |/  ・ ( ・Y     皇族将軍、どうでしょう。
  (^     ’ |)
    1  、_  !
   △___  ∠
   |::::::::::::/エ「ノ
  /::::::::::::::|  |::ヽ

    劉蒼



    劉荘の同腹の弟、東平王の劉蒼だった。

    劉蒼は兄弟の中でも劉荘に信頼されていた弟だったらしい。

    しかし劉荊の一件を考慮すると、

    皇族も決してないがしろにしないという
    旗印としての登用の意味もあったと思われる。
    (数年で、劉蒼自身の申し出により辞職しているが)


531 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:49:05 ID:AswzKNMg


                同時に特進(顧問)として、陰麗華の兄・陰識と郭聖通の弟・郭況を配置。



                  _,..---、,..-‐.、_
             ,..‐:':.:.:.:.:.:.:.:,:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ー...、              .           ┌─ー ‐- - 、_   ,-─ 、
             /:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.、:.ヽ            .           _,,l          `~ヽ~>、 \
           /:.:.:.:.:.:.,:.:./:.:.:l:.:,i:.:.: i: ',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:ヽ                    / {    |   \     \::へ ∧
         . /:;:':.:.,:': :/: :.l:.:./l:.ハ:.:.:ト、:',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.ヽ          .        ,イ   l      !     ヽ     \::ヽ l
        /イ:.:.:/:.: :i:.:./l:/ !'  ヾ:! ヾ!ヽ:.!ヽ:.:.: ::',:.:.:.:.:',          .       /   / l      l   |   ヘ       ヽ }j
         /'/:.:.:.':.:.:.:ハ/. !'__,,..-' ヾ ゝ、__゙:! ヽ:.: :l:.:.:.:.:.l                /   / _l    ├ーt、,   l         ∨
        l:.:.:.:.i:.:.:.:i'´ ̄           ̄`i: :l:.:.:.:.:.l               {    イ~ ∧    ! ヽ \`ト、|   }   .|
         l:.:.:.:.:ヽ: :l   __       _   l:.:.!: :i:.:.:l               | !  !  / ヽ   l  ヽェ \ |\ /  j  !
        l:.ハ:',:.:.ヽ! -――-    -――- }イ:.:.:l:.:ハ!               V | l /ィ=、 \ {"ィひてヽ、|   /l  / /
        !' Ⅵ: :',`          i         i:.:.:ハ,' !                ヽl   { トO:|  `  {l.zO: } ゝ ///-v'
          { ミ,:.:',       .:|       ,':.:/ .}                   \ l`ゞ,_ソ     ヽェツ // " ) )リ
           、ヽ,:.',        :!       ,':./ , ′                    i   ,        ′ /ェ_, ノ
           \ゝ',             ,':/メ                      ヽ               //
             ヾ:.、   ー ――    イイ/             .           >、. (⌒ヽ    ィ">/    
              ヾ:i 、      ̄    イ:/ .'                            `┌´-‐' ´_イ ヽ
                 :l ヽ      / l:'                              _/><'"~    ∧、
              ,-┤  `ー-'   ├-、                          _,,ィ/ ./ ハ ヘ    / / \
              / ゝ、           才  ヽ                       /:. // /:. i ヘ /   /:. :. :.\
             _,-'´i    `ヽ     ,-‐'    iヽ、_                    /:. :. /<_/:. :..!__〉   l:. :. :. :. :.∧
        _,..-'´   .l   /`ーヽ   / -‐ヘ   l   `ー、_                /:. :. /   `ー-┘     |:. :. :. :. :. :. ヘ
  _,...-‐'"´       l   ハ O |   | 〃 ハ   l      `ー-、_          /:. :. :.j               | :. :. :. :. :. :. :.l

                  陰識                                      郭況


532 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:49:24 ID:AswzKNMg

                  両者とも二年後に世を去るが、
                その後も劉荘は実母の実家である陰氏と元・皇后の実家であった郭氏に対し
                 平等な扱いを心がけている。

                 たとえば洛陽城内に儒学の学校を建て、
                 そこで 樊氏(やる夫の母方)・陰氏・馬氏・郭氏の子弟に学ばせている。


                 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   裏返せば
                 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l  外戚として敵に回すと
                 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!  厄介な奴らの次世代に
                 ik:l::::i:.|    | .l:::l  洗脳教育を施したとも言えるがな。
                 `ー-、」    '  i_ノ
                    | `ー  ̄ , '
                  ,,rへ、_ ` 〔´
                /l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
                :‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
                ‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


管理人註釈:
洛陽城内に儒学の学校=四姓小侯学


534 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:50:19 ID:t2l6ncJ6
劉荘しっかりしてるなあ


535 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:50:19 ID:AswzKNMg




    翌年(西暦五十八年)
    元号を永平と定め、

   本格的に二代目の治世が始まった。


    同時に旧世代が相次いで世を去る。

      永平元年、五月。




            _,...-‐::::::: ̄:::::::ー-..、
           /::::::::::::_;:. -一ー- 、::::`ヽ、
      ,..-::':::::::::::;/   _,.......-‐-..ヽ::ヽ:ヽ、
    ,.:':::::::::;:::/::::'  ,..-:'::´::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:ヽ   あーあ。あたしも
    /::::::::::::l:;'::::::|/:|:::l:::::';:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヘ::ヘ
:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::   ここまでか……
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_
      `,.ゝ::::::',ヽ::',ヾ_,...r'^`          ^¨ヽ、
    r‐'  /ヽ:::', `ヽ、r'                (
    ヽ、ノ   `7ー'´          __.........__   {
     `ー-‐'¨         _,.r-‐'´     `ヽ._r
                /,r'           ヽ


536 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:50:57 ID:b/sZ1zgk
明帝様は聡明だなあ


537 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:50:59 ID:AswzKNMg

     !  ./ / i:::::::::i::::::::::::/i::::i  i::iト、:::::::::::::::::::::i::::::i:::::::i:::::::::::::::i:::::i:::::::::::i\   \
     |/  / i::::::::i::::::::::::i i::::i   i::i i:i 、:::::::::::::::::::i、::ヽ:::::i::::::::::::::i:::::i:::::::::::i\\  /
      ̄/7  i:::::::i:::::::::::::トi、i_  i:i ヾヽ::::::::::::::::::iヽ::iヽ::::i_;::-‐:i'´::l:::::::::::i  ゝ_}/    それなりに功もあげたけど
     /ノ   l::::::::l::::::::::::i i:i `‐-|!  ヽ \::::::::::::i_,.i斗´、::::::::::i|:::::l:::::::::::l  \`ヽ  
.    / i\  i:::::::::i:::::::::::! |!    i\   \ \::/ir' |!  ヽ:::::i i::::i::::::::::::ト,  /ヽ ヽ  大失敗もしたし。
    / /::::/ヽ|:::::::::::i:::::::::l,、____、ヽ   \ \;{_i__ 、::ノ_i:/:::::::::::::i//i:i::::::} i
    ! /:::::l  i::i::::::::::ト、:::::l弋于旡示リ`     ヽ イ{旡天歹Vァ/i:::::::::::::::i|  i::l::::::iV  もうちょっと活躍したかったわね……   
    V:::::::l i:::|:::::::::::i::ヽ::l ゞし砂ンノ            ゞく砂_ンノ / i:::::l:::::::|:::i  !::l:::::l
     |:::::::l l |:::::::::::::i i ト{  ` ̄ ̄          ` ̄ ̄´   l:::::l:::::::|:::l i::::l:::::|
     |:::::::|__|r'|::i:::::::::::::ハ  /////     、      /////  i:::::i:::::::i::::レ'::::l:::::!
      i::::i ヾ/i i:::i:::::::::::i ヘ                         /i::::i:::::/ !:::i }:i}::/
       i::i / | i::::i:::::::::::i  ゝ、 U     r   ァ         / i::::i::::/ i:::i ∧//
       i| i   ! !:::ト、::::::i   \              /  //:::::/ /::i i i/
       |  i i::::i ヘ:::::::i    iゝ、        ,.. イ   //::::::/ /:/ / }
          i   i i::i ヘ:::::::i    ト、 ` ヽ、 __ ,.  '´  /  //i:::::/ /:/ / /

538 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:51:21 ID:AswzKNMg

   \::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|::/:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ_,,:::-‐''::::::::-'''"::::::::::\        
     ヽ:::::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::_.. =`-ー'┬┬'":::::::::::::::::::::::::::::::`-,    
..''ー ..、  .ヽ:::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::_::/      .,ノヽ:::::::::::::::::::::::::::_,,.. -ー'':ヽ      まあ いいか。
    `''-、  \:/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::ヽil.ll      /::::::::ヽ:::::::,..ir‐'"゙_::::::::::::::::::::::ヽ
      . \ /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/ |::::|     /:::::::::::::_..≪/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ    やる夫は功臣を
         ヽ::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::ノ゛  !::::!    ./::::::,..-'" /::l::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   むやみに粛清するような
             ヽ:::::!:::::::::::::::::::::::::::/::::::/     .ヽ:ヽ   /::/   /:::::::!:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   晩年を送らなかった。
           l│:::::::::::::::::::, ''/:::::/       ヽ:::! .l.〃   ./:::::::.,.. |l::::::::::::.,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            リ::::::::::::::::::/ │:::i′       .h'! iく   ./:::::/ /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:l
  .,,,         l:::::::::::::::/  !:/                  /:/  ./:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::!  それだけでも、満足よ……
    `'ー、、      l:::::::::::/   !/                 メ´   /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::!
       `'-..、   .!:::::::l   |                    l::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::│
          `'- 、_ |::::::|      ,,..、                 l::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|
             ~゙''''!- ..,,_  .' !、,,!   .゛          l:::::/::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::!
                   `'、                ,..   /:/::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/:::::::::::.,-:::::::!
                       ,| --、          il!'} l  .〃::::::::::::::::::::::│::::::/:::::::::::::::/:::::::::/
                    ,/゛    .\       }::.! .l ./::::::::::::::::::::::::::::_l ‐"::::::::::::::::/::::::::/   _.
                /        ,..┴、     l:_:lr'"::::::::::::::::::._,, ;;l'"│:::::::::::::::,/::::::::::/   /::::
                ,..‐"      . /    .\  ''!モ-k-―ー''''"´::::, '":::::::!:::::::._/゛:::::::::::/ , /:::::::::::
             ,.. ‐'´      ,, ‐"        >、 .!i:::i/::::::::::::::::/:::::::::::::iン‐″::::::::::::::ィ゙‐'゛:::::::::::::::::


540 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:51:54 ID:76VizIVY
波乱万丈でしたな


541 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:51:59 ID:am8uNlME
正直大ポカやらかしたイメージしかない


542 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:52:05 ID:AswzKNMg

       ,  ----‐ 二二ニ 丶 、
      /     / _, ----ミァ、 \
    /   /  /‐'´        ヾコ
   / rー- /   l j  、ヽ  ヽ    ヽヽ\
  ,' ヾ /7 ,' l .ハ`トム、\  X.   |く  l
  ,'   /L|  | lレ    ヽ ` ' .ムヽ  } |ヽ!
 .! ,  //| l  | | ---   ---}l !丿 }ヽ\     
 |│ // | l  | |     |    | | |/ | | V
 |│ V | |  | |          } .| |  V!
 | .l    Ll   ! |    ---  , ´| |│|ヽ !
 | !   i !   ! ト 、      /| | ! ハl ヾ
 | ハ  ! | .!  i .|ゝ   ̄/¨ , ┴ 、リ_ニ-
 レ'  |  l ! ハ ノリ >≠==- 、       r‐、
    |  /レ レ /     /\     | )
    レ' |  〃/|         \   / |_____
     │ || | |           , ' ´ _ノ
     /  .|| ! ヽ          /     --イ
     |  〃 |  ヽ              ‐‐イ

       高密侯の禹、死去。

       享年五十七歳。
 
       劉荘の治世では、
       数ヶ月間ではあったが、
       三公の上位に位置する太傅を務めていた。
      (ただし太傅は、名誉職的な要素が強い)



544 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:53:20 ID:AswzKNMg


    /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
    i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   やる夫の二十八将。
    lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
    ik:l::::i:.|    | .l:::l   禹は、その一位に列せられている。
    `ー-、」    '  i_ノ
       | `ー  ̄ , '     この点については、疑問に思う向きもあるかもしれない。
     ,,rへ、_ ` 〔´
   /l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
   :‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
   ‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ




     (( 
  '´ /ニ゙ヽ     まあ五位以内……少なくとも十位以内には入ると思うけど
  li 从ハ)ソ    一位っていうほど完全無欠か?って
 ゝ*,,・∀・)    意見もあるかもなァ……


545 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:53:58 ID:AswzKNMg





       ,. - ── ──
    r'つ)∠───     \    
   〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__     ヽ 
,.イ      ,イ    \ヽ,     }  
ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \    ノ  
{  .ト{\ヽ',  メ __\  }  /   
  ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、   
  ノ  ト、"´,.     ー ノ ///\  
 /.  {   ゝ     /  レ//  }      
{   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TT         
V{   \ └ ´  / ,.イ/  /      

      たしかに  禹は長安攻略などに将軍として戦功もあったが、
       赤眉に敗北を重ねるなど失点もあった。
      


                   _,.-:;、:─::─::‐:-,ィ:ヽ、
            /\ ,.-‐"::/::.:\.:.:.:.:.;/::.:.:.:.:.\/\            
              \ \:.::/:.:;r'─‐`─´─ヘ、::.:.:.:.∧./            
            /:;> /:.:.:.:/_______\::.:.:∧ニ二l           
         <´ ̄ ,.ィ' /:.:.:.:/:.:.:.:.:;ノ |:.:.:.:.:.:.:.:/∨:.:.:.:.:.∧`>            
          ,ヽ_/:/ /:.:.:.:/::.:/ ̄`|:.:.:.:.:.:;/ ̄∨:.:.:.:.:.:∧          
            /:.:.:.:.:.::|_/:.:.:::/:/,ィ;=ュャ'|;ノj/,ィ=ャ'、∨:.:.:.:.:.:ハ            
        /:.:.:.:.:.:.::.:.|.:.:.:.:|' イ f´。 }i    {f:():} } ∧:.:.:.:.:.:.:.}          
         |:.:.:.:.;ィ:.:.:.:|:.:.:.::|  { ゝ_ノ;     !V::ノノハ |.:.:.:.:.:.:.:.|           
          |:://:.:.:.(|::.:.:.:|   ゛       >     {ノ.|:.:.:.:.:.:.:.:|          
         '" {:.:.:.:..::|:.:.:.:.|  ┌──‐‐-、    }:| |:.:.:.:.:.:.:リ           
          ∨:.:.:::|:::.:.:.|、   {      /  ,.ィ'::| |.:.:.:.:.:.:/           
           \::::|、:.:.::| \ ∨    ,ノ ,..イ::::!:://:.:.:.::.:/
             ヽ{ \::ゝ >`ー-‐<´:::/:::::://;イ::;/      _
          /´ ̄゛`ー─r'´ {    ノ }゛ ̄ ̄`ヽ、'"       /,ノ
           /     i   \ `ー─'" ノ    i  }     _//,〉
           { .__    |     `ー--‐'"     |.  |    /" ̄_フ'´ 〉
         ノ   ̄ ̄:|              |:  |   / 厂 (二〉


                 しかしその最大の功績は、
                 人材の推挙にある。

                 やる夫の元に馳せ参じた玉石混交の人材の中から、

                 呉漢・寇恂・賈復・銚期を 推挙したのは禹だった。


546 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:54:37 ID:AswzKNMg


            _. -=ニ::_Z ̄ニ=-  .._
        / (:_: ;r'": :/:: ̄:7''ヽ:,r': ̄`ヽ、
        /: : : : : :ヽ、:_(_: : : (:: : : :\,r=‐':"⌒ヽ._
      / : : : : : ; ': : : : : : ̄::ヽ、__/: : : : : l: : :/ミノ    二十八将のランク付けを行ったのは
     ' : : : : : / : : : : : : :__:ヽ_: /:: :l: :l: : : : l : ゙‐'ヽ    二代目・劉荘だ。(やる夫が何らかの評価を
     l: : : : : :;' : : : : : : (((//゙ハ、 : l: :l : : : l: : : l : ',   残していて、それを参考にしたかもしれないが)
.    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : :`Vノ : l: :l: : : ,' : : ;': l:ll
    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : l: :/:l :l: :l: :l:: :/ /::/: :;リ|   統一後の皇帝にとって、
    l: : : : : :l : : : : : : : : : : l: :l::ノ: }: :} l / /::/レj:/::|   重要なのは武力よりも国を統治するための
.     l: : : : : l: : : : : : : : : : :l: :|/_;イ_;イ_;リ、// .ノ/:|   人材の確保。そういった観点で、
     '; : : : : l: : : : : : : : : ::l: :|ニニ ‐--ミ`' } ,ィチj゙ :|   
    /´ヽ: : : :l; : : : : : : : : :l: :|z't'ツ"_>`` '" {^~ |: :|   とくに呉漢・寇恂など後漢王朝に不可欠の人材を
  / ¶′\: :ll : : : : : : : : l: :| `~¨´ (::"′   ',ノl: :j   見抜いた禹の功績を高く見たとも考えられる。
,r‐{   , \ll : : : : : : : :l: :| :.           ∨ノ:|
  ! ¶′',  r、\: : : : :::::l: :| :.      .._ /´): :l  
 ¶′   \ ヾ>、\: : : ll: :|  :.       __-了:/::;'  
エエエュ┬r 、\ `ヾ>、\:ll: :|   :   ‐.._'´¨´ノ:/::/
―‐ - 、 ̄`<〉、 ヽ、._`^‐-\ト 、 :      ̄「V/
 ¶′   \ `<〉、 \` ー==┬''^ヽ、 ...__ ノ
   ¶′  \ `〈>、 ヽ`:r'"||  ,タ ¶ }
¶′    ¶′ヽ  `〈>、ヽ i || ,タ  /


547 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:55:01 ID:AswzKNMg



  劉荘にとって比較的身近だった人物というボーナス点を
  ここに加えれば、一位という評価もある程度頷けるのではないだろうか。


    , -‐―‐- 、
    /rシ/ニニヽヽ
   ハ芥.lノメ从从|゙t
    i l (| | ┃ ┃ i |
   i从リ、 ー ノリl
     ⊂} |{H}l'ilつ
.     く_/_i_l_ゝ
.      (__八__)

   さらに天下が定まった後、賈復と語り合って
   兵権を返上し、功臣の粛清回避に努めたことも
   大きな功績と言えるだろう。


548 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:55:00 ID:/6jB4LZg
二十代で人材推挙とか、冷静に考ええればシャレにならん事やってるしなぁ。


549 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:55:33 ID:AswzKNMg



   禹の死後も、その一族は後漢王朝に深く関わっている。

   禹の孫娘は第四代和帝の皇后となり、
   皇帝の死後、幼帝の摂政として善政を敷いた。
  

   
    
                . -―-―- .
              /... .. :.. .: : .:.:.:.:.:. `ヽ、
               ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.`、
             /:.:.:.:.:./:::/::.::/;ハ::::::.::.:::i::.::.:.:::',
               !l:.:.!:.:/:::イ:::://-―ヽ:l:::::::|:::::::::::|
           | !::{斗:く.|::/  rテ示.}ハ:::リ、::::::::l
            い::l;イrY   いソ j:/.ハ:::リ
               ヽ:::いtリ   `"¨´ ′ン/:/{   男まさりです。
              `i`〈         ィ::::{
                  ヽ. っ    /_ヘゝ'`
                 \  ,._ '-‐´-‐`┐
                  `´/'´  ___,ヽ
                    /'"¨ ̄    |\
               ,.-‐.ニ´          |.  丶
                  l     ヽ         l   \
             |     ',         |     〉
                  l      l             /
              l      l            /
               !     ヽ       l     ,'{
                 〉     //       l   /r′
                  (     {        l   '|
               }    |      l   / !


                    皇后


550 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:55:33 ID:t2l6ncJ6
禹って若いうちから活躍しまくってたしね


551 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:56:14 ID:AswzKNMg

    また三国時代には 蜀漢の重鎮の一人、

    芝を輩出している。



      .,,,,,,,,,,,..
    /,,::::::::::::::::::::.\
   /',.:;::::|::::::;;;;;;;;;|~i:;::゙i
  /;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;| ゙i;::i   京アニから
  |;;;;;;;;;|;;;/;;;ノ;;;ノ,⌒ i:)   ジャンプアニメまでなんでもこなします!
  .| ::;;;;;;|〈.●〉 .〈●〉|;|  
  |:::;;;|  "  _, ・."|;;|
   l :::;;;;l  ャ-=ァ .//
   ヽ::.;;;\ ゙=."//
    )::):.)  ̄ (((
   /~,(;;(ヽ  /),)~^ヽ
   | ̄l ヽ   ∨ ノ . |^|
   |  |  微  乳 | .|
   |  |         | |

      芝



556 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:58:08 ID:AswzKNMg




  そして同じく永平元年。

 この男もまた、 最期をむかえていた。






                 ゝ ソ----ヽ
             /⌒<ヾ   ミ  丶- ⌒ヽ
            (  ─ヽ ∨∨∨\ヾ|    /     平穏ッ……
             ヽ  │⌒ ⌒ ∥)|/   /
              \ | =[= ∥/   /      安寧ッ……
                 | (⊂⊃) /    /
                 / 丶__/   /
              /  <∨>    /   ━┓┃┃
                  /     │     ┃
               /     │   ━┛
            /   /    │    │  ┏━┓
              ──────\     \ ┃  ┃
             /           \    │┗━┛
           /  /───────\  丿   ツ
         /  / \  \             ・
     ─\ /    \  \           ・
   (__丿        ──            ・
                ( 丿


557 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:58:28 ID:AswzKNMg

            -------
          /ヾ        ヽ
     ∠⌒ヽ/           ヾ ヽ
    < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
    /             ヾ   ヾ  ヽ   まだ少しのゆり戻しはあるかもしれないがッ……
   / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
  //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ    もはや体制は磐石ッ……
      (              |  ⌒ヽ  |
      丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |    戦いの醍醐味も、
       | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |    栄誉も存分に味わった……
        | ━/   ━      | | し  |
        | -/   丶 --    | | 丿:::|
 )     │ /            | |   :|
 (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
  )     丶     \     / | ゛::|
  (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
   )   | /// 丿      /   |  |
   (  //γ  レ/⌒   /   │|
    ~- | (    //ア
       |   (  レ /





    l: : : : : : : : : : : 彡                  ヽ
     |: :ミ: : : : : : : : : : :             ヽ       l
     |: : 彡: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ  /  ハ: . l:、 ヽ  l |
    |: : : : : : 彡: : : : : : : : : : : : : : ./ /:::::::l:  |: ', |  |リ   ここらで死神がお迎えか……
    |: : : : : : : : : : : : : 彡: /: :///::::::::::::l: l/j/ヽノ
    |: : ソ: : : : : : : : ;. ''´:: ̄ ~" メ、::::::::::::  レイ f      頃合……クククッ……
    |: : : : 彡_:_: i:!:|:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::..,,ム 'フ/
    :l: : : : / r‐|: : :| "、´ ̄(ッ ̄~"フシ  く'゙′ /
     l: : : :.| i: :lN: |:::: :::=≡≠::: .::::::::::', . /
     !: : i.!ヽ :、ヽ、:|::::    /  .::::::::::::::::', ./
     |N: : : :\_ノヘ::::::::.    .:::::/::::::::::::::::', .
     /|:!: : : : : /::::ヽ::::::::....:::::::/::_:`:-ァ.、_'、
   /  |l: : : /::::::::::::::ヽ::::::::::::く:'^::ー ´ /
  三三;;;;\´::::::::::::::::、::::::\::::::::::::::::-‐:: /
  三三三;;;;;:丶、:::::::: ヽ:::::::丶、::::::::   /
  三三三三;;;;;:::::`::-:、 ヽ:: /;;`丶、_/
   三三三三三;;;;;:::::::::`:.‐-'、::::_く


558 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:58:50 ID:AswzKNMg




     /  , _                              ヽ
    l. /  `/. ,y-ー.'ア´ /   /ヽ                  l
    l. l /´/ /_,.ィ´ _. -'/  ,/  ::ヽ   、              l,
   l. l i,/ /ー ' ´ ^/ ,/     ::::'、 l::i  |, i!      iヽ  ヽ、 l,
   l │ | / /  ヽ``く '"´、 、     ::::! .i::'、 !i ,l ! . l'、  l ヽ   ! ヽ l
  l   | ヾ /  \`<う\ヽゝ     ::::! l ::l ,| ! | l  l l  l '、. |  l l
.  l   ヽ┤/     \`ー ',..:::     ,..-lノ-:;l,|-:l,l .l l  l  !  i, l  l i
  l   / ''|      ー--¨ ''''''" :::: ,∠ッァ-ー一, /i! l l  ! ,!  l !   !
ヽl /   .:l              ::: l::`ー゙'="´´/   l,!  l,'    | |
 V     .:::|             :: l::ヾヽー ::/   '   ´     !i
  ヽ    ::::l   ーー---    :: l::.    ..:/           '
  ... ヽ  .::::|   く       , 、  : !:::.  ..::/
  ::::...ヽ .::::::|  丶ヽ、     rヽ  i:::::::::, '
 .. .:::::::.. ヽ:::.:|     ` ー- ..._ __`、. l:::/
   :.:::::::... ヽi             ヽ !'
    ::::::::::::.... ヽ    ー- 、......  /
    ::::::::::::::::.. \  ::::::::  /ヽ
  :   ::::::::::::::::: ,.イ>.     /:::::::.. ヽ
  :..   ::::::::::.: ./ l   /:::::::::::::::.... ヽ
   ::..:.  :::::.::. / ,'   /::::::::::::::::::::::::::. . ヽ
|   ::::.:.  :::: / ,' ー 'ヽ::::::::::::::::::::::::: : : : ヽ
|   :::::::.. ノ  ,i      入:::::::::::::::: : :     ヽ
 !   /   <        '、::::::::::: :      /:|
 |/     \、      i、::::::     /::::.l
  `´                 :::      ::::::::l


   元・建威大将軍・耿弇死す。

  享年五十六歳。


559 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 15:59:19 ID:AswzKNMg

  耿弇こそ、やる夫の臣下の中で最も「巧みに生きた」

  人物と言えよう。

        、、-v z_
     ,ゝ     ヽ
.    Z._ィ,∠ト、.}
.     幺__,´レリ
       ヽ /V、_
.    ,.-‐/〉 ノ ! >‐ 、
   /ゝ.∧l' ,へl   /ト、
   〉.l` 、_∀    レ .ノ、
   ヽ!  / /`´7 /ヘ   _>
     |  l `‐.'//  .Y´ヽ
    〉- /     / / /
    l _ヌニン`-〈/./
   ./!r‐合-┬/ r'
.   (/::::ニ{{三(.へノ
    l::::::/}}ヽ、::::::::}
    |::::::::フ`ヾ:::::::::|



  幽州・冀州で僅かな手勢しかいない状態だったやる夫を見出し、
  援軍を与えて天下統一の足がかりを築かせた。

  その後は一軍の将として、青洲の張歩を鮮やかな手腕で撃破。

  天下統一の後はあっさりと一線を退き、
  一族の多くも高位に昇った。


560 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 15:59:46 ID:/6jB4LZg
保身のできる韓信。


561 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:00:29 ID:76VizIVY
爽やかさがありますね


562 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:00:46 ID:AswzKNMg



    /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   なお、耿弇や彼の兄弟の子孫は、
    i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   比較的国内が安定した後も、
    lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   匈奴征伐やその他の異民族征伐に身を投じ、
    ik:l::::i:.|    | .l:::l   多くの戦功を挙げている。
    `ー-、」    '  i_ノ
       | `ー  ̄ , '     やはり、本質的には「武」の一族なんだろう。
     ,,rへ、_ ` 〔´
   /l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
   :‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
   ‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ



 そう考えると政治的感覚も持ち合わせていた
 耿弇はひょっとしたら一族の中では異端であり……

     _─-、 -‐;z.__
    > ` " ゙  <
    /" " ", ,ィ バ i ゙、 ゙、ヾ
    | " "ノlノメ、 |ノjムヘ. N
    |" / \    / │
    |" |  ●     ● l
    |" |⊂⊃ 、_,、_, ⊂l     豪盲牌!
    ∨ヘ   (_.ノ  ノ
      >、 _ ___, イl_
    ( ⌒ )..::::::::V:::::: / ( ⌒ )
□□□□□□□□□□□□□


 動乱の時代に一族の生き残りを図って
懸命に舵を切った、
隠れた苦労人だったのかもしれない。


    二十八将の四位。


563 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:01:14 ID:BG/iqgbI
ほんとすげえわ


564 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:01:18 ID:AswzKNMg



  やはり永平元年、
  
  蜀平定戦などで活躍した
  臧宮もまた、死去。


             |  逝 そ
             /.  き .れ
             |  ま  じ
             |  す  ゃ
     _ -      |  :  :
    , '"        !  :  :
  /          丶_
  ん | !''! !'''、ヾ "!、    |/ ̄
 //ル |.! | | 人 ヽ,,''!,,弋
 〃;;;i '!!, 代 !i、\|ヽ!ヾ  !
 !! ;;;|.  'ヾ、゙ ゙.:;;;;iiiiiiii!!!!!!"" ヾ,
  !  !,;;ii||i;,  ゙ 〃;杰;"ヽ    "、
    "!?段;,    ._ヾシ-      !. /
    ":;i|i;  ,,// ///"      !/
     ;;/
     /
     ヾ;;;:-
      i、  _,, - _=-
       i、ヽ-'''
        i、 -‐'' '      /
         i、       ,,-'
.     /    i、    _,.-i;;
    〃     ヽ--‐=|!!!;:
               !!;:

        


        二十八将の十四位。


565 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:01:41 ID:AswzKNMg

                 ,へ
          __,. -‐――,ノ:ヽ::\
         / ._,...-‐'´ ̄:::::::::くヽ:!
        / ./:::::::::::::::_,. -‐―--、
       ./ /::::::_,. -‐'´       |   な、なあ
      〈__|_/   ___,. -‐―、‐,)
       |   / ̄::::::ノ:::::::::::::ト、:\  二代目になったばかりでさぁ~
       |__..ノ::::::::::::::/ \:::::::::|_,ヽ:::!
    _ .(( r|::::::/::::::::|_ー、_.|:::::/フフiヽ!
 ̄ ̄| |  ̄ ゞ_|:::∧::::::::|フフ !,/`´ |
   | |..   `|::;ヘ.ヽ:::::「´  _ ;: U /
   ヽヽ.   |/ i.ヽ|::/    _,ニ, /
    | i   _,>、\lヘ   ¨二)' |
    | |  `77勹 .几.!`ーr-‐′/
    | |  // / / .| | /   /
    | | .// / /  | |/   .}





    ィ´三ヽ
    l:Y´ノノ):l      功臣がバタバタ消えてくよなァ~
  _ト、 ゚ロ゚ノ-‐r、
 ー'─'/`iニlヽi¨ ̄   な、なんか怪しくね?
    /二フ¨l 
   /_/〉___〉


566 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:02:57 ID:am8uNlME
こ、こらナランチャ!


