やる夫が光武帝になるようです 参考文献

ここでは、「やる夫が光武帝になるようです 参考文献」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:20:00 ID:AswzKNMg

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\       ギリギリ〆れたお……
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }


            参考文献とか、後で書いときます。

            雑談とか、ご自由にどうぞ。
18 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:23:48 ID:AswzKNMg


      <二代目サミット>


::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    色々苦労が多いですね二代目は。
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.     きょうだいと骨肉の争いを演じたり……
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!.     
  |:| { V7l」 l::|. 


          ,f"                            ゙l:、
          ,f"          ヒ,,__;:-'" ノ 〃          小 ゙l:、
          { i /ノ (   〃   、_,,,二ブ     }, , i       |小 .,}
          i; y/   ゞ    彡 ),/,ィ',イ,/   ノ,ノ,|; i;      :l | |l,i'    フン、実の兄と弟を殺すなど
          7 ,;f 〃ゝミ三彡,ノ,;イf ゙v' (/〃'彡'彡ッ'゙いミ:、 :i   ヘツ
          ,{ ;{  ,,  _,;f"ー-ニ,,,__  い'''" ̄"__,;:=-‐'''''i; :| ミ:、 :トァ     恥ずべき行いだなッ。
         ..゙i、 {  ,i',i'.,k" -─モ・ナ=ミヽミヾゝ::-=ニモ・テ'ーァ''ソ人 い ゙li
           `'ン { レl小     ̄    ゙ `  `  ̄ "  ̄ノ,ト、 l i ,ノ
            '{ :、V、゙:|{゙i         l ::.         ,;{ソノl ツ,ノ
            ゙i、l、 ゙ヾi゙l;          l ::::..       ,i'ィ'" ム'"
             `:ゝ、 ゙ミi        、 ,,;::''      /f'{ il(,
               ,ソノ ,∧    ...._____..____.....    /〃) )i
               (:i| :;i _l゙、     .,,,__,,,...     /|〃〃'"
                ゙i|ヘ,,ニ| `:、          ,r'":l ミL_
                 ,f '、,,  ゙ヽ、     _,,r''"_,,;-'二l''"
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__          j_,f゙''-ニー-ミニ====ニ彡'''":-''"l |        ______
   __,ィ''''" ̄ヽ          ,} ,i`i ,r'二`''ー:、`Y",;='ニ二ミ、 f''"i      ./ ゙̄'''=;zL___
 ̄ ̄ ゙li   _,,,L---r‐r--f"ゝ{. ゙ナ'"  `) | | .l| f"  イ、_j.l^;>-ニr:,,,∠,,,,,,__   )
     'li_;;<     i、 i、 ゙ヽ、゙ヽ、,,,,__,,.ノ .l . | :| ゙-,,_,,ニ=''"ノ ̄ フ,ノ─  _,,>、 /
'''""l" ̄l  、゙''ー-:;,,_  ゙i、゙i、  ゙ヽ、 ミ-ー'"j :| .l゙''ー-;ァ ,/   ノノ_,,ニ-''"  >゙'iー┬‐┬─
. 彡| 彡|  \    ゙''ー-ミ_ヽ   ゙ヽ ゙ヽ,r''",,='=、ヾ、,r' ,r'"_,,:ニ-ー" ̄   _,,,r''"  ト 1  1

                 唐の太宗


::┏━┳┳━┓
  /::/::::::::::::::ヽ.    
  |:/‐ ‐∨!::l.     
  !:i冂 冂|:ト::!.     おまえがいうな。
  |:ト.._-_..ィ|:|'::! 
  !::r{j介/,'/:::!.     
  |:| { V7l」 l::|.