567 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:03:14 ID:AswzKNMg





  '´ ξ ヽ  
 i θjl_!_!j   疑うのも当然だな。
 ヽ!l|゚ ‐ ゚ノ!
  /j`▽ i>   だが、それらに対して否定する
  〈_ノLゝ    材料もあるにはある。
.   |__j_j





:::〈...゙`..、::::::::::::ヽ:::‐|lニニl|ヽ、
::!::::、::::::::\:::::::::::ヽ:ヾ=´、〇\ _
:::!::::::、:::::::::::ヽ:::::::::::!::::::::::ヽ ,  ヽ
:::|.....::ヽ::::::::::::ヽ...::::::!::::::::::,、ヽ,〇 ∧   禹も耿弇も
::::!:::::::::::\........:::ヽ:::::l:;;イ_ニ、:ヽ   〇l
ヾヽ∧::::....\:::::::::::};;く、/,-.、|ヽ:ヽ   |   晩年は権力を握ってはいない状態。
i i丿):丶:::::::::ヽ/‐-、|!_ニ'/'´ `、:、〇|
='´:ヽ..:::ヽ__∠‐.--ノ`<=.     l∧), |  それでも彼らを敵視するというなら  
\.......:::/,フ二 ̄ニ_  、ヽ   :: l:ヾ:、 |  その一族を恐れているということになるが……
:::::\:::::▽__(;゜;)/,''´u .,'゙ ヽ : l:::::::ヽ     
\:::::\:::\ ̄ u    ' 、__」 7 |‐、::__ゝ   しかし
ヽ:\:::::ヽ:::::\   u  .. _ノヘ,、l) |  |   先に述べたように、禹・耿弇の子孫は  
ヽ:」:::\::.::ヽ::.:;\: .     /〆_ノ |-‐、 ゝ  しっかり生き延びて、兵権や国家の運営を
\ ` ‐- 、::_ヽ:::::\、__ 。 ,/_   |ノ'l    まかされたりしているわけだ。
<ヽ、_ l∧.二ニ==‐ゝ/ ̄/./ 7  | l
へヽ〇ニlo )二_‐─-=〃/  :i  |0.|
\=ヽ   `´     ̄フ /ヽ   :l  /  |     
〇ヾ,゙\ 〇  / /   ヽ :ノ /0l |
   \、ヽ  / /     / /i7 l |


568 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:03:38 ID:t2l6ncJ6
激動の時代で働いてたから、気が緩んでポックリ、みたいなことかもなあ


569 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:03:43 ID:AswzKNMg




 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   加えて即位間もない劉荘が、(三十歳)
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   自分の倍近い年齢の海千山千の功臣を
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   手早く粛清し、
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '     周囲に気取られず、史書に何の記録も残っていないと
  ,,rへ、_ ` 〔´      いうのは……かなり難しいと言わざるを得ない。
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


570 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:03:43 ID:b/sZ1zgk
>>564
この人も、耿エンと同じで、将軍として一軍を率いるようになってから、負けたことが無いんだよなー。



572 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:04:49 ID:YOquNnmA
>>560
言いえて妙だな


573 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:04:56 ID:AswzKNMg

  とはいえ、劉荘即位の翌年に亡くなっているのは
  功臣だけではない。


   この人物もまた、

   早すぎる死を迎えていた。







                                
            ¬x -――-  ..__            
           /         ,r'´\`'           
         /  u   u     ' ,         
         、 ○  ___       ゙i        うちきり……
        ,'    (( )::::::::::::::::) ○  ′        
       |     ゙i::::::::::::::/     l   l       うちきりではないのですぞ……
       ハ   u (⌒'一      U l   |        
       { ゙i     'ァ― ,_,    |   |        
       '‐-ン、  (_`¨´     、イ   |        
          、≠=== ̄===< 丿_, '        .




575 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:05:41 ID:AswzKNMg


          _.. -‐…‐-   _     
        ⌒X ´          X⌒  
      /  \  U         /  \
.     , '                  u   \      えんまんしゅうりょう……
    /        u           ヽ   
.   /    l  ◎    ______   ◎ 、   わたくしめのじんせい……
.   /    |      /::( )::::::::::::::::::::ヽ     ,
  /       |        |::::::::::::::::::::::::::::::/    l   これでえんまんしゅうりょうなのです……
  /      |      \:::::::::::::::::::/      | 
. ′     | U       >'⌒ヽ         l
 |       |           _ノ u    /|
 |      │         /丁      / !
 |      人    U     └' ヽ    /  /
 ヽ.___/   >= ..___、   )_,. く__/
     /        ̄ ̄ ` 一' ̄ヽ
     /                     |
      |                      |






      やる夫の長子にして
      元・皇太子の東海王・劉彊、 死亡。 享年三十四。



577 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:06:19 ID:AswzKNMg


            __..  -――- x¬           
           '´/`ヽ         \          
         , '            \     人  
.        /       ___   〓 、   <   >
        ′  〓 (::::::::::::::::( ))    ',     ∨  
       l   l    \::::::::::::::/     |
        |   l        一'⌒)     ハ
        |   |    ,_, ―ァ'     / }
        |   ト、     `¨´_)  ∠-‐'
.        丶_丿 >=== ̄===≠、

   
       劉彊は最期まで
       皇帝となった弟に対して
       謙譲の態度を取り続け、
       死の床では息子が後継者に
       相応しくないとして
       王国の返上まで願い出た。



    劉荘も他の兄弟を見舞いに送るなど、
    病身の兄を気遣っている。



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵     兄上……
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


  この二人に関しては、最期まで
  仲は良かったようだ。


578 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:06:33 ID:MkVQARk2
すげー勢いで死んでくな。最終回直前のガン○ムみてーだ。


579 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:06:57 ID:AswzKNMg


           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    兄上…こんなに早く逝っちまうなんてな……
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |
       | |.        ヽ─  |
       | レ┐      -二三  |  
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/
      ┌‐.<    ────=、
      ,.┴─、\         \/ヽ

               劉英


    劉彊の葬儀には、やる夫の三男、劉英をはじめ、
   多くの一族が参列した。



               . -―- .      
             /       ヽ  劉英様ッ!
          //         ',      
            | { _____  |        
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′    
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _     
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ   ご愁傷様ですッ!
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ

              劉英の食客


580 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:07:07 ID:OTbo7qoY
むしろ功臣たちより、わんこの死の方が「ええーーっ!」って感じだ・・・。



582 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:07:48 ID:AswzKNMg
 
           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    ん?なんだお前らもここに来てたのか。
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |
       | |.        ヽ─  |
       | レ┐      -二三  |  
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/


   この劉英、老子の教えを学ぶと共に、仏教にも深く傾倒していた。

           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |
       | |.        ヽ─  |
       | レ┐      -二三  |  
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/
      ┌‐.<    ────=、
      ,.┴─、\         \/ヽ
     /    \ ヽ      / )/-/ヽ
    /        |     ノ┐/ ,.-/  ヽ
   ./         l   ./ / l "|"/'ヽ |
   |          ヽ  .|  (   / l .|
   '|, ノ  ,,-,,.、-'" ̄`>ィ.|   ).l´ /|  |
   /        / / |    /| |  ,l、_    ___....,、┐,,,、
   / /        ノ  |.,-─''"ノ  | /,. ,.┴、.、'" _,-‐ニ/ι、
  / |           // / ‐'" ノ  | |  '  -─ 、,-つつ-''"
  |  |       _,................/   =-'"  //'''''''"/''>......-‐-'"''''ヽ
  ヽ        '"     `ヽ、 、   ノ   / /        |
   ヽ=─'''"          \ ''‐-   //        /
ヽ、 /"´  _     _              ,,-、  _.、-=`ヽ/,.-= ヽ
  \  |  `ヽ 、 | ` ヽ 、  /`ヽ 、   /   |//  ||//´ |/



     ((    へー がいけんからは 
  '´ /ニ゙ヽ
  li 从ハ)ソ   そうぞうもつかなかったなー(棒)
 ゝ*,,・∀・)


583 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:08:17 ID:BG/iqgbI
みんなやる夫の後を追うように死ぬな
やる夫がいなくなってさびしくなったのかも


584 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:08:19 ID:AswzKNMg

     それと同時に、若い頃は侠客たちとも
     深く交わっていたという。

  ∧_∧
 ( ▼。▼)
 ( ヤクザつ
  U ̄U


   これは矛盾する事実のようだが、
   要は仏教の徒というグループ自体が
   社会の本流から外れた要素を持ち、
   アウトロー的な側面が濃かったということかもしれない。


585 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:08:46 ID:AswzKNMg



               . -―- .      
             /       ヽ  劉英様ッ! 今回の兄君のご不幸、おかしくねーか?
          //         ',      
            | { _____  |        
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′    
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _     
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ   陛下の陰謀だと思うッ!I
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人   劉英様も気をつけるべきだぜッ!
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ



           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ     それはねーよ。
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    もし兄上を毒害なんてして本人に疑われてみろ……
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |
       | |.   U    ヽ─  |     俺たち兄弟にとっては明日は我が身ってことになる。
       | レ┐      -二三  |     見舞いによこした俺たちに兄上が疑念を口にしちまうだろ。
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/     
      ┌‐.<    ────=、


586 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:09:16 ID:AswzKNMg

           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ      もし劉荘が……陛下がそんなつもりなら、
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    わざわざ兄弟に連携の機会をあたえるはずがない。
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|  
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |    アイツは馬鹿じゃないからな。
       | |.   U    ヽ─  |    
       | レ┐      -二三  |    兄上の死に、何の裏もねーよ。
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/    
      ┌‐.<    ────=、


               . -―- .      さすが劉英様!
             /       ヽ
          //         ',      おれたちに判らないことを
            | { _____  |        推理してのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ


587 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:09:36 ID:AswzKNMg

           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ     (なんだコイツら……)
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|  
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |    
       | |.   U    ヽ─  |    
       | レ┐      -二三  |    
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/    
      ┌‐.<    ────=、





           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ     (俺を煽ろうとしてねえか?)
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    (食客ってのは主の利益を図るもんだろが)
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l<●> 
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |    (何を考えてる?)
       | |.   U    ヽ─  |    
       | レ┐      -二三  |    
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/    
      ┌‐.<    ────=、



589 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:09:59 ID:b/sZ1zgk
二十八将も後二人くらい?


590 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:10:05 ID:76VizIVY
大仏の英か


591 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:10:25 ID:AswzKNMg




    永平二年(西暦五十九年)




       /| .N '             ,_≦<⌒
        | ∨        ,、 ,、 、ヾ-ヘ> 、-ミヽ
     /` ,.ィ    , / ハ !ヾ|ハ.V, ,ト,ハ-ヽイ
     /'フ//∧,ィ ./.|/ ,、リ小|,ト,:|:リ、:ヽ|:<    あー ようやくかよ。
     И .レ ' .|//ノ /jィ::ハ::!:::リ;メ「ハ:}'ヾ、Y
    弋ー__,、 | ,//|'/|/:ム!/‐|l::::|リィtチ''Vリ    この王覇さんにも
    ヽ-≧:::Ⅵ.代!ハ:|;::/,ムtチ Ⅳヾ ̄ .トヾ   
     .`T:|;::::ハ|:_'ヽ、Ⅳ ̄´     _,〉  .|     お迎えか。
       .ヽト、l:::「:トヾ、`      __,,  .iァフ   
        厶イゞイ≧ヽ      ' ニ´ /./:!    すげー 微妙な時期。
          '´ レヘ;ーヘ  ,,_____,,//:::::ゝ  _ -、
             ハ|;V: : : : : : : /./:::::/7才   ヽ,,_ _
            /イ:::レ:ヘ  : : : : 'ーァフ::::/イ     /`ー-ミ、
           / /_::::::::::::ハ      j |:::;イ     , ′       `丶、
          ム-- ミ丶::::「' :.    //:/     , ′         ヽ
              ノ:::ヽV|__,,,、 ィ7 //     ,:′    ,      ハ
            /::::::::ハ.'|  ` /〃     ./       ./!      ハ
           /:::::::::::::::ハ !   .//′     /      ,'::!       .ハ
          /:::::::::::::::::::::::ハ∨ //     ./         ,::::|        .ハ
        .ハ:::::::::::::::::::::::::ハV//      /         ,::::|        .ハ



    (_{ヽ‐、rzノ{__,
    _,>ヽノぃ   /´ ム   陛下、アンタのせいだぜ?
    _フ / ,ハヽ、 、   ノ 
    Z |/{トN、ミリ_l ミ>   アンタが俺を 「じょうぶな草」なんて
     ノ'{l 〒 〒ノィトr'´   褒めてくれるもんだから。
      、 _'_  /N{、
       ヽ ‐‐ 'l‐、_     ここまでダラダラ長生きしちまったわ。
     /::|l、 「/ /  \
     l:::::::|l / /      |


592 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:10:51 ID:AswzKNMg





              >-                  `'´ムィ
             '⌒>                   ´ ノ
             _/ ィ イ  l l、 、   .ト  、     ‐'、
            `y' / l/ .l イ/! l ソ丶 ト、ヽ\ヽ 、 .ト、  「 ヽ   
              V  l/∨ l リ ヽ `\ \メ \癶l ヽ,斗‐,
            ト ┘ ,/ !    `、l l`  、 ヽ、` ヽ r-'ヽ 彡'
             ̄7,、::::l∧/l/从 ',ヽ::ヽ\ヽ:::ヽ   l^ヽ::\_
             l' ヽ::::::::N'三从  ! ≦三__ハ /∨リ ソ::::厂
               ムl::::ト `´ \ト`、 `´   .癶ィ/ノ:::::::::ヽ
                /∨ハ.   l         /イ'::::::ヽ ̄
.                   ヽ  ' 、 -  ,、   / !::/`‐- 、__
                 ___.>、‐ === '   / .l:::l 厂`‐-/
                 l rー- '´レ,、  ̄   イ   ∨ノ:::::::::/
.                 l l::::::::::::::::l `  ´      //:::::::::/
                 l l:::::::::::::::l         //:::::::::::::>⌒  、
                  l l:::::::::::/'        .//::::::::::/     .>‐、_
            _ -‐'::::´:::::l l::::::::::l_   __.//::::::::/     /  ,   `
        , -‐'´::::::::::::::::::::::::ヾ :::::::::l  `  '    //::::::/     /  /
        /:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ::::::l      ノノ:::/     / /./ /
.       /::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ :::!    //:/     / ./   ./
       l::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ !    /./::/     /  /   /


          淮陵侯・王覇 死亡。

          このスレでの主な活躍は、
          凍ってない河を渡れると言い張ったり、
          偽帝・劉子輿を討ち取ったこと、
          対・劉永政権での奮闘などが挙げられる。



594 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:11:34 ID:AswzKNMg

           物語後半で影が薄かったのは、  
          建武十三年以降、実に二十年近くも
          上谷太守として北方辺境に赴任していたからである。

          その間・匈奴・烏桓と小競り合いを含め百戦近く戦い、
          辺境の防備に欠かせない存在となっていた。
 


      ,,      _、,,、,、,,、
     ./\   <":'´      フ、
    |  ̄ | <           フ
    | 苺 | 彳 ノノiノi ノヽ;ハ、 、   ヽ
    | 牛 | 彡〃,ノlr'´l| /' ヽリ| l | ゞ
    | 乳 | .リ!オ ● l|/ ● 从/ヽ ミ
    |__|  リl⊃ 、_,、__, ⊂⊃|| ) フ
      `へ´  、 ハ.  ゝ._)   リ フ
      ヽ、`ー―ヾヽ  ーU  ノリ''
       `>"´ . ` ー- ヘ
       /  \     . ヽ  ',
    _(_\  \     / l
  /´______\`/\ ´ (´__,ノ




         二十八将の第二十三位に列せられる。


595 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:11:48 ID:MkVQARk2
ハッタリ言って半べそかいてた記憶しかないわw


596 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:12:16 ID:AswzKNMg

王覇は二十八将の中で、最後から二番目に世を去っている。

そして最も長生きしたのが……






















  この男、馬武だった。




              _ ,-、             
             / `i .ノ
           _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.
         /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . -、   
        /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   )   ウイーーーーー!
      /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';  
  .  /      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j
    !.      /  l.   '、       ヽj`ー、_ `ー、    /
    ヽ、   /     !    ヽ          `ー-'   Ο
      ` ー´      '、


597 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:13:01 ID:GPw/sllQ
のん兵衛なのにw


598 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:13:20 ID:mPz3YbBo
元盗賊なのにwww


599 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:13:26 ID:Cw3OzuXQ
やっぱり脳味噌をよく使わないほうが長生きするんね


600 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:13:29 ID:.8GQRMfo
やぱり酒は百薬の長なのですね


602 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:13:58 ID:AswzKNMg


馬武は永平四年(西暦六十一年) に死去している。



     |\_// ~・
    γ。:::::::::: 。'ヽ   
~・ 八ゝ"-~" ノ    
  (つ|,::::::::::::::::、::`i ・~
  |酔|:::::::::::::::::.〉::.j   
  |逸|~`   ´ ̄`'y' ・~
   ̄ ̄   ̄ ̄


やる夫の功臣の多くが
天下統一後、一線を退く中、
馬武だけは
中元二年(西暦五十七年)
永平元年(西暦五十八年)と
隴西に侵入した西羌への討伐軍に加わるなど、
最後まで武人としての生き方を貫いた。


         , - 、              
     . Y Y´ \             . 
       l  \  \      ο     
        \  \  .>、          
         \  `'´  .`;      _      
          \    /`ヽ  ./ l      _     ウイーー!
            ` ー´ヾ__.人 ,./   ゝ- .,_/ l  
                l  lヽソ、-,i   /   〈      
                  l  !/ヾ、 .`ー-ラ 0   ',    , -
         。      l   l *ζ ./  *   .}。      
              l.   ヽ.  '´      _ ノ _/  
              l              ̄    ノ
               !            ____,. ´ 
             о  ;           ̄l     о 


     南陽出身ではあるが、名門の出というわけでもなく、
     処世術が巧みというわけでもない。
     盗賊集団に身を投じまでしていたこの男が、
     警戒もされず 晩年まで重用されたというのは、
     もはや人徳、という他にない。
      
       ある意味、二十八将一の幸運児と言えるだろう。

       二十八将の十五位に列せられている。


603 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:14:09 ID:t2l6ncJ6
馬武、元気だったんだw


604 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:14:34 ID:GPw/sllQ
酷い言われようだww


605 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:14:36 ID:AswzKNMg


   そして 


   功臣たちの多くが世を去った後、


   やる夫の時代の最後を見届けたかのように……





























                             ___........,,,,,,,_
                          >-''''': : : : : : : : :'''-、
                       >'''": : : : : : : : : : : : : : : :\_
                    >'''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\,
                  >'" : : : : ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
               ,,,-'''"-'/  ::: : :: : : : : : : ::...: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ     やる夫……
                  /::: :::./ : ::: : :::: : ::: : : : ::::...: : :::.: : : : :..: : : : : 'l
                 /::/: :::::: :..  :::: : :::::.: : : : :::ヽ:..: :::.: : : ::::..: : : : :'l
                 /::/::::|:::: :::: : :. ...  :::::..: : : : ::ヽ::..:::.: : : ::::::.: : : : l
                l:::/|: ::l:::::: :/|: : ::::|: : ....l..    l ::::::: : : :::     l
                |:/ |: ::ヽ:::l:|┤: ::::|ヽ: :::l、:::::::.. : :.|::::::::: : : ::::::::: : : :|、|
                |l  |:::1ヽ:|ムヾ、:::.l ヽ、メヽ、::::..::|:::::::: : : ::::::::: :::: :l ヽ
                .'  ヽ:ト、:::lレナド.、:::l  ヾ、 ̄'-,,,l::::::::: : : ::::::::::::::::/
                   |l ヽ:::|レ|カ  ヽ . ト''''''ト,,,,, |::/:::: : :/、::::::/:/
                     l:::| " /    .トナガレ l:::|::::: : /| |::/|/
                      l:ヽ、ヽ    ''''''''' /:/::: : /.// .'  
                      .l::::|ト、 -      .//l::: /"::/
                      .l::|' \"   __,,,/:ク::: :/|/l/
                       ヾ   ''''''''l"-,,/':/:/,-l'''':ヽ


606 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:14:59 ID:AswzKNMg


       


                          _ , ─ - 、
                       , -‐'´      ヽー 、
                      , .'´        ソー     ヽ
                 -≠Z´, ,           ヽ    ヽ
                   / / / / /,        、  ヽ   ヽ    荘も、立派に皇帝としての
                    / イ ,' ,' .ィハ l  ! 、  、  ',   ',   !
                 /' ,'.i ! .l /l.l l  !、 l  ヽ  i  |    l   勤めを果たしている。
                   l' l k l l7`|'-、.ヽ lヽ. ト、 ヽ  | l l   l
                   l ハ i .{lr≠、ヽ \‐ヘ'ヽヽl-. トl !   i l    もう大丈夫。
                      |' .',lx!i !|::;:}    _,r≠=、卜!' ,'.   |.!ヾ、
                      i'l ー'    !l、::::;:}》. //`y イ'|'  `  何も心配することはない。
                          lヽ   '    `ー'/ .//,.ノ/ |    
             l 、    ,、   |/ ヽ、 -    /ソ /ィX.、
            r┴-'ニ< ヽ--、   ` ーz- ' ´/ィ'´ヽヽ、ヽ
             てー  _`._j弋ー' ヽ、.,r,ニ-´ー ´.     l l.l }
         , -‐y‐ '{ /´::::::、ヽ. ̄ヽy'-´ヽヽヽ       l l !'
          ,〃'´    Y´:::::::::::::}  /ー:、:::::::ヽ', ',       l l !







 /: .,: : : i: : : : : : : : : : : : : ,、:: : : : : : : : :.: |: : : ::::::::::::::::::|::::::::/::::::::::::::::
 : : ,|: : /: : : : ∧: : : : : . :: ::|ヽ: : : : : : . .::.| : : :::::::::::::::::::|:::: /::::::::::::::::::    だから やる夫。
  /|::/: : : ―ト-、:ヽ: :.:: : : | 斗―‐―-:::.i::::::::::::::::::::::::::|:::/:::::::::::::::::::::
    |: : :.:|::::::.::|  レ' \ :::::i  __ \ヽ、:::::|: ::::::::::::::::::: : |/::::::::::::::::::::::::    わたしも
    レ::::: |: :::ヘ:i ィ=ミ、.  \| -‐≦==ミ、|: ::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::  
    |: : :::| : : :ヽ`ト':::}     イ゚'::.:::::i} 》 i:: :::::::::::::::://iヽ::::::::::::::::::::::::::   そちらへ行く……
    |: :::∧: ::: :ヽ代ソ      マヽ‐ソ/ |:: :::::::::::::::/:|〉 }:::::::::::::::::/|::::
    |: :/ ヽ:::i:::::i  ,       `¨´   i::::::::::::::::/: / /::::::::::::::::/ レ
    |:/   |::|:::从 ヽ            |:::::::::::::::::::/イ::::::::::∧/
    /   i: | :::∧             |:::::::::::::::::::|::::::::::::/
         レヽ::::::ヽ  ``         /::::::::::::::/::/:::::::::/
         ヘ::::::::i\         イ /:::::::://レヽ:::/`ヽ
          ヽ:: |  ヽ _    <  レ'|::::::/|/ i ∧'/:∧
           ヽ|     /ヽ    |:::/ /   /:::::::::∧
              _ イ  .∧    i/   /::::::::::::::::::::ヽ
          ,ィ´/    / / .〉  ノ  ./:::::::::::::::::::::::::::::::\


607 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:15:24 ID:AswzKNMg


       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,




  西暦六十四年(永平七年) 正月、皇太后・陰麗華崩ず。


609 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:15:39 ID:OTbo7qoY
本当に最後の最後だな・・・陰麗華


610 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:15:56 ID:AswzKNMg




      , ^   `ヽ
    イ fノノリ)ハ
      リ(l|゚ -゚ノlリ     どこ……?  やる夫どこ……?
     イ`у/^ヽ
     ル リ三イ |
      レィ  リソ




      , ^   `ヽ
    イ fノノリ)ハ
      リ(l|゚ -゚ノlリ    !
     イ`у/^ヽ
     ル リ三イ |
      レィ  リソ


611 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:16:23 ID:AswzKNMg










       __
      /⌒ ⌒\
    / (● ●) \r´`i ミn '´)
    (   (_人_)   ノ ノ ノ .ノ
         `-'


612 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:16:59 ID:t2l6ncJ6
陰麗華は、慎ましい儚い感じがよく出てたなあ


613 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:17:03 ID:AswzKNMg



              _
       -  - 、  , ^   `ヽ
      / (-  -)ヽイ fノノリ)ハ
      ゝ(_人_) ノ( リ(l|- .-ノlリ__   
      / \    ̄旦 ̄__\ 
     .<\※ \____|\____ヽ
        ヽ\ ※ ※ ※| |====B=|
        \`ー──-.|\|___l__◎..|ヽ
          ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄|
               \|        |~


      史上稀に見る、おしどり皇帝夫妻は、

      こうして揃って天に召されたのだった。


614 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:17:16 ID:b/sZ1zgk
最後までがんばってくれたから、外戚が幅を利かせずに済んだといえるかな?


615 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:17:29 ID:AswzKNMg
















        ___
       '´,ィf尖ゝ
      | ´iノノ从 〉   ひょこっ
       j (l|`ー´ノ|
      ノ⊂リ美)リつ
( (   ( ( ノ爻爻ヽ
       `~じソ~´
              _
       -  - 、  , ^   `ヽ
      / (-  -)ヽイ fノノリ)ハ
      ゝ(_人_) ノ( リ(l|- .-ノlリ__   
      / \    ̄旦 ̄__\ 
     .<\※ \____|\____ヽ
        ヽ\ ※ ※ ※| |====B=|
        \`ー──-.|\|___l__◎..|ヽ
          ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄|
               \|        |~


617 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:18:10 ID:t2l6ncJ6
おやおやw


621 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:18:31 ID:VFYupBtc
ですよねー


623 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:19:25 ID:MkVQARk2
もちろん郭聖通も嫌いじゃなかったよw


624 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:20:32 ID:AswzKNMg



       主要人物がほとんど退場。
       ここからは、横光三国志でいうところの
       六十巻である。

       とはいえ……



         
           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|    ははは楽しいのう。
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
            |::ゝi: i│       /:::i:::|    平和に乾杯。
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     
               |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |     
                |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |     
                |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|  
                |:::|   |」___| |_|_|/  |::::|  


             ……などと、お気楽な時代が訪れたわけでは決してなかった。


625 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:20:33 ID:GPw/sllQ
まあ劉邦さん家の奥様に比べれば全然穏やかな奥様だから大丈夫だよな?


626 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:21:17 ID:t2l6ncJ6
>>624
劉禅の台詞っすかw


627 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:21:49 ID:.8GQRMfo
両手に花か、羨ましいw


628 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:21:58 ID:AswzKNMg


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     父上も母上も亡くなられた……
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵     これからは、わたし一人でまつりごとを行わなければならない。
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


       



::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.      わたしのモットーは最初から決まっている。
  |:/‐ ‐∨!::l.      
  !:i冂 冂|:ト::!.      「民には優しく」
  |:ト.._-_..ィ|:|'::!      そして「官・豪族には厳しく」だ!
  !::r{j介/,'/:::!.     
  |:| { V7l」 l::|.


629 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:23:26 ID:AswzKNMg


      『後漢書』において、
      劉荘はその治世を称えられている。
      だがその一方で、本人の性格に関しては……

        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵ 
         ∵   /::::::::::::::::::::::::: ヽ  ∵ 
        ∵ ://::::::::::::::::::::::::: /',  ∵
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵  
             | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト    
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ    
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ     
  
  
     「性格が偏狭であれこれ詮索することを好んだ」

      などと必ずしも褒められていない。
 
       つまり「性格はアレだが名君だった」と
       いう記され方をしている皇帝なのだ。


630 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:23:37 ID:b/sZ1zgk
いや、あの時代(うわべだけは)お気楽だったのは劉禅だけだってwww

司馬氏だって苦労してたんだしwwww


631 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:24:00 ID:AswzKNMg

     
    例えば これは父、やる夫もしたことだが、
     劉荘は臣下に対するスパンキングの刑を自分で
    執行したがった。

    しかもその対象は、些細な過失にまで及んだ。

  

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵ 
   | 二二二二二二二二二二二二二|  ∵ ∵   
  /.:..:..:..:l..:..:..:..:l:..:..:..:..:..:..:.. ,.:.:.:.:.:.:.:.:\   ∵  ∵   
 ,r'.:..:..:..:..:..:|..:..:..:..:|..:..:へ..:..:/⌒ ..:..:..:..:..\    ∵   
..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.,r':.:.:./      \.:.:.:.:.:.゙ッ   ∵  .
l.::.::.::.::.::.::.::.::| ::.::.: ∨:.::/      ┛┗\:.::∧:゙i  ∵   .
|::.::.::.::.::.::.::::::|.::.::.::.::|:/ ̄ ̄ ̄   ┓┏. ∨::K::|     
|.::.::.::.::.::.::::::::|.::.::.::.::|               ̄∨:|::|       朝議中に「ラブプラス」を
|::.::.::.::.::.:::::::::| :.::.::.::TT卞六尓ィ        ∨::|       プレイしていたな!
| :.::.::. .::::::::::::|.::.::.::.::| | |:i.:.:.:.:i|     h広fr |:.::|     
|.:i .:.::.::.: ,. -|.::.::.::.::| (,り:.:.:.:i}     |i.:.:i| |∧::|        許さん!
|.:i .::.::.::.::| ハ|.::.::.::.|′'‐ー      |i.:.:i| ||.::.::|     
|.:i .::.::.::.::| !、|.::.::.::.::|         ′ ‐ー |.::.::|     
| i.::.::.::.::.::\__l.::.::.::.::|                }.:.::|     
|:!:.::.::.::.::.l::::::::::l.::.::.::.::j       -    /:.::.::|     
|.:i:.::.::.::.::l.::::::::::l.::.::.::.::゙i         , ' :::::::.::.::|     
|.:i.::.::.::.::l.:::::::::人::::::.::.::≠  __  <} |:::::::::.::.::|     
|.:i:.::.::.::.l::::::∨  \::::::.::.::\ |:::::::::::/  |:::::::::.::.::|     
|.:i:.::.::.::l.::::V     \:::::::.::.::.'‐-<   |:::::::::.::.::|     
| i.::.::.::.l::∨      >- ::_.:::.::.::\  |:::::::::.::.::|     
|:i:.::.::.::l∨          -─- ン、.::.::.::\l:::::::::.::.::|     
|:i.::.::.::∨      ,r'         ゙i.::.::.::.::゙i:::::::.::.::l     
|.i:.::.::∨      /           ゙i.::.::.::.::゙i::::.::.::|


632 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:24:02 ID:am8uNlME
権力を盛ってるやつは腐敗しやすいから方向性としては正しいが
難しいぞ、それは


633 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:24:10 ID:.8GQRMfo
ある意味、重しである両親の死後も自己の生き方にブレない人間は偉大だ


635 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:24:40 ID:AswzKNMg



      ギャア! この程度の罪でーー!

   |      \、_,ノ     、_/  |  
   |     _,ノ  ∧__∧(      |
   |     `) ('ヽ、   ))  ___──
   |         ヽ   /      ̄ ̄ ̄
   |        / ,- ヽ   ̄ ̄ ̄──
   |    '⌒)(__,/ ヽ__)(`   |
   |    /'        '^\   |


636 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:24:59 ID:76VizIVY
官と豪族に厳しかったことの証拠みたいな気がするなw あれこれ詮索


637 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:25:05 ID:/6jB4LZg
>>631
ちょっとそれは厳しすぎ。


638 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:25:00 ID:t2l6ncJ6
いささかサディスティックな人だったのかな


639 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:25:36 ID:AswzKNMg

   時には逃げ出した臣下に対して、
   自ら追いかけっこを演じることもあったという。


  


    ┏━┳┳━┓
    /::/::::::::::::::ヽ.   _
    |:/‐ ‐∨!::l.     ─
    !:i冂 冂|:ト::!. __.  ̄    待ーてー!
    |:ト.._-_..ィ|:|'::!  \
"\/ ,      /\_〉
\__/\      (
      \  _ ヽ     三
        / __ ヽ 三
        ! /r .)
        ヽヽ _/
         `ー



    ヒー!
      Λ,,Λ ゚ 。 ≡=-
     (・ω・`;)っ   ≡=-
      o   '     ≡=-
       (⌒  )    ≡=-
        `J o   ≡=-


   このときは、「高官を叩くのはやりすぎです」
         と別の臣下の諫めを受け、
        追いかけるのを止めている。




642 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:25:55 ID:AswzKNMg


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵   たしかに皇帝のやることでは
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   ないかもな……
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵   
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i        
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


 基本的に聞き分けはいい。

 この辺りが暴君とは異なる部分である。


643 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:26:17 ID:.8GQRMfo
調教の意味合いもあるのではw



645 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:26:41 ID:AswzKNMg

    官吏に厳しく当たる一方で、
    劉荘が気をつかったのが
    親族や外戚・とくに兄弟の扱いだった。



   永平二年、一昨年に兄・劉彊をけしかけようとした
   山陽王・劉荊がまたしても問題を起こす。


  
  

                 f:i      _,....../イ_
                 ヤ!  ,.ィ::"´::::::∨∧::::::`ヽ.        ,..
                   i | /::::::::::::,ィ7.メ.:>トィi:::::::::::ヽ   ,..  /   _,... ェィ'´ ,..-イ"´        _  -─ =  ̄
                  iイi::7::::::::::::://〉゙_rr=ト_ト、::::::::ト..ィ'  /、.ィー≦、__r:..ィ‐ト=-:イー,---─= :  ̄: :_ -"´
                  ヤi/:::,.:::::::/// ,ゝ::ゞイト>トゞメ.ィヽヤ_〉´::ヽヤ: : :i:::|: : : : 「: : : : :_,.. -‐ ´
               ,.. ,.ィト、'::,、,、.ミf/" /::::::::::::::::::::::ナjl::/`〉/::::::,:、i::i: : :|::::|: : : : ト、,..ィ-‐ ´
              / |' |ト.ヤ〈〉/// ̄::::::::::::::::::::::::::||゙"i::::、iィ´,::ィト、{: : :ト、」_:__:イト=、._
             _/  |: :|:ト、∨/,、i::::::::::::::::::::::::::::::::j|::::}:::::::i::::::::::::::::ヽ._,.ィニ=ェ_、__
   _,... -─:::::'" ̄::::|   |: : :!:::ヽ/::ト'::::::::::::::::::::::::::::://:::イ、::::::::,...ィ-‐"~::::::\
   :::::::::_,::::ニ=-‐="l、_ ヤ: : ヽ:::::::::____:::::::::::::rュイ、,イノ `ー/:r─────、         変心!
    ̄´          `~゙\/\i`ト、メ/ヽィ‐-rーイ_,ィ'トェ.  ヤトイ ̄=====ト、
    _                  _ ゝヽィ``",i.イ_.イ'::::::::::::::`ト|::::::::/ー─---====ト、
   ≡ミト、、           _,/´_,.ィ、〉ゝトー"´:/(〇):::::::::::::::::ト.::::く/`ー──----=イ、
    、:::::\ヽ       ,.ィ="´/ ,./:::::〉:::}::::::::::::::,ィ'::::`´ー─‐く/´~`ヤ::::::::::::r----、___ヽ.
   :::ト、::::::ト、\    ,イ::〈イノ:::〉´ ̄:ト、_:::i:::::::::::|´:::::::::::::::::::::::::::ゝ-イ:∨::::::<´_,、____      `ト.
   :::::::ヽ、::::::\ト、 /ト',..ィ-ー/:::/〉:::::r=ト.>:::::/r=:、::::::::::::r‐、::::::::::::::::::∨:::::::´:::::::::::::` ̄`=─-ト.
   :::::::::::::``i:::::\>/":::::::::::::|:〈/::ィ、:ゞイ」_:ゞ=イ::__:::::::::\ ヽ:frヾ;:::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
   ::::::::::::::::::::ゝ:/' /:::::::::::::::::|::::/イ::::f/r─、ヽi::::ヽ ヽ.::::::::::ヽ.>ゞィ:::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   :::::::::::::::::::::/ヽイ:::::::::::::::::::|</:::::::::ヤト.::://|:::::::\ \::::::::゙::::::::::::::∧frミ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   :::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::|:::::::/〉:::〉∨イ::〈<ヽ:::::::::\\:::::::::::::::::::|:::ゞイノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ-イ'


             占星術師を集め、
             天下に異変が起こることを祈祷させていたことが
             発覚したのである。



646 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:26:41 ID:t2l6ncJ6
まあ人間、幾つになっても間違いはあるし
リカバリできることが大事だよね


647 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:26:42 ID:am8uNlME
臣下を追いかける皇帝ってエラい一気に親しみ沸いたwww


648 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:27:08 ID:AswzKNMg



           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|          一度、不問に処してやったのに……!
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
            |::ゝi: i│       /:::i:::|
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     


            今回はさすがに放置もできず、
            劉荘は劉荊を山陽王から広陵王に転封する措置を取った。




    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ ∵
  ∵ ::|二二二二二二二二二二二二二二|  ∵∵
 ∵∵ / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}   ∵
. ∵ :: /`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ   ∵
     i:::::::.i:::://      [...-}::::i-ー:::::|::::::::::|
      i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}      もはや私が皇帝なのだ。
     {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i  
     i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}      なのにどうして分をわきまえてくれないのだ?
.     {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
     i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}      
     .{:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{
.      {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
.      i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
.       i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
       i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{


649 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:27:44 ID:AswzKNMg



::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.      そういえば皇太子のころ、
  |:/‐ ‐∨!::l.      
  !:i冂 冂|:ト::!.      あんなことがあったな。
  |:ト.._-_..ィ|:|'::!      
  !::r{j介/,'/:::!.     
  |:| { V7l」 l::|. 




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  

  /::/::::::::::::::ヽ. 
  |:/‐ ‐∨!::l.    梁松よ、
  !:i冂 冂|:ト::!. 
  |:ト.._-_..ィ|:|'::!   評判のいい儒学者がいると聞いたので
  !::r{j介/,'/:::!.   私と荊とで教えを請いたい。
  |:| { V7l」 l::|.   つけとどけを渡してくれないか。


650 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:27:56 ID:J7OoDzis
変心ヒーローだからしょうがない


651 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:27:59 ID:AswzKNMg

            , -=ニ=-ー=ニ~~ヽ__
        _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~`ヽ、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    i:::::::::::::::::::::::::::_,. -"~`ー---一-、_:::::::'、
    ゞ::::::::::::::::::::::/             ~ヽ:::.ヽ
    /::::::::::::::::__, /                  ヽ:.:/
   (:::::::::::/~~      ,,            Y
    〉:::::::::ヽ        ”"=;,_  l       |     ブヒヒ、お任せ下さい!
  /入ヽ::::./        `ー `-/ ' .,-='¨~` /
  //  ))/             /  、`ー  l
 ヽ `-i               (   ヽ..   i      
  ヽ` 、          /    ~  ~. ヽ   i
    i /         //         ,,,;   i
.   _i i         i ,`===ニ二ニ=ニ彡"   l
 ("~i !         ` ~¨¨~ ̄`゚゙'`^~  l   i
/い.i .i                      l.   /
  いi ヽ、                 ノ  /
    .i ヽ、`                      /
      ~` - 、_  、          ノ
           ~ニ=-~ニ=ー- . ,, -=ニ~



   ところがその儒学者は、進物を断った。


652 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:28:01 ID:MkVQARk2
直接的じゃないところが輪をかけてめんどくせえ奴だなw


653 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:28:27 ID:AswzKNMg


____________/ ̄ ̄\_______
|////     \Ⅵ州州州Ⅳ  働   l / ̄\ //
|/〃         Ⅵリ州州州    き   |/  :   l/
|〃           Ⅶ州州州    た      :   |
|′ 無 皇 そ   |リ州州州   く       :   |
|l  理 族 ん  |リ州州州    な           /
|「  だ の な   |リ州州州   い   ト、__∧
|l  ! 先 俺   |リ州州リハ    ん   lリ州州州
|l     生 が  |八州州八   だ  ノリ州州州
|l      .     |\Ⅵ州  \__/从州州州
|ト、   .      l__\Ⅵ ノ イ/,≦、州州州リ
|从           厂@气\彡 /ノ´@ リ 州州州リ
|州\__  _ノ≧=彡′/冫≧=‐彳州州州リ
|州州州州∨州 ̄ ̄     l     ノ州州リⅣ\
|州州州州州州         |   /彡/,州レ′  ヽ
|リリ州州州⌒Ⅵ        ,、 〉   ′ /州レ'
|从州州州           ′   /州/l
|乂州州州\       ___,、/  lリ′l
|人リリ从州  \  ‐<<_ノ//   リ  l
| //乂リリ|   \ `ヽ≧=‐-/    |   l
|彡′// 人∧   ヽ、__///   \  l
l__彡′/  \         ///     \l

           高名な儒学者A

        ↓
      (意訳)

  「皇太子は即位前から臣下と交わるものではありません」

 「 王もまた、私的に賓客と通じることはよくないことです」



655 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:29:21 ID:am8uNlME
うーん、意訳かぁ。漢文は難しいな


656 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:29:24 ID:AswzKNMg
           , -‐- 、  _    
         _ ノ. : : : : .`´ : : .`ー 、
         /. : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
       l : : : : : : : : : ,. ──‐ 、: : : .L._     ハァ?相手は皇太子っすよ?
      ノ: : : : : : : 厂        ̄ヽ : :〉
      l : : : : : : ノ              ∨     エライ人に逆らってどうすんですか?
      | : : : :〈`´      \  l    |
     /ハヽ: :ノU      ー=ヘノ 、_,.- 、l
      !ヽヘ V         _/  、`¨ 〈 \
     \ヾ         / ` ` ' ヘ.  l /  ̄\
       〉|       /(__, ==彳  |ヘし' 厂  ̄⌒ヽ
      /;│     八 ` ̄ ̄ ̄´ |  |ヘヘ | 厂/ ノl
   /|  | ヽ                 ノ   ,ヘヘヘ し' | 厂 |
  厂| ヽ ト、 \             ,__ノ VVV 丿し'   |
/  l  ヽ|  \ 丶、____ /ノ丿\_/       人
   │   |   ヽ二二二二二二 イ |  |   \___/ ヘ
   ││ │                 l  |  |    ヽ __ノ  \
   ││ │                 l  |  |     \

____________/ ̄ ̄\_______
|////     \Ⅵ州州州Ⅳ  働   l / ̄\ //
|/〃  エ     Ⅵリ州州州    き   |/  :   l/
|〃  : ラ      Ⅶ州州州    た      :   |
|′ 無 イ そ   |リ州州州   く       :   |
|l  理 人 ん  |リ州州州    な           /
|「  だ の な   |リ州州州   い   ト、__∧
|l  ! 相 俺   |リ州州リハ    ん   lリ州州州
|l     手 が  |八州州八   だ  ノリ州州州
|l      .     |\Ⅵ州  \__/从州州州
|ト、   .      l__\Ⅵ ノ イ/,≦、州州州リ
|从           厂@气\彡 /ノ´@ リ 州州州リ
|州\__  _ノ≧=彡′/冫≧=‐彳州州州リ
|州州州州∨州 ̄ ̄     l     ノ州州リⅣ\
|州州州州州州         |   /彡/,州レ′  ヽ
|リリ州州州⌒Ⅵ        ,、 〉   ′ /州レ'
|从州州州           ′   /州/l
|乂州州州\       ___,、/  lリ′l
|人リリ从州  \  ‐<<_ノ//   リ  l
| //乂リリ|   \ `ヽ≧=‐-/    |   l
|彡′// 人∧   ヽ、__///   \  l
l__彡′/  \         ///     \l

            ↓

          (意訳)

   「掟を破って罪に触れるより
   正しいことを守って死んだほうがましです」


658 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:30:05 ID:AswzKNMg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.     あのときは儒学者の堅物さを
  |:/‐ ‐∨!::l.      煙たく思ったが……
  !:i冂 冂|:ト::!.     今になってその正しさがわかった。
  |:ト.._-_..ィ|:|'::!     
  !::r{j介/,'/:::!.     
  |:| { V7l」 l::|. 






        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
       イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     というわけで梁松。
       ∵  , -'、: : : : :: : : : : `ヽ    ∵
       ∵ /  : : : : : : : : : : : ::::: ヽ   ∵     以前は袖の下容認派だった私だが、
         ∵ l l: :: : : ::::/ \: : :::::: l
         | |: :::::::/   : \:::::::::| |        皇帝になって考えを改めた。
         | |:::::|         ::::: | |
         | |::::|〒〒   〒〒 |::::::| |       君は最近、地方官に多額の賄賂を
         | |: :| ゝノ    ゝノ |::::::| |       要求しているそうなので、
         | |: :|、   _     ,|:::::| |       クビにする。
          | |: : | \     /|:::::| |     
           | |:::: | | r〕、ー イ、 l: |:::::| |:
          :          

:


659 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:30:34 ID:AswzKNMg

            , -=ニ=-ー=ニ~~ヽ__
        _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~`ヽ、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    i:::::::::::::::::::::::::::_,. -"~`ー---一-、_:::::::'、
    ゞ::::::::::::::::::::::/             ~ヽ:::.ヽ  ブ、ブヒイイイ!勝手すぎる!
    /::::::::::::::::__, /                  ヽ:.:/
   (:::::::::::/~~      ,,            Y
    〉:::::::::ヽ        ”"=;,_  l       |     
  /入ヽ::::./        `ー `-/ ' .,-='¨~` /
  //  ))/   U         /  、`ー  l
 ヽ `-i               (   ヽ..   i      
  ヽ` 、          /    ~  ~. ヽ   i
    i /         //         ,,,;   i
.   _i i         i ,`===ニ二ニ=ニ彡"   l
 ("~i !         ` ~¨¨~ ̄`゚゙'`^~  l   i
/い.i .i                      l.   /
  いi ヽ、                 ノ  /
    .i ヽ、`                      /
      ~` - 、_  、          ノ
           ~ニ=-~ニ=ー- . ,, -=ニ~

        同年、九卿の一つ、太僕だった梁松、解任される。

       梁松はこれを不満に思い、
       匿名の書物で劉荘を誹謗したため……


660 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:31:22 ID:AswzKNMg


     永平四年(西暦六十一年)

    投獄され、獄死。


          , -=ニ=-ー=ニ~~ヽ__
        _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~`ヽ、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    i:::::::::::::::::::::::::::_,. -"~`ー---一-、_:::::::'、
    ゞ::::::::::::::::::::::/             ~ヽ:::.ヽ      
    /::::::::::::::::__, /      U       U   ヽ:.:/   ウッガアアアアーーー!
   (:::::::::::/~~      ,,            Y       
    〉:::::::::ヽ        ”"=;,_  l U     |     俺、先帝の娘婿なのにーー!
  /入ヽ::::./         `◎)`/ ' .,-='¨~` /
  //  ))/             /  、´◎  l
 ヽ `-i               (   ヽ..   i
  ヽ` 、     U    /    ~  ~. ヽ   i
    i /         / (_______人  ヽ    i
.   _i i         i ,`ヽ      ヽノ"   l
 ("~i !         ` ヽ      ノ  l  i
/い.i .i           ヽ     ノ   l.  /
  いi ヽ、          ` ーー'  ノ /
    .i ヽ、`           U          /
      ~` - 、_  、          ノ
           ~ニ=-~ニ=ー- . ,, -=ニ~


   


     /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
     i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   なお、皇后の父親、馬援を死後に
     lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   陥れたのが梁松だったことを考えると、
     ik:l::::i:.|    | .l:::l
     `ー-、」    '  i_ノ   背後には他の思惑も絡んでいたかもしれない。
        | `ー  ̄ , '
      ,,rへ、_ ` 〔´      
    /l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
    :‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
    ‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


661 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:31:44 ID:VFYupBtc
ざまぁと言わざるを得ない


662 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:31:54 ID:AswzKNMg


   そして梁松の父、梁統は元・涼州の重鎮、竇融と共に
   やる夫に味方した人物だったが……


  
                 イ
            rヘrヘrヘ_| \__l\_,ヘ
           ゝイ            ヽヘ
         /     ./ノクつ/ヽr、   vL
        丿  /)ハi/      ,',',',',',','∧  >
       Z   {          ,',',',',',',',',',',',  `ヽ
      ∠   「          {,',',',',',',',',',丿!  ハ
      /  /           i,',',',',',',',',',',',|   rヘ
      ,ry  { ,ィ´≧、__  .i  ;ヘ、i,',',',',',',',',',',イィ  ハ
      イ  レニr'" r'付マ!__j__≧_rヤ壬`ヽ,',',',ソ  {
      ク /^弋_`┴'¨j〉r=ヘr'イV^マ!`ヽ,',','/   ト
     ∧ハ,〈   ` ̄¨’/  ∧《`¨ー-! ノニv!   |
     lいi |∧     ,イ  〈_',',',',',',',',',',',',',',',',〉  f^`
      Vゝ「      〈r、',',',',','!',',',',',',',',',',',',',イ ./ハ
      ヽハ     ,,,,,, (,',','´,',',',',',',',',',',',ィミ, /〈ハレ|
        `!    '",ィ=ュ,_ノ,'rilili,',',',',',',',',',',',',ソ'ヘノ/
         i|i,  ∠任士ニトュ、`i',',',',',',',','/,イ/
         i| ,    ``ー―卞ム',',',',',','//r'"´
  __     イ| il    ≦´,',',',',',',',',',','/,',','´    
../ `ヽニ"´/l ∧     \,',',',',',',',ノ,',',',!
     \〈   `ヽ、___>',',',',',',',',',!


     その竇融の一門もまた、没落の憂き目にあっていた。
     
     竇融自身は 永平五年(西暦六十二年)に没するまで謙譲の日々を送ったが、
     一族に驕慢な者が多く、
    息子が陰麗華の詔を偽造したことが問題視されて
    竇融の死後、獄に繋がれ死亡。その子供も連座している。


664 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:32:26 ID:AswzKNMg


,,,,,,,,,,,,、
://ヽヽ`''i'ヽ
::lヽヽヽヽヽ'ヽ~ヽ
ll,ヽヽヽヽヽ>、.i `l     ただし竇氏・梁氏ともに
ヽ,ヽヽヽ;;,'',6フ:ll、l
-'ヽヽ;∠l,::`''::::l:l:::|    後に外戚として政権の中枢に返り咲いている。
ヽヽ::i',6,ノ: /ヽ'::l:l::|
ヽヽ:ヽ' u .`',ヵ ;'i:l     とくに百年後の「跋扈将軍」梁冀は皇帝を毒殺するなど
ヽ,,,,,ヽヽ、 '-´'/''l     大活躍だ!
. ヽ .l'''''''''';;;;;;;;;/:: |    
ミ'`''(o)-,-'/ :: |
'ヽ 、ヽ// `.//
--、 .、<,,,,,,,,:::i/l ,-''/ 
 ,,,,ヽ`ヽ::''' 'l,|::::|,'''''''、
.、/:: i::..:''''',,''|,,-''ヽ'/  
,,,,i, ヽ /,l'''/''/''l''i'''''



666 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:33:18 ID:gymM29gI
おいおいw


667 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:33:19 ID:am8uNlME
さすが子孫……

682 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:38:26 ID:S7J.dn/k
>>664
大活躍ってなあ、後漢末期の宦官跋扈の発端作った張本人じゃねーか


668 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:33:30 ID:AswzKNMg



    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                 
   イ二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵                
  ∵  ∵ | 二二二二二二二二二二二二二二|   ∵∵   
  ∵ ∵ , ′: : : : : ::/: : : : : : : : : :.:/:: : : : : : : ハ  ∵  ∵
  ∵ ∵ /: : : :, : : : / : : : : : :/ヽ : : : : : : : : : : : : ', ∵ ∵
       i : ,: : :|:::_i! : : : ::/   \: : : : : : : : : : : i ∵ ∵
       { :i: : 、|::: ̄i!\∠     ___ヽ : : : i: : .:.:.:.|
      | .|::_i!::.:.:.::/           \: |: : : :.:.|
       i: .i::: ̄i\:/―‐- 、     ,-―‐  ヽ: : :.:.:.|    国内のみならず
      |:. {: : :/Γ丁笊ミ      ィ爪笊丁l/: | : : |
      |: :|: : :i| | {..i::::ノ:i}      {l..i::::ノi} 川:iヽ :i    外への注意も怠ってはならない。
      |: :|: : |}:,ヽ⊃:::ソ       弋::::⊂ ノi : :|ノ::.|
      }: :|: : |:::i          ,       从::}: : :{   さしあたっては北匈奴が煩い
        i: :∨.i:人             イ : : |: : :,'   北方の警備だな。
       }: ::∨:::i:::ヽ      ´`    イ:::| : :i: : :i    
       |: :.:.:|: ::|:::::::::`>   _  <´ :i:::::| : :| : :{
       |: :.:.:|: ::|:::i:::::::/i´ ‐-、,-‐`〈:::::::|:::::|: : |: : |
    / _`ヽ: |: ::|:::i:/ /  川    } ヽi ::::|: :/: : i
   /   _`ヽ|: ::|:::|  ', /.{__} \ノ   |::::::}: | :::::{
   ,      Y | :::|:::|  </i |。 | i\> /::: : / \|
  /     `ヽノ }::::|:::|   ヽ//  | |/  i:::: :::{.    ヽ
      ノ`i_ノ | : :::|   .// 。 i.」    }:::.:.::|     ',
    /i.    | : :::| >- ヽ  / -< i: :.:::|  l.  ハ
 \  ノ|.    i∧:」.     ∧/    ヽ.:.: :{  |    i
 \ ` /{       \    /    /  ̄.   }  /|


669 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:33:46 ID:/6jB4LZg
わーだいかつやくですねー(棒



671 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:34:02 ID:AswzKNMg



        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵ 
         ∵   /::::::::::::::::::::::::: ヽ  ∵     兵を集めるのはいいが、
        ∵ ://::::::::::::::::::::::::: /',  ∵     民がその分、働き手を
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵    失うことになる。
             | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト    
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !          何か良い手はないか……
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ    
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ     



      というわけで永平八年から九年にかけて、
     劉荘は北方警備のために
     なかなか面白いアイデアを実行している。


672 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:34:21 ID:b/sZ1zgk
>>659
現皇帝の姉を娶っていながら、振る舞いをただせないんじゃなあ…


673 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:34:35 ID:AswzKNMg


           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|     死刑囚たちよ。
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
            |::ゝi: i│       /:::i:::|    命は取らないであげるから、
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|    辺境の防備に従事してくれ。
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     
               |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |     
                |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |     
                |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|  
                |:::|   |」___| |_|_|/  |::::|  

 

  

      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶   え、死なないのオレ?
     │     /\     .|
     |    / ̄ ̄\    |
      \           /
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

         死刑囚



     死刑囚を北方警備にあてる。
     この案自体は、やる夫も行ったものだったが……


674 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:35:15 ID:AswzKNMg


   <辺境>

    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶  ハァ……国に残してきたワイフが恋しいなあ……
   │     /\     .|
   |    / ̄ ̄\    |   セクロスしてえ……
    \           /
      / ヽノ   ⌒\__     
     / |      \___)⌒\ 
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)




  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵     それじゃあ 
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i           妻子・父母を呼び寄せてもオッケー。
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |



711 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:46:48 ID:rdvKOpA2
死刑囚・囚人の辺境警備への転用って始皇帝もやってたよなー



676 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:36:31 ID:AswzKNMg


    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶  まーじーでー?
   │ /// /\ ///  .|
 . (⌒)   / ̄ ̄\   (⌒)  セクロスできる!
 ./ i\            /i ヽ


   妻子の随伴を認めるということは、
   ただ一時的に囚人を兵士に使うというだけではなく、
   辺境の地に定着させるという意図があった。
   
  遠隔地への移動にはそれだけでコストを要する。
  彼らが定住すれば、その負担が省けるわけである。


677 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:37:30 ID:AswzKNMg



          ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
         イ二二二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二二二イ∵
           ∵∵  |                        ::: |   ∵  ∵
           ∵∵  | 二二二二二二二二二二二二二二二二二|   ∵ ∵
          ∵ ∵  /::::::::://、:::::::::/:::/  ヽ::::::::::::::::ヽ::::::::::: !::::',    ∵ ∵     
          ∵  ∵  :i::::::::::i∧::ヽ\:::/      \:::\::: |::::::::::::|::::::|    ∵  ∵    
           ∵  ∵  |:::::::::l∧ヽ:::>⌒      ─‐‐、::::ヽ:!::::::::::::!::::::!    
           ∵      |:::::::::|::::/            \:::|::::::::::::|::::::|      さらにさらに。
                   |:::::::::|:/___ミ、      ィ___、|::::::::::::|::::::|    
                   |:::::::::| l! !::::::::::::|      |:::::::::::::::ll!!::::::::::::!::::::!      現地で元・死刑囚
                   |:::::::::| l! !:::!:::j:::|      |.イ:::::::j:::!l|::::::::::::ト:::::|      の兵士が亡くなった折には、
.           , -、    |:::::::::| ヽ弋_):::ソ     弋_)-:'::ソ/|::::::::::::| l:::|
     __.     !  l  _.  !:::::::::!     ̄  .     `ー'  |::::::::::::レ::: !      家族への補償金・賦役の
    ,.-l \   |  l / l  !::::::人                   |::::::::::::|::::::|      免除なども約束しよう。
    ! ヽ.  \ !   l  l  i:::::i::::!:>     __         ,'::::::::::: |::::::|      
.    \ \  ´   丿 l  |:::::!:::|::::| |::>   ´     .ィ┐::,'::/::::::::::,::::: !
       \    ...,   ヽ |:::::!:::|::::| |:::::::|:ノ T 千,  彡 ∨:/::::::::::∧:::::!
   r───'   :::l    l !::::|::::!::::! ィ彡 /_/Yi.      /L!::::::::::∧:::::::!
   `ー─‐‐、   ::ノ    j ´|::::|::::| / /  ! /\ ./  /::::::::/ ≧ト、

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈  あ、ありのまま起こったことを話すぜ!
 ト ノ                           iニ(()
 i  {                             |  ヽ   オレは死刑囚で処刑されると思ってたら
 i  i         ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         i   }
 |   i        /   /   \   丶     {、  λ  死んだらお金がもらえるってコトになってた……
 ト-┤.      │     /\     .|   ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |    / ̄ ̄\    | ,. '´ハ   ,!   皇帝サイコオオオオオオオ!
. ヽ、    `` 、,__ \           / " \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"


     また犯罪者を故郷から切り離し、
     地域の犯罪ネットワークから
    隔離するという意味合いもあった。

    治安維持・経費削減・辺境防衛の一石三鳥を狙った策というわけである。


678 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:37:38 ID:.8GQRMfo
セクロスできるかどうかは大事だなw


679 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:37:52 ID:AswzKNMg

::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    国内の引き締め、そして辺境防備……
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.    次に手をつけるべきは
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!.    父上がやり残した「アレ」……
  |:| { V7l」 l::|. 






                  ヽ人人人人人人人人人人人人人人人ノ
         / ̄(S)~\  <                      >
       / / ∧ ∧\ \< 陛下! 弟君がまたやらかしました >
       \ \( ゚Д,゚ ) / /<                      >
         \⌒  ⌒ /  ノ Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Yヽ
          )_人_ ノ  
          /    /
      ∧_∧ ■□ (    ))
     (   ; )■□  ̄ ̄ヽ
   γ⌒   ⌒ヽ  ̄ ̄ノ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


680 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:38:24 ID:/6jB4LZg
イヤでも見ろw


681 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:38:26 ID:AswzKNMg


        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵ 
         ∵   /::::::::::::::::::::::::: ヽ  ∵    ええー。
        ∵ ://::::::::::::::::::::::::: /',  ∵
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵  
             | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト    
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ    
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ     



     またしても問題を起こしたのは、
     例の劉荊だった。


   



                     〈rヽ
                       ヽ,ヽ  ___    ,/>
                      ,、:>.ヽ.::::::::::::::``:>":>"
                     /"、ヽ〉イ、,/ト.:::<::/イ、
                    /ト":::::::ト=.ヽV、:>,メゞイ /::゙:、    おい、人相観。
                   ,'/:::::::::::::::::〉,トヽ,イィ' r'~::::::::::::ミ.
                    ||:::::::::::::::::::ヽ::ヾ./:イノ:::::::::::::::::::l   俺のこの顔、どう思う?
                     ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j|
                      ヤ:::::::::::::::::,ィ、::::::::::::::::::::::::::::::::::jj
                   ヤ、::::::/`イ、 ,>ェ、ィト、_:::::::::::::::/,'
                    ヤ<>'. ゝ=イ、  ヽイ,ノ、::::::://
                     ゙.゙"∧_  〉 `"i´`´ 〉イィ/
                     ト─‐'``'`‐‐'ー--ノイ /
                   ,.、_/ヽ、`ヽー─--::::::`ヽィ'
                 /::::`ー-、:`ヽ:::::::::::::r=_,-ト、
          ,r─ 、   ,.イ::::::::::::r,⌒ヽト.::::::::::::::::i"´fr、、::\
        /    ifー‐ヤ::::,..._:::::ゞニ"イ::ト、_::::::::_,j:::::ヤ、j」:::::::\ __,.....、
      _,..ィヤ     j〉::::::`⌒``ヽ、_::::::::::::::::::`´~:::::::::::::::::::__,ィ‐"`ヽ   ヽ
    ,.ィ::::,_、::イ::!    ,イ:::::::::::::::::::::::::::`ゝ、::::::::::::::::::::::::::,ィ"´:::::::::::::::::ヤ    |.
 ,ィ:ィ"´~ ,ィ':::|::::ゝ‐イ:::::::::::::::ィ >:::::::::::::f r=ト.ー、::::::::rrイト、::::::::::::::::r 、:::ヽ  ノ::`ー、




684 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:38:50 ID:t2l6ncJ6
懲りない奴だなあw


685 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:39:08 ID:AswzKNMg


                  r:、          ,、
                 ,...ィメ.::ヽ´ ̄:``::::..、_  |::|
                   /:::::,、ィ,ヽィ〉、,、::::::::::::::::ヽ.,j、|
                ,イ:::::::::イr‐、ヽ>.:ヽ,:::::::::::::::::E/゙/   俺の顔は父上に似ているだろ?
             /:::::::/´:ゞイ~'、ヽ.ヤ>.:::::j、:::::/:/jヽ
               |:::::://:::::::::::::::::::ヽヽィ"::::,´゙、::ミ;/ !:}  父上は三十歳で即位された。
                |::::/{':::::::::::::::::::::::::`゙ヽヽヤ.:,〉〉"r'::::|
               |:::| |::::::::::::::::::::::::::::::::/,.ヽヤ/イf´::::::|  俺も現在、三十歳だ。
             ヤ:ト.ヤ::::::::::::::::::::::::::::ヽ>ヽ./:〉/:::::::l
              ヤ::ヾ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::/   挙兵するべきだと、
              ヤ::::ト,:::::::::::::::::::,ィ 、:::::::::::::::::::::/
             <ヽ::〉ヤ、)::::,.イ´ヽ.ィ"ヽイヾ.//    人相にはでているか?
              >ー、_`´ヽ、 `"`ト、_,ィ'イイ'
            ,..../__`ー-``ー`ト、_ /   |,/'
           ,/:::::::::::``ー‐≧ト、__::` ̄´::ト、
      ,.ィ─‐--<_::::::::::::::::::::::::::::::/rヾ、ヽ:::::::::://、
    /      ヾト-、_:::::,、_:::::::ゞニイ:::ト、:::::::〉〉トソ ̄ ̄ヽ
    / ,ニニ、_     ヽ::::::ヤ´``ゝ、_::::::::::::::`i"´::::ヤ‐,ト、  ヽ
   イィ::::::::__`ヽ、   j:::::::〉::::::::::::::::``ー:、_::::|::::::::ノ:::ノ:::::`ヽ.、|
   :::::,.ィ" ,..ィ:::::::` ̄´::::::/::::::::/ヽ.::::::::::::frミト、:/rfrミ、:::::::r、ヽ.
   :" ,..ィ´::::::::::::::rニ、::r‐、::::::/ /::::::::::r 、ト、イ'j.:ヤ:ゞトイl:::::::ヾ.、゙.


             ,. - '⌒丶、..__
               /,ィ下冫==r、j:\
           ムゝ-''" /「ヽ\:.:.:.:.\      ナ ヽ ,Z  i 干  .i/ヽヽ
           ノ.:,ィ‐、,. ->‐'__ \.:.:.:.:.\     ´ d、 ' r_) レ rj-、 (_,.
           / i ー '^ヽ_「l--┐! i ヽ.:.:.:.:.:ヽ   _.ニ、 _i,. -、 i ┼ i ┼ i ┼ i ┼ i ┼ i ┼ i ┼
         /:./l 「ri'´::_l l-、::l l i  ).:.:.:.:.リ      _ノ /l  .ノ レ.rj-、 レ.rj-、.レ.rj-、 レ.rj-、 レ.rj-、 レ.rj-、.レ.rj-、
.         /:.:/::!、 ', V:::l U l::i l. i /.:.:.:.:ノ
.       /:.:/::::::::ハ ', Vi  ノ.ノ l i /.:.:.:./:ヽ    反乱を公言してやがりますゥウウウウウウ
        {:.:.:.:>.、:::ハ ', 込._入.l  /.:.:/.:.:.ノ`丶   いつの間にかぁぁぁー
     ,.ィ'^:.ー-:.:._:.:.>..、 l├‐ U ノ.:.:.:ァ-v:'.:.:.:.ノi
     /.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:\.:.:.:.:! ト-‐"ノ.:.:.:.:.:.:.:i.:.:____i.:.:l
      {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:.::.:.\:.:l !.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/´.:.:.:.:j.:.:.〉

                占い師A

            この発言にビビッた人相観は、

            朝廷にチクる。


691 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:40:13 ID:/6jB4LZg
>俺の顔は父上に似ているだろ?

ぜんぜん似てませんw

686 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:39:46 ID:am8uNlME
>>681
すごく……反骨の相です……


687 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:39:48 ID:AswzKNMg


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵      これで三度目か……
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i            しかし劉荊は自分で出頭して
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i            牢屋に入っているし、
  |: : : : : :.|   _   イ :l            今回も許してやるか?
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i           
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |        


      劉荘は今回も弟に対して
      監視をつけるだけという甘い処置で済ませた。


688 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:39:59 ID:76VizIVY
占い大好きなんだなw


689 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:40:02 ID:OTbo7qoY
劉英なら仏の顔も三度で済むかも知れんが,教授はどうだ・・・?