25 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:25:58 ID:R6DpWh9I
確かに2代目は兄の息子殺したり兄弟殺したり・・・
宿命かなあ ほかにも候補がいるわけだしその中で維持するためには


26 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:26:00 ID:OTbo7qoY
李世民ww貴様が言うかww


28 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:27:07 ID:.8GQRMfo
光武帝が名君だったのは知ってたけど、
こうしてみると、色々と苦労してたのね

33 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:28:23 ID:b/sZ1zgk
エピローグで二十八将達の名場面を眺めながらエンドロールとかちょっぴり期待したんだけど。


34 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:28:26 ID:H/wsXn8E
大河ドラマみたいで良かった。


35 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:28:45 ID:fXfSyY0A
名場面のない二十八将もいるしぃ(ぉ



54 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/10(土) 20:39:14 ID:AswzKNMg

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   いやー最終回にして最大の長丁場だった!
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ   例によって最後二時間くらいは書き溜めまったくナシ!
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´      余裕ないことこの上なかったねー
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ



    ィ´三ヽ
    l:Y´ノノ):l     参考文献は全然まとめられてねーので
  _ト、 ゚ロ゚ノ-‐r、
 ー'─'/`iニlヽi¨ ̄   後日投下します。乙っした!
    /二フ¨l
   /_/〉___〉


68 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:47:59 ID:ifPKQw6o
異民族系の皇帝もサミットに参加可能なのかw
魏・呉・蜀はどの皇帝に参加資格があるのか気になって仕方がない


70 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 20:52:30 ID:b/sZ1zgk
>>68
まあ、曹氏・司馬氏ってトコロじゃないの?

102 :名無しのやる夫だお:2010/04/10(土) 22:47:33 ID:OWKHEIiE
仕事でつらいとき、このスレの劉やる夫の振舞いをみて
志を思い出すことができました。
ありがとうございます。
個人的にはこのへんが印象に残って何度も読み返しました。
・私情を抑えて更始帝に兄の反乱を詫びたところ
・朱鮪の降伏シーン
・大樹将軍の名前の由来のエピソード

109 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 00:37:15 ID:rc5SFZjU
長いこと乙でした>1氏

陰麗華と郭聖通のキャラが秀逸でした。特に郭聖通。
従来のイメージだと高慢お嬢様で劉秀も劉楊の助力を得るため仕方なく娶ったって感じだったけど
だったら劉楊を粛清した時に皇后廃してるだろうし、(男子だけで)5人も子供作らないもんなぁ。
皇后廃した後も功臣引き連れて実家に押しかけて宴会やったりしてるし。

何だかんだで郭聖通のことも愛してたんだろうなぁ。
陰麗華が一番だったってだけで。

147 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/11(日) 22:08:37 ID:uJIXiTd2

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   とりあえず、参考文献第一弾として図書の部を。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '     なお、全部に目を通したわけではなく、
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Y       必要な部分だけ参考にしてる。
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


148 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/11(日) 22:09:17 ID:uJIXiTd2





後漢書 / 范曄 ; 李賢 ;著 吉川忠夫訓注

全譯後漢書 /范曄 ;司馬彪: 李賢 著 渡邉義浩, 岡本秀夫, 池田雅典等編

続国訳漢文大成 : 経子史部 ; 第3巻 / 国民文庫刊行会編





中国古代農民叛乱の研究 / 木村正雄著

漢代社会経済史研究 / 宇都宮清吉著

中国古代の社会と黄河 / 濱川栄著




王莽 : 儒家の理想に憑かれた男 / 東晋次著


149 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/11(日) 22:10:05 ID:uJIXiTd2


中国古代の歴史家たち / 福井重雅編

後漢政治史の研究 / 狩野直禎著

後漢時代の政治と社会 / 東晋次著




通俗二十一史/称好軒徽庵著 早稲田大学編輯部編


中国歴史小説研究 / 小松謙著




漢代官吏登用制度の研究 / 福井重雅著


後漢国家の支配と儒教 / 渡邉義浩著
中国古代皇帝祭祀の研究 / 金子修一著


ベトナムの歴史 : ベトナム中学校歴史教科書 / 伊藤悦子, 小川有子, 坪井未来子訳

宦官 : 側近政治の構造 / 三田村泰助著

153 :名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 23:54:19 ID:DhJGFN4s
本当に乙でした!グーグルマップで地形見ながら行軍を想像したのは良い思い出。
また中国史にはまってしまいそうだ…。


154 :名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 00:09:39 ID:7U4p.5Hg
家にある魏晋南北朝のほんの参考文献と大体かぶってるな。当たり前かw

165 :名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 21:57:46 ID:w2kjtYFo
せっかく班超が登場したんだから、オーガが西域で暴れまくる番外編をやってほしい・・・


166 :名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 22:01:05 ID:9X6kS1wQ
節子、それもう番外編ちゃう


167 :名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 22:15:49 ID:zoaeQA5w
個人的にはDIOとラスカルの
断金の交わりを結ぶ仲に至った件を見てみたいってのがあるw

某キッチンの次作&前々作的な意味でw

238 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:20:58 ID:TDIIH5N.


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   参考文献・論文の部。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ   主に大学関係の学術雑誌に掲載されてたものです。
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´            上段がタイトル
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_         中段が執筆者
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\        下段が掲載雑誌とその巻号。、もしくは掲載された図書。
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ         『   』付きが図書です。


239 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:21:17 ID:TDIIH5N.

   王莽政権末期・赤眉の乱関連

  

                                          _____
     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|                    \:.:.:.:.:.:.:.> - ‐ ‐ ‐- 、
      .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|                     >.:.:.´:..    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
      |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|                   ,..:.'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...   .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
     |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi                 /.:.:./.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./.:,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi                'ー/.:.:.:.:.:.::::/.:.:.:.:.:.:/.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
    ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi                /.:.:./.:::::::/.:.:.:.:.∨.:/ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ヽ
    ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ∥              /.:.:.:.:/.:.::::::::/.:.:.://X   ,'.:.::.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ :.:.:.:.:i::.:.:.∧
   ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|     .         ー--イ.:.::::::::::,'.:.:; '    \i.:.:.::::.:.:.:.:.:./.:.::;イ:.:.:... ;    ',
    ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|                 /.::::::::/|.:./        !.:::::.:.:.:.:.:,イ.:.::/ |:.:.:.:.:.,':..     i
   ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l                ,'::::::,イ::::::|イ  \    |::::.:.:.:./7ーrー-|--:./.:.:.:.:..  .;
    ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l               /i:::;イ::Y.::::::/    \   |:::.:/ //  .|.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./
     `卅ヾi : : : .::: :  _,ィェェェュ、 :i ::i               '´ |//:::,'::::::/  ̄ ̄ ̄   j/       |.:/.:.:.:.::.:.:.|:./
     ' 'ヾ| ', : : .::: i 〈-‐‐rー, i i .:/                 //|.:::八 :::::::           ___ j/:..:.:.:::.:.:..j/
       ヽヽ: : ::: i ヽzェェェュリ :! /             __/´ ̄_) 、 |.::::::∧   ___       \     /.:.:.:.:::::::::.:.:|
       ,、.|: :ヽ: ::.. ヽ ヽニ二ノ  /             /_: :`: . 、  )ノ |:.::;:'.j/\ i´‘′`ヽ     \ /.:.:.:::::::;イ:.:.:;'
      /i |ノ: : : ヽ: :.        /        .     /_: :`: : 、: :\)'r|.:/ / :¨`r_>、   ,!  ::::::::::: , ':.:::::::/|::|.::/
      /:ヽ\: : : : .`゙ー- 、..,,,,,,...ノ |\,,_        ,.ノ‐ 、`: :、: :\: :ヽj/ / : : /‐- 、` ¨i´‐rー--‐/.:::::::/_,ノ:.:|/
   _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_    .  /    \: :\: :ヽ/.' / : : /    .>'´: : :`ヽ/::.:::::;:イ:::/ヽ:::.:.|
 ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、/        ヽ: : ヽ/: :i i : : ;'   /: : :;-r‐r=r-<´ |:/   \|
"´、  `ー-::、::::::ヽ \: : .: ./ /::::::::::::::ノ |    ./        \/|: : | | : :i   /: : : :/____ノ
                                      イ !: : | | : :|./: : : :/´: : : : : : : : : :`ヽ


240 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:22:00 ID:TDIIH5N.