690 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:40:07 ID:AswzKNMg

       すると劉荊はまたしても調子に乗り、まじない師を
       呼び寄せて呪詛の儀式などを始めるという始末だった。


 \、
   \ヽ
     \`\
     \: : :\
       \: : : \       _
         \: : : :\     ゙ヤ、,.................._,/7
         ゙ヽ: : : : :\イヽ. ,ィヤ、:::::::::::::::://ヽ
           \: : : : : >ヽトイヾ、>、_:::::::::!/'/:、゙.
          ,./ ヽ,、__/:: :: :: ヽ//::〉.>ゝ_/::::::゙i.
          ,ォ、`ヽミヽ:: :: :: :: :: :: ヤ_//〉'イ:.、:::::::::|
        r、" ヽ>、 `゛、:: :: :: :: :/:: :: ´ト、:::ヤ、::::/
      /ヽヽ. ヽ.\ト<_ヽ_,.../:: :: :: :: ::ヽ:i ヽ/
      /、ヽ `ヽヽ./イ:::`>.、`ヤ:: :: :: :: :: :: ::/ト、ヽ.   、
    / \\  >,>´::::::X  `"、:: :: :: :: ::/:: :: ::`ヽ、  ヤ:.
    ト`ヽ  r、ト、/:::::/、_:`i__ヾヤ:: ::_/:: :: ::: :: :: ヽ j i       .
   ヽィ:j  `"j/-、:/::::::::::イ``ヽ=ート.:: :: :: :: :: :: :: :: :>イ、_i    /|
     トュー=ニ/ト=イ:::::::::::/:::::::,.ィミ>ー-'i:: :: :: :: :: :: :/:: :: :: ヽ.   | i
      ヤ:::::::::::::::::::::::::/::::::::://:::::,ィ、◎ヽ:: :: :: /:: :: :: :: :: :: ::\| |
      `ヽ-、_::::/:::::::::</::::/X、ー、_三>、ィ:: :: :: :: :: :: :: :: ::イ_ |
           j:::::::::::::::::::://:::::,、`=ー、__j:: :: :: :: :: :: :: :: ::/:: :!.
           ヤ:::::::::::::::::::`´::::://=、ト.//、::ヤ:: :: :: :: :: ::/:: :: :: ::|
           トイ::::::::::::::::::::</´:::ゞイ'〉〈トイj::::::ゝ、:: ::/:: :: :: :: :: ::|イ
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::: ̄ニ二 ̄``ヽ:: :: :: :: :: ::/イ、



692 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:40:15 ID:Cw3OzuXQ
もう処刑しろよw


693 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:40:27 ID:/3Tn0xlk
だめだこいつ…


694 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:40:28 ID:AswzKNMg

::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    いくらなんでもひどすぎる……
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.   厳罰を与えたいが
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!.   腐っても私の弟だ。まさか殺すわけにも……  
  |:| { V7l」 l::|.


695 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:40:30 ID:t2l6ncJ6
狡猾だなー


696 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:40:55 ID:b/sZ1zgk
本当に陰麗華の子供とは思えんつつしみのなさwww


697 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:41:13 ID:AswzKNMg

     このとき朝臣の中に、一人のキチガ……剛直の臣がいた。


       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`        三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,          ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,    ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)   〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡 (
  >';;,,  ノ丿川j !川|; :.`7ラ公 '>  了   何?陛下
  く彡川f゙ノノ_ノノイシノ| }.: ヽ八ミミ、、;.ミ>
   ;=、彡/-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;;=、    弟君を
   !ハ.Yイ ぇ'无テ,`ヽ}}} ィt无テ`ヽイハi 
   |.Y }: :!  `二´/' .| | 丶`二´ .i: {Y.|   殺すことができないので
   ヽリ: :!ヾ:、   丶 | | ゙   ,.イ::ヽノ   困っている?
     {:: }  `    ,._{__,}_.,   ´  {: :}
     `i'゙.     ,.,,.`三'゙、,_    `i'゙
    ,.-iヽ    /゙,:-…-…、 )   ./
   ,r{ \\  `' '≡≡' "  //`i_
 __ノ ヽ  \\    彡   // / `‐-
     \  \丶.   i  //  /
      \   \ `¨¨¨¨´/   /

       樊鯈(はんちゅう)

       やる夫の従兄弟にあたる。



       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}    逆に考えるんだ
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´   「殺しちゃってもいいさ」と
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-~、 ) |
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ        考えるんだ
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ


698 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:41:36 ID:AswzKNMg

         
           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|    おまえは なにをいってるんだ
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
            |::ゝi: i│       /:::i:::|
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |


699 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:41:44 ID:t2l6ncJ6
そういう焚き付け方でいいんすかw


701 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:42:12 ID:76VizIVY
……実に紳士だ


702 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:43:39 ID:oolAlwi2
ほんとだよw


703 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:44:35 ID:AswzKNMg


        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵    殺せ殺せと簡単に言うが……
         ∵   /::::::::::::::::::::::::: ヽ  ∵     
        ∵ ://::::::::::::::::::::::::: /',  ∵     兄弟の情を軽く見すぎではないか?
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵  
             | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト       もし罪を犯したのが私の息子なら
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ        貴公もそこまで強くは言えないはずだ!
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ     





     __.. -―─ 、__
    /`       三ミー ヘ、_
  ゝ' ;; ,, , ,,     ミミ  , il ゙Z,
  _〉,..    ////, ,彡ffッィ彡从j彡
  〉,ィiiif , ,, 'ノ川jノ川; :.`フ公)了  確かに陛下のお子様なら、
 \.:.:.:i=珍/二''=く、 !ノ一ヾ゙;.;.;)
  く:.:.:.:lムjイ  rfモテ〉゙} ijィtケ 1イ'´  我々は誅殺をすすめることなど
   〕:.:.|,Y!:!、   ニ '、 ; |`ニ イj'    しないでしょう。
   {:.:.:j {: :} `   、_{__}  /ノ
    〉イ 、゙!   ,ィ__三ー、 j′    陛下が反対されるに決まってますからなッ。  
  ,{ \ ミ \  ゝ' ェェ' `' /
-‐' \ \ ヽ\  彡 イ-、     その場合は……
     \ \.ヽゝ‐‐‐升 ト、 ヽ、__
      \  ヽ- 、.// j!:.}    ` ー 、
       ヽ\ 厶_r__ハ/!:.{
          ´ / ! ヽ


704 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:45:17 ID:AswzKNMg


       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`        三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,          ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,    ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡  
  _)   〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡 (   陛下に相談するまでもなく
  >';;,,  ノ丿川j !川|; :.`7ラ公 '>  了
  く彡川f゙ノノ_ノノイシノ| }.: ヽ八ミミ、、;.ミ>    ブッ殺すまでッ!
   ;=、彡/-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;;=、
   !ハ.Yイ ぇ'无テ,`ヽ}}} ィt无テ`ヽイハi
   |.Y }: :!  `二´/' .| | 丶`二´ .i: {Y.|
   ヽリ: :!ヾ:、   丶 | | ゙   ,.イ::ヽノ
     {:: }  `    ,._{__,}_.,   ´  {: :}
     `i'゙.     ,.,,.`三'゙、,_    `i'゙
    ,.-iヽ    /゙,:-…-…、 )   ./
   ,r{ \\  `' '≡≡' "  //`i_
 __ノ ヽ  \\    彡   // / `‐-
     \  \丶.   i  //  /
      \   \ `¨¨¨¨´/   /







::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.      だから おまえは なにを いってんだ
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.


707 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:45:59 ID:fXfSyY0A
ジョースター卿すげぇぇぇぇ!(爆笑)


708 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:46:00 ID:am8uNlME
こんなに皇帝と臣下との間に意識の差があるとは思わなかった……!



712 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:47:04 ID:AswzKNMg

     l.... ハrーf、,ハ
`ー-、  !、/|/`¨<  \
    `ー-、!|r―‐、`\ \    _
      /′,   \ヽ\ \ ,r'´    陛下……
      l ,、 == ,、 \ :;\、/
     __j. `rミニ′   !、 |ヾ      これは反乱を目論んだものへの処遇なのです。
    l/   | :′   、l::}、|::::}    
    以 テf、| :冫テf、 ゙i:{、ヾ::(      私事ではなく国家の安泰に関わること。
   (:':'ヽ. 三ソ }ゞ三彡,レト、ソ:::〉     
   ム<ワミヽ,,,,//´〃//'''''l.l彡
   彡Y〃ミ   '''‐ -   _{
    `ー=ミ、    __r―'′
          ̄ ̄


713 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:47:06 ID:OTbo7qoY
言ってることは政治的に間違っているとは思わんがwww
ジョースター卿www


715 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:47:31 ID:AswzKNMg


       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡  この漢王朝は
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了  高祖劉邦が立ち上げられ、
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)   その後二百年以上続いてきたもの……
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}       陛下ッ!
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ   
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´       決して貴方の私物ではございませんぞッ!
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-~、 ) |
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ       
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ


716 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:48:04 ID:AswzKNMg



             <解説>

      /::::::,:::´:::::-‐::::::::::二ニ、:ヽ   `、 \:::::ヽ
     /::::/::::::7:::/  ̄ ̄__.,/::::::\`ヽ ゝ. \::::
   /::/::::::/::/∠,=ニ)ノ//:::::::/::::::\   、.. ヽ
   /::7:::::::::/:l//ニヾ,、,///::::::::/'--‐ヘ:::::\   〉,    どどどどどどど
  イ::::レ:::::/:::::lヽv'7:)ノ〃:::/::::,イ:l ;;,'´ .´\::::\  ヽ l   
  l /::i:::::i::l:::lノ.,>;;;;//::/::/  ヾ:、 ;; u U /::「ヽ  l 
  | l∧::l:レヘ:l :l   /;/;;iヘi -‐_フヾ、_  /::/:::| l  i|   独裁君主に対して
   | /ヽ   L_ 、  /l:|  ',/ ,-、`ヾ\V::/::::::l 、   |
   レ  /lヽ、__  ̄   ;;;; l)、ヒ::ノ )ゞ:/::::::::::l   :     すげえこと言ったァーーーーーッ!!!
  /ノ U /::::\ ヽ  u   ゞ、=_//::::::::::::::::::l  `´   
  l  />'´`゙7,,\|    U ゙> ノ/:::::,へ::::i::::| 丿、
  「 { (   ´ /   u  / / //  「:::::::/_/  /::   
  人 ヽ `>'´   U    // ;レ' u  ヽ;∠__  レ'
 l  ヽ 二        //  ;;       __-‐ ヽ ::/
  ヽ、   u     // U ; __  ー´;;丿ノ l /    
    ` ‐- . __//     /i  `  ̄   /∠_
        { :ヽ;;:::>‐-. 、 /  >、  _ /:::::ヽ:ヽ   
         ヽ: : :` .‐-... __ -‐..´: : : : l:::::::::::ノ:::::::i::ヽ
         i: : : : : :    :: : : : : : : : :ヾ∧::i:::::::{::::/


717 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:48:05 ID:GPw/sllQ
まあ、皇帝にとって弟でも臣下に取っちゃ身内でもなんでもない体制の敵だしねえ


719 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:48:42 ID:b/sZ1zgk
文帝と淮南王劉長のエピソードを思い出すなー。


721 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:48:57 ID:AswzKNMg


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |








            ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ    
           イ二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵    
          ∵∵ ∵ | 二二二二二二二二二二二二|   ∵∵  ∵
         ∵ ∵  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : ヽ    ∵  ∵
         ∵ ∵  /: : : : : : : : : : : :. ,r 、: : : : : : :,∧: : : : :ヽ   ∵  ∵
         ∵   ::/: : : : : : : : : : .:/   \: : : :〃: :ヽ: : : : :',   ∵
                /: : : :/: : : : :./       \〃: : : : ヽ: : : :.',
              l: : : :/: : : : :ス     '´ ̄ ̄`ヽ.=,='∠:.l: : : : l   
                ; : : :.|: : : : /           ∨/二ニ|: : : : l
            l: : : :|: : :./  ヽ    "´___ | ̄ ̄~!: : : : |     ……確かに。
               l : : :|: : /=≠=ミ、    "て:.:.:.:. : 1: : : : :|,、:. :.:.|
.              ! : : !: :ヽ. l: :.:. :ヘ     l: : :.:.:. : |: : : : :ト、ヽ:.:.|      貴公の言う通りだ。
             l: : :|: :.∧ 廴: : :}     ヽ,-、: : :|: : : : :!ソ ノ: :|
             |: : :!: :.ト.}  _ム'        -'-‐'|: : : : :!/: :|
             |: : :|: :|:.ト、              |: : : : ,!、: : : :| 
             |: : :|:.:|: : :> 、   -    , <!`ヽ、/ \: :|
             |: : :|:.|: : : |: :乂`: :.‐--イ´_!| |  /   \
             !: : :|.r'´: :ト、: : ヽ.r‐∠´    | | ,/     \
             |: : :l!:: :: :.! `>、|!/7┤  ,/!.| /  _    /


722 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:49:20 ID:AswzKNMg

     ,x< ̄ ̄ ̄> 、
   /  ,...:;ニニ====\_
二::_:::ー':/ ,.____..二.、\
  . / /フ:/ //::l::::::::::::::::::::::::::\ヽ         ええッ?
  _l,斗::/   /:::::l::::/::l::::::l\__:::::ハj
/ l/:/  ./:::::::::V:::::l:::リハ ,. ‐i }::::}         納得しちゃうのォーーーーーッ?
/ヽ}:!  /::::::::::::ハ:::::l::ノハ::Lfッ' '^リ⌒i
  //  l::::::::::::{u __ミ、 ヽ  u l:\l  r‐、 __
<〉 l´ \ト、::::::::l'く_fィソ { L_j ,、  ! l::{`ヽ ヽ' l |
/    !ト`ヽl  、 ;  F- '^! l‐、lヽ.ハ |‐l- }
     >‐-/> l;;;;;く \_,ノj /\\} ヽ. | |
     /─、/ /  `Τ;;ー─一'ヽl:!ヽ     /
    ノ─-/ / rュ l;{´\  }:::lノ:ノV    ∧
   /   / ./l::l |_l l. 〉‐ |∨:):/ {__/ヽ\
   i  / /-、;;ll-l/  / /:`:::/〉  } -一' ノ`ヽ
 ̄\ ヽ./ ./\ ヽ     l:::/::::l  \___,/   |
 ̄ヽ ', /  /、_`ー、____/〉::::::::::|___\___,/





      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ.     こんなこと言う臣下も臣下だが、
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|     聞き入れる皇帝も皇帝だよな。
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!| 
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l       しかし このやり取りは、
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ       
.     |. ヽ   `ニ´            皇帝という統治者が
     」、 ヽ、_/            自らの権力をどう考えていたかを知る
   イ´|  ヽ、__」 ヽ            絶好の材料とも言える。


723 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:50:29 ID:AswzKNMg



     _/:::::::::::::::'´:::/::::::::::::::::::::::\
.   /::::::::::;:-─'´::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
   ;'/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   
  /--イ::; '´`Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   少なくとも分別のある皇帝たちは、その地位を
  /::::::::::l   .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   祖先や天からの「授かりもの」だと
 !:::::::::::::ゝ-:':::::::::::::::::::::::::::ノヽ::::::::::::::::::::::〉  考えていたのではないだろうか。
. !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨、∨::::::::::::::/   
.  !::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::「〉ハ::::::::::::ハ      そう思ったからこそ、絶大な権力を振るいながら、
.  ∨::::::::::::::/  仆:::::::::::::::::!、' ル::::::/ ヘ     道を踏み外すことがなかった名君たちが
   \::: イ//ゞト. ∨:::::::::::! Y:ハ:::::/   とY  大勢生まれたのだろう。
    ~冫,  `Y::.  ∨:::::::::! ∨レ'ノ  rc  ヽ
.      |      ',:::::::::!. ,'. /  /|lハ_ノ eヽ
.      l  _    .',::::/ / /  //{r 、〉e  .∧
      '─ヘ,_ァ フ , .∨ // /ノ >-'、   e 〉
         ':,:ーイ   /).// /   l}  ノノハ
          レ' `ー ' .;':r r- ´   e,. '´ '´ e  \
               「¨ }、 ー- ┐ ,. ' '´ \ _____.ハ
               l. k' _. 7 レ' / e  /    e l
              ;' /   /  ;' ;'    /   e   .l


724 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:51:28 ID:AswzKNMg


            翌永平十年(西暦六十七年)

           広陵王・劉荊、自殺。



                  ,、,..--.、,、
                    /:::::::::::::ヽ
                 ヤ::::::::::::::::|
                  ヤ~イト'ニ/
                  ,.ィ゙´:::::`イ
              ,_「ヽ、::::::::::i::::::::::゙ヽィ >
            ,イ::ヾヽイ::=、:::::r─‐<.イ::〉‐.、
              |::::::rイ::::::::::|:::::::|::::::::::::f::::ミ、くi
              l_/:::ヤ:::::/:::::::::\:::::::|l:、:::ヾ:|
             |::::::/ヽ():::::::::::::::::◎:|ヤ::`T"
            /ト'::::::{ .i.:::::::::::::::::::::::::| ヤ:::トィ、.
           ヤ'::ヾ、' r'::::::::::::::::::::::::::ト. ヽイ、_ィト.
            |::::゙"|' ト,:::::::::::::::::::::::::::ィ' ヤ" ヤ´イ
           l:::::::j   l:::::::::::::::::::::::::::::i  ヽイ:"ィイ
              ヤ:::ヽ ,'::::::::::::::::::::::::::::::|   〉イ,ィイ|
                |::::イ:〉 i:::::::::::::::::::::::::::::::| /,、ェィ"´
            ヾ-゙  |::::::::::::、::::::::::::::::゙i ` ノノ
                 ヤ:::::::::::ト:::::::::::::::|


            前後の経緯から考えて、
            処刑される前に自ら死を選んだものと思われる。




::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.   
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 



::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.   
  |:/‐ ‐∨!::l.     殺してしまったか。
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::!     同腹のきょうだいを……
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.


725 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:52:06 ID:am8uNlME
特に二代目は引き継いだものとして意識せぜるえないよなあ


726 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:52:21 ID:AswzKNMg

  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i            だが、今度こそ懸案に
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i            専念することができる。
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i            王莽や、父上さえもが
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |           手を付けられなかった大事業……


727 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:52:32 ID:.8GQRMfo
王権神授説ってやつですかね?


728 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:52:40 ID:AswzKNMg

    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  
   イ二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ ∵  
  ∵∵ ∵  | 二二二二二二二二二二二二|    ∵∵ ∵ 
  ∵∵     /:.:.:.:.:.:.:.:、..:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:..l:..:..:..:.\   ∵ ∵
∵ ∵    /..:..:..:..:.. ⌒\:..:..へ:..:..|:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:.ヽ  ∵ ∵
.∵ ∵   〃.:.:.:.:.:./      \.:.:.:ヽ.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ∵
.∵     /:∧::.:/        \::.:∨ :.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.l
     |::K::∨         ̄ ̄ ̄\:|::.::.::.::.|::::::.::.::.::.::.::.::|            黄河の治水。
     |::|:∨ ̄              |::.::.::.::.|::::::::.::.::.::.::.::.|
     |::∨        ィ尓六卞TT::.::.::.: |:::::::::.::.::.::.::.::|
     |::.:| rf広h     |i:.:.:.:.i:| | |::.::.::.::.|::::::::::::. .::.::.: |           いよいよこの難題に手をつける
     |::∧| |i:.:.i|     {i:.:.:.:りノ |::.::.::.::.|- 、:.::.::.:. i:.|
     |::.::.|| |i:.:.i|      ー‐'′|.::.::.::.|ハ |::.::.::.::. i:.|            ときが来た。
     |::.::.| ー‐ ′         |::.::.::.::.|ノ |::.::.::.::. i:.|
     |::.:.{                |::.::.::.::.l__/::.::.::.::.::.i |
     |::.::.:\    -       j::.::.::.::.l::::::::::l.::.::.::.::.:!:|
     |::.::.:::::::丶         /::.::.::.::.l::::::::::.l::.::.::.::.:i:.|
     |::.::.:::::::::| {>  __  ≠::.::.::::::人:::::::::.l::.::.::.::.i:.|
     |::.::.:::::::::|  \:::::::::::| /::.::.::::::/  ∨::::::l.::.::.::.:i:.|
     |::.::.:::::::::|   >-‐'.::.::.:::::::/     V::::.l::.::.::.:i:.|
     |::.::.:::::::::|  /::.::.:::._:: -<      ∨::l.::.::.::.i |
     |::.::.:::::::::l/::.::.::.∠ -─-          ∨l::.::.::.:i:|
     l::.::.:::::::/::.::.::.::./         ヽ      ∨::.::.::.i:|
     |::.::.::::/::.::.::.::./           \      ∨::.::.:i.|


729 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:53:12 ID:AswzKNMg



          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',            一年半近くも続いてきたこのスレだが、
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|            
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川             そもそも、やる夫たちの挙兵の発端が何であったか
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   __    皆さんは覚えておられるだろうか?
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=' O)  
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ ̄
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e、\
     /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
   /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、
  /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
 {e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
  \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
   ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
    \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l


730 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:53:16 ID:OTbo7qoY
中国の権力者の至上命題キターーーー!


731 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:53:29 ID:fXfSyY0A
そーいやなんだっけw


732 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:53:45 ID:AswzKNMg

  
           赤眉の乱・やる夫たちの挙兵。
           それらは王莽の失政が招いたものである。


       |_:::::::::::::::::::::::::::::l:..l;;;:::.:.:::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;|
       .l..: ̄'''' ー-''':::___i_i___,,...、、、'ェ´''''---‐|
       ,L,,,___    ..':';i i'' ::.:..     :.:.::;:;:;|
      {rミミ::l  `'‐--- !_!,,,、 ----‐‐‐-i' ̄;;:i
      |ミミ:::l   r‐‐ァ    r‐‐ゥ   _」  三|
       |ミミゝ'   . ̄       ̄   {,,,、 三|
     i´lミ: !   _,,.-_-       .-_、   :i 三|
     |:|ミ::ノ  .,,ィ'r。ァ`ュ    ィ"r。ァヽ,   | :ニ/i`l
     .!ヽ:l    {::::::. i~ / ::. 弋''-‐.'`   |. ノi !;ノ
      i 'ゞl:::.  ヽ:: /; ./ ::   .゙‐-    i::l,,i /
        l ..|:i:::. /⌒iノγ ::  i,       | |';.ノ
       ~ゞ::/ / ''〈〟 _〟}::  .......  |├'
       / :/::::..    ) (    .::::::::. ノ:ノ
      /  .(::::::::::...._,,...____   ..:::.:::.  ノ/_
       /     ⌒\.{〉ヘ,__,゙iq     /!1l
     |        〈.:.!⌒!⌒!./     / ;;r' .i ヽ
     |       /iヾ|. │ │ノ   / /  /  `!_
      |       ;;'、 、ヽ___丿 '  / .ノ ./    -〒ヽ
     |     /ヽ . ヽ..,,__ / / ./     ノ  }

          王莽の失敗の最たるもの。

           それは、二度に渡る黄河の大水害を放置したということだった。


733 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:54:20 ID:AswzKNMg


     一度目は、王莽が権勢を手中に収めていた平帝の時期(西暦一~五年)

     二度目は、新王朝を開いた後の始建国三年(西暦十一年)


       とくに西暦十一年の水害は凄まじいものだった。

      決壊の後、流れ出した河水はそのまま東寄りに流れを変えた。






                     A……始建国三年以前の河道

                     B……始建国三年以後の河道


                       、
                      /
                     ,/
              A   ../
               _..‐" 
             /   ,,....ゝ
            /   /  ゝ、      ._...
           /._-'´    ^ヽ、   ./   `''''‐-..
    _,,....--‐''''"´     B      ー'''"′        !
‐‐''""                             _....-'′
 黄河                         _....-''''´
                           /´
          淮北              /
                         │
                         │
                          、


734 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:55:02 ID:oolAlwi2
スケールでかいなw


735 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:55:48 ID:AswzKNMg



     この「河道変更」は黄河の水災の中でも最も被害が甚大な種類のものである。
    その名が示す通り、黄河は水流の中に黄土を多分に含み、
    流域に土を堆積させていく。



         ∧_∧  この黄土は私のオゴリだ
         (`・ω・´)   シュッ
        (つ   と彡 ./
            /  ./
           /   ./
         /    /
        /      /
      / ///   / ツツー
     /  ●   /
   /       ./



    だから突然河の流れが変わった場合、
    田畑や住居が水浸しになるだけでは留まらず、
    灌漑用の水路が土で堰きとめられてしまい、
    水が引いてからも住民の生活は簡単には元に戻らないのだ。




    ⊂_ヽ、
      .\\  /⌒\
         \ ( 冫、)黄土になぁれ
          > ` ⌒ヽ
         /    へ \
        /    /   \\
        レ  ノ     ヽ_つ
        /  /         ・*.・:
       /  /|          :。 *.・
       ( ( 、           ★。:’*
       |  |、 \        。・.*・; ・
       | / \ ⌒l     ;* ・。;*★ 人・
       | |   ) /      ・ ★・ (_ );; * 。・
      ノ  )   し'        ・ * (__) * ・。・
     (_/          。*.;; ・( ・∀・)  ★.* ’★


736 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:56:10 ID:AswzKNMg

    この二度の洪水により最も打撃を受けたのが、
    
      淮北平野の農民たち……すなわち


    


: : : : : : : : : : : : /: : : :イ: : : :|:l: : : : : : : : : |: : :|: : : : : : :|: : \
: : : : : |: : : : : イ, ̄ 元ー: : :|:.| : : : : : : : : | -┼─、 : : :|:.:. : :ヽ   
: : : : : l: : : ´/ ハ :/ |: : : :.|:.|: : : : : : : :/|: :∧: : : `: : :|:.:: : : ヘ  
: 、: : : :|: : :/ ∧ /   |: : : :/l::l : : : : : / |:.,' ∨ : : : :∧..:.:.: : ヘ   
: :|: : : :|: :/ /: :/     |: : / ||: : : : :/   v   ∨: : : : :|\.:. : :ヘ  
: :∨: : l: :l | :/     、|:./   |:.|: : : :/       ∨: : : :|:.::.\:.:.::ヘ
: : ∨: :∨ /'  __ |' ヽ  | |: : :/  /      ∨ : : |::.:.:.:| \: ヘ
: : ::∨: ヘ 乏彡≠=ミ.、  レ|: :/   _rイ三三ト∧: : :.|:.:.:.:.|   \ヘ    
: : :.:.∨: ヘ‐─ 、          |/    "´´ , ─┴、\:.|:.:.:.:.|    \   
: : : :.:.∨: ヘ.   )         ,     /    人:.:ヽ.:.:.:.|        
: : : :.:.:.:ト; : ヘ‐‐"            、   `ー─/´:.:ヽ :.:.:.:.:.|
: : : : :.:.:|:ヽ: ヘ      ヽ____ -、--'       /:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.|
: : : : : :..|:.:.\:ヽ、       \\\\─‐ ´:|、:.:.:.:.:.:.:| |:.:.::.:.|
\: : : :├ <\ヽ` ー─ _ ゝ、  ノ─ 、| ∨:.:.:./ .∨:.:.:|
  \: : :l  ヽ ヽ    ノ      ∨∧    \ |: :/   l: : :|  



   「赤眉の乱」の母体となった農民たちだった。


737 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:56:37 ID:AswzKNMg

                 ,へ
          __,. -‐――,ノ:ヽ::\
         / ._,...-‐'´ ̄:::::::::くヽ:!
        / ./:::::::::::::::_,. -‐―--、    フーン、つまり
       ./ /::::::_,. -‐'´       |
      〈__|_/   ___,. -‐―、‐,)   治水は天下を揺るがす大反乱の元となった
       |   / ̄::::::ノ:::::::::::::ト、:\  社会不安を取り除く意味があるってこと……
       |__..ノ::::::::::::::/ \:::::::::|_,ヽ:::!
    _ .(( r|::::::/::::::::|_ー、_.|:::::/フフiヽ!
 ̄ ̄| |  ̄ ゞ_|:::∧::::::::|フフ !,/`´ |
   | |..   `|::;ヘ.ヽ:::::「´  _ ;:   /
   ヽヽ.   |/ i.ヽ|::/    _,ニ, /
    | i   _,>、\lヘ   ¨二)' |
    | |  `77勹 .几.!`ーr-‐′/
    | |  // / / .| | /   /
    | | .// / /  | |/   .}





  '´ ξ ヽ    ……そうなんだが、
 i θjl_!_!j    河が直ってみんな大喜び、って
 ヽ!l|゚ ‐ ゚ノ!   わけでもないのが厄介なところなんだ。
  /j`▽ i>
  〈_ノLゝ
.   |__j_j


738 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:57:03 ID:b/sZ1zgk
さらに河口付近では潮汐で逆流したりもするしなー。


739 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:57:12 ID:AswzKNMg


   やる夫の天下平定には、
   冀州の豪族勢力の助力が大きかったのは
   何度も述べたこと。


     ___
    '´,ィf尖ゝ
   | ´iノノ从 〉 ギュィィィィィィン!!
    j (l|.゚ -゚ノ|__ ,、,、,、,、,、,、,、
   ノ,! リづ|匚) 巛|}三三三三)》
  ( ( ノ爻爻ヽ ̄ ̄^^^^^^^^^
    `~lヲヾ)~´
              
  この冀州の人々は、以前の方が
  黄河の水害に苦しめられていた。

  平帝期と始建国三年の水害で
  河道が変更したことで
  逆に自分たちの土地へ大水が流れ込む
  頻度が落ちていたからである。


740 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:57:41 ID:AswzKNMg


             ロ
             ||
             ||
             i゚i
             /ヽ´ア.        そのため、動乱期にあっても
          /’,/::∥        比較的余力の残っていた
            /’,/::::,。oッッ,。、     
         〈 ’ v'::::,il|eiilllllal|i     冀州勢力の力を借り、
         ヽ,’ヽ,|i!i ゚∀゚).ゝ  
         〃ヽ,’`'|エ,~ト.,     やる夫は赤眉や劉永などの
          〃:::::::::`!《´`》,i g`i    淮北平野出身勢力を倒した……
        《:::::::::::::::ヽ゛〃,.l || |:ヾ.、
        ヾ.、_::::::〉’,g ! ||.|::::::ヾ.、
           ̄ === /`/===゛ロ







    ィ´三ヽて
    l:Y´ノノ):lそ      てことはヤバクね?  
  _ト、 ゚ロ゚ノ-‐r、
 ー'─'/`iニlヽi¨ ̄      黄河を直すのってヤバクね?
    /二フ¨l
   /_/〉___〉        冀州勢力はそのままの方がいいし、

                 でも淮北の人たちは早いこと治してほしいんだろ?