王莽の奴婢政策と赤眉の乱
藤家 禮之助
東海大学紀要. 文学部 22,



 赤眉の賊と漢城陽景王祠との関係 
志田不動麿 
 歴史教育 五-六、


漢代私有地における小作者と奴隷の問題
宇都宮清吉
東洋史研究 1-1


両漢交替期「豪族反乱集団」再攷
 小嶋 茂稔
東京学芸大学紀要. 第3部門, 社会科学 56号


王莽滅亡の原因について 
土屋紀義著
中国史における社会と民衆 : 増淵竜夫先生退官記念論集 /汲古書院


241 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:22:28 ID:TDIIH5N.



   やる夫の政策関連

  

                                                            ⑪
                                                            .|:|
                                                ___.        |:|
 ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                                 /   ヽ      ,|:|
イ二二∞∞∞∞ 二イ             ___         ミヽη   / -  ー  ヽ    ,r'つ、
  / (●) (●)              ,r'" ∞   ゙ヽ ))       \ \  (●) (● ) i   / Eシ
  i   (__人_).i              i'ヽ   ./⌒}            .\/\i(_.人__)  .| /ヽ/ |:|
.  \___`⌒´ノ              {::::}  ./::::::::/            /  .| `⌒´    / .. ヽ. .|:|
   / ,  ゙ヽノ⌒ヽ              ヽ{⌒{::;;;/           {   ヽ,_ __/      ヽ|:|
   |  :i.  / ̄7 !                ̄ ̄  シ          }    i ヽノ         ノ|:|
  ノ  ノ二/_と)|                                   ノ    i     イ      ;/ |:|
  \ノ     (ノ                             .  (      !      |ヽ    / |:|
   ソ ̄   _ゝ      ().                  .().     ヽ、_ノ        i ヽ_/.  |:|
.   ソー.    _ゝ      ∥       ______     ∥            |      |:     .|」
   ソー     _ゝ            , ‐ " ̄ /\ ゙゙̄ ‐ 、                ..|      |
  ソ_______ゝ        ,r"    /   \    ゙ヽ、            |      |
   <ノ   ヽ>          /___/____\____゙;.,           |      |
            .().    ,'\  /         \   /',     ()   |____.|
            ∥    {:  X             .X  :}    ∥    ノ_ノ ノ_ノ
                  ',/  \         /  \,'
                    ヘ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄/  ̄ ̄7
                     へ、.   \    /    ,r"
                .()    ゙ - 。,_ _ \/ __.。.‐"    ()
                ∥         ̄ ̄ ̄ ̄        ∥


242 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:23:02 ID:TDIIH5N.




後漢光武帝期における皇后交替の背景について
西川 春華
大正大学大学院研究論集 20



後漢光武帝と図讖
平 秀道
龍谷大学論集 379


光武帝の軍備縮小と其の影響
浜口重国
『秦漢隋唐史の研究 上巻』 東京大学出版会


243 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:23:36 ID:TDIIH5N.

            桓譚関連



             /: : !: : : !: :|: : : : :ヽ: : : : : : : :ハ 
               / : : :|: : : ト: i\: : : : :ヽ: : : : |: : ハ  
            /'|: : : :l: :イ:| `|_ヽ:ミ:ヽ、:ヽ: : :l: : : ハ 
             |: :_l_:.i: :|'| ィ豺 } |: :l : : |'ヽ: : : : : : ヽ
  __    .      ノ!: :.{: :l、:|.  `" ノ从: : :!ハ.}: : : l:.|: |ヾ、 
   ノ ゥ ヽ  \  ´ !: : l:豸`    ´ {: : l : | /:!: : :.l: : :!
       \ 〈     i: :.ヾ}`      |: : : :.|: : l: : : |: : |
   _r、    ヽ、.`''_‐__-:_从 __ャュ   |l: : l :|: : |: : /: :, 'ヽ、
   ヽ、\fヽ.        l: 、: :ヽ、`   ,ィ!: :/:.|ヽ:、-" ̄   }
   //ヽ/二ニ}     ヾ: ヾ: 、ヽ-< |:/|'`x"        |
.  〃  {', ‐''"~ }       /,从:、:从:_:〉 /       '´ ̄ i、
     /  z‐‐ヽ   /  i!  |∧_ ,/    ,  ‐       }



後漢書桓譚伝について
辺士名 朝邦
西南学院大学国際文化論集 6(1)





桓譚の生卒年について
辺土名 朝邦
活水日文 22


244 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:23:59 ID:TDIIH5N.