741 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:58:30 ID:AswzKNMg





   このバランス取りや、

   また治水には民の動員や   
   財政支出がハンパないことから、
  やる夫の時代、
   大規模な治水工事が行われることはなかった。



 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /

      
  しかし最初の決壊から六十年余り……

  淮北平野では民の怒りの声が積もりに積もっていたのである。


 



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     民力の回復は充分とはいえない。
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵     だがこれ以上後回しにはできない。
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i            
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i            
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i            
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |           



    だが、たとえ潤沢な資金と充分な人員が用意できたとしても、
    皇帝にとって、「治水」という事業にはリスクがあった。


742 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 16:59:30 ID:.8GQRMfo
水掛け論だなw


743 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 16:59:38 ID:AswzKNMg

     伝説の聖王・禹がそうであるように、
     黄河の治水に成功することは為政者の善政の象徴。

    
               
   /⌒`ヽ、   .|
   { '⌒` - ` '- |、----'ヽ
   ヽ   _ _ ` |、 \v メ\    __,,---、 __,,---、
  {ヽ、ヽ、 ( (_______|___`ヽ ヽメ \  (フ" / (フ  /
  ヽ `' ----==◎==--、)----> -l _ ̄ { ヽ二_,- っ     皇帝陛下ー!
   `ヽ、______,,-| イ|t-'ン|ヘ"lヽ、 /_) `/   l/ ヽヽ_ヨ
       -{ H米.十 +米 }-レ'⌒)ノi ̄ヽ/,  __ノ  }     河を直してくんろー!
        /(ヽ.| ヘ _,|--、' (ノノィ⌒ ̄  /-''`  l
       ヽ|`ー‐'''"ノ+++ )/~ノ:{ () /)    ン
          l  ル'_`ニ=‐'イ     /ノノノ__,,-''"
          `'   \_ヽ__________,, - ''"~


       逆に言えば、どれだけまつりごとを頑張っても、
       治水に失敗すれば皇帝として失格の烙印を押されてしまうのだ。


744 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:00:19 ID:AswzKNMg

    そして前漢末からはじまる災異思想の流行。

    最初は「政治の不備を天が教えてくれる」という発想だったのが、
    いつの間にか「君主の徳が天候に影響する」という解釈に
    捻じ曲げられたため……
   


 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  u |
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノノ /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'    U  ‐'"ひi,;'´  ,ィ;;ァ''    現実というZIPは……
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          ``‐シ   |、ニ'
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ     開いてみなければ判らないでおじゃるッ!
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'
 、\     .l  ヾ   u        .ノ(_,,、.   |
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ┌─┐  ┌─┐
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´  1 .「   .,7 ,f´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_. |  |  ,/ /'       
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ |  l、,,/ /',. ‐ '二一勹
                         |   ,/' / /´  //    ,.-====、
                      l、__/  l  .` ー 、      l'---n--÷==========l_
                           `ー-、  /       .ll.:.:.:.i.ロi.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                        //  _,/ ,ノ       ll.:.:.:.|.ロ|.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                      ∠-- 二 - ''´          .ll.:.:. .王::.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                            ll .: :.王.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                      ll.:.:.:.:王.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                      .゙''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''


745 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:00:43 ID:76VizIVY
水魚のポーズからスーパァノヴァ


746 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:00:44 ID:AswzKNMg


  
           「水害は、皇帝の行いが正しければ自然に治る」という
           考え方から、「別に大金かけて治水する必要ないんじゃね?」
          「工事して失敗したら、それこそダメ皇帝ってことにならね?」

           と現実的な対応に二の足を踏ませていたのである。          

          


            ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
           イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ   お金もないし……
               /   ヽ、_ \
              /(一 ) (一 ) \      失敗したら皇帝の資質が……
            /::  (__人__) :::::U \  
            |  l^l^ln ⌒´       |   それに冀州の豪族が……
            \ヽ   L        /
               ゝ  ノ
             /   /


747 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:01:14 ID:AswzKNMg


       しかし、 やる夫の後を継いだのは、

      「なんでも自分で把握したい」皇帝の代表格である劉荘。


   


::┏━┳┳━┓    ぜんぶしりたい。
  /::/::::::::::::::ヽ.    ぜんぶコントロールしたい。
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.    黄河の流れでさえも!
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 

   劉荘は伝統を無視し、

   黄河の治水に乗り出したのである。


748 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:02:23 ID:AswzKNMg


    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ ∵
  ∵ ::|二二二二二二二二二二二二二二|  ∵∵
 ∵∵ / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}   ∵    治水工事は
. ∵ :: /`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ   ∵    吟味に吟味を重ねた
     i:::::::.i:::://      [...-}::::i-ー:::::|::::::::::|         人材をあたらせる。
      i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}      
     {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i         それでも万が一工事が
     i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}         失敗に終わり、
.     {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
     i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}          歴史の中で私が謗られると
     .{:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{          いうならば……
.      {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
.      i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
.       i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
       i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{


749 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:02:33 ID:UI8Kzcr2
おお、さすが名君


750 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:02:43 ID:AswzKNMg


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵ 
   | 二二二二二二二二二二二二二|  ∵ ∵   
  /.:..:..:..:l..:..:..:..:l:..:..:..:..:..:..:.. ,.:.:.:.:.:.:.:.:\   ∵  ∵   
 ,r'.:..:..:..:..:..:|..:..:..:..:|..:..:へ..:..:/⌒ ..:..:..:..:..\    ∵   
..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.,r':.:.:./      \.:.:.:.:.:.゙ッ   ∵  .   その歴史さえも
l.::.::.::.::.::.::.::.::| ::.::.: ∨:.::/        \:.::∧:゙i  ∵   .   私はコントロールしてやる!
|::.::.::.::.::.::.::::::|.::.::.::.::|:/ ̄ ̄ ̄        ∨::K::|     
|.::.::.::.::.::.::::::::|.::.::.::.::|               ̄∨:|::|       そのための人材も既に手に入れた!
|::.::.::.::.::.:::::::::| :.::.::.::TT卞六尓ィ        ∨::|     
| :.::.::. .::::::::::::|.::.::.::.::| | |:i.:.:.:.:i|     h広fr |:.::|     
|.:i .:.::.::.: ,. -|.::.::.::.::| (,り:.:.:.:i}     |i.:.:i| |∧::|     
|.:i .::.::.::.::| ハ|.::.::.::.|′'‐ー      |i.:.:i| ||.::.::|     
|.:i .::.::.::.::| !、|.::.::.::.::|         ′ ‐ー |.::.::|     
| i.::.::.::.::.::\__l.::.::.::.::|                }.:.::|     
|:!:.::.::.::.::.l::::::::::l.::.::.::.::j       -    /:.::.::|     
|.:i:.::.::.::.::l.::::::::::l.::.::.::.::゙i         , ' :::::::.::.::|     
|.:i.::.::.::.::l.:::::::::人::::::.::.::≠  __  <} |:::::::::.::.::|     
|.:i:.::.::.::.l::::::∨  \::::::.::.::\ |:::::::::::/  |:::::::::.::.::|     
|.:i:.::.::.::l.::::V     \:::::::.::.::.'‐-<   |:::::::::.::.::|     
| i.::.::.::.l::∨      >- ::_.:::.::.::\  |:::::::::.::.::|     
|:i:.::.::.::l∨          -─- ン、.::.::.::\l:::::::::.::.::|     
|:i.::.::.::∨      ,r'         ゙i.::.::.::.::゙i:::::::.::.::l     
|.i:.::.::∨      /           ゙i.::.::.::.::゙i::::.::.::|



752 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:04:12 ID:bZkoSZuo
ちょっと待てェェェェェx!


753 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:04:14 ID:OTbo7qoY
ちょww歴史の改竄フラグwww


755 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:04:45 ID:/6jB4LZg
それはダメだw


756 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:04:57 ID:AswzKNMg

         そのための人材。
           ↓
          ___
.        _, -' ´___\
.?. ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、?
  /  ./ /      l ト、\      
.. \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    私は何をすればいいニダ?
    l | l | ┬::cr / / ┬c」 | ?
   l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
 ? l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
   ! | |ヽ|     `‐-'´  リ
   ! | lゝ、      n /| ?
   ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |

       班固

    歴史書『漢書』の作者の一人。



    


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   班固は中国人です。
  li 从ハ)ソ    AAのせんたくに意味はございません。
 ゝ*,,・∀・)


758 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:05:39 ID:AswzKNMg




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              班固は歴史家であり、名文家としても
              有名だった班彪の子供である。

   
    / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
   / // /       !   |    |       \丶   \  |
  ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
   |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
   ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
       l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
        l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
         \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
          ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
              /                 /        V了\   り
             └-- 、     ,        l       ∨   〉
                 `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                  ヽ     , く     l   /   / ヽ
                   `一'´/ ∧   / /    /   \
                     , ィ  //!   ' /      /       \

                        班彪

                         やる夫の死の三年前に他界。


            班彪は『史記』の後代を補完する歴史書を執筆しており、
            父の後を継いで班固も
            歴史書の作成をはじめたのだが……



                        

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ     皇帝陛下が
       /  ,='  _  ∧_ _,,         私的な歴史書の編纂を禁止されたニダ……
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
          | |{i tU (__人__)U / |
         | | i} > 、___⌒_ ,ィ リ| l| |
          // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |


759 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:05:40 ID:76VizIVY
適役じゃないかw


760 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:06:06 ID:AswzKNMg

  記録として明確には記されていないが、
  劉荘の治世に入って後、
  後世で存在を確認できる歴史書が、
  公的に編纂されたものだけになっている。
  

::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    司馬遷とか、
  |:/‐ ‐∨!::l.     君主をディスった書物が
  !:i冂 冂|:ト::!.    後々まで残るのはおかしいだろう。
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 

  おそらく『史記』の記述に不満を抱いた劉荘が、
  禁令を敷いたものと推測されるのだ。



762 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:06:30 ID:am8uNlME
確かに捏造を得意としてそうなツラだぜェー


764 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:06:47 ID:AswzKNMg

.    _, -' ´___\
  ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
/  ./ /      l ト、\    こっそり書いてたら
\__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  逮捕されたニダーーーー!
  l | l | ┬ cr / / ┬c」 |
  l | l !U l  j  '   l j.! /
  l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
  ! | |ヽ| ノゝ  |lililili|  リ
  ! | lゝ、 ⌒  `⌒´u/|


   この方針に班固は引っかかり、投獄されてしまう。

   だが、班固の記した書に劉荘が目を留めたことで、
  その運命は一転する。



        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
       イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
       ∵  , -'、: : : : :: : : : : `ヽ    ∵  (すばらしい内容だ)
       ∵ /  : : : : : : : : : : : ::::: ヽ   ∵     
         ∵ l l: :: : : ::::/ \: : :::::: l       (この才能、埋もれさせるには惜しい)
         | |: :::::::/   : \:::::::::| |       
         | |:::::|        |::::: | |
         | |::::|〒〒   〒〒|::::::| |       
         | |: :| ゝノ    ゝノ |::::::| |       
         | |: :|、   _     ,|:::::| |       
          | |: : | \     /|:::::| |     
           | |:::: | | r〕、ー イ、 l: |:::::| |:
          :


765 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:07:03 ID:b/sZ1zgk
>>758
ドッかの三本目の脚を切られた誰かさんみたいにこっそり書いて隠しそうな気がwwww



767 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:07:55 ID:AswzKNMg

   それまで在野の歴史マニアに過ぎなかった班固は、
   国家の史官として、前時代の歴史を記す『漢書』の執筆をまかされる。


 ゚ | ・  | .+o         o。 |  *。 |
  *o ゚ |+ | ・゚         +・  o |*
 o○+ |  |i            ゚| o ○。 l
・+     ・ l              ・|*゚ + |
o。!    |! ゚o                | *  ゚ |
  。*゚  l ・ ゚    _.. -― 、       |o  ゚。・ ゚   まじすかニダーーーー!
 *o゚ |!     /,,ィ===、、 \     +   *|
。 | ・   o    メ、-'_ノヽ二>「  _   *゚・ +゚ ||
 |o   |・゚  _  `丁'≡   ≡ ! lハ,/ノ   |  ゚   |
* ゚  l|   ヽ.> 、lヘ '''(_人_)'''ハ. l' /ヽヽ  o.+ | ・
 |l + ゚o   i ! \.l !> --<l_,l 「 ヽニ⊃・ |o゚
 o○ | ・゚ l i l´l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '。 |!    |
・| + ゚ o   ⊂ニ!.ト┘!_'! l__〉  ` ヽ。 ゚| o ○。
 O。 |゚ *o` /    /l  l ,ノ\.    ヽ+・  o |*
 o+ |!*。  /    /7ヽ/ヘ  \._   |
 |・   | ゚・   l  _./ /    ヽ   ヽ``丶、|  *。 |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    >                  <

 『漢書』の執筆は、だいたい西暦六十年(永平三年)頃からはじまったらしい。


  だがそれは同時に、皇帝の意に沿った執筆を強いられるということでもあった。


768 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:08:32 ID:AswzKNMg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵    執筆も順調のようだな。
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i        そこで、班固に頼みたいことがある。 
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |







   ./:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',
   ':.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///,:.:./:.l:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l
   :.:l:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// ,:.:/:./:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!      何ニダ?
   /|:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/イ/ /:/:./ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:!|:、
   :.:!:.!:.:.:.:.:.:.l:`l丶、:.:.:.:.:.://., ' ./:/:./ !l ヽ:.:.:.:ヽ:_..- ':.:!:.:l:.:.:.:.:.l:.!:.ヽ   たとえ陛下の命でも、
   :.:.!:.!:.:.:.:.',:.',:.!:.:.:.:.:>'<、/ //,:./  !l _><\:.:.:.l:./:.:.:.:.://:.:.:.:
...  :.:.:',:',:.:.:.:.ヽV`ヾ〒_==ミー7/// ーrィ== 〒ア、/:':.:.:.:..://:.:.:.:.:   歴史の捏造は許されないニダよ!
   -、,.ヘヽ:.:.:.:ヽヽ ヾ、_ー'_ノ /'´〃    弋_ー'.ノ '  /:.:.:.:.:.//、:.:r‐‐
    ヽ.-l \:.:.:\、     /´        ヽ   /':.:.:.// ,.-J
   ./  .!   ヽ、:.ヽヽ、      i        ‐,.'ィ":./   !/  `
   ヽ、  ,!   l l`ヾ.=-   (_人_)   -‐"‐/l !   l )  / 〉
   ) .! へ!  //  `丶、      ...     ,. '´   l !  !< ,   く
     ヽ_ ̄l   l !       `丶、   _.. '"       !l   !  / -,.、ノ:
   ヽ-、 ', !  !l      /::,二 `"´二、:\     ,イl  l  '  /: : : :
   : :!: :} l  ! !l     /::/ //:「ト、\ \::\  / l.! l    〉: : : :


769 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:08:41 ID:76VizIVY
こりゃ後の人が苦労しそうだなw


770 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:09:06 ID:AswzKNMg

           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵  捏造というほどではない。
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|      これから行う私の治水事業が、
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|      たとえ失敗に終わっても
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|      後世に非難されないような
            |::ゝi: i│       /:::i:::|      工夫をしてほしい。
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     
               |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |     
                |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |     
                |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|  
                |:::|   |」___| |_|_|/  |::::|  



        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \    いやいや 私の手がけてるのは
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂      前時代の歴史ニダよ?
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ :        今の記録は、
      ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l
.         从八             Xx //: : ){Ⅹノl : l      後の時代の史官がまとめるものニダー
        / /{ヽ \ (__人__)   //: : /f′ j l :∥
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l


771 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:09:14 ID:am8uNlME
説得力ねえwww


772 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:10:38 ID:AswzKNMg


        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     それは判っている。
         ∵   /::::::::::::::::::::::::: ヽ  ∵ 
        ∵ ://::::::::::::::::::::::::: /',  ∵       だから今書いている『漢書』の記述を読んで
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵      後世の歴史家が影響を受け、
             | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト         
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !          治水が失敗しても私のことを悪く書かないような
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ          書き方をしてくれるための工夫をしてほしいのだ。
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ     




  /※ ノ: : : ::::: : : : : : : : : : ::: : :i : : : :、: : ::ヽ i /
 i /: : : :::::/: : : : : : : : : ::/: i: |:: : : : :ヽ: : ::ヽ|/
 |/:: : : : ::::/: : /: : : : : :.イ: :イ::ハ:: : : : : : i: : ::ヽ   (無茶ぶりニダ……)
 !i:: : : : : /:.: /: : : : : .//: /、/__ ヽ:: : : i: :!: : ::::|
.{!|.:: : : : :! ‐/--一./ ////  ̄`\-i }: : :::::!
{! i:: : : : :!: /ェ-==、 /  // , ==-ェ、Y:: i: : ::::ハ
.}!.ヽ: ::::::∨ヽ弋{}.ソ    /  弋{}.ソ〃|:./: ::::/i:::i
{!  ヽト、:::\ `¨´         i lllll  /::::/}::i:::|
::}! ※ }:ヽ:::: \_ U (__人__)   _ /:::_/ i}: :i:::|
:::{!  i}::::::|`T、     `⌒´     ,T::::{! ※ノ}::: : i::|
:::/}i  {!:::::|::/::/`..- _     __イ|::|::::::}!  fノ::: : :i::|
/:::::{!、}ハ:: i/::/:::/ 、|` -  ´| \:|:::::{!  iハ::: : : i::|
:::::::::::Y! ∨ヘ/   \  /   \r}i /}::i::::: : i::|
:::::::::/.{! ├'´    r '⌒}ニ{⌒ヽ    i !fレ-、:::: : :i::|


773 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:10:55 ID:AswzKNMg

         _.. -― 、
     /,,ィ===、、 \
     メ、-'_ノヽ二>「  _    ま、まあ やれるだけ やらせていただくニダ!
   _  `丁'〇   ● ! lハ,/ノ
  ヽ.> 、lヘ '''(_人_)'''ハ. l' /ヽヽ   妹弟にも手伝わせるニダ?
  i ! \.l !> --<l_,l 「 ヽニ⊃
  l i l´l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '
  ⊂ニ!.ト┘!_'! l__〉  ` ヽ
   `  /    /l  l ,ノ\.    ヽ
.    /    /7ヽ/ヘ  \._   |
    l  _./ /    ヽ   ヽ``丶、






  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵     頼んだぞ。
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          そういえば班固の家は、
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l          家族揃って歴史マニアだったな……
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


774 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:11:22 ID:/6jB4LZg
久々のきらきークル?


776 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:13:22 ID:AswzKNMg

        ___ ゞノ_,, -──      ̄ ̄ `ー<三三<― '
     ∠三,イ三/                 !ミ\ 三三\
      ∠三彡//  / / ,_/ ,/   /  !   !   l ||`ー` ̄ ̄ ̄    執筆たのしー♪
   ,,. -─ ', ―´//  / / / / /\ /!/! !!  ,イ | ! l |ト、
 //  ̄   // ,イ /!-/!‐!‐|‐!、/`リrf=|= /、! | ノ! i || '         歴史はカップリングがいっぱーい♪
 /      , へ!!| / |/リl/ レ'リ_ ∨ l' !∨乂_ レj/リjノ.||  |
f      /  リレ' j!イ ,,==、    \ゞニメノ j'´ ||  |
 、.__∠_     !/:::| !⊂⊃      !   `ー ⊂⊃   ||  |
`>― - 、ヽ  /:::::::::ヾ=.、    r,───‐ァ  ,イ  j !. |
/      ヾ∨:::::::::::::::::::::::::\  丶::::::::::::::::/ ./::! / ヽヽ.!
    ─ '_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::>.、_\::::_/_,∠、::::! /   \\_________
 -─ ´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>_`=、.r<_, -―!j/      |` ー───── ァ ヽ
  /::::::::::::::: ___ :::::::::: \ ハ`L,ン´ / ..イ !   __j_         //
,/:::::::::: /´      \__ノ     ヽ   'ー─ ´      ` ー-、    //
::::::::::::: rー 、             r=r-ノ、           _,/:\//
::::::::::::: ! : : : \__ /       (;ゞシ>:ノ        -‐ ´ /: : ://
::::::::::::: | : : : : : : : : ヽ     _, -‐  ゞニツ     、  ─- ,、/: : : :(  ー─-- 、
::::::::::::: \: : : : : : : : |__, rー'、   ∠-三\   ,..─、___ノ : : : : : : / ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::: \: : : : : : : :|: : : : `ー⌒! ヽ_j ノ´ ̄    / : : : : : ∠
:::::::::::r-──|: : : : : : :∧: : :/    ー 、(        !: : : ' ト、ミ\
 

                班昭

               班固の妹。


777 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:13:26 ID:76VizIVY
ここら辺を用意周到とか慎重さの表れと美化して描くわけかしら?


778 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:13:32 ID:.8GQRMfo
腐女子の方ですね?w


780 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:13:49 ID:AswzKNMg




/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽミミ《ii(!!!/ヽ、/ヾ彡彡'三ミミヽノヽ
|  フンッ   |iッ、ヾ!i川( メ彡ミ彡'´,==ヾ巛彡
ゝ、____ノ  `゙''‐=ミヽ/=ヽi|//彡》ミ)、ヾ、メノ
ミミミミミミミミi       ヽ ヾミツ''' ヘ彡ヽ リ/
ミミミ/ ̄ヾツ     ヽ  ヽ   )  |三キ´((ミ、_ノ
ミミ/::::::::::          \ i  |    |、 ヾヽ
ミ/:::::::  ,ァェ三ミミミャ、  ヽ .i l / ri》ミニミャ、、
゙::::::::   '     ヾミッ、,, 丿i::i i ./,ッ彡ノ‐-─、ヽヽ、
::::::::::::    ‐-、__、ヽヾミミ彡ノノ彡'_ノミミミヽ-彡ヾ、
ヽ:::::::::.    ` `‐-',‐`ゝ、゙' /-‐'´)ミミミ=-`´ヽ  ヽ
:::::i-、:::::       ̄ノ  ..:ヽ !ヽ  |  ヾミミヽ
::: |:::::ヽ :::   /´/ ..:::::::_i i ::/ミ==-    
:::..ヽ::::__ノ 、       ( `  )/ミヾ))
:ヽ、>´: ! i        ⌒ ''´/ミ<ハ      つまんねェッッ
:::::::ヽ:::: ヽ      ,/,二ニ'フ/!i|川  リ
::::::::::ヽ:::: )   , =ニ、_'ー-' .i'-‐┴‐-=、_
:::::::::.. ヽ、_ヽ     `ー‐,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
`'ヽ‐:::::  ゙ヽ、:: /ヽ、, /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;\     ヽ、;::....  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i

 
    
             班超

           班固の弟。







::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.    (あれ?毛色の違うやつがいる)
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.


782 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:14:36 ID:t2l6ncJ6
なんという武闘派


784 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:15:00 ID:76VizIVY
腐と武の化身が…ッ!


785 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:15:10 ID:sRNC7Rpc
虎穴の弟としては、相応しいキャストwwww


786 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:15:19 ID:I9n0x2OA
>>780
とらのあなに入らずんばレアグッズを得ずの人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


789 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:16:43 ID:AswzKNMg


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵    お前は班超か?
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i         たしか班固が投獄されたとき、 
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l         訴えに来たことがあったな?
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |





            f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
           ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
          ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
          ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
            、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
          ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_   ご記憶頂いて
        、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ
       =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、   光栄だが
       `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、
           ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"   俺にはこんな仕事
         ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、 合わねえよッッ
       `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
        ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)
           '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
            ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
           ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ、,,
         ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ,.:ィ'''"~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ,:r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´ /  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


790 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:17:45 ID:raNInyAU
…ですよねー


791 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:17:51 ID:GPw/sllQ
確かに飯炊きしてるくらい似あわんなw


793 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:19:28 ID:AswzKNMg

                 ___,,r=ー--、,,,,,__        ,、
    __ノ\   // .,、-='ミV/////彡彡彡ヽ、    / `ヽ、_
    )  エ `ヽ、.   / ミミ y// 彡彡彡 三\ ヾ<゙  エ  7
    〈   フ  /  /ミミ\///// /彡彡 ミ\ l ii   フ  _l
    ゙i,  ッ /  /彡.彡=、_川/ 彡=ー'''))-、三 三ミ) |   ッ /
     ゙i, /゙.  ,ノ彡/ )):.:.:`'''ー''゙)):.:.:.:.:.:((:.:\_彡三 ) !r''' ̄⌒
      !'゙   (彡 |:.:ノヘ、゙l:.:.:l:.:((:/ ,へ、,,_)):.:゙i,三三ミヽ )i
        / | l 彡ノi/゙\|i :.|:.:.)//゙゙゙`''ヘ、(('i=y'゙iミミ゙ヽ、
     /\  l  .l彡rt, ,,==、゙i, l:.:.:(/゙゙,,m==、_ _ノh,/ .ノミミト、_,r'''゙,r=-、
   / エ \ i  )゙i、| .( (())i,:.i:.:.:/:::::(.(())ノ`:.:.:.:.:.:lノヽ,ミミミ==''゙
   )  フ  > ノ((/.゙i, :.:.:.;;,,ン i i(:::::.:.Zニ,__:.:.:.:.ノ.゙i:.:.:.:iミミミヽ==、 \
  <   ッ  / ./人川ヽ、( :.:.:/=ミー、::.:.:.:.:.:ノ,イ ,ノ:.:.:.:.゙i;;;\ミナ-、_ .゙i,
   \ _,rー'''!゙ Vハメ.|:.:.:i:>、:.:`-=r''゙゙:.:.:.:.:.:.ハ y''゙::.:.:.:.:.:.:.`i;;;;;i、ヽ
    `'   (  ゙! r'''゙i:.:.\(ノ<ニ=ニ>、__,r.:./:/:.:.:.:.:.:.:. ノ::i;;;;;;;゙l`''=、, ヽ
    _ニ   /;;ir=':.:.:.:.:.゙i,'゙ヽ-=r''゙゙゙:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:. / :::ノ;;;;;;;/;;;;;;;;;;;゙'
      _,、-/;;;;;;;l:.:.:.l :::.:.:..゙i, :.:.:.:.:.)):.:./ /:.:.:.:.:.: :./;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;
   _、r''゙゙;;;;;;;(;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:い:.:.:. `=ー--ー'゙:. /:.:.:.: .:./;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;

         
           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵   (明らかにデスクワーク向きの人材ではない)
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|       (何か、活かせる職場がないものか……)
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
            |::ゝi: i│       /:::i:::|
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     

::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    班超……その名前、覚えておこう。
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 


  こうして劉荘の目に留まった班超は、
  後に西域に送り込まれ、武名を馳せることになる。


794 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:22:21 ID:am8uNlME
班超そういや世界史の教科書にも載ってたような


795 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:22:38 ID:gymM29gI
適材適所だなw


796 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:24:08 ID:AswzKNMg




    永平十二年(西暦六十七年)



  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵    十万の人夫を動員して
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵    
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i         治水工事にとりかかる!
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |        王景!工事はお前にまかせた!


 
                //   / l     ', \   `メ  レ-、  :!   l _ ┼
   ____       レ::  /  ∧    ',  ` >'ー≧/'う :j   !    ' ∠ _
   {三   三L       l   ./  /  \   ', / テ==ヾ、ィ'  :l ト  :l  /
   「==== | ┼ l    l  .メ、   \   V/ /     ヽ`   :! !\\! /_  ! ┼       オーケイ!
.   」ニニ.┐,-、  | __ ノL.._l  | / ィテ≧   `丶\ {l       l|   ,' L  `!  ∠__ ノL.._
  j 〉 }」/ j   !  `Y´ l  ! イ //   ',      ',     j     / `、ー:レ<.  `Y´   ,-、
  「| j .ヽ{  ト,.┴、__   '   V:!l' ll   j       \_   _ノ.!   ; '`  l イ  l 〉 __ j|__ / /
. ヽ\\      / ト、_   、   j|| ll              ̄ //|  ,' // j/|   !.'  `Yニ{  レ
   |      _, 人/ 〉l._ ',  { ヽヽ_ノ       ヘ     | //'´ /ノ  レ': :フ7_/ __ノ
    ̄ヽ<て` t彡' \j:: : :`ヽ ヘ ////   マ/::::::::::::j    .|  -'/ ´,...<: : : :レ {l ! ´
       `ヽイ_´>─'- : : : : : ヽ ヽ         ` ー '      /!//≦>'´: : : : : : : : ::| メ\_, ィ─
         {_:::::::::::: : : : : : : : ヽ ト _         < | j/!j: : : : : : : :l: : : : : : <_ `メ.ノ
       __ ノL.._ 、:::::::::::: : : : ┼ヽ !: : ::{>─   ィ ´ }   !/' /: : : : : :__ノ L _: : : : : フ´__ ノL.._
        `Y´  ヽ::::::::::::::::::: : : ヽ\:: :`ヽ\ .「',  !   レ: : : : : : : :::`Y´::::::::::,:  ´    `Y´
            _ ノL_、:::::::::::::::::::::::ヽ::::::! ト } | !  ヽ /: : : : :::::::::::::::レ '´ ┼
              Y´  ┼  、::j::::::::\!: ::`ー! l __ <__ : : : : ―≦  ┼
                    --' L` ' |: : :/!ロ! |    ̄ T ===、
                      Y´   |/イ  .| |      ヽ: : : : : ::::::\
                          |  |  | |     __ ノL.._: : : : : : : ─、
                          |  |  | |       `Y´ \: : : : : : ::::::}
                          |  |  ´        ┌┴─┐: :::::j┬、


800 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:25:59 ID:t2l6ncJ6
王景がオーケイしたw


802 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:26:41 ID:AswzKNMg



                 /  . : : /: : : : : : : : :\ : : : :\: : : : : :ヽ
               /  .:./.:.:.: {:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:.\.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.::.',
                 /  .::/.::.:/| .::.::.: i\丶::.:\-ヽ::.::.::.ヽ.::.::.::.::.     この私にまかせてもらえば
                  ,′:.::/:.::./ │::.::.::.: i:.:,'\:/'⌒) ).::.::.::';:.::.::.: i  
             |::.::.::.l::.:/\ |.::.::.::.::.i:/   \:/ イ.::.::.::.::|.::丶::|      黄河はぴたーっと
             |::.::.:|:l:/ -=ミ! :.::.::. 斗匕-=ミく.::.:|.::.::.::.::.|\::.::|__ 治まっちゃうよーーー!
.              _|::.::.:|イ〃x'心 ':.:.::.::./ / x',こ心∨:|.::.::.::.::.|.::.::∨::.: /
              \:|::.::.:|:|ii //..:i|ハ .::,′ / /....:::ハ∨.::.::.::.:∧.::.∧:.::.:>
                〃|::.::.:V{{ |{//|  ∨   |i{/////| }.::.::.::.:/_.::∨_ノ:∠
           /'::.ハ::.: リ 弋(.ソ     Vト-(⌒ソ,.::.::.::./⌒∨::::))<
            {::.:{:∧:八       ′__  ゞ--''ン/.::.::.:/_冫/ ̄「.::.::.::)
       __ ∨\ム::.:ヽ     「/  }  (//)/.::.::.:厶 イ}}.::.∧::.::./
     /   _〕\\::‐ヘ::.: l>   、  _ノ    /.::.::/マ彡:":.:/:.::}/ _xヘ
    f   ̄   〕__)   ̄';:. |「゙>‐≧=r ---‐r≦.::/\.:`ー‐='::/厂ヘ  \
    {.     ̄ ̄}  _   ヽ|} } { 厂{ト-vrク':/    ̄ ̄  (_/_ `ー   ヽ
.    '.    ー‐ヘ   x―‐'八{  } { || 「矢|///`ー- 、   〔_       ノ
     、    <7 〉/     \_廴}__{{/∧ヽ/     ∧   /´   ̄    /
      ヽ、   `〈 {   \   \  〈/ |ヽ〉     / │  \ヽ、   /


                   王景(おうけい)

                 古代中国史に名を輝かせる治水の天才。



806 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:29:22 ID:nW0wXtco
追いついたー
そしてノダがきたのだ!


808 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:30:04 ID:AswzKNMg


             /: : : : : /: : : : : : : : : : \
           /: : : : : : /: : : : ∧: : : : : : : :\
           /: : : : :⌒ : : : : /⌒: : :|: : : : : : ',    まず計画だけど、
        ,∩ ; : ::/: :/  ',: : : / _ ヽ※=: : : : |   東に移った流れを元に戻すのは無理。
       rf┴、|: :::|: /ゝ-, ';: : :,' /`ヽヽ|::: : :|: :|: |ァ   人力じゃ無理。
       }ミイ ,y|: :::|//   ! ヽ:/ |   ', |::: : :ト、:/: :>   r,
       ヽ/X/!: :イ弋_ノ    弋_ノ |::: : /、/:ヽ> /`y' ノ
        \/:',: :|⊂⊃      ⊂⊃::: /ノ: :|/>| , `
          \\:>、  f ̄´)   |::/ー'"   |王!
           \ヽ!: ` ┬ = ┬┬ノ: : : : : : :,.-'"
             \: ::ヽ| |o| | |/: : : : : :/


                    ___
            /⌒>'"⌒´      `丶、
           /ヽ:/             \         だから黄河の流れはそのままに
             ∧ .::/  :/  ..::::\    \   ヽ _      するしかないけれど、
            {::::∨ ⌒:/{...::::::::\:::::ヽ     ト:\/⌒ヽ`ヽ
             ゝV /::/ {.:::::∧(⌒⌒)___  :| 〃⌒ヽ:  .::ト、   それだと淮北の人たちが困っちゃうからね!
          C7 :i::/ _ i.:::::|  \/j ̄  :|{八 .::ハ  .:j ::}
         ⌒i  :iYf沁ハ:::::|   \|::  :i|^Y: `=ミji .::リ..::ノ   淮北へ水が流れ込まないように
            |  :ii{ ト/j ::::|  __ │   :ルくゝ、 .::リ.:::ノ/    排水措置を施さないと!
            | .::リ゙ Vソ ∨  '"⌒メ  :/ ヘ}.::ノー'≪〃
       r‐、-八..::〈  ` '   ヽヽ//  ん)ノ/⌒)厂´
          \\Yヘ:个 . ゝ ノ   //  /ー<
         \⌒ヽ`ヽ r≧ァ=<//  厶く⌒))
         〈了了>r{r( 〈 // /  ノ
            _}}│ ノ >ヘ  V∠〈  __/
        く〈〈 ノ ( /|| |ハ_ノ -‐ ´ 〕
         }\{_ 人|| |}       ∧
.           /      〈|| |        ヽ
       /       ||_|            \
      〈         {{            ヽ



811 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:33:15 ID:AswzKNMg

         __   /         .:∧:.      .:.:.::.   ',   ヽ_
         /___ / /       / .:./ ∧:.      .:.:l \   ',   ! ` _
.      //   ./ /   |  / .:.:/  ∨:.     .::l\ />:',  l .:ト--\\
      / ./      .:./    !.:/ :/-- 、. ∨    :. --ト∠ヘ/>    !     \'.,    てなわけで重視するのは、
.     /        l l      /'     ` ∨    ´   匸○ク  :l l:.:.    Y
     /     .:.:| !    |//  _、_\     .:.:/ /∠_ ゝ≦::.  ! :.:.:.:..    |    過去の運河で、破損していたものの補修。
    l ∧    .:.:.:| .:|    |// ̄-..、\  ∨  / /_.-...、\ ',!:.:.   |:.:.:.:..   |
    | ト、\   .:.:.i     .:.:.:// / j::::::::::',   ∨:/  / j:::::::ヽ丶|:.:.  ! l:.:.:.:.:.  /j    自然の河をいじるより
   ヽ \`ー - :!._|  .:.:.|i ,::`´::::::::トll    ∨  ,'::`´::::::トl! i}:.:.  | !:.:.:.:._ /.:    手っ取りばやいからね。
.     .:.:.:.\.:.:.:.:./,-',  .:.:.:l{ !! {::::::::j-i}      l! {:::::::::}_!! l|:.:.  ト<.:.:.:.:.:.:.:/
       \.:.:.:.:.:.::|   .:.:.:.:|l 弋 `ー'( ノ        弋 `ー'( リ /!:.:  l l.:.:.:.:./     こまめにチェックして、
.        ̄ ̄ ', l ! .:.:.:|`  `ー─'     !::   `ー─' ´ :.:. ,' ./- ´      徹底的に水流を通じるようにするよ!
            ヽ ヽ! .:.:l                     |:. /ノ
               \! .:.:.:!',        ` ー '          !:.:.
              ', .:.:.! \                 / :.: ,'
               ', .:.レ   ⌒ ー-、        <    !:/
               ∨  \ ィ-─┴─────┐   . j/

812 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:35:14 ID:AswzKNMg

                                          '´.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /)、                                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      // \                   _______/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ノ:::.:ヽ
    〈/\ \                  '´:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄`丶、.:.:.:.:.|::::::::.:.:'.
.    \\\ \ヽ           /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶\ :.:.|:::::::::::.:.:,
       \\\ \、          く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: -―‐- :::::::::::\\ト、::::::::.:.:{
        \\/ \           ':::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒´ : : : : : : : : \:::::::::::\{ \::::::`ー- 、
          `く    .:〉        '::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : : : : : : : : :\: : : \:::::::::::\_`ー─-、\
           \__.:::ヘ         ヽ::::::::::::::::::::::/: : : :∧ : : : /\ : :ヽ : : : ヽ::::::::::::::::::::: ̄\ \\
     ☆       \.:::\         \ :::::::::::::,′: : :'⌒ヽ: :│x==ミ、:ヽ : : :ハ:::::::::::::::::::::::.:./   }::/
                  `'く \        \::::::::i.: : : :/    \| r'::..jハ Y': : :i リZ :::::::::::::::::./   j/
       ┼ +         \\.          \::|: : :.:ル=ミ   弋'/(ノノ│: :|∧_:>::::::::/
                       \\‐- 、       `|: : /_}    r─  "  _l : /): :〉::::::::/
         *            \r'_ \xー/⌒ヽ:│ ゝ、 _ ∨__ノ _ イミ| 厶彡一
                       \ゝ_{{:.:.{.:.:.:.:.:.:.:ヘ{ ̄ ̄ :.:r≧≦.:.:.:.7⌒j/、
                        \\┤.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___{/:.:./同.:.:./.:.:.:.:.:.:.:\__
                         \\ー'´ ̄/:::::::: 厂/   「V.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ァ:┐ _
                               \\/:::::::::::::/ 〈__i」 {.:.:.:.:.:{⌒\.:.:.:.://..:.>'´ノ
                             >、>´\::〃  〈/   ∨:.:┌ー┐:\:.{:{.:./ ^)____
                            /:::く  >く\      _匸.├─|::::::::::⌒^ー'´:::::::::::::::::::::::::\



                 この王景の治水工事、史書により記述に違いなどがあり、
                 その概要は現代でも意見が分かれるところだったりする。

                  とにかく百億銭の人件費を費やし、

                  翌年に終了した。


813 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:36:20 ID:76VizIVY
手堅い手法


814 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:37:04 ID:Cw3OzuXQ
この時代に百億とかいう数字だされてもさっぱりわがんね!