桓譚における文学と音楽--反伝統主義的立場
辺土名 朝邦
西南学院大学国際文化論集 11(1)



桓譚の形神論について
辺土名 朝邦
西南学院大学国際文化論集 9(2)



桓譚の政治思想
辺士名 朝邦
西南学院大学国際文化論集 6(1)


桓譚の自然観
辺土名 朝邦
西南学院大学国際文化論集 13(1)


245 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:24:25 ID:TDIIH5N.


                  徴姉妹関連


                 i───i
               _∑|二二二|__      へ/ヽ     
               'ヽi´(((!´゙リ))    ゝ#〃⌒⌒ヽ  
               \J リ.゚ ヮ゚ノリ    く#〈 ノノヾ、彡  
                \>  < )\     ||ノ|.゚ ∀゚ノ|       
        _,ィ'''ー-、,_ _,,,.-‐/  .ノ (,,,)i、,,_   . ⊂)!>oく!つ       
      ,.-''"     ::.`'゙!;::. :: ..: :.     ` .   く/_|」  ,,__     
      ,r',..    . :: ,   .::`'ヽ;:. ::. ..      ::. :..  ..:: ::.::...:`'''ー--、
    /- ..: .   :.. ;! :  . :. ゙i:.         .   .  :.::.  .:  
    ノ:"''..:-、  . .::/  . . :. :゙l: .:.      .: : :.  ..: ..:::.      
  /:..  ャ-ァ::.. :::/   ;  ':; . l...    ..     .  :  :.      
  (,:     ´   :l:.  :   :' ノ::..        ..:: .. .:. ::.. .:     .. ::.  ..:!
.  i:   ::.. r  ,::..!;;,__:':. .;;'r':::..:..       .: .. ::: .. .:: ..:::   ..  :.. .:  .:
  ノ:.  .::ノ  ,r''"`'i:::: `ヾ;'.. :. .:::.:.. ..     .:. ..:::. .:: ::: :..::.    :.  .: ..   ::
  !:.  i",r''"7   l:.. :. ヽ;:.. ..ヽ;:. :.     .:/:::: :..:: .: :..:::!;:: .     .:   :
  i:. . :.ゞ ノ    l::  :  :..ヽ;;:..:::l:.:    .: ./:. :: .::. : :: . .:ヽ:.    .:   ::l
.,ノ゙!;.. ,ノ ,.イ     l:    .::/`'ヾl::.    .::./:、; ::. :. ..:: .. .:. ::.l::..       .:!
`"´,!',/ ..:l,       l:    .:/   l:     .:i'''"`''i-、;;,_::. .. .::::,'ヽ;:.:.   . .::/


徴姉妹の反乱 
後藤均平
『中国古代史研究 』 中国古代史研究会編 吉川弘文館


246 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:24:57 ID:TDIIH5N.

         宦官関連




     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|    
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |    
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|



     宦官おぼえ書
    橋川時雄
   文芸春秋 昭和三十四年十二月号


247 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 19:36:18 ID:ZGqcUqWI
1さんには、光文帝劉淵や劉曜
さらに、マイナーな宋の劉裕もやってほしいと思った。


248 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:36:25 ID:TDIIH5N.