870 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:32:18 ID:RiMszUDA
>>812
漢代の一銭=現代の180円くらい。
百億銭=18兆円くらい。

815 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:37:18 ID:AswzKNMg

.    _, -' ´___\
  ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
/  ./ /      l ト、\
\__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   工事は終わったけど
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   今のところ問題はなさそうだけれど
  l | l | ┬::cr / / ┬c」 |   結果は百年単位で評価しないとわからないニダ……
  l | l !u. l  j   '   l j.! /
  l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
  ! | |ヽ|  u  `⌒´  リ
  ! | lゝ、       u/|




          ___
    .   _, -' ´___\
   . ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\    でも大事無いニダー!
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    l | l | r==、 / / r==、」 |     比較的陛下に非難が及ばない、それでいて
   l | l !     '     .! /     曲筆とは言えない方法を編み出したニダーー!
   l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
   ! | |ヽ|    |liliiliii|  リ
   ! | lゝ、./⌒)⌒)⌒)  /| /⌒)⌒)⌒)
   ! | |:::::/ / / /X}< }|(⌒) / / / /
   ! | l:::/ :::::::::::(⌒)ト、 |ゝ  :::::::::::/
   ! | l {        ノ'ヽ 〉|/  )  /


817 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:40:07 ID:HnOXg3Oo
それは?ワクワク!


818 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:41:44 ID:AswzKNMg

          ____
       _, -' ´___` '‐ 、_
    ,  '´ _,-'´,-――- 、、 ´ヽ
  /  ./ /       ヽ\ \    これまで水害は 「五行志」(災異関連を記録する)
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     に記されてきたニダー。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐ (__人__)‐⊂⊃      でもそれを止める二ダー。
       l \   `ー´   ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j:/::/: i_lil__|:i:::\_|!
    / / /((┃)):l:::::ヒj::l」i:::::::〉
    / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄(,,ノ、\
.  /  /________ヽ \



           )ヽ
         _ソ`丿
      _,-'´, -――-、ヾ
    / /      l ト、\     替わりに 福祉関係を記す分野に治水のことを書くニダ。
   /   /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   これで陛下は、「民の困窮のために治水に取り組んだ優しい皇帝」って
    l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
   l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /    ことになるニダー。
   l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
   ! | |ヽ|     `‐-'´  リ
   ! | lゝ、        /|


820 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:43:26 ID:am8uNlME
つまり……どういうことだってばよ!


821 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:46:07 ID:AswzKNMg



   つまり班固は、これまで五行志に書かれてきた水害の記述を
   『漢書』から省くことで、

   水害を「皇帝の不徳が引き起こしたもの」というカテゴリーから
   切り離したのである。


.         ___
.    _, -' ´___\
  ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、    私の書き方を見習って、後世の歴史家も
/  ./ /      l ト、\   陛下の治水の件を未来の歴史書の五行志から
\__/ /l / /  , /l'| ト、l ',  省くようにすれば……
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
  l | l |     / /   」 |   治水が失敗しようが成功しようが、
  l | l !  ―  '   ― .! /   陛下の人格評価には関係なくなるニダーー
  l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
  ! | |ヽ|     `⌒´  リ
  ! | lゝ、        /|


822 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:48:13 ID:76VizIVY
報道しない権利を行使w


823 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:48:22 ID:AswzKNMg

     _, -- ―--  、
   /____    \
 / /_____ \    \
 \/ / / / 八ヽ ヽ \  /
  / / ノノ /  |\| ヽ | /ヽ
  | ┬r / / ┬cヽレ )|  |   こんな感じでどうニダー?
  ヽ| l:::j  '  l::::j | ノ |   |
   |⊃ゝ_人__)  ⊂| |   |
   | .|ヽ `‐-'´__ / | |   |
  | | / |/Yヽ/  | |   |





::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.       まあ、問題はないだろう。
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 


  色々と気を遣った劉荘と班固だが、

  結局のところ、そこまで気に病む必要はなかったと言える。


824 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:48:48 ID:cMa1WQY6
「人格」と「業績」は別、って現代から見れば至極真っ当な話だなぁ


825 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:50:18 ID:bZkoSZuo
>>824
>「人格」と「「業績」は別、って現代から見れば至極真っ当な話だなぁ
そうでもないよ
現代じゃ人格を貶されたら業績もなかったことにされる


826 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:51:20 ID:AswzKNMg

                   _,. --──--、
                 /:::::... >:::::::::):::::\
                /::∠:........ y:´::く::::::::::::ハ
               ./::::::::::t::...:::::.::::::::::':\:::::::::::ハ
              /::::::::::::::八:::::::_:::::.......::::!:::::::::::::!
              !::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-::::':::::::::::::::::!    なぜならこの治水工事、大成功に
.             !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::! 終わったからだ。
             !::::::::/>ァ-、:::::::::::::::::::::::::::r '´ )::::::!   
             .!:::::::::ト:、_...イ::::::::::::::::::::::::::ト-イ:::::::::!   
             !:::::::::::::r、:::::::::::::::::::::::::::::::_;-;::::::::::::!   工事の概要がよく判らないせいもあって、
             !::::::::::::!ヽこ_ー--─ こン_´.」::::::::::! どの程度王景の能力に帰する部分があるか難しく、
             .!:::::::::::とイマッ>ヽ   ノ<チマ ソ::::::::::!    
              ∨:::::::!`' ̄ ン  ilヽ` ̄`.!:::::::/ また後の時代の様々な要因が組み合わさった
              ヘ::::::::!     ;'! l     !:::::/ ことも事実だが……
                >:::::!     、 ノ   ./:/イ
              /l::::i、:!   ─--一  /イ、 \   //
             /   !:::l `ヽ、 ー一 /| liト   \/  L
           /-一 、i{∨〈?、 `ー イl |l  i| 」 rヘ      \_
       _rク'´    < )`ヽト 、\fl-| レニシ、lノ八 Y       lノ ̄ - 、
   _,. ' ´ `´     .レr──- ` 、` | r'´ ∠ - '´`ート、-l|   l     lハ
.  /. r )l|   r 、    .l と>ー─- ____,-─ ┐  |   |   ハ    ,ハfl ヽ
 /  ヘ|    7ノ    l| l             |  l|   l  Y    Y|}  l
. ト,   l         l  l             |l  |    l    _   /  |l
. .l    l _      ( 八  ト 、          ノ  ト )   l|  | ( )  /  l|
  l    .レ'         ヘ ∨∧、       /l  |    |  l  |  /   /


827 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:53:19 ID:gymM29gI
何にせよめでたいw


829 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:54:33 ID:AswzKNMg

  '´ ξ ヽ   黄河の河道変更は、この後長期間に渡り起こらなかった。
 i θjl_!_!j
 ヽ!l|゚ ‐ ゚ノ!   もちろん黄河は厄介な川であり、決壊や洪水はどの時代にもあったものの、
  /j`▽ i>
  〈_ノLゝ     最も大規模な水害である河道変更は、長い間起こらなかったのだ。
.   |__j_j     その期間、実に800年。


830 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:54:40 ID:OTbo7qoY
ちゃんと保険をかけるときは不要になって
保険かけないときは悲惨になるのはいつの時代も変わらんねぇ


831 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:55:34 ID:UI8Kzcr2
800年てすげえ


832 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:55:39 ID:AswzKNMg


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵    やるだけのことはやった。
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i          一つの難事が終わり、これでゆっくり……
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


834 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:57:46 ID:/6jB4LZg
>>830
保険をかけるくらい用意周到だからこそ成功したともいえる。


836 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:59:05 ID:AswzKNMg





                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ 陛下!またご親族の謀反だよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

              

        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵   ええー。
         ∵   /::::::::::::::::::::::::: ヽ  ∵ 
        ∵ ://::::::::::::::::::::::::: /',  ∵     今度は誰が?
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵  
             | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト    
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ    
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ


837 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 17:59:47 ID:AswzKNMg




                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩  陛下と仲良しだった楚王劉英さまだよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)





        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵  
         ∵   /::::::::::::::::::::::::: ヽ  ∵ 
        ∵ ://::::::::::::::::::::::::: /',  ∵    
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵  
             | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト    
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ    
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ     




        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
         イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵  
         ∵   /::::::::::::::::::::::::: ヽ  ∵ 
        ∵ ://::::::::::::::::::::::::: /',  ∵    
          ∵ | l|  :::::::::::::::: /  ::}  ∵  
             | i|:::::::::::::::::::: |┯┥ ト    
             ! l|  ::::::::::::::|ゞノ !
             ! i|  ::::::::::::::|   ノ    
 .          | j|  ::::::::::::::├─イ


838 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 17:59:54 ID:nW0wXtco
またかいな…


839 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:00:03 ID:76VizIVY
なかなか我が儘な暮らしに入れないですねw


840 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:00:27 ID:OTbo7qoY
ここへきてまさかの大仏離反ww


843 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:04:37 ID:AswzKNMg




        この数年前、劉英は自らに罪があったという
       抽象的な文言で、自発的に劉荘に対して
       謝罪を行っている。



           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |
       | |.        ヽ─  |
       | レ┐      -二三  |  
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/
      ┌‐.<    ────=、
      ,.┴─、\         \/ヽ

       賓客の中に問題を起こしそうな者がいることを
      察知し、あらかじめ謝罪したものと
     劉荘は解釈し、とくに処罰することはしなかった。


844 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:08:07 ID:AswzKNMg


    だが今回は緯書の類を偽造していたことが判明。
    
    対・政権的にはかなりクロな事実である。

           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ    
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l<●> 
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |    
       | |.   U    ヽ─  |    
       | レ┐      -二三  |    
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/    
      ┌‐.<    ────=、




::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.     なぜだ。なぜだ。
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::!    わたしとあんなに仲のよかった兄上が……
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.


846 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:10:31 ID:AswzKNMg

   

   もはや劉荊を自殺させた以上、
   他の兄弟に対しても軽い措置はできない。




  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     兄上の王位を廃する。
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵      母君にはそのまま王宮に留まって頂いて構わないが
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i           兄上は他所の県へ移ってもらおう。
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


847 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:11:56 ID:AswzKNMg




    この数年の間にどういった心境の変化があったのか、
    劉英はこのとき、劉荘に弁明することはせず……




           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |
       | |.        ヽ─  |
       | レ┐      -二三  |  
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/
      ┌‐.<    ────=、
      ,.┴─、\         \/ヽ


  また、その機会は二度と訪れなかった。



849 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:13:29 ID:AswzKNMg




          王を廃された翌年の永平十四年(西暦七十一年)

         劉英は自殺。






            ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ    
           イ二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵    
          ∵∵ ∵ | 二二二二二二二二二二二二|   ∵∵  ∵
         ∵ ∵  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : ヽ    ∵  ∵
         ∵ ∵  /: : : : : : : : : : : :. ,r 、: : : : : : :,∧: : : : :ヽ   ∵  ∵
         ∵   ::/: : : : : : : : : : .:/   \: : : :〃: :ヽ: : : : :',   ∵
                /: : : :/: : : : :./       \〃: : : : ヽ: : : :.',
              l: : : :/: : : : :ス     '´ ̄ ̄`ヽ.=,='∠:.l: : : : l
                ; : : :.|: : : : /           ∨/二ニ|: : : : l
            l: : : :|: : :./  ヽ    "´___ | ̄ ̄~!: : : : |
               l : : :|: : /=≠=ミ、    "て:.:.:.:. : 1: : : : :|,、:. :.:.|
.              ! : : !: :ヽ. l: :.:. :ヘ     l: : :.:.:. : |: : : : :ト、ヽ:.:.|
             l: : :|: :.∧ 廴: : :}     ヽ,-、: : :|: : : : :!ソ ノ: :|
             |: : :!: :.ト.}  _ム'        -'-‐'|: : : : :!/: :|
             |: : :|: :|:.ト、              |: : : : ,!、: : : :| 
             |: : :|:.:|: : :> 、   -    , <!`ヽ、/ \: :|
             |: : :|:.|: : : |: :乂`: :.‐--イ´_!| |  /   \
             !: : :|.r'´: :ト、: : ヽ.r‐∠´    | | ,/     \
             |: : :l!:: :: :.! `>、|!/7┤  ,/!.| /  _    /


850 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:14:38 ID:t2l6ncJ6
兄弟二人が自死か きついわぁ


851 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:14:49 ID:AswzKNMg



    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                 
   イ二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵                
  ∵  ∵ | 二二二二二二二二二二二二二二|   ∵∵   
  ∵ ∵ , ′: : : : : ::/: : : : : : : : : :.:/:: : : : : : : ハ  ∵  ∵
  ∵ ∵ /: : : :, : : : / : : : : : :/ヽ : : : : : : : : : : : : ', ∵ ∵
       i : ,: : :|:::_i! : : : ::/   \: : : : : : : : : : : i ∵ ∵
       { :i: : 、|::: ̄i!\∠     ___ヽ : : : i: : .:.:.:.|
      | .|::_i!::.:.:.::/           \: |: : : :.:.|
       i: .i::: ̄i\:/―‐- 、     ,-―‐  ヽ: : :.:.:.|   ……そうか。
      |:. {: : :/Γ丁笊ミ      ィ爪笊丁l/: | : : |
      |: :|: : :i| | {..i::::ノ:i}      {l..i::::ノi} 川:iヽ :i
      |: :|: : |}:,ヽ⊃:::ソ       弋::::⊂ ノi : :|ノ::.|
      }: :|: : |:::i          ,       从::}: : :{
        i: :∨.i:人             イ : : |: : :,'
       }: ::∨:::i:::ヽ      ´`    イ:::| : :i: : :i
       |: :.:.:|: ::|:::::::::`>   _  <´ :i:::::| : :| : :{
       |: :.:.:|: ::|:::i:::::::/i´ ‐-、,-‐`〈:::::::|:::::|: : |: : |
    / _`ヽ: |: ::|:::i:/ /  川    } ヽi ::::|: :/: : i
   /   _`ヽ|: ::|:::|  ', /.{__} \ノ   |::::::}: | :::::{
   ,      Y | :::|:::|  </i |。 | i\> /::: : / \|
  /     `ヽノ }::::|:::|   ヽ//  | |/  i:::: :::{.    ヽ
      ノ`i_ノ | : :::|   .// 。 i.」    }:::.:.::|     ',
    /i.    | : :::| >- ヽ  / -< i: :.:::|  l.  ハ
 \  ノ|.    i∧:」.     ∧/    ヽ.:.: :{  |    i
 \ ` /{       \    /    /  ̄.   }  /|



::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.     ようやく理解したぞ。
  !:i冂 冂|:ト::!.    この世の害悪が何であるのか。
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.


853 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:15:04 ID:GPw/sllQ
大仏ならぬお陀仏に・・・


854 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:15:50 ID:OTbo7qoY
早世したわんこさんの方が結果的には良かったのかも・・・。


855 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:15:51 ID:gymM29gI
きついな・・・


857 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:16:48 ID:AswzKNMg


         
           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|       父上は即位のために緯書を利用された。
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|        緯書の中では劉氏の父上だけが
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|       天下を得ることになっており、
            |::ゝi: i│       /:::i:::|
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|       それが父上の即位を正当化していた。
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|       だが、私の代になると……
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     
               |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |       状況はまるで異なる。
                |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |     
                |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|  
                |:::|   |」___| |_|_|/  |::::|


858 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:19:15 ID:AswzKNMg
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵ 
   | 二二二二二二二二二二二二二|  ∵ ∵   
  /.:..:..:..:l..:..:..:..:l:..:..:..:..:..:..:.. ,.:.:.:.:.:.:.:.:\   ∵  ∵   
 ,r'.:..:..:..:..:..:|..:..:..:..:|..:..:へ..:..:/⌒ ..:..:..:..:..\    ∵   
..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.,r':.:.:./      \.:.:.:.:.:.゙ッ   ∵  .  なぜなら 父上の息子はすべて、
l.::.::.::.::.::.::.::.::| ::.::.: ∨:.::/        \:.::∧:゙i  ∵   .
|::.::.::.::.::.::.::::::|.::.::.::.::|:/ ̄ ̄ ̄        ∨::K::|     
|.::.::.::.::.::.::::::::|.::.::.::.::|               ̄∨:|::|       緯書の予言にあてはまってしまうからだ!
|::.::.::.::.::.:::::::::| :.::.::.::TT卞六尓ィ        ∨::|     
| :.::.::. .::::::::::::|.::.::.::.::| | |:i.:.:.:.:i|     h広fr |:.::|     
|.:i .:.::.::.: ,. -|.::.::.::.::| (,り:.:.:.:i}     |i.:.:i| |∧::|      だから いまだ世に不満を持つ者たちは
|.:i .::.::.::.::| ハ|.::.::.::.|′'‐ー      |i.:.:i| ||.::.::|       
|.:i .::.::.::.::| !、|.::.::.::.::|         ′ ‐ー |.::.::|     
| i.::.::.::.::.::\__l.::.::.::.::|                }.:.::|      各地の王の下に賓客として集まり、
|:!:.::.::.::.::.l::::::::::l.::.::.::.::j       -    /:.::.::|     
|.:i:.::.::.::.::l.::::::::::l.::.::.::.::゙i         , ' :::::::.::.::|     
|.:i.::.::.::.::l.:::::::::人::::::.::.::≠  __  <} |:::::::::.::.::|       兄上や劉荊の耳に耳障りのいい
|.:i:.::.::.::.l::::::∨  \::::::.::.::\ |:::::::::::/  |:::::::::.::.::|      言葉を吹き込む……
|.:i:.::.::.::l.::::V     \:::::::.::.::.'‐-<   |:::::::::.::.::|     
| i.::.::.::.l::∨      >- ::_.:::.::.::\  |:::::::::.::.::|       緯書を証拠として!
|:i:.::.::.::l∨          -─- ン、.::.::.::\l:::::::::.::.::|     
|:i.::.::.::∨      ,r'         ゙i.::.::.::.::゙i:::::::.::.::l     
|.i:.::.::∨      /           ゙i.::.::.::.::゙i::::.::.::|


859 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:21:03 ID:AswzKNMg


  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵    ならば私のすべきことは……
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          そうした輩を根絶やしにすること!
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


   こうして始まったのが、

   「楚王劉英の獄」である。


  むしろ事態が大きくなったのは、

  劉英自身が自殺してからだった。


860 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:24:40 ID:gymM29gI
あー、そうなるか


861 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:24:57 ID:AswzKNMg



         洛陽をはじめ、全国の王の賓客、
         それに関係していたもの、

         さらには各地の役人・高官までもが獄に繋がれた。



      ヽ二二二二二/   丶
      /__             |
      |    ひ    |    │
     ノ          |    |
    (;;;)          |    |                          ,〟-──、.
    ヽ           |    ヽ                        ,.、-     '''''' ヽ、
     \_____ノ  \__/                      /。。゚。゚,、-────ヽ
         __|       /  \                      /。゚。。゚ 。|        ヽ
        / ヽ____/   /\                    |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|    
       /| │__丿;;;\_/\_/\ ヽ                  / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      /  ヽ/|ヽ;;;;;;;;;ノ/ \   丶/丶                 ヽ Ll        ,..ヽ |  |
      |   | | /;;;;;|/\─       丶                 | |.        ヽ─  |
      /   | |/;;;;;;;/  >__  /   |                 | レ┐      -二三  |  
      j  | | |;;;;;;;/  /|--┌│ |   │               / |   |           /
      | │ | |;;;;;/  /│ ││ |   │              │ ヽ=へ   ────'''/
     ノ  | │ |;;/  / |___|__| │   |              /   |;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;;;|
     |  |  |__|;;/ /        |   │             |   |;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;;;;;|
     ノ  |  \|/         |    │            /   /;;;;;;;;;/  /;;;;;;;;;;;;|
    /  |              / ̄丶 |          (⌒(⌒ヾヾ/   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   /    ヽ______彡( ̄ ̄ヽ ̄|  |         (  (   |ヾ___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  /\   /;;;;[__];;;;;;;;;;;彡(二二 ││ /          (_(_ノゞゞ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  ゝ\\/ ̄|      ̄ ̄巛(____ノ_/              彡彡 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|
 (Ο Ο)\_ノ         彡彡∠彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡    |;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄/
  ( Ο丿 |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      ヽ/     /
    ̄   |               │                      | /    /


    死刑になるもの、流刑になるもの、合わせて千人以上。

    数千人が牢獄に繋がれた。


862 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:26:17 ID:OTbo7qoY
なんちゅう罰当たりなAAだww


863 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:26:44 ID:t2l6ncJ6
おおお大粛清だ


864 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:27:02 ID:AswzKNMg
        ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
       イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
       ∵  , -'、: : : : :: : : : : `ヽ    ∵    む、これが兄上の陰謀に関与したもののリストか。
       ∵ /  : : : : : : : : : : : ::::: ヽ   ∵     
         ∵ l l: :: : : ::::/ \: : :::::: l         だがリストに載らないものもいるに違いない。
         | |: :::::::/   : \:::::::::| |       
         | |:::::|        |::::: | |
         | |::::|〒〒   〒〒|::::::| |       
         | |: :| ゝノ    ゝノ |::::::| |       
         | |: :|、   _     ,|:::::| |       
          | |: : | \     /|:::::| |     
           | |:::: | | r〕、ー イ、 l: |:::::| |:





    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   イ二二二二二二∞∞∞∞ 二二二二二二イ ∵
  ∵ ::|二二二二二二二二二二二二二二|  ∵∵
 ∵∵ / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}   ∵    リストの人物を拷問にかけ、
. ∵ :: /`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ   ∵
     i:::::::.i:::://      [...-}::::i-ー:::::|::::::::::|
      i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}        次の容疑者のリストをつくるのだ。
     {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i  
     i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}
.     {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
     i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}
     .{:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{
.      {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
.      i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
.       i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
       i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{


865 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:27:50 ID:O8/aufz.
                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ


868 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:30:04 ID:nW0wXtco
曹丕「ね、苛烈でしょ?」

こわいよキョージュ


869 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:31:15 ID:t2l6ncJ6
次の容疑者のリストとか……
なんか雑巾をテッテ的に絞りまくるみたいで怖いなあ


871 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:32:28 ID:.8GQRMfo
大仏様を死なせてしまったことが、かなりのトラウマになったんだろうね


872 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:33:15 ID:hZPdQwzQ
死刑囚減らして、また増やしたのか・・・


873 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:33:56 ID:AswzKNMg
              /  .:./  / .:. /       .: :';::.:.:. ヽ  \
                 /  .:./  / .:. / .:./   .:.::.:::.:.|:::.:.:.│  ',ヽ
             / :/.:./ :./.:.:.:/ .: /| . :.:.:::::j.:::.:.|:::.:.:.│:  }: '
              ,′:/.:.,′:.///|⌒/│. : .:::::,'|⌒ハ :.:. |.:.  l:: |
             j.:.:.l  :.::.: / -=ミ |. :.:.::::/ |.:/  ';:::.:.|::.:.  |:.i|
            i .:.|.:.:.| . :.i: /, ィ尓  !.:.:.:::/ レ示ミ '::: |:::.:. : |:.リ   あ、あのう陛下。
            | .:/|.:.:.|.::.:〃ん//}ハ ハ.::::/ んノ'/ハ ∨|:::.:. jV
            |.::i│/|.: /i{ {∧.::ノ ト、 ∨  {∧::ノ }、}} |:::::.: .ハ
            |.::|:八_|:.;'八弋辷(ノ ヽ─/ 弋ーry ノⅥ:::::.:∧:.',   ちょっとお聞きしたいことが……
.             ∨ .:.:::|:{ハ         } {    ̄   /|::::: ′\:、
           /.:./:.:::|:.::小、      / c 、     厶:!::.;′   \
              /.:./:.::::::|:.:: 乂> _/    \  /,/|::.i
          /.:./:.:::::xヘ:.:::::|∧  丶、 ___.. ,.r< ̄ヽ |::.|
            /.:./:.::/   ::.:::|  \   \/ | ∨   }│:|
.          !.:/:.厂     \{.    \ /凡 /   〉  ノ│:|
.           |/∨      \ }    /∨:トイV   /∨ { │:|
.           | {      ∨   / / /|│l\く /  } |:/   _/`ヽ
             ,>       \\/ 〈 /| |│|\}//    ∨ _/(_...ィ {
          く\      \\. ∨| N. | // /⌒づ´     |/⌒)

                      寒朗(かんろう)
                     
                       侍御史(監察、弾劾の官)
                  





           --¬ー─-- 、
       -‐'´            `丶、
    ∠ -‐7   //               ヽ、
        /  ///    八   !        ハ
.       //  /7ハ   /⌒\ l    ヽ    ト、   陛下はこの度の事件の関係者を、
     //  ///、|  / _,,__ Vl   ト、ト、  |小
      l | l' {/,イi| l/ 'f7TバYハ   l    l l l
      | | l l |:::||/   |::::i::::| } |  |    /  l l   どこまで拷問にかけられるおつもりですか?
      レl,ィ=T ヒメ.__,. -匕扛ト、 |   |    /   l l
        | l {  '} {  U    ! ,l   l  /l |   l l
        | l ト、 /f' ̄}      | l   ム'´  | |   l l  
      l ノ\ >゙ニ´ 、____,/ l ,/    | |   リ


874 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:34:25 ID:59cyoB1g
やったねキョージュちゃん!兵士がふえるよ!


875 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:34:41 ID:t2l6ncJ6
弾劾の官ってことは直接の担当者か
そういう人から尋ねられるくらい苛烈だったんだなあ


876 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:35:27 ID:AswzKNMg

::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.   ん? 該当者がいなくなるまでずっとだが?
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|. 


           --¬ー─-- 、
       -‐'´            `丶、
    ∠ -‐7   //               ヽ、
        /  ///    八   !        ハ     (!)
.       //  /7ハ   /⌒\ l    ヽ    ト、   
     //  ///、|  / _,,__ Vl   ト、ト、  |小
      l | l' {/,イi| l/ 'f7TバYハ   l    l l l
      | | l l |:::||/   |::::i::::| } |  |    /  l l   
      レl,ィ=T ヒメ.__,. -匕扛ト、 |   |    /   l l
        | l {  '} {  U    ! ,l   l  /l |   l l
        | l ト、 /f' ̄}      | l   ム'´  | |   l l  
      l ノ\ >゙ニ´ 、____,/ l ,/    | |   リ


879 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:36:03 ID:hZPdQwzQ
周りに誰もいなくなる?


880 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:36:33 ID:/6jB4LZg
エンドレスに続くぞ


881 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:37:07 ID:AswzKNMg
           --¬ー─-- 、
       -‐'´            `丶、
    ∠ -‐7   //               ヽ、
        /  ///    八   !        ハ       (これはいけません)
.       //  /7ハ   /⌒\ l    ヽ    ト、   
     //  ///、|  / _,,__ Vl   ト、ト、  |小     (誰かが陛下に諫言しないと!)
      l | l' {/,イi| l/ 'f7TバYハ   l    l l l
      | | l l |:::||/   |::::i::::| } |  |    /  l l     (でも私は怖いです!)
      レl,ィ=T ヒメ.__,. -匕扛ト、 |   |    /   l l
        | l {  '} {  U    ! ,l   l  /l |   l l
        | l ト、 /f' ̄}      | l   ム'´  | |   l l  
      l ノ\ >゙ニ´ 、____,/ l ,/    | |   リ



       劉荘は基本的に善意の人である。

      しかし「よかれと思って」行う行為ほど、

      ときに虐殺や殺戮に繋がるものだ。


882 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:37:42 ID:GPw/sllQ
地獄への道は善意で敷き詰められているという奴だな


883 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:38:36 ID:59cyoB1g
>>882
それとはまた別な気がするがw


884 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:40:36 ID:AswzKNMg




         
           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|      ……む、
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|      ひょっとして私はやりすぎているのだろうか?
            |::ゝi: i│       /:::i:::|
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     
               |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |     



        あるとき、劉荘はこの件に関して、そう群臣に尋ねたことがあった。


885 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:40:48 ID:hZPdQwzQ
良いことやってると思ってたら、歯止め利かないよな


886 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:41:07 ID:AswzKNMg


   スマン、二十分ほど休憩取らせて下さい。




888 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:41:47 ID:R//5VzSs
良心の呵責という、自制心が効かないからか。




893 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:44:33 ID:4UN76AHk
キサラギきたー!!

確かに前半英明君主、後半家族問題で疑心暗鬼になって、
粛清しまくりのティベリウスによく似てる。
権力者の陥るひとつのパターンなんかね。



896 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:47:14 ID:Mzj3qclA
まさに「お前の罪を数えろ」だな…。


897 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:50:44 ID:Vanv8yw6
同腹の弟や異腹の兄を失ってきたんだから
野心を親族に吹き込む策謀家たちへの憎しみは深かったろうな・・


898 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:52:19 ID:.1fq9Skg
>>888
自制心が効かないというか自分の行動が正義だと思って突っ走るからだな


899 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:52:33 ID:O8/aufz.
現在の>>1

                       ∧,,∧
                   (・ω・`) ワ~イお茶のむぞ~!!
                   と  つ
         ____     Y ,)~   イソゲ イソゲー
        /     日\    し'ヽ) 三
      /         \
      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||

                ∧,,∧
           ガッ Σ(ω゚´ )
          \  | と  つ
         ____ Y ,)~
        /    <日\ノJ
      /         \
      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||


                 〃⌒ヽフ゛
         ____  /  rノ   シクシクシク。。。
        / :o.;,()__)\ O_)
      / 。:・*゚     \
      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||


900 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:53:22 ID:.8GQRMfo
しかし、その策謀家もバカじゃないだろうし、
野心を焚きつけたとしても勝ち目があるかどうかくらい分かりそうなもんだが


901 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:54:03 ID:Mzj3qclA
よくあるよくある。



904 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:58:33 ID:cqDf3Uhw
>劉荘は基本的に善意の人である。
>しかし「よかれと思って」行う行為ほど、
>ときに虐殺や殺戮に繋がるものだ。

怖いほうのコウブテイ「僕らはずっと友達だ!」



906 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 18:59:18 ID:rdvKOpA2
>>900
野心というよりも、不平不満が動機だから勝算とかは気にしないんだろう


907 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 18:59:34 ID:AswzKNMg
お待たせた!


914 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:01:16 ID:UI8Kzcr2
キタキタ


915 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:03:33 ID:AswzKNMg

        ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )  ……
   l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
   .u-u (   l). (l   ) u-u'
        `u-u'   `u-u'




    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´-ω-) (-ω-`) ∧∧
( ´-ω) U) ( つと ノ(ω-` )   い、いやそんなことはないッス
| U (  ´-) (-`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u     昔はこういう場合九族皆殺しだったけど
     `u-u'. `u-u'         陛下は本人にしか 適用してないし。
                      むしろやさしいッスよ!


   ,. -─一……ミ、____
   ´ ̄ ̄>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...
    ..:.´:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:
   /:/:.:.:./.:.:/.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:ヽ.:.
  /.:.:/.:.:.//.:/ |.:∧.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:∨   (ばかあああああ!)
/´7.:.{:∠ /:/ __j/__j:Vl.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
 _/.:.:/笊} {:/ 笊行えx |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   (誰か反対してくださいよう!)
/ |.:./イ:::/ / んしイ}}V.:.:.:.:|:.:.:. |
 |/ { ン⌒/   {ix:::::ノ八 |.:.:.:.:.l∧:人
  {"" /  {    ゞーく }|.:.:.:.:.|⌒V
_ム_ノ  丶     ""丿|.:.:.:.:.|⌒ }.
  |∧  ^ヽ  ー一 ´ |.:.:.:.l_/:.
  |.:.:.\         /.:.:.:./:.:.∠:
  ',:.:.:.:.:.:ト ..___ ィ  /.:.:.:.:/ ̄  
  \.:.: |       } /.:.:.:/ ̄]ヽ
    \|  仄ヘ ̄_/.:./-─ ┴く.
      //::介「 //: : : : : : : : :



917 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:04:12 ID:nW0wXtco
こういう疑獄の時って反対しづらいよね


918 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:04:48 ID:am8uNlME
ジョースター郷はどこ行った


919 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:05:33 ID:76VizIVY
無能な働き者は合わないし、こういうのなんと呼べば……


920 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:08:00 ID:kaA1Jauo
>>919
自分を省みれる暴君?


921 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:08:51 ID:AswzKNMg


    多くの臣下が劉荘の怒りを恐れ、
    反対意見をさしひかえていた。

   だが、中には空気よまな……
   自分の意見を貫くものもいたのである。


   <楚郡>

   劉英が廃されたため、この地は太守が治めることになっていた。


   このとき太守として赴任して来たのが……


          ヽ\
           ヽ: ``ー- 、
            \: : ,'/: :``ヽ、
             >'" : : : : : : `ー┐
           ,.-'"{  {: : : : : : : : : : :└‐、
        ,.-'": : : :{   {: : : : : : : : : : : : : : \        今、楚王の事件調べてるけど
      ,.-'" ....  /   / : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、      なんかおかしくね?
    ,.-'" : : ::::/: :/ : : : ::/:::イ::  :::: : :|:: : : : : : ヽ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄`7 :::/ : : ::::イ:::/ |::  ::∧:: ト、::し' |:: : \  
       / ::::,' : :::/ゝ≧、|: : /ー'|:,'ヽ::::: : :|:::::: : :ヽ 
        / :::_,' :fX 〈 f : : } |: / T示リ',ヽ::::: : |:::: : : : :
      /'"´ /イ=ニ!|弋_C' |/  { ::::: } |',::: : ト,: r、| ̄
          |fニミr、j     `ー゚_/|',: :|ノ: |   
         ,イ `--{ ヽ、 ,-、  /´   ノ、|!  ̄
        /| \   )、=、>-<|  /Y\ヽ
        /: \ ヽ/}: :\!/:: :::/ヽ/ /: : : \',
       r'/: : : : :`ー7: : : :| |:: :|/: \ /: : : : : : :\_
     /:/: : : :O: ,イ:ヽ: : :| |:: /: : : :/: : : : : : : : : : : :';
     \: : : : / |: : :'; ::| |:/: : : /: `:Tヽ、: : : : : : : :〉

               袁安  「孝廉」にちょっとだけ登場。


922 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:09:44 ID:t2l6ncJ6
おお、意見する人が出てくるのか


923 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:09:46 ID:cqDf3Uhw
>>920

慎み深い暴走屋なんてどうでしょう

924 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:09:52 ID:/6jB4LZg
袁紹、袁術のご先祖キタ!


925 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:14:01 ID:AswzKNMg
>918  樊鯈の親族も疑われてたので、意見できる立場にありませんでした。



           \ー──、 _
           _,.>──  `ヽー,
        ,.-'"´: : : : : : : : : : : : : : :´`ヽ
   ー=ニ二_/ /   : : : : : : : : : : : :\:\__,    なんか疑いが微妙なやつらも捕まってるみたいだし、
        / /: : : : : : :|: : : ::: : : : : : : : :ヽー'"    
      / ::/ ::|_,. (_ ∧::::/::: : : :',:: : : : : ヽ      明白な容疑者以外は釈放するようにって
     _,./ :::|::イ"|: : : ::::/`ー/:|:::: : : : :|::: :: !::: |',     上奏してみよっかー!
    / / : ::|/ ;ヘV: :::::/=≠=、:::::: : : :|::: :: |::: |: ',
 /  ,' : : :: :/f::| V:::/f::::ヽ ヽ::::: : :/::: :: |::: |:: |
〈  =-/ : ::: :;弋ソ V |f:::c:! ∧::: :/ー、::: |::: |:: |
 ',  /,.イ:::::ハ 丶    弋ソ / }:::/´ |::: |:::/ヽ!
  ',    '"ヽ-ゝ、 __    |::/ー'":: へ{
  ヽ     〈T>`==` イT,.|/ ̄ ̄ヾ
    \  |  |   | r、|r"  〉`ー-、



                 _ ,,, . .,,, _
               ,.、;',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.`丶.
              /,;;;;;;;;;;;;;:、- ‐ ' ''= 、;;,.ヽ
           .   ,',;;;;;;;;;;;i'"         ヽ;,.'、
             {,;;;;;;;;;;;;{  _,,;;;;,、    ,,;,、;,.'   おいおいやめてくれよ!
            _l,;;;;;;;;;厂 〃 .__、` ,r' ゙゙`'};;,.j
           . { トヽ;;;;;!   '´ ̄ ` { '=ッ{;<   
           . ヽ.ゞさ;;}      ,.r'_ ,..)、  !;,.   お上の意向に逆らったら
             ヽニY    ,.r' _`;^´!  ,';/   
              ヾ:、    ヾ= 三;〉 /'′    クビチョンパされちゃうよ!
              ノ,;:::\   ` ー" , '   
            ,.、-',;;;{ ヾ:ヽ、 __ ,∠、    
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V

             かずき(仮) 孝廉には挙げられなかったが、
             孝廉になれた袁安の属官になれました。


926 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:14:50 ID:/6jB4LZg
こいつも再登場かよw


929 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:15:27 ID:Vxmuxmv6
じじいも浮かばれるなwww

931 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:15:59 ID:AswzKNMg


     \ー-、
       >: : :`ー─── 、
     / : : : : |: : : : : : : : : : :`ヽ、
    /: : /: : : ∧: : :∧: : : : : __ゝ   そっかー。
  `ー─┤: : イ\|: : |/: : : : : : 〈     
      |: ://f:c V:/f:::cヽ: |: : : ヽ
      |:イ |弋ソ V 弋ソ∧|`j: :_ゝ 
       `ヘ   _,   ,イー'ヾ!
         >┴┴ <|`ヽ、



    /   /  :|   /:::    |:::: \ `ヽ、
   /イ  /   ::| :::::/ V::   ト、:::  ヽ::::::.. \     よし、上奏しよう!
 /-イ   :::;'   ::::| ::/、_ V::  |_,-:::: ::: ';_::::::::ヽ
   /   ::::|  ::::/|/≠ミ`'V:: ,',.≦-::: :::: ',  ̄`ヽ!
   |  :::::|  ::::/ / :r;: |` V: /イ:r;:';ヽ::::::: ';
   |  :::::::| ::::/ |: i::j :|  V  | ij: | ヽ:::::: |
   | ::::::{ | :::/   弋::ソ   , 弋ソ |ヽ::::: |
   | :::::::::`|::/_、      ,-、_,、   ノノ|ヽ: |
   |::::,.イ;,ィ!:::::::> 、   ー─'   ,.イ:;へ:| ';'
   |/  |/└─┬=≧=-r=┬─┘
          ト、   | |! /  |
       _,.-'"  `ヽ、 |{:::}\/`ヽ、





                 _ ,,, . .,,, _
               ,.、;',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.`丶.
              /,;;;;;;;;;;;;;:、- ‐ ' ''= 、;;,.ヽ
           .   ,',;;;;;;;;;;;i'"         ヽ;,.'、
             {,;;;;;;;;;;;;{  _,,;;;;,、    ,,;,、;,.'   オイイイイイイイイ!
            _l,;;;;;;;;;厂 〃 .__、` ,r' ゙゙`'};;,.j
           . { トヽ;;;;;!   '´ ̄ ` { '=ッ{;<  
           . ヽ.ゞさ;;}  U   ,.r'_ ,..)、  !;,.  
             ヽニY    ,.r' _`;^´!  ,';/  
              ヾ:、    ヾ= 三;〉 /'′  
              ノ,;:::\   ` ー" , '   
            ,.、-',;;;{ ヾ:ヽ、 __ ,∠、


932 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:16:37 ID:MKAEDg0s
軽く言ってるけど決死の覚悟だよな


933 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:17:14 ID:kaA1Jauo
袁安マジパネェ


936 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:18:03 ID:AswzKNMg

        rァ-ヘ、、
三二}}二}}}_,-、`ー- 、_〈
       } ヽ二j`ー、`ヽ、                  \
       `,      /`ヽ、        _,.-── 、  |\
        |      {ァ>、    _,.-'"´: : : : :_: : : : : `ヾ、: \
         `ヽ、_,.-'/:: :: | _,.-'"__,.ィ´: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :\
         /|_,.-'":: :: :: :!  ̄  /: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : └,
         \ー':: :: :: ::: :: ::|   /: : : : : : : |: :,イ: : : : : : :イ: : : : : : : : `,     だーいじょーぶだって!
          ヽ:: :: :: :: :: :: !  /: : : : : :,.-=| i |: : : : : : :/ |: : :/: : : : : : :',
           ', :: :: :: :: :: :| /: : ,.イ/,.ィ::| | |: : : : : :/ |: : /: : : :|: : :|: ',
            ヽ:: :: :: :: :: |:イ´/ // :::: | | |: : : : /  |: :/:: : : ::|: : : |: ',    いざというときには
             ヽ:: :: :: :: :ヽ`i ヽ弋Cソ  |: : :/__|::/: : : : /: : : :|\!             オレ一人
              ',:: :: :: :: :: :ヽ      |::/ /示:::T|イ:: : : :/:: : : : !
               ヽ:: :: :: :: :: {  /`ー、    { :::::::' //:: : : /::: : : : |     責任取るからお前らはへーき!
                ',:: :: :: :: :|`く'"   `-、弋Cソノ |:: : /:::: : : : :,'
                |:: :: :: :/: : : :`ー-、  |   ̄ , |:: ,イ::::::::: : :/
               /:: :: : : : : : く:|イi >ー、--'、_|/ノ:::::::::/|/
              /:: :: :: :: :: :: :: :: |::| `r`/:: |



                 _ ,,, . .,,, _
               ,.、;',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.`丶.
              /,;;;;;;;;;;;;;:、- ‐ ' ''= 、;;,.ヽ
           .   ,',;;;;;;;;;;;i'"         ヽ;,.'、
             {,;;;;;;;;;;;;{  _,,;;;;,、    ,,;,、;,.'   それが通用しないからこういう大疑獄に
            _l,;;;;;;;;;厂 〃 .__、` ,r' ゙゙`'};;,.j             なってるんじゃねえかああ!
           . { トヽ;;;;;!   '´ ̄ ` { '=ッ{;<  
           . ヽ.ゞさ;;}  U   ,.r'_ ,..)、  !;,.    やめてくれえええええ!
             ヽニY    ,.r' _`;^´!  ,';/  
              ヾ:、    ヾ= 三;〉 /'′  
              ノ,;:::\   ` ー" , '   
            ,.、-',;;;{ ヾ:ヽ、 __ ,∠、

  
      しかし、袁安は冤罪の疑いありとの上奏を送った。


937 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:19:48 ID:76VizIVY
KY対決の様相をw


938 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:22:46 ID:AswzKNMg

   そして中央でも……


        

             ___
           ´: : :-─: : ⌒丶、_
            /: : /: : : : : : : : : : : : : : \
        ,': : /: : : :./:./|: :/ : {: : : :ヽ ̄
         |: :/: : : :.//丁:| : ∧_j: : : ', 
       /| : /| :: 〃x示|/|: /厶:|: : :.lハ   陛下、仲間の名を白状したものに
        |: :.V/_|: : {_ん ィ} |/ んィ} : :|│
        |: 八{ (|: : 代::::ソヽ-、V::リト: :∧|   その相手の似顔絵と別人の似顔絵を見せたら
        | : : ;ゝヘ: :| U  rノ┐{  j: :,'  
        |/∨:.:/入ト、__/、ノ ゝイ /     違うほうを選びました!
        |: 厶lrヘ〈_>iく乏ト.、 |/   
        |/^ヽ| <イrト\| ∧    
          イ   :| | |:| ゚|:|Ⅵ/ }    
.          l \| | l」 ゚l」 | ハ    


            ついに決意した寒朗が、劉荘に諫言をはじめていた。



               /  .:./  / .:. /       .: :';::.:.:. ヽ  \
                 /  .:./  / .:. / .:./   .:.::.:::.:.|:::.:.:.│  ',ヽ
             / :/.:./ :./.:.:.:/ .: /| . :.:.:::::j.:::.:.|:::.:.:.│:  }: '    陰謀の中心人物の中には、
              ,′:/.:.,′:.///|⌒/│. : .:::::,'|⌒ハ :.:. |.:.  l:: |
             j.:.:.l  :.::.: / -=ミ |. :.:.::::/ |.:/  ';:::.:.|::.:.  |:.i|    無関係の貴賓を巻き込むことで
            i .:.|.:.:.| . :.i: /, ィ尓  !.:.:.:::/ レ示ミ '::: |:::.:. : |:.リ    自分の責任を軽くしよう
            | .:/|.:.:.|.::.:〃ん//}ハ ハ.::::/ んノ'/ハ ∨|:::.:. jV     という者がいます!
            |.::i│/|.: /i{ {∧.::ノ ト、 ∨  {∧::ノ }、}} |:::::.: .ハ    
            |.::|:八_|:.;'八弋辷(ノ ヽ─/ 弋ーry ノⅥ:::::.:∧:.', どうか、これ以上
.             ∨ .:.:::|:{ハ         } {    ̄   /|::::: ′\:、 疑獄を広げられないよう……
           /.:./:.:::|:.::小、      / c 、     厶:!::.;′   \
              /.:./:.::::::|:.:: 乂> _/    \  /,/|::.i
          /.:./:.:::::xヘ:.:::::|∧  丶、 ___.. ,.r< ̄ヽ |::.|
            /.:./:.::/   ::.:::|  \   \/ | ∨   }│:|
.          !.:/:.厂     \{.    \ /凡 /   〉  ノ│:|
.           |/∨      \ }    /∨:トイV   /∨ { │:|


939 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:24:28 ID:NzcMcqpk
おお、勇気を出して頑張った!


940 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:24:59 ID:AswzKNMg

         
           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|   それが本当なら、なぜそれまで
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|   そのことを口にしなかったのだ。
            |::ゝi: i│       /:::i:::|
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|      
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|    誰かの差し金か? 
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     
               |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |     
                |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |     
                |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|  
                |:::|   |」___| |_|_|/  |::::|  

        だが諫言のタイミングが遅かったことで、かえって劉荘の疑念を招く結果となった。


   
::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.      この者を鞭打て。仲間を白状させろ。
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.



942 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:26:25 ID:kaA1Jauo
(ノ∀`) アチャー


943 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:26:26 ID:AT2TiWHg
泥沼だ…



945 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:27:30 ID:AswzKNMg

                    _
             _,  -‐'''´. . . ` ⌒` ー-- 、____,,
         ー==´ァ. . /. . . . . . . .: :: :: :: :マ ̄ ̄ ̄
             ,/ , ':. . . /. /: : : : : : : : 、: :ヽ    
         /,/://: . . ∨ ィ/‐-/|: : : :|: :|: ::'  、 
      _,/ ´_,|// ,: ∨/ :/ | / |  '´| ̄| 、 , :i:ハ   
    iヘ   /´// イ: : / :/,,-|:/、 .|: : ::/|: :ハ: : l: |: ハ     陛下、どうか私の言葉を信じて下さい。
    l 'ヘ ∧: ノ/ ∧: /: //_´_Vi` | : / =|:|、' i: |: |: : | 
    j  '∧ :// /ヘ,i: :l/´i: : : : iヽ | :/ i'´Vヽl|: |: |: : |     この疑獄を止めて下さるなら、
   /   ', ∧/ ハ 〈 l :l |、弋_ノ レ-'v'i´:  ̄jヽ l ||,: :|
   /     i ∧:: : ヽl弋、 U   ノ_  | ヽ- ' ハ:/ハ:|      私は死んでもかまいません。
.  /  , -‐|  ∧: : ∧ハゝ、 __, イ  `入    .,' ノ/j Y
  i /   |   ∨ |: :|>`i 、` ´  >- ,´/ 
  レ'      |     ∧ ∨|__/ ̄ ` =,ー、´  / /  






  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵  ……なぜ、そこまで言えるのだ?
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


946 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:28:07 ID:IJCIa0qI
こいつほんとに名君って呼ばれてんのか?


947 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:29:55 ID:76VizIVY
自分で確かめる性格か、うーむ


949 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:30:39 ID:hZPdQwzQ
無条件で信じれる者が居なくなったからなぁ・・・


950 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:31:04 ID:AswzKNMg


    、     __
    >ー ´     、 `ヽ
  /           \  ヽ
 /'  ̄/  /{  (  、 、ヽ__,ム-
.    /  /∧  ',\ノ\ \ ',  V
   /  / l| V ハ笊丐ミハノ }  }
    | / l | 笊V ヒ以ツ}|/\ /|
    |/{  ! { ヒり⌒{   } |/__ノ/小
   l \|人_} _`ー‐'ノ∧\ 八
       | |>-rr‐≦≠‐トー‐ 





               /  .:./  / .:. /       .: :';::.:.:. ヽ  \
                 /  .:./  / .:. / .:./   .:.::.:::.:.|:::.:.:.│  ',ヽ
             / :/.:./ :./.:.:.:/ .: /| . :.:.:::::j.:::.:.|:::.:.:.│:  }: '
              ,′:/.:.,′:.///|⌒/│. : .:::::,'|⌒ハ :.:. |.:.  l:: |   ……天下に赤眉の大乱が巻き起こり、
             j.:.:.l  :.::.: / -=ミ |. :.:.::::/ |.:/  ';:::.:.|::.:.  |:.i|    
            i .:.|.:.:.| . :.i: /, ィ尓  !.:.:.:::/ レ示ミ '::: |:::.:. : |:.リ   陛下のお父上が世を正すため
            | .:/|.:.:.|.::.:〃ん//}ハ ハ.::::/ んノ'/ハ ∨|:::.:. jV   立ち上がられたとき……
            |.::i│/|.: /i{ {∧.::ノ ト、 ∨  {∧::ノ }、}} |:::::.: .ハ
            |.::|:八_|:.;'八弋辷(ノ ヽ─/ 弋ーry ノⅥ:::::.:∧:.',   まさにその年に、私は生まれました。
.             ∨ .:.:::|:{ハ         } {    ̄   /|::::: ′\:、
           /.:./:.:::|:.::小、      / c 、     厶:!::.;′   \
              /.:./:.::::::|:.:: 乂> _/    \  /,/|::.i
          /.:./:.:::::xヘ:.:::::|∧  丶、 ___.. ,.r< ̄ヽ |::.|
            /.:./:.::/   ::.:::|  \   \/ | ∨   }│:|
.          !.:/:.厂     \{.    \ /凡 /   〉  ノ│:|




952 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:31:41 ID:UoTzyNqo
高官粛正で反乱起きないあたりは名君だなw


953 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:32:38 ID:Mzj3qclA
何か関係者を捕縛する理由を見失っているような…。
尋問、拷問→密告、誣告の循環に終わりが見えないし、劉荘も終わらせる気がないようだ。


954 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:33:41 ID:AswzKNMg

               ヾl
             .||^-,、
           ,-'''~kー'
       .    ,-`ー''.ゝ
          ヽ,,ノソ|l__,_,,     大乱の中で私をもてあました親は、一時、私を雑草の中に投げ捨てたことさえ
            k l.l -.._)
             .(|.lノー'     あったそうです。 それでもわたしは生きながらえました。
           ,/'二,ニミ-
        _-ー-ニ|.|γ
         `'-,ハ.|
      .     ´ |.|
              |.|
           .|.|
             .|.|
           |.|
           |:|
            |:|
             |;|
            |;|
            |;|
            |;|
           |;l
           |;|   -'''' ̄`ヽ_
           |;| / -''' ̄`'_,l
    ,-''' ̄`''l、  ,l,|/,-ー'''' ̄ ̄
   .|,;ー'' , へ_, ノノ/
     `ーl  / ̄ l __,,-''-,,
      ヽ_/_,,,ノ'  ヽ   |
           \_ ヾ ノ


955 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:35:00 ID:am8uNlME
後には悪い結果になったことも全て始まりは善意からだったって言ったエライハゲがいてな


957 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:36:01 ID:AswzKNMg
               /~'~'~'~'ヽ,_
            rーく"'"'"'"ガ〉'"Y,、 ,
          r'"{::::r、ゞ {~'~'~'ア'{, ツイ{
   ,_,_     ,};  }; }; `ヽネイ^> ゞ~{ (
  /イト入    `ー--、}、 く シ}`゙ヨ'"~} ミ{
  { _ 、 }        ケ' イ  ン ヽ、ノ,_>
  |'イ∧ |        ノ ト、フ ~'~'~'~'       だけど、わたしは希望に包まれて育ちました。
  |MMN   __,   ヽじ_ノ_
  ヽ、 ノ  / イ}    )/
    } |   )/    //              なぜなら陛下のお父上が、天下を平定されたからです。
    .|.|  //      //
    || .//      //
   ヽル'/^   ノ//^               私は大人になるにつれ、
     ||    レ'/
     ||    //
     ||.   //                 世の中が少しずつましになって行くのを目にしていたのです。
     ||  //
   __ ||. //__ ノ              全ては、亡きやる夫陛下のお力です。
ー''⌒ ̄|.レ' /⌒`ー'
     { ノ
     //
    //
    /ノ


958 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:37:35 ID:AswzKNMg

             _,  -‐'''´. . . ` ⌒` ー-- 、____,,
         ー==´ァ. . /. . . . . . . .: :: :: :: :マ ̄ ̄ ̄
             ,/ , ':. . . /. /: : : : : : : : 、: :ヽ    
         /,/://: . . ∨ ィ/‐-/|: : : :|: :|: ::'  、     その世の中を、今、ご子息が混乱に
      _,/ ´_,|// ,: ∨/ :/ | / |  '´| ̄| 、 , :i:ハ    陥れようとされています。
    iヘ   /´// イ: : / :/,,-|:/、 .|: : ::/|: :ハ: : l: |: ハ    
    l 'ヘ ∧: ノ/ ∧: /: //_´_Vi` | : / =|:|、' i: |: |: : | 
    j  '∧ :// /ヘ,i: :l/´i: : : : iヽ | :/ i'´Vヽl|: |: |: : |    それを見過ごすわけにはいきません!
   /   ', ∧/ ハ 〈 l :l |、弋_ノ レ-'v'i´:  ̄jヽ l ||,: :|
   /     i ∧:: : ヽl弋、 U   ノ_  | ヽ- ' ハ:/ハ:|      
.  /  , -‐|  ∧: : ∧ハゝ、 __, イ  `入    .,' ノ/j Y
  i /   |   ∨ |: :|>`i 、` ´  >- ,´/ 
  レ'      |     ∧ ∨|__/ ̄ ` =,ー、´  / /


959 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:38:48 ID:NzcMcqpk
これこそ諫言


961 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:39:33 ID:AswzKNMg
::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.      
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.




::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.      ……帰ってよい。
  !:i冂 冂|:ト::!.    
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!. 
  |:| { V7l」 l::|.



  劉荘は寒郎を解放し、

  自問した。


962 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:41:52 ID:AswzKNMg


<翌日、洛陽の牢獄>

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... . . . .  .
,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:. __i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,___,_i,,,,__i,,____i,,,,_ ゙l,,__i,,,___i,,,,__i,,____i,,,,_
__i,,,,__i,,__.:.:.:.:__i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___i,,__.:.:.:.:.__i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,__i,,__
__i,,___i,,;;;`,___i__,.、t ''T丁丁T¬、_i,,,,__i,,___,_i,,,,__i,,__/__i,___,.、t ''T丁丁T¬、_i,,,,__i,,__冫i,,,,__i,,__
::_i,,__,_i,,,,__,.ヘ >'"|´ '| ̄|'`ヾく.`>、i,,___i,,___,_i,,,___i,____,.ヘ >'"|´ '| ̄|'`ヾく.`>、,,,,_ ゙i,,,___l,,___i
i,,___i,,____i,_/ヽ_〉'|_|_|_|_|__ヾ. ヘ__i,,__.:.:.:.:.:. __i,,,,_____/ヽ_〉'|_|_|_|_|__ヾ. ヘi,,,,_:._i,,,___,,i,,__
_i,_____i__' ニ;/ |  |  |  |  |  | Y'ニ,,,,__i,,___,_i,,,,___i,_'ニ;/ |  |  |  |  |  | Y'ニ__i,,,,__i,,,___,
i,,,,__i,,__, 、,_|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i,,,,___,i,,__人_::;i,,,,__i|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,,__i,,____i,,,,_:.
__,i,,__.:.:.:.__i,,__|-‐|_|  |  |  |  |  |[|‐-|_,i,___,,_i_ _i__|-‐|_|  |  |  |  |  |[|‐-|_,,i,,__.:.:.__i,,,___
,,,__i,,____i,,,|-‐|:‡ |_|_|_|_|_|_|‐-|i,,_____i,,___,_i,,,___i,|-‐|:‡ |_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,;;;`,__i,,,,__i,,_
,_i,,,__,,i,,___|-‐| ̄|  |  |  |  |  | |‐-|__i,,____i,,,,__i,,___|-‐| ̄|  |  |  |  |  | |‐-|,,__i,,___,_i,_/_
___i_,,__i,___|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i,,,,_ ゙l,,___,i,,;;;`___i_|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|__i___,,i___i,_
__i____,_i,,__|-‐|  |  |  |  |  |  |[|‐-|_i,,,__i,,___;;i,,,,_:._|-‐|  |  |  |  |  |  |[|‐-|,_:._i,___,,i,,__,i
,,,,__i,,____i,,|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i___i___i,,,,__i,__|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,,___i__,,_i_,,
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニニニiニニiニニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニニiニニiニニニiニニiニニiニニiニニニiニニiニニiニニiニニ


ヽ=@=ノ
_(´∀` )  へ、陛下!なぜこんなところに?
( (y)  )
  |=◎=|
 (_(__)


963 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:43:25 ID:UoTzyNqo
牢番はよく皇帝の顔知ってたな
よく来るのか?w


964 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:43:57 ID:AswzKNMg

         
           ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
          イ二二二二二∞∞∞∞ 二二二イ∵
           ∵ ::|二二二二二二二二二二|  ∵
          ∵:::|    ≫'"´  \ヽ-、〉:|   ∵
          ∵:::|/\/ ̄     --Ⅵー|
            |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
            |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
            |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|    ……容疑者のリーダー格に会いに来た。
            |::ゝi: i│       /:::i:::|
            | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|     
            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|     
             | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|     
              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|     
               |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |     
               |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |     
                |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |     
                |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|  
                |:::|   |」___| |_|_|/  |::::|  





  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵    わたしは何もかも把握しなければ気がすまない。
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵  
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          直接面談して、冤罪の可能性を確かめる。
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |: : : : : :.|,イ> --イ : : : |


965 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:46:09 ID:AswzKNMg
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ヽ丶丶 \ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ヽ ゝヽ丶丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 丶 ヽ ヾ ゞ 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶\
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶. .、 ヽ
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶/,,;;;;/ ,,,...
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ ゝヽ 、ゞ ヾ丶 ゝ/,,,;;;/  册册
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ ゝヽ丶丶 、/___/  _,. 册册
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \  \丶 ヽ \/ /| _,.-r'| | 册册
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \  \丶 ヽ/ / ,..| | | | | | 册册
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\\丶ヽ/'~T.,./|川 j_l,.r-'¨ 卅卅i_,.
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶   /,.T¨il i l l l川__,,... -‐ ¬¨
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.    ,l:lj|川_'¨三.ノ____,,,,,.....................
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j|:il|‐/jlllllllllll/|\ \ ヾ  \
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;"=='-i,jl| jj| ロコ   | ロコヨ ∠二∠ 」
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;". 三三 ' -f,  .i田l|     |目田|
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.;".二二二' -|.,_.j|     |l.l.l l.l.|
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;". -------------' - .,_  j! ニ二|
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.-------------------'' - .,_j|
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.; _______________________________________¬


   劉荘は囚人と面談し、その結果から判断して千人以上を放免とした。

   日照りが続いていたが、この日、雨が降った。


966 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:49:13 ID:TyNRrn/A
一度人間信じられない症候群に罹っちゃうとなあ……しかし劉荘は幸運だった。
ちゃんと諌言してくれる人間が出て来てくれた。


967 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:49:20 ID:zDJVxKQc
>>965
こういうのがあると、
“皇帝の行いが天候に表れる”ってのも納得しそうになっちまうな。


968 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:51:00 ID:AswzKNMg

      .,  -  ´ \
    r ´、        `ー―、
.   /- - `_|、 /|   //i ,  ヽ
   { | 、__/i`} iヽ イ/─イ_ , 入
   | i  |i.コメ-. }ll./H─.T| / ―/
   レ{   |{::|i:::}`i ./ イ::T:T|イ  /  陛下、この度の獄のことですが……
   { .」 .|{:::::ソ i/  {:::!:}/i i /、
.   i 、{ | `´     `´u } リ./
 <  ヽ |ヽ、  _   ノイ./|´
  > _Y. r`- ̄< ´  i/、>
   ̄  レ 人 ノi::i | `ヽ/ |_.>
     /´  >::T::リ \ `i
.    /   フ::介T-ー,ニ、>
   /    ` / ヽ ヽiっ


   馬皇后もまた、冤罪が増大しているだろうことを気に掛けており、
   折を見計らって 劉荘に意見した。
   これにより出獄できた者、罪を軽減された者がさらに増えた。


              /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_;>
             /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.<
            /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
          .'.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
         /.::.::.::.:/::.::.::.::.:.l::.::.::/|::.::.::.::.::.::.::|::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ:.::.::.:.
           /.::.::.::.:/:.::.::.::.::.::.|\/  V::.::.::.::.::.∧::.|/::.::. |:::.::.::.::.:',:.::.::.',
        /::.::.::.::/:.::.::.::.::.::./j::/ \ V::.::.::.::/ X:|ハ::.::. |:::.::.::.::.::.;:.::.::.:,
.       /.::.::.::.:/::.::.::.::.::.::/ノ笊えx\V::.::.://,ィf爪ヽ:::.|:::.::.::.::.: |::.::.::.:,
.        /.::.::.::.:/::.::.::.:::::::イ∨〃:::::.ヽ Ⅵ:/  〃::::::ハ∨ト、:::.::.::.|::.::.::.::,
    . 厶-‐''7.::.::.:::::/ | j!{:::::///]  ∨  {///::::::}j! | \::.:: !::.::.::.::!
          /.::.:::::/:ゝ.__!  ゝ )辷ツ   ,   弋辷(ノ  |___,ハ::.:|::.::.::.::|
         .::.:/|:.::::/|人  ⌒ヽ    _       八:::::.:|::.:l\::.::.|
        {/  |/ ノ-‐:Y   } { ̄   }    ∠:::」\:|∨  \j
                  /: ;>-|   ,、 ゝ   ノ_  r<,__
                /⌒   |   ∧ 丁下 丁八 }∧: : : : ヽ
          /,  |   _|_,厶ハ八.|∨   ∨: :∧: l : : |
           { {   |  (___ ,ノ ヽl /   / \/: :l : : |