    明帝関連

   




  ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ      
 イ二  ∞∞∞∞∞∞二二イ∵     
:∵::::  : : : l: : : :/ ヽ ヽヽ    ∵   
∵ /: : : :: l:./_   _!: i    ∵
  l:::::::::::::::l ┯┯  ┯┯i          
  |:: : :::::::::l  じ   :じ :!i
  |: : : : : :.|   _   イ :l
  |: : : : : :.ト>-  _rf  i
  |:┌‐―'‐―-、.,、_、‐'`´ ̄ ̄ ̄|        
    | 文通入門  雍正帝・著|        
   |_    :    |        |        
  (,_)     ::    |     (_)


249 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:36:48 ID:TDIIH5N.


前漢後期から後漢時代の史書編纂事情の変化について: 明帝期における史書私撰の禁を中心に
中西 大輔
学習院史学 45


後漢・明帝の治世策について--光武十王列伝を中心にして
藤田 忠
集刊東洋学 92



白虎観会議前夜--後漢讖緯学の受容と展開
富谷 至
史林 63(6)


王景の治水について 
佐藤武敏
『中国水利史論集 : 佐藤博士還暦記念 』/ 中国水利史研究会 編 国書刊行会


250 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 19:37:09 ID:TDIIH5N.



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    コピーを取っておいたはずが、 
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!    どこに行ったか判らない論文もあったので、
 ik:l::::i:.| U  | .l:::l    これで全部ではないが、まあ九割くらいはカバーしてるはず。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

258 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 20:37:18 ID:bHtcdU5g
なんで塚本の名前がないのん?


259 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 20:58:40 ID:TDIIH5N.
 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   1は通勤途中に出身大学があったので
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ   卒業生の身分で図書館を活用させてもらいました。
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´      文学部に力を入れてる大学の図書館なら、      
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_   ある程度、上記の雑誌、図書は揃ってるかも。       
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\        
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


260 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 20:59:57 ID:TDIIH5N.
 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!  塚本光武帝はまだ一巻の序盤しか読んでなかったりします。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ  
    | `ー  ̄ , '     宮城谷光武帝と同時進行で読み進めるのも面白いかもしれん。
  ,,rへ、_ ` 〔´     
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_      
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\        
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


261 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 21:06:28 ID:nNayzqSw
あれ? 中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期 は挙げないの?

266 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/17(土) 23:27:09 ID:TDIIH5N.
 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   やべっ!  それ忘れてた! 指摘サンクス!>261
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!  
 ik:l::::i:.| U    | .
 `ー-、」    '  i_ノ   
    | `ー  ̄ , '     
  ,,rへ、_ ` 〔´     
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_      
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\        
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


         地図   



     中国歴史地図集 秦・西漢・東漢時期 / 譚其驤主編 地図出版社


     この時代の地名・位置関係を調べるのに非常に役に立った資料。

     ただし簡体字なのでけっこう見づらい。

271 :五代 ◆L4aLKGihrM:2010/04/18(日) 11:54:58 ID:62HZ2XCM
>>1様、>>270
台湾(曉園出版社)から出てるやつなら繁体字で見やすいですよ。

当方、【唐末】やる夫が黒鴉の軍勢を率いるようです【五代十国】というスレをやっている者です。
今後史実のエピソードを紹介するにあたり光武帝スレの登場人物を出演させたいのですが、
ご許可いただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。


272 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/18(日) 13:51:46 ID:8.WJa/hw
>271

.
 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   なるほど台湾版……ご教授感謝。いつか手に入れたい。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ  
    | `ー  ̄ , '     当スレの登場人物はいくらでも使って頂いて結構です。というか嬉しい。
  ,,rへ、_ ` 〔´     
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_      つーか、そもそも 既存のキャラを借りてるわけですし、許可もなにも。
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\        
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


273 :五代 ◆L4aLKGihrM:2010/04/18(日) 17:20:16 ID:62HZ2XCM
一応言っておくのが筋かと思いましたので。
ともかく快諾して頂きましてありがとうございました!


274 :1 ◆r.lduuWrXE:2010/04/18(日) 17:36:05 ID:8.WJa/hw

      / ニYニヽ
    /(ト)(心) __人_
     弋cソ弋cソ  ..`Y´
   /   ⌒`´⌒\        とうとうこの俺が
 /    ,-)   (-、\
 |      l  __  l |     他スレに進出かっていう……
 \     \  /  /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.




    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ    
   イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵
    ∵∵|  | /, -、, -、l     ∵    いや 僕でしょ!
    ∵  | _| -|○ | ○||     
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}      
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ      
    | ̄ ̄|/ (_ ∪ ̄ / 、 \    
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |    
      `- ´ |       | _|

186 :名無しのやる夫だお:2010/04/13(火) 21:59:57 ID:M5QZytWc
○「打金磚」以外の、やる夫の京劇とかTV出演作

「斬経堂」
シャチョ呉漢が仲間に加わる話。呉漢の妻・王蘭英が王莽の娘というのでひと悶着。
史実だと王莽の娘は平帝に嫁いだ王氏、王曄、王捷なので妾腹の子かな?
オチはシャチョらしいオチです。かな~しみの~。

「取洛陽」
洛陽を守る新王朝の武将・蘇献(架空の人物)と戦う話。史実だとここで戦ったのはちゅるや朱鮪。
いつもどおりハルヒ禹の噛ませぶりが秀逸。主役は馬武。

「白蟒台」
白蟒台に立てこもる王莽を二十八将の力を合わせて倒す話。史実だと王莽さん、実は
やる夫とは面識すらないけど。

「漢光武大帝」中華名将録さんのレビュー。小説で学ぶ世界史と中国歴史さんの所にOP掲載
中国で放映してるシャチョ呉漢とやる夫が、陰麗華をめぐる恋愛TVドラマ。王莽らしい人もたまに出て来て
徘徊してるものの、かなりどうでもいい扱い。凄い徘徊老もいたものだ。

「幻の王女チャミョンゴ」
2009年の韓国SBSにて放送、日本ではKNTVにて放送予定の韓流ドラマ。
四十六章「事業再構築」で出て来た”楽浪郡(現在の平壌)の豪族が絶賛反乱中”の韓国視点の話。
やる夫の日本初ドラマ出演は、どうやらこれのチョイ役になりそうな予感。


187 :名無しのやる夫だお:2010/04/13(火) 23:26:25 ID:D/v8TJCo
呉漢て向こうで結構人気者なんだな


管理註釈:当方もビジュアル関係のとか提供

「続・中国任侠伝」(陳舜臣・文春文庫)に馬援主役の短編「伏波将軍まかりとおる」収録

「絵で見る中国の歴史〈第2巻〉秦の統一から漢の時代」原書房/キョウ 延明 (編集), 新倉 健 (翻訳)

「クローズアップ 中国五千年〈第2~3巻〉」世界文化社/陳 舜臣, 立間 祥介, 平山 郁夫, 守屋 洋(編集)
*項羽と劉邦、三国志の間にぽつんと書かれてるけど(T▽T)。

「歴史群像 2010年 06月号」学研

「武器と防具〈中国編〉 (Truth In Fantasy)」新紀元社/篠田 耕一 (著)

「平成二十年度(54) 代表作時代小説」光文社/日本文藝家協会 (著)
「オール讀物」2月号(文藝春秋)
*田中芳樹氏が劉秀の長安留学時代を書いた短編小説「燭怪」が掲載。
妖怪を追うより「桃娘(タオニャン)」を追う話にしてもらった方が良かったです。

「中国帝王図」講談社文庫/田中 芳樹 (著), 井上 祐美子 (著), 狩野 あざみ (著), 赤坂 好美 (著), 皇 名月 (著)