   そして袁安の上奏もこのとき劉荘の目に留まり、
   家族ぐるみで容疑者となっていたもの、四百家以上が
   許されたという。


969 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:52:36 ID:AT2TiWHg
素直な所がやっぱり名君ってことだな


970 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:53:02 ID:am8uNlME
一旦極端な路線に走った人間は元に戻ることが難しくなる。
諫言を聞き入れて自己反省をしたってだけで名君って呼んでいいと思う


971 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:53:03 ID:AswzKNMg


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ 
二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵ 
   | 二二二二二二二二二二二二二|  ∵ ∵   
  /.:..:..:..:l..:..:..:..:l:..:..:..:..:..:..:.. ,.:.:.:.:.:.:.:.:\   ∵  ∵   
 ,r'.:..:..:..:..:..:|..:..:..:..:|..:..:へ..:..:/⌒ ..:..:..:..:..\    ∵   
..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.,r':.:.:./      \.:.:.:.:.:.゙ッ   ∵  .
l.::.::.::.::.::.::.::.::| ::.::.: ∨:.::/        \:.::∧:゙i  ∵   .
|::.::.::.::.::.::.::::::|.::.::.::.::|:/ ̄ ̄ ̄        ∨::K::|       雨か……
|.::.::.::.::.::.::::::::|.::.::.::.::|               ̄∨:|::|     
|::.::.::.::.::.:::::::::| :.::.::.::TT卞六尓ィ        ∨::|     
| :.::.::. .::::::::::::|.::.::.::.::| | |:i.:.:.:.:i|     h広fr |:.::|     
|.:i .:.::.::.: ,. -|.::.::.::.::| (,り:.:.:.:i}     |i.:.:i| |∧::|     
|.:i .::.::.::.::| ハ|.::.::.::.|′'‐ー      |i.:.:i| ||.::.::|     
|.:i .::.::.::.::| !、|.::.::.::.::|         ′ ‐ー |.::.::|     
| i.::.::.::.::.::\__l.::.::.::.::|                }.:.::|     
|:!:.::.::.::.::.l::::::::::l.::.::.::.::j       -    /:.::.::|     
|.:i:.::.::.::.::l.::::::::::l.::.::.::.::゙i         , ' :::::::.::.::|     
|.:i.::.::.::.::l.:::::::::人::::::.::.::≠  __  <} |:::::::::.::.::|     
|.:i:.::.::.::.l::::::∨  \::::::.::.::\ |:::::::::::/  |:::::::::.::.::|     
|.:i:.::.::.::l.::::V     \:::::::.::.::.'‐-<   |:::::::::.::.::|     
| i.::.::.::.l::∨      >- ::_.:::.::.::\  |:::::::::.::.::|     
|:i:.::.::.::l∨          -─- ン、.::.::.::\l:::::::::.::.::|     
|:i.::.::.::∨      ,r'         ゙i.::.::.::.::゙i:::::::.::.::l     
|.i:.::.::∨      /           ゙i.::.::.::.::゙i::::.::.::|     
                               


  こうして楚王の獄は終結。

 すべての冤罪者が助かったわけではないが、
 とにかく「聞き入れる」ことのできる人格だったこと、
 それが劉荘の皇帝としての道を救ったと言えよう。


972 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:53:10 ID:UI8Kzcr2
(´;ω;`)


973 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:53:48 ID:6HtdhBBw
悪しき言説を素直に受け止めて実行しちゃうのが暗君、
理のある言説を素直に受け止めて実行するのが名君か。


974 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:55:15 ID:zDJVxKQc
皇帝も一人で政治やってるわけじゃないんだよなぁ


975 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 19:56:28 ID:.8GQRMfo
まあ、やる夫と陰麗華の人柄を考えると、子供時代は兄弟仲良くしてたろうし、
それを失った悲しみの深さも考慮しないとな


976 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 19:58:13 ID:AswzKNMg





     このわずか四年後、永平十八年(西暦七十五年)
    に劉荘は世を去る。
  

                              
  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                 
 イ二二二二二二二二∞∞∞∞∞∞二二二二二二イ∵                
 ∵  ∵   | 二二二二二二二二二二二二二|   ∵∵   
 ∵  ∵ /::::::::/::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ∵  ∵         
 ∵  ∵/::::::::::::/::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ∵  ∵         
∵  ∵::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::/:::/::::::::::::::::::. : ´ヽ::::::::ヽ  ∵ ∵        
    :/::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::/:::::::::::. : ´     ヽ: ヽ  ∵
    :|::::::::::::::::::|::::::::::::::::::/::/::::::::: : ´       ヽ::::l. 
    :l::::::::::::::::::|::::::::::::::::/ /"´´ ̄`    ´ ̄` l. ::l.
    l:::::::::::::::::::|::::::::::::::::|  ___   ´ ___イl
    |:::::::::::::::::::|::::::::::::///示::T| 丶  /示::T| !.::.!
    l::::::::::::::::::l::::::::::: |   { :::::'::::|     { :::::'::::| }.::::|  
    !::::::::::::::::::l|:::::::::::人  { :::C:ソ     { :::C:ソ::}::::!  
    l:::::::::::::::l: l |,:::::::::|,::|         ,    l::...l    
    l:::::::::::::::l: l |,:::::::'|:::|             .l::::.::! 
    l:::::::::::::::l: l  |,::::::'|:::|           ノ ::l:::::l:
    l:::::::::::::::l: l  |,::::',|: :|丶.       `.  イ  !:::::! 
    l:::::::::::::::l: l   |,::::'|:::|   ` ーァ ´ヽ:.    l:::::::l 
    l:::::::::::::::l: l/  |,::::'|:::|             !:::::! 
    l:::::::::::::/≦ ̄::ヽ|,::::|::|             l:::::l 
    l:::::::::::/     l |',/:              /
    l:::::::::/     ヽ


     四十八歳の若さだった。


   現代日本の歴史家は、この皇帝を「反省的な理性の賢君」と評している。


979 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:00:07 ID:fXfSyY0A
治世十八年か・・・早いなぁ。


980 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:00:19 ID:/6jB4LZg
これでも後漢皇帝の中では長生きなんだぜ。

983 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:00:39 ID:AswzKNMg


::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.     なにやら疲れたな。
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!.     久しぶりに、あそこへ行ってみるか……
  |:| { V7l」 l::|. 



  「それ」は洛陽城の南宮にあったとされる。


  そこにはやる夫と共に戦った二十八人の臣下の姿が
  描かれていたという。


984 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:02:38 ID:AswzKNMg









   「雲台」と呼ばれるその建造物は、
   宮殿の一種だったらしいが、
   具体的にどのような外観をしていたかは記録に残っていない。


985 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:04:23 ID:OTbo7qoY
>>979
後漢劉氏の短命ぶりはジョースター家もびっくりだしな・・・


986 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:04:38 ID:AswzKNMg
 


                                                   _
                                                       /| r`l
                                                    |::|└:|
                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー~「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'~<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,;.;:: .:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡







雲台も、洛陽城そのものも、すでに存在しない。



  二千年の歳月に洗われて、

   現代では わずかな城跡を残すのみである。


987 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:05:50 ID:NzcMcqpk
すべては歴史の彼方に・・・


988 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:06:59 ID:AswzKNMg


  だが、後漢王朝の名は
  
  人々の脳裏に刻まれ、

  語り継がれている。


  史上唯一、前王朝の名の下に
 
  統一を成し遂げた、

  類稀なる皇帝の名と共に……


989 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:09:18 ID:AswzKNMg

                    ________
                      _ ´::::::::::::::::::::二二ヽ:::::\__
                    ,. ´::::::::::::::::二二ニ丶::::::::::::::::::::\          
              /::ニ:::::::::::::::二二ニニ丶:::::::::::::::::::::::::ヽ          
                  ///::::::::::一=ニニ:::::::::::::::::::::::::::::\:::::ハ     
              /::/:::::::::―一=ニニ::::::::::::::::::::、::::ヽ::::::::!::::::|     オイ、後漢の。
            _,/::::::ニ二:::::::::::::::::::二二ニ=::::::::::|:::::::|:::::::|::::八     
          /{:;:イ:X⌒ヾニ::::::::::=ニ二二::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::::::ハ    
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}    また囲碁でも打とうや。
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{    
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}    
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――  ヾ:::::::::::::.::/    
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/

  

                宋の太祖



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   お断りだお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/    アンタすぐに碁盤壊すんだもん。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


991 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:10:11 ID:.8GQRMfo
センチな気分に浸っていたら、誰が出てきたのかと思ったwww

993 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:10:40 ID:MKAEDg0s
酔って泥酔してたら皇帝になってた人だw

995 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:11:17 ID:b/sZ1zgk
>>989
文治で知られた趙匡胤なのにwwwwww

997 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:11:37 ID:AswzKNMg

             , ---- 、_
           /彡 xミミ三_ミ 、
          /彡彡,ノ/ `__-、゙ミ}、           つれねえなあッ。
          {,ィ彡<、}l´{oノ.ノ¨`}))、___
           {K〔_o!j´`ー ´ ,.イノ /`l \  ̄`ー   じゃあ前漢の景帝とでも
           `‐T メ(r_,-'  ./i _ノ/. : !   \ x┐
              `t-、,r'ニ- { ,/ /. : :.|!   ./ .|    打つかァッ。
             ,イ`ト、`´ >'´./ : : : ||   /  j
           // {: : :. ̄ァ<_ : : : :|:|     /
          / /. | : : : /、__/.:`ヽ_」:|    /
         /  /.   l\ /.::| ト、: : : : |    /




         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /       え、ちょ、景帝?
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /     アカン アカン! あいつはあかんてっ!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \



999 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:12:37 ID:AswzKNMg







       らめえええええええっ!


              ∩                     _  ∩  _
            i |                      j j  .i |  :! !
  i、        i |         ,,i      ____,ノノ   i |  `、丶__
  | !       __i |__       ! !     ´、,,,,-‐'´     i |     `‐--、,,,,ゝ
  | 二ニニニ---- : : ----ニニニ二, {    __,,,,,,--------' --------、,,,,,__
   ! |          i |          | i     `''''''''''~~~~ ̄ ̄i | ̄ ̄~~~~''''''''''"
   !, !       i |       ,! !        _,,,..---─'__`‐----、_
   丶,------‐;二 二;;‐-----"ノ      /,-''''" ̄ ̄   ̄ ̄'''‐‐‐;ヽ
     '''" ̄ ̄  i |   ̄ ̄''''"       i {    _,,,,,,,,..---------┘i
            i |                 | }    /, '''''''''~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
            i |                 } |   ( (__
            i |             i' |   `‐-ニ;;-、___
            i |             i, |       ~`'''‐`ニ;;-、.._
              ∪               ∪               ~'''''‐‐、ン

  ∩     ,,-‐'二二;;‐、_      ∩    ∩         ∩
.   i└''''ニゝ j i´ ___. `i .i ∠''''''┘!    { {        .} ,ニニニ二二二ゝ
.   i | ̄   i .ニ-----ニ !    ̄`! {     `i {______,,-‐'└------、__
.   i |    || ,、_  ,,,_ ||    | |.     ~''''''''''''''''''''''''''i. i''''''''''''''''''''''''''''''~
.   i 二ニゝ | | ,! !.-、! !.|| '、ニ二. !      _,,--------' `──‐-----、
.   i |    || ! i ̄^! }. ||    | |     ,;',,'" ̄ ̄ ̄ ̄i. i ̄ ̄ ̄ ̄~""~
.   i |    || ! i  | i ! |    | |     i {  ∩     `‐ニニ二二ニヽ、
  `└---.; || i└‐┘; ! ! 、---┘,'     ! }  i |    ∩       `i !
   ~''''^~~ ∪   ̄ ̄ ∪ ~^^'''~       ! !  i |     .i |      ∩   } !
   _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,---------、,,,,,,,,,,,,,,,,,,_     | !  i |     .i |     i ;'  } }
  `‐‐‐‐‐‐┐i''''''''''''''''''''!┌‐‐‐‐‐‐"     } i.   i |     .i .ニニニニン  |{
        .ノ,ノ      i '、            | |   ! i   ||           } !
   ,,,,--‐',ノ         `、`‐--、,,,      ∪   !_`'‐─┘`──‐--.、 ∪
   `''''' ̄           ̄~'''''"           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^'"


                やる夫が光武帝になるようです    終幕




36 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:29:29 ID:2NqUitgU
乙でした
景帝、碁でなにやらかしたんだろう?

41 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:31:43 ID:rdvKOpA2
>>36
皇太子時代に、呉の太子と碁のルールでケンカになって、
激昂して相手に碁盤叩きつけて殺した。

呉王は嘆き悲しんで出仕を拒否。
後に景帝が即位すると反乱を起こす。呉楚七国の乱。

48 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:35:07 ID:59cyoB1g
>>41
趙匡胤の武勇を考えればむしろ景帝の方が危ないけど、スーパー怪力皇帝大戦になりかねんなw


133 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 21:04:57 ID:/phmOpxQ
登場人物

☆=新しく登場した人物
★=今回で退場した人物
●=既に退場した勢力、人物

【やる夫の一族】
★ 劉秀(りゅうしゅう)やる夫=やる夫           光武帝、漢王朝の一族
★ 陰麗華(いんれいか)=長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)  皇后、陰氏の娘
★ 劉荘(りゅうそう)=大道雅(GA 芸術科アートデザインクラス) やる夫の第四子(母陰麗華) 皇太子、後の明帝
馬皇后=野崎奈三子(GA 芸術家アートデザインクラス)  劉荘の妃、馬援の末娘
● 郭聖通(かくせいつう)=姫(怪物王女)       やる夫の妻、中山王太后
★ 劉彊(りゅうきょう)=やる夫幼少時AA       やる夫の第一子(母郭聖通)  東海王
             リリエンタール(かしこい犬リリエンタール)
★ 郭況(かくきょう)=フランドル(怪物王女)      郭聖通の弟
劉黄(りゅうこう)=草笛みつ(ローゼンメイデン)  やる夫の一番上の姉
☆★ 劉荊=オルタナティブ・ゼロ(仮面ライダー龍騎)  劉荘の同腹の弟、山陽王
☆ 劉蒼=レイトン教授(レイトン教授シリーズ)     劉荘の同腹の弟、東平王
● 來歙(らいきゅう)=やらない夫          やる夫の親戚、南陽の豪族
● 劉嘉(りゅうか)=セイバー(Fate)         漢王朝の一族、來歙の義弟
           邪神セイバー(出来損ないの中国製フィギュア)
● 晨(とうしん)=桜田ジュン(ローゼンメイデン) やる夫の姉(劉元)の夫、南陽の大豪族
劉伯姫(りゅうはくき)=柿崎めぐ(ローゼンメイデン) やる夫の妹、李通の妻
● 李通(りつう)=キバヤシ(MMR)         南陽の大豪族、劉伯姫の夫
★ 陰識(いんしょく)=キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)    陰麗華の兄
許夫人=松本梢江(グラップラー刃牙)        やる夫の妻
★ 劉英(りゅうえい)=大仏       やる夫の第三子(母許夫人) ある宗教を信仰したことで有名
● 劉良(りゅうりょう)=やる夫派生キャラ(名前不明) やる夫や伯升の叔父
● 劉終(りゅうしゅう)=橋本崇載(将棋棋士)    春陵郷の一族
● 劉伯升(りゅうはくしょう)=ディオ・ブランドー(ジョジョの奇妙な冒険)やる夫の兄、反乱軍のリーダー
● 劉元(りゅうげん)=水銀橙(ローゼンメイデン)  やる夫の姉
● 樊嫺都(はんかんと)=ヒカルの母(ヒカルの碁) やる夫の母
● 劉仲(りゅうちゅう)=荒巻スカルチノフ       やる夫の兄
● 真紅(仮名)=真紅(ローゼンメイデン)      劉元と晨の娘
● 雀(仮名)=金糸雀(ローゼンメイデン)     劉元と晨の娘
● 翠(仮名)=翠星石(ローゼンメイデン)     劉元と晨の娘
● 來やらない子(仮名)=やらない子         來歙の妹、劉嘉の妻
● 劉稷(りゅうしょく)=ヴァニラ・アイス(クリーム)(ジョジョの奇妙な冒険) 春陵郷の一族
☆ 樊鯈(はんちゅう)=ジョースター卿(ジョジョの奇妙な冒険) やる夫の従兄弟


134 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 21:06:07 ID:/phmOpxQ
【やる夫の配下(1)】
★ 禹(とうう)=涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)    雲台二十八将 一位
             哈爾濱(北京五輪紹介パンフレット)
● 呉漢(ごかん)=海馬瀬人(遊☆戯☆王)        雲台二十八将 二位
● 賈復(かふく)=烈海王(グラップラー刃牙)      雲台二十八将 三位
★ 耿弇(こうえん)=赤木しげる(アカギ 闇に降り立った天才)   雲台二十八将 四位
● 寇恂(こうじゅん)=至郎田正影(魔人探偵脳噛ネウロ) 雲台二十八将 五位
● 岑彭(しんほう)=阿部高和(くそみそテクニック)   雲台二十八将 六位
● 馮異(ふうい)=泉こなた(らき☆すた)         雲台二十八将 七位
● 朱祐(しゅゆう)=クマー           雲台二十八将 八位  やる夫・伯升とは、幼なじみ
● 祭遵(さいじゅん)=シモンちゃん (下妻市公式Webサイトより) 雲台二十八将 九位
            蝶野攻爵、パピヨン(武装錬金)
● 景丹(けいたん)=星野仙一(野球解説者)       雲台二十八将 十位
● 蓋延(こうえん)=虹村億泰(ジョジョの奇妙な冒険)  雲台二十八将 十一位
● 銚期(ちょうき)=松尾鯛雄(魁!!男塾)          雲台二十八将 十二位
● 耿純(こうじゅん)=新城直衛 (皇国の守護者)     雲台二十八将 十三位
★ 臧宮 (ぞうきゅう)=道下正樹(くそみそテクニック)  雲台二十八将 十四位
★ 馬武(ばぶ)=のまネコ                  雲台二十八将 十五位
★ 劉隆(りゅうりゅう)=糸色望(さよなら絶望先生)   雲台二十八将 十六位
★ 馬成(ばせい)=高原美奈子(Theガッツ!)        雲台二十八将 十七位
● 王梁(おうりょう)=朝比奈みくる(涼宮ハルヒの憂鬱) 雲台二十八将 十八位
● 陳俊(ちんしゅん)=ツベ(ねじ式)            雲台二十八将 十九位
● 杜茂(とも)=吉川(GA 芸術科アートデザインクラス)  雲台二十八将 二十位
● 傅俊(ふしゅん)=広瀬康一(ジョジョの奇妙な冒険)  雲台二十八将 二十一位
● 堅鐔(けんたん)=海原雄山(美味しんぼ)       雲台二十八将 二十ニ位
★ 王覇(おうは)=坂田銀時(銀魂)            雲台二十八将 二十三位
● 任光(じんこう)=保坂(みなみけ)           雲台二十八将 二十四位
● 李忠(りちゅう)=伊頭鬼作(鬼作)           雲台二十八将 二十五位
● 萬脩(ばんしゅう)=宮藤芳佳(ストライクウィッチーズ)雲台二十八将 二十六位
● 邳彤(ひとう)=ジャムおじさん(アンパンマン)     雲台二十八将 二十七位
● 劉植(りゅうしょく)=高田社長(ジャパネ○トたか○の社長)雲台二十八将 二十八位


135 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 21:06:39 ID:/phmOpxQ
【やる夫の配下(2)】
● 馬援(ばえん)=井之頭五郎(孤独のグルメ)
耿舒(こうじょ)=東横桃子(咲-Saki-)     耿弇の弟
● 王常(おうじょう)=ラスカル(あらいぐまラスカル)
● 耿況(こうきょう)=黒沢(最強伝説 黒沢)   北方の辺境、幽州上谷郡の太守
卓茂(たくも)=ガーゴイル(吉永さん家のガーゴイル)
宋弘(そうこう)=松下由樹(女優)
● 桓譚(かんたん)=平沢唯(けいおん!)
王遵(おうじゅん)=マーク・パンサー(globeのラップの人)
● 朱浮(しゅふ)=藤木茂(ちびまる子ちゃん)
● 伏隆(ふくりゅう)=トンファーパーマン    伏湛(未登場)の息子
● 孫咸(そんかん)=キュアパインの後姿(フレッシュプリキュア!)
★ 竇融(とうゆう)=編集長(バクマン。)
★ 班彪(はんぴょう)=槐(ローゼンメイデン)
董宣(とうせん)=ヨハネ・クラウザーII世(デトロイト・メタル・シティ)
★ 梁松(りょうしょう)=中井巧朗(バクマン。)
☆ 班固(はんこ)=南鮮石【ローゼンメイデンのニダー化】 (朝鮮メイデン) 班彪の子供
☆ 班超(はんちょう)=範馬勇次郎(グラップラー刃牙)   班彪の子供
☆ 王景(おうけい)=野田ミキ(GA 芸術科アートデザインクラス)古代中国史に名を輝かせる治水の天才
☆ 寒朗(かんろう)=山口如月(GA 芸術科アートデザインクラス)

その他の勢力、人物
● 【公孫述】
● 公孫述(こうそんじゅつ)=できる夫        益州、蜀郡地方の実力者
● 公孫述の妻=銀(DARKER THAN BLACK 黒の契約者)
● 延岑(えんしん)=でっていう            各地を転戦する不屈の武将
● 田戎(でんじゅう)=池田華菜(咲-Saki-)
● 趙匡(ちょうきょう)=tanashinn
● 王元(おうげん)=山下達郎(歌手)

●【隗囂】
● 隗囂(かいごう)=小岩井よつば(よつばと!)  西方(涼州)の大豪族
● 行巡(こうじゅん)=aiko(歌手)

●【盧芳】
● 盧芳(ろほう)=雪華綺晶(ローゼンメイデン) 漢の皇族&匈奴王の血族を自称する并州北部の群雄
● 賈覧(からん)=ヴィネガー・ドッピオ(ジョジョの奇妙な冒険)

● [反乱軍、更始帝]
● 劉玄(りゅうげん)=野比のび太(ドラえもん)    更始帝、漢王朝の一族
● 朱鮪(しゅい)=ちゅるやさん(にょろーん ちゅるやさん)
● 李軼(りいつ)=いくお                 李通の従兄弟 
● 王匡(おうきょう)=流石兄弟
● 王鳳(おうほう)=流石兄弟
● 陳牧(ちんぼく)=やるえもん
● 張卬(ちょうごう)=アナゴさん(サザエさん)
● 李松(りしょう)=名前不明のやる夫派生キャラ   李軼、李通の従弟
● 申屠建(しんとけん)=バックベアード (アメリカの妖怪の一種。水木しげるの創作)
● 謝躬(しゃきゅう)=ロールパンナ(それいけ!アンパンマン)更始帝が河北に派遣した将軍
● 趙萌(ちょうぼう)=坪内地丹(かってに改蔵)    更始帝(劉玄)の義父
● 奉(とうほう)=オプーナ               晨の甥


136 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 21:07:01 ID:/phmOpxQ
● [新]
● 王莽(おうもう)=一条三位(水戸黄門)       『新』王朝の皇帝
● 王邑(おうゆう)=坂ノ上おじゃる丸(おじゃる丸)  『新』王朝の№2 王莽の従弟
● 荘尤(そうゆう)=藤原左為 (ヒカルの碁)     『新』王朝の将軍
● 王匡(おうきょう)=塔矢アキラ(ヒカルの碁)    王莽の親族
● 王尋(おうじん)=岩倉具視 卿(歴史上の人物AA) 『新』王朝の大司徒
● 廉丹(れんたん)=菊亭左大臣(水戸黄門)     『新』王朝の将軍
● 甄阜(しんふ)=ハートマン軍曹(フルメタル・ジャケット)『新』王朝南陽の前隊大夫(太守)
● 梁丘賜(りょうきゅうし)=サウザーの手下(北斗の拳) 『新』王朝南陽の屬正(都尉)
● 揚雄(ようゆう)=山中さわ子(けいおん!)
● 劉歆(りゅうきん)=唯の部屋にあったぬいぐるみ?(けいおん!)

● [赤眉軍]
● 樊崇(はんすう)=日下部みさお(らき☆すた)   「赤眉の乱」の指導者
● 逢安(ほうあん)=峰岸あやの(らき☆すた)
● 徐宣(じょせん)=黒井ななこ(らき☆すた)
● 劉盆子(りゅうぼんし)=天子(コードギアス 反逆のルルーシュ)
● 劉恭(りゅうきょう)=蒼星石(ローゼンメイデン)  更始帝の侍中、劉盆子の兄
● 謝禄(しゃろく)=小神あきら(らき☆すた)     赤眉軍の幹部
● 董憲(とうけん)=柊つかさ(らき☆すた)      元赤眉軍の幹部
● 廖湛(りょうたん)=do夫

● [劉子輿]
● 劉子輿(りゅうしよ)=白ボン(ボンバーマンシリーズ)  自称皇族の血縁者
● 劉林(りゅうりん)=高橋名人(ファミコン名人、ハドソン社員) 趙王の末裔
● 李育(りいく)=ロードランナー(ロードランナー)   劉子輿政権の大司馬(軍事のトップ)
● 倪宏(げいこう)=松永久秀(信長の野望シリーズ)   劉子輿政権の将軍

● [彭寵]
● 彭寵(ほうちょう)=伊藤誠(School Days)     北方の辺境、幽州漁陽の太守
● 彭寵の兵=桂言葉(School Days)
● 子密(しみつ)=秋山澪(けいおん!)        彭寵の奴隷

● [劉永]
● 劉永(りゅうえい)=BUTCHさん(iphone行列で話題になった人) 元・梁王の子
● 劉紆(りゅうう)=あいぼん(加護亜依)       劉永の息子
 
● [張歩、蘇茂]
● 張歩(ちょうほ)=鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)
● 張藍(ちょうらん)=芙蓉楓(SHUFFLE!)       張歩の弟
● 費邑(ひゆう)=宮崎都(BAMBOO BLADE)    張歩の大将軍
● 重異(じゅうい)=我妻由乃(未来日記)    張歩が帰属させた盗賊集団の元・首領
● 蘇茂(そも)=富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)

● [秦豊]
● 秦豊(しんぽう)=さくら友蔵(ちびまる子ちゃん) 荊州南部の群雄、楚の黎王を自称
● 秦豊の娘=さくらももこ(ちびまる子ちゃん)     延岑に嫁ぐ
● 張成(ちょうせい)=レオパルドン(キン肉マン)

● [徴姉妹]
● 徴側(チュン・チャク)=ナージャ・アップルフィールド(明日のナージャ)
● 徴弐(チュン・ニ)=ローズマリー(明日のナージャ)


137 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 21:07:54 ID:/phmOpxQ
【所属不明、小勢力、チョイ役】
『凌遅刑』店員=竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)
● 文官A=マンモスマン(キン肉マン)
● どこかの郡太守・高官=実装石(ふたば☆ちゃんねる)
● 謁者A=ラオウ(北斗の拳)
● 邳彤の妻早苗(仮)=古河 早苗(CLANNAD)
● 龐萌(ほうぼう)=ナギ(かんなぎ)
● 劉嬰(りゅうえい)=AAなし(墓の中)        前漢最後の実質的皇帝
● 劉楊(りゅうよう)=ドラキュラ(怪物くん)      冀州の元真定王
● 劉崇(りゅうすう)=骨川スネ夫(ドラえもん)    
● 李宝(りほう)=ガラハド(ロマンシング サ・ガ)   劉嘉の配下
● 呂母(りょぼ)=エンヤ婆(ジョジョの奇妙な冒険)
● 朱浮の妻=田井中律(けいおん!)
● 烏珠留若提単于(うしゅりゅうじゃくていぜんう)=高町なのは(魔法少女リリカルなのは)
● 監査役の役人=ハート(北斗の拳)
● 南陽の官憲=ピーポ君(警視庁のマスコットキャラクター)
● 劉平=ジャン・ピエール・ポルナレフ(ジョジョの奇妙な冒険)
● 更始帝の使者=中村紀洋(プロ野球選手)
● 盗賊A=[切腹]興毅(プロボクサー)
● 盗賊B=二岡智宏(プロ野球選手)
● 李季=ナワヤ(MMR)
● 巨無覇(きょむは)=和田アキ子(芸能人)     身長2.3メートルにも及ぶ巨人
● 紳々(しんしん)=島田伸助(芸能人)        新王朝の雑兵A
● 竜々(ろんろん)=シャオロン(中日ドラゴンズキャラクター)新王朝の雑兵B
● 捕虜A=永沢君男(ちびまる子ちゃん)
● 呂尚=太公望(封神演義)
● 韓信=ミギー(寄生獣)
● 楽毅=ゆの(ひだまりスケッチ)
● 孫武=緋村剣心(るろうに剣心)
● カナ(仮名)=金糸雀の改造AA           やる夫の姉、劉黄の蒼頭(奴隷)
おじじ(仮名)=柴崎元治(ローゼンメイデン)
かずき(仮名)=えなりかずき(芸能人)
袁安 =友兼(GA 芸術科アートデザインクラス)   官吏、後漢時代の名族袁氏の始祖
● 孔子=ゼットン(ウルトラマンシリーズ)
● 玄宗皇帝=ルパン三世(ルパン三世)
劉保=小早川ゆたか(らき☆すた)          順帝、後漢の第8代皇帝
宦官A 曹騰(そうとう)=岩崎みなみ(らき☆すた)
孫程(そんてい)=仮面ライダーBLACK RX(仮面ライダーBLACK RX)
● ある王様=上条当麻(とある魔術の禁書目録)
● 捕虜A=御坂美琴(とある魔術の禁書目録)
● 橋川時雄博士=琴吹紬(けいおん!)
● 王府の下人A=真鍋和(けいおん!)
● 下人B=中野梓(けいおん!)
馬援の親族A=三遊亭円楽(落語家)
馬援の親族B=ウマクマー
☆ 皇后=藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)
☆ 芝(とうし)=
☆ 劉英の食客=ディオの取り巻き(ジョジョの奇妙な冒険)
☆ 郵便屋A=鳩山邦夫(政治家)
☆ 高名な儒学者A=平丸一也(バクマン。)
☆ 宋の太祖=花山薫(グラップラー刃牙)
☆ 唐の太宗=ラインハルト・フォン・ローエングラム(銀河英雄伝説)


138 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 21:08:12 ID:/phmOpxQ
【解説・進行役】
ブローノ・ブチャラティ(ジョジョの奇妙な冒険)
ナランチャ・ギルガ(ジョジョの奇妙な冒険)

【ミニ幕間、特別編】
始皇帝=大ちゃんの改造AA             中国を統一した始めての皇帝
高祖=ちよちゃんのパパ(あずまんが大王)    やる夫の先祖、漢の初代皇帝
劉元(りゅうげん)=水銀橙(ローゼンメイデン)  やる夫の姉、本編退場後ミニ幕間に登場
司馬遷(しばせん)=夜神月(デスノート)     『史記』の作者
班昭(はんしょう)=薔薇水晶(ローゼンメイデン) 中国史上初の女性歴史家、班彪の子供
曹操(そうそう)=ルルーシュ・ランペルージ(コードギアス 反逆のルルーシュ)
国淵(こくえん)=ジェレミア・ゴットバルト(コードギアス 反逆のルルーシュ)
彭越(ほうえつ)=タンノくん(南国少年パプワくん)
武帝(ぶてい)=シャルル・ジ・ブリタニア(コードギアス 反逆のルルーシュ)
湖南文山=パトリシア=マーティン(らき☆すた) 「通俗三国志」の訳者
称好軒徽庵(ショウコウケンキアン)=田村ひより(らきすた) 「通俗東漢紀事」の作者
蘇献(そけん)=ジャギ(北斗の拳)      中国の小説「全漢志伝」の登場人物(架空の人物)
厳光(げんこう)=柊かがみ(らき☆すた) 「全漢志伝」の登場人物。史実では、隠者として名を馳せた
范曄(はんよう)=シックス(魔人探偵脳噛ネウロ)  『後漢書』の作者の一人


139 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 21:10:55 ID:/phmOpxQ
遅くなりましたが、>>1さん本当に乙でした。
さて、最後の人物表だが・・・
スンマセン、芝だけわからねーw
誰か補足よろしくです。




146 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/11(日) 22:03:49 ID:uJIXiTd2

      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ. 
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.    人物表の方、
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|   これまで本当にお疲れ様でした!
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!| 
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l    スマン、芝は声優の平野綾なんだ。
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ
.     |. ヽ   `ニ´  / 
     」、 ヽ、_/        わかりにくいAAで申し訳ない。
   イ´|  ヽ、__」 ヽ 
             




   ((      エピソードやキャラは、
  '´ /ニ゙ヽ   省いたものがいっぱいあったりします。
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   ただでさえボリュームが膨らみすぎたからねー


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/8-83f84e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。