註釈の参考にしたのは以下の書籍です。
要約だけで読破はしとりません・・・。

「三国志軍事ガイド」篠田耕一/新紀元社

「中国古代の学術と政治-秦漢的方士与儒生」顧頡剛/小倉芳彦/大修館書店

「中国医学の起源」山田慶兒/岩波書店

「本草と夢と錬金術と-物質的想像力の現象学」山田慶兒/朝日新聞社

「中国医学の歴史」傅維康,編/川井正久,他訳/東洋学術出版社

「漢方の歴史-中国・日本の伝統医学」小曽戸洋/大修館書店

「風水探源-中国風水の歴史と実際」何暁/三浦國雄,監訳/宮崎順子/人文書院

「中国文明の形成」藪内清/岩波書店

「中国の科学と文明-8巻機械工学上」ニーダム/思索社

「中国の科学と文明-9巻機械工学下」ニーダム/思索社

「中国の科学と文明-10巻土木工学」ニーダム/思索社

「中国の科学と文明-11巻航海技術」ニーダム/思索社

「漢字の話(上)/藤堂明保/朝日選書

「ファーストエンペラーの遺産-中国の歴史03」鶴間和幸/講談社

「中国古代の政治と社会」越智重明/中国書店

「中国古代社会論」渡辺信一郎/青木書店

「アジアの歴史と文化1中国史-古代」永田英正,編/同朋社出版/

「楽戸-中国・伝統音楽文化の担い手」項陽/好並隆司/解放出版社

「死者の棲む楽園-古代中国の死生観」伊藤清司/角川書店

「漢代の文物」林巳奈夫/京都大学人文科学研究所

「楽浪-漢文化の残像」駒井和愛/中公新書

「中国古代の祭礼と歌謡」M・グラネ/内田智雄/平凡社-東洋文庫

「木簡・竹簡の語る中国古代-書記の文化史」冨谷至/岩波書店

「中国古代書簡集」佐藤武敏/講談社学術文庫

「古書通例-中国文献学入門」余嘉錫/古勝隆一,他/平凡社東洋文庫

「秦漢儒教の研究」斎木哲郎/汲古書院

「儒教成立史の研究」板野長八/岩波書店

「漢代の豪族社会と国家」五井直弘/名著刊行会

「五胡十六国-中国史上の民族大移動」三崎良章/東方書店

「戦国秦漢時代の都市と国家-考古学と文献史学からのアプローチ/江村治樹/白帝社/2005

「中国古代の社会と黄河-早稲田大学学術叢書」濱川栄/早稲田大学出版部

「司馬遷論攷」新田幸治/雄山閣出版

「中国古代農業技術史研究-東洋史研究叢刊」米田賢次郎/同朋舎出版

「漢字と文化」藤堂明保/徳間文庫

「春秋戦国秦漢時代出土文字資料の研究」江村治樹/汲古書院

「後漢政治史の研究」狩野直禎/同朋社出版

「中国古代の城郭都市と地域支配」五井直弘/名著刊行会

「中国古代帝国の形成-新訂版」木村正雄/比較文化研究所

「皇帝政治と中国」梅原郁/白帝社

「初期の道教」大淵忍爾/創文社

「孔子神話-宗教としての儒教の形成」浅野裕一/岩波書店

「緯書の基礎的研究」安居香山・中村璋八/国書刊行会

「日本の諺・中国の諺-両国の文化の違いを知る」陳力衛

「「気」と道教・方術の世界」坂出祥伸/角川選書

「列女伝3」劉向/中島みどり訳注/平凡社-東洋文庫

「物語 中国の歴史」寺田隆信/中公新書

「中国文化のルーツ(上)」郭伯南・他/東京美術

「楽府の歴史的研究」増田清秀/創文社

「礼記(下)」竹内照夫/明治書院-新釈漢文大系

「道教思想史研究」福永光司/岩波書店

「後漢時代の政治と社会」東晋次/名古屋大学出版会

「中国遊侠史」汪涌豪/鈴木博/青土社

「漢字と中国人-文化史をよみとく」大島正二

「六朝精神史研究」吉川忠夫/同朋舎

「漂泊のヒーロー-中国武侠小説への道」岡崎由美/大修館書店

「諸子百家〈再発見〉-掘り起こされる古代中国思想」浅野裕一・湯浅邦弘,編/岩波書店

「漢代都市機構の研究」佐原康夫/汲古書院

「中国古代国家と郡県社会」藤田勝久/汲古書院
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kutugen.blog57.fc2.com/tb.php/9-c6168346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